4月も半ば、もしかしてまだ軽トラをスタッドレスタイヤで走っている方はおられないでしょうね?まだスタッドレスタイヤの方はぜひこの機会に13インチ化を検討してみませんか? 大まかにはジムニー用、軽自動車用、ハイエース用の3種類の追加となります。 いまブームの“鉄ちん(テッチン)”スタイル。無骨でクールなアメリカンスタイルは、レトロにも斬新にも見せられることで、kカーのオーナーを中心に人気を呼んでいる。そんなトレンド真っ只中の"鉄ちん"に、新たな注目モデル「tt wheel series『ttd』」が加えられた。 18インチ 9.5j -30 5穴 pcd114.3 cb73.1 サイズは下記になります。, ・16インチ×6J ±0 5穴 PCD139.7 CB110 薪割りなど体験談や薪ストーブグッズを紹介します!, 春本番!軽トラのタイヤ交換は済みましたか?軽トラ用13インチタイヤとホイールを紹介します!, 今回グラントレック13インチにすることでハイゼットジャンボ搭載のフォグランプとヘッドライトが照らす範囲の重なりがうまく連続するようになったことは良かったです。, ダンロップ(DUNLOP) サマータイヤ GRANDTREK TG4 145R13 4981160278170, http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/other/44_van_lt/. 開設:H28/8~ 売り切り トヨタ純正 200 ハイエース バン 15インチ 6j +35 6穴 pcd139.7 鉄チン スチールホイール キャップ付 b/s 195/80r15付 4本セット 現在 1,100円 本日終了 長所. ・17インチ×9J -10 5穴 PCD114.3 CB73.1 2015年09月13日 20:33; 鉄チン剥き出しが至高 ; 21. 立て続けに新規サイズ、新規カラーが入荷致しましたので、まとめてご案内させて頂きます。 サイズは下記になります。, ハイエース用は以前にも取り扱いはありましたが、今回は16インチのホイワトと18インチのマットブラックをご用意致しました。 以前のブログで少し告知をさせて頂いておりました、カラーの追加とホイールサイズ自体の追加をさせて頂いております。 Racing HART CP-035 3.65kg 鍛造1ピース 6J +42mm 100mm-4H →詳細 SPOON SW388 3.90kg 鍛造1ピース 6.5J +45mm 100mm-4H →詳細 DESMOND RegaMaster EVO 4.05kg 鍛造1ピース 6.5J +35mm 100mm-4H →詳細 DESMOND RegaMaster EVO 4.05kg 鍛造1ピース 6.5J +45mm 100mm-4H →詳細 ・15インチ×6J ±0 5穴 PCD139.7 CB110, 軽自動車用は他にも15インチで設定はさせて頂いたのですが、今回は13インチをリリースさせて頂きました。 これは、ホイールとの取付設置面がきれいに合うようにナットに角度がついているのです。 それぞれをご紹介させて頂きます。, 以前までは17インチまでを販売させて頂いておりましたが、鉄チンホイールでは珍しい18インチをリリースする事に成功しました! 内容:薪ストーブと薪割りについて楽しくブログを書いています! サイズはこちらの2種類☟☟☟, 実は少し前から販売をさせて頂いており、すでに数セットはお買い求め頂ております。 以前までは17インチまでを販売させて頂いておりましたが、鉄チンホイールでは珍しい18インチをリリースする事に成功しました! サイズはこちらの2種類☟☟☟. サイズは下記になります。, ・16インチ×6.5J +38 6穴 PCD139.7 CB110 第一弾!18インチの鉄チンホイール. ・15インチ×8J -38 4穴 PCD114.3 CB73.1 ・15インチ×8J -38 5穴 PCD114.3 CB73.1 4月も半ば、もしかしてまだ軽トラをスタッドレスタイヤで走っている方はおられないでしょうね?まだスタッドレスタイヤの方はぜひこの機会に13インチ化を検討してみませんか?, 当たり前なんですが、トラックだからこと積載重量を350kgと認められているんです。, ということは、タイヤもホイールもそれに見合ったものを使用しなければなりませんよね。何かがおこった後では遅い。, ここに注意して選べばトラックとして走行する上での強度基準をクリアできると思ってください。, 冒頭の写真は私の愛用するグラントレックTG4というマッド仕様タイヤとファブレスBARONE(ヴァローネ) MC-9というホイールです。, 写真は新車時のものです。スタッドレスタイヤW300を購入したときのものですね。懐かしい。ホイールはノーマル。ホイールキャップを取り外して使用しています。黒鉄チンてやつです。, スタッドレスタイヤに加えて夏タイヤもホイールは黒にしたい!ってことに注目しながら私のタイヤとホイール選びが始まりました。, ハイゼットジャンボがカーキ色ということで、ちょっとだけでも軍用チックにしたかったんです。, 私は薪ストーブを使っています。だからというかなんなのか、山にも入れるようなワイルド感を出してみたかった。, メーカーのホームページなどには195などのサイズ写真しか載っていません。冒頭の写真とは違う角度でみていただければ全景がわかっていただけるでしょうか。, 13インチ、というところがミソでして、標準の145R12ではハイゼットジャンボが頭でっかちに見えるのに対し、13インチにアップすることでそのバランスが取れたように見えるんですね(当ブログ比)。, また、今回グラントレック13インチにすることでハイゼットジャンボ搭載のフォグランプとヘッドライトが照らす範囲の重なりがうまく連続するようになったことは良かったです。, 悪いようには仕上げたくなかったし、どこか可愛げも残したかった。いかつい仕様というよりはワイルド感を出したかった。それはホイール選択時も同じでした。, 管理人は13インチを選択しました。12インチですとサイズが145 80R12となることに注意してください。, くりかえしになりますが、残念ながらファブレスホイールには145R12はなく、145 80R12というサイズになりますのでバン用タイヤなどを検討してみてください。, *グラントレックTG4小型トラックサイズ表(http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/other/44_van_lt/), 気温が下がったらスタッドレスタイヤにするべき!と思う件と【雪道で立往生したら罰金】が気になった件。, 薪山崎 (id:firewoodyamazaki) SSR TYPE C 6.05kg 鍛造1ピース・SSF製法 8J +48mm 100mm-5H →詳細 RACING HART CP-035 6.15kg 鍛造1ピース 7.5J +48mm 114.3mm-5H →詳細 Buddy club P1 Racing QF 6.25kg 鍛造1ピース 8J +35mm 114.3mm-5H →詳細 RACING HART CP-035 6.25kg 鍛造1ピース 8J +45mm 114.3mm-5H スチールホイールにはアルミホイールと比較して、以下のような特徴がある。. スチールホイールにはアルミホイールと比較して、以下のような特徴がある。. スチールホイール(Steelwheel)は、鉄鋼を用いて製造された自動車のホイール。通称『鉄チンホイール』(てっチンホイール)。, 「重い」「デザイン性に欠ける」という短所は「全てのスチールホイールに当てはまるとは限らない」(あるいは全てのアルミ/マグネシウムホイールがアドバンテージを持っているとは限らない)ことに留意するべきである。, その性質上、ホイールの外観を重視せず低コストで済ませたい原付バイクやいわゆる「働くクルマ」[3]で目にすることが多く、かつては覆面パトカーの目印ともされた。しかしタクシーやパトカーと言った乗用車系の車両では新車時点でアルミホイールが標準装着されていることも多く、次第にこの法則は当てはまらなくなってきている。また逆に趣味性の高い車種においても、それ故に「ユーザーはカスタムして乗る」ことを前提としてスチールホイールを使用した廉価グレードが設定されることもある。[4]。, ホイールに全くこだわりが無いドライバーは何らかの理由[5]で買い替え/買い増しを迫られた場合に安価で入手できるスチールホイールを購入することがあり、マルチホールタイプ(ハブボルト穴を8~12個ほど開けて複数のP.C.D.に対応できるようにしたもの)の社外品がそのような需要層に向けてカー用品店やホームセンターなどで販売されている。, しかし、2020年代現在では大量生産/販売による低価格化をはじめとする各種背景から「あえてスチールを選ぶ理由がなくなった」、ともすれば「そもそもスチールホイールが選べない」状況も散見されるようになってきた。カー用品店やホームセンターでタイヤ組込済みのアルミホイールが廉売されるケースも多々有り、またとりわけCセグメント以上の車種においてはそもそもスチールホイールの純正設定すらない車種も多々見受けられる。[6], 一方で強度面の事情もあって、最大積載量500kg未満の車両を除く貨物自動車ではスチールホイールが積極的に利用され続けている。これらの車両にアルミホイールを使うとなると車両重量および積載荷重に対する安全基準を満たしたJWL-T規格品であることが必要で、純正品・社外品も含めてあまり種類が多くないからである。[7]。, モータースポーツにおいては、NASCARの車両に現在でもスチールホイールが用いられており[8]、NASCAR車両をイメージした社外品のスチールホイールも存在する。また「無骨さ」「ワルっぽさ」といったデザインコンセプト上の問題やジャンルにおけるカルチャーからあえてスチールホイールを使用するカスタムカーもないわけではない。, プレス加工により鋼板からディスクを成形し、これをリムフランジと溶接し製造する。またリムフランジ部とディスク部とを一体成形する工法もある。, リムフランジ内側に、ビードからの空気漏れをおさえる凸部分「ハンプ」が形成されている。また、空気口は気密性バルブが取り付けられるよう、規格と精度が保たれている。, 一体型の外観はチューブレスタイヤ用に似ているが、ビードシート部分の凸部分「ハンプ」がないこと、空気口がチューブのバルブよりも大きい穴になっていることが異なっている。チューブレス用のバルブとタイヤを使用しても、チューブレスホイールとしての使用はできない。, チューブタイヤ用のうち、合わせホイールと呼ばれるものは、左右のリムをボルトとナットなどで合体させる2ピース構造になっており、合わせ面へのチューブの噛み込みを防止するため、ゴム製のリングが使用される。リムが分割構造となっているため一般的なリム乗り越し型のタイヤチェンジャーは必要無く、特別な工具が無くてもタイヤの着脱(入替え)が簡単に行なえる。この特徴から戦場での整備が避けられない軍用車両にも多く用いられ、「コンバットホイール」と呼ばれることもある。, 軽自動車では1950年代の360 cc規格期より多用された形式であり、1980年代初頭まで一部の550 cc規格車種も採用していた[9]。オートバイではホンダ・モンキーを始めとする一部の原動機付自転車で現在も合わせホイールが採用されている。トラック用はリム止めのリングで片側のリムを抑えており、ここへチューブの挟みこみを防止するために、ゴム製のフラップが使用される。今日のスチールホイールと比較して製造に要する材料が少なく済み、ごく安価であることから黎明期の自動車で多用されたが、構造上組み合わせられるブレーキがドラムブレーキにほぼ限定されるため、ディスクブレーキの普及や車両の平均速度の高速化・積載重量の高荷重化などに伴い、現在製造販売される自動車からはほぼ完全に姿を消した。しかし、産業機械用のノーパンクタイヤには、現在でもこのホイールが使われている。, リムがスチール製かつハブがアルミ合金製のものや、ホイールディスクの代わりにスポークが使われた例がある。, ・スチールホイールの設定がない、あるいは極端に限られるCセグメント以上に相当する車種の例(2020年7月30日、各社公式サイトより), 市販車両のものと異なり、高張力鋼を使用した非常に強度の高いホイールのため、一般的なアルミホイールよりもはるかに軽量である。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スチールホイール&oldid=78735654, デザイン性に欠ける - スタイリッシュな形状に加工しづらい。ほとんどの場合くすんだ銀色か黒色で、.