点滴:鎮痛剤などが入っている点滴をします。 手術から2,3日後、デスクワークは可能となります 内視鏡:各種内視鏡を用いて、副鼻腔内をモニター画面に映し出しながら、手術を行います。, 麻酔:まず、手術を行う鼻内に浸潤麻酔および局所麻酔液の注射を行います。 ④手術後、仕事はやっぱ2、3日休まないとキツイ感じですか? 兵庫県姫路市北条宮の町375-1 姫路駅から徒歩10分 [地図へ] ガーゼ挿入:鼻の奥にのどへのタレ込み防止用のスポンジを入れます。このため鼻では呼吸ができなくなります。, 寝た状態で、下鼻甲介前方に切開を入れ、その深部まで剥離を行い、軟骨を除去します(図2・写真2)。手術時間は両鼻で約30分です。, 鼻の穴を左右に隔てている壁を鼻中隔(びちゅうかく)といいます。鼻中隔は軟骨と骨で構成されています。思春期までの成長過程でこの軟骨と骨も成長していき、軟骨が湾曲することがあります。これが鼻中隔湾曲症の生じる主な原因で、その他に、鼻に打撲や骨折といった外傷も原因になります。このために鼻閉やいびき、嗅覚障害などの症状が出ます。根本的治療には鼻中隔矯正術が必要です。, 麻酔:手術を行う鼻内に浸潤麻酔および局所麻酔液の注射を行います。 ①費用は健康保険の3割負担で5万円前後でしょうか? ・両鼻が詰まり息苦しい&まともに寝付けない日が年に何回もある(特に冬), 点鼻薬という一時的に鼻が通る薬があるのですが、薬の効果がきれるとより鼻が詰まります。, ダニもしくはハウスダストどちらか持っている人は、もう片方のアレルギーを持っていることも多いらしいです。, とはいえ、ダニ・ハウスダストのアレルギーを持っている人は日本人の中ではかなり多いそう。, 結果、ちょっと鼻の中が炎症しただけで鼻づまりを起こすというメカニズムなんだそうです。, ▼すんごくわかりやすい解説を見つけたので紹介すると鼻中隔湾曲症とはこういうことです!, で、鼻中隔湾曲の矯正手術とは軟骨を削ることで鼻中隔をまっすぐにしてやる手術なんです。, 1. 点滴:鎮痛剤などが入っている点滴をします。 ・学校や会社には絶対に箱ティッシュを常備(鼻の状態が悪いときは3日ほどで無くなることも) モニター機器装着:心電図、血圧計などのモニター機器を体に付けます。 モニター機器装着:心電図、血圧計などのモニター機器を体に付けます。 鼻中隔湾曲症の矯正手術(日帰り)の流れと費用について 日帰りで受けれる!鼻中隔湾曲症の矯正手術の流れ. 30年ほど前に、 局所麻酔で 鼻中隔湾曲症の手術 を受けられたとのこと。 しかし、診察させて頂くと、鼻中隔は鼻の入り口から大きく曲がっています。 鼻の奥の方ではさらに大きく曲がったままになっており、ガンコな鼻閉の原因と考えられました。 手術中は麻酔が効いていることもああり、ほとんどなにも感じませんのでご安心を! 点滴:鎮痛剤などが入っている点滴をします。 手術後約1~2週間は鼻が詰まりますが、それ以降は改善します。, 慢性副鼻腔炎の手術には鼻茸切除術、内視鏡下鼻副鼻腔手術などがあります。当院では、鼻内内視鏡手術は、まず片方の手術を行い、3~4週間後に反対側を行っています。, パワー・システム(写真1):その先端に回転するシェーバー・メスやバーを取り付けることができる手術器具です。メスとバーは各種あり(写真2)、切除、削開した組織を吸引除去する器械です。 >また手術の難易度がはっきりとわかりませんが医師の先生に信頼は置いているのですがそういった間違いは100%起こらないと確信できるものでしょうか? 手術自体40年の人生で初めてであり不安がないといえば嘘になります >④手術後、仕事はやっぱ2、3日休まないとキツイ感じですか? スポンジ挿入:鼻の奥に喉へのタレ込み防止用スポンジを入れます。 3. ※ 手術を希望される方は、 まずお電話にて「手術希望」とご予約ください。 点滴:腕に鎮痛剤と抗生剤などが入っている点滴をします。 モニター機器装着:心電図、血圧計などのモニター機器を体に付けます。 わたくし、鼻中隔湾曲症、慢性副鼻腔炎、鼻茸、その他の手術を受けたのですが、その時の様子は上のリンクから読めます。, ちょっと話がズレますが「鼻中隔湾曲症オープン」で検索すると、Google検索で結構上位に前回のnoteの記事が引っかかるのにウケました。笑, 鼻中隔湾曲症や慢性副鼻腔炎の手術を受けるかどうか迷っている人に、このような記事が読まれているのですかね。かくいう私自身が、ネットを徘徊し、お医者さんではなく患者としての体験談を貪り読みましたし。YouTubeで、同じ術式の動画を観て「おえー!」となったりもしました。, あまりキレイな話でも無い内容もありますが、同じ病気で困っている人が読んで多少でもためになるのなら・・・と恥を忍んで書きました。笑, 前回は「鼻の詰め物を取った直後」で「まだ鼻中隔を押さえるプレートが入っている状態」でしたが、それは1ヶ月後ぐらいに取りました。, その間は、何ともビミョーな違和感はありましたし、鼻の通りも手術前とあまり変わらず「これで治っているのだろうか?」と不安を抱えておりましたが、食事や呼吸に大ダメージという程の事は無く、ニオイの感じ方も通常の7割ぐらいでしたがちゃんと復活していたので、そのプレートを取るまでの1ヶ月は平穏に過ごしました。, しかし、やはり、まあ、分かりやすく言えば「巨大な鼻クソが鼻にこびりついたままのような違和感(笑)」は強くありました。その時はまだ鼻をかんではダメ、鼻をいじっちゃダメ、などいろいろ制限もありましたし、鼻を一度分解して組み直しているので、鼻自体が不安定で、掛け布団の角がちょっと鼻にパフっと乗るだけでも恐怖を感じるようなイヤな痛みがあったり(何もしなければ痛みは無い)・・・かなり不安定という感じでした。, しかししかし「手術後から10日間の、鼻に大量の詰め物をして全く鼻に空気が通らない苦痛」に比べたら天国のようなものなので、耐えられました。, そう、そして、待ちに待ったイベント第二弾!「鼻中隔を押さえているシリコンプレートを抜く日」が来ました。これで私の鼻から異物が全て無くなるのです!, どんな事になるのか?と思ったのですが、鼻の穴から鼻治療用のペンチのようなものを突っ込み、プレートを挟んでズルっと引き抜くだけでした。, 良くこんな大きなものが鼻腔に入っていたもんだ・・・そして、良くこんな大きなものを鼻の穴から取り出せたもんだ、と驚きました。いや、ウワサには聞いていたし、その画像も観たことはあるけども、あそこまでデカイものだとは思いませんでした。, それから、鼻をキレイにするために、鼻腔内のものを吸い取る金属製吸引管を鼻に入れズコズコ吸い取って行きます。, かなり奥まで器具を挿入するため、鼻腔内に麻酔をし、内視鏡で観ながら恐らく眉間の部分と頬の部分の副鼻腔の入り口にも、その器具を突っ込み、膿などを吸い取っている感じでした。結構痛かったです。, 私の右鼻は、手術前は左と比べると1割ぐらいしか通ってなかったので、しばらくは右鼻に空気が通る事自体にちょっと戸惑ってしまいました。スグに慣れましたが・・・良くなる方には人間はスグに慣れてしまい、そのありがたさを忘れますねえ・・・, 鼻中隔にハマグリシリコンプレートが入っている時には、くしゃみをすると、プレートが金管楽器のリードのように震えて「ブー!」なんて鳴っていたのも鼻が通れば良い思い出です。, しかし、しばらくすると、また鼻の通りが少し悪くなって来ました。手術をする前の鼻の通り具合になってしまったのです。, そんなある日、何かが左の鼻の中にいるのを感じ、本当はまだ鼻をかんではいけないのですが、どうしてもソイツが気になる私は、鼻からフンフン息を吐き出していると、何やら鼻からチョコレート色のものが見えてきた・・それは、わらび餅そっくりの固さと粘りがあるもので、鼻を強めにフンフンしても出て来ず、指でつまんで引っ張り出してみたら、スライムが切れそうで切れない感じでズルズルと引き出され沢山出てきました。, その「チョコレート色のわらび餅(笑)」は、最終的には親指の3分の2ぐらいの量、引っ張り出されました。スゴイ量です。, それを取り出している時には「おおお〜!!なんじゃこりゃ〜!!どんどん引っ張り出されてくる!!」と感動しつつ、爽快感を味わいました。思わず、妻にそのわらび餅を見せました。笑, それから一週間後ぐらいに、今度は右から同じように「チョコレート色のわらび餅」が出てきて、同じように指でつまんで引っ張り出しました。こちらは、小指の大きさぐらい出てきました。そちらはたまたま家にいた娘に見せました。笑, その後、一度、術後の定期検診に行きましたが、お医者さんは鼻腔を内視鏡で覗き込み「順調順調!」とおっしゃっており安心しました。私も内視鏡のモニタをチラと見ましたが、鼻に詰めたスポンジを抜いた直後よりもずっと内部の粘膜はキレイになっておりました。, お医者さんに、その「チョコレート色のわらび餅」の話をしたら「うーん、何だろう?手術後に詰めた水で溶けるスポンジは、前回、内視鏡で観ながら全部吸い取りましたし・・」ということで分からないようでした。, しかし、鼻のスポンジを抜き、鼻中隔を安定させるシリコンを抜いた後に、実際に私の鼻腔内から「チョコレート色のわらび餅」が大量に出て来て、それが出てから鼻が抵抗無く通るようになったのは紛れも無い事実。あれを取れなかったら「手術前とあまり変わらない状態」がもっと続いたと思います。, その「チョコレート色のわらび餅」は鼻腔内に溜めておいても、検診に行った時に吸い取ってもらえたと思いますが、早く取れて良かったです。, それからは、治療上は特にする事もないらしく、一応は鼻腔内は乾燥させないように、生理食塩水のスプレー でたまに湿らして下さいとの事でした。, 私は花粉症なので、そのスプレーに加えて花粉症の症状が重い時に愛用している 鼻の洗浄剤 で鼻腔を洗っております。使うのにコツがいりますが、慣れると爽快ですよー, そんなこんなしている間に、コロナ禍の問題で、病院もなるべく患者が来ないように、という方向になったようで、1ヶ月後の定期検診が、経過が順調なら3ヶ月後にして欲しい・・・なんて連絡が来ました。, 現在は、花粉症もなくなり、鼻の通りも順調で、鼻の薬は飲んでいますが鼻にまつわる悪い症状は出ていません。, (薬は、術前からアレルギーの薬や膿を排出やすくする薬、術後は抗生物質、アレルギーの薬、膿を排出しやすくする薬などを飲み続けていますが、それは順調なら減らして行くのだそうです), 手術の前は、花粉症の薬を飲んでいても、花粉の飛散が激しい時期は花粉症の症状が強く出る事があったのですが、現在は手術で薬が効きやすくなっているせいなのか、コロナ禍で交通量が減り、工場などの稼働率が下がって空気が清浄になったせいなのか、その全てが要因なのか、花粉症の症状がほぼ出ていません。薬を飲まないでも良くなれば良いのですが。, あとは、鼻の骨、鼻の軟骨がちゃんと接着されるまで、ぶつけたり捩ったりしないように注意するだけで良いようです。, 手術後、鼻の諸問題は本当に改善しまして、今回の手術は無理をしてでも本当にやって良かったと思います。, しかし、睡眠障害は殆ど変わらず、やはり一晩で5〜8回起きてしまい、吐き気がするほど眠いのに眠れない症状は変わりません。, 睡眠時のイビキなどは、家族が言うには前ほど酷くないそうです。鼻をかむ回数が本当に減った、とは申しております。それと、愛用していた市販の点鼻薬は全く使わないで済むようになりました。元々、アレは依存性が高いので、使わないで下さいとお医者さんから言われておりましたが、しかし鼻詰まりや鼻水に即効性があるので、ついつい頼ってしまうんですよねえ・・・, 鼻の手術の後、たまに副作用で香りが感じにくくなる事があるらしいので、それはかなり警戒しましたが、逆に両鼻の通りが良くなり、以前よりも香りを感じられるようになったようです。, かといって、何かのニオイに極端に過敏になる、という事は無く、以前よりも香りにピントが合った感じ・・具体的に感じられるようになりました。, 私の娘は、私が魚のニオイなどのことを細かく説明すると「そんなに分かるようになるのって、幸福なんだか不幸なんだか分からないねえ・・・」などと言っていましたが、過敏という事では無いので日常に不便はありません。, 慢性副鼻腔炎の手術をすると、今まで埋まっていた副鼻腔が空になり、頭蓋骨に声が響くようになるので、声が変わるそうです。, 私は、自分で聞こえる声は、以前と違い自分の頭蓋骨に響く感じがあって慣れないのですが、傍から聞く分には変わっていないそうです。あらま、残念。, 鼻の形は、ほんの少し変わりました。まあ、曲がっていたものを真っ直ぐに近くしたのですから当然ですが・・・, 現状は、一度分解して組み直した鼻なのでまだ違和感がありますが、日に日に痛みや違和感は減っています。このまま順調に完治してくれて、再発しない事を願います。, 手術直後の鼻に綿球を入れて、血で染まると替える地道な作業や、鼻の詰め物が入っている地獄の日々をどのように乗り切るか、という方法もいろいろ編み出したのですが、今回は長くなるので割愛。, 個人的には、慢性副鼻腔炎や強い鼻中隔湾曲症で悩んでいる方は、手術に踏み切っても良いのではないかと思います。私は形成外科も合わせた大掛かりな手術でしたが、内視鏡だけだともう少し軽い手術のようです。, 個人的な意見ですが、日帰り手術だと辛いと思いますので、3日ぐらいは入院させてもらえる所が今の所、良いのではないかと思います。私は、3泊4日でした。, →鼻の手術後の詰め物で鼻呼吸が出来なかった時期の過ごし方(鼻の手術の話題、その3), 東京で染色品(主に和装)と絵画の制作・販売を行っております。こちらでは、雑感を書き綴っております。【同じテーマや内容を違う言い方をして何度も書く】ことが多いです。サイト→.