抽象的な内容の問題が多く、単語が分かっても問題文がどんなストーリーなのか全くわからないことが多い。単語をそのままの意味で捉えず、あらゆる形に想像して真の意味を見極めたい。問題文中の前置詞などの穴埋めは基礎レベルなので絶対に点数を落とさないようにしたい。, 利用した参考書 山川の教科書(世界史) 大学院案内. 地球化学、アストロバイオロジー、地質学、古海洋学、鉱床学、安定同位体、放射性同位体, 誕生から45億年と言われている地球についてあらゆる角度から研究したり、宇宙そのものを対象として実験や観測を通してその謎を解明したりする。また、宇宙ステーションやロケットの研究など工学的な研究をする。, 宇宙や天体に関する知識、理論、法則など全般を学ぶが、講義はスライドやビデオなど観測の成果を生かしたものが多い。, 宇宙で起きている現象の中で可能なものを実験室で再現することで、その謎を解き明かす。, 物理学、生物学、海洋学、気象学など、地球や宇宙について考えるとき、土台となることを研究する。, 宇宙はいつどのようにして誕生したかを研究する宇宙論、銀河や太陽系など、天体を研究対象とする天文学、宇宙で起こる物理現象を研究する宇宙物理学などがある。, 材料工学、流体力学、熱力学など、工学を研究するにあたって土台となることを研究する。, 推進機関、構造・材料、空気力学、飛行制御など、宇宙ステーションやロケット技術の研究をする。, 3月25日~28日の3日間、高校生を対象にしたイベント「筑波スペースキャンプ TKSC-7(http://resemom.jp/article/2013/01/21/11794.html)」が、茨城県 …, 今年最大の天体ショーともいわれるアイソン彗星の接近。昨年発見され、大彗星となることが予測されており、観測のチャンスを楽しみにしている高校生もいるだろう。 しかし、彗星は何でできているのか、なぜあの …, 巨大になると予測されている、アイソン彗星観測のチャンスが近付いている。 流星や日食と違い、何日にもわたって長時間見える彗星だからこそ、観測への期待は大きいだろう。 そこで、立命館宇治中学校・高 …, 今年最大の天体ショーともいわれるアイソン彗星観測のチャンスが近付いている。 ワクワクしている高校生のなかには、「大学で宇宙について学びたい」「将来は宇宙飛行士になりたい」「宇宙開発の仕事に就きたい …, 関東の地球・宇宙科学を学べる大学・短期大学(短大)を探そう。特長、学部学科の詳細、学費などから比較検討できます。資料請求、オープンキャンパス予約なども可能です。また地球・宇宙科学の内容、職業情報や魅力、やりがいが分かる先輩・先生インタビュー、関連する資格情報なども掲載しています。あなたに一番合った大学・短期大学(短大)を探してみよう。, 新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について. 入試精選問題集 7 現代文 公式や解き方といった基礎は必ず押さえて基礎・標準問題で確実に満点を取り、応用問題でいかに他の人と差をつけるかが重要になってきます。 速読トレーニングにプラチカを利用しました。, 【センター】日本史B、倫理、政治・経済 本研究室M1,M2がARLISS2018に参加しました. 国語の小論文は必ず先生にみてもらってください。, 【センター】 とにかく時間との戦いなので、過去問は時間を気にしながら解き、解く順番をあらかじめ決めておくこと。問題としてはとても簡単なのであまり勉強にならない。だから英語の問題は国立の二次試験や私立の個別試験の問題で勉強し、形式的な練習だけ過去問でやると実力がつく。, 【2次・個別】英語 関東の地球・宇宙科学を学べる大学・短期大学(短大)を26校掲載中。エリア、定員数、学費、学校の特長、学部・学科・コースの詳細で自分に合った大学・短期大学(短大)を絞り込めます。大学・短期大学(短大)選びなら【スタディサプリ 進路(旧:リクナビ進学)】 熱輸送工学, 流体力学2, 航空宇宙工学概論1, 航空宇宙工学概論2, 流体力学2(AA), 数値流体力学1, 航空宇宙工学概論, 数値流体力学演習, インターンシップ, 研究プロジェクト演習(4) ...他, 航空宇宙工学に関わる流体現象の数値シミュレーションや流れ場と電磁場の相互作用に関する研究を行います。対象は、電磁流体、外部磁場下における気液二層流、温度場や濃度場における自然対流、回転場における流体現象など様々です。, 基礎ゼミナール, 空気力学2, 航空宇宙工学実験2, 航空宇宙工学概論1, 航空宇宙工学概論2, 航空宇宙工学実験1, 推進工学1, 航空宇宙工学概論, 高速空気力学特論, 航空宇宙流体力学特別講義, 空気力学1, 航空宇宙工学実験2, 航空宇宙工学概論1, 航空宇宙工学概論2, 流体力学1(AA), 航空宇宙工学実験1, 基礎プログラミング演習, 数値解析演習, インターンシップ(AA)1, インターンシップ(AA)2 ...他, 静粛性は、摩擦抵抗の低減(燃費の向上)とともに、次世代航空機に求められる主要な技術課題です。ここでは、流れから発生する空力音の発生メカニズムの解明とその制御について、風洞実験と高精度数値シミュレーションの両面から調べています。, 宇宙推進システム工学, 熱力学演習, 航空宇宙工学概論1, 熱力学2, 宇宙プロジェクト工学, 推進システム工学特別講義, 宇宙機(人工衛星)に搭載する小型のロケットエンジンを研究しています.はやぶさやはやぶさ2のように,宇宙機には,詭道や姿勢を制御するロケット推進機(スラスタ)が搭載されています.はやぶさの場合は,電気推進の一種であるイオンエンジンと,ヒドラジンと四酸化二窒素を推進剤とし化学エネルギーにより推力を得る化学推進が使用されています.一般に,化学推進は,燃費の良さの指標である比推力が電気推進より低いものの,推力が大きく,逆に電気推進は,化学推進よりも推力は小さいものの比推力が大きくなっています.このような宇宙機に搭載するロケット推進機の研究を行っています.また,ロケット推進機の推力は,偏りがあり,またトルクが発生しており,一定ではなく変化しています.そこで,推力のベクトルと変動を評価するための推力測定法の研究を行っています., 推進工学2, 航空宇宙工学実験2, 航空宇宙工学概論1, 航空宇宙工学概論2, 熱力学1, 燃焼工学, 航空宇宙工学概論, 推進システム工学特別講義, 環境に優しい高性能ハイブリッドロケットエンジンの開発および工ンジン燃焼機構の解明、分散型発電システムや自立型ロボットの電源として有望視される超小型ガスタービン用燃焼器の開発研究、民生用低NOx水素燃焼器やデトネーション燃焼器における現象の解明および燃焼方式の確立、などに取り組んでおります。, 弾性力学, 航空宇宙工学実験2, 航空宇宙工学概論1, 航空宇宙工学概論2, 航空宇宙構造力学1, 航空宇宙工学概論, 材料構造力学演習, 航空宇宙構造力学2, 航空宇宙材料・構造工学特別講義, 航空機やロケット・衛星においては極限までの軽量化と高信頼性が要求されます。その要望に応えるため、複合材料に関する強度や非線形挙動、損傷進展、および構造と流体の連成振動等の先進的な研究を、数値解析と実験的アプローチにより行っています。, 航空宇宙工学概論, 材料強度学, 航空宇宙材料学, 材料組織学, 航空宇宙工学実験2, 高温材料工学特論(大学院), チタン、アルミニウム、マグネシウム等、航空宇宙分野で使用される軽金属材料の強度、延性向上に関する研究を行っています。また金属材料を発泡させることによる超軽量のポーラス金属の開発など、新材料の創製にも取り組んでいます。, 航空宇宙工学実験2, 航空宇宙工学概論1, 航空宇宙工学概論, 研究プロジェクト演習(4), 航空宇宙構造の軽量化を目的に、先進複合材料の利用が拡大していますが、さらなる軽量化・信頼性の向上が求められています。これらを背景に、損傷・破壊現象のメカニズムを精緻な実験により明らかにするとともに、数値解析によるシミュレーション技術の開発や強度予測手法の提案を行っています。, 制御プログラミング演習, 航空宇宙工学実験2, 航空宇宙工学概論1, 航空宇宙工学概論2, 航空宇宙工学実験1, 航空宇宙制御工学, 宇宙機制御工学, 航空宇宙工学概論, 宇宙機制御工学特論, 航空宇宙誘導制御工学特別講義, 最近問題になってきているスペースデブリを自律的に捕獲回収・除去することを目的としたフリーフライング宇宙ロボットおよび導電性テザーをはじめとする宇宙機について、その力学と制御方法に関する研究を理論的・実験的に行っています。, 情報リテラシー実践I 64, 航空宇宙工学概論1, 航空宇宙工学概論2, 応用数学力学演習, 基礎制御工学, 飛行力学, 航空宇宙工学概論, 航空宇宙誘導制御工学特別講義, 衛星測位と航空通信・監視技術の発展により航空交通システムはこれから大きな変革を迎えます。洗練された航空交通管理手法を明らかにし、さらにそれを世界の空で実現する事が目標です。軌道最適化や運航データ分析に取り組んでいます。また、将来の宇宙システム(デブリ除去システム、宇宙エレベータ、太陽発電衛星等)の研究も行っています。, 宇宙機システム工学演習, 情報リテラシー実践Ⅰ, 基礎ゼミナール, 基礎振動工学, 宇宙航行力学, 宇宙航行力学特論(大学院), 超小型衛星を始めとする革新的な宇宙システムについて、その要素・システム技術やそれらを用いた宇宙ミッションについて研究・開発を進め、また従来にはなかった新しい宇宙プロジェクトにも参画し、未来の宇宙を創造することを目指します。, 航空宇宙工学概論1, 航空宇宙工学概論2, 数値流体力学2, 航空宇宙設計工学, 航空宇宙工学概論, 数値流体力学演習, 航空宇宙設計工学特論, システム設計工学特別講義, エアフレームデザイン概論, 航空宇宙機の設計において・設計問題の知識獲得を目的とし、大域的に設計空間を探索できる遺伝的アルゴリズムを用いています。現在では解空間を近似する手法を取り入れ、計算量の低減を図ることのできる設計システムを提案しています。航空機等の性能評価には、コストの低いコンピュータシミュレーションを用いてきましたが、近似手法の導入によって、風洞試験模型への適用も行っています。, 航空宇宙工学概論1, 航空宇宙工学概論2, 航空宇宙工学実験1, 基礎プログラミング演習, 航空宇宙工学概論, 研究プロジェクト演習(4), 宇宙開発の安全を脅かすスペースデブリの軌道や運動を観測・予測する研究を行っています.観測を低コストに実現する超小型衛星の提案や,力学と統計的手法を組み合わせてデブリの軌道を予測する手法の開発に取り組んでいます., 基礎ゼミナール, 航空宇宙工学概論1, 航空宇宙工学概論2, 航空宇宙情報システム工学, 航空宇宙電波工学, 航空宇宙工学概論, 宇宙光計測工学特論, 宇宙利用工学特別講義, ・ドップラー風ライダーに関する研究(図1) 全球規模で気象データが取得できる衛星観測の重要性はさらに増していますが、現在の衛星観測は温度や水蒸気に関連した観測が多くなっています。天気予報や台風予測の精度向上のために、地球全体で風の高度分布を望まれています。宇宙から風の高度分布が得られる衛星搭載ドップラー風ライダーの実現を目指して光源、光検出技術、信号処理技術、データ解析アルゴリズム等の開発を行っています。また、衛星シミュレーターを使って、宇宙からの観測性能や天気予報への効果について研究を行っています。, ・新しい光リモートセンシング技術のための研究(図2) 人為起源の温室効果ガスのうち、温暖化に最も大きな影響を与えている二酸化炭素の増加は、化石燃料の消費や森林伐採によるCO2の大気中への放出が、陸域生態系や海洋での吸収を上回っているからです。地球温暖化は雲生成や消滅あるいは降水過程にも深い関わり、集中豪雨による洪水、干ばつ、台風の大型化等のように、地域スケールから地球規模までその影響は計り知れません。温室効果ガスの空間的・時間的変動を知ることはとても大切ですが十分に理解されているとは言い難い状況です。私たちの研究室では、ドップラー風ライダーの技術を応用して、遠隔から温室効果ガス濃度を計測できる光センシング技術の研究を行っています。, ・光リモートセンシングによる観測的研究(図3) 大きさが0.3-数μmのエアロゾルと呼ばれる大気微小粒子は大気中に存在しています。このエアロゾルは、砂漠や海から自然界から、あるいは人間活動用によってと様々な場所から発生しています。エアロゾルは、それ自身の光学的な特性によって太陽光を散乱・吸収し、大気中の放射収支に直接的に影響を与えます。また、水分を吸って雲の凝結核の役割も果たすことから、雲の発生を通して大気中の放射収支に間接的に影響を与えています。さらに、エアロゾル表面では化学反応がしばしば起こるので、大気化学変化において重要な役割を演じています。エアロゾルは非常に小さいことから吸い込むことで肺から体内に取り込まれることで健康被害についても懸念されています。私たちの研究室では、様々な役割を演じているエアロゾルを遠隔光計測技術を用いた観測的研究を行っています。, 航空宇宙工学実験2, 航空宇宙工学概論1, 航空宇宙工学概論2, 航空宇宙工学実験1, 航空宇宙工学概論, 研究プロジェクト演習(4), 主に次期ソーラーセイルや太陽発電システム、デオービットセイル等の大型宇宙構造物の構築技術に関する研究を行っています。その柔軟で軽量な基本構造について、動特性向上に注目した構造最適設計に関する研究、基本構造同士の結合技術に関する研究(例えば写真)、さらには電波天文衛星のような大型柔軟構造物のガタに起因する非線形振動特性の解明など、実際のプロジェクトで問題となっている課題に取り組んでいます。, 宇宙トライボロジーとは,宇宙空間での摩擦摩耗現象や,ロケット,人工衛星,宇宙ステーションなどの潤滑技術を研究する分野です.宇宙空間で潤滑剤なしに金属材料を摩擦させると容易に固着します.これは潤滑不良が直ちにミッションの停止を招く可能性が高いことを意味しており,宇宙トライボロジーは宇宙機の高信頼性を支える重要な分野といえます., 宇宙機にはジャイロ,光学センサ,太陽電池パドル駆動機構といった高性能な機器が多数搭載されており,これらには打上げ時に大気から真空にわたって厳しい振動を受けた後に軌道上で長時間作動することが求められます.当研究室では,打上げ振動,10-7Paにおよぶ超高真空,-150~+100℃にわたる温度変化など,宇宙機器がさらされる特殊環境を模擬できる実験設備を使って,機構部品の摺動部に対する大気中振動と真空中振動の影響の評価や,超高真空における宇宙用潤滑剤の摩擦摩耗現象の解明に取り組んでいます.さらに,計測が困難な打上げ振動中の機構部品の挙動や無重力下での作動状態などについては,数値シミュレーションによる研究を行っています., 昔も今も気象環境は飛行機の最大の不確定要因であり脅威です。特に気象レーダには映らない晴天乱気流に対する予測・検知・回避・動揺低減など事故防止技術は国内外機体メーカ、エアラインの強いニーズであります。従来慣性センサだけでなく、機体搭載ドップラーライダー、主翼圧力場センシング技術を融合させ、新しい動揺低減制御、突風荷重軽減制御を実現することを目指します。新しいアイデアの有効性実証のために大型模型を用いた風洞試験や飛行試験を実施します。, 航空機が使用する通信・航法・監視システムに用いられる技術について研究を行っています。監視技術の研究では、マルチラテレーションシステム・ADS-B・レーダ等の実験システムを用いて実航空機からデータ収集分析し、実環境下で発生する様々な課題を抽出し、その解決方法についての検討を行います。また、通信・航法技術の研究では、IoTデバイス等を用いて実験システムを構築し、実験等によりデータを取得することで課題抽出・方法の検討します。, マルチラテレーションは航空機からの電波を複数の地上局で受信することで、位置を検出するシステムです。測位精度の向上する技術やシステムのアーキテクチャの違いにより発生する問題の解決方法などについて検討します。, SSR(二次監視レーダ)は地上から質問を行い、航空機から応答を受信することで航空機の位置を検出します。応答には様々な情報が含まれており、これらの情報を用いて航空機運航の安全性や効率性を向上する方法などについて検討します。, 電気推進工学及び宇宙推進/システム工学.電気推進ロケットを中心とする宇宙推進機とそれが搭載される宇宙システムについて研究..