中国は世界の中でも古くから文明の現れた地域の一つです。原始的な農耕文明や石器文明まで含めると、その年代は大体今から紀元前5000年ごろくらいまで遡ると考えられています。, この黄河文明の時代には、青銅器や鉄器などは、まだ作られていません。黄河文明の時代は、磨製石器や土器などを生産していた時代です。, 二十世紀の初めに黄河流域でその時代の遺跡がたくさん発見され、いわゆる「四大文明」の一つといわれるようになったのですが、現在は「四大文明」および「黄河文明」とは、あまり言われなくなっています。四大文明とは、メソポタミア文明・インダス文明・エジプト文明・中国文明ですが、考古学の発達により、これらの地域以外でも、多くの文明が見つかっているからです。また、中国でも、黄河流域以外の地域でも、多くの古代文明が見つかっているからです。, この黄河文明を地域別・系統別に分類されており、その中でも代表とされるのが仰韶文化(ぎょうしょう・ヤンシャオ)・竜山文化(りゅうざん・ロンシャン)の二つです。, 仰韶文化は紀元前5000年ごろに始まったもので、黄河の上流域、中国の陝西省・山西省あたりで栄えたようです。その特徴として綺麗に彩色された土器が使われていました。ですのでこのようなものを彩陶文化と呼んでいます。他にも彩陶文化はあるので、仰韶文化は彩陶文化の中の一つと言う事です。ちなみに仰韶と言うのは土器が出てきた村の名前だそうです。, もう一つの竜山文化は仰韶文化が終わった後の紀元前2500年ごろに始まったもので、こちらの特徴は黒い土器です。ですのでこのようなものを黒陶文化と呼んでいます。この頃には高温で焼く事が出来るようになったために薄手で硬い土器が作られていました。この文化の終わりごろになると銅器も作られるようになりました。, ただし、竜山文化と言うのは二つありまして、山東省で発掘されたものを山東竜山文化、陝西省あたりで発掘されたものを中原竜山文化と呼んでいます。このうち中原の方の竜山文化は仰韶文化を受け継いだものでこちらには灰色の土器が多いのが特徴です。そして山東の方の竜山文化は別の大汶口文化と言うものを受け継いだもので、こちらは黒の土器が多いです。, ☆甲骨文字 この記事ではフランク王国の歴史や現代に与えている影響についてくわしく説明します。 近年は、その慣習をやめて揚子江を「長江」と呼ぶようになりました。, 欧米諸国や日本では、長江を「揚子江」としてきました。 この記事では、この判官贔屓の言葉の由来や、その具体的な例について紹介しますので、参考にしてみてくださいね。, 世界史の教科書で登場する「フランク王国」ですが、この国は今のフランスやドイツ、イタリアのもとになった国だということをご存知でしょうか。 黄河と長江の間に位置し、 北から黄河、淮河、長江の順です。 古くは「淮水」と呼ばれ、長さ1078km。 大きさだと、南に位置する珠江(しゅこう)が有名です。 英語名 The Pearl Riverは、長さ2200kmで、 流域面積では、長江に次ぐ広さです。 西洋人は、「揚子江(ヤンツチヤン)」と聴き間違え。 この記事では、この芭蕉の有名な句が持つ意味について読み解いてみましょう。 中国の川として、その長さを基準にした中国最大級の川・河川を8つ紹介していきます。有名な揚子江からタリム川までをそれぞれ簡単に見ていきましょう。, 広大な中国には美しい自然が広がっていますが、そこには大自然には欠かせない多くの川が流れています。, そこで、それら中国を流れる川の中でも、長さを基準としたトップ8の河川をピックアップして紹介していきたいと思います。, これら中国最大級の川の多くは、経済的な側面からも観光的な側面からも中国に大きく貢献している川であり、また、中には歴史上で大きな役割を果たしてきたものもありました。, ※この記事で取り上げる「中国の川」とは、中国本土にその大部分が位置する川に限定します。そのため例えば、一部は中国に位置しながらも半分以上の長さを中国国外に占めるメコン川などは対象外としています。, 正式名称を「長江(ちょうこう)」、中国国外では長江の最下流部の異名である「揚子江(ようすこう)」で知られているこの河川は、中国で最も大きく長い川であり名実ともに「中国最大の川」。, 全長は6300kmにも及び、その源流を辿ると雪に覆われているチベット高原にそびえ立つ標高6621mのゴラタントン山の南西に位置するトゥオトゥオ川にたどり着き、西から東へと中国国内9つの省にまたがって最終的には上海を通過して東シナ海まで注いでいます。, また、揚子江の長さは世界最大級レベルでもあり、世界で1、2位を争うアマゾン川とナイル川には少し及ばないものの、世界で3番目に長い川として君臨していることで知られます。, そんな揚子江は、素晴らしい自然の景色と深みのある歴史が積み重なって表れており、中国の主要な観光名所としても有名。, そこでは、壮大な三峡(長江にあって193kmに渡って広がる3つの峡谷)や、力強い三峡ダム(三峡の下流にあるダム)などを見て楽しめることでも人気です。, ちなみに、長江の最大の支流は漢江(かんこう)という名前の川で、その長さは1532kmにもなります。, 中国の北部を流れ、中国北部の遼東半島及び山東半島に囲まれた湾上の海域(東にいくと北朝鮮に当たる)である渤海(ぼっかい)にまで注ぐ黄河(こうが)は中国で2番目に長い川。, その源流は、チベット高原にある青海省のバヤンカラ山脈で、そこからおよそ5464kmをかけて渤海にまで繋がっているのです。, また、黄河はその中ほどで黄土高原を通りますが、そこでは水の中に砂や塵を大量に含むことになるため、最終的には地球上で最も土砂濃度の高い川となります。, 特に中国中部にあるオルドス盆地の湾曲部をつらぬく渭水(いすい:黄河の支流の一つ)の流域は、古代中国文明が誕生した地であり、初期中国の歴史において最も栄えた地域の一つとして知られ、この地域で栄えた文明は「黄河文明」として呼ばれます。, このように、独特な川の色や景色に加えて歴史的な重要性から、黄河は多くの人に愛されているのです。, 中国では黒竜江(こくりゅうこう)と呼ばれ、中国国外では「アムール川」として知られるこの川は、ロシアやモンゴルにもまたがっているものの、その主要部分は中国国内にあるため中国の川として知られる河川。, 全長は約2824kmであるものの、上流部分の支流を含めた延長は4368km〜4444kmとなり、その場合は世界でもトップ10に入る最大級の長さを誇る川になります。, 2つの豊かな川であるシルカ川とアルグン川が合流して出来ているのが特徴で、また、名前にもある黒い水が意味するように川にはミネラルが豊富に含まれるため、サケを始めとした多くの魚が生息しており、漁業資源が豊富です。, そして、その前半部分がロシア極東と中国北東部の境界上を流れ、また、上流部分に当たる支流の一部はモンゴルを流れるため、アムール川は「国際的な川」とも呼ばれています。, ちなみに、アムール川最大の支流は松花江(しょうかこう)と呼ばれ、その長さは1927kmにも及びます。, ブラマプトラ川は、ヒマラヤ山脈の北部に位置するアンシ氷河(チベットのヒマラヤ山脈北部に位置する氷河)から流れ、バングラデシュでガンジス川と合流してベンガル湾へ注ぐ河川。, そのため、中国以外にもインド、ブータン、バングラデシュを通るものの、その大部分を占めるおよそ2208kmは中国国内に位置する全長約2900kmの大きな川。, 中国の中でもチベット自治区に当たる地域の南部を流れ、ナムチャバルワ山(標高7782mに及ぶチヒマラヤ山脈に属する山)の最東端の頂きを迂回し、大ブラマプトラ渓谷という有名なヒマラヤ山脈の大峡谷を流れていきます。, 中国のチベット自治州にあるタンラ山脈南部の傾斜地から流れ出し、その後、雲南省を流れてミャンマーとタイを経由し、最終的にはミャンマー南部のアンダマン海に注ぐサルウィン川は、その長さ2815kmにも及ぶ川。, また、中国国内の長さはおよそ2013kmと、中国では怒江と呼ばれるサルウィン川の大部分が中国国内に位置します。, 船は河口からおよそ120kmの地点までしか進出できないなど、非常に急流なことで知られる一方で、この川の流域には非常に多くの動植物が生息しており、世界で最も多様性に富む場所の一つとしても有名です。, 珠江(しゅこう)は、ほんの一部だけベトナム北部の川から水が流れているものの、それ以外の部分は完全に中国国内に位置する中国の川で、その長さは2400kmほど。, ロシアやモンゴルにも相当な距離で流れるアムール川や、インド、ブータン、バングラデシュを600kmにも渡って流れるブラマプト川、また同じようにミャンマーやタイをある程度の距離で流れるサルウィン川を除いた、「純粋な中国の川」の中で比較した場合は、中国で3番目に長い川と言われます。, 元々は「広東川」と呼ばれることもあった通り、広東省が位置する中国南部を流れる川で、中国南部としては最大。, さらに、この川を流れる水の量(流量)に関して言えば、長さで2番目を誇る黄河の倍以上となるため、長江に次いで2番目に流量の多い中国の川となることで有名です。, また、珠江水系の最大の支流であり、約2075kmの長さを誇る西江も良く知られています。, アジアでもトップ10に入るおよそ4000kmの全長を誇るメコン川の上流部分で中国国内を流れる部分に当たるのが、瀾滄江(らんそうこう)と呼ばれる長さ2139kmの川。, 青海省雑多県に位置するジフ山を源流とし、青海省や雲南省を通り、雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州に位置するモウ臘県(もうろうけん)を迂回して中国を超え、その後はメコン川と呼ばれるようになります。, 特有の気候と地理的な条件によって豊富な漁業資源に恵まれており、世界で最も豊かな淡水魚の生態系システムを形成しており、また、流域は世界で最も稲作が盛んな地域とも言われます。, 中国の新疆ウイグル自治区にある内陸の盆地「タリム盆地」を流れる内陸河川のタリム川は、新疆ウイグル自治区における主要な川。, 天山山脈を流れるアクス川、カラコルム山脈を源流とするヤルカンド川、そして、新疆ウイグル自治区にあるタクラマカン砂漠を流れているホータン川の3つの川が合流して出来ています。, その長さは1321kmとされるものの、主な水源であるヤルカンド川を含めた場合の延長は2030kmとなり、中国の川としてはトップ8に入ってきます。, ちなみに、タリム川はかつて、シルクロードの交易が盛んな頃は非常に重要な水源で、このタリム(Tarim)という言葉は、古代テュルク語で「砂漠の水」という意味を表しているとされます。, 中国国内に大部分を占める中国の川の中でも、最大級の長さを誇る8つの河川を紹介してきました。, これら長い川の多くは、中国の文化や歴史において重要な役割を担ってきたこともあり、中国を知る上では抑えておきたいものになります。, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。.