遊戯王ocgでは、これまで発売された全てのカードをレギュレーションさえ守れば大会でも使うことができます。 この記事もリミットレギュレーションの改定に合わせて更新するので、デッキ作成のお供にど … 2020年1月1日のリミットレギュレーションに関してもリーク情報アリ? 【遊戯王 フラゲ】2020年1月1日のリミットレギュレーション(制限改訂)もリークされてた模様。 遊戯王公式ツイッターにて遊戯王ocgの制限改訂(リミットレギュレーション)が判明しました。 コチラは割と妥当な緩和組の皆様。《名推理》は「インフェルノイド」とかが影響をうけますかね? シャドミ無制限は嬉しいけど、今の「hero」は初動が確立されまくってるので、むしろ3枚じゃなくて2枚の方が良いまでありそう。 ★遊戯王vrains「structure deck -パワーコード・リンク-」(sd33)収録 カード名:名推理 【通常魔法】ノーマル(制限カード) 相手プレイヤーはモンスターのレベルを宣言する。 通常召喚が可能なモンスターが出るまで自分のデッキからカードをめくる。 名推理 通常魔法(制限カード)相手プレイヤーはモンスターのレベルを宣言する。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキからカードをめくる。出たモンスターが宣言されたレベルと同じ場合、めくったカードを全て墓地へ送る。 類型1 第8期以前:『「 」の効果は1ターンに1度しか使用できない』 ある意味、遊戯王ocgの既成概念を打ち破った革命的なカードと言えるだろう。 【芝刈りノイド】 として結果を残したためか、海外では 17/06/12 で 制限カード に指定された。 ここでは、自身のカード名を指定して発動回数に制限を設けているカードについて解説する。. 2020年1月1日のリミットレギュレーション【禁止・制限】が本日ついに公開になりました!今回のリミットレギュレーションは緩和されたカードが多く、規制で組むことが出来なかったテーマデッキが徐々に回復の傾向に向かっている様なラインナップかと感じ カードが印刷された時期によってテキスト上の表現が異なるが、以下の2種類に分類される。.