冬場の野球の練習といえば「走り込み」というのが常識でしたが、科学的トレーニングの導入が一般にも広がった昨今単なる走り込みは下半身強化にはつながらないという考え方が浸透しています。走り込みのメリットや効果は?についてまとめてみました。 打ち返すため!スムーズな 日本ハム時代に2軍監督を務め これを逆手スイングといいます。 逆手でスイングするだけで、自動的にバットが出やすくなり、ヘッドが走るようになります。 何十年も前から行われている練習方法ではありますが、現役のプロ野球選手も実践している効果的な練習方法の1つです。 お父さんのための野球教室は、少年野球の保護者・指導者のための情報ポータルサイトです。, https://www.youtube.com/watch?v=pWbxHBSru1w&t=2s. 目的ですから下半身は必要以上に使う必要は ありませんし、体を回転させて打つ事もやめて下さいね!, ではでは! 正解がないから野球は奥深くおもしろいのです。 それと同じで宮川理論の批判が正しいかどうかも 正解がない . またどうしてこのメニューを知ったのかというと Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 市立和歌山小園投手の身長、体重、出身中学は?2021センバツ注目投手はドラフト候補!, 2020東京五輪野球メンバーとスタメン予想!日本戦の日程や大会方式、2021年延期でどうなる?, プロ野球12球団の収益や経営状態、黒字、赤字の球団は?決算公告から見るパリーグの好調さとは?. Copyright © 2020 お父さんのための野球教室. All Right Reserved. この練習方法は プロ野球の投手が投げるボールを 打ち返すため!スムーズな 腕の動きを獲得するのが目的です。 また、この練習方法は 少年野球の選手から高校生の選手に よく見られる打撃の問題点の一つである 「肘が上がる」 「脇があく」と言われる選手に とても効果的な練習方法です。 なぜ野球では、スイングの際にヘッドが走った方が良いのでしょうか? 言い換えれば、スイングしたときにグリップよりもヘッドのスピードが速い方が良い理由とはどこにあるのでしょうか? インコースに強くなる; 打球速度が上がる; 空振りが少なくなる; インコースに強くなる. が正しい答えと言えるでしょう。 まとめ. プロ野球でも4割バッターが続出します。笑 . この練習方法は プロ野球の投手が投げるボールを 打ち返すため!スムーズな 腕の動きを獲得するのが目的です。 また、この練習方法は 少年野球の選手から高校生の選手に よく見られる打撃の問題点の一つである 「肘が上がる」 「脇があく」と言われる選手に とても効果的な練習方法です。 とにかく!腕のスムーズな動きの獲得が みなさんいかがだったでしょうか? 4番奪回の練習法 大松 苦心の「逆手スイング」 [ 2011年2月16日 13:49 ] 野球 投手陣は到着心待ち「ゴジラが来るんだろ まだなのか」 何か特別な道具を用意したりするのかと ですが、野球の試合ではその日対戦する投手のタイプによって、打者は様々なタイミングが求められるわけです。 そうすると必ずしも50:50のバランスを保つことが必要とされていないんですよ。つまり野球の試合で美しいスイングの定義は何なのか? ぜひ!一度ご覧いただき All Rights Reserved. 西村昌太朗です。 みなさんいかがだったでしょうか? オリックス・福良ヘッドコーチに スピードのあるボールを  「確認作業です。腕の自由がなくなるので、左手を強く押し込んで、右手首を返さないと打球が飛ばない。これをやった後に順手に戻すと、バットの出がスムーズになる」。大松が打撃フォームを崩した際の引き出しとして考案したのが、普段とは逆に左手を下にしてバットを握っての打撃練習。スイングスピードが出ない分、理想の軌道でのスイングを意識しやすくなるという。 Copyright (C) 2020 BBバイブル|野球のルール、練習方法、筋トレを紹介 All Rights Reserved. 今日からご活用下さい。, 愛知で野球教室・個人指導をお探しなら!ドラゴンズベースボールアカデミーとパートナーシップ契約を締結している動作解析のBASEBALL ONEへ!お子様から大人の方までご利用いただけます!. 4 ③スイング スピードの ... “野球の素振りの効果的な練習方法!スイングの回数って重要?” への2件のフィードバック www より: 2017年4月29日 9:47 PM バッティングファームになってますよ。 返信. 下半身を使わずに、この練習を取組んでいただきたい。 この練習動画も下記にて用意していますので プロ野球の投手が投げるボールを 打ち返していきたい選手はぜひ! 右打者なら通常グリップは、左手が下で右手が上になっていますが、それを左右逆で握ります。, 逆手でスイングするだけで、自動的にバットが出やすくなり、ヘッドが走るようになります。, 何十年も前から行われている練習方法ではありますが、現役のプロ野球選手も実践している効果的な練習方法の1つです。, 「グリップ」よりも「ヘッド」が先に出てくる状態が「ヘッド(バット)が出ている」状態と考えます。, ここで重要なのは、ヘッドがグリップより投手方向に出るということは、ヘッドの速度がグリップの速度より速くなるということ。, ・グリップよりヘッドの速度が速くなり、投手方向にグリップよりヘッドが前に出た状態。, グリップばかり先行してしまって、肝心のバットのヘッドが遅れるといい打球は飛びませんね。, よく目にするのは右バッターの場合、いい打球は右中間方向で、引っ張った打球は引っ掛けたサードゴロ。, フルスイングしてフィニッシュを見ると、レフト方向に飛んだと思いきやファーストファールフライ。, もし、しっくりこないような時は「おへそ」の前で手首が返るように意識してみましょう。, いつもより、ヘッドが出やすくなったら、グリップをいつも通りに戻して練習を続けます。, 逆手の感覚が残ったままスイングすることで、ヘッドの走りをよくすることが出来るでしょう。, 「ヘッドを走らせる」とは、グリップの速度よりヘッドの速度が速くなり投手方向にヘッドが前に出る状態。, この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!, 新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 指導していただいたのがきっかけです。, 福良コーチといえば 正解がないから野球は奥深くおもしろいのです。 それと同じで宮川理論の批判が正しいかどうかも 正解がない . 今からご紹介する練習方法を取り入れて下さい。, 効果がある練習なので 素振りがもたらすものは、はかりしれないほど、たくさんのものがあり、かなり重要です。, 素振りでは、一番大切だと言われています「バッティングフォームの矯正」を行ないます。, 私は、自宅に、昔母親が使っていた、少し大きめの観音開きの三面鏡があったので、それに映っている自分の姿を見ながらバッティングフォームの確認をしていました。, 私の使っていたような三面鏡や、よく女性の部屋にあるような自分の衣装を確認するような大きな鏡を利用するのも良いと思います。, バットの出方、身体がつっこみすぎていないか、スイングの後のフォロースルーなど、こまごまとチェックしていました。, プロ野球選手でも、素振りによって、バッティングフォームを毎日確認されている選手が多いようです。, なぜなら、日々の試合で、実際に打席に立っていると、どうしてもバッティングフォームが崩れてしまうからです。, ですので、素振りをすることによって、その日の試合後に、素振りをしてフォームの矯正をしているそうです。, そして、次の日の試合で、自分のバッティングがしっかりとできるように、次の試合への調整をしています。, 試合でのバッティングは、どうしても変化球など動いているボールに対処しなければならないので、崩されながらも打つケースが多いです。, ですので、このように試合で、バッティングフォームが崩されても、素振りによってバッティングフォームを矯正することができます。, 私の場合は、かなりのローボールヒッターだったので、低めは強かったのですが、高めが異常に弱くて、その高めを中心に練習していました。, これは、個人個人、苦手なコース、高さは異なるので、苦手なボールに対して、対応できるよう素振りをすると良いでしょう。, また、私のように、右バッターなら、ライト方向に、左バッターなら、レフト方向に打つため、逆方向への練習もしておいた方が良いでしょう。, セオリー的には、ピッチャーは追い込んでからは、アウトコースの低めに投げてくる傾向が強いので、その際に、対応できるようにするためです。, ですので、特に試合でよく想定されるようなコース、高さを想定しながら素振りをすると、かなりの効果が得られます。, 内角高めから順に、内角、内角低め、そして、外角低めというように、9つの高さとコースを素振りすることがあります。, この練習も良い練習だとは思いますが、先ほどもお伝えしたように、苦手意識をなくすためには、個人個人苦手なコースと高さを素振りするとより効果的です。, 例えば、ど真ん中のボールばかり素振りしていても、試合では、ほとんどそのようなボールはこないでしょう。, しかし、外角低めとか、内角低め、自分の苦手なコースや高さを素振りで練習すると、苦手意識を払しょくすることができ、どんなボールにでも対応できるようになるからです。, ですので、個人個人の苦手なコースと高さを素振りすると、かなりの効果が得られるでしょう。, バッティングフォームを固めている段階であれば、フルスイングする必要はありませんが、基本的には、1スイング、1スイングをフルスイングでバットを振って下さい。, また、試合では、必ずフルスイングするのに、練習でフルスイングしないのは、練習のための練習になってしまうからです。, ですから、全ての練習は、試合に活かすための練習をしなければいけないので、フルスイングで必ず素振りをしてください。, フルスイングをするのは、かなりしんどいかもしれませんが、時間がたてば、見違えるほどにスイングスピードが速くなり、打球が驚くほど速くなるでしょう。, しかし、フルスイングしないで、いい加減にスイングするのなら、少なめの100回をフルスイングする方が良いでしょう。, なぜなら、あまりいい加減に素振りをすると、逆にバッティングフォームが崩れてしまったりする恐れもあるので、, 素振りは、量(回数)よりも質(目的をもって)を高めて練習する方が、集中力も高まりますし、より効果的な練習となるでしょう。, 素振りは、量(回数)よりも質(目的をもって)を高めて、練習するようにしてください。, 素振りは、バッティングの基本ですし、試合で打つことができる選手は、その素振りに対して人一倍、考えながらスイングしています。, 1スイング、1スイング必死にスイングするのは大変だとは思いますが、努力すれば、その分だけ必ず試合で活きてきますので、1スイング、1スイングを大切にしていきましょう。. Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 野球をするからには試合に勝つことが最大の喜びです。 もちろん、勝つ以外にもホームランを打ったり、三振を取ったりすれば気持ち良いでしょう。しかしその結果、チームの勝ちに貢献できたからこそ、喜びが最大にな ... 野球において、作戦面で最も重要な采配のうちの一つが「投手交代の見極め」です。そして最も難しい采配ともいえるでしょう。なぜなら野球は投手の出来が大きく勝敗を左右するからです。 誰を先発させるかについては ... まず野球を始めるためには、団体競技ですのでどこかのチームに所属しなければ試合ができません。 最初は小学生時に草野球から始める方も多いでしょう。草野球でしたら数人から集まれば試合もできます ... 野球をするうえで重要なことはポジションを決めることと打順をどのように組むかということです。ポジションは投手、捕手のバッテリーをはじめ各守備位置にどのような選手を配置するかによって守備力が大きく変わりま ... 子供のころから野球をするとなると、親の負担もそれなりにあります。特にクラブチームに入れば会費もかかりますし、用具もほかのスポーツに比べて高価になる傾向にあります。それでも野球をする子供たちが多いのは、 ... まず野球をするために必要なものとは何でしょう? と誰でも知っていることかと思いますが、まずはボール、バット、グラブが最低限必要です。これら以外にも野球で使用される用具はさまざまです。攻撃と守備でも使用 ... 野球とはメンタルを競うスポーツといっても過言ではありません。もちろんどんなスポーツにもメンタルは重要ですし、勉強、仕事でもメンタル状態の良し悪しでその成果は変わります。 しかし野球の特徴として 投手対 ... 野球の魅力とは何でしょうか? 野球とは9人でチームを構成し、勝負を競い合う競技です。 投手がボールを投げて打者がそのボールを打つことで点を取り合い、9回を表と裏で攻守交替する球技です。 そんな野球には ... Copyright© 野球が100倍楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. バットを短く持ち よく見られる打撃の問題点の一つである, そういった指摘を受けている選手 冬場の野球の練習メニューと言えば「走り込み」が定番です。冬場の厳しい寒さの中でのボールを使った練習はぐっと減らし、シーズンオフの期間を利用してひたすら基礎体力と筋力の強化を行うのが冬場の練習の目的です。, しかし冬場の練習におけるこの走り込みというのは近年いろんな議論がされてきており、特に科学的トレーニングが主流になりつつある昨今では単なる走り込みではあまり意味がないという意見も一般的となってきました。, 一昔前はひたすら長時間走り続けるというトレーニング、というよりは修行に近い練習方法が当たり前でしたが、現在は科学的な手法も取り入れられて効果的な走り込みを実践しているチームが多いようです。, それではこの走り込みにはどんな効果やメリットがあるのか?その前に何のために走り込みを行うのか?について見ていきましょう!, 野球の冬場の練習における走り込みのメリットや効果を語る前にそもそも何のために走り込みを行うのかという視点を忘れてはいけません。走り込みによって期待される効果は主に下半身強化です。, 野球の基本的な動作は、投手は投げる、打者は打つ、ことです。野手の守備においても球を追う、球を捕る、球を投げるということが基本的な動作になりますが、いずれの動作にも下半身を使います。, もちろん球を投げるにもバットを振るにも手や腕を使うので腕を中心とした上半身も重要です。, しかし球を投げるにもバットを振るにも座ったままでは球速も出なければ力強いスイングもできません。上半身を使って行う動作も全て下半身から上手く上半身と連動させて力を伝えることが必要となります。, つまり上半身を使う投球やスイングなどの動作は下半身とうまく連動させることでより大きい力を引き出すことになるため、下半身が安定することが重要となります。, 投手がマウンドからホームめがけて投球をする際に最も重要な役割は下半身が安定することです。良い投手の条件は, 大きくこの2点が挙げられます。もちろん良い変化球を投げるということも良い投手の条件ではありますが、これはスピードボールが投げられることとコントロールが良いことが前提にあります。, さらにスピードボールが投げられても1回から9回までずっと球速が落ちずに投げられなければ意味がありませんし、何よりコントロールが悪くてストライクが入らなければ四死球で失点してしまいます。常時時速160㎞超のボールをど真ん中に投げ続けられれば打たれることはないでしょうが非現実的です。, 究極的にはコントロールが良くないと良い投手にはなれません。そしてこのコントロールを良くするために最も重要なのが下半身の強さです。, 投手は1試合を投げ切る場合、100球以上を投げることが普通です。これだけの球数を投げてコントロールを安定させるには、ボールを放すリリースポイントの安定も重要な要素です。, リリースポイントを安定させるということは「同じ動作」をひたすら繰り返すことにほかなりません。結局のところ下半身がぐらついていてはリリースポイントが安定しないため、下半身が安定することが必要となります。, 下半身の動作が安定するということは、軸足がぶれずに踏み出す方の足がしっかり着地して、腰の回転で上半身をひねるというところまでの一連の動作が安定することになります。ここまでの動作が安定してできることでリリースポイントも安定してきます。, またスピードボールを投げるうえでも下半身は重要ですが、球速という点では地肩の強さの方がモノを言います。それでも投球に勢いをつけるためにも下半身の使い方は重要です。, 両手を振りかぶって投げるワインドアップと両手を静止させてから投げるセットポジションでは、下半身にゆったり力をためて投げられない分セットポジションの方が一般的に球速は落ちます。これと同じことで下半身をうまく使えるかどうかでわずかでも球速に違いは出てきます。, 打者がスイングする際に必ず軸足と反対側の足をステップしてスイングします。そしてステップした足が着地すると同時に腰の回転でバットを振り下ろすまでが下半身の一連の動作となります。良い打者の条件とは, 大きくこの2点が挙げられます。結局、ボールにバットを当てられない限りヒットもホームランも出ませんが、かといって力のないスイングでは打ち取られてしまいます。この2点がそろって初めて鋭い打球を飛ばすことができます。, スイングスピードが速いということは上半身でバットを振る力があることも重要ですが、腕だけで振っても力強い打球は打てません。スイングスピードが速いということと同時に力強いスイングであることが重要です。, そのためには、バッティングでよく言われる「割れ」がきちんとできていないといけません。この割れとは体の中心線を軸にステップした足が着地した瞬間とバットを持った手がトップ(後ろに引いている状態)にある状態を指します。, 弓矢に例えるならば、弓の弦に矢をセットして最大に引っ張った状態をイメージしてもらえればよいと思います。この状態がバッティングで言うところの割れに当たります。この状態から軸を中心にして腰の回転でバットをスイングすることで力強いスイングをすることができます。, この時に軸がぶれていたりトップからスイングに早く移ってしまうと「タメ」ができず、スイングスピードが落ちてしまいます。よく懐が深いとかボールを呼び込むというのは、このタメの状態から瞬間的に自分のミートポイントでボールを捉えることを指します。, こうすることで直球にも差し込まれず変化球にも泳がされないスイングができます。そしてこのタメを作るためには強靭な足腰が必要になります。ステップした足が着地しても下半身でしっかりと粘ることができないとトップの位置もぶれてしまい、バットにも力が上手く伝わらなくなってしまいます。, さらにより自分の体に近いところでボールを捉えられればミート力もあがり、バットをボールに当てやすくなります。下半身に粘りがあればこのタメの状態からスイングした時に頭のぶれも最小限に抑えられるので縦の変化にも対応しやすくなります。, 下半身のみならずリストの強さ、背筋、握力など力強いスイングには上半身の強さも重要ですが、下半身が安定しないとこの上半身の動きとうまく連動しないため打者にとっても下半身の強さが重要なのがわかります。, 投手にしても打者にしても下半身の強さ、安定が重要だということを解説してきました。では下半身の強さとは具体的に下半身のどこの強さを表すのでしょうか?, の2点です。野球というスポーツが他のスポーツと大きく異なる点は、常に静止している状態から瞬時にフルパワーでボールを投げたりスイングをする点です。, ピッチャーならばマウンドのプレート、バッターならばバッターボックスにほぼ固定した状態で、助走や勢いをつけずに速いボールを投げたり、鋭いスイングをする必要があります。, そのために重要なのが「体のねじれ」になります。ピッチャーもバッターもお互い正面を向いてプレーすることはなく、利き腕やバッターボックスの左右によって「半身」の状態で向かい合います。ピッチャーはランナーがいない状態ならば振りかぶって投げることもありますが、投げる動作において最終的には半身となります。, 右投手なら左肩がバッターに向き、右打者なら左肩がピッチャーに向いている状態です。この静止している状態から速いボールを投げる、鋭くバットを振るには「体のねじれ」という反動をいかに効果的に使うかが重要となります。, このためには「カベ」となる下半身を安定させてボールやバットを持った上半身を「体のねじれ」を利用して勢いよく繰り出さなければいけません。, この時に軸足となる足の内転筋によって軸足を安定させることと股関節の無駄のない動きによってねじれによる力をうまく上半身に伝えることが重要となります。軸足がぐらついたり、股関節の硬さによってステップがスムーズに府に出せないと力のロスが生まれてしまいます。, 体を支える下半身の力を効率的、効果的に上半身に伝えることが安定かつパワフルな投球、スイングにつながることとなります。, 野球において内転筋、股関節といった下半身を強化することが、投手、打者にとっても上達するための近道と言えます。ではこの下半身強化をどうすればよいのか?, やはり「走り込み」が基本になります。しかしこの走り込みはやり方を気をつけないと無意味なトレーニングになってしまいます。, 下半身強化のために走り込みは必要と言いましたが、いわゆる昔から言われているような2時間も3時間もぶっ通しで走るというのはどうも科学的根拠に乏しいようです。, 実際に走り込みだけでは強靭な足腰を鍛えることはできないようです。強靭な足腰を作り上げるには負荷をかける必要があるということです。ただひたすら長い距離を走っただけでは、代謝能力や持久力が上がって疲れにくい体になるということへの効果はありますが、足腰に負荷がかからないかぎり筋肉の強化にはつながりません。, ただし走り込みによって、体のバランスをコントロールする力は養われます。筋力の強化というよりは走り込むことで体幹を鍛えることには有益ですので、いろんな練習に耐えうるだけの基礎体力をつけるために行うのが効果的のようです。, 特に内転筋を鍛える、股関節を柔らかくするという点においては走り込みだけではなくスクワットなどのトレーニングを取り入れた方が効果的でしょう。, これは当然ですが、固い地面の上を走ることは足腰やひざに負担をかけることになりかえってケガの恐れが出てきます。足を着地するたびに体全体の体重が足腰にかかるわけですから、地面が固ければこの負担を吸収できません。この吸収できなかった分を足で吸収するので足にしわ寄せが行きます。, たまに階段の上り下りで鍛えるトレーニングもありますが、足腰に負荷をかけるという点では足腰の強化に効果的かもしれませんが、そういったトレーニングの際には靴底が衝撃を吸収するタイプのトレーニングシューズを使用することがおススメです。, 上記にも触れましたが、長時間の走り込みは下半身の強化にはあまり効果がありません。走り込むにしても20~30分程度にしておき、後は足腰の強化のためにウェイトトレーニングで負荷をかけることが効率的です。, また足腰の強化に必要なのは近距離のダッシュの方が効果的という意見もあります。特に瞬発力や速筋を鍛えるのに有効です。これも1本走ればインターバルを空けることが重要です。, 長時間のランニングは時間的な効率もあまり良くありません。効率よく長距離と短距離を組み合わせて走り込みを行うことが重要でしょう。, そこで走り込みの時期ですが、春から秋にかけてはプロ野球をはじめ野球の公式戦が組まれます。11月中旬以降から3月の中旬までは公式戦もなく、冬の寒い期間をこの走り込みを含めた体力トレーニングにあてるのが一般的です。, シーズン中は実戦や実践向けの練習にどうしても時間を割くことになりますので、こういった走り込みは冬場こそ集中的に行うことで一冬超えて一段とたくましい体つきになるものです。, 関連記事:上達するための野球の練習メニュー、名称や内容は?早速実践したくなるポイント!, 冬場はあまりボールを使った練習をすることがなく走り込みなど基礎体力を養う練習を行うためこれはこれで過酷ですが、これを乗り越えることで精神的にもたくましくなれます。, 野球において走り込みにメリットや効果があるのかまとめてきました。そもそも野球において重要なのは走り込みではなく下半身の強化です。, 以上のように下半身の重要性を理解したうえで、下半身をいかに強化するのかが大切になってきます。そして下半身のどこを鍛えることが重要かと言えば, の2点に尽きるといっても過言ではないでしょう。軸足を安定させて下半身のステップにより体のねじれを上半身にスムーズに伝えるためにこの2点の強化が必須と言えます。, 従来は長時間ひたすら走り続けることが下半身強化につながると信じられていました。しかしこの2点を強化することに主眼を置くならば、近年では長時間の走り込みは下半身強化にはあまり効果がないという科学的な分析もあり、走り込みのスタイルも変わってきました。, といったかつての長時間の走り込みではなく上記のような効果的な走り込みが重要です。さらにスクワットなどのトレーニングを取り入れることが下半身強化につながるでしょう。, 限られた時間で効果的に足腰を強化するためにもボールを使わない冬場に集中して行うのが有効です。一冬超えて一段とたくましい下半身を築き上げましょう。, コメントありがとうございます。ご指摘の通りです。肝心の視点が抜けていました。リライトして公開したいと思います。引き続きよろしくお願いします。. Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 腕の動きを獲得するのが目的です。, また、この練習方法は なぜ野球では、スイングの際にヘッドが走った方が良いのでしょうか? ... 逆手打ち. 野球のバッティングフォーム(構え方)!打ち方の基本やコツとは? 高校野球で打撃が上達するコツ!ミート力を向上させる秘訣とは? 野球の左投手の攻略方法とは?試合を優位に進めるための戦略や戦術! 野球の打撃のコンパクトなスイング! 最近フォアハンドを両手打ちに変えました。右利きの場合、右手を上に持ってくる方を順手、逆を逆手と呼ぶとして、それぞれの持ち方の長所と短所を教えてください。ちなみに私は逆手にしてますが、まあまあうまく打てていて、コーチに言わ 今日ご紹介するメニューは 僕自身、現役時代に取組んでいたメニューです。 自宅でできる野球の基礎練習の定番と言えば素振りですよね。私も小中学生の頃、親父に「素振りせぇ~!、素振りせぇ~!」と、毎日のように言われたものです。確かに素振りは、バットと場所さえあれば、どこでもできるので、毎日欠かさず 少年野球の選手から高校生の選手に 野球 ... インコースの打ち方【5つの極意】効果的な練習方法もご紹介 2020.8.4. アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」. 思われるのですがこの練習は本当に簡単です。, 右打者であれば左打者のバットの持ち方をして Sponichi Annexに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権はスポーツニッポン新聞社と情報提供者に帰属します。. 中田 翔選手や糸井選手を育てた方です。, この練習方法は ティバッティングをするだけ!, ただし!この練習を行う際には All Rights Reserved. が正しい答えと言えるでしょう。 まとめ. 野球をやっていると、現場で良く言われる「ヘッドを走らせる」という言葉を耳にすることがあると思います。, 指導者の立場であれば、もしかしたら一度は「もっとヘッドを走らせて」とか、それに近いフレーズを発したことがあるかもしれません。, しかし、言われた選手や言った本人が、「ヘッドを走らせる」という言葉の意味をしっかり理解しているかどうかは疑問です。, 野球で使われるキーワードは独特なものが多く、しっかり説明されないとわからないことも多いですよね。, そこで今回は、バッティングにおける「ヘッドを走らせる」とはどういうことなのか、詳しく解説していきます。, 野球のバッティングにおける「ヘッドが走る」というのは、バットのグリップよりもヘッドのスピードが速いという状態です。, ヘッドが走っていないバッティングというのは、「ヘッドが出てこない」とか「ヘッドが遅れている」といった表現になるでしょう。, ヘッドが走っていないと、力いっぱいスイングしているのにさほどスイングスピードが出ていないという状況になります。, バッティングは身体の軸回転が主ですから、グリップが移動するよりもヘッド側のスピードが速い方が遠心力も大きくなりますよね。, 逆にヘッドが走っていると、それほど力を入れていないうように見えても、大きな打球や鋭い打球が飛んでいくわけです。, ただ、何もわからずに「ヘッドを走らせろ!」と言われても、どのようにしたらいいのかわかりませんよね。, でも、ヘッドが走るスイングが身に着くと、自然とヘッドが立ってパワーが伝わりやすいスイングになっているはずです。, 言い換えれば、スイングしたときにグリップよりもヘッドのスピードが速い方が良い理由とはどこにあるのでしょうか?, アウトコースの方が、バットとボールが当たるミートポイントが後ろになっても捉えることが出来ますし、遠心力も使えるので飛距離も出やすいです。, 対してインコースは、身体に近いのでバットの長さを活かした遠心力が使えず、バットの芯もヘッドに近いのでジャストミートするのが難しいわけです。, ヘッドが走るということは、それだけヘッドが移動するスピードが速いので、インコースにもポイントを前にして対応が出来ます。, そのため、ボールにバットを衝突させる威力も増すので、打球速度が早くなるわけですね。, ヘッドが走るスイングが出来ていると、無理に力を入れなくても速いスイングスピードが出せます。, 投球をじっくり手元まで引き寄せて、ギリギリまで見極めてスイングができるので、空振りが減るわけですね。, 野球の指導で「ヘッドを走らせろ」と言われても、何が原因でヘッドが走っていないのか把握できないと、一生ヘッドは走りません。, 通常の打撃では、一度重心をキャッチャー方向の脚に移動させて、それからピッチャー方向に体重移動していきます。, それと同時に右打者なら左足、左打者なら右足をピッチャー方向に踏み込んでスイングをしますよね。, 踏み込んだ際に力が弱すぎたり、地面に着いた足が不安定だと手が早く出すぎてしまいます。, しっかり安定した踏み込みが出来ていれば、右打者なら左肩、左打者なら右肩の方に「壁」が出来るわけです。, 壁が出来ずにバットのグリップだけ先走ってしまうので、結局ヘッドが出てこないスイングになってしまいます。, スイングをしたときに、右打者なら左肩、左打者なら右肩の開きが早すぎるとヘッドが取り残されてしまいます。, スイングは回転運動なので、腕や上半身の力だけで強いスイングをしようとすると、どうしても肩の開きを早くして身体を開かないとけなくなります。, するとグリップだけが引き出されてしまい、ヘッドが遅れて出てくるので、ピッチャーのボールにタイミングが合いません。, それだけでなく、体重移動やスイングのパワーがバットに伝わりにくく、弱い打球しか飛ばなくなるのです。, 特にミートの瞬間に、左手(左打者なら右手)の甲が上を向いていると、バットのヘッドが走りません。, 理想的なスイングは、左手(左打者なら右手)の甲がピッチャー側を向いていた方が良いのです。, 手首は水平方向には動きにくく、反らしたり手のひら側に曲げたりする動きの方がやりやすいですよね。, そのため、ミートの時に手の甲が上を向いていると、手首が使えずにヘッドを利かせられません。, 手の甲をピッチャーに見せるような動きをイメージして、そのままスイングすれば勝手にリストが利いてヘッドが走ります。, 逆手にすることで、ドアスイングの矯正やリストのしなやかな使い方を自然と身に着けることが可能です。, インパクトの際に手首が返ることを感じながら、ヘッドが走るスイングを身に着けてみてください。, 普段から力がガチガチに入って力任せに振っているという選手は、逆にバットが出にくくなっています。, バットがボールに当たる瞬間に、100%の力を爆発的に出せるのが理想的なスイングなのです。, そのためには、100%ではなく60%くらいの弱い力で緩い素振りを繰り返してみましょう。, バットのヘッドの遠心力を感じながら、力を入れなくても自然にバットが出てくる感覚を養うのです。, プラスチックバットなど、軽いバットで素振りを繰り返すのもヘッドを走らせる良い練習になります。, 軽いバットで鋭いスイングを繰り返すと、自然にバットがスムーズに出てくるフォームが形成されていきます。, むしろ身体の開きが早すぎると、軽いバットの場合はより一層ヘッドが出てこなくなるはずです。, ヘッドが走る速いスイングを身に着けるためには、マスコットバットなど重いバットで筋力をつけるのではなく、軽いバットで理想的な身体の使い方を知ることが大切だということですね。, 少年野球などの指導現場でも良く飛び交っている「ヘッドを走らせる」という言葉の詳しい意味について解説してきました。, 分かっているようで意外とわかっていない「ヘッドが走る」というスイングについて、理論的にわかると練習効率もアップします。, 実はヒットを打つためにはとても大切な要素でもあるので、ぜひヘッドを走るということの意味を考えながら練習を繰り返していきましょう。, ヘッドを走らせるという言葉と並んで意外と解釈があいまいになりがちな、「ヘッドを立てる」ということについても別の記事で解説しているので、ぜひそちらも併せてご覧ください。, 小学生から根っからの野球大好き人間です。自分が本気で野球に取り組んでいた経験はもちろん、現在は柔道整復師として接骨院の院長を務めております。野球の練習方法やトレーニングだけでなく、身体の仕組みからみた正しいケア方法なども発信していきます!.