苦労も無く乗り続ける事は出来るでしょう, こんにちはm(__)m ・普通自動車の選択肢も考えています。(国産メーカーのみ) 正直に言って「疲れました」普通車の倍ぐらい・・・(汗) 金銭的な事を考えたら買い換えが一番高いのにね。。。 そろそろ替え時かと思い始めました。 また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。 常に一発で始動しますし、快調に動き続けていました。 つまり、購入時の値段が高ければ、税が安くても…どこかで均等が取れる事になります。 https://www.carhoken-tokoton.com/main/nenrei-j... N-BOX:全長3,395x全幅1,475x全高1,790-1,815(mm)車両重量890~1,030kg, フリード:全長4,265x全幅1,695x全高1,710-1,735(mm)車両重量1,340~1,490kg. 割りに高い値段が付けられていますが、新車であればその様な話はありません。 長く乗れる軽自動車の探し方:3行まとめ 軽自動車は普通車に比べて寿命が短いので長く乗るのは適さない(古い軽自動車ならなおさら) どこまで軽自動車に乗れるかは故障や整備費用が増えてきた金額とで検討 最近の軽自動車は技術革新 …

タイヤの組み替え交換って、なんで高いのでしょうか。最近、タイヤの組み替え交換をしたのですが、ホイールごと交換するのと比較して、なんであんなに高いのでしょうか。

軽自動車を売るべきタイミングは?

何キロまで平気だとかは ほとんど疲れを感じることなく、快適なほどです。

また、安全性に関しては、設計の自由度が大きい分だけコンパクトカーの方が多少

年数で判別する理由が無くなっています また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。

エンジンについても >スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載されるのは事実か? どちらにしても、一度軽自動車を運転してみて、年間維持費の差と軽自動車に替える

グレードを選ぶメリットが出てきます。 さらに他の質問者がいう軽トラや質問者さんのおっしゃる商用系というのも、構造がシンプルなので故障リスクが少ないという意味では有効だと思います。 今の車ではそのような事はありません お願いしますー。, こんにちはm(__)m やっぱり商用系でしょうか。, 世界を代表する日本の車作りですから、正直メーカーや車種によって寿命の差はそんなにはありません。全くないといっているのではなく、それほどないということです。 もっと影響を受けるだろうと思いました。 今、ハイパワーのスポーツカーに乗ってます。 軽自動車はハイブリッド車と比べて価格がやすいし燃費, 軽自動車ではなく、普通の大きさの5人乗りの、可愛い車の車種を教えてください。 イメージしてる軽自動車, 普通車から軽自動車に乗りかえて思ったのが、日本の道路って軽自動車のが走りやすいと思いませんか? 軽自動車では、非力さや燃費の悪さが顕著に出ますので、コンパクトカーの上位 後方への注意も怠るわけにはいきません。 一般的には10万kmくらいが寿命みたいですが、中古車市場では15万kmも走ったベンツなどが売られていますよね。 国産車は10万kmが限度で、ベンツなどの高級外車は15万km走ってもへっちゃらなんでしょうか。 (今は2年取得出来ます) 軽自動車は普通車に比べて、寿命が短いのを知っているでしょうか?「車は機械なのに寿命があるの?」と疑問に感じてしまいます。現代の車は、従来よりも部品の精度が格段に向上し、軽自動車でも耐久性への不安はほぼありませんが、それでも寿命と言う考え方が存在します。

この命令に従わない者には、毎年車検という罰を科していました。 ただ何年まで大丈夫とか こどもが二人いるので、大変便利な車なのでまだまだ大事に乗っていたいのです。 さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが 普通車と軽自動車両方を乗ったことがある方、

#wp_cta_3459_variation_0 form {max-width: 330px;margin: auto;}jQuery(document).ready(function($){}); 一般的に、車の寿命は「10年10万km」と言われていますが、軽自動車の場合はその70~80%程度で寿命が来るといいます。とはいっても、ボディを始めエンジンや足回りなどの主要部品はもちろん、あらゆる部分で信頼性や耐久性の高い現代の車が、新車から10年や走行10万kmでダメになってしまうわけではありません。, オイルなどの消耗品や必要な部品を定期的に交換し、メンテナンスをきちんと行うことで、新車から20年、走行20万kmでもまだまだ走れるでしょう。しかも国産車では、その間にそれほど大きな部品交換をしなくても、10年10万km以上を平気で持ちこたえられる信頼性を持っています。, 普通車に限らず、軽自動車にも同じテクノロジーが生かされているため、信頼性と耐久性においては、国産車は非常にお買い得と言えるでしょう。輸入車では全く考え方が異なり、3年3万km・5年5万km・7年7万kmといった周期で定期的な部品交換が義務づけられており、そのたびに10万~数十万円単位の費用が発生。, 車種によっては、それ以外にも不具合が生じるなどして、修理に費用が掛かる場合もあります。その代わりに、輸入車では新車時に持っていた走りのフィーリングや乗り心地、エンジンの出力特性などが限りなく維持され、年数が経過しても新車の時と同じ楽しみが味わえるのが魅力です。, では、軽自動車の寿命とは一体何なのか?それは、中古車としての価値がなくなってしまうことです。基本的に車の価値は、新車から数えて年数が経過すればするほど、走行距離が長くなればなるほど下がっていきます。元々新車の販売価格が安い軽自動車では、価格の高い普通車に比べて価値がなくなるのが早いのは、仕方がありません。, 人気車種では、走行10万kmを超えても相応な価格がつく場合もありますが、年式では新車から7年・10年と経過すれば、モデルチェンジなどもあって大きく値を下げてしまうのは避けられません。車の寿命と言うのは、決して車がもう使えなくなってしまうのではなく、年数が古くなりすぎると売る時に値段がつかなくなることです。, それが、軽自動車の場合は一般的な普通車と比べて、より早く価値がゼロになると考えておくと良いでしょう。, 軽自動車の寿命についてもう少しくわしく、車にとっての【寿命の定義】とは何かを説明します。車の寿命には、中古車としての価値がなくなることの他に、機械としての耐久性も注意すべき要素です。20年、20万kmを軽くこなす国産車とはいっても、車は2万点以上のパーツが組み合わせられてできた機械のため、永遠に使える部品というものは存在しません。, 国産車でも、輸入車と同じように、ある時期が来れば交換が必要な部品が発生します。ただその周期が、国産車では輸入車に比べてかなり長く、大きな出費が発生しにくいのがメリットです。10年、10万kmを過ぎても大きな部品交換が発生しにくい国産車ですが、新車から15年~20年、走行15万~20万kmを過ぎたあたりから不具合が出始め、修理するのに大掛かりな作業が必要になってきます。, もっとも大きいのがエンジンのオーバーホール。こうなると車からエンジンを下ろして分解し、ピストンやコンロッド、カムシャフトといった主要な部品を交換するなど、これまでとは比べ物にならない大きな費用が発生するでしょう。, 場合によっては、エンジンを丸ごと交換する方が安く済むこともありますが、それでも相当な費用が掛かり、誰でも【車の買い替え】を検討するのではないでしょうか?それでも、こうしてきちんと修理すれは、また元気に走らせることができます。ただ修理費用のことを考えると、「まだ乗り続けるのか?それとも手放すか?」という大きな悩みどころ。, この点を考慮すれば、国産車の場合は新車から15年~20年、走行15万~20万kmで、一つの寿命と考えるのが適当です。輸入車の場合は、元々維持するのにお金がかかるのは仕方がないという考え方で、国産車のような寿命は存在しません。, 国産車よりもはるかに費用が掛かりますが、交換部品がある限りは、何年でも何万kmでも新車の時の楽しみを味わうことができるでしょう。どちらが良いかは、ユーザーの車に対する思い入れ次第です。, 車の耐久性から見た国産車の寿命は、新車から15年~20年、走行15万~20万kmが目安となりますが、軽自動車の場合は少し事情が異なります。その理由は、軽自動車ではボディサイズとエンジンの排気量に、法的な制限があるためです。軽自動車に課せられた法的な規制は、以下のようになります。, まず、エンジンの排気量についてですが、660cc以下ということは、中型免許で乗ることができる400ccのオートバイよりたったの260cc大きいだけです。現在販売されている、400ccのオートバイの車両重量は180kg程度です。また600~650ccの中間排気量のオートバイでも、190~200kg程度でしょう。, それに比べて660ccの軽自動車では、車両重量はおよそ900~1000kgです。これに、大人を4人も乗せて走行するとなれば、エンジンに掛かる負担は相当なものでしょう。このことから、軽自動車のエンジンの耐久性は、国産普通車に比べてやや低くなるのは避けられません。, 次にボディサイズでは、例えば軽スーパーハイトワゴンのホンダN-BOXと、コンパクトミニバンのホンダ フリードとを比較してみます。, エンジンが660ccの軽自動車のN-BOXと、1,500ccのフリードでは、普通車のフリードが当然重いですが、注目すべきは車体の全長と全幅の差です。フリードは、N-BOXよりも全長で870mm、全幅では220mm大きいことがわかります。車を家と同じに考えれば、建坪面積が大きい家の方が、地震に対する耐久性もより高くなるでしょう。, 車のボディは、走行中に掛かる【走る・曲がる・止まる】といった衝撃を、常に受け止めています。同じ車でもボディがより大きい方が、物理的に耐久性が高いです。車体サイズに法的な規制がある軽自動車では、普通車に比べて耐久性が低いと言わざるおえません。, 以上の理由から、耐久性の面から見た軽自動車の寿命は、普通車に比べて7~8割程度低く見積もるのが妥当です。そのため、軽自動車の寿命は、製造から12年・走行距離12万kmが目安となります。軽自動車を、それ以上長く乗り続ける場合は、エンジンから足回りにボディまで、相当に大掛かりな修理を覚悟しなければなりません。, 今乗っている軽自動車が、製造から12年以上経過し、走行距離が12万kmを超えている場合は、ぜひとも注意すべきことがあります。このような寿命が近づいた軽自動車の注意点について説明します。, 軽自動車に毎年課せられる【軽自動車税】は、自家用乗用車で年間1万800円と普通車に比べて割安なのがメリットですが、製造から13年目からは税額が高くなるため注意が必要です。値上げ率は概ね約20%で、例えば東京都世田谷区では、年間1万2,900円になります。, 軽自動車に限らず、車は年数が古くなったり走行距離が多くなると、エンジンを始め、車体各部の経年劣化により燃費性能が低下してきます。軽自動車の場合は、普通車に比べてエンジンにかかる負担が大きいため、燃費への影響はより顕著に表れるでしょう。軽自動車の持つ、25~30km/Lというハイブリッドカー並みの優れた燃費性能が、低下してしまうのは残念です。, ここ最近では、軽自動車にも衝突安全ボディはもちろん、自動ブレーキなど最新の予防安全装備の搭載が、常識となっています。しかし、今から12年以上前の古い車になると、エアバッグや安全ボディはともかく、自動ブレーキや誤発進抑制装置といった安全装備は搭載されていません。中古車を購入する際には、その点は十分に注意する必要があります。, 軽自動車の寿命は、普通車に比べてやや短いのは仕方がありませんが、せっかく購入した軽自動車の寿命を、少しでも長く延ばす方法はないでしょうか?このような、軽自動車の寿命を延ばす方法について説明します。, 車の寿命を延ばす方法は、まずメンテナンスをきちんと行うことです。軽自動車のメンテナンスで特に注意すべきなのは、消耗品をきちんと交換することです。, 車の血液と言われるエンジンオイル。人を始め動物の場合は、心臓と肺、肝臓や腎臓などによって常に新しい血液へとつくりかえられますが、車の場合はそうはいきません。車の健康状態を常に最適に保つには、定期的なオイル交換が必要です。, 【タイヤは命を乗せている】と言われ、車を安全に走行させるには、タイヤの状態が良好であることが大前提となります。また、タイヤは走行中に、路面からの衝撃を受け止める重要な部品。摩耗していたり、古くなって硬化したタイヤを使用し続けると、ボディにも大きな負担がかかることに。安全のため、車の寿命をより伸ばすため、適切な時期にタイヤ交換を行いましょう。, 現在の軽乗用車には、エンジンのパワーを車輪へと伝達するために、CVT(無段変速機)が搭載されています。このCVTを機能させるために不可欠なのが、【CVTフルード】です。CVTフルードが劣化してくると、エンジンのパワーを上手く伝えることができず、エンジンの耐久性を下げてしまうことになります。, CVTフルードの交換時期は、新車から5万kmで、その後は周期が早くなり、およそ2万km程度で交換が必要になるため注意しましょう。, 車を長持ちさせるもっとも安上がりな方法は、運転技術を磨くことです。といっても、難しいことではありません。急発進や急ハンドルを避け、エンジンやボディに負担を掛けないような、運転を心がけるだけでOK。またエンジンの回転数をできるだけ上げないで走る、【省エネ走法】も、車の寿命を延ばすのに有効です。, 軽自動車の寿命は普通車よりも短いという事実を、さらに詳しく知るために、軽自動車の寿命に関わる大切なポイントを紹介します。, 軽自動車の寿命が短い理由として、普通車に比べてエンジンの排気量が小さい、車体のサイズが小さいことを上げましたが、この【小さい】という事実が部品の耐久性に大きく影響します。これは非常に単純で、エンジンの排気量が小さいのは、つまり部品の一つ一つが小さいということです。, 電気自動車は別として、車のエンジンは、燃料と空気を燃やした、爆発の力を利用して動力を生み出す【内燃機関(ないねんきかん)】です。この爆発エネルギーを受け止めて、車を走らせる力へと変えるのが、ピストンやシリンダー、シリンダーヘッドなどエンジンの主要部品。同じ部品でも、小さいよりも大きい方が、物理的な耐久性が高くなります。, 当然、エンジンを構成するバーツが小さい軽自動車のエンジンは、各部品の耐久性がより低くなります。これは車体についても同じで、同じ人を乗せて走行するのに、小さなボディよりも大きなボディの方が、より丈夫で長持ちするでしょう。, 軽自動車では、できるだけ長距離運転をしない方が無難です。現代の軽自動車は、安全性を考慮して設計され、かつての車よりも信頼性や耐久性が大きく向上していますが、それでも基本的に【小さな車】であることは変わりません。, 小さな車体に小さなエンジンを持つ軽自動車は、やはり街乗りをメインに作られた車です。旅行や出張などで頻繁に長距離を走ると、途端に耐久性が落ちてしまうでしょう。, 軽自動車の寿命は、買取価格にも大きく影響します。一体、どれほどの影響があるのか、軽自動車の下取りや買取相場について説明します。, 軽自動車は寿命が短いため、あまりに年式が古く、走行距離が多い車では、下取り価格がつかないこともあります。機能的に何も問題がなく、まだまだ元気に走れる車であっても、軽自動車では中古車としての価値がなくなるのが、一般的な普通車よりも早いです。非常に残念ですが、製造から10年を超えて、走行5万km以上では下取り額はつかないと考えてよいでしょう。, 軽自動車を売るなら、寿命を迎える前がおすすめです。人気車の場合は、走行距離が長くても値段はつきやすいですが、やはり10年落ちになると、買取り専門業者でも売るのが難しくなります。できれば、新車から7年落ち程度までに売却するのがおすすめです。, 軽自動車は車両価格が安く、車体やエンジンが小さいことから、普通車に比べて寿命が短くなります。中古車では10年落ちになると値段がつかず、耐久性の面でも普通車の70~80%程度で寿命を迎え、製造から12年で走行12万kmが目安です。, 軽自動車を売るなら、寿命が来る前に売却しましょう。また少しでも寿命を延ばすために、メンテナンスをきちんと行い、車に余計な負担を掛けない運転を心がけましょう。.

ちなみに私は、メンテがきっちりされてきた5万キロ走行くらいの 、最後の半月で突然彼からの連絡はなくなり(私からのメッセージには即レスしてくれましたが)、私からのデートも電話も忙しいとの理由で断られました。

また軽自動車でよく見られる、短距離走行の繰り返しはエンジンには良くありません。そこも関係しているかもしれません。

(高級車は錆びにくいように亜鉛鋼板を使用したり塗装が厚い)

・貧乏なので、お得な車を買いたいと考えてます。燃費や税金などトータルで。 突っ込...続きを読む, こんにちは、よろしくおねがいします。

国土交通省は「国産車は、世界最低水準の性能・品質だ。10年乗ったら廃車だ!」と、今でも運輸省時代の方針を堅持していますよね。 優れていますが、その差が判るのは時速100Km以上での事故や、大型トラックが 車体の直進性は危惧するほども無く、充分に安定しています。 4500rpm弱の連続走行は、神経的にこたえます。 短期間で走行距離が嵩むよう乗り方なら Copyright (C) 2020 車の買い方【119番】 All Rights Reserved.

全くストレスを感じさせない思い出深い愛車も 本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが この国産車は、オドメーターが6桁でした。^^;, >クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか? #wp_cta_3459_variation_0 #cta_container .button:hover {background: #c12424;border-bottom: 3px solid #db3d3d;} 軽自動車では、非力さや燃費の悪さが顕著に出ますので、コンパクトカーの上位 初歩的な質問で申し訳ないのですが、軽自動車は普通車に比べて寿命が短いのでしょうか?乗ってる人の乗り方やメンテナンスの仕方で寿命は決まってくるのはわかりますが、もし同じ条件で乗っているのであれば、普通車の方が寿命は長いです

軽自動車の寿命とそれに伴う走行距離も伸びていますが、それをもっと伸ばすには車検とメンテナンス次第です。, もちろん、ここ数年間では衝突防止装置付きの軽自動車数もどんどん増えていて、それが寿命と無関係であるとは言いません。, アナタが衝突防止装置付きの軽自動車ならば、車検以外のメンテナンスさえ欠かさなければ10年や20年、そして30万キロ以上走行も可能となるでしょう。, そんなメンテを施し長距離走行に耐える軽自動車なら、売却交渉することでさらに高く売れるのは間違いありません。, 全国140ヵ所以上で開催される「車オークション」では年間約500万台以上の中古車売買が行われています。, 車には売れる時期やシーズンがあると言われていても、日本最大の車取引現場では「どんな車も3~4週間で値下がりする」、それが現実なんです。, ただし、オーナーに愛されてメンテされた車なら値上がり幅が小さくなることもあります。, 月単位で価格が下がる中古車でも、売却ベストタイミングは車検やメンテ前が有利と考えます。, もしメンテした後なら、メンテ内容を売り文句に加えることも可能ですが、気持ち程度にしか評価されません。, 理由は新車保証は通常3年間、延長保証加入車は5年間であり、その期間内は事故以外の修理&メンテナンス無料だからです。, しかし、アナタがどんなメンテをした軽自動車だとしても、経過年数なりの価格で基本判断されます。, でも&しかし、この5~7年が車売却のラストチャンスと判断し行動するしかありません。, もし7年であれば、3回目の車検前、車検残存期間が長い内に売却すれば少し加点となります。, これからもメンテさえ続けていれば10年、15年といつまでも相棒として働き続けてくれるでしょう。, 実は登録7年や10万キロ走行で「査定ゼロ」は日本式ルール若しくは意味のない「お決まり言葉」でしかありません。, 震災による津波などで完全に水に浸かった車、車内が砂で一杯になった車でも買い手がいます。, 日本では廃車とされる車にも買い手があり、簡単整備だけで世界約100ヵ国に輸出できるからです。, 軽自動車の売却に最適な時期は、新車登録3年や5年車検前なのはご理解を頂けたと思います。, そうです、もし少しでも高値売却を考えるのなら2番目の登録後7年前後になるとお考え下さい。, それが車売却で幅広い取引先を持つ一括査定業者なら、売却時期に加え輸出目的による高額査定もあります。, 輸出目的なら70万キロで廃車になるタクシー車両も買い付けられています、そうなっています。, アナタが呼ぶであろう複数査定士の中に、上記を得意とするものがいれば高く売れる可能性大となります。, それは生活環境にも大きな変化が無い=不安が無い、だから大切な愛車にこれからも乗り続けられるからです。, 多くの人達は生活環境変化に伴い、仕方なく車を売却せざるを得ない、買い替えなければなりません。, 下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!, 実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件), もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。, 残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…, しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!, ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。, 「「シエンタ」VS「フリード」比較【乗り心地が良くて長距離運転が楽なのはどっち?】」, 当サイト「車の買い方【119番】」では、車の買い方について主に損得情報を掲載しています。, 車は住宅の次にお金を使うもので、住宅ほどではなりませんが選び方で人生が変わることもあります。, 記事の筆者は海外生活の経験があり、日本にとっては輸入車になる車を使っている現地人の心情を理解して記事を書いています。, スペックで判断することは重要ですが、現地の人間がどのような思いで車を選んでいるかなどは、現地人と交流が無ければできません。, そのため、外車について経験からお伝え出来る知識が多くありますので、参考にしていただければと思います。. 「安全な車」とはどういった車でしょうか。 そんなことがあって... タイヤの寿命について質問です。新車で買ってから20年タイヤを換えてません。走行距離は約5万キロと少なく溝も残ってます。ガレージ保管ですので直射日光に照らされることもなく、ひび割れ等ございません。車検時にも指摘されず通ってます。まだまだ使用できますかね?!. ダンプカーは運送業でもほとんど白ナンバーですけど小型トラックとか軽四でも同様のやりかたなら運送業をやっても合法ですか。荷物を積み込んで依頼主から一個ごとに送料相当で荷物を買い取って、届け先に1円で売る。 「あの動画のことで」というような会話がありましたが、何の動画のことですか?炎上したのですか?. ただ排気量が小さいだけで構造は普通車と変わらないですよね? さすがに数が出ているので、安い車両も見つけられるでしょうし、整備料金もさほど高くはなく、最近の車であればそんなに簡単に致命的な寿命が突然来る!ということも無いでしょうから。, >軽自動車は、普通自動車と比べて寿命(車に乗れる期間)が短いのでしょうか?

夫が、軽自動車で七万キロも走ったら引退だぞと言っていて、まだまだ私はタントを手放す気持ちはサラサラないんですが夫は次の車検(来年)受けたら替えると言ってます。 車体の直進性は危惧するほども無く、充分に安定しています。

年数で判別する理由が無くなっています 上記の通り『手入れが行き届いて...続きを読む, クルマに関する質問が有ります。 それに知人が中古を見に行くって言うんで付き合わされて何台か試乗し... ガソリンスタンドで言われる「タイヤにヒビが入ってます」って言葉は信用できますか?月一でガソリンスタンドでタイヤの空気圧を見てもらうのですが以前上記のようなことを言われて不安に思い、知り合いの車屋に持って行ったところ「逆に聞きたいんだけどどこにヒビが入ってるの?」と言われました。