スリーアミーゴス』が計5回公演で上演され、映画と同じく東芝が特別協賛(冠スポンサー)している。, 「踊る大捜査線 COMPLETE DVD-BOX 付属特製ブックレット」p. スリーアミーゴスは1997年1月 - 3月にフジテレビ系で放送された日本の刑事ドラマ『踊る大捜査線』の登場人物である、神田総一朗署長、秋山晴海副署長、袴田健吾刑事課長ら3人の総称。ここではこの3人についても記述する。, 作品内におけるコミックリリーフ。自らの保身や個人的なささやかな幸せのため、緊迫した状況でも現実を理解せず緊張感の無いとぼけた行動をし、警察キャリア官僚に対しては絶対的に腰が低く、平常時においては部下たちをこき使いこき下ろし、時には職業倫理をも踏み倒す、といった戯画的なキャラクターで表現されている。, しかし、普段は無理難題を押し付けている部下に対してもそれなりに感謝の思いがあり、自分の部下たちに危険が迫ったりまた部下が侮辱されれば激怒するなど上司としての人情味も人一倍あり、いざという時はやるところも見せるため、憎まれるような事は無く、むしろ権力への志向や一心に保身に向かう、その「弱さ」が一種の人間的魅力を醸し出している。, 当初、「スリーアミーゴス」という設定は存在しなかったが、真下正義を演じるユースケ・サンタマリアが言い出したことをきっかけで、公式に設定された。名前は映画『サボテン・ブラザース』に由来する。本人たちは「おかげで3人でしか登場しなくなったよ」と嘆いている。例えば、TVシリーズ第1話では清水宏演じる下出警務課長を含めた4人で戒名(捜査本部出入り口に掲示する「○○捜査本部」という呼称のこと)を決める相談を行っている。また、同話の捜査会議のシーンに署長の姿は無い。, テレビシリーズ第3話の留置場のシーンなどの初期には、小林すすむが演じている刑事課盗犯係係長の中西修を加えた4人で行動していることもあったが、中西を演じている小林すすむが芸能人水泳大会で足を怪我してしまい、急遽台本を変更して座ったままか棒立ち状態で演技するシーンばかりになってしまったため、現在の3人組の組み合わせが固定化したという[1]。, スリーアミーゴスのうち神田署長、秋山副署長の2人は当初下の名前は未設定であった。この「下の名前が設定されていない」という点については、君塚良一がスピンオフドラマ「警護官 内田晋三」の製作会議において、主役:内田晋三も当初は下の名前の設定が無かったことを交え、「下の名前を付けていないということは、自分としては、それほど重要ではない、1回だけの出演のつもりの役だったということだと思う。」と発言している。なお、神田署長に関しては、下の名前を視聴者に募集したところ「薫」という名前が候補に挙がったが、「神田 薫」では語呂が悪いため取り止められた。ちなみに、「薫」の名は甲本雅裕演じる緒方巡査部長に回されている。対して、同じく下の名前がない秋山に関しては、単純に忘れていたという理由により募集を掛けられることもなかった。その後、2010年6月25日に開催された「集う大捜査線 in 大阪」に於いて秋山副署長に「晴海(はるみ)」、同年6月26日に開催された「集う大捜査線 in 名古屋」で神田署長に「総一朗(そういちろう)」とTVシリーズから実に13年目にして名前が付いた。, 映画版第1作・第2作・第3作公開直前にはスリーアミーゴスを主役にした『深夜も踊る大捜査線』というミニドラマ兼映画宣伝番組が制作され、深夜番組として放映された(とくに「2」ではマスコットの湾岸くん製作秘話もみられる)。この他にも第3作公開時にはドコモ動画にてミニドラマ『スリーアミーゴス THE MOBILE』が全5回配信された。, 『容疑者 室井慎次』にも3人セットで登場し、真下正義と柏木雪乃の結婚式の招待状を東京拘置所に拘留中の室井慎次警視正に届けている。, 番宣などで、踊る大捜査線シリーズ以外の作品に登場することもある。詳しくは、#踊る大捜査線シリーズ以外の出演を参照。, 映画版第2作封切り直後の2003年8月15日〜17日には、イベント「お台場冒険王」の一環として、スリーアミーゴスを主役にした舞台版『舞台も踊る大捜査線 ザッツ!! スタンダード・エディション [DVD], 湾岸署を襲った連続殺人事件から7年。海外からの要人が降り立つ空港が近くにあり、高速道路や変電所などが立ち並ぶお台場はテロリストたちの標的となっていた。そのため湾岸署はよりセキュリティ設備がしっかりした新湾岸署へ引っ越しすることに。引っ越し作業を一任された青島は、部下と一緒に取り掛かるものの湾岸署管内で次から次へと事件が起きる…, 出演:織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、伊藤淳史、内田有紀、小泉孝太郎、小栗旬, スペシャルドラマ感満載の映画第3作目。映画館でなく家のテレビでみたかったな~と思ったのを覚えています…家でみたらおもしろいはず♬, 踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件/Blu-ray Disc/PCXC-50078, 2012円11月、中国人刑事王が結婚するため湾岸署層で王の結婚式を執り行うことに。青島が幹事として準備を取り仕切る中、湾岸署で本庁捜査一課を名乗る男による窃盗事件が発生したり、室井とすみれの間でお見合い話が持ち上がったり…そんな中、車内で硫化水素で死亡した男の遺体が発見された。自殺で処理しようとするが、容疑者にインターポールで指名手配されているオンナ詐欺師の存在が浮上するが、なんと王の婚約者だった。, 『踊る大捜査線 THE FINAL』の1ヶ月前の出来事です。映画の公開と連動して放送されたものです。レギュラーメンバーが登場するスペシャルドラマは『秋の犯罪撲滅スペシャル』ぶり♬, 『踊る大捜査線 THE FINAL』の公開に合わせて宣伝用としてつくられたものです。, 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD], 国際環境エネルギーサミットの会場で誘拐事件が発生するが、被害者は殺された状態で発見される。殺害に使われた拳銃が警察が押収したものだった。捜査を担当するのは湾岸署だったが、青島ら捜査員には情報が開示されない。そんな中第2、第3の事件が発生し、真下の息子が誘拐されてしまう。, 出演:織田裕二、深津絵里、柳葉敏郎、ユースケ・サンタマリア、小栗旬、香取慎吾、小泉孝太郎, 最後の最後だから許される!?すみれさんのあのシーンはため息ものでしたが…なにはともあれシリーズ完結!長い間ありがとうございました!ドラマが好きだった!!, やっぱりここまでの数があるのは、キャラそれぞれに個性があって主役をはれるということですよね。それにやっぱりオープニング曲が自然と気分をあげてくれます♬, 「阿部寛主演『TRICK(トリック)』シリーズまとめ!ドラマ・映画・順番・キャスト」, 踊る大捜査線THE MOVIE3ヤツらを解放せよ! と スリーアミーゴス』が計5回公演で上演され、映画と同じく東芝が特別協賛(冠スポンサー)している。, スリーアミーゴスが登場する場面では必ずと言っていいほど3人のテーマ曲であるOTOBOKEが流れる。, なお、スリーアミーゴスは『スター・ウォーズ・シリーズ』のR2-D2などをイメージしてつくったとされる[2]。, 役職・階級は、『THE FINAL』終了時点のものであるが、前述の『グッドモーニングショー』CMで描かれていたように、2016年時点では3人とも警察官を完全に引退した模様。, 一般的に警察官は階級が高くなるほど人事異動の間隔が短くなり、また地域の有力者などとの癒着などの懸念から同じ警察署の幹部を十年以上にわたって勤めることは不可能である。特に神田署長は劇中だけでもカラ出張、経費での私物購入、賄賂、婦警との不倫による監察官聴取など本来なら刑事告訴、懲戒免職にも該当する悪事を働いているにもかかわらず定年退官まで勤められたことは奇跡ともいえる。, また、常に幹部三人で行動していたために、現実の警察署でもこの三役が「幹部の偉い順」と勘違いしている視聴者もいるが、署長、副署長の次に来るのは警務課長であり刑事課長ではない。, 亀山千広 - 本広克行 - 澤田鎌作(TVドラマ版のみ) - 松本晃彦 - 君塚良一 - 十川誠志(交渉人〜、逃亡者〜、深夜も〜FINAL) - 菅野祐悟(THE MOVIE 3, FINAL音楽), 青島俊作 - 室井慎次 - 恩田すみれ - 柏木雪乃 - 真下正義 - 和久平八郎 - スリーアミーゴス - 新城賢太郎木島丈一郎 - 灰島秀樹 - 内田晋三 - 三井一郎, THE MOVIE - THE MOVIE 2 - THE MOVIE 3 - THE FINAL, 歳末特別警戒 - 初夏の交通安全‎‎(番外編) - 秋の犯罪撲滅 - THE LAST TV, 交渉人 真下正義 - 容疑者 室井慎次 - 逃亡者 木島丈一郎 - 弁護士 灰島秀樹 - 警護官 内田晋三 - 係長 青島俊作(1 - 2) スリーアミーゴス スピンオフ:深夜も - 舞台も, RHYTHM AND POLICE ORIGINAL SOUND TRACK(1 - 2 - 3 - 4 - 5 - BEST) - NEGOTIATOR - THE SUSPECT - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK(3 - FINAL) - Love Somebody, 「踊る大捜査線 COMPLETE DVD-BOX 付属特製ブックレット」p.10。, 紹介の際、まず内田晋三の名をあげ、「わかんないよね」と言い、高橋克実の名をあげている。, 本作で発生した殺人事件の捜査本部に、食事を3食提供するための相談として集められた。, 事実上の不倫。なお神田本人は「試験勉強の手伝い」などと弁明しており、本庁監察官に連行されるときには「若いっていいじゃないの」と意味深な発言をしている。, 「舞台版踊る大捜査線」では、神田の不倫に関係がなかった秋山と袴田も、「連帯責任」としてとばっちりを食う形で同様に減棒処分が下されたことが語られている。, スリーアミーゴスの笑っていいとも出演の際には、「秋」「山」にかけて「春(晴)」「海」としたんじゃないかと演じる斉藤暁は話していたが、司会の, “青島俊作がスマートフォンに!ドコモCMで着信音「Love Somebody」を熱唱!”, CM出演当時の合計年齢が197歳ということで、「トリオ197」というユニット名がつけられた。かつては, 『THE MOVIE2』のプロモーションの一環として、フジテレビ系列で放送されていた, 踊る大捜査線THE MOVIE シナリオガイドブック(キネマ旬報社キネ旬ムック 1999年4月17日)ISBN 4873765129, 踊る大捜査線THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ!シナリオガイドブック(キネマ旬報社キネ旬ムック 2003年9月16日)ISBN 4873766028, 踊る大捜査線研究ファイル(フジテレビ出版〈扶桑社文庫〉、2003年5月30日) ISBN 4594039898, 踊る大捜査線THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ! NEGOTIATOR ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK, THE SUSPECT ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK, All text is available under the terms of the. スリーアミーゴスは1997年1月 - 3月にフジテレビ系で放送された日本の刑事ドラマ『踊る大捜査線』の登場人物である、神田総一朗署長、秋山晴海副署長、袴田健吾刑事課長ら3人の総称。ここではこの3人についても記述する。, 作品内におけるコミックリリーフ。自らの保身や個人的なささやかな幸せのため、緊迫した状況でも現実を理解せず緊張感の無いとぼけた行動をし、警察キャリア官僚に対しては絶対的に腰が低く、平常時においては部下たちをこき使いこき下ろし、時には職業倫理をも踏み倒す、といった戯画的なキャラクターで表現されている。, しかし、普段は無理難題を押し付けている部下に対してもそれなりに感謝の思いがあり、自分の部下たちに危険が迫ったりまた部下が侮辱されれば激怒するなど上司としての人情味も人一倍あり、いざという時はやるところも見せるため、憎まれるような事は無く、むしろ権力への志向や一心に保身に向かう、その「弱さ」が一種の人間的魅力を醸し出している。, 当初、「スリーアミーゴス」という設定は存在しなかったが、真下正義を演じるユースケ・サンタマリアが言い出したことをきっかけで、公式に設定された。名前は映画『サボテン・ブラザース』に由来する。本人たちは「おかげで3人でしか登場しなくなったよ」と嘆いている。例えば、TVシリーズ第1話では清水宏演じる下出警務課長を含めた4人で戒名(捜査本部出入り口に掲示する「○○捜査本部」という呼称のこと)を決める相談を行っている。また、同話の捜査会議のシーンに署長の姿は無い。, テレビシリーズ第3話の留置場のシーンなどの初期には、小林すすむが演じている刑事課盗犯係係長の中西修を加えた4人で行動していることもあったが、中西を演じている小林すすむが芸能人水泳大会で足を怪我してしまい、急遽台本を変更して座ったままか棒立ち状態で演技するシーンばかりになってしまったため、現在の3人組の組み合わせが固定化したという[1]。, スリーアミーゴスのうち神田署長、秋山副署長の2人は当初下の名前は未設定であった。この「下の名前が設定されていない」という点については、君塚良一がスピンオフドラマ「警護官 内田晋三」の製作会議において、主役:内田晋三も当初は下の名前の設定が無かったことを交え、「下の名前を付けていないということは、自分としては、それほど重要ではない、1回だけの出演のつもりの役だったということだと思う。」と発言している。なお、神田署長に関しては、下の名前を視聴者に募集したところ「薫」という名前が候補に挙がったが、「神田 薫」では語呂が悪いため取り止められた。ちなみに、「薫」の名は甲本雅裕演じる緒方巡査部長に回されている。対して、同じく下の名前がない秋山に関しては、単純に忘れていたという理由により募集を掛けられることもなかった。その後、2010年6月25日に開催された「集う大捜査線 in 大阪」に於いて秋山副署長に「晴海(はるみ)」、同年6月26日に開催された「集う大捜査線 in 名古屋」で神田署長に「総一朗(そういちろう)」とTVシリーズから実に13年目にして名前が付いた。, 映画版第1作・第2作・第3作公開直前にはスリーアミーゴスを主役にした『深夜も踊る大捜査線』というミニドラマ兼映画宣伝番組が制作され、深夜番組として放映された(とくに「2」ではマスコットの湾岸くん製作秘話もみられる)。この他にも第3作公開時にはドコモ動画にてミニドラマ『スリーアミーゴス THE MOBILE』が全5回配信された。, 『容疑者 室井慎次』にも3人セットで登場し、真下正義と柏木雪乃の結婚式の招待状を東京拘置所に拘留中の室井慎次警視正に届けている。, 番宣などで、踊る大捜査線シリーズ以外の作品に登場することもある。詳しくは、#踊る大捜査線シリーズ以外の出演を参照。, 映画版第2作封切り直後の2003年8月15日〜17日には、イベント「お台場冒険王」の一環として、スリーアミーゴスを主役にした舞台版『舞台も踊る大捜査線 ザッツ!! が同じ内容になっています。. 監督 本広克行 脚本 君塚良一 製作 村上光一 製作総指揮 亀山千広 出演者 織田裕二 柳葉敏郎 深津絵里 水野美紀 ユースケ・サンタマリア 佐戸井けん … スリーアミーゴス』が計5回公演で上演され、映画と同じく東芝が特別協賛(冠スポンサー)している。, スリーアミーゴスが登場する場面では必ずと言っていいほど3人のテーマ曲であるOTOBOKEが流れる。, なお、スリーアミーゴスは『スター・ウォーズ・シリーズ』のR2-D2などをイメージしてつくったとされる[2]。, 役職・階級は、『THE FINAL』終了時点のものであるが、前述の『グッドモーニングショー』CMで描かれていたように、2016年時点では3人とも警察官を完全に引退した模様。, 一般的に警察官は階級が高くなるほど人事異動の間隔が短くなり、また地域の有力者などとの癒着などの懸念から同じ警察署の幹部を十年以上にわたって勤めることは不可能である。特に神田署長は劇中だけでもカラ出張、経費での私物購入、賄賂、婦警との不倫による監察官聴取など本来なら刑事告訴、懲戒免職にも該当する悪事を働いているにもかかわらず定年退官まで勤められたことは奇跡ともいえる。, また、常に幹部三人で行動していたために、現実の警察署でもこの三役が「幹部の偉い順」と勘違いしている視聴者もいるが、署長、副署長の次に来るのは警務課長であり刑事課長ではない。, 「踊る大捜査線 COMPLETE DVD-BOX 付属特製ブックレット」p.10。, 紹介の際、まず内田晋三の名をあげ、「わかんないよね」と言い、高橋克実の名をあげている。, 本作で発生した殺人事件の捜査本部に、食事を3食提供するための相談として集められた。, 事実上の不倫。なお神田本人は「試験勉強の手伝い」などと弁明しており、本庁監察官に連行されるときには「若いっていいじゃないの」と意味深な発言をしている。, 「舞台版踊る大捜査線」では、神田の不倫に関係がなかった秋山と袴田も、「連帯責任」としてとばっちりを食う形で同様に減棒処分が下されたことが語られている。, スリーアミーゴスの笑っていいとも出演の際には、「秋」「山」にかけて「春(晴)」「海」としたんじゃないかと演じる斉藤暁は話していたが、司会の, “青島俊作がスマートフォンに!ドコモCMで着信音「Love Somebody」を熱唱!”, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スリーアミーゴス_(踊る大捜査線)&oldid=79878030, CM出演当時の合計年齢が197歳ということで、「トリオ197」というユニット名がつけられた。かつては, 『THE MOVIE2』のプロモーションの一環として、フジテレビ系列で放送されていた, 踊る大捜査線THE MOVIE シナリオガイドブック(キネマ旬報社キネ旬ムック 1999年4月17日), 踊る大捜査線THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ!シナリオガイドブック(キネマ旬報社キネ旬ムック 2003年9月16日), 踊る大捜査線THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ!