1歳のお誕生日を迎える頃には、約半数の赤ちゃんが意味のある言葉をしゃべるようになります。まだ「赤ちゃん言葉」と言われている赤ちゃん独特の発音ですが、大人にも意味の分かる言葉が増えるため、言葉のキャッチボールが生まれ始めます。 (ちょうど運動会の練習してた時期でした。), 夢の中でも赤組の優勝を応援してくれたんですね!いきなり大声出されるとビックリするけど、微笑ましいですね(^ ^), うちの息子は毎夜、布団の上を転がりまくります。ひどい時には、私の上を転がって乗り越えていくことも(笑), 寝言も寝相も、寝ている間のことなので子供に意思はないけれど、とっても可愛くて癒されますよね(^_^), 今日は疲れたな‥って日には、この記事の子供の寝言を思い出して、ほっこりしてみてくださいね。, サイト管理人の「yakko」です。 4 赤ちゃん言葉を話すようになる. Follow @moomii_jp ただし、「赤ちゃんに早くしゃべるように」と、離乳食の進め方を急ぐのはNG!急ぎ過ぎる離乳食は、好き嫌いや食物アレルギー、食べ物を喉に詰まらせるなどの事故につながる恐れもあります。 子供3人を帝王切開で出産。 ページ数: 223p, 「はじめてママ&パパの育児」は、0~3歳の赤ちゃんとの暮らしが丁寧に紹介された一冊です。赤ちゃんの発育・発達・生活・気になることをはじめ、さまざまな育児の疑問に答えてくれます。さまざまなことが赤ちゃんの写真で解説されているので「実際の症状や発達の目安がわかりやすい」とママたちに好評のようですよ。, 赤ちゃんの喃語は、親子のコミュニケーションのひとつです。まだ意味のある言葉をしゃべらないとしても、赤ちゃんの喉や口の筋肉が発達して、さまざまな音を出せるようになったと思うと成長を感じますよね。なかなか喃語が出ないと心配になることがありますが、赤ちゃんはじっとママやパパが話しているのを見つめて、口の動かし方や発音を学んでいるかもしれません。喃語をしゃべったときは、「じょうずにおしゃべりができたね」「お腹はすいていないかな」など、笑顔で赤ちゃんに返してあげたいですね。, 【イラスト解説】生後8ヶ月の赤ちゃんの身長・体重は?離乳食や夜泣きなど発達の特徴まとめ, 生後8~9ヶ月の赤ちゃんとの生活を解説!お部屋づくり・生活リズム・コミュニケーション・食事など, 【月齢別クリスマスプレゼント】赤ちゃんにおすすめのプレゼント36選!先輩ママは何をあげた?, 記事内で紹介する商品は、ままのて編集部において選定しています。当該商品および商品の紹介文は、ままのての監修医・専門家による推奨や監修を受けたものではございませんのでご注意ください。妊娠中・授乳中の方や持病のある方は、事前に医師に相談の上ご使用いただくことをおすすめします。. 著者/編集: 主婦の友社, 五十嵐隆 寝ている時に笑うのは大人だけではありません。赤ちゃんが寝ながら笑う場合もあります。 では、その際にはどのようなことが起こっているのでしょうか。 【小児科医監修】赤ちゃんの喃語(なんご)は、発声の練習でありパパやママとコミュニケーションをとる手段のひとつとされています。赤ちゃんが声を出す姿は皆を笑顔にしてくれますよね。話す時期には個人差があり、喃語を発するのが遅いと心配になることもあります。赤ちゃんの喃語について、種類やしゃべる時期・発達との関係を紹介します。, 喃語(なんご)とは、赤ちゃんがコミュニケーションをとるための言葉を話す前に、おしゃべりをするかのように声を出すことをいいます。初めての喃語には、「バブバブ」「マーマー」「パーパー」などの言葉を発することも多いでしょう。また、月齢が上がるにつれて言葉のバリエーションが増えて、個性的な発音をする赤ちゃんも増えるようです。厚生労働省が発表している、平成20年版保育所保育指針では「喃語とは自分の欲求を表現して、これに応えてくれたり関わったりする大人とのあいだに、情緒的な絆が作られる」といった説明があります。(※1)喃語は、赤ちゃんがパパやママへ何かを伝えようとしている、コミュニケーションのひとつと考える専門家が多いとされています。初めは何を伝えているのかわからなく、声を出しているだけのように感じても、実は赤ちゃんは何かを学んで一生懸命アウトプットをしようとしているのかもしれません。赤ちゃんが声を出したときは、パパやママが喃語に応えてあげて、「おはよう」「ご機嫌だね」「おしっこがでたのかな」などと、気持ちを言葉に表して代弁してあげてはいかがでしょうか。赤ちゃんはパパパやママの声を聞いて、「こういうときは、こう言うのだな」と言語を学んでいくはずですよ。, 日本語は、一般的に母音と子音で成り立っています。母音が「あ・い・う・え・お」に対して、子音はのどの奥から出す音と言われています。言葉で説明をすると難しいですが「ka(か)・ki(き)・ku(く)・ke(け)・ko(こ)」でいうと「k」が子音と呼ばれる音です。子音を使った言葉は、生後5ヶ月頃から見られる赤ちゃんが多いでしょう。「だー」「ばー」「きー」なども、子音を使った言葉です。赤ちゃんがどのような音を発音できるようになったか観察をすると、成長を知るひとつの目安になりますね。, 音を連続で発音する喃語は、生後6ヶ月頃から見られる赤ちゃんが多いようです。「だーだー」「ばーばー」「まんまん」「うっくん」など、同じ音をくり返すなど発音のバリエーションが増えるでしょう。赤ちゃんによって好きな発音があるようで、同じ言葉を何度も発することがあります。「他の言葉は話さないのかな」と心配になるかもしれませんが、赤ちゃんのペースで声を出す練習をしている時期です。赤ちゃんが喃語で話したら、「上手に言えるようになったね」「たくさんおしゃべりをしようね」など応えてあげてくださいね。, 赤ちゃんの喃語は、発声の練習や言語を話す練習といわれています。赤ちゃんの口や声帯・喉・横隔膜口の発声器官の筋肉が発達した証でもあるといわれています。赤ちゃんの喃語は、月齢別に見るとどのように成長していくのでしょうか。, 生後4ヶ月頃になると、赤ちゃんは、「あーあー」「あーうー」「あうあー」と、ふたつの母音を並べた喃語を話し始めます。一般的に、ふたつの母音が発音されたら、喃語をしゃべるようになったと考えて良いでしょう。生後5ヶ月には「きー」「ぶー」「ばー」というような子音を含んだ発声ができる赤ちゃんが増えます。生後5ヶ月は離乳食を開始する時期でもあります。離乳食を繰り返し噛むことで口の周りの筋肉が鍛えられるため、発声する音の種類が増える赤ちゃんが多いようですね。, 生後6ヶ月を過ぎると、「まんまん」「あうあう」というような、同じ音を何度も繰り返す喃語が見られるようになります。この繰り返す喃語は反復喃語(はんぷくなんご)と呼ばれ、発声器官や口周りの筋肉が発達した証です。生後6~7ヶ月の赤ちゃんは、母音や「ま行」の音が発声しやすく、「まあまあ」というように母音とま行を繰り返す様子も見られるでしょう。「ママと言ったのではないか」という瞬間がみられる時期ですが、赤ちゃんは繰り返す言葉を楽しんでいる状態です。「ママ」と意味を持って話しかけてくれるのは、1歳頃が多いようですよ。, 生後8ヶ月になると喃語の種類が増え、音もはっきりと聞き取れるようになります。唇をあわせて発声する「ま行」や、半濁音や濁音といわれる「ば行」「ぱ行」の音も上手に言える赤ちゃんが増えてくるでしょう。「あむ、あむ」「まん、まん、まん」というように、言葉をふたつや3つに区切った、反復喃語の上達もみられる時期ですよ。, 生後10ヶ月頃には、喃語を発することが少なくなるかもしれません。喃語の代わりにコミュニケーションの機能が発達して、自分が伝えたいことを身振り手振りで表すようになります。たとえば、おもちゃを取ってほしいときに指をさして声をあげたり、欲求に対して一生懸命「あっ」「う」「ん」と声を出して意思を伝えようとしたりします。これが子どもが話しだすきっかけにつながり、一般的に1歳前後で初めて意味のある言葉話すようになるといわれています。, 喃語について、多くの専門家は「喃語が言葉の習得の始まりであり、喃語を経験してから単語や文章を話すようになる」という説を支持しているといわれています。しかし、喃語を話すからといってすぐに言葉を話すわけではなく、喃語と言語は別の分野のものだと主張している専門家もいるようです。喃語が多いか少ないかというのは、個人差が大きいものです。言葉の習得には、正しく発生できるように、のどや口の筋肉の発達が必要でしょう。それに加えて、赤ちゃんは周りの人が話す言葉を聞き、真似をすることで話せるようになるといわれています。子どもが意味のある言葉をしゃべるためには、パパやママ、周りの人たちとのコミュニケーションが必要ではないでしょうか。まずは、喃語でおしゃべりする赤ちゃんにたくさん応えてあげて、いろいろな発音や音があることを教えてあげられると良いですね。, 赤ちゃんにはそれぞれ個性があり、声を出すのが好きな子もいれば、苦手な子もいます。赤ちゃんが喃語をしゃべる時期は一般的に4~5ヶ月頃とされていますが、実際は個人差が大きく、生後半年で初めて喃語が出たという例も少なくありません。赤ちゃんの喃語が出るのが遅いからといって、発達に影響しているのではないかと過剰に心配する必要はありませんよ。もしかしたら、大人が話しているのをじっと聞いて、周りを観察しているのかもしれません。赤ちゃんのころはあまり喃語を発さなくても、1歳を過ぎてからたくさん話すようになったという子どももいます。喃語を話さなくても、あやしたときに嬉しそうに反応し、視線をあわせてコミュニケーションがとれるようであれば様子をみましょう。, なかなか喃語が出ないと、赤ちゃんの発達に遅れがあるのではないかと心配になるかもしれません。喃語はほとんどの赤ちゃんに見られる成長ではありますが、話す時期や量に個人差が大きく、育児書通りにいかないことも多いでしょう。喃語と自閉症の関係は、明確にこれといった答えはいえないようです。もし、生後8ヶ月頃になっても、大人が話しかけても反応が薄い、名前を呼んだり音を立てたりしても振り向かない、視線があいにくいなどの症状がみられた場合は、医師や保健師に相談しましょう。のちのち、自閉症と診断された子どもになかにも、喃語がほとんど出なかった赤ちゃんもいれば、生後8ヶ月頃から「マママ」「パパパ」とおしゃべりをしていた赤ちゃんもいるなど、個性はさまざまです。乳児の喃語と自閉症の症状はあくまで発達の目安のようです。2歳頃までは自然に接して、経過を観察してあげてくださいね。, 赤ちゃんが喃語を発したら、パパやママは会話をするように話しかけるとコミュニケーションにもつながります。「今日もミルクをたくさん飲んだね」「お風呂の時間だよ」など、状況にあわせて日常会話を楽しんではいかがでしょうか。赤ちゃんはお腹の中から聞いていたママの声に安心して、積極的に喃語でおしゃべりするかもしれませんね。, 赤ちゃんは、接してくれる人の、さまざまな表情の変化を好むという研究データがあるようです。赤ちゃんが喃語を話すとき、声で答えるだけではなく、たくさん笑顔をみせるなど、スキンシップをしていきましょう。赤ちゃんの手でママの顔を触らせたり、おでこ・鼻・口などを感じさせたり、微笑みや目を見開いたりと、さまざまな表情を見せてあげてください。きっと、ママの話し方や表情によって、赤ちゃんの反応が変わるはずです。赤ちゃんを見つめるとき、おむつを替えるとき、おっぱいやミルクをあげるとき、寝かせるときなど、赤ちゃんとのコミュニケーションのチャンスは日常のお世話の中でもたくさんあります。「おしっこが出たらおむつを変えようね」「夜は寝る時間だよ」など、さまざまなことを教えてあげられるチャンスですよ。, 生後2ヶ月で、喉や口、舌を動かす神経が急成長すると、まずはクーイングといって、「あー」「うー」などの母音を中心とした発音ができるようになります。これは、どのような言語を使っていても共通しているようで、生後2ヶ月頃の世界の赤ちゃんたちの多くは「あー」という音から始まるといいます。これは、数ある言葉の中で、特に発音しやすい音のようです。月齢が上がり喃語を卒業すると、パパやママとのコミュニケーションから、母国語に似たイントネーションに変わるそうです。, 喃語をしゃべる時期は、個人差が大きいものです。赤ちゃんの個性によって、にこっと笑顔を作るのが好きな子もいれば、黙って周りを観察するのが好きな子もいます。赤ちゃんが生後4〜6ヶ月まで喃語を話さないと、発達などで心配になることがあります。しかし、話しかけたらじっと見つめ返してきたり、反応が見えたりするようであれば、コミュニケーションが取れていると考えて経過を観察していきましょう。, 赤ちゃんが喃語を話さない場合、音が聞こえづらい可能性が捨てきれないという専門家もいます。しかし、赤ちゃんの耳が聞こえづらい場合でも、しゃべる時期が遅れたり、種類が少なかったりしても喃語を発する例も多くあるようです。一般的には、喃語は生後4ヶ月頃から、赤ちゃんの好きな音節を繰り返す傾向が出てきます。もし耳が聞こえづらくても、生後11ヶ月~25ヶ月頃から喃語の出る赤ちゃんもなかにはいるようです。実際は、赤ちゃんの耳が聞こえているか気になっても、生後間もないころに聴覚スクリーニング検査を行い、異常がなければ心配いりません。赤ちゃんの様子をみながら、気になることがある場合は迷わず医師や専門家に相談しましょう。, 発売日: 2012年07月 赤ちゃんは周りの大人がしゃべる言葉を聞いて真似をします。そのため、赤ちゃんとコミュニケーションを取ることはとても大切です。また、まだ言葉にもなっていないような喃語であっても、ゆっくりと聞いてあげると赤ちゃんは嬉しくなってもっと話したくなります。 寝言で笑っているけど大丈夫?寝ながら笑う3つの状態を解明 はコメントを受け付けていません 4 赤ちゃん言葉を話すようになる. 【医師が解説】寝言が多すぎたり、寝言で怒る、叫ぶなどの癖があるのは困るもの。あまりに寝言がひどい場合はストレスや睡眠時無呼吸症候群、夜驚症などの病気の可能性もあります。ただの寝言か、寝言が増える睡眠障害の症状なのかを見極めて対処しましょう。 著者/編集: 小西行郎 寝言をはっきり喋る・普通に会話するように喋る人の特徴や心理状態とは。過度のストレスや病気の可能性がある?レム睡眠行動障害は危険な睡眠障害?夜驚症との関係とは。怒ったり笑ったり泣いたり叫んだり、寝言が大きかったり長いのには理由がある? 生後10ヶ月頃になると、赤ちゃんはママやパパの話す言葉をある程度理解できるようになります。まだ、意味のある言葉をしゃべることができない子が多いのですが、色々な言葉を理解して、しゃべる準備をしている時期と言えるでしょう。言葉を理解しているので「○○持ってきて」と言うと、言われた通りのものを持って来てくれるようにもなります。, 指差しで自分の意思を伝えようとすることも増え、徐々に喃語を話すことが少なくなっていきます。, 1歳のお誕生日を迎える頃には、約半数の赤ちゃんが意味のある言葉をしゃべるようになります。まだ「赤ちゃん言葉」と言われている赤ちゃん独特の発音ですが、大人にも意味の分かる言葉が増えるため、言葉のキャッチボールが生まれ始めます。, この時期は、ママやパパも赤ちゃん言葉を積極的に使って、赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみましょう。赤ちゃん言葉で話しかけると、赤ちゃんの語彙力が高まると言われています。, 1歳半頃になると喃語が混じることもすくなくなり、しゃべれる単語の数がだいぶ増えてきます。また、個人差もありますが、1歳半頃から2語文をしゃべる子供も増え始め、2歳頃までには多くの子供が2語文をしゃべるようになり、「ママ 来て~」「ブーブー 乗る~」「ネンネ イヤ」など、自分の意思を言葉で伝えるようになるでしょう。, 二語文とは、いつからいつまで話すものなのでしょうか?子供の言葉の発達を、二語文を基準に判断するママが多いことから、ここでは二語文を中心とした言葉の発達の流れを6つのステップに分けてご紹介。さらに、子供の言葉が遅い原因について解説しています。, ただし、この時期の子供の言葉はママやパパには理解できても、他の人にはわかりづらいことが多いです。 ママやパパが楽しそうにしゃべっている姿を見ると、赤ちゃんも「しゃべりたい」「自分も仲間に加わりたい」という気持ちが芽生えやすくなります。, 「赤ちゃんがしゃべるのが遅い」「早くしゃべる姿が見たい」と思っているママは、無理に言葉を教えようとせず、自分自身が会話を楽しみ、赤ちゃんに「人としゃべることは楽しいよ!」と自分自身の姿で感じさせてあげましょうね。, 赤ちゃんの発語はいつからなのでしょう?クーイングや喃語が上手にできるようになると、いよいよ発語の出番です。ここで紹介する月齢を目安にして、赤ちゃんの発語を促しましょう。さらに、発語が遅いとどのようなことが起こるのか、問題点を解説しています。, 妊娠中や子育て中は、赤ちゃんが夢に出てくるというママも多いですよね。夢占いでは、赤ちゃんが出てくる夢は、「吉夢」と言われています。では「赤ちゃんがしゃべる夢」には、どのような意味があるのでしょうか?, 「夢の中で赤ちゃんの話すことは、自分の本心である」「自分を導く言葉の可能性がある」と言われています, 赤ちゃんの言葉を通して、自分の本当の気持ちに気付いたり、進むべき方向性が決まり迷いが解消したりするかもしれませんね。また、夢の中で自分と赤ちゃんが会話していた場合は、客観的な自分と主観的な自分が話しをしていたことにもなりますね。, ただし、赤ちゃんがしゃべる夢は、「赤ちゃんがしゃべる姿が見たい」というママの強い願望であることが多く、その願望が夢になって出てきた可能性もあるそうですよ。, みなさん宜しくお願いします♥マーミー広報担当のマミです。 出版社: 主婦の友社 子供が寝言をいうことってありませんか? 「あー」とか「うー」とかだけじゃなく、ハッキリと喋る時もあって、可愛いし、とっても面白い! 子供の寝言には、疲れを吹っ飛ばすほどの癒し効果があります … 「フレー!フレー!あっかぐみ!フレッ!フレッ!あかぐみ!」 我が子になにかスポーツをさせてみたい、と考えているパパママ、幼児期の子どもに人気のスポーツがどんなものなのか、気になりますよね。幼児期のスポーツ... もちもちだった赤ちゃんの手が、気がつけばカサカサになっていることがあります。「乾燥しているのかな?」「もしかして病気?」と心配するママもいるでし... 赤ちゃんがなんでも口に入れてしまうので、心配で目が離せないというママも多いでしょう。衛生面や誤飲など気になる点がたくさんあります。そこで今回は、... 子どもが通う保育園での初めての個人面談。どんなことを聞かれたり話したりするのか気になりますよね。また、面談の日に先生へのお礼を渡したいと考えてい... 2人目が欲しくてたまらなかったはずなのに、いざ育て始めると上の子ばかり構ってしまう、下の子が苦手というママもいるかもしれません。そんな自分に悩ん... 英会話やプログラミングなど、子どもにさせる習い事の傾向が少しずつ変化していますが、根強く人気を保っているのがピアノやリトミックなどを学べる音楽教... 「幼児教育」「水泳」「体操」「英語」など、子ども向けの教室は多様にある中で子どもに合った教室を見つけてあげたいとスクール探しに悩んでいるママも多... テニテオ読者の中には、これから「一生の住まい」を考えるママも多いのでは?一生ものだからこそ、デザインや機能性、安心して暮らせる快適空間にこだわり... 子どもが通う歯医者さんを選ぶ時に重視するポイントは何でしょうか。家からの距離や混雑具合などもありますが、やはり、子どもが嫌がらずに通える要素が多... 就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン Copyright © 2019 TENITEO inc. 赤ちゃんがいつしゃべり始めるかは個人差が大きいですが、平均的には1歳前後といわれています。また90%の赤ちゃんは、1歳5カ月までに意味のある単語を話すようになります。, 赤ちゃんは生後2カ月頃からしゃべる練習をしています。クーイングと呼ばれる、喉の奥を「クー」と鳴らすような音を出し始めます。その後、「あーうー」といった喃語(なんご)を話し始めます。成長とともに喃語に子音を含めることができるようになり、生後7カ月頃には「あーあー」「まーまー」といった2音節の喃語を話せるようになっていきます。, 赤ちゃんが初めてしゃべる言葉で最も多いといわれているのが、「まんま(ご飯)」です。赤ちゃんにとって子音の中でも、マ行は発音しやすいので「まんま」という言葉を初めにしゃべる赤ちゃんが多いです。そのため、「パパ」よりも「ママ」を先にいう子も多いですよね。, 赤ちゃんがなかなかしゃべり始めない場合、まだしゃべりたくないのかもしれません。例えばママが子どもとずっと一緒にいる環境の場合、子どもが言葉で何かを要求しなくても、表情から読み取ってママが先回りして何かをしてあげることってありますよね。, 1歳半健診ではまず前提として、話しかけたときに目を合わせるなど、周囲の声に反応することができているかどうかを確認します。, 赤ちゃんは言葉をしゃべるよりも先に、言葉を聞いて理解しているといわれています。同じ月齢の子どもはもうしゃべっているのに自分の子どもがまだしゃべらない、と不安に思っている方は、子どもの様子をよく観察してみてください。. 育児中は気が狂いそうになりながらも周りのサポートのおかげでなんとか乗り越えることができました。 喃語など意味が分からない赤ちゃんの言葉にも、出来る限り反応してあげましょう。赤ちゃんに、「言葉を通して、ママやパパとコミュニケーションをとることが楽しい」と感じるようになってもらいたいですね。, 赤ちゃんに早くしゃべって欲しいからと、「これは○○よ」と早期教育のように繰り返し教え込むことが、赤ちゃんの心の発達にマイナスになることがあります。, 赤ちゃんは毎日の生活の中やママやパパとの会話を通じて、自然に言葉を身に着けていきます。遊びや食事をする時、お散歩や公園遊びの時などに、ママやパパが自然に話しかけてあげることで、赤ちゃんは徐々に言葉を覚えていきます。, ところが、無理に言葉を教え込ませようとして親が躍起になって言葉のシャワーを浴びせてしまうと、自然な脳の発育できずに、赤ちゃんの個性や感情といった脳の活動が損なわれてしまうこともあるのです。 過去の私のように、たくさんの悩みを抱えて苦しんでいるママさんの助けになる、そんなサイト作りを目指しています!. 2018年6月21日 ツイッターで子育て情報を配信中☆ 赤ちゃんの喃語は月齢により変化します。「初めてママ、パパと喋った!」と感じることもありますが、もしかして喃語かも!? 赤ちゃんがしゃべる時期を知っていましたか?「最近、赤ちゃんがしゃべる夢を見た!」というママは、夢占いの意味を要チェック。, マーミーTOP  >  赤ちゃん  >  赤ちゃんがしゃべる時期は何歳?発達の流れ6段階と夢占い, 赤ちゃんがしゃべる日を、首を長~くして待っているママやパパも多いかと思います。赤ちゃんが話すようになる前のクーイングや喃語はとっても可愛いのですが、やっぱり「赤ちゃんが何を考えたり感じたりしているのか知りたい!」というのは、ママが一度は望むことではないでしょうか?, そこで今回は、赤ちゃんが意味のある言葉をしゃべる時期は何歳頃なのか、生まれてからしゃべるまでの発達の流れ、赤ちゃんが早く話すようになる4つのポイント、赤ちゃんがしゃべる夢に関する「夢占い」をご紹介します。, 赤ちゃんが意味のある言葉を話し始める時期は、1歳前後のことが多いです。早い赤ちゃんでは9ヶ月頃に意味のある単語を話始めることもあり、1歳半頃までには殆どの赤ちゃんがしゃべり始めます。, 赤ちゃんの発達の中でも言葉の発達は、特に個人差が大きいと言われています。周りの赤ちゃんが話し始めたのに、自分の子供がしゃべらないとママは心配になると思いますが、ママが焦ったり不安になったりすると、赤ちゃんに悪影響を与えてしまうこともありますので、あまり神経質になり過ぎないようにしましょう。, もし1歳半を過ぎても赤ちゃんがしゃべらず言葉の発達が遅いと気になる場合でも、ママやパパの話す言葉を理解しているようであれば、あまり気にし過ぎる必要はありませんが、心配な場合は1歳半検診の時に相談してみるのも良いでしょう。, 赤ちゃん言葉は、言葉の発達にとってとても大切!赤ちゃんの言葉の理解を進める親の関わり方を4つご紹介します。, 赤ちゃんが文章をしゃべるようになるまでの一般的な発達の流れを、段階別にまとめました。何歳でどれくらい話せるようになるかは、あくまでも平均的な流れですので、お子さんがこの通りに成長していないからといって、あまり心配する必要はありません。あくまでも目安と捉えて読んでくださいね。, 生後2ヶ月頃になると、赤ちゃんは機嫌が良い時に「アー」「ウー」などと声を出すようになります。これを「クーイング」と言い、クーイングによりあかちゃんは言葉を話すための発声練習をしています。あやすと声を出して笑うようにもなり、赤ちゃんの笑顔に癒されますね。, 早く赤ちゃんの笑顔が見たいママ必見!毎日のあやす、くすぐるなどの接し方で赤ちゃんのこれからの表情が変わりますよ♪, この時期の赤ちゃんは、ママやパパがしゃべるのを聞いて色々な言葉を覚えていきます。赤ちゃんからの返事はなくても、赤ちゃんに語りかけてあげましょうね。, クーイングってどんなもの?始まる時期、クーイングに上手く答えるコツについて知り、赤ちゃんの言語発達を促していきましょう。, 生後4ヶ月を過ぎた頃から、喃語や奇声を発するようになる赤ちゃんも出てきます。初めの頃は「アーウー」「アウアー」など、母音だけの喃語から始まり、次に、「バーバー」「マムマム」など子音を含む喃語へと発達していき、生後8ヶ月頃が最も喃語を多く話す時期と言われ、徐々に喃語から意味のある1語に移行していきます。, また、「キー」「キャー」など、赤ちゃんによって奇声の種類は様々です。耳や体が発達したこの時期の赤ちゃんは、自分が奇声を発することができることに気づき、自分の声を聞いて楽しんで遊びで発していることもありますが、ママの注意を引くことが目的になっていることもあります。.