So they experimented with particular wild plants, and eventually chose to grow the ones that seemed the best. 東大過去問 1972年 第1問(要約) / 12月 5, 2019 / 東大過去問, 第1問(要約), 過去問 / 0 comments 添削を希望する生徒や疑問点がある生徒はryujutanakake@yahoo.co.jpにメールするか、下のコメント欄に書き込んでください。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次の文を読み、その要旨を80字から100字の日本文で書け。ただし、句読点も字数に数える。. The description would apply equally well to the famous comedian Charlie Chaplin, whose gestures and mustache provoke laughter and sympathy. 東大過去問 第1問(要約) 一覧; 東大過去問 第4問(和訳) 一覧; 東大過去問 第5問(総合) 一覧; 気になる英語の豆知識; 英文法の超基本事項 Living on the poorer edges of the rich environments, according to the old thinking, these people noticed that seeds of gathered wild plants often began to grow where they had been thrown away or accidentally dropped. 危険物乙4+(plus) 危険物乙4に合格するために必要な「3つの要素」 私のビルメンライフ あなたも、ノー残業ビルメンlife 楽しみませんか?; 危険物乙4の過去問 過去問から学べることは具体的に3つある. いずれにしても『外見と人格は関係ない(したがって外見から人格を判断することはできない)』『外見への評価は内面への評価によって変化する』の2点が書かれていればよい。 He finds no clues into its labyrinth of detail and can mount no heights from which to get a perspective of its arrangement. 初等教育において歴史とは単なる過去の記録ではなく、社会の形成と組織化の説明である。幼い子供達にとって、現代社会は複雑かつ身近過ぎるので学ぶのが困難だが、歴史を学ぶ事で、間接的に社会を知る事ができる。(100字) Archaeologists now think that agriculture might not have begun just by accident. 危険物乙4の過去問 過去問から学べることは具体的に3つある. If history is regarded as just the record of the past, it is hard to see any grounds for claiming that it should play any large role in the curriculum of elementary education. Until a few years ago, the common idea among archaeologists was that early human beings began to practice farming because they had no choice. 要約筆記の練習用の音源をたくさんご紹介しています。 また、養成講座や受験の経験をもとに、【過去問解答案】や【重要語句】などの記事を書いてきまし … 2016年度 受験のしおり . Whatever history may be for the scientific historian, for the educator it must be an indirect sociology — a study of society which reveals its process of becoming and its modes of organization. 東大過去問 2008年 第1問(要約) / 2月 23, 2020 / 東大過去問, 第1問(要約), 過去問 / 0 comments 【問題】 次の英文の内容を、70~80字の日本語に要約せよ。句読点も字数に含める。 We generally give more weight to moral judgements than to judgements about how people look, or at least most of us do most of the time. 東大過去問 1984年 第1問(要約) / 2月 20, 2020 / 東大過去問, 第1問(要約), 過去問 / 0 comments 【問題】 次の文を読み、その要旨を80字から100字の日本文で書け。ただし、句読点も字数に数える。 necessity was not necessarily the mother of the invention of agriculture. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 人の外見に対する評価は、その人物の人間性に対する評価によって変化する。また人の外見と内面には直接的な関係はないので、外見だけで人間性を判断することはできない。(79字), まとめるのが難しい問題。多くの人が陥りがちな、内面と外面に関する2つの過誤について、2つの段落のそれぞれで述べている。, 1つ目の段落では、我々は他人の外見を、実は外見のみで判断せず、道徳的な評価(内面・人間性に対する評価)によって判断している、ということが述べられる。例えば好きになれない人の顔は魅力的に見えないというようなことである。しかし、そうした『reading backward(裏側からの読み取り)』について、多くの人は自覚していない。, 2つ目の段落では、我々は他人の外見から内面をも読み取れると勘違いしていることと、その危険性が述べられる。外見的な第一印象から、その人の内面をも分かったつもりになることがあるが、後にその人の内面をよく知ると、最初の判断は間違いであると気付く。そして内面を知ることによって、外見への評価もまた変わってくる(これが第一段落の内容)。, 無理に順序をつけるのであれば、『第一印象で外見から内面を判断してしまう』→『内面を実際に知って、最初の判断が間違いだと気付く』→『内面を知って、外見への評価も変化する』という、第2段落から第1段落に戻る流れになる。, したがって、1段落目と2段落目は本来同じことを言っているはずなのだが、論理の流れが微妙にずれて、込み入っているように感じられるので、80字でまとめるのが難しい。, 『人の内面と外見は本来関係ないので、ある人の内面について知る過程で、第一印象が間違いであったと気付くことが多い。その際、その人の外見に対する評価までも変化する。(79字)』, あるいは『人が陥りがちな過ち』という視点を軸に(これもまた少し無理をして)まとまるのであれば、, 『人は、他人の内面に対する道徳的好悪によって外見に対する評価を変えたり、外見だけで他人の人間性を判断したりするが、実際には外見と内面は無関係である。(73字)』, このまとめ方がすっきりしない原因は、『外見から内面を判断すること』に対しては筆者も批判的だが、『他人の内面に対する好悪によって外見に対する評価を変えること』自体は、人間なら誰でも無意識にしていることで、悪いことではないからである。その辺りの匙加減をどのように表現するかが難しい。, 第1段落と第2段落を無理に結びつけようとせず、シンプルにそれぞれの段落をまとめると、上記の【要約】に記載した解答例のようになる。これが最もしっくりくる上、作者の意図した順序でもあるので、この解答例を採用した。. Archaeologists say now that necessity was not necessarily the mother of the invention of agriculture. Instead, it might have begun because early humans did some scientific research. / 2月 23, 2020/ 東大過去問, 第1問(要約), 過去問/ 0 comments. They then realized that planting crops intentionally in these poor areas provided a more plentiful and reliable source of food than hunting and collecting wild plants that could be eaten. It is life for all that; it shows the motives which draw men together and push them apart, portrays what is desirable and what is hurtful. We need to be cautious in assuming that outer appearance and inner self have any immediate relation to each other. / 2月 21, 2020/ 東大過去問, 第1問(要約), 過去問/ 1 comments, 次の英文の内容を100〜130字の日本語に要約せよ。ただし、句読点も字数に数える。. Recent research, however, suggests it didn’t happen quite that way. They say that because ancient peoples had experienced occasional bad years when wild foods were not easily available, people thought they should look for ways of making sure they always had enough food. There are too many urgent demands in the present, too many calls over the threshold of the future, to permit the child to become deeply absorbed in what is forever gone by. もしも歴史が単なる過去の記録だと考えられているとしたら、初等教育のカリキュラムの中で、歴史が大きな役割を果たすべきだという主張は根拠がないということになる。過去は過去であり、死人はそっとしておいて、自らの死体を埋めさせておけば良い。現在にはあまりにも多くの緊急要件があり、未来への敷居の上にはあまりにも多くの要求があるから、子供を永久に過ぎさってしまったものに熱中させるわけにはいかないのだ。しかし歴史を社会生活の力と形の説明だと考えるならば、話は別である。社会生活はいつも私たちと共にある。それには過去と現在の区別は関係ない。それがごく身近で営まれたのか、遠くで営まれたのかは些細な問題である。いずれにしてもそれは生活なのである。それは人々を引き寄せ、引き離す動機を明らかにし、何が望ましくて、何が痛ましいのかを描き出す。科学的歴史家にとって歴史がいかなるものであろうと、教育者にとっては、歴史は間接的な社会学に違いないのだ。社会の学問とは社会の形成過程と組織化の形式を明らかにするものである。現存の社会は子供にとって複雑すぎ、また身近すぎて学ぶことはできない。子供は詳細の迷宮に踏み込む手がかりが得られないし、またその配列の外観を一望できるだけの高台に登ることもできない。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 都内で家庭教師をして20年。アラフォー。東大卒。家庭教師のご依頼はこちらのページをご覧ください。各種お問い合わせはryujutanakake@yahoo.co.jpまでどうぞ。, 英語はオンラインで教えやすい教科です。東大英語をはじめとした、難関大学の英語指導をご希望の方はryujutanakake@yahoo.co.jpまでご連絡ください。地方にお住まいで優秀な塾・家庭教師に出会えない方に。, また自宅に伺うスタンダードな家庭教師の依頼もお受けしています。授業料などはこちらからチェックしてください。. The past is the past, and the dead may be safely left to bury their dead. 東大過去問 1997年 第1問(要約) / 2月 21, 2020 / 東大過去問, 第1問(要約), 過去問 / 1 comments 添削を希望する生徒や疑問点がある生徒はryujutanakake@yahoo.co.jpにメールするか、下のコメント欄に書き込んでください。 During Hitler’s rise and early years in power, hardly anyone detected the inhumanity that we now see so clearly in his face. Indeed, in a well-known film Chaplin plays the roles of both ordinary man and wicked political leader in so similar a way that it is impossible to tell them apart. という部分は、英語にありがちな、ちょっとかっこよい決め台詞で文章を締めようとする例のパターンで、比喩でもあるので、基本的に要約に入れる必要はないです。ただ、何が何の比喩にあたるのか、対応関係を確認することで、文全体の理解に役立ちます。, human creative ability→飢餓に備えて、科学的な研究・実験を元に、農耕を始めたこと, この科学的な研究・実験こそがhuman creative ability創造性である、というのは、最終文になって初めて表明された筆者の意見なので、要約に含めてもよいでしょう。またno choice=必要性necessityという対応関係を、さらっと要約に含めると素敵になります。, 簡単すぎて、特に説明する部分もありませんが、『昔はこう言われていたが』『今はこう言われている』という構成でまとめる以外あり得ないでしょう。細部で差がつく問題と言えるかもしれませんし、あるいはさっさと解いて、別の問題に時間をかけた方が良いかもしれません。, あえて言うならば、『考えであった』『考えられている』の主体は、Archaeologist考古学者であるということを明示した方が良いです。というのは、現在でも多くの人(考古学などに詳しくない人々)は、漠然と従来の説を信じていると考えられるからです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 都内で家庭教師をして20年。アラフォー。東大卒。家庭教師のご依頼はこちらのページをご覧ください。各種お問い合わせはryujutanakake@yahoo.co.jpまでどうぞ。, 英語はオンラインで教えやすい教科です。東大英語をはじめとした、難関大学の英語指導をご希望の方はryujutanakake@yahoo.co.jpまでご連絡ください。地方にお住まいで優秀な塾・家庭教師に出会えない方に。, また自宅に伺うスタンダードな家庭教師の依頼もお受けしています。授業料などはこちらからチェックしてください。. There is nothing necessarily evil about the appearance of a small man with a mustache and exaggerated bodily movements. 数年前まで、かつての人類はやむを得ず農耕を始めたというのが、考古学者の間での定説だった。人口増加によって、人々は集団の一部を、自然から十分な食糧を容易に狩猟採集できる最も生産的な地域から追い出す事になった、と専門家は主張していた。, 豊かな環境の周りの乏しい地域に住み始めた人々は、野生の植物から集めた種が、捨てられたり、偶然落ちた場所で育ち始める事が多い、という事に気が付いた、というのが従来の考え方である。そして彼らは、その乏しい地域に意図的に作物を植える事で、狩りをしたり食べられる野性植物を採集するよりも、より豊富で安定した食糧源になると気が付いたのだという。伝統的な考え方によれば、その結果、乏しい地域の一時的な野営地が永続的な居住地になったのだという。しかし最近の研究は、事はそんな風に起きたのではないと示唆している。, 考古学者は今、農耕は単に偶然によって発祥したのではないかもしれないと考えている。そうではなく、農耕はかつての人類がある種の研究を行った結果始まったのかもしれない、というのである。古代人はしばしば野生の食糧の入手が困難になる不作の年を経験していたので、常に十分な食糧を確保する方法を探すべきだと考えていたという。だから、古代人は特定の野性植物で実験を行い、最終的に最も良いと思われるものを選んだ。現在の考古学者によれば、必要は必ずしも農耕の発明の母ではなかった。そうではなくそれは、人間の創造能力だったのだ。, 人口増加によって食糧の乏しい地域へ追い出された人々が、必要にかられた末、種子の成長に偶然気付いた事で農耕が始まった、というのが従来の考古学の定説だった。しかし最近では、農耕は古代人が食糧不足の年に備え、科学的創造的に研究を行った結果だろうと考えられている。(127字), 人口増加の影響で、食料がよく採れる場所から追い出された人達が止むを得ず農業を営み始めたことから農業が始まったというのが従来の考えであったが、現在では食料を確保するために創造力を活かした科学的な研究や実験を実施した為であると考えられている。(119字), 添削を希望する生徒や疑問点がある生徒はryujutanakake@yahoo.co.jpにメールするか、下のコメント欄に書き込んでください。. It is in fact extremely difficult to draw any conclusions we can trust from our judgements of a person’s appearance alone, and often, as we gain more knowledge of the person, we can discover how wrong our initial judgements were. Whether it was lived just here or just there is a matter of slight moment. 全国統一要約筆記者認定試験の実施結果について公開しています。 As a result, according to the traditional idea, temporary camps in the poor areas developed into permanent settlements. Not so when history is considered as an account of the forces and forms of social life. Experts claimed that population growth led people to push some of their group members out of the most productive areas where it was easy to hunt and gather plenty of food from the wild.