堀内のり子のオフィシャルサイト。山梨2区 衆議院議員。元厚生労働大臣政務官。自民党山梨県第二選挙区支部長。プロフィール、活動報告、ブログ、お知らせ、政策コラム など 石川県 自民党最大の議連です。賃貸業者の皆様には、災害時の応急住宅、生活困窮者の自立支援、コロナ禍において... 11月11日(水)、城内実衆議院議員ご同行のもと、静岡県湖西市議会議員の皆様方から環境副大臣としてご要望を頂きました。. 11月11日(水)、城内実衆議院議員ご同行のもと、静岡県湖西市議会議員の皆様方から環境副大臣としてご要望を頂きました。... 「自民党賃貸住宅対策議員連盟2020年度総会」「治水議員連盟総会」「社会保障制度調査会 介護委員会」, 城内実衆議院議員ご同行のもと静岡県湖西市議会議員の皆様方から環境副大臣としてご要望を頂きました, 「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟 設立総会」「国税職員の定数確保等に関する党本部への陳情懇談会」ほか「超電導リニ…, 予算・税制等いに関する政策懇談会に出席、厚生関係団体からの要望聴取させていただきました, 地元の後援会女性部「富士山とんぼの会」の皆様が副大臣就任をお祝いしてくださいました, COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関連した感染症の現状と対策(随時更新). 2014年:衆議院東日本大震災復興特別委員会 第47回衆議院選挙で再選(山梨1区選出) 2015年:国会議員になってわずか2年9ヵ月で質問登壇回数は 100回を超えた。 2016年:民主党山梨県連代表に就任。 11月11日(水)、予算・税制等に関する政策懇談会(労働)に出席いたしました。 わが国のひとり親世帯の貧困率は5割を超える非常に高い水準にあります。その背景には、重要な生活の支えのひとつとなっている養育費を8割が受け取れていないという現状がありま... 切なる思い 出産直後の母親はホルモンの劇的な低下により、疲労と精神的に不安定な状態にあると言われ、周囲のサポートが必要です。子どもにとっても、「愛着」を形成する上で、最も大事な時期と言... 10/28は誕生日。 概要. 公選第18代山梨県知事の任期満了(2019年(平成31年)2月16日付 [yamanashi 1] )に伴って行われる。 18歳選挙権執行後初の山梨県知事選挙であり、都道府県知事選挙ではこの選挙から平成生まれの知事の立候補と、 21世紀生まれの投票が可能である。. 自由民主党山梨県第二選挙区支部長 山梨県笛吹市石和町八田490 自由民主党総務 投票日 たくさんの皆様方からお祝いのメッセージをいただきました。心温まるたくさんのお言葉に胸がいっぱいになりました。 TEL:0555-23-7688 FAX:0555-23-7879, 〒406-0023 ... 先週に引き続き、10/25(日)も地元の後援会女性部「富士山とんぼの会」の皆様が副大臣就任をお祝いしてくださいました。 衆議院予算委員会理事 いよいよ選挙が近づいてきましたが、我が、山梨県の衆議院選挙について語ろう。 ちなみに神奈川から来る米田建三って、どんな人? あまり評判が良くないよう ですが・・・。 252 :無党派さん:04/02/13 01:45 ID:gz6te25W >250 米田立候補は無気力山梨自民の象徴。 静岡県 10 月 26 日(月)、第 203 回臨時国会が召集されました。 今国会は、新型コロナウイルスの感染拡大と戦後最大の経済の落ち込みという 国難の最中で開催されます。, ここで改めて、この度の感染症でお亡くなりになられた皆様に、心からの哀悼の 誠を捧げます。また、今の私たちの暮らしがあるのは、ウイルスとの闘いの最前 線に立ち続ける医療や介護現場の皆様、生活に欠かせない品を扱っているお店 で働いていらっしゃる皆様、運送関係の皆様をはじめ、多くの皆様の献身的なご 努力のおかげです。心からの敬意と感謝申し上げます。, 菅内閣の発足に際しまして、私は、環境副大臣 兼 内閣府副大臣を拝命いたしま した。いずれも重責であり、骨身を惜しまず全力を尽くしてまいります。, 年末に向け、来年度予算の編成や税制改正も行われます。ふるさとを良くすれば 日本が良くなる、日本を良くすれば明日の山梨が良くなるとの強い思いで、これ からも精神誠意全力で頑張りますので、変わらぬご支援、ご厚情をよろしくお願 い申し上げます。, 〒100-8982 長野県 , http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040214-00000005-mai-l19, http://www.weeklypost.com/jp/990716jp/news/news_4.html, http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%8C%BA%E3%80%80%E6%9B%BF%E3%81%88%E7%8E%89%E3%80%80%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A&lr=, http://www.gikai.metro.tokyo.jp/giinmeibo16/k10a077.htm, http://park12.wakwak.com/~nakamura-akihiko/purofiru.htm, http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/kao/1079809679/222-. 山梨県第2区(やまなしけんだい2く)は、日本の衆議院議員総選挙における選挙区。 1994年 ( 平成 6年)の 公職選挙法 改正で設置。 目次 山梨県 - 第5回衆議院議員選挙(衆議院議員総選挙)投票日1898年03月15日。候補者、各選挙区、比例代表の解説など衆院選関連の情報を掲載しています。イチニ株式会社(選挙ドットコム運営) 第48回衆議院議員選挙(山梨1区)の情報です。投票日は2017年10月22日。山梨1区の候補者の顔ぶれや選挙結果、投票率、当選・落選、得票数を速報します。 山梨県富士吉田市中曽根1-5-25 地元にある『堀内のり子峡東事務所』は、下記住所へ移転しました。この事務所を峡東地域の拠点... 11月の文化祭 【自民党賃貸住宅対策議員連盟2020年度総会】 一番最初に訪れ... 衆議院議員 山梨2区 小選挙区とは. 元厚生労働大臣政務官 愛知県. 告示日, ※検索の際に「ー」は使用できませんので、「イチロー」の場合は「いちろう」、「タロー」の場合は「たろう」でご入力をお願いします。, ※ブラウザ(タブ)を閉じると設定はリセットされますので保存をする場合は会員登録をお願いします, 外部サイトのアカウントを使ってログイン/会員登録できます。ログインが簡単になるため便利です。, 近隣の選挙区を見る: 山梨県の衆議院議員の検索ならSUNチャンネル!各議員の動画コーナーやコメント・評価をすることができる、山梨県の衆議院議員のデータベースです。選挙の際、また山梨県の衆議院議員を今すぐ調べたい時はSunちゃんねるにお任せください。 岐阜県 衆議院小選挙区の区割りの改定等. 衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律(区割り改定法)が平成25年6月28日に公布、施行されました。 は郵政民営化に反対して自民党の公認をもらえず無所属で出馬し、自民党公認の長崎幸太郎に937票差まで詰め寄られるも勝利した。その後堀内は復党し、2009年の第45回総選挙で自民党は堀内を公認候補とする意向を示すと長崎が離党し、無所属で出馬。一方堀内自身も反自民・反高齢議員の逆風に立たされた結果、2人とも民主党新人の坂口岳洋に敗北した(堀内は自民党の73歳定年制のため比例との重複立候補ができず、長崎は無所属で出馬したため共に落選)。, 堀内引退後、長男の妻である堀内詔子が地盤を引き継ぐが長崎も着実に支持を集め、2012年の第46回総選挙は長崎が堀内を破り当選、堀内も自民躍進の波に乗り比例復活した。一方で坂口は今度は自身が反民主の逆風に立たされることとなり、比例復活もできずに落選した。2014年の第47回総選挙も保守分裂選挙となったが、長崎が堀内を破り当選、堀内は比例復活した。, 2017年の第48回総選挙では、長崎幸太郎が自民党への復党を認められたが、前職の堀内詔子と長崎幸太郎がいずれも自民党の公認を得ることができず無所属で立候補して分裂選挙となり、堀内詔子が当選し追加公認された[1]。その後長崎は2019年1月の山梨県知事選挙に出馬し当選しており事実上、2区における分裂状態は終局を迎える結果となった。, 解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日当日有権者数:270,539人 最終投票率:65.80%(前回比:+2.01ポイント), 解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日 最終投票率:63.79%, 解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日当日有権者数:232,239人 最終投票率:67.76%, 解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日, 解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日, 解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日, 解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日, 解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日, 自民、無所属の小泉・堀内・阿部3氏を追加公認 : 選挙 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=山梨県第2区&oldid=80242259, 長崎は自民党への復党が認められたため、堀内、長崎はともに自由民主党所属であったが調整が難航したため「選挙戦は双方無所属で戦い、当選した者を公示日に遡って. 福井県 山梨県 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです, 【松戸市議会に挑戦!!】明るい福祉第64号にこあら食堂の取り組みが掲載されました!!. TEL:055-261-3688 FAX:055-261-3636. 日本造園組合連合会、全国ビルメンテナンス協会、全国社会保険労務士政治連盟、全国シルバー人材センター事業協会、全国中小企... 日本におけるひとり親世帯の状況 今年はコロナの影響でやむなく中止された地域もあったようですが、富士吉田市ではいくつかの自治会が感染対策... 【現地の空気を感じて声をきくことは政策を考える上での原点】岸田文雄前自民党政調会長、地方視察スタート! 新潟県 自由民主党団体総局・厚生関係団体委員長. 11月12日(木)の主な活動報告(政務編)です。 土曜日まで在京当番のため、地元に戻れなかったので、喜び勇んで会場に向かいま... 【峡東事務所移転のお知らせ】 山梨県第2区(やまなしけんだい2く)は、日本の衆議院議員総選挙における選挙区。1994年(平成6年)の公職選挙法改正で設置。, 2013年の区割り変更に伴い、区割りが大きく変更された。2013年の区割り変更前は、以下の区域であった。, 自民党宏池会(加藤派→堀内派→古賀派)の重鎮で、通産大臣や自民党総務会長を歴任した堀内光雄が毎回他候補を圧倒し続けてきた。2005年の第44回総選挙で 山梨県 - 第5回衆議院議員選挙(衆議院議員総選挙)投票日1898年03月15日。候補者、各選挙区、比例代表の解説など衆院選関連の情報を掲載しています。イチニ株式会社(選挙ドットコム運営) 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館407号室 「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟 設立総会」「国税職員の定数確保等に関する党本部への陳情懇談会」ほか「超電導リニ... 【現地の空気を感じて声をきくことは政策を考える上での原点】岸田文雄前自民党政調会長、地方視察スタート!, 「厚生労働部会 看護問題小委員会」「自民党政務調査会再犯防止推進特別委員会」「宅地建物等対策議員連盟・全国宅健政治連盟合同総会」など, 「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟 設立総会」「国税職員の定数確保等に関する党本部への陳情懇談会」ほか「超電導リニア鉄道に関する特別委員会」など. 京都六道の辻で幽霊子育飴が売られています。命を落とした母が幽霊となって、おなかを空かせて泣く我が子へ飴を溶いて乳の代わりに与えたという。母親にとって産まれた我が子の健やかな成長は切な... 産後ケアとは )に伴って行われる。18歳選挙権執行後初の山梨県知事選挙であり、都道府県知事選挙ではこの選挙から平成生まれの知事の立候補と、[注 2][注 3]21世紀生まれの投票が可能である。[注 4], これまでの山梨県知事選挙は自由民主党(以下、自民党)系の保守分裂または一部造反して対立候補を支援する形、日本共産党(以下、共産党)以外の政党が相乗りで推薦・支持し、共産党勢力の候補との選挙戦となる「共産対非共産」の選挙戦の構図であったが、今回の山梨県知事選挙は現職の旧民主系候補に対し自民系が一本化した推薦候補を擁立している[1]。与野党がそれぞれ別の候補を推薦したことから同年4月に予定される第19回統一地方選挙や7月に予定される第25回参議院議員通常選挙の前哨戦と位置づけられ、当選挙が他地方選および国政選挙での選挙戦略に影響を与えることが指摘されている[2]。, 候補者別の得票数の順位、得票数[55]、得票率、惜敗率、供託金没収概況は以下のようになった。供託金欄のうち「没収」とある候補者は、有効投票総数の10%を下回ったため全額没収された。得票率と惜敗率は未発表のため暫定計算とした(小数3位以下四捨五入)。, 長崎幸太郎を推薦した自民党は二階俊博幹事長[56]と TEL:03-3508-7487 FAX:03-3508-3367, 〒403-0007 都道府県のなかで、複数の選挙区が設定され、各選挙区から1名当選者がでます。例えば2017年第48回衆議院議員総選挙の東京都は全部で25区にわかれており、25名当選しています。 岸田文雄政調会長[57]、菅義偉内閣官房長官[58]が告示前から応援と支持者の激励のため山梨を訪れ、告示後も小泉進次郎厚労部会長[59]をはじめ多数の自民党に所属する国会議員が長崎の応援のため駆けつけた。二階幹事長は派閥に所属する長崎のため150人[60](一部報道では200人[61])の党所属国会議員を送り込み、訪れたかどうか出欠をとると公言するなど44年ぶりの自民党一本化候補のために挙党体制を敷いた[62]。一方の後藤斎は県内の現元国会議員や県内の自由民主党所属首長の支持を得て政党にとらわれない県内一本化の「県民党」で選挙に挑み、枝野幸男立憲民主党党首と玉木雄一郎国民民主党代表をはじめ両党幹部の応援を断ることで政党色を薄める戦略を取った[63]。一部メディアは政権与党が大量の国会議員を送り込みながらオール沖縄に敗北した2018年沖縄県知事選挙の状況に似ていることを指摘している[64]。, 選挙期間中は長崎と後藤が接戦であることが報じられていたが[65][66]、投票締切後の各メディアの出口調査では長崎がやや優勢であることが伝えられ[67][68]、開票後の21時17分にNHKが長崎当確を報じると他のメディアも相次いで当確を出した。, 政党別にみると長崎は過去の堀内や自民党山梨県連との軋轢や一部自民系首長の後藤支持により自民支持層の票離れが危惧されていたが、朝日新聞の出口調査(山梨県内60投票所調べ、回答数2,741人)による結果では7割以上から支持を得ていることが判明している。また、公明党支持層も7割以上が長崎を支持している。一方の後藤は立憲民主党支持層の8割、国民民主党の7割から支持を得ているほか、自民や公明の各支持層からも約2割の支持を得ていたが、投票者の半数に迫る分厚い自民支持層に支えられた長崎に及ばなかった。無党派層(支持政党なし)においては後藤が5割以上の支持を得ていたが、長崎も4割近くの支持を得ており、差を埋めるに至らなかった[69]。また後藤県政を「大いに」または「ある程度」評価する人が79%に達していたが、「大いに評価する」とした層の5割が長崎に投票しており、後藤県政を評価しつつも新たな知事を求める有権者が多かったことが特徴である[69]。, NHKの出口調査(山梨県内32投票所調べ、回答数3,770人)は長崎に投票した有権者は自民党支持層の70%台前半、公明党支持層の80%台前半、無党派層の30%台後半だったのに対し、後藤に投票した有権者は立憲民主党支持層の80%台前半、国民民主党支持層の80%台前半、無党派層のおよそ50%となっている[70]。但し回答者の政党別支持は自民党が46%、立憲民主党が11%、国民民主党が3%、公明党が3%、共産党が3%と自民党支持者が圧倒的に多く、その多くが長崎に投票したことから自民党支持者による長崎の支えが大きく反映されている[70]。, NHKの出口調査によると性別では男性の50%台前半が長崎支持、30%台後半が後藤支持。女性の40%台後半が長崎支持、40%台前半が後藤を支持している[70]。また今回より選挙権が与えられた18歳・19歳では長崎が40%台半ば、後藤が40%台前半の支持を集めている[70]。, 朝日新聞の出口調査による年代別投票動向では長崎は若年層から高齢層まで幅広い層から得票しており[69]、特に30代と40代では50%台後半の支持を得ている。, 長崎は地盤であった山梨県第2区の全市町村で他の候補を上回った。元々長崎を支持する層に加え対立していた堀内詔子が支援したことで票を上積みし、首長が後藤を支持した富士吉田市や都留市をはじめ15市町村中10市町村で長崎は後藤との得票差を30%以上つけ、同選挙区内の得票差は40,000票以上になった。, 一方山梨県第1区では後藤の地盤であったことから多くの市町村で他の候補を上回ったが、2位の長崎に10%以上の差をつけたのが北杜市と早川町のみでその他の市町村では10%未満に留まり、市川三郷町、身延町、南部町の峡南地区3町では逆に長崎を下回った。県内最大の票田で後藤の出身地でもある甲府市では約3,000票、同選挙区内の得票数では10,000票近くの差をつけたが、第2区内の差を埋められなかった。, 米長は出身地である富士川町で10%の得票率を得たもののその他では1桁に留まっており、花田は南アルプス市と北杜市を除き得票率が5%未満となっている。, https://web.archive.org/web/20181107172816/https://www.sankei.com/politics/news/181107/plt1811070036-n1.html, https://web.archive.org/web/20190112152042/https://www.jomo-news.co.jp/news/domestic/politics/10425, https://web.archive.org/web/20190110133747/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39868950Q9A110C1L92000/, https://web.archive.org/web/20190111015311/https://www.sankei.com/region/news/190111/rgn1901110037-n1.html, https://web.archive.org/web/20190202235330/https://www.sankei.com/region/news/180421/rgn1804210039-n1.html, https://web.archive.org/web/20190202234208/https://www.sankei.com/region/news/180606/rgn1806060017-n1.html, https://web.archive.org/web/20190127205626/https://www.sankei.com/region/news/160217/rgn1602170052-n1.html, https://web.archive.org/web/20190203003816/http://www.asahi.com/travel/aviation/TKY201207250558.html, https://web.archive.org/web/20181116044416/https://www.sankei.com/politics/news/181113/plt1811130027-n1.html, https://web.archive.org/web/20190110134746/https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/190110/plt19011020200020-n1.html, https://web.archive.org/web/20190127205729/https://www.sankei.com/region/news/160205/rgn1602050068-n1.html, https://web.archive.org/web/20161014100643/http://mainichi.jp/articles/20160114/k00/00m/040/066000c, https://web.archive.org/web/20181111093253/https://mainichi.jp/articles/20180606/ddl/k19/010/075000c, https://www.sankei.com/region/news/180614/rgn1806140059-n1.html, https://web.archive.org/web/20180614171347/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31706590T10C18A6L83000/, https://web.archive.org/web/20160304093949/http://www.sankei.com/region/news/141028/rgn1410280024-n1.html, https://web.archive.org/web/20181113143054/https://www.sankei.com/politics/news/181107/plt1811070035-n1.html, https://web.archive.org/web/20180923191228/https://www.sankei.com/politics/news/180923/plt1809230021-n1.html, https://web.archive.org/web/20180925172735/https://www.sankei.com/politics/news/180925/plt1809250024-n1.html, https://web.archive.org/web/20181113120842/https://www.sankei.com/politics/news/181011/plt1810110015-n1.html, https://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20181107-OYTNT50161.html, https://web.archive.org/web/20181123003257/https://www.sankei.com/region/news/181122/rgn1811220034-n1.html, https://web.archive.org/web/20181221133345/http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/181220/plt18122019030016-n1.html, https://web.archive.org/web/20190110130747/https://www.sankei.com/politics/news/190110/plt1901100012-n1.html, https://web.archive.org/web/20181113120441/https://www.sankei.com/region/news/180911/rgn1809110007-n1.html, https://web.archive.org/web/20180921111239/https://www.sankei.com/politics/news/180921/plt1809210026-n1.html, https://web.archive.org/web/20180928171459/http://www.sankei.com/politics/news/180928/plt1809280036-n1.html, https://web.archive.org/web/20181113120901/https://www.sankei.com/politics/news/181002/plt1810020068-n1.html, https://web.archive.org/web/20181111093258/https://www.sankei.com/politics/news/180922/plt1809220009-n1.html, https://web.archive.org/web/20181113121802/https://www.sannichi.co.jp/article/2018/10/02/00300663, https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/feature/20141130-OYT8T50000.html, https://web.archive.org/web/20181102145134/https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171012/ddm/005/010/089000c, https://web.archive.org/web/20181113122008/https://www.sankei.com/region/news/181006/rgn1810060044-n1.html, https://web.archive.org/web/20181016020654/https://www.sankei.com/region/news/181016/rgn1810160014-n1.html, https://web.archive.org/web/20181111093253/https://www.sankei.com/region/news/181018/rgn1810180026-n1.html, https://web.archive.org/web/20181013064702/https://www.sankei.com/region/news/181013/rgn1810130031-n1.html, https://www.yomiuri.co.jp/election/local/20181007-OYT1T50040.html, https://web.archive.org/web/20181113122402/https://www.sankei.com/region/news/181023/rgn1810230033-n1.html, https://web.archive.org/web/20181023185339/https://www.sankei.com/region/news/181023/rgn1810230052-n1.html, https://web.archive.org/web/20181111093300/https://www.sankei.com/politics/news/181027/plt1810270014-n1.html, https://web.archive.org/web/20181103185312/https://www.sankei.com/politics/news/181103/plt1811030014-n1.html, https://web.archive.org/web/20181111093255/https://www.sankei.com/region/news/181110/rgn1811100036-n1.html, https://web.archive.org/web/20181113150910/https://www.sankei.com/region/news/181109/rgn1811090016-n1.html, https://web.archive.org/web/20190113032451/https://this.kiji.is/454953690313114721, https://web.archive.org/web/20190113034925/https://www.sannichi.co.jp/article/2019/01/10/00320384, https://web.archive.org/web/20181113150637/https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20181109/1040004797.html, https://web.archive.org/web/20181113123023/https://www.sankei.com/region/news/180927/rgn1809270009-n1.html, https://web.archive.org/save/https://www.sannichi.co.jp/article/2018/10/20/00304222, https://web.archive.org/details/https://www.sankei.com/politics/news/181212/plt1812120026-n1.html, 公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)第68条の2: 同一氏名の候補者等に対する投票の効力, https://web.archive.org/web/20181228003238/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39447440X21C18A2PP8000/, https://web.archive.org/web/20190128131403/https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/190110/plt19011019480018-n1.html, https://web.archive.org/web/20190128132158/https://www.sankei.com/politics/news/181207/plt1812070047-n1.html, https://web.archive.org/web/20190128131905/http://www.kanaloco.jp/article/383440, “【山梨知事選】長崎氏が初当選 自民など一丸、「組織戦」勝因 後藤氏、訴え浸透せず”, https://web.archive.org/web/20190129072131/https://www.sankei.com/region/news/190129/rgn1901290019-n1.html, https://web.archive.org/web/20190128111533/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40542860X20C19A1000000/, https://web.archive.org/web/20190128130316/https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190122/ddm/005/010/042000c, https://web.archive.org/web/20190111070451/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201901/CK2019011102000130.html, https://web.archive.org/web/20190128135154/https://www.data-max.co.jp/article/27488, https://web.archive.org/web/20190123075802/https://www.asahi.com/articles/DA3S13857809.html, https://web.archive.org/web/20190126043726/https://www.sankei.com/region/news/190126/rgn1901260003-n1.html, https://web.archive.org/web/20190127113301/https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190127/0024612.html, https://web.archive.org/web/20190128142535/https://this.kiji.is/462212271076721761, https://web.archive.org/web/20190127182742/https://www.asahi.com/articles/ASM1W5K7YM1WUZPS001.html, https://web.archive.org/web/20190127172409/https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20190127/1040005441.html, https://web.archive.org/web/20190129133859/https://news.goo.ne.jp/article/mainichi_region/region/mainichi_region-20190129ddlk19010093000c.html, https://web.archive.org/web/20190201231138/http://www.uty.co.jp/news/20190128/5324/, https://web.archive.org/web/20190129162552/https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019012900001.html?page=1, https://web.archive.org/web/20190224123933/https://www.sannichi.co.jp/article/2019/02/01/00324876, https://web.archive.org/web/20190224020337/https://www.sannichi.co.jp/article/2019/02/23/00329348, https://web.archive.org/web/20190301030258/https://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20190228-OYTNT50111/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2019年山梨県知事選挙&oldid=80243872, 長崎幸太郎「今からが私にとってはスタート。何よりも豊かさが実感できる山梨県。これを作っていくのが目標であってありとあらゆることを私はやっていきたい。」, 後藤斎「私の不徳のいたしたところで結果を出すことができませんでした。心から皆様方におわび申し上げます、申し訳ございませんでした。」「県民党という部分はやはり必要だという気持ちも強く残っています。」, 花田仁「立候補表明が遅れた問題や、共産党としての地力をもっとつけないといけない。」.