ルギー消費効率の向上努力を求めているトップランナー制度に関して、照明製品を一本化した新たなトップランナー制度の導入検討がこれから開始されますが、これは2020 年に白熱灯(白熱電球)、蛍光灯(蛍光ランプ)の製造を禁止するものではないとのご回答をいただきました。, トップランナー制度につきましては、まだ政府と製造事業者間の議論も始まってお 電話でのご相談・お問い合せは、03-55404855 営業時間:平日10:00~18:00(土日祭日除く), 2015年11月に、蛍光灯が製造中止になるという新聞報道があり、一時混乱を起こしてしまいました。しかし、蛍光灯が製造中止になるというのは間違いです。それでは、今後どうなっていくのでしょうか。解説します。, 2015年11月26日、朝日新聞が『蛍光灯、実質製造禁止へ 20年度めど、LEDに置換』という報道を行いました。書き出しは次のようなもの。「政府は、白熱灯と蛍光灯について製造と輸入を実質的に禁止する方針を固めた。」そこで、蛍光灯が製造禁止になるという報道が一斉になされ、拡散されてしまいました。しかし、記事のニュース部分をよく読むと、蛍光灯が製造禁止になるわけではないことがわかります。 ビル管(ビル管理士)、エネ管(エネルギー管理士)、電験(電験三種)持ち(ビルメン4点セットと消防設備士も取得済)が資格の取り方とビルメン業界あるあるを解説するブログです。独学で慶應に入った勉強テクニックを余すことなく公開しています! です。よく見ると、ほとんど身近な製品だらけですね。, これで少しはトップランナー制度について理解できるところが増えたでしょうか? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. スポンサーリンク 製造から40年以上が経過するpcb ... 汚染物等のpcb濃度の測定方法については、環境省から「低濃度pcb含有廃棄物に関する測定方法(第5版)」が示されています。 蛍光灯は製造中止にはなりませんが、自主規制するメーカーは出てきています. とされています。 また、蛍光灯の省エネ性能は非常に高く、蛍光灯を全廃しても政府が求める二酸化炭素の低減にそれほど寄与しないと言われています。LEDには劣りますが、蛍光灯は白熱灯と比べれば消費電力は少なく、寿命も長いのです。, メーカーは、蛍光灯の使用を減らしていこうと、自主的に縮小する動きを見せています。いきなり蛍光灯の製造中止ではなく、まずは蛍光灯器具の製造を中止を行うメーカーが増えてきました。 お客様に蛍光灯や白熱灯の取扱量が減るという説明をしてきた もし急に蛍光灯を製造禁止にしたら、ほとんど全世帯のご家庭で器具の交換や工事の手が必要になるので、とんでもない騒ぎになります。アナログ放送から地デジへの切り替えをご記憶の方も多いでしょう。テレビでの周知活動を徹底して、助成金を出し、10年がかりの計画でしたが、移行当日には10万件ものクレームが発生しました。わずか数年後に蛍光灯を全廃するなど実質不可能です。 すぐさま蛍光灯が廃止にはなりませんが、徐々にLEDへの移行という流れは確実でしょう。, copyright@Three-S Inc. All Rights Reserved. また、目標規準を達成したかどうかは、出荷台数による加重平均で出されます。つまり、省エネ能力の低い商品を売っていても、一方で省エネ効率のもの凄く高い商品を売っていれば良いのです。 らず、現時点で具体的な内容は一切決まっておりません。今後政府関係省庁とも連携、協議し、お客様にご迷惑のかからないように推進して参りますので、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。, という文章を発表しました。これは日本照明工業会のHPでも見られますし、私の場合は付き合いのある商社から「こんな文章が出されてるよ」と紙で文章をもらいました。, この文章の中では、“経済産業省に問い合わせた”と記載があります。経済産業省も何かコメントを出しているのだろうかと気になったので、経済産業省のHPを参照したところ、経済産業省も「蛍光灯は禁止?」の誤解というタイトルでページを作って、禁止ではないということを説明していました。, 政府方針が定まった後の初動で、あるマスコミが早まった報道をした為に日本中が困惑し、日本照明工業会や経済産業省が火消しに奔走したという流れのようですね。2020年に蛍光灯や白熱灯が製造中止になることはないようです。, メディアによる報道では 蛍光灯照明器具のリニューアルには 蛍光灯照明器具と比較して消費電力最大約59%削減※ イニシャルコストも早期償却 ※Myシリーズ40形省電力タイプ5,100lmにおいて 豊富なバリエーションでさまざまな空間・用途に対応できます。 今までは、LED、蛍光灯がトップランナー制度の対象となっており、それぞれの品目の中でトップランナー基準値が定められていたが、2020年よりLED、蛍光灯、に加えて白熱灯がトップランナー制度の対象となり、さらにはそれぞれの品目別ではなく、これらを統合して“照明器具”というくくりでトップランナー基準値を定める そうです。, 製造業者等がトップランナー基準値が達成できたかどうかは、出荷した品目ごとのエネルギー消費効率の加重平均値で判断するそうです。LED、蛍光灯、白熱灯がひとくくりにされて、照明器具として基準値が定められるということは、LEDをより多く売って、蛍光灯や白熱灯はあまり売らない方がいい。極端なことを言うと売らなければいいわけです。, 製造業者等(つまりメーカー)にとって、照明器具としてLED以外を売る意欲がそがれたわけですね。こうなれば、製造禁止とはならないまでも市場に出回る量が極端に少なくなりそうです。, ビルメン会社として修繕工事などを中心に工事を請け負ってきたところは会社としてLED化工事を推進することになるでしょう。LED以外は製造禁止とならないまでも、流通数量が大きく減ることになるのは間違いなさそうです。, また、ビルメン会社として工事を進めていない会社もオーナーの方針によって、外部の工事会社に委託する形でLED化工事は進められるでしょう。そのときビルメンに求められるのは、既にLED化している箇所、未だLED化していない箇所の図面化です。図面といってもCADで書くものではなく、エクセルで作る模式図の様な簡易なものですが・・・。, 現地調査の上、そういった図面的なものと数量表が求められるのは間違いなさそうですので、賢明なビルメン諸兄ならば急に依頼されてバタバタするよりも、先に動いておいて、急な依頼に備えていることでしょう。 具体的には 2020年をめどに白熱灯や蛍光灯が製造中止となることが決まりましたね。 2020年になっても既に流通している商品があるのですぐにはなくならないと思いますが、2015年から2020年までたったの5年間しか交換するまでの期間がありません。 2020年になっても既に流通している商品があるのですぐにはなくならないと思いますが、2015年から2020年までたったの5年間しか交換するまでの期間がありません。, 今回は「なぜ蛍光灯が製造中止とする方針が決まったのか?」ということや、これからの照明器具である「LEDのデメリット」について説明していこうと思います。, 白熱灯や蛍光灯が製造中止になる理由は「省エネ法の改正」によるものと前回お話ししましたが、これを改正しなければならない根本的な理由があります。, これは水銀や水銀化合物によって引き起こされる健康被害、環境被害を防ぐために出来た条約です。, 知っている方も多いと思いますが、蛍光灯には水銀が含まれています。この水銀封入量が一定量を超える蛍光灯の製造や輸出及び輸入が2020年以降に禁止となります。, 細かい規制内容はあるものの、規制対象でない蛍光灯もありますし、使用中の蛍光灯は禁止されません。, しかし、日本では2020年をめどに省エネ法を改正するという方針が固まったため、条約では規制されていない白熱灯や蛍光灯でも実質的に製造中止にせざるを得ない…という話なのです。, 蛍光灯をLED照明に変えることにはメリットが多い気がしますが、LEDにしていない家庭や業者も多く、たくさんの問題点を抱えています。, 関連記事⇒【2020年に白熱灯・蛍光灯製造中止へ。LEDに交換するメリットとは? 】, 場所によっては電気工事が必要になる可能性も充分にあります。例えば一般的な住宅でも、照明の数は少なくても5個はあるのではないでしょうか。, 1ヶ所の工事費用が15,000円としても、全部で10万円近くかかりますね。大きな企業ならばその倍以上の照明の数になってきます。, ランニングコストが安いためトータルで見るとお得なのですが、一気に大きい支出が必要となると現実問題として厳しいものです。, 衝撃に対しては比較的強く作れるものの、電子製品のため熱や湿気に弱いという弱点があります。, LEDを使用する推奨温度は5~40度で、それより10度も高い場所では一気に寿命が半分以下になると言われています。, 浴室やサウナでも密閉型、屋外でも防雨型・防湿型であれば可能ですが、密閉することによって高熱になりやすい場所などでは取り付けることが出来ません。, 蛍光灯は発熱した光が全体を照らすのに対し、LEDは直線的な光であり全体を照らしません。, つまり、ルーメン(光量)が蛍光灯とLEDで同じ値を示していても、実際に使ってみるとLEDは暗く感じるのです。, これはルーメンの測定方法のせいであり、ランプが放つ光の総量のみで測定されるためです。この際、照明器具そのものの光の広がり方等は測定に影響しません。, ルーメンが大きければ明かりが強いのは確かですが、実際に明るく感じるかどうかは別の話というわけです。, また、LEDは直線的な光なので眩しく感じるものは多いですが、配光角度が300度の電球など全体を照らすことの出来るものであれば、蛍光灯のような明るさを持つことが出来ます。, さらに光の質の違いも問題で、蛍光灯が自然な優しい光と感じるのに対し、LEDはきつい光で目が疲れるという人も多いようです。, この理由としては白色LEDライトがRGBの3色ではなく、青と黄色の2色が掛け合わされた「擬似白色」であるためだと思います。, 例え3原色で白色を作ったとしても、波長の偏りで物の見え方に違和感が発生するのです。, この光の波長に偏りにより、植物は光合成が出来なかったりビタミンD欠乏症になったりするなど、生物の育成を阻害することがあります。, 他にも光が直線的であるということや、ブルーライトが多いので健康に悪いとする研究者もいますね。, しかし、これらは技術の進歩でどんどん改善していくと思います。足りない色を補った改良型LED照明や熱に強いチップ、高価な産業用では高ワット数のものもあり、進歩し続けていますしね。, 今回の蛍光灯製造中止の何が問題なのかと言えば、「まだまだ蛍光灯が全盛期な今の時代に交換を強制したこと」ですね。. Copyright© From West New(旧ビルメン案内所) , 2020 All Rights Reserved. 2015年11月に、蛍光灯が製造中止になるという新聞報道があり、一時混乱を起こしてしまいました。しかし、蛍光灯が製造中止になるというのは間違いです。 投稿日:2015年12月17日 更新日:2019年3月12日, 2015年11月末頃、“2020年に蛍光灯の製造が実質製造中止にするという方針を政府が示した”という報道がなされて、各メディアが一斉に製造中止・生産中止という用語を用いて追従した報道をしました。, それをネットニュースで見た私も、「ずいぶん過激な決定をするのだなぁ。白熱球をペットの亀や観葉植物の熱源として利用している人はどうするんだろう。アンティーク照明を鑑賞する人、展示している博物館等は今の球が切れたらどうするんだろう」という感想を持ちました。ちょっと憤りも感じていました。, 2020年に白熱灯(白熱電球)、蛍光灯(蛍光ランプ)製造が禁止されることはありません。, 最近、新聞、テレビ等で白熱電球や蛍光ランプが 2020 年をめどに実質製造禁止と それをネットニュースで見た私も、「ずいぶん過激な決定をするのだなぁ。 パナソニックが蛍光灯の生産終了を発表!新トップランナー制度の影響がじわり, キーワードで学ぶ世界で一番やさしい省エネ法 平成29年施行建築物省エネ法規制措置完全対応版 (エクスナレッジムック). 遠藤照明も、蛍光ランプの製造を徐々に中止していっています。 製造業者等(輸入業者も含む)に課される、取り扱う商品のエネルギー消費効率に目標を設定させる制度の様です。, これまではLED、蛍光灯がトップランナー制度の対象となっており、それぞれの品目の中でトップランナー基準値が定められていたが、2020年よりLED、蛍光灯、に加えて白熱灯がトップランナー制度の対象となり、さらにはそれぞれの品目別ではなく、これらを統合して“照明器具”というくくりでトップランナー基準値を定める LED以外の照明の値上がりや廃盤が続いている たとえ需要があっても、価格の安い白熱電球を売る理由が、メーカーにはなくなっていくということです。, 結論から言うと、蛍光灯がすぐさま製造禁止になることはないでしょう。蛍光灯からLEDへの交換には、基本的には器具ごとの交換が必要で、そのままの器具を使いたい場合には安定器を除いて直接電球につなぐためのバイパス工事をしなければなりません。工事不要のLED蛍光灯も販売されていますが、製品の選び方を間違えると火災の原因になり、誰でも簡単に交換できるというものではありません(弊社では、工事不要のコンバーチブル蛍光管を取り扱っていますが、導入には専門知識が必要です。この製品については、別の記事にて詳しくご紹介します)。 パナソニックは、2018年度中に蛍光灯器具の生産から完全撤退します。 (あくまでマスメディアの報道を参照した当サイトの解釈です。政府の方針に関する1次情報を参照するには首相官邸のHPを参照下さい。また、詳細については今後政府、官公庁、有識者、メーカー、ユーザー等の関係者が協議を進めていく中で定められます。), トップランナーとは、自動車の燃費基準や電気・ガス石油機器(家電・OA 機器等)の省エネルギー基準を、各々の機器においてエネルギー消費効率が現在商品化されている製品のうち、最も優れている機器の性能以上にするという考え方です(省エネルギーセンターHPより), トップランナー基準とは、製造事業者等に、省エネ型の製品を製造するよう基準値を設けクリアするように課した「エネルギーの使用の合理化に関する法律(以下、省エネ法)」の中の、機械器具に係る措置のことです。(省エネルギーセンターHPより), 2014年3月時点でのトップランナー対象機器というのは31品目だったそうです。 環境負荷低減への取り組みの一環として地球環境保護を積極的に行うため、コンパクト形蛍光灯(ユーライン2)ダウンライトの製造を中止いたします。代替品には高効率・長寿命で環境負荷の少ないledダウンライトを推奨いたします。 Macintosh(PC)の名前の由来はリンゴの品種「マッキントッシュ」からだった!. 東芝ライテックは2016年の6月に、蛍光灯器具の製造中止を発表しました。 日立アプライアンスも2012年から蛍光灯器具の新製品を出していません。 蛍光灯安定器の劣化により蛍光灯機器からpcb油が漏れ出した例. (あくまでマスメディアの報道を参照した当サイトの解釈です。政府の方針に関する1次情報を参照するには首相官邸のHPを参照下さい。また、詳細については今後政府、官公庁、有識者、メーカー、ユーザー等の関係者が協議を進めていく中で定められます。), ビルメン4点セット、三種の神器の免状を大公開!上位資格の実物見ればやる気が出るかも, 高圧ガス保安法3 保安検査(法35条)、定期自主検査(法35条の2)、定期自主検査(冷44). これまでは、LED、蛍光灯、白熱灯と品目ごとに省エネ規準がありましたが、それを照明というひとつのくくりにしてしまうということです。朝日の記者は、ヘビー級もミドル級もライト級も、一緒くたに勝負するボクシング…のようなイメージを抱いたのかもしれませんね。当然、省エネ性能が低い白熱球は不利ですし、LEDは有利です。そこで上の「蛍光灯が実質製造禁止に」という表現がされたのです。しかし、そもそも「トップランナー制度」は製造や輸入をできなくする制度ではないので、そこから誤解があります。, トップランナー制度とは、省エネ性能の優れた商品を「トップランナー」として、メーカー各社や輸入業者がその商品の性能に追いつくように「努力を促す仕組み」です。具体的な目標年度や目標規準は国が発表しますが、それに満たなくてもその製品は製造禁止にはなりません。ただし、社名の公開、罰金といったペナルティが課せられます。消費者には義務はなく、好きな製品を選ぶことができます。 なるという報道がなされ、各方面からのお問い合わせが殺到しておりますので、当工業会が経済産業省に確認した内容をご説明致します。, エネルギー消費効率の高い製品の普及促進をめざし、製造事業者等に機器等のエネ 乗用自動車、貨物自動車、エアコンディショナー、テレビジョン受信機、ビデオテープレコーダー、蛍光灯器具(電球形蛍光ランプ含)、複写機、電子計算機、磁気ディスク装置、電気冷蔵庫、電気冷凍庫、ストーブ、ガス調理機器、ガス温水機器、石油温水機器、電気便座、自動販売機、変圧器、ジャー炊飯器、電子レンジ、DVDレコーダー、ルーティング機器、スイッチング機器、複合機、プリンター、ヒートポンプ給湯器、三相誘導電動機、電球形 LED ランプ、断熱材、サッシ、複層ガラス ただ、省エネ能力を上げるのはとても大変なことですから、省エネ製品の能力がそれほど上げられないのなら、「省エネ能力の低い商品は売らなければいい」ということでもあります。 メーカーのこうした動きには理由が色々あります。先ほど、蛍光灯の省エネ性能は高いと書きましたが、蛍光灯には水銀を含むことや、調光機能に対応しない、LEDの寿命にかなわないというデメリットがあるためです。LEDが売れるなら、蛍光灯を販売し続けるメリットはあまりないとも言えます。 日本の2020年といえばもちろん東京オリンピックですが、2020年はそれ以外にも多くの出来事が起こる年でもあります。 例えば、最近では自動運転車の開発がどんどん進み、リニア新幹線の開発も進んでいますね ... 「世界幸福度ランキング」が国連から発表され、相変わらずの日本の順位が低さが話題になっています。 その順位は、なんと53位。 GDP3位なのに、長寿ランキング3位なのに、IQの高い国3位なのに幸福度は5 ... 太平洋上に位置する島国「キリバス共和国」が海面上昇によって、国ごと水没する危険が高まってきています。 世界で一番早く日が昇る国であるキリバスは、平均海抜約2mという非常に低い陸地であるため、温暖化の影 ... TVニュースでグローバリズムという言葉が取り上げられていました。 現代日本では様々のものがグローバル化していく中で、グローバリズムとは一体どういう意味を持つのでしょうか。 その特徴と問題点についてや、 ... 2015年11月26日に発表された厳しい省エネ基準によって、2020年をめどに白熱灯と蛍光灯の製造・輸入を実質的に禁止することが決まりました。 蛍光灯に取って代わるものといえばもちろん「LED」ですが ... Copyright© キニブロ - なぜか気になるあれこれブログ , 2020 AllRights Reserved. 「政府は、省エネ性能が優れた製品の規準を満たさないと製造や輸入をできなくする「トップランナー制度」を規制してきた。来夏をめどにつくる省エネ行動計画には、照明についての品目を一つにまとめることを盛り込む。」 蛍光灯実質製造中止報道のその後とパリ協定と今後の省エネ 2015年11月末頃、“2020年に蛍光灯の製造が実質製造中止にするという方針を政府が示した”という報道がなされて、各メディアが一斉に製造中止・生産中止という用語を用いて追従した報道をしました。.