著作権フリーの無料3Dモデルデータを随時更新します。 あ:モデルのボーン構造=ポーズなど動かすための骨格には著作権もしくは類似する権利がある。ので入れ替える必要あり。=たいてい他のソフトに移植する段階で骨入れは、そのソフトの標準のものに入れ替えするんですけどね。 著作権フリーとなったことで、商用・非商用を問わずに、アニメ化・小説化・ドラマ化・本作をネットに掲載する、などのことが無料で自由に行える . 無料3Dデータの3Dモデルジャパン(3D Model Japan) 著作権フリーの無料3Dモデルデータを随時更新します。 建築、インテリア家具、キャラクター、車等の3D素材3DS MAX,MAYA,Shade,Google SketchUp,Cinema4D,Vectoworks,poser,3ds,dxf,obj等の3Dソフトに使える3DCG,3Dデータ,3DCADデータを無償提供いたします。 // -->, 3DPrintJapan                               (3D立体出力サービス). さてカルロス・ゴーン氏保釈となりましたが、「紺碧の艦隊」の見過ぎで日本が世界のリーダーになれると勘違いした日本国内の人たちが、世界中で日産自動車の売上が大幅に下がり、慌てふためいてるのかもね。当ブログは個人規模なのに、ゴーン保釈前後の期間世界中から多数アクセスを集め、日本の報道機関って、よほど海外から信頼されてないのなw, とあれば(ボーカロイド系の3D素材、日本のミクミクダンス=MMD系の素材に多い。以前の記事でご紹介したプロ生ちゃんやキズナアイは改変不可(その後、規約が変わり、非商業かつ一一定の品位に配慮したイラストでの使用なら、改造がOKとなりました)。モデルの中にはMMDのデーターを、変換なしで読み込めるソフトでしか使用を認めていないものもある。業務用ハイアマチュア用のMAXやMAYA、POSERなどの販売素材は大部分が自身の動画作成や画像作成のための改造使用が許可されているのと逆なので要注意)、改造したものを使うこと自体が契約違反。, また調査研究目的であれば、規約や契約でどう書いてあっても、改変改造は法律上罰せられない場合がある(リバースエンジニアリング)。調査研究を行うものは大学などの研究機関だけではなく、民間の一個人でもよいが、その結果できた改造物そのものを他人に公開してはならないのは当然(調査研究目的なのだからこれは当然)。見るのは当事者のみが望ましく。友人や家族などに、自宅などの私的な場所で見せる以上のことをやると契約違反や、商用利用の場合は逮捕もあり得る。, 以前の記事でMMDモデルをPOSERにモーフごと持っていくことは可能だと書きましたが、ネットには「大人のいけない」調査研究結果をわざわざネットで動画などで公開してる規約違反バカが多すぎなので、方法は教えません。, 元の原型が想起できない形状や形状が認識されても別個の作品と認識できるものを作成した場合は、改変者の著作物とされ、元の著作者の著作権者としての権利が消滅する。, 元の原型がわかるものの著作権を持っている人が改変した素材について、自分の著作物扱いしていいという場合、二次著作物(サブライセンス権二次創作権パロディ権とも言う)として改造した人の著作物に準じる扱いができる。, ただし権利者がちょっと改造しただけでも、自分の著作権を付けていいよという場合は、最初から作成素体としての自分の権利を制限していて、若干の改変で自分の著作物として使える場合もある。というわけで会社(特に素材として3Dモデルを売る場合、制限が多すぎれば誰も買わなくなる事情もあり)によっては、販売素体をちょい改変しただけでも、画像や動画作成においての利用では、改変者の著作物にしていいよという規約がある。, (そもそも二次創作自体は、条件を守れば本来は全く自由に行えるのです(他の著作物を参考に自分の新しい著作物を作成するのは全く自由であるから)。その条件は、ただの模写や真似事にとどまらない、原作とは異なる新しい世界観や表現を実現・開拓しているかです), 1:絵画、イラストや疑似写真(フォトリアルレンダリング)、写真などの平面世界=2D利用, であれば、多少トレースの形跡など原型の形跡があっても、外見上別個の作品と認知されうるくらいの改変者による独創性を持った改変があれば、モデルを最初に作成した原著作者の権利消滅が認められるケースがあります。, もとのデーターは3Dモデルですので、改変キャラの二次元画での利用ならだいぶハードルは下がります。このため3Dモデルを画像や動画で使う分には好きに使っていいよとする会社が多いのもうなずけるわけです。, 2;ただし疑似立体世界=3Dの素体としてゲームや、パソコンソフト上の利用される場合 3D利用では 3Dキャラデーターとして、もはや新しい著作権物として、別個のものとなった認知できるようにしないといけないので、いろんなことが必要になります。改造キャラを二次元画のイラストや写真動画で使う分には、自分の著作物キャラとしていいとする会社も、3Dアプリ=ソフトの中で動かすキャクターとして使う場合は、動かすための構造とかに自社著作物が含まれていると解釈するケースが多数。, あ:モデルのボーン構造=ポーズなど動かすための骨格には著作権もしくは類似する権利がある。ので入れ替える必要あり。=たいてい他のソフトに移植する段階で骨入れは、そのソフトの標準のものに入れ替えするんですけどね。, う:皮膚データー=UVマップも、独自のものを新たに作成し、UVマップの構造を全く別のものにする。, お:表情や体格改変パラメーターはオリジナルのものは捨て、全部自作のものに置き換える。, か:質感表現用のShaderなどマテリアル設定も独自に設定し直し (Shaderは各社独自の調整を行っているため、他の会社のソフトに移行できない工夫があったりする(=モデルのマテリアルテキスチャー=表面・皮膚データーには、ごく基本のSHADER以外を焼き込めない)+そのソフト付属や関連製品のSHADERは自社の権利物とする会社も結構あるので、SHADERデーターは全部自分で書き直しの可能性も出てくる), UNITYではUNITYちゃんを素材としての改造は認めており、別個のキャラとして成立するまで改造されたものは、改造した人が自分の完全な著作物として良いと書いていますが、二次元での利用はともかく、3Dアプリのゲームキャラなどでの判断は結構ハードルはきつそうですね。, 「ユニティちゃんライセンス条項