英語を習得するためには、インプットとアウトプット両方のトレーニングをバランス良く行うことが大切です。この記事では、アウトプットの練習方法が分からないという方のために、効果的なアウトプット勉強法をご紹介していきます。, おすすめのアウトプット勉強法1つ目は、英語のライティングです。ライティングは、英語の語順を身につける上でとても効果的です。また、スピーキングと違って自分の間違っているところをはっきりと目視できるので、どの単語が分からなかったのか、どの文法が使えなかったのかが一目瞭然です。自分の弱点を見つけて克服したいという方には、ライティングはとてもおすすめです。, いきなりライティングするのは難しいという方は、まずは英単語を並べ替えて文を作成するところから始めてみましょう。文法の教材など、並べ替え問題が付いているものを探して練習します。 ©Copyright2020 ことのはそだて.All Rights Reserved. オンライン英会話をたまに利用するようになって、前より単語やフレーズを覚えるのが早くなった気がするんだ。, 前は英単語を覚えても実際に使える場面が思い浮かばなかったけど、今は「次回あの先生と話すときに使ってみよう!」とかイメージできるんだ。, 私たち英語学習者にとって、インプットとアウトプットの理想的なバランスとはどれくらいの比率なのでしょうか。より効率的に目標へと近づくための、重要なヒントとなるはずです!, 「英語はコミュニケーションの道具にすぎず、英語をつかって何をするかが大切」と、このサイトでもアウトプットの重要性を紹介してきました。, アメリカの言語学者スティーブン・クラッシェンによる『インプット仮説(1970~80年代)』では、言語学習について下記のように結論付けています。, 特に自分より少し上のレベルのインプットを繰り返し、理解したときに最も効率的な学習効果を得られると述べています。こちらは現在でも言語習得において有効性が認められている仮説。, ただし現在の研究において、インプットは言語習得に「必要」であるが「充分」ではないとする考え方が主流となっています。, インプットだけではなく、アウトプットも言語習得に大きく影響すると考えられているのです。, そのインプット仮説に対し、同じくアメリカの言語学者メリル・スウェインが異議を唱えました。彼が提唱したのが『アウトプット仮説(1985年)』です。, その中で彼は言語習得においてはインプットだけでは充分でなく、アウトプットも必要であると主張しました。, 結論として、受け身(インプット)で学習をしたときよりも積極的に発信(アウトプット)したときのほうが圧倒的に学習効率が良いことが分かりました。, インプット・アウトプットそれぞれに重要性があり、どちらか一方では効率よく学習できません。, といったように、インプットとアウトプットをバランス良く鍛えていくのが大切だということです。, 「言語の上達に必要なのは大量のインプットと少量のアウトプット」であることが、言語学界の理論としては確立されています。, インプットとアウトプットの最適な割合はまだ解明されていませんが、およそ9:1が目安と考えられています。, けれども日本人の場合、「インプットはしているが、アウトプットの量が絶対的に足りていない」場合がかなり多いので、少し事情が異なるところもあります。, 特にスピーキング力を伸ばすためには、6:4もしくは5:5 の割合で学習を進めて良いと思っています。, ぴよさんにとってオンライン英会話がアウトプットの方法であるように、私にとってこのサイト運営も同様です。, つまり新しい表現やフレーズを、今までよりも早く覚えられるようになったのです。体感ですが、インプットのみの時と比べ5倍くらい効率的に覚えられている感覚があります。, 「次回、あの先生に”How are you?” と聞かれたらこのフレーズで答えよう」, など、インプットの最中にもアウトプットする場面を具体的に思い浮かべることができます。, 人は見ただけ、聞いただけの知識よりも自分が口に出したことのほうが何倍も記憶に定着するのです。, アウトプットの機会がないと、人は「自分に何が足りないか」に気付きにくいということですね。, 先ほど紹介した『学習ピラミッド』で最も学習効率が良いとされたのが、「人に教えるとき」でした。, というのを、イチ英語好きの立場から紹介しているにすぎません。むしろ、私は皆さんから多くを教わっているのです。, 題材として取り上げるからには誰よりもその分野において詳しくなっておきたいと思いますし、そうあって然るべきだと思います。, このサイトで取り上げられそうなことに対し、常にアンテナを張っていることで多くの気付きを得ています。, なかなか機会がないかもしれませんが、勉強したことを誰かに教えてみましょう。未熟でも構いません。理由のない自信を武器に教える側にまわることができれば、加速度的な成長が約束されているのです。, 英語学習におけるインプット・アウトプットとは具体的にどのようなものなのでしょうか。, 四技能のうち「スピーキング・ライティング」がアウトプットとなります。「声に出す・書く」といった能動的に英語を発する作業がそれにあたります。具体的には以下が例として挙げられます。, アウトプット方法については下の記事で詳しく紹介しています。宜しければ参考にされてください。, インプットだけになってしまいがちなのが日本人の特徴ですし、インプット量がアウトプットの精度を左右します。, 失敗を繰り返しながらも「何が悪かったのか」を意識し、再度インプットし直すというように循環させるのが重要です。, 日本人が英語の発音を苦手にする理由を解明!すべての発音記号を音声付きで解説します(前編 子音編)。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ひょんなことから出会ったひげさんのアドバイスに従っているうち、少しずつ英語が上達してきた感じはある。. 英語学習に海外ドラマをおすすめする理由6つと学習方法6つを紹介します(おすすめ海外ドラマも紹介)!, 受け身(インプット)で学習をしたときよりも積極的に発信(アウトプット)したときのほうが圧倒的に学習効率が良い, 日本人の場合、「インプットはしているが、アウトプットの量が絶対的に足りていない」場合がかなり多い, 英語学習におけるシャドーイングの効果とは? 練習のコツとおすすめ教材を紹介します!, 失敗を繰り返しながらも「何が悪かったのか」を意識し、再度インプットし直すというように循環させる. 高速インプットワークシート(文法項目別) ※平成24年3月に和歌山県教育委員会が配付したCDに入っているものです。 一例ですので、実態にあわせて修正してお使いください。 - サイトマップ -, 英語ができる人になるための「6つの習慣」:日本にいながらあなたも「英語が使える人」になる方法, いくら勉強してもなかなか英会話ができるようにならない理由:「英語のエネルギー」の問題, コミュニケーション能力向上におススメの洋書:元FBIが書いた「初対面の人とすぐに仲良くなる技術」. ここでは自然な英語が話せるようになる効果的なインプット方法と、インプット学習に役立つおすすめ教材をご紹介します。, 使える英語を覚えるコツは、一つのメッセージを一つの塊(フレーズ)で覚えることです。, 例えば「今晩、暇ですか?」と言いたいとき、「Do you have any arrangements tonight?」を一塊で覚えていると、一瞬で口に出てきます。 英語におけるインプットとアウトプットの関係と効果的な学習方法 2018年7月30日 2019年3月19日 5分14秒 学生時代、特に中学生や高校生のときは、英語の勉強において記憶重視の教育を受けてきたと思い … その時は、都度、上述のインプット方法で不足分を補強していきましょう。, こうした学習を継続することで、どんなシチュエーションでも柔軟に対応できる本物の英語力が身につきます。. 英語学習者の方の中には、アウトプットの練習方法が分からないという方がいらっしゃいます。確かに、学校では文法などのインプット学習ばかりで、アウトプットをする機会がほとんどありませんでしたよね。今回は、英語の効果的なアウトプットの練習方法について解説していきます。 また、アウトプットの練習をする上でもう1つ重要なのが、恥ずかしがらないということです。方法にもよりますが、アウトプットするということは、誰かしらに向けて発信するということです。間違っていたらどうしようと億劫にならず、是非楽しみながらアウトプットの練習をしてみてください!, はじめまして。 Copyright (C) 2020 フォニックス教授の英語発音教室 All Rights Reserved. 1文ではなく長い文章を書くとなると、つなぎの言葉を知っておくことが大切です。「Therefore」「On the other hand」のような、文と文を結ぶつなぎの言葉のボキャブラリーを増やしておくことも、ライティングの上達に有効です。, 英文のライティングを練習する際は、ただ書いて終わりではなく、自分の書いた英文が正しいかを振り返ることが大切です。最近では英文添削をしてくれるアプリもあり、スマホで気軽に英文添削サービスが利用できるので、是非活用してみて下さい。, 英語のアウトプット練習と聞いて、まず1番にスピーキングが思い浮かんだ方は多いのではないでしょうか。ここでは、スピーキングの練習方法についてご紹介していきます。, ライティングと同じで、スピーキングもいきなり難しい文章を話すのは難しいです。まずは、中学校で習ったようなごくごく簡単な文法を、完璧に使いこなせるようになることを目指しましょう。「中学校で習った文法くらい話せるよ」と思ったそこのあなた、どんなに簡単な文法でも話すとなると案外難しいものですよ。もし中学校の教科書があれば、是非見てみて下さい。日本語を見てすぐに英語が出てこないものもあるはずです。 わたしは学生時代より英語が好きで、現在もそれを教える・教える人を育てるお仕事もしております。ともに楽しくがんばりましょう。. コンテンツの充実度もさることながら、リクエスト機能により「これ、英語でなんていうんだろう?」と疑問に思ったフレーズの収録を、直接運営元に依頼できるのも良いです。, TOEICの運営元が提供するポッドキャスト型教材。 日常英会話で使える自然な英語フレーズを大量に収録したアプリです。 「子供がずっとテレビだけ見て親とコミュニケーションを取らない場合、母国語の習得が遅れる」. また、「今どこにいるの?」と言 いたい時は、「What about are you now, please?」を丸暗記しておけば一瞬で出てきます。, こうしたフレーズを ポンポン並べていくだけで、ネイティヴと遜色ないスピードで英語を話すことができます。, 実際に英語を流暢に話せる人たちは、よく使う言葉をフレーズ単位で丸暗記しており、頭の中で都度作文したり、文法を考え込むことなくドンドン英語が口に出しています。 そして、知っている単語でフレーズをアレンジし、 自分の意見を自由自在に表現しているのです。, 使える英語をインプットするために、フレーズと発音をセットで覚えていきましょう。, インプット学習で多くの英語学習者がおかす過ちの一つとして、知識だけをインプットし発音の練習をしないことが挙げられます。 最低でも5回は 聴きましょう。聴き取れない英語があったら、聴き取れるま で何度も何度も聞き返してください。, 次に、聴き取った英語を紙に書き出します。 インプット仮説は、情意フィルター仮説を提唱した言語学者、クラッシェン氏が提唱しています。 学習者が理解可能な内容よりも少し高度な内容をインプットさせ続けることにより、第二言語習得の効率が高まる、という仮説です。 ・インプット:読む / 聞く ・アウトプット:書く / 話す となりますが、クラッシェンはアウトプット出来ることは言語習得の結果であり、習得にはインプットが必要なのだとしています。 つまり、話 … インプットとは、知識を頭に入れることです。 「主語の後には動詞が来る」とか「不定詞toのあとは動詞の原形」とかいった文法事項をまずは頭の中に入れないといけません。 あとから紹介する勉強法では参考書を使ったインプットの方法も紹介しています。 使える英語を覚えるコツは、一つのメッセージを一つの塊(フレーズ)で覚えることです。 例えば「今晩、暇ですか?」と言いたいとき、「Do you have any arrangements tonight?」を一塊で覚えていると、一瞬で口に出てきます。 また、「今どこにいるの?」と言 いたい時は、「What about are you now, please?」を丸暗記しておけば一瞬で出てきます。 こうしたフレーズを ポンポン並べていくだけで、ネイティヴと遜色ないスピードで英語を話すことができます。 実際に英語を流暢に話せる人たちは、 …