自分の強みは、「気遣い」ができることだと思う。就活でも武器にしたいけど、どうすれば効率的に自己PRできるだろう?例文も見たい。, ビジネスは人と人で行うものですから、相手を気遣う気持ちはどんな仕事でも求められます。, ただし、「気遣いができます」といえば内定が取れるわけでもありませんし、気遣いを自己PRとしてアピールする際に気をつけるべきポイントもあります。, 是非大事なポイントや注意点を押さえた、正しい自己PRをマスターして、あなたの「妥協しない性格」を効率的に面接官に伝えられるようになりましょう。, 「気遣いができる」という強みは比較的誰でも自分の経験の中から話しやすいため、「気遣い」というネタで自己PRしようとする就活生は多いです。, ですから、まず埋もれやすいので、差別化が必要です。キャッチコピーなどをうまく使ったり、あなた独自のエピソードを語る必要が出てきます(後ほど詳しく解説), また、「気遣いができます」なんてことは、証明しようもなく、誰だって言えることでもあるので、面接官を納得させる必要があります。, そんな、面接官を納得させるために、自己PRに盛り込みたい重要な要素が二つあります。, つまり、気遣いの「再現性」は高く、「レベル」も高いですよということを伝えることです。, 自己PRを作る際は下記3STEPを意識しましょう。すると効果的な自己PRを作りやすいです。, まずはシンプルに結論から伝えるようにしましょう!最初に結論から話すことで、あなたが言いたいことの全体像が伝わりやすく、あなたの話もぶれにくくなります。, 自己PRではうまくキャッチコピーを使って印象を強めるという工夫をしても良いと思います!, いかがでしょうか、少し表現を変えるだけで単純に「気遣いが強みです」というだけの自己PRよりも、印象に残りやすくなった気がしませんか?, なお、面接官からの印象を強めるキャッチコピーの作り方は下記記事でまとめました!ぜひそちらをご覧ください。, さて、結論を述べたあとは、これまであなたの「気遣い」が最も活かされた時のエピソードを話しましょう。, 「強みが活かされた経験」や「強みが培われたエピソードの話」はあなたに「気遣い」があることの根拠となり、あなたの自己PRの信ぴょう性を高める役割を果たします。, あなたの「気遣いの力」を際立たせるためには、どんな状況があったからこそ気を遣ったのか、ということを説明することが重要です。, ここで、「気遣い」のレベルを高く見せるには、「他の人だとなかなか気がつきにくいことに気づいた」という話がおすすめです。, 私の「気遣い」の力が生かされたのは、居酒屋での接客アルバイトで、クレーマーのお客様を優良な常連客化した経験です。, そのお客様はたまに一人で店に来る方で、料理や飲み物をお持ちするときに毎回、「ドリンクや料理提供が遅い」とクレームをおっしゃるので、スタッフからは怖がられている存在でした。料理の提供スピードはいつも別にそこまで遅いわけでもなく、他のお客様もいらっしゃるので、どこかを特別優先させるわけにもいかず、スタッフはみんな謝ることしかできずに困っていました。, 気遣い(思いやり)という強みをアピールするために、この部分が最も大切なところです。, ここが最もあなた独自の色が出る部分です。いかにあなたらしさを伝えるかを考えながら自己PRを作って行きましょう。, 私も最初は接客するたびにクレームを言われて謝ってばかりだったのですが、「なぜこの人はクレームを言うのにお店にくるのだろうか・・・」ということを判明したくて、できるだけ自分が料理を持っていくようにし、お客様を観察するようにしました。, すると「毎回最初の注文は同じものを注文している」ことがわかってきました。また、「注文をお伺いします」とこちらが行った瞬間に顔をしかめていることにも気づきました。, そこで私は、もしかしたら、この人は提供スピードではなく、毎回同じ注文をしているのに、覚えられていないことに腹が立っているのではないだろうか・・・と考えました。, マニュアルでは、「席に案内したのちにおしぼりを持っていき、注文決まりましたらお呼びください」と伝えることになっており、私も含め、みんなそうしていたのですが、私は次にいらっしゃったときに、席に案内する際、「いつもありがとうございます!今日も最初は、A・B・Cの3品にされますか?」ときいてみました。そしたら何も言わずにうなずいていたので、そのままおしぼりをお持ちする前に、すぐに厨房に注文を出しました。, ここは、このエピソードにおけるあなたの「気遣い」の成果となります。この成果はあなたの「気遣い」のレベルを証明するものでもありますので、丁寧に伝えていきましょう。, マニュアル通りの接客よりも、早めに注文をすることでその分、時間を短縮してお料理を提供することができました。するとその人から、嬉しそうに「やっと覚えたかぁ・・・・」とおっしゃっていただけました。, 結局その人は、提供スピードに文句を言っていたのではなく、何回か同じ物を注文しているのに、毎回初めて会うような接客をされていたことに腹を立てていたのです。そこから、その人は来店のペースが上がり、今では常連客になってくれています。後でその人からは「あなたがあの時僕のことを覚えてくれてなかったら、もうこないでおこうと思ったよ・・・」と言われ、とても嬉しい気持ちになりました。, 「気遣い」の力を効果的に面接官にアピールするためには、その出来事が偶然ではなかったと伝えることが信ぴょう性は高めるために重要です。そのため、メインエピソードを話したのちに、簡単にその他のエピソードを話しておくことも有効となります。, ただし、ほかのあくまでも補足ですから、詳しく話す必要はありません。簡単に紹介する程度にとどめておきましょう。ここで話しすぎると、自己顕示欲が強すぎるなどと逆にマイナスの評価にもなりかねませんので、要注意です。, 私はこの経験をさらに生かし、他のスタッフが同じことで苦労しないよう、顧客帳を自分で作り、常連客の情報を書き込み、スタッフで共有することにしました。それを見たスタッフ、そして店長からはとても喜ばれ、そのお店の「スタッフ優秀賞」にも選ばれることができました。, また、普段からも相手目線にたち、寒そうな人には何を言われずとも毛布を手渡してあげたり、左利きの方にはビールジョッキの取っ手を左に向けてあげたり、細やかな気遣いを大切にしています。, STEP1の結論で話したあなたの強みを、STEP2のエピソードで根拠付けましたから、あとは、その強みが企業でのどんな活躍につながるかを語ります。, 自己PRはあくまでも「私は御社で活躍できますよ」というアピールですから、まさにここがメインとなるべきパートです。, まずは自分が応募している仕事がどんな仕事で、どういう力が求められているかをホームページや説明会での話などから情報収集しましょう。, そしてあなたの「気遣い」という強みが、その仕事でどう生かされるのかをイメージしてから、話の構成を考えましょう。, 私は御社の営業職を志望しておりますが、営業職はお客様からニーズを引き出したり、信頼を勝ち取るためにも、お客様との関係を築いていくことがとても重要になってくると私は考えております。, わたしは、お客様との関係構築にあたり、自分の強みである相手目線と細かい気遣いを生かせると考えております。, いかがでしょうか。下記のように自己PRを作ると、信ぴょう性もあり、企業とも繋げられる自己PRになります。, こちらの例文は2〜3分程度で会話の中でお話しする前提の長さなので、尺や履歴書のフォーマットに合わせて分量は調整してください。以下に尺別、用途別の自己PRのテンプレートをまとめています。, 自己PRができたものの、本当にこのエピソードは企業に響くのか?という心配はありますよね。, スカウトサイトは、あなたのプロフィールを登録しておくことで、それを見た企業から「うちを受けないかい?」とスカウトされるサービスです。, 「あなたの強みや経験」に対し、企業がどんな反応をするか見ることができるってことです。, スカウトサイトは無料で使えるので、自己PRを磨くためにも、プロフィールをスカウトサイトに登録することをオススメします。, となれば、選択肢は以下の3択に絞れます。全部登録してもメリットはありますし、まずは一つからでも大丈夫です。, ・dodaキャンパス→35万人以上が登録する日本最大級のスカウトサイト。運営企業は大手企業のベネッセなので安心です。JTBやmixiなど大手有名企業も参画しています。無料の適性診断ツールも利用できるので、自己PR作成に役立ちます。, ・OfferBox→就活生の4人に1人が登録するスカウトサイト。こちらも高品質な無料の適性診断AnalyzeU+を利用できます。上記のdodaキャンパスか、OfferBoxのどちらかは登録しておきましょう。, ・キミスカ→変り種ですが、有名です。他社の選考状況を登録することで、スカウトをもらえるという少し変わったサービス。有名企業の選考を進んでいる方にオススメです。, また、友達とか親に聞いてみると、自分で考えているものとは全然違う強みが見つかるはずですよ。, さらに、就職エージェントを利用して、専門的なプロから無料で自己PRのアドバイスをもらう方法もあります。, 就職エージェントも無料で利用できます。下記にまとめていますので、興味ある方はどうぞ。, 難しければ、今後面接や履歴書での自己PRで失敗する可能性が高いです。その理由や対策は下記にまとめているので、是非ご覧ください。, 過去、自分が就活に失敗したことから、就活に苦しむ人がこれ以上増えないように!と考え、このサイトを立ち上げました。, 自分の就活の経験と、人材業界に属して得た人事攻略ノウハウを生かし、プロの視点で就活成功に導くための記事を書きます。, 「気遣いができます」なんてことは、証明しようもなく、誰だって言えることでもあるので、面接官を納得させる必要があります。. 学生時代のアルバイトの経験も、就活を行う際には十分に自己prの材料になることはご存知でしょうか。一見。役立ちそうには思えない事柄ですが、しっかり活用すれば、アルバイトの経験をうまくアピールし、自分の能力を自己prすることが出来るんです。 自己prで思いやり・気配り・聞き上手をアピール. 自己prで思いやりをアピールするのであれば「思いやりがある」「気配りができる」「聞き上手」と長所を記入するのではなく、周囲への配慮があり、仕事を円滑に進めることができる人だと感じられるエピソードを盛り込むようにしましょう。 就活面接の自己PRで気配り・思いやりを上手くアピールする方法を解説します。気配り・思いやりは学生が持っていて欲しい土台の資質ですが、面接でのアピールには注意が必要です。回答のポイントを徹 … 【自己pr:気配り編】はじめに. 履歴書や職務経歴書に自己prと志望動機を記載しますが、どうしても内容が似通ってしまいがちです。 気配り・心配りは仕事をするうえで非常に重要な資質です。 企業側もセールスや事務職、公務員や看護師などを問わず、明るい気配りのできる性格の人材をほしがっているのは間違いなく、できなければ大きな弱み・短所です。 自己prを書くうえで大切なことは転職する看護師の「一番の強み」を「転職先でどのように貢献できるか」に繋げることです。自慢話や自己主張で終わらせず、採用担当者が「採用したい」と思うような内容に仕上げましょう。本文で書き方のポイントや例文をご紹介していきます。 でも作り方と活用方法がよく... 自己PRをどういう風に作っていいかわからない・・・と悩んでいませんか? 履歴書や、面接のシーンで、一言、1分、3分といろんな尺で求... スカウトサイトのプロフィールを書くと企業からの反応がわかり、自己PRが上達します。, あなたのプロフィールを登録しておくことで、それを見た企業から「うちを受けないかい?」とスカウトされるサービスです。. 当記事では、就活のプロアドバイザーが自己PRで企業が重視することや、企業ウケの良い自己PRの作り方を例文通じて解説しています。... 自己PRやESなど、就活でより企業へのアピールを強めるためにキャッチコピーをうまく活用したい。 自己PRで悩んでいた方もちょっとしたコツを知ることで今まで苦手だった自己PRが書きやすくなりますよ。 (1)自己PRと志望動機の違いを知る. 企業側もセールスや事務職、公務員や看護師などを問わず、明るい気配りのできる性格の人材をほしがっているのは間違いなく、できなければ大きな弱み・短所です。, それゆえ、就活や転職で多くの人が自己PRに気配り・気遣いできる性格を長所として選択します。, 単に「私は気配り/目配りができます」と素直に言ったり書いたりしただけではほかの似たような自己PRの中に埋没し、何の印象も残せずに終わってしまうでしょう。, 女性に限らず気配りや心配りを長所や自己PRとして選択するのは決して間違いではありませんが、相手の心に響かせようと思えばそれなりのこだわりや工夫した書き方・話し方が必要なのです。, これは細かいビジネスマナーなどに精通し、その上で自分なりに考えて行動をすることができるということです。, 自分で考えて行動できることや、自分で考えて動けることはとても大きなメリットとなりますし、これから社会に出るときにさまざまな面で役に立つかもしれません。, 言わなくてもいいことを言ったり、やらなくてもいいことをやったりする人というのは結構います。, 逆に何をしなくてもいいかを判断できたり、何を言うと無駄や余計なお世話になってしまうかを適切に判断できたりするのです。, 最後に、縁の下の力持ちだったり、感謝の気持ちが強かったりすることも気配りが上手にできる人の特徴と言えるでしょう。, これは自分が自分がと出しゃばらず、誰かをサポートしたり誰かに配慮したりするような仕事に向いている性格でもあります。, また、自分の能力を超えたことをする場合にはチームで動くこともあり、細かな調整や雑用なども積極的に行うことで、より効率よくチームが動き、なおかつチームに感謝されるケースも多いでしょう。, 自己PRを作成する際は、自分の強みや経験が仕事においてどのように活かせるかを、相手が具体的にイメージできるように構成する必要があります。, 最初に結論を置くことで、これから語る内容の全体像を相手が把握しやすくなり、より集中して話を聞いてもらえる可能性が高くなります。, 単に「気配りができる」とするよりは、「自分の周囲の人たちが気持ちよく動けるような環境づくりができる」のように具体的な表現で言い換えられると、他人と差をつけることができます。, また、アピールポイントを印象付けるためにも「~と思います」のような曖昧な語尾は避け、言い切る形にしましょう。, なぜ気配りができるところが自己PRにつながるのか、その強みを発揮したエピソードを使用して強調します。, いきなり詳細なエピソードに入ってしまうと、肝心な「なぜ?」の部分がわからないまま相手は最後まで話を聞くことになり、冗長的に受け取られてしまいます。, たとえば「部長として部活の雰囲気が良くなるように部員一人ひとりと仲を深めていったことで、チームワークを強めることができたということがあったからです」と先に説明すれば、聞き手は理由を把握した上で、これから部活での気配りエピソードについて話すのだなと聞く態勢を整えることができます。, ただし、体験をそのままつらつらと語っても単なる自分語りで終わってしまい、聞き手を無視した印象になってしまいます。, 「いつ」「どこで」「誰と」「どのように」といった5W1Hを意識して内容を構成することで、具体性が増すとともに、イメージが湧きやすくなるのです。, また、エピソードとアピールポイントに関係性が見出せないと裏づけにならないため、注意が必要です。, 関連するエピソードが思いつかない場合は周囲の友人や家族に相談してみるのも良いです。, 部活やアルバイト、友人関係など、どんな場面においてもなんらかの障壁はつきものです。, 自分にとって問題点や課題であったと思うことを見つけ出し、それに対して自分なりにどのように考え、行動し、乗り越えたのかという次のステップへつなげられることが重要です。, また、問題となるエピソードを作成する際は、その問題に直面したときの感情も添えてみましょう。, 「なかなかうまくいかなかった」と事実だけつづるよりは、「なかなかうまくいかず悔しい思いをした」と感情も含めたほうがより印象深く聞こえるようになります。, どう努力し行動したかという内容から、採用担当者は仕事への姿勢や取り組み方をイメージするのです。, 最終的に取った行動だけではなく、なぜそうするに至ったかという自分の考えを織り交ぜると、思考力や人間性もあわせて伝えることができます。, たとえば、「部員同士がもっと親しくなれるような企画を考えた」と「部員同士の結束力を強めることで、チームとしてより良い成績を残せると思ったので、皆がもっと親しくなれるような企画を考えた」では、結果的に同じ行動を取っていても受ける印象がまったく違います。, 前者よりは後者のほうが、今後のビジョンを捉えた上で行動しているという印象が強くなっているでしょう。, 入社後のほかの社員との関わり方や業務における考え方、立ち回り方を具体的にイメージしてもらうことができるでしょう。, この際に、「~ということについて頑張った」という主観的な表現よりも、「~について3か月間継続して頑張った結果、40点から90点に上がった」というように客観的なデータや数値を盛り込むと効果的です。, たとえば「『あなたのおかげで部員の士気が上がった』と言ってもらえました」というエピソードを入れることで、成果を出せた上、周囲と良好な関係性を築ける人なのだとプラスの印象を与えられます。, これらの方法を用いることで、より説得力が増し、相手を納得させる一因になるでしょう。, 自己PRの最後として、今まで述べた経験から、アピールポイントが入社後にどのように仕事で活かせるかについて言及します。, 仕事での活かし方に触れることで、実際に活躍する姿を相手がイメージしやすくなります。, 企業研究をしっかりしていて志望職種の仕事内容がわかっている場合は、「貴社の〇〇という仕事で、私の気配りができるという強みを活かし~という風に働きたいです」とまで言えると良いでしょう。, 気配りを自己PRする際に、几帳面な気配りや思いやりという言葉を真面目にストレートに使えば、その時点で相手に辟易されてしまう可能性があるのが弱点です。, それだけ、英語力の自己PRなどと違い、人事担当者は気配りや思いやりという言葉をES自己PRなどで日々見聞きしているのです。, ES・面接で気配りや思いやりを長所として自己PRする場合であっても、なるべく言い換えてこだわりある独自の表現を使ったほうが良いでしょう。, 例えば、「人間関係の構築に努力してきた」「常に相手のメリットを考えながらコミュニケーションを取ってきた」などです。, また、人事担当者はその人がその強みで企業に利益をもたらしてくれるのかという視点で見ているため、そういう意味でも単に「気配り/気遣いができる」という長所だけではパンチ不足です。, 問題は、その言葉をいかにして長所として説得力を持たせる書き方や話し方にするかです。, ただ、大学の友人やアルバイトの後輩の相談相手になっているといったレベルの話では、人事担当者の心には響いてきません。, 例えば、「家庭教師バイトで受験生対して自分はこういう気配りをして感謝された」「大学のサークルメンバーにこういう気配りを続けた結果、サークルの雰囲気が良くなった」などといった事柄です。, 大学のでの小さなエピソードでかまわないので、それを思い出して本番前にまとめておきましょう。, いくら口で「自分は思いやりがあります」「気配りができます」と強みを述べて具体的なエピソードを披露したとしても、肝心の面接で気配りや思いやりができていなければ説得力に欠けてしまいます。, 例えば、時間を気にせずに長々と話続けたり、面接会場に到着したのが時間ギリギリだったりすると、気配りや思いやりができる性格というのは口だけかと思われる可能性大です。, 気配りや思いやりという強みを自己PRの材料に使うのであれば、それを誠実な態度で証明しなければなりません。, そのためには、人並み以上に誠実な社会人マナーや相手の反応などには気を使い、失礼がないように思いやりや気配りをする必要があります。, ところで、面接のときに「私は気配りができます」というのは、正直なところあまりいいアピールとは言えません。, この場合、適切なエピソードを伝えないとこの点が判断されないこともありますし、似たようなアピールは結構あるものです。, まず、一つの言い回しとしては「私は周りのことまで考えて行動できるという側面があります」というようなものです。, これは自分のことだけを考えて進むという強さよりも、自分が周りのことも考えて行動できる協調性があることを示します。, このため、どちらかと言えばサポート業務や介護・看護などの献身を求められる業務などで効率よくアピールすることができるでしょう。, もう一つの言い回しとしては「私は現状を把握し、適切に対応することができます」というようなものです。, こちらは前の言い回しより自分の積極性や行動力まで一緒にアピールできますので、どちらかと言えば営業職や技術職など、積極的に動く必要がある仕事で気配りをアピールしたいときに使えるでしょう。, ESや面接で自己PR対策をする際、自分の長所・短所を語るだけで終わったのでは片手落ちです。, 人事担当者は企業の役に立つ人材を探しているので、就職した後に「気配りができる」「思いやりがある」という強みを生かして、自分は例えば何を行いたいのかを自己PRすることが重要になってきます。, 例えば、「顧客の要望に耳を傾け、顧客から必要とされる人材になりたい」とか「相手の立場に立つことのできる営業を行いたい」などがそれに当たります。, 人事担当者がそれを聞いて入社後にあなたが活躍するイメージを想像できるようであれば、採用に一歩近づいたことになります。, そのためにも、ES・面接の前に企業研究を入念に行い、企業の特性と自分の持つ気配りや思いやりという長所が仕事を行う上でどのようにマッチするのかをよく考えておきましょう。, 職場での上司や同僚、後輩への気配り、顧客や取引先への気配りなど、社内外のさまざまなシーンで求められるものです。, 誰もがそれなりに持っていてほしい心構えだからこそ、それを自己PRとして打ち出すには、面接官に「なるほど。」と思わせ、「それは大したものだ。」と心のうちでうならせるようなエピソードが求められます。, さらに気配りができるからなんなのか、仕事にどう活かすことができ、役立てることができるのかも伝えることがポイントです。, どの強みでも同じですが、自己PRでは伝えたいことを最初に結論から述べることが大切です。, まずは、「自分の強みは気配りです。」と結論を述べ、なぜそう考えたのか、わかりやすい理由を明確に伝えましょう。, 気配りができるといっても、いったいどんな気配りができるのか、結論と理由からだけではわかりません。, 自分が気配りを発揮してうまく行ったエピソードや誰かを助けることができたエピソードなどを話しましょう。, 学生時代のサークルや部活動でのエピソードでもよいですし、アルバイトやボランティアでの経験、家族との出来事の中でのエピソードでもかまいません。, ちょっとした優しさや気遣いを超えて、持ち前の気配りを発揮したことで、どのような状況がどう改善したのか、どんな結果に結び付いたのかわかりやすく伝えてください。, 話はダラダラと長くならず、起承転結を基本に、置かれていた状況、困っていたことや課題を述べ、それに対してどう対応することで、どんな結果に至ったのかを簡潔にまとめます。, 社会人なら当然として求められる能力だからこそ、それを強みに打ち出すなら、より具体的に入社後にどう活かせるのかわかりやすく伝えなくてはなりません。, 老人ホームなどで入居者をきめ細かくサポートする、ホテルやレストラン、ショップなどの接客業で顧客一人ひとりに気を配って、おもてなし品質の向上を図るなど、志望する業種や職種、その企業に合わせた活かし方を伝えましょう。, 私は相手のニーズを深く考え、気持ちも理解することで、チームの力を最大限引き出すことができます。, 同じ店舗で長期間働いていたこともあり、2年目からは新人のアルバイトの教育担当、一部新人の正社員の方の教育も担当することになりました。, 本音で話せる関係ができれば、他のアルバイトとのシフトの調整が楽になって私の指示や説得で円滑にシフトが組むことができました。, その結果、アルバイト同士の信頼関係もできてきて、私の指示も必要なく、各メンバーでシフトの調整をしてくれるようになりました。, この経験から、相手の状況や考え、気持ちまで理解する気配りが、大きな差を生んでしまうことを学ぶことができました。, 私が社会人になっても、相手を理解し、気配りを忘れずにチームに貢献できる人材として貴社に貢献したいです。, 1人1人の体調をチェックし、少しでもきつそうであれば声をかけ、水分を取っていない選手にはドリンクを渡すなど、常に部員の体調管理に気を配りました。, 入社後は気配りができることを活かし、チームメンバーでの仕事効率を上げていきたいと思っています。, 昨年、○○豪雨の被災地へ向かったときに、現場はとても忙しく指示待ちのボランティアの方がたくさんいました。, そのような中、私は手が足りていなさそうな場所を自ら判断し、メンバーへ指示を出しながら率先して行動するようにしました。, ですが、気配りがあることをアピールする際にあまり良くない書き方というのもあります。, 中学生のころから柔道をやっており、いろいろな人と関わることで、多くの人と交流を持ち、その中で気遣いを学ぶことができました。, また、柔道は一瞬の行動が試合の勝敗に大きく影響を及ぼしますので、瞬時に判断して適切に対応する能力も育ったと思っています。, この場合は柔道をやっていたことや、瞬時に判断する能力があるということは伝えられるものの、すべて自己判断で、客観的に見てどうなのかという理論建てた側面がわかりにくくなっています。, 具体的にどういうときにどういう風に成功したのか、また、どういう点で対処が必要だったのかというエピソードの部分が大きく欠けています。, 私はサークルでプログラミングをしており、そこでイベントの大会のチームリーダーとして動くことになりました。, その際、周囲のみんなが第一にチームで動くことを考えて、チームで動けるようにまずはルールを明確に決め、その上できちんと動けるように細かい配慮をしたり、適切に対応したりできました。, この場合、チームリーダーとして動いたリーダー経験と、周囲のことを考えて適切に動けるという側面の二つがミスマッチしています。, チームで動けるようにルールを決めたり細かい配慮をしたりしたことは、むしろ気遣いが上手な人というよりは、リーダーシップがあるという側面を前面に押し出したほうがいいでしょう。, ES・面接で数多くある「気配りができる」「思いやりがある」という長所・自己PRの中から自分のものに注目してもらい、採用につなげていくためにはより魅力的で説得力のある内容の文章や話に仕上げる必要があります。, そのためには、「オリジナリティが感じられる言葉のチョイスや言い換え」「具体的なエピソードの例」「入社後の活躍をイメージしてもらいやすい抱負」などいったポイントを意識し、先輩などにチェックしてもらうことが大切です。, 就活系Youtuber「しゅんダイアリー」に聞く!学生目線と企業目線を兼ね備えた必勝内定獲得法.