現在、性別を事故リスクに反映させている保険会社は少ないと考えられます。, ③事故歴 自動車保険の見積もりを行うと最初の方に13か月以内に加入していた保険がないかどうかを選択するようになっていることがあります。 ないならそれでいいのですが中には事情があって数か月空いただけの方なんかもいるでしょう。 自動車保険の平均相場ってやはり気になりますよね。そこで今回は、実際に任意保険の見積・シミュレーションをした保険料を相場として紹介しています。10代・20代・30代・40代・50代・60代・70代の年代別、そして様々な車種の保険料を見積もっているので目安として利用してください。 良くあるのがケースを上げますね。, もったいない! 家族内で一人加入するだけでよい補償の重複加入はお金の無駄なので、家族内で良く話しておく必要があります。, 自動車保険は、「年齢」「等級」と「保険料」の関係をきちんとし理解することで、年齢に応じた保険を安く選べます。, 車の保険料は「年齢」「等級」「車種」など、個人によって変わる条件を照らし合わせる必要があります。, 一度の入力で複数社の保険料を見比べることが出来るので、安い保険を探すなら、先ずは比較しましょう。, 後でと思い、気がつけば更新日ギリギリ!結局そのまま更新なんて事になっていませんか?, 自動車保険の選びかたが分からない…と言う人は、「おすすめ条件」を提示してもらえます。, 車両保険はゆいつ自分の車を補償してくれる保険だから、車が大切ならば加入したほうがいいね!, 殆どのダイレクト型の保険はついているけど、代理店型はオプションの場合があるから気を付けて!, 保険料が安くなるからといって引っ越すわけにはいきませんが、住んでいる都道府県によって若干保険料が変わります。, 30代の自動車保険は、30歳以上・35歳以上と運転者の限定条件にさらなる年齢条件が付けられるようになります。, 年齢条件では一番割引率の高い35歳以上だとしても、「記入被保険者の年齢条件」においては、高齢になるほど保険料は高くなる傾向があります。, ※保険会社は、第三者機関である「損害保険料率算出機構」によって作成したクラスデータを使うため、どの保険会社で加入しても評価はおなじです。, ※積み上げた等級は、他の保険会社に移る場合も受け継ぐことができ、同居の親族に限り「引継ぎ・譲渡」できます。, ※1.30歳以上と35歳以上は、保険会社によって、どちらか一方の選択しかできません。, 家族内で一人加入するだけでよい補償の重複加入はお金の無駄なので、家族内で良く話しておく必要があります。. 21歳~25歳の自動車保険料の相場。安くする方法って? 26歳からの自動車保険の相場。年齢条件を付けるとこんなに安くなる; 30代の自動車保険の相場。30歳、35歳以上の年齢条件はどうなるの? 40代の自動車保険の相場。20等級と新規だといくら違うのか? 【イーデザイン損保公式】車を購入したら、必ず入っておきたい任意の自動車保険。しかし保険料の相場がわからず、「予算をいくらにしておけば良いかわからない」など悩んでいませんか?初めての自動車保険の保険料相場や、保険料を安くする方法をご紹介します。 自動車保険は、補償を充実させるほど保険料が高くなりますが、基本プランや特約、各種割引適用など工夫次第で、保険料を節約できることもあります。そのためには保険のしくみを理解することが大切です。, 万が一の事故に備えるために必要なのが自動車保険です。自動車保険のうち、法律によって加入が義務づけられているのが自賠責保険です。 等級が高い家族の車の保険と 見積もりを取ってみました。, また、21歳で見積もりを取ると 事故にあうリスクが低い=保険金を支払う可能性が低い=保険料が安い, 「事故リスク」がどんな要因で判断されるのかを知れば、保険料の決め方を理解することができます。, ではリスク細分型自動車保険とはどのような保険なのでしょうか? またダイレクト型自動車保険ではクレジットカード払いが簡単で、ポイントも付くためおすすめです。, ここからは各年代毎の保険料の相場をお伝えするため、 車の使用目的により、事故にあうリスクは変わります。保険料を決定するうえで、使用目的は「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務使用」の3つに分けられています。, チューリッヒの場合には、次のように設定されています。次にご説明する⑤年間走行距離その他自動車の使用状況と合わせてリスクをより細分化して反映させる仕組みです。, ⑤年間走行距離その他自動車の使用状況 このページを見られている方は、自動車保険の見直しにかなり高い感度を持っている方だと思います。, そんなあなたでも、「自動車保険を見直すぞ!」と意気込んだは良いものの、こんな疑問にぶち当たっていませんか?, まず押さえておきたいのは、「保険料ってどれくらいかかるの?」というポイントです。自動車保険の見積りはネットで簡単に取れますが、自動車保険も無数にあります。, ネットで取った見積もりの保険料に対して、「高いの?安いの?」という疑問に相場観を持ち合わせておきましょう。, 車種や補償内容などの条件によって保険料は大きく変わってきますが、6万円~18万円が新規の平均的な相場と思っておきましょう。, 「補償の充実度」が同じなのに、上の表では5万円近くの保険料差があります。これは、主に自動車保険会社による保険料の差です。, 全く同じ条件で見積もりを取っても、数万円単位で違う保険料になるのが当たり前なんです。この点は「保険料を安く抑える」ために非常に重要なポイントとなるので、詳しい対策を以降で紹介します。, 自動車保険は非常に高いカスタマイズ性を持っています。保険料を安くしようと思えば極限まで補償を削ることができるし、補償を沢山盛り込むこともできます。, そのため、はじめて自動車保険に入る際には「そんな自由を与えられても、どんなプランが良いのかわからない!」という不安が付きまといます。, 運転しはじめの時期は運転スキルも当然低く、交通事故のリスクも高まります。そこで、必ず「手厚い補償」に入るようにしましょう!, ありがちな「自分に限っては事故をしない!」という考えは極力捨て、「事故は遭うもの」という認識にマインドチェンジしましょう。, 自動車保険の「補償選びの鉄則」は、「貯金で対応できないリスクに補償を掛けること」です。, その基準で全10種類以上の補償内容を精査していくことが、「自分に最適な補償内容」を見つける一番の近道です。詳しくは、以下の記事にまとめています。, ただ、自分ひとりで補償内容を組み立てるのが不安な方には、私が作成したおすすめの補償プランがあります。参考にどうぞ。, そのすべてを知る必要は一切ありませんが、保険料を安くするためにキーとなる部分だけは知っておきましょう。, 詳しく見る必要はありませんが、下表のように1等級~20等級までの「等級」というものが用意されています。, 新規は6等級からスタートして、1年間事故をせずに過ごすと1等級上がり、事故をすると3等級下がる、という昇降運動をしながら20等級まで上り詰めることを目指しましょう。, 自動車の「用途」、つまり「何のために自動車を使っているのか?」によっても保険料は変わります。営業で毎日車を走らせている人は、レジャーでたまにしか乗らない人よりも、事故を起こす確率が高まりますもんね。, 具体的には3つの用途がありますので、下表で確認してください。上から下にかけて使用目的がライトになり、保険料も安くなります。, 各保険会社は、新しいお客さんを喉から手が出るほど欲しがっているので、新規向けの割引というものがいくつかあります。, 自動車保険に新規で加入する際に、家族の車に既に自動車保険が掛かっていれば、13~41%というかなり大きな割引を受けることができるサービスです。, これは前述の「等級制度」を利用しており、通常なら新規で加入すると6等級からスタートする等級が、ひとつお得な7等級からスタートできるという仕組みです。, 良く勘違いされがちですが、1台目にA社の自動車保険を掛けていて、2台目にA社よりも安いB社の自動車保険を掛けるということも全然OKです。, 「1台目と同じ保険会社」に囚われるとお得な保険に加入できませんので、広く色んな自動車保険を探してみましょう。, セカンド―割引については、以下の記事で詳しく紹介しています。もっと知りたいという方はどうぞ。, ネット損保に限った話ですが、一部の自動車保険では、加入1年目は「インターネット割引」で1万円ほどお得になります。, ただし、2年目以降に継続しようとすると割引率が大きく落ちて、2千円~3千円ほどになってしまうことが多いので注意しましょう。, ただ、だからといって「新規だから高くて当たり前」という考え方はナンセンスです。「安い!」とまではいかなくとも、必要最低限の保険料を目指すためのノウハウを紹介します。, 「全く同じ条件」であっても、自動車保険ごとに最大8万円の保険料の差が出ます。つまり、保険料を安くしたいなら、全ての保険料を見積もって安いところを探すことが必要です。, そこで、保険料を節約するために効率的なのが一括見積もりサイトです。私も毎年利用するおすすめなサービスで、これをしっかり利用することが保険料節約のコツです。, 以下の記事では、プロが考え得る限りの「保険料を安くする方法」をリストアップしています。保険料を安くする方法について、もっと詳しく知りたい方はご覧ください。, また、はじめて自動車保険に加入する方は20代の方が多いので、以下の記事も参考になると思います。, 自動車保険の保険料について知った後は、各自動車保険がどんな特徴を持っているのか?を知る必要があります。自動車保険は形がないために「どこに入っても一緒」と思いがちですが、実は全然違います。, 「自動車保険ごとの違い」を知る前提として、まずは一番違いが表れる「自動車保険の分類」について理解しましょう。, 自動車保険には、ネットで加入できる「ネット損保(ダイレクト型)」と代理店の担当を通して加入する「大手損保(代理店型)」があります。, 大手損保の強みは、事故対応力の高さや気軽に相談できる代理店にあります。「安心」を求める方は、保険料は高いですが大手損保がおすすめです。, ネット損保の強みは、保険料の安さです。「安さ」を求める方は、ネット損保がおすすめです。, 以下の記事で、大手損保とネット損保という分類ごとのメリット・デメリットを詳しく比較しています。ただ、上記の内容を把握できれば十分です。, 「大手損保とネット損保」という分類による大まかな違いを把握したところで、今度は個社ごとの自動車保険の違いを把握しましょう。, 以下の5つのポイントで自動車保険を比較したうえで、保険料と見合いで「どの自動車保険にしようか?」を決めましょう。, この考え方をもとに、主要13社について徹底比較・ランキングにしているのが以下の記事です。自動車保険探しの最終段階として見てみてください。, はじめて自動車保険に加入する際に、最後に出てくる疑問が「加入するには、どうやって手続きしたらいいんだろう?」という点です。, そこで最後に、手続きの流れを説明します。各手順において、損をしないために気を付けるポイントも説明するので確認してください。, 保険料が安い自動車保険には理由があり、多くは対価として事故対応力が捨てられています。しっかりと、自動車保険ごとの特徴を把握したうえで、保険料と照らして決めましょう。, 大手損保では、近くの代理店に連絡して加入する必要があります。一括見積もりを取得した場合は、見積結果のメールに返事をすることで担当者が対応してくれます。, 結構なボリュームとなりましたが、この記事を読むことであなたが自動車保険の初心者から詳しい人へランクアップしたことは間違いありません。, 損保会社で事故担当や営業企画を歴任する。大学時代に、行政書士を取得。就職後に、ファイナンシャルプランナーと証券アナリストを取得。趣味は、ジョギングしながら色んなジャンルのYOUTUBE動画を聞き漁ること。, はじめて自動車保険に入る際には「そんな自由を与えられても、どんなプランが良いのかわからない!」という不安が付きまといます, 保険料が安い自動車保険には理由があり、多くは対価として事故対応力が捨てられています.