気になったページを、『お気に入り』や『ブックマーク』に登録される事をお勧めします。. ◇他の患者様と間隔を開ける為、予約の利用をお願いします。 シコリは、筋肉に、極度の負荷がかかった事で、それに耐える為に、筋肉の繊維がピンと紐(ひも)状に強く凝り固まってしまい、元に戻れなくなっているので、上からシコリを触ると、硬く、コリコリと感じられます。 この結果、シコリが、絶えず痛みを発する“痛みの震源地”になったり、痛みの感覚を拡大させる“痛みの増幅器”になったり、痛みを慢性化させる“痛みの悪循環装置”にもなったりします。, このような状態になると、肩甲骨の周りに、特にズキズキとした痛みを感じるようになります。 一部ではありますが、これからインソールの紹介をさせていただきます。 ただ、考えてみてください。 この為、痛みの刺激で、身体を緊張させる交感神経が強く働くと、肩甲骨の周りの血管が収縮して、痛む範囲が拡がったり、姿勢や作業によって、痛む箇所が別の箇所に変化したりします。 足がうまく機能しないと、身体のバランスを保つことができない。 そう、『足』である。 肩甲骨の裏側の筋肉が、肋骨に沿って、ガッチリと喰い込むので、それに合わせて、筋肉が洗濯板のようにデコボコ状になって、硬くなっているからです。 バランスが取れないと疲労が腰・肩・首にも蓄積され、肩こりの原因となると言われています。, 社会から身体の痛み・悩みをなくしたい。そんな想いで開発したテンシャルのインソール。 そう考えればゴリゴリは老廃物である、という解釈もあながち間違いではないといえるでしょう。 足裏のゴリゴリとは!? ”老廃物そのもの”がゴリゴリであるケースも存在しています。 これは特に血流が淀みやすく、なおかつ表層に近い箇所で確認されています。 その典型例が「足裏」で� 老廃物を流す方向. この為、余分な水分が溜まって、背中に「ボテッ」と膨らんだような、「腫れぼったい“むくみ”」を感じたり、老廃物や疲労物質が排出されずに、溜まるので、「重ダルイ」感じや「疲労感」が生じたり、不快さがしつこく続いたります。, そして、この状態が何日も続くと、疲労や緊張が強まった筋肉の中に、『シコリ』ができます。 マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。, ◇室内空気の換気を実施中です。 これは、肩甲骨が、首や腕・胸などの、たくさんの筋肉とバランスを取る、“上半身の中心部分”になっているので、デスクワークによる負荷が大きくなって、耐えられなくなると、身体からのアラームサインとして、痛みが起きる為です。 また、圧迫や刺激を加える時も、触診で確認しながら行うので、患者の負荷が少なく、患者が納得できる“痛キモ”の範囲で済ませる事ができます。, また、当院は、東洋医療の特色であるツボ刺激を利用して、不快な痛みの原因になっている“シコリ”の解消を行っています。 また、不快さを我慢していると、痛みを抑える働きが低下して、「張った」感じや「突っ張った」感じが強まったり、「ジンジン」とした強い不快感が増したりします。, デスクワークをしているうちに、肩甲骨付近の筋肉がコワバッテ、固まってくると、肩甲骨の位置が、本来の位置からズレタ状態になります。 あなたの全体重を支え、すべての動きを助けているのはどこだろう。 ゴリゴリを取り除きたいのであれば、リンパの流れを意識したうえでケアに努めましょう。, こちらの記事では肩こりのゴリゴリを改善するのに効果的とされているマッサージやストレッチ、体操を紹介します。, 入浴や水分補給でリンパの流れを促進する方法も解説するので、ゴリゴリを取り除きたい人は参考にしてください。, 都内整形外科クリニックで理学療法士として従事。一般整形疾患からスポーツ選手のリハビリを担当。, 理学療法士として働く傍ら全国クラブラグビー選手権優勝多数の名目「神奈川タマリバクラブ」のトレーナー、東京かけっこクラブコーチを努める。, 肩こりの解消のためにマッサージをしたときに感じることがあるゴリゴリとした物体の正体は、老廃物が原因で収縮した筋肉です。, 老廃物はそれ自体が毒性を持つことはありません。ただし、老廃物の蓄積によって筋肉を構成する筋線維が収縮すると肉体のパフォーマンスが落ちてしまいます。, 収縮した筋線維は触れたときに痛みや違和感を覚えることがあります。この違和感がゴリゴリとした感触の源です。, ゴリゴリを解消するにはリンパの流れを改善するマッサージを施すのが効果的です。マッサージ以外にも、入浴や水分補給によって改善が期待できます。, 肩こりに伴うゴリゴリの正体である筋線維の過度な収縮状態を解消する際のキーワードが「リンパの流れ」です。, リンパの流れが悪くなっていることが老廃物を蓄積させて、老廃物が筋線維を収縮させる原因になります。, セルフケアでリンパの流れを良くすることが可能なので、ゴリゴリが気になる人は挑戦してみましょう。, マッサージというと多少痛みを感じるくらいが丁度良いと考える人がいるとしたら、リンパマッサージについては誤りです。, リンパが流れているリンパ管は皮膚の比較的表層に近い位置に存在します。そのため、優しく撫でるように揉み込むことで充分に刺激可能です。, リンパ節と呼ばれる部位に向かって、肩周辺の皮膚を撫でてください。肩周辺のリンパ節としては、脇の下や鎖骨が挙げられます。, 膝裏や鼠径部にもリンパ節はあるので、ゴリゴリが下半身にもある人はこれらのリンパ節に向かってマッサージを施し、ゴリゴリ解消に努めてください。, リンパの流れから肩こりのゴリゴリを解消するにはストレッチや体操でコリの原因の筋肉の過剰収縮を取り除くアプローチする方法もあります。, 全身のリンパの流れを良くしたいときは下半身のリンパを促進する体操に挑戦してみてください。, シャワーで済ませるのではなく、しっかり湯船に浸かるようにしてください。湯船に浸かると全身に水圧がかかり、リンパ管が刺激されます。, マッサージは自分の手が届くところしかできませんが、入浴であれば全身のリンパに満遍なく圧力を加えられるというわけです。, ぬるま湯に15分ほど浸かる入浴方法の方が身体を芯から温められることができます。そうすると筋肉が緩み、肩こりのゴリゴリを取り除きやすくなるのです。, リンパマッサージをするタイミングがなかなかみつからないときは、筋肉がほぐれた入浴後に挑戦してみてください。, 水分補給をこまめに行うと老廃物が体内に溜まりにくくなり、ゴリゴリを予防できる可能性が高まる点に注目です。, リンパ管の中を通るリンパ液も血液と同じく、水分で構成された物質です。水分を補給することでリンパ液の素材が増えるわけですから、リンパの流れが促進されやすくなります。, 暖房を利用する時期はただでさえ空気が乾燥しがちなので、リンパからゴリゴリを解消したい人は、こまめな水分補給を心掛けましょう。, 身体の内側からポカポカと温まると汗をかきます。汗として排出された水分をしっかり補給してください。, 肩こりのゴリゴリの正体である筋線維の収縮を取り除く方法としては肩の深部にアプローチするマッサージがあります。, 肩こりがなかなか取れない場合、老廃物が深部に蓄積してゴリゴリを生み出している可能性があるため、深部に効くマッサージで対処しましょう。, やり方としてはまず左腕を前から回して右肩を触ります。このとき、指先は特に肩こりが酷い箇所を触りましょう。, 左手で押さえている箇所が適度に指圧されて、ポカポカと身体が温まってきたらマッサージが上手くいっている証拠といえます。, こちらのマッサージは耳の裏から鎖骨方向のラインにある胸鎖乳突筋を指で押さえて、首を上下に振るマッサージです。, 首を上下に振るときは背筋を伸ばすのがポイントです。5回前後頷きを繰り返しましょう。, あなたの肩こりの原因はどこからきているだろう? エステサロンでリンパマッサージを受けたときに、ゴリゴリした箇所があって「これは何だろう?」と気になったことはありませんか?, 「ゴリゴリは老廃物が溜まったところだから」といわれて、強く押しつぶすようにマッサージされた経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。, そして、ゴリゴリを押されてあまりに痛いと、「本当にこんなに強くマッサージして大丈夫なのかな」と心配になってしまいますよね。, そこでこの記事では、まずリンパマッサージで触れるゴリゴリした箇所の正体を紹介します。, また、ゴリゴリを解消するために、自宅で毎日取り組めるセルフケアもお伝えします。ゴリゴリがいったい何なのか正しくわかり、ゴリゴリにどのように対処すればよいのかも知ることができます。, さらに、ゴリゴリの正体を踏まえて、ゴリゴリを強くもんでも大丈夫なのかどうか説明します。, ゴリゴリを強くほぐそうとするエステサロンも多く存在しますが、これを知っておけば、正しいエステサロン選びの参考になるはずです。, この記事を通して正しい知識が身につき、効果の高いリンパマッサージを受けられるお手伝いができれば幸いです。, リンパマッサージで触れるゴリゴリの最も一般的な正体は筋肉です。筋肉を構成している筋線維が意図せず収縮してしまうことで、ゴリゴリと硬くなってしまうのです。, この2種類の筋線維は、普段は互いに離れていますが、筋肉に常に負荷がかかるような状態になってしまうと、ぎゅっと連結して固まってしまうのです。, こうして、筋線維が固まった状態がゴリゴリの正体です。押すと痛みを伴うこともあります。, 【「ゴリゴリ=老廃物」とよくいわれる理由】 「ゴリゴリは老廃物だ」と言われることがあります。それは、老廃物が、筋肉の収縮の原因になっていることが多いからです。, 老廃物とは、体内で不要になった物質のことを指します。老廃物自体が強い毒性を持つわけではありませんが、老廃物の蓄積は体の機能を低下させる原因になります。, ですから、老廃物が溜まることで、筋肉に余計な負荷がかかり、筋肉が固まってしまうことは充分考えられるわけです。, 「老廃物が原因となってゴリゴリが生じている」と考えると、「ゴリゴリは老廃物だ」という捉え方も、あながち間違いではないと言えるでしょう。, ゴリゴリと硬くなってしまった箇所を解消するには、リンパの流れを良くすることが大切です。リンパの流れが良くなれば、ゴリゴリの原因となっている老廃物を排出しやすくなるからです。, リンパの流れは、セルフケアで改善することができます。3つの方法を紹介しますので、ぜひ日常的に行ってみてください。, ゴリゴリしている箇所とその周辺を、やさしくなでるようにしてリンパマッサージを行いましょう。リンパマッサージによってリンパの流れが促進されるからです。, 力を入れてゴリゴリを無理やりほぐそうとする必要はありません。リンパ管は表皮のすぐ下を通っていますので、なでるだけでもリンパの流れは充分に改善され、それに伴って老廃物の排出が促進されます。力を入れすぎると、組織が傷ついて逆効果になることがありますので、あくまでやさしくマッサージしてください。, ポイントは、最も近くにある大きなリンパ節に向かってマッサージをしていくことです。大きなリンパ節は、鎖骨、脇の下、膝裏、鼠径部にあります。例えばふくらはぎのマッサージなら膝裏に向かって、腕のマッサージなら脇の下に向かって、なでるようにマッサージを行いましょう。, シャワーで済ませず、湯船につかって体をしっかり温めましょう。湯船につかるだけでも、リンパの流れが促進されるからです。, 湯船につかることで、全身に水圧がかかります。水圧がかかることで、リンパ管にも圧がかかりますので、マッサージと似たような効果が得られてリンパが流れやすくなるのです。, また体を芯から温めることで、血行が良くなり、筋肉の緊張が緩みます。ゴリゴリは筋肉が固まったものですから、体が温まることでゴリゴリも解消しやすくなります。, 2-1で紹介したリンパマッサージも、お風呂上がりに行うのがおすすめです。お風呂で体を温めてからリンパマッサージをすると、既にリンパの流れが良くなっている状態ですので、さらに高い効果が得られます。, 水分補給をしっかり行いましょう。水分を摂ることで、それだけ老廃物も流れやすくなるからです。, 補給された水分は、血液やリンパとなって、全身に栄養や酸素を届ける役割を果たします。充分に水分補給を行うことで、体中に必要なものが行き渡るのです。また、水分が増えることでリンパが増えて、溜まった老廃物を流しやすくなります。適度な水分補給は、それ自体がデトックスになるのです。, 2-1のリンパマッサージを行う前後にも水分補給をしましょう。マッサージの前後に各コップ1杯程度の水分を飲むことで、老廃物の排出が促進されて、マッサージの効果を高めることができます。, ゴリゴリは、エステサロンのリンパマッサージでも解消できます。高い技術を持ったプロにマッサージしてもらえば、セルフケア以上に高い効果が得られるでしょう。, しかし、エステサロンでリンパマッサージを受ける場合に、気をつけることが1つあります。それは、ゴリゴリした箇所を強く押しつぶすようにマッサージするエステサロンは避けるべきだということです。力を入れて押さなくてもリンパマッサージの効果は得られますし、力を入れすぎるとかえって悪影響が生じるおそれがあるからです。, 1章でお伝えしたように、ゴリゴリの正体は筋肉です。力をかけすぎてしまうと、筋線維が傷ついて、マッサージ後も痛みが残ってしまう恐れがあります。また、毛細血管が損傷して、内出血やあざができてしまうこともあります。2-1で説明した通り、強い圧をかけなくても、なでる程度の圧でリンパは流れますので、力を入れてマッサージする必要はないのです。, サロンによっては、ツボ押しなど別の施術を組み合わせて行っている可能性がありますので、圧が強いこと自体が間違いとは断言できません。しかし、「ゴリゴリした箇所は老廃物だからしっかり揉みほぐした方が良い」などと、むやみに力を入れてマッサージを行うエステサロンの場合、知識や技術の面で不安が残ります。, ※出典:消費者庁平成29年5月26日付ニュースリリース「法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術は慎重に」, リンパマッサージには法的な資格制度がないこともあって、技術レベルはまちまちです。むやみに力を込めてマッサージするエステサロンは、身体のしくみをよく理解しないまま危険なマッサージを行っている可能性もあります。, 本来、リンパマッサージは痛くないものなのです。エステサロンに通う場合、実際に施術を受けて「痛みがきつかった」と感じるエステサロンや、施術の翌日まで痛みが残ってしまうようなエステサロンは、避けることをおすすめします。, また、そもそもゴリゴリした箇所に強い違和感があったり、痛んだりするようであれば、医療機関を受信するようにしてください。それが病気の症状の可能性もあるからです。, リンパマッサージでのゴリゴリの正体は、筋肉が意図せず収縮してしまったものです。「ゴリゴリは老廃物だ」といわれることがありますが、老廃物はゴリゴリの原因になっていると考えられます。, 繰り返しますが、ゴリゴリを強く押しつぶすようにマッサージするエステサロンは避けましょう。, 本来、リンパマッサージは痛みの強いものではなく、なでる程度の力で充分効果があります。, 効果的なリンパマッサージを行ってくれるエステサロンに巡り合えるよう、お祈りしています。, リンパマッサージは自分でも行えるものの、熟練のプロの施術はやはり違います。力を抜いてリラックスしたところを、優しく、それでいてしっかりとリンパを流してもらうことは、至福のリラクゼーション体験になるでしょう。, ぜひ一度リンパマッサージにトライしてみませんか?マッサージ・リラクゼーションサロンの検索・予約サイト『EPARKリラク&エステ』なら、お近くのリンパマッサージサロンを探すことができます。さらに施術が割引になるキャンペーンや、新規のお客さま限定のお得なクーポンも利用できます。, 気になった方は以下のボタンから『EPARKリラク&エステ』のページをご覧になってみてください。, 体に癒しと健康を!『EPARKリラク&エステ』は、マッサージ・リラクゼーション・エステ・フィットネスクラブの検索・予約ができるサイトです。私たち編集部は、癒しと健康に関するコラムから専門的な記事まで、主に読み物の制作を担当しています。. リンパマッサージで触れるゴリゴリの最も一般的な正体は筋肉です。筋肉を構成している筋線維が意図せず収縮してしまうことで、ゴリゴリと硬くなってしまうのです, 水圧がかかることで、リンパ管にも圧がかかりますので、マッサージと似たような効果が得られてリンパが流れやすくなる, 強い圧をかけなくても、なでる程度の圧でリンパは流れますので、力を入れてマッサージする必要はない, エステサロンに通う場合、実際に施術を受けて「痛みがきつかった」と感じるエステサロンや、施術の翌日まで痛みが残ってしまうようなエステサロンは、避けること, ゴリゴリした箇所に強い違和感があったり、痛んだりするようであれば、医療機関を受信するようにしてください, 消費者庁平成29年5月26日付ニュースリリース「法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術は慎重に」. バンザイをしても、腕が挙がらなかったり、腕を背中に廻そうとしても、廻らなくなったりするので、「背中の上に鉄板が張り付いた」ように感じられます。 背中に溜まった老廃物をいち早く排出するためには、背中の筋肉のこりをほぐして血液やリンパの流れをスムーズにすることです。 なかでもマッサージやストレッチは、背中のコリをほぐしたり脂肪燃焼率アップには効果的ですよ。 このようなシコリは、筋肉に負荷がかかり続けると、身体のどこでも生じるので、肩こり、頭痛、腰痛、膝痛などのように、痛みや不調が続くと、その近くにシコリが現れます。, シコリができると、『疼痛(とうつう)』が生じ、何もしていなくても、「ジクジクとした疼き」や、「ズキズキとした痛み」、「チクチクと神経が刺激される感じ」、などがしてきます。 この為、腕を大きく動かすと、デコボコ状になった筋肉が、肋骨を乗り越える時に、ゴリゴリと摩擦音を発するようになります。, 背中の疲労や凝りは、背部なので、自分で確認できませんし、自分で筋肉の伸び縮み運動をしても、解消するのが困難です。 この結果、肩甲骨が肩方向で引っかかったようになり、あまり自覚される事はありませんが、肩甲骨が動きづらくなり、肩の後ろ側で、多少、ジンジンと軽い痛みを感じる事があります。, このような、肩甲骨の位置が本来の位置からズレテ、動きづらくなった状態を、『さびつき肩甲骨』と言います。 肩こりのゴリゴリの正体は老廃物の蓄積によって引き起こされる筋線維の収縮です。収縮した筋線維に触れたとき、ゴリゴリとした感触を覚えます。ゴリゴリを取り除くために必要なリンパへのアプローチや肩の深部に効くマッサージについて見ていきましょう。 “シコリ”内部の、老廃物が排出され、減少してくると、背中の「張った」感じや、「突っ張った」感じが弱まり、「ジンジン」とした強い不快感も無くなっていくので、患者自身も、治療効果が実感できます。, 東洋医療に基づいたマッサージ治療は、身体の疼痛の緩和や解消、可動域の改善に効果を上げ、スポーツやリハビリなどで、広く利用されています。 All rights reserved. リンパマッサージで触れるゴリゴリの最も一般的な正体は筋肉です。筋肉を構成している筋線維が意図せず収縮してしまうことで、ゴリゴリと硬くなってしまうのです。 筋線維には、「アクチン線維」と「ミオチン線維」の2種類があります。 この2種類の筋線維は、普段は互いに離れていますが、筋肉に常に負荷がかかるような状態になってしまうと、ぎゅっと連結して固まってしまうのです。 こうして、筋線維が固まった状態が … それでは、背中の老廃物の流し方についてご案内します。 背中は、写真の黒いラインの上と下の部分で分け、それぞれ1番近いリンパ節に流します。 黒いラインから上は、「鎖骨リンパ節」に向かって流します。 しかも、肩甲骨を支える筋肉は、30歳くらいをピークにして、少しずつ硬くなってくるので、中高年以降になって、日常の動作で肩甲骨まわりの筋肉をあまり使う事が無いと、それだけ血液の流れが悪くなって、痛みが起き易くなります。, また、デスクワークが、片手の操作が多くなっている事も、痛みを起こします。 デスクワークで、毎日長時間、ずっと同じ姿勢で作業を続けていると、首や肩だけでなく、背中の筋肉も、次第に重たく感じるようになり、そして、ジクジクとした不快な痛みも出てきます。, 肩甲骨の付近の筋肉のコワバリから、『さびつき肩甲骨』や『ゴリゴリ音』が起きてくると、「慢性的な疲労感」、「しつこくて、強い凝り感」、「ズキズキとする痛み」などで、絶えず悩まされるようになります。, 解消させるには、肩甲骨の周りの筋肉の“コワバリ”と、内部にできた“シコリ”をチェックして、回復させていく事が必要になるので、不調時に現れる反応点を活用する東洋医療系のマッサージ治療が、安全で、効果的です。, デスクワークで、前かがみになって、ずっと同じ姿勢で作業を続けていると、背中にも、次第に、「重ダルイ」、「腫れぼったい」、などの、『不快感』が起きてきます。 しかし、痛みが起きるのは、負荷が多くなる側だけでなく、反対の肩甲骨側も、あまりにジッと固定した状態が続くと、肩こりと同じように、血流の悪化から、痛み出します。, しかも、肩甲骨特徴として、肩甲骨が筋肉に付着する部分、筋肉と筋肉が連結する部分、背骨に続く部分、また、動作をする為にストレスのかかりやすい部分などが、多くあります。 両手をバランス良く使えないので、「利き腕だけを使っていたり」、「作業の都合で片側の手で操作を続けていたり」するので、どうしても片側の肩甲骨に負荷が多くなる為です。 これは、本来ならば筋肉の内部を、血液やリンパ液が流れているはずですが、シコリによって血流が遮断されるので、酸素の供給が不足したり、老廃物が排出しづらくなったりして、神経が刺激されて、過敏になり、チョッとした事でも痛みの信号を出し続けるからです。 © Copyright 2020 本八幡(市川市)マッサージ専門【 ファミリー治療院 】. 背中の凝りから、肩甲骨のさびつきやゴリゴリ音などが現れると、凝り、疲労感、痛み、などで悩まされます。回復させるには、肩甲骨周りの筋肉のコワバリ状態をチェックして回復させる事と、筋肉内部にできているシコリを解消させる事が、何より必要です。 悪い姿勢、長時間のPC作業、重い物の持ち運び、などたくさんの原因はある。 ◇発熱や咳などの症状がある方は、ご来院をお控え下さい。, マッサージの症例記事を見た後に、再訪問される方が多くなっています。 背中のリンパマッサージによって、背中に溜まっていた老廃物が流されて、背中とつながっている首や肩のこりが解消されます。 2-2.ダイエット効果. ◇施術中は、マスクを着用させて頂きます。 © Copyright 2018マッサージとリラクゼーションの注目記事一覧|EPARKリラク&エステAll Rights Reserved. デスクワークで、前かがみになって、ずっと同じ姿勢で作業を続けていると、背中にも、次第に、「重ダルイ」、「腫れぼったい」、などの、『不快感』が起きてきます。, これは、身体を動かす事が無く、ジッと固定した姿勢でいるので、背中の、血液やリンパ液を押し流す筋肉の働きが低下して、皮膚の下に、老廃物や疲労物質が含まれた、余分な水分が溜まってくるからです, この為、余分な水分が溜まって、背中に「ボテッ」と膨らんだような、「腫れぼったい“むくみ”」を感じたり、老廃物や疲労物質が排出されずに、溜まるので、「重ダルイ」感じや「疲労感」が生じたり、不快さがしつこく続いたります。, そして、この状態が何日も続くと、疲労や緊張が強まった筋肉の中に、『シコリ』ができます。, シコリは、筋肉に、極度の負荷がかかった事で、それに耐える為に、筋肉の繊維がピンと紐(ひも)状に強く凝り固まってしまい、元に戻れなくなっているので、上からシコリを触ると、硬く、コリコリと感じられます。, このようなシコリは、筋肉に負荷がかかり続けると、身体のどこでも生じるので、肩こり、頭痛、腰痛、膝痛などのように、痛みや不調が続くと、その近くにシコリが現れます。, シコリができると、『疼痛(とうつう)』が生じ、何もしていなくても、「ジクジクとした疼き」や、「, これは、本来ならば筋肉の内部を、血液やリンパ液が流れているはずですが、シコリによって血流が遮断されるので、酸素の供給が不足したり、老廃物が排出しづらくなったりして、神経が刺激されて、過敏になり、チョッとした事でも痛みの信号を出し続けるからです。, この結果、シコリが、絶えず痛みを発する“痛みの震源地”になったり、痛みの感覚を拡大させる“痛みの増幅器”になったり、痛みを慢性化させる“痛みの悪循環装置”にもなったりします。, このような状態になると、肩甲骨の周りに、特にズキズキとした痛みを感じるようになります。, 肩甲骨が、首や腕・胸などの、たくさんの筋肉とバランスを取る、“上半身の中心部分”になっているので、デスクワークによる負荷が大きくなって、耐えられなくなると、身体からのアラームサインとして、痛みが起きる為です, しかも、肩甲骨を支える筋肉は、30歳くらいをピークにして、少しずつ硬くなってくるので、中高年以降になって、日常の動作で肩甲骨まわりの筋肉をあまり使う事が無いと、それだけ血液の流れが悪くなって、痛みが起き易くなります。, 両手をバランス良く使えないので、「利き腕だけを使っていたり」、「作業の都合で片側の手で操作を続けていたり」するので、どうしても片側の肩甲骨に負荷が多くなる為です。, しかし、痛みが起きるのは、負荷が多くなる側だけでなく、反対の肩甲骨側も、あまりにジッと固定した状態が続くと、肩こりと同じように、血流の悪化から、痛み出します。, しかも、肩甲骨特徴として、肩甲骨が筋肉に付着する部分、筋肉と筋肉が連結する部分、背骨に続く部分、また、動作をする為にストレスのかかりやすい部分などが、多くあります。, この為、痛みの刺激で、身体を緊張させる交感神経が強く働くと、肩甲骨の周りの血管が収縮して、痛む範囲が拡がったり、姿勢や作業によって、痛む箇所が別の箇所に変化したりします。, また、不快さを我慢していると、痛みを抑える働きが低下して、「張った」感じや「突っ張った」感じが強まったり、「ジンジン」とした強い不快感が増したりします。, デスクワークをしているうちに、肩甲骨付近の筋肉がコワバッテ、固まってくると、肩甲骨の位置が、本来の位置からズレタ状態になります。, 前かがみ(猫背)になって、顔と腕を前方に突き出す恰好になるので、それによって肩が前方に突き出て、肩甲骨も肩方向に引っ張られる状態になり、ずっと固定化されるからです。, この結果、肩甲骨が肩方向で引っかかったようになり、あまり自覚される事はありませんが、肩甲骨が動きづらくなり、肩の後ろ側で、多少、ジンジンと軽い痛みを感じる事があります。, バンザイをしても、腕が挙がらなかったり、腕を背中に廻そうとしても、廻らなくなったりするので、「背中の上に鉄板が張り付いた」ように感じられます。, 『さびつき肩甲骨』の状態になると、肩甲骨がズレタまま戻らなくなるので、周囲の多くの筋肉が、余計に血行が悪くなるので、凝りや痛みが続くようになります。, 肩甲骨の裏側の筋肉が、肋骨に沿って、ガッチリと喰い込むので、それに合わせて、筋肉が洗濯板のようにデコボコ状になって、硬くなっているからです。, この為、腕を大きく動かすと、デコボコ状になった筋肉が、肋骨を乗り越える時に、ゴリゴリと摩擦音を発するようになります。, 背中の疲労や凝りは、背部なので、自分で確認できませんし、自分で筋肉の伸び縮み運動をしても、解消するのが困難です。, しかも、『さびつき肩甲骨』や『ゴリゴリ音』が出る状態になっていると、肩甲骨の周りの筋肉が、肩甲骨にガッチリと凝り固まっているので、そこから伸びる背部の筋肉も、凝りが酷くなっています。, 肩甲骨の周りの筋肉のコワバリをチェックして回復させる事と、筋肉内部にできている“シコリ”を解消させる事が重要です, 当院は、このような『さびつき肩甲骨』や、『ゴリゴリ音』がする、背中の凝りや疲労に、マッサージ治療にツボ治療を加えて、症状の解消を行っています。, 触診やツボ反応で、患部を確認しながら治療を行うので、広範囲で、種類が多く、何層にもなっている、背中の筋肉でも、患部の特定が可能です。, また、圧迫や刺激を加える時も、触診で確認しながら行うので、患者の負荷が少なく、患者が納得できる“痛キモ”の範囲で済ませる事ができます。, また、当院は、東洋医療の特色であるツボ刺激を利用して、不快な痛みの原因になっている“シコリ”の解消を行っています。, ツボ刺激によって、神経の過敏状態を解消させて、筋肉のコワバリを無くし、シコリ周辺の血行を回復させていくので、“シコリ”を解消させるのに効果があります。, “シコリ”内部の、老廃物が排出され、減少してくると、背中の「張った」感じや、「突っ張った」感じが弱まり、「ジンジン」とした強い不快感も無くなっていくので、患者自身も、治療効果が実感できます。, 東洋医療に基づいたマッサージ治療は、身体の疼痛の緩和や解消、可動域の改善に効果を上げ、スポーツやリハビリなどで、広く利用されています。, 当院も、昔から利用されている東洋医療に、現代の手技療法を取入れ、安全に、効果的に、背中の凝りや痛みを取り除く治療を行っています。.