比較することが悪いわけではなく、比較をしたときに、自分の気持ちがど... 末期のスキルス胃がんと診断され、主治医が私にした食事のアドバイスは2つしかありません。 私は胃摘をしていないステージ4の胃がん患者です。食事に関して、主治医からのアドバイスは2つしかありません。主治医はこれまで多くのがん患者を診てきて、がん患者がどんな行動をし、その結果どうなったのかよく知っています。だからこそ2つのアドバイス 胃がんで入院生活がはじまり、病院食があまり美味しくないことに動揺。栄養のバランスなど体に良いとは思うけど、さすがにこ... パクリタキセル(タキソール) }, 抗がん剤・放射線治療中のがん患者さんと家族の声をもとに、医師・看護師・栄養士さんが考えたレシピ本。11の副作用・症状別に、作りやすい1人前の分量で176品をオールカラーで収録。生活に関するアドバイスも多数掲載。. ( ゚ ω ゚ )!!もしかして…!? その結果、情報や知識よりも大切なことを... 私は、嫁と生活習慣を改善しながら、二人とも生涯健康で寿命まで生きると決めています。その中で、食生活は嫁が中心となって改善を担当をしてくれています。 平八郎. 胃がんが進行して末期の状態になると、胃から栄養の吸収をすることや、胃で食べものの消化をすることが困難になってしまいます。また、食べ物が胃を通りにくくなってしまうことで吐き気をもよおしたり、食欲不振に陥ったりすることもあります。そのため、胃がんの末期では体重の著しい低下がみられるようになります。 胃がん末期には、体の組織の水分調節機能もうまく働かなくなってしまうため、腹水も溜まりやすくなります。腹水が溜まると腹部の膨満感や足のむくみ、排尿障害などが起こるこ … ラムシルマブ(サイラムザ) .hide-if-no-js { いろんな失敗をし、よく考えてみると、エビデ... 食生活を改善するとき、入院中に看護師さんと管理栄養士さんに教えてもらった「2つのこと」を守っています。シンプルな発想・考え方だけど、とても大切なこと。あまり... 末期の胃がんと診断されたとき、私は精神が崩壊しそうになりました。余命半年という限られた時間にはじめた読書は、私の精神をつなぎとめ、いろんなものを手に入れるこ... ステージ4の胃がんの私が、食生活を改善するのに参考にしている4つの超おすすめサイト+1です。 それからコツコツと食生活の改善を続け、余命半年だった闘病生活ももう... 病院食、まっずー。(; ・`д・´) 胃がんのステージ4になると、 腰に痛みを感じるようになる、 閉塞症状が現れるなどさまざまな症状が挙げられます。 これらはすべて 腫瘍の拡大に伴う症状であるということができます。 ステージ4の段階まで胃がんが進行する前に、 ビリティについて, 財団ホームページ(新しいウインドウが開きます). こんにちは。加藤隆佑です。がん治療専門医として、小樽協会病院という総合病院で勤務しています。, 胃がんのステージ4で、手術ができない状況ですと、長くは生きられないと、途方にくれているかもしれません。しかし、必ずしも、そうではありません。, たとえ、抗がん剤治療ができないような、末期の状態であっても、よりよい状態にもっていくことは、できます。余命宣告をされていたとしても、余命をさらに伸ばすことは、できるのです。, また、あなたが、副作用で苦しんでいるならば、もっと楽に治療を受けることも、できるようになります。, そこで、私の17年間の胃がん治療の経験を踏まえて、胃がんをさらに小さくするために、すべきことを、書いていきます。, ステージ4の胃がんでは、肝臓、肺、腹膜、複数のリンパ節に、がん細胞がある状態のことです。がん細胞が、体に広く散らばっていると予想されます。, 一方で、抗がん剤であれば、血流にのって、体中にひろがったがん細胞に、がんを倒す薬の成分を、行き渡らせることができます。, うまく抗がん剤が効いてくれると、がんを抑えることに、非常に役立ちます。抗がん剤は、必要な治療の1つであることは、明白でしょう。, その治療により、体に広く散らばっているがんが、制御できたと予想される場合は、根治を目指した手術が、なされることも、あります。, その理由をお伝えするために、胃がんの抗がん剤治療について、知って欲しいことがあります。, TS-1(もしくはゼローダ)+シスプラチン(もしくはオキサリプラチン) スキルス、肝転移、末期、余命半年…。寛解させるため「考えたこと・やったこと・その結果」を具体的に公開するブログ。, 私は胃摘をしていないステージ4の胃がん患者です。食事に関して、主治医からのアドバイスは2つしかありません。, 主治医はこれまで多くのがん患者を診てきて、がん患者がどんな行動をし、その結果どうなったのかよく知っています。だからこそ2つのアドバイスには大切な理由があり、いろんなことを学びました。, がんになると、ほとんどの人が食事・食べ物に気をつかうと思います。これ自体、悪いことじゃないと思います。主治医も否定しません。, ただ、あまりにもこだわる人が多く、「免疫力が上がる」「効く・効果がある」「治る」と思い込んでしまうこと、偏った情報・考え方に問題があると教えてもらいました。, 特定の食材だけを大量に食べはじめる。または厳選しすぎて食べられる食品が少なくなる。そして見事に栄養のバランスを崩し体調が悪くなる。というより、自ら衰弱していくという失敗を私はしています。, 健康な体にするにはトータルバランスが大切で、他にもするべきことはたくさんあります。小さなことにこだわらず、いろんな角度から自分の体を健康にしていくことを学びました。, この思考を、主治医は「治療から逃げる」と表現します。「依存しはじめる」「頼りはじめる」も同じ意味で、いつのまにか闘病から逃げる思考になると教えてもらいました。, 胃摘した・していないに拘らず、自分に合った食事・食生活を見つけるのは大変なことです。それを間違った知識・考え方で改悪していくと、どんどん不健康になっていきます。, がんを治す・克服するのは自分と考え、自立した生活を目指すこと。病院はそのサポートをしてもらうところで、治療中に相談して解決していくことを学びました。, こんな感じ↑で少しずつステップアップしていき、いまでは胃がんになる前と同じような食事ができるまで回復しています。, 最後までご覧いただき、ありがとうございました。どんな情報・知恵・工夫・アイデアでも、ご存知の方はこの記事にコメントまたは連絡・お問い合わせから教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。, 生活習慣の改善, 失敗したこと, 食べているもの・レシピ がん患者専用の食堂に行って、メニューを見ながらオーダーする。そんな感覚で嫁に料理をリクエストして、調子に乗るなと言われ... インチキ治療さすがに、クリニックだけかと思っていたら、最近だと、大学病院や一般病院まで一部始めている。病院経営も苦しいので、インチキ自由診療のほうが、利益率... 四 餃子は、キャベツ・... よく見かける「2人に1人が癌になる」というフレーズ。これは本当なのか?根拠になっている統計データを調べてみました。 5  +  こんにちは。加藤隆佑です。がん治療専門医として、小樽協会病院という総合病院で勤務しています。さて、今日は、胃がんについてのお話です。胃がんのステージ4で、手術ができない状況ですと、長くは生きられないと、途方にくれているかもしれません。  =  TS-1単剤, ちなみに、胃がんの10~20%では、「HER2(ハーツー)」と呼ばれるたんぱく質が、検出されます。その場合は、ハーセプチンやエンハーツという分子標的薬が、併用されます。, 残念ながら、それほどの効果は期待できません。これらの治療法しか残っていないことになると、治療に手詰まり感を感じます。, また、副作用に耐えられる体力が、それほどない方は、以下の3つの抗がん剤による治療に、なることが多いです。, 読んで気づかれたかもしれませんが、胃がんの治療では、抗がん剤の選択肢が、多くはないという問題点が、あります。, 副作用に耐えられる体力がない方は、抗がん剤を受けるべきではないとも言えるでしょう。, オプジーボとは、免疫チェックポイント阻害薬に分類される薬です。免疫療法の1つと言えるでしょう。, つまり、オプジーボの治療を受けても、平均4週間から6週間は、胃がんは、大きくなり続けることが、多いのです。, オプジーボの治療を受けて、4週くらいして、CTで検査をしたときに、がんが大きくなっていても、がっくりしないでください。, また、効果がでるまでに、時間がかかることを考慮すると、以下のようなことが、言えます。, がんが、非常に切羽詰まった状況では、オプジーボではなく、もっと効果の早くでる抗がん剤を、用いた方がよい。, ところで、免疫が疲弊している状態ですと、オプジーボの効果が十分にでないという報告もあります。, 免疫の状態を良くすることは、漢方といった東洋医学的な治療が得意とする分野になります。, 免疫状態を良くする漢方を併用すると、オプジーボの治療効果は、良くなる傾向があります。, また、オプジーボと兄弟的な薬として、キートルーダという薬が用いられることもあります。, CTや、腫瘍マーカーの数値で、がんの増殖が抑えられていれば、抗がん剤の効果はあると判定されます。, がんの勢いが強く、切羽詰まった状態の時もあります。その場合は、2ヶ月よりもっと短い期間で、抗がん剤の効果判定をします。, 「もっと早い段階で抗がん剤の効果判定を行い、別の抗がん剤を変更しておけば、もっと長く元気に過ごすことができたかもしれない。」ということも、あるということです。, 抗がん剤治療を受けている最中の定期検査の結果で、腫瘍マーカーが少し上昇することがあります。腫瘍マーカが少し上がった程度では、不安に思う必要はありません。, たとえ、正常域内であったとしても、右肩上がりに、腫瘍マーカーが上昇するときは、がんが成長している兆候であることが多いです。, 先ほど、お話したように、胃がんの治療では、抗がん剤の選択肢が、それほど多くはないという問題点が、あります。, さて、上記のデータは、2006年から2008年の間に、胃がんの診断や治療を受けた患者様に基づいたデータです。, つまり、10年前の治療に基づくものですので、現在の発達した治療であれば、よりよい治療成績になっています。, ステージ4であっても、数年にわたって、元気にされている人はいます。中には、完治に持ってこれるケースも、あります。, 一方で、全身に転移して食事もほとんど食べられない状態のステージ4ですと、数週間しか生きられない人もいます。, そして、工夫をすることにより、さらに、生存期間を伸ばせることは、様々な医学データから判明しています。, さて、ステージ4でも、画像上、がんが、指摘できない状態に持っていく事ができるケースもあります。, ステージ4でも治ることがあるということを示すために、胃がんよりも、難治性のがんである、膵臓がんを例にだして、お話しします。, しかし、すい臓のがんの部分は、大血管を巻き込んでいて、手術では、とれない状態。しかし、これ以上の抗がん剤治療の継続は困難であり、手術を試みることになる。, 手術で、お腹の中を見てみると、血管を巻き込んでいる部分は、がんではなく、治療により繊維化した部分であることが、判明。, 今回は、膵臓がんを例に説明しましたが、胃がんのステージ4でも完治する方はいるのです。, さて、このような、良い治療結果にしていくためには、病院の治療だけを受けていれば良いわけではありません。, また、東洋医学を併用すると、よりよい治療結果につながるというデータも、複数あります。, 煎じる漢方の場合は、以下のような漢方を、ヤカンなどで煮出して、煮出した液体だけを飲みます。, 購入に関してですが、保険診療の中で処方してもらえる、漢方もあれば、保険の効かない漢方もあります。, 一方で、漢方やハイパーサミアは、十分に普及していないのも、事実です。主治医は、これらの治療のことを知らないがために、「そんな治療は、役に立たない」と言われる方も、います。, しかし、効果を肌身で感じてからは、「ハイパーサーミア」や「漢方」は、非常に有効な治療の1つと確信しました。, 再発した子宮頸がんに対して、抗がん剤と放射線治療を行うものの、がんは、増大してしまう。, 今回ご紹介した事例は、子宮がんでしたが、胃がんであっても、漢方は、非常に有効な治療手段です。, 病院の治療は、データも豊富であり、重要な治療法であることは、事実です。その治療法を軸にしつつ、「ハイパーサーミア」や「漢方」といった枝葉をつけると、もっとよいです。, しかし、専門医をとり、ある程度のことができるようになった頃より、がんの治療に、大きな疑問を感じるようになりました。, 治療の結果、副作用に悩まされる人が大勢いる。ベストの治療をしても、患者さんは、必ずしも幸せになってくれない。, このような思いに、悩まされるように、なったのです。そこで、いろんな治療法を勉強しました。, 患者さんや、そのご家族の不安を取り除くための、カウンセリングのトレーニングを受けました。, また、いろんな治療法を学ぶ過程で、漢方、食事療法、そしてハイパーサーミアは効果があり、再現性のある治療法であることを、知ることができました。, このような経緯があり、現在は、西洋医学に、漢方、食事療法、そしてハイパーサーミアを組み込んだ治療を、提案しています。, たとえ、ステージ4のがんであったとしても、完治にもっていく確率をあげることができます。, そして、がんになっても、毎日の生活に楽しみを持ちながら、生活を送って欲しいと思います。, 特に髪の毛、口や消化管などの粘膜、あるいは血球をつくる骨髄は、影響を受けやすいです。その結果、脱毛、口内炎、下痢が起こったり、白血球の数が少なくなることがあります。, また、全身のだるさ、吐き気、手足のはれ、しびれ、動悸(どうき)、肝機能障害、腎機能障害が出ることもあります。, 副作用がひどいと、体力を消耗するからです。高齢の方ですと、そのことがきっかけで、寝たきりになることもあります。, そのようなことを避けるために、あなたが、辛いと思っている副作用を、主治医に、しっかり伝えましょう。そして、副作用をとってもらいましょう。, 例えば、以前は、吐き気で悩まれる方が、非常に多かったです。しかし、最近は、そのようなことは、減りました。非常によく効く、吐き気止めの薬が、使えるようになったからです。, 以前とは、比べものにならないくらいに、吐き気に悩まされずに、治療を受けられるようになっています。, そのような事実があるにもかかわらず、吐き気に悩まされながら治療を受けられている方がいるのも、事実です。, 普段から、医師とのコミュニケーションを、しっかりとることが、必要です。コミュニケーションを取っても、副作用がとれない場合は、セカンドオピニオンで、他の医師の意見を聞きましょう。, 抗がん剤は、体重と身長から、投与量を計算しますので、体重が減ったならば、抗がん剤の量を、減量しないといけません。, しかし、体重が減ったにも関わらず、減る前の体重から計算された量の抗がん剤が、投与されていることがあるのです。, 体重の1キロ程度の減少は、気にしなくてもよいですが、それ以上の体重の減少のときは、主治医に伝えるべきです。, そして、抗がん剤で体が弱り、治療を受けた事を後悔する事だけは、避けないといけません。, エレンタールという栄養ドリンクがあります。これを飲むと、抗がん剤によってできる口内炎を減らすことができるというデータがあります。, データの数は少ないのですが、その効果を実感して、診療に利用している病院も複数あります。, ちなみに、私は、広くは普及していない治療方法であったとしても、しっかりリサーチします。, しかし、その薬を主治医が適切に用いることができないために、吐き気を取り除けないケースを、たまに見かけます。, そのような可能性があるときには、セカンドオピニオンなどで、他の医師の意見を仰ぐと、よいでしょう。, また、あなたが、吐き気で辛い事を、伝えたつもりでも、伝わっていないことは、多いです。, そのような場合は、主治医に伝えたいことを、短い手紙に書いて、外来の診察の前に渡すとよいでしょう。, あらゆる手段を使って、吐き気を楽にしましょう。体力が低下するので、必ず解決しないといけない副作用の1つです。そして、大半のケースで、解決できます。, 胃がんで、よく用いられる抗がん剤の1つであるアブラキサンや、パクリタキセルには、特に注意しないといけない副作用があります。, 後遺症としてしびれが残り、自分で歩く事が困難になったり、ボタンを自分でつけれなくなることもあります。, しかし、しびれは、病院から提案される治療方法では、十分に改善しないことが、多いです。そのような場合でも、しびれを改善させる方法は、あります。, もし、肝臓への転移の数が少数であり、肝臓への転移の状態が長期間にわたって落ち着いているときは、放射線治療が検討されることもあります。, 次に症状に関してですが、「転移したがんが、肝臓の大半を、占拠した段階」に至ってから、肝転移による症状が、でることが多いです。, また、採血で肝機能障害が出現した時に、「肝臓の転移が、悪化したのであろう」と心配される方が多いですが、そうではありません。, 大半のケースにおいて、抗がん剤などによる肝機能障害か、「転移したがんが、胆管という胆汁の流れ道を塞ぐこと」が、原因となっています。, また、症状としては、大きく腫れたリンパ節が、神経に触れればと、痛みがでます。腫大したリンパ節が、臓器を圧排すれば、それに伴う症状が出ます。, 例えば、転移して腫大したリンパ節が、胆汁の流れ道を、押しつぶせば、黄疸が出現するといった感じです。, どの部位のリンパ節に転移して、さらにそのリンパ節がどの程度、腫れるかによって、症状は異なります。, 腹膜とは、お腹の中の内臓を覆う膜のことです。そして、下の図の青の矢印のように、腹膜にがん細胞が散らばり、増殖することを、腹膜播種と呼びます。, 問題点として、この治療法が広く普及はしておらず、一部の施設でしか行われていないことです。, 腹膜播種がひどい状況になると、腹水がでます。腹水の量が非常に多いと、食事量が減り、全身の状態が悪くなることがあります。, そのような状況での、抗がん剤治療は、副作用のリスクが高くなるので、慎重に行わないといけません。, 前述した腹腔内化学療法は、比較的副作用が少ない治療なので、全身状態が良くなくて、体力が消耗していても、安心して受けることができます。, また、腹水でお腹が張って辛いという症状をとるために、小さな針をお腹にさして、腹水を抜くことがあります。, 腹水だけを抜くと、体の栄養成分も、抜けてしまうことが、注意点として、挙げられます。, そのことを避けるために、腹水を抜いた後に、腹水を「ろ過+濃縮」して、腹水の中の栄養分だけを体内に戻す、腹水ろ過濃縮再静注法(CART)を行うことがあります。, 痛みがあるときは、痛み止めを飲む事になります。なかなかとれない痛みであるならば、モルヒネといった医療用麻薬を用いることに、なります。, 痛みがあるために、食事量が減ったり、睡眠不足になって、体力が落ちるからです。体力が落ちると、病院の治療に耐えられなくなる事も、珍しくありません。, 「ステージ4=末期がん」と、思われがちですが、ステージ4でも、完治される方は、います。, 私が考える末期とは、自分の力で歩くことも食事をすることもできないほど、弱りきっている段階と考えます。そのような段階にならない限りは、受けるべき治療はあります。, 肝臓に転移が1つだけある方 がんを「治す」という意味で使われることが多い「克服す... 胃がんと診断された数か月後、わが家の「三大キャベツ料理」で大好物の餃子を思い出していました。 これは... 抗がん剤・放射線治療と食事のくふう 縫合不全が起こる時期は、術後3、4日経過し、食事を取り始めた頃が多い傾向がありますが、1週間ほど経過してから遅れて起こることもあります。 発熱や腹痛が起こるのが典型的です。 胃内容排出遅延