Copyright (C) 2020 IT Trend All Rights Reserved. クラウド給与計算ソフト シェア No.1の freee(フリー)は初めてから使える給与計算ソフト。給料計算はもちろん、勤怠管理や給与明細作成まで便利に。残業代・社会保険料・所得税の計算など、給与計算業務を自動化。給与計算の計算間違いをなくし、業務時間を削減します。 https://bizroute.net/ いろいろなタイプの給与明細テンプレートが10種類あります。会員登録や余計な手間がなく無料でダウンロードできるので便利です。 https://free-template-download.net/ A4縦型の給与明細テンプレートです。項目が多いので1枚で一人分のデータになっています。ページの下部にはA4横型のテンプレートもあります。ユーザー登録なしで使用できます。 http://www.soumunomori.com/ 総務、経理関連テンプレートが豊富にあるダウンロードサイトです。給与明細は、A4用紙1枚に2枚の明 … (14.07.17公開 492K) 製品詳細を見る.  振込元金融機関番号:■振込元金融機関の一番左の番号を入力します。  毎月のデータを入力し、健康保険と、厚生年金を社員シートからコピー、雇用保険と源泉所得税を処理します。 無料で使えるクラウド給与計算ソフト「フリーウェイ給与計算」で出力できる帳票の一覧です。給与明細、金種一覧、振込一覧、賞与明細、被保険者報酬月額算定基礎届、賃金台帳、源泉徴収票、支払調書、給与支払報告書などを出力できます。 スマ給は無料サービスですが、良くある制限事項はありません。 利用する人数、給与明細の閲覧期間などを気にせずご利用できます。 明細の配布だけを ペーパレス化! 給与計算の業務はそのままなので会社の仕組み変更は最小限。 無料でダウンロードできる、給料明細のテンプレートを掲載しています 自動計算できるようにExcelの計算式が入力済みです。給料明細をすぐに捨てる人がいますが、年金や税金の証明になるので最低2年は保管します。日給制や英語に変更するなど、Excelで自由に編集してください。  未満以上:手1と手2の区切りになる手数料を入力します。 どれもExcelで使え、そのまま簡単に利用できます。. 閲覧. 不随する機能:従業員のスマホアプリへ給与明細配信; 無料体験:30日間; 給与計算ソフトの中でおすすめする理由.  最初、給与明細と、源泉徴収簿と、源泉徴収票には、「見本」の文字が入っていますが、パスワード入力後はこれが取り除かれます。. 給与明細ってどんな情報が記載されいるの? 今回は毎月給料日に手渡されたりWEB上で閲覧している給与明細から給与台帳を作成する方法をご紹介します。 そこでまずは給与明細にどんなことが記載されているかをご紹介したいと思います。 2-1. ○各入力項目の説明: Excelの無料テンプレート、書式、雛形探しはもう不要。給与明細.netは登録不要ですぐにWebからオンラインでPDFの電子給与明細PDF(給与支払明細書)が作成できるツールです。書式や書き方がわからな … ■源泉税集計表 源泉所得税の集計表です。, <パスワード> 給与明細は毎月作成するため、作成業務を簡略化できる有効なフォーマットがあると便利です。従業員数に比例して給与明細作成の業務も増えるため、無料のフォーマットを活用することで簡単に明細を作成できます。, 近年では給与計算システムと連携し、Web上に給与明細を発行できるシステムもあり、業務負担をより削減できます。この記事では、給与明細の必要項目や無料フォーマットを紹介していきます。, 給与明細は法律によって発行する義務があります。従業員に対する法律といえば「労働基準法」をイメージしますが、実はこの労働基準法では給与明細の発行は義務付けられていません。, しかし重要なのは、労働基準法ではなく「所得税法」です。所得税法231条では、給与明細の発行が義務付けられています。他にも、健康保険や厚生年金保険の給与に関係する項目の法律において、給与から保険料を差し引いた金額や計算書、計算内容を、被保険者に対して通知する必要があるとされています。, 複数の法律により、控除額を社員に通知する必要がある「給与明細」という1つのフォーマットにまとめて配布しています。つまり、「給与明細」の発行は義務でなくとも、同様の計算書は通知義務があるため、給与明細を発行する必要があります。毎月発生する給与計算の業務と同時に、給与明細を作成し配布します。, 給与明細を作成するためには、まず給与明細作成に必要な書類を準備します。作成に必要な書類は以下です。, タイムカード以外に関しては、手続きを行うと送付されるか、各関係省庁のホームページからダウンロードできます。, 給与明細の作成は、勤務時間に相当する基本給である「給料」を計算し、給料を基に計算される各控除額を差し引いて作成します。細かい給与明細作成の流れは以下になります。, エクセルで作成するときも、フォーマットに計算式を登録しておけば控除額の計算を簡易化できます。勤務時間や残業代など月によって計算内容が変動するものは、勤怠管理と給与計算の仕組みを工夫するか、給与計算用の人事システムを使うことがおすすめです。, 支給項目には、労働時間を基に計算した基本給とその他の支給項目を記載し、支給額の合計を記載します。その他の支給項目には交通費や各種手当が含まれます。, 控除項目には健康保険料や厚生年金保険料などの社会保険料や、住民税の課税対象額を記載します。給与明細には支給額から控除額を差し引き、差引支給額を記載します。この差引支給額が口座振込額になります。, 勤怠項目には、月の出勤日数や出勤時間を記載します。基本給は出勤日数によって決まるケースが多いため、基本給を決める根拠として勤務日数を記載されることが一般的です。また、給与明細には有給休暇の残数が記載されるケースもあります。, 給与には社会保険料や課税対象の計算が必要になり、従業員によって数値が異なるケースがあります。そのため、自作の給与明細で作成すると手間がかかり、効率化できません。給与計算の結果がそのまま給与明細に反映されるテンプレートや計算ソフトを使うと、簡単に作成できます。, 正社員向けに給与明細を作成する場合は、アルバイト・パートと違い、社会保険料の項目が必要になり、各種手当の項目の数を増やす必要があります。このような点がテンプレートを選ぶポイントになります。, このテンプレートは手書きでも対応できるテンプレートで使いやすいです。ダウンロードする形式はエクセルファイルになるため、支給額・控除額の項目が少なければ、簡単に行を追加できます。一般的な内容を網羅しているため、ダウンロード初期の状態でも使いやすいです。, このテンプレートでは、6種類のテンプレートから自社に合ったものを選ぶことができます。メールで送信する場合はカラーでA4サイズのテンプレートがおすすめで、配布する場合はA4サイズに4枚作成するモノクロのテンプレートを使うとコスト削減ができます。, アルバイト、パート向けにテンプレートを使う場合は、勤務時間を明記できるテンプレートがおすすめです。勤務時間によっては社会保険に加入する義務が発生するため、柔軟に対応できるテンプレートを選択する必要があります。, このテンプレートは日々の勤怠管理と給与計算がセットになったテンプレートです。勤務管理の内容を反映し、給与計算ができるため業務を効率化できます。エクセルで関数を登録し、勤務内容を従業員が記載すれば自動計算でき、給与明細作成の手間を削減できます。, このテンプレートで、縦型と横型の2種類があり、必要な項目に応じて使い分けが可能です。記載項目の名前が短ければ縦型を利用することで、1枚のテンプレートで数人分の給与明細を作成し使用する紙を削減できます。, 給与計算をエクセルで行うことが多いため、給与明細のテンプレートもエクセルを使うことがほとんどですが、エクセル以外にもテンプレートは存在します。ここからはエクセル以外の無料テンプレートを紹介していきます。, こちらはワードで作成できるタイプになるため、計算用の関数は入力できませんが、手書きで対応する場合におすすめです。シンプルなテンプレートですが、左側に支給項目、右側に控除項目を記載するため、項目を分かりやすく記入することが可能です。, このサイトにアクセスすると必要項目を入力する画面が開き、数字を入力するだけでPDFの給与明細を作成できます。数人分の給与明細を一度に作成する場合は、エクセルのテンプレートがあり、サイトにアップロードすることで一括作成できます。, このサイトでは都道府県や従業員の社会保険加入の有無、基本給を入力するだけで簡単に給与計算ができます。変動しやすい項目を正確に計算できるため、計算方法を調べる手間を削減できます。アウトプットする機能はないため、エクセルに転記する必要があります。, Googleのアカウントを持っている方は、Googleドキュメントテンプレートを利用することもできます。アカウントの発行は簡単なので、もし持っていない方も、興味があれば確認してみるとよいでしょう。, こちらはエクセルが使えない環境でもエクセルのように活用できるテンプレートです。サテライトオフィスでは給与明細のテンプレートが多くあるため、他の書類を作成する時にも役に立ちます。編集するためにはGoogleアカウントが必要になります。, 給与計算をシステムやソフトで行うのが主流のいま、給与計算をエクセルで行うデメリットはあるのでしょうか。, 給与計算から給与明細を発行する業務は、従業員の人数に比例して増えるため、担当者の業務負担は大きくなります。業務負担を軽減するためには、給与システムの活用が重要です。ここからは給与システムの導入検討に必要なことを紹介していきます。, 無料で給与明細を作成する方法には、給与計算システムの無料版を活用する方法もあります。この方法には作成できる数や機能に制限はありますが、無料で便利に活用できます。, 無料のテンプレートを活用する場合、管理やセキュリティの観点や、他のシステムとの連携の観点から、不便な点や生じたり物足りなくなることがあります。現在は、安価で導入できる給与計算システムもあるので、より便利で簡単な管理を希望する場合は、検討してみることもおすすめです。, システムの導入形態には「オンプレミス型」と「クラウド型」の大きく2種類があります。, オンプレミス型は自社内にシステムを構築する方法のため、システムを構築する期間が長く、初期費用も大きくなるデメリットがあります。しかし社内で構築するため他のシステムとの連携を行いやすいメリットがあります。他にも社内のネットワークを活用するため、給与という重要な情報が外部に漏れる可能性が低く、セキュリティ面も強固です。, 一方、近年の給与システムの主流はクラウド型です。クラウド型はインターネット上に存在するシステムを利用するため、初期費用を抑えることができ、月額費用で利用できます。クラウド型の給与システムで多い課金方法は、初期費用(少額)+月額料金または給与明細の発行数に単価を掛けたものになります。, 近年では在宅ワークなど、会社に出社せずに仕事を行うように、ワークスタイルが急激に変化しています。クラウド型のシステムはインターネットの環境があれば活用できるため、給与や勤怠システムはクラウド型が多いです。, 給与明細書作成は毎月発生する業務ですが、賞与や源泉徴収にも明細書は必要になります。そのため、導入するシステムが「給与明細のみ対応」なのか「その他の帳票作成も対応」なのかで業務の負担は大きく変わってきます。, このような要素がシステム選定には必要になりますが、そもそも給与システムを導入する必要性を考える必要があります。従業員数以外にも全国に展開している店舗数、企業規模が判断には重要になります。この企業規模によって毎月発生する費用は変わってきます。, 毎月発生する給与計算業務をミスなく効率的に遂行するためには、社員が内容を把握しやすいフォーマットを使うことがおすすめです。効率化をするためには給与計算システムを導入することで、業務負担を軽減できます。このように工夫して簡単で見やすい給与明細を作成しましょう。, IT製品・サービスの比較・資料請求が無料でできる、ITトレンド。「給与明細の無料テンプレート8選!エクセルやワードで簡単に作成する方法」というテーマについて解説しています。給与計算システムの製品導入を検討をしている企業様は、ぜひ参考にしてください。.