2020.11.14 (土) など, お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。, 誰かを好きになると、「この人と結婚したい!」とお付き合いをはじめる前から、その先の結婚を見据える人もいますよね。真剣に好きだからこそ、結婚を考えたお付き合いを望むのは自然なこと。また逆に「付き合ってみていい人だったら結婚したい」と慎重に考える人もいるでしょう。そこで今回は、男性たちに「結婚前提のお付き合い」にまつわる質問をしてみました。 中学生、高校生、大学生、社会人共通の、男からでも女からでも使える、告白のセリフ集としてとっておきの言葉を5つを紹介します。また、一番悩む告白の切り出し方(デート中のタイミング)や、逆に避けるべきngなセリフも紹介します。 ・「別れる前提で付き合うほうがおかしいと思います」(33歳/機械・精密機器/技術職) ・「むしろそうじゃなかったら何のために付き合うの? って思う。その気もないのに互いの時間を消費するのはもったいない」(27歳/通信/技術職) 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+"://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs"); © Shogakukan Inc. All rights reserved. (ファナティック) ・「よく理解してからがいい」(25歳/機械・精密機器/技術職) 「アリ」派のほうが圧倒的に多い結果となりました。それぞれの意見を見てみましょう。 明日会社にしていくメイク、なんて小さな選択も。30歳を目前に転職しちゃおうか、っていう迷いも。結婚するか、子どもを産むか、という大きな決断も。, 好きな人と付き合うことになったとき、女性ならチラッとでも「この人と結婚したら……」と想像してしまいますよね。では最初から「結婚前提」で付き合ったことのある女性はどれくらいいるのでしょうか? 今回は「結婚前提のお付き合い」を申し込まれたことがあるかどうか、働く女性のみなさんに聞いてみました!, 8割以上の人が「ない」と回答しました。最初から「結婚前提」と言われるパターンは少ないようですね。では「ある」と回答した人のエピソードを見ていきましょう。, ・「お見合いパーティーで知り合ったから」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系), 婚活パーティーなどの「お見合いパーティー」での出会いや親からの紹介だと、最初から「結婚前提」でのお付き合いになることが多いですよね。結婚へのスピードも早そうです。, 意外に多かったのが「付き合うときに」申し込まれた、というエピソードでした。相手からの告白の中に「結婚を前提に」という言葉が入っていると、それだけ真剣さが伝わってきてうれしいですよね。, ・「男友だちから、『お前とは恋愛じゃないから結婚しよう』と言われた」(28歳/食品・飲料/技術職), 何とも思ってなかった男友だちに「恋愛じゃないから」なんて言われるなんて、まるでドラマのようでドキドキしてしまいますね。また「これが最後だから」なんて言われたら、心の中でガッツポーズをしてしまいそうです。, ・「バツイチの同僚で、10歳以上も離れていたけれど、いきなり告白され、ドン引きしてしまった。一度食事を付き合って、終わった」(28歳/学校・教育関連/専門職), ・「最初のデートの帰りに、『結婚相手を探しているので、結婚できないと思ったら早めに別れてほしい』と言われた」(28歳/学校・教育関連/専門職), こちらは喜ぶどころか「ドン引き」してしまったエピソードです。最初のデートで「結婚相手を探しているから」なんて言われたら「それって私じゃなくてもいいのでは……?」と思ってしまいますよね。, いかがでしたか? 「結婚前提のお付き合い」を申し込まれたエピソードをご紹介しましたが、まるでドラマのような展開のものからドン引きしてしまうものまで、いろいろなパターンがありました。「結婚を前提に……」なんて一度は言われてみたいものですが、相手によってはうれしいどころか困ってしまうこともありそうです。やっぱり好きな人から言われてこそ、うれしい言葉なのではないでしょうか。, ※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数219件(22~34歳の働く女性), 2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。, 開催日時  いかがでしたか? 「付き合う=結婚前提」と真剣に考えている男性は少なくないようです。お付き合いをするときは、女性陣も相手と同じくらい、真剣に未来を考える必要があるのかもしれません。 結婚前提に交際をする。人生の重大な決定の一つである結婚を最高の形で迎えるために、結婚前提の交際期間に考えるべき様々なポイントがありますね。, 結婚前提で付き合うことを申し込む男性は、どんな心理でその告白をしているのでしょうか。この記事では、結婚前提の交際をしたい男性心理と交際期間のステップについて詳しく解説していきます。, まず、結婚前提という条件を使って告白をする男性たちの心理について考えてみましょう。付き合う前の告白の時に、結婚前提という条件を述べることには、どんな気持ちや心理状態が含まれているのでしょうか。3つのパターンを見てみましょう。, 交際を始めるために告白する時は、これまでの間にお互いに知り合う機会があって、だいたいどんな人であるのかを知っていることでしょう。, 女性としての自分を知ってくれている上で、交際を結婚前提でしたいということは、人生のパートナーとして本気で考えているということです。, 男性側としては、結婚後の生活に必要な資金や住居などにもだいたいのめどがあり、相当の覚悟をもって告白していることにもなります。, ただただキュンキュンしたいために女性と一緒に過ごしたいというわけではないケースもあります。真剣であることを女性側に伝えるために、結婚前提での交際というワードを使うのです。, 若いときのように、二人の将来については漠然としか考えていないような恋愛でなく、二人が人間的に成長できるような恋愛をしたいという心理なのです。, 結婚前提というワードを使うということは、その交際についてチャラチャラした考え方ではなく、相手の女性の幸せについて真剣に考えた真面目な交際をしたいと考えている証拠といえます。結婚という一生涯のお付き合いしたいと思っていることを示したいのです。, 遊びのような恋愛ではなく、ちゃんとステップを徐々に踏んでプロポーズや結婚へ進んでいきたいという本気度を伝えたい心理なのです。, ここからは、男性が結婚前提に付き合うために告白したいと思うような人がどんな女性なのかを解説します。, 男性は、大まかに分けて7つのポイントを評価して、結婚前提としてお付き合いをしたいと思うようになります。それぞれの特徴を見ていきましょう。, 男性は結婚対象として見る女性に、家庭での役割をどのように果たしてくれるかという点を重視します。疲れて家に帰ってきたとしても、妻が優しい配慮をしてくれて、癒やしてくれるような女性を、結婚相手として望みます。, 気配り上手で思いやりをいつも示してくれるような女性なら、結婚前提での交際をしたいと思えるのです。, 家庭での役割として男性が女性に求めたい大きなポイントの一つに、上手に家事をこなしてくれるかどうかという点があります。特に、料理が上手な女性は、より家庭的として評価してもらえます。, 美味しい料理を作れるというだけでなく、健康管理もしっかりしてもらえるなら、家庭のことは妻に任せて、自分は自信を持って仕事に出かけることができるので、料理上手であることは重要なのです。, 結婚する相手は、一生をともに過ごす相手でもありますから、お互いに馬が合う相手であるなら、より共通点を多く持てることになります。共通点があると、話も合うし、意見の相違も少なくなります。, ですから、男性自身が思う自分と、相手の女性との間に、性格的な類似点があると思うと、結婚相手の候補として見られます。また、価値観が似ているという場合も同じで、結婚相手候補になりえるのです。, 結婚する相手には、当然ながら大人であることを望みます。家庭は二人の立派な大人によって上手に築きあげられるものであり、子どもじみた考えを持つ相手と家庭を築きたいとは思わないのです。, なんでも一緒にするというより、夫婦で役割を分担して、妻にしっかり担ってもらいたいと思っている分野もあるので、自立してきちんと行動してもらいたいのです。, 大人であることには、精神的に自立していること、ちょっとしたいざこざや問題は常識的に自分で対処できることも含められます。また、経済的にも、生活内での収支のバランスをよくわかっていて、上手にやりくりができることも求められます。, 結婚をしたい男性は、たいてい子どもを持つことにも関心があります。家庭内では、どうしても妻の方が子どもを世話する機会が多くなりますから、結婚相手として考える女性にも、子どもたちと上手に過ごせるのか、面倒をうまくみられるのかというポイントが評価されます。, 子どもが好きで、上手に面倒を見られる女性は、男性にとって結婚前提の相手としてふさわしいと思える特徴なのです。, 結婚を前提にするということは、相手の女性にも、家庭のことを真剣に考えてもらいたいということ。, チャラチャラした恋愛の続きのような考え方をされて、家庭のことや夫のことを飽きたかのように放棄する可能性がありそうな女性は、結婚前提の対象にはなれないのです。, 真面目な性格であり、夫である相手の男性のことを一途にサポートして愛してくれるような女性を結婚候補として選ぶようになるのです。, 男性は、自分との相性だけでなく、自分の周りにいる人々である家族や友達たちと関係性も考慮して、結婚する相手を選びたいもの。自分の友達や家族を大切にしてくれるかということが気になるのです。, ちゃんと礼儀正しく挨拶をしたり、夫の関係者としてだけでなく、自分にとっても深い間柄の人々として見てくれる女性なら、結婚前提で付き合うようになりたいと感じます。, 結婚までの道には同棲をしたりプロポーズの段階があったりするものですが、結婚前提であるとはどういう意味なのか、3つのポイントから解説していきます。, 結婚は、ただ二人だけの繋がりというわけではありません。二人のそれぞれの家族もその繋がりに関係します。結婚前提での付き合いということであれば、当然、お互いの家族のところに挨拶に行ったりということも含まれます。, 両親にとって、子どもの配偶者は、もう一人の子どものようなものですから、どんな人なのかということに強い関心があります。そして、相手方の家族との良い関係を保てるようにとスタート前の時点から考えているのです。, ただの寂しさを紛らわすための恋愛ではなく、結婚を前提として付き合うということには、スタート前の準備として必要なポイントがあります。, お互いが一生のパートナーとして良い信頼関係を築いていけるかということ、または、難局に陥った時に、お互いに補い合い許し合うことができるようになれるかを見極める期間なのです。, 率直な話し合いが必要になるシーンもあるでしょうし、結婚に至らずに別れた方が良いという前向きな決断を下すこともあるでしょう。, プロポーズや婚約などのステップを踏んでいき、結婚式の準備をしたり、式後の旅行の計画を立てたり、今後の生活の拠点をどうするかということを具体的に決めたりすることも、結婚前提のお付き合いならではのイベントです。, 同棲をするのか、子どもをどのタイミングで何人ぐらい持とうと思っているかなどの詳細な決定事項も結婚の準備として必要になります。, 女性が、結婚前提のお付き合いをしているタイミングで、ぜひ確認しておきたいいくつかのポイントがあります。, この時期に確認できていないと、結婚してから、思ってもいなかったような事態に陥ってしまったりすることもあるので、よく覚えておきましょう。, 二人が結ばれて家庭を築いていくということになったなら、二人の財力の範囲内で生活を成り立たせなければなりません。結婚前に確かめておきたいことは、二人の経済力が、あたらしい門出以降の生活のために十分であるかどうかという点です。, どれくらいで子どもを持ちたいと思っているかも、生活費に関わることなので、この時点で二人の間で率直な意見交換をしておくべきです。, 育児には、主に母親が対応することが求められる分野とはいえ、子育てという家族のプロジェクトは夫婦の両方が積極的に参加して成功に導くべきものです。, 交際期間の間に、夫となる男性が育児や家事などの家庭内での仕事に協力的に対応してくれるのかどうかを見極めておく必要があります。, 社会に出て働きたいという願いを持つ女性なら、夫が家事や育児の分担を担当できないなら、仕事との両立が非常に難しくなってしまうでしょう。, これまで別々に生きてきた二人が一緒になるわけですから、二人の間に理解できないような価値観があるというケースも多くあります。, 二人の間で調整して一致団結していくしかないのですが、どうしても合わせることができないような大きな隔たりが結婚後に見つかってしまうなら、後戻りできないですよね。, 価値観や金銭感覚において、だいたい同じような見方を持っているかどうかを確認できるのも、結婚前提の交際期間なのです。, では、交際期間の長さについての平均的なデータを調べてみましょう。3つの交際タイプに分けて、それぞれ、付き合いはじめからプロポーズなどのステップを経てどれくらいの期間で結婚に至るのが一般的なのかを確認しておきましょう。, 結婚前提として交際を初めて、お互いについてよく知るようになり、家族に紹介して、プロポーズ、結婚の準備という段階が一般的でしょう。, 二人とも社会人であり、ある程度結婚式やその後の生活のための蓄えがあるという状態なら、1年から2年程度の真剣な交際を経て、結婚に至ります。, まだ20代の若いうちですから、結婚を急いでいるわけではありませんが、1年や2年あれば、十分な準備ができますね。, 結婚前提の交際の中に、同棲を含めて見極めたいという場合は、さらに1年程度の期間を設けて、3年程度で結婚というスタートに立つ用意ができます。, お互いの日常をさらに知ることができ、より多くの情報を得て、二人の結婚が本当に幸せへの道であるのかどうかを知れます。, お互いにそこそこの人生経験を持っており、結婚適齢期を過ぎているというカップルの場合なら、もう少し、物事の見極めをスムーズに行えます。交際期間も1年未満で結婚の準備を全て揃えることも可能でしょう。, 若いときの交際とは違い、二人とも人間性により円熟性を備えており、相性を見極めるのがよりやりやすいというのも短期間交際で済む要因となっています。, 結婚前提のお付き合いであれば、お互いの親への挨拶をするタイミングを上手に見極めなければなりませんね。, どんな時期にお互いの両親の顔合わせを行うと良いのでしょうか。挨拶をするタイミングの3パターンを解説します。, 結婚前提のお付き合いなら、まず、二人がよく知り合って、相性がどうなのかということを判断する期間が必要です。, 相性が分からなければ、結婚まで至るかどうかまだわかりませんから、親に紹介したとしても無駄になってしまうこともあるでしょう。, 半年程度、二人の相性をじっくり確認してから、半年後に両方の親に会いに行くという計画が、スムーズに親を巻き込むタイミングとなります。, 結婚前提のお付き合いで同棲をすることにしたなら、二人の間ではほとんど結婚を目前とした段階であるという認識であることでしょう。, 同棲というステップに入る前のタイミングで、それぞれの親を巻き込んで、ふたつの家族として、結婚の計画を進めるようにしましょう。, 一つの世帯として生活を始めるタイミングが、親に認めてもらうための良いタイミングとなることでしょう。, 両親に紹介した後に、交際を解消して別れることになったら、期待して待ってくれている親たちへの言葉がなくなってしまいますよね。, そんな場合は、お互いが結婚をだいぶ具体的に意識するようになったタイミングで、親たちに紹介するようにしましょう。, プロポーズがもうすぐという状態で、家族に挨拶をしたりするイベントがあれば、結婚式に向けて準備を始める良い合図となりますよ。, ここでは手短に2つのポイントを解説します。お付き合いを始める前に、良い計画性をもって交際を始めるためのアドバイスとして、くれぐれも気をつけてくださいね。, 交際期間には、相性を確認したり、お互いの意見がそれぞれの人生計画に合っているのかどうかをすり合わせたり、いろんな判断や決定をする機会があります。, 良い決定をするには、見極めのための時間が必要ですが、ただただ時間を引き延ばせば、良い決定ができるというわけでもありません。, 決定をするための的確なタイミングがあり、だらだらと交際を続けても、良い決定をする助けとなるわけではないので、付き合う時に大体の結婚の目安を話し合っておきましょう。, 結婚を仮に試すかのように、とりあえず同棲をしてみるカップルもいます。同棲をするなら、結婚後に初めて知ってびっくりしてしまうということが、より少なくできるでしょう。, 結婚前に相手のことをよく知るということは肝心です。同棲をするかはそれぞれが決定できますが、結婚を後悔しないように最善の努力をしましょう。, 結婚を前提に付き合うからといって、全ての交際が結婚にたどり着くというわけではありません。, 男性から別れを切り出すことも女性から破局を提案することもありえます。どんなことが破局の原因となるのか、見ていきましょう。, 真剣な交際をするということは、なんでも大目にみて、とにかく結婚できるようにするということでは決してありません。価値観の違いがあり、どうしてもその隔たりを埋めることができないなら、交際を終了させることが最善であるというケースもありえます。, 性格上のことで、どうしても気になってしまうことがあるという場合も同じで、我慢して結婚しようとするより、別れることを選ぶ方が正しい決定ということもあるのです。, 二人の生活の仕方がどうしようもなく異なるものであれば、結婚は成り立たないでしょう。, 同棲中にも結婚後に衝突してしまうと思える点があれば、無理に結婚しようとするべきではなく、率直に意見を交換するようにして、二人の間のすり合わせが上手くいくのかどうかをきちんと確かめるようにしなければなりません。, 生活習慣など、どうしても合わせることができないポイントがあるなら、婚約を解消する原因となります。, 交際期間の間に、相手の浮気癖が露呈したり、相当な額の借金があることが分かる場合も。愛しているならいろんなことを乗り越えることができるのですが、わざわざ片方の自分勝手な問題を背負い込む必要など全くありません。, 自分の気持ちを正直に考えて、受け入れられない部分があるなら、重い決定ですが率直に相手に話して、関係を解消するカップルが多いようです。, 結婚を前提に交際をするということは、人生の重大な決定を真剣に考えている証拠ですね。彼氏彼女の関係から、夫と妻という関係になるには、いろんな判断と決定が必要です。, 前提の付き合いは必ず結婚しないといけないわけでもありませんから、男性からでも女性からでも、どうしても受け入れられないことがあるなら、率直に別れを提案しましょう。, 結婚を成功させるために、結婚前提の交際に真剣に取り組んで幸せをゲットしてくださいね。. 結婚を前提に付き合うとは何か気になる人へ。今回は、結婚を前提に付き合う意味から、男性が「結婚を前提」という言葉を発する心理、男女別の結婚相手に求める条件や両親への挨拶での注意点を徹底解説!さらに、結婚までの交際期間や男性が結婚に踏み切るきっかけも紹介します。 Q.付き合う女性と、最初から「結婚前提」でお付き合いをするのはアリ? ナシ?アリ!……71.6%ナシ!……28.4% ■結婚前提「アリ」派の意見 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。. 絶対成功する告白の仕方は存在します。男らしく、かっこいい告白をして片思い相手の女性のハートを射止めませんか?好きな人と付き合う告白の仕方は5つの手順を守るだけ。男のための告白の成功マニュアルがここに! なぜ告白時点で結婚を前提とした付き合いを望むのか 最終更新日:2019年3月1日 結婚前提に女性と付き合いたいと言われたら、嬉しい様なちょっと早い様なといった気分になりますよね。 結婚を前提としていない、ということは「別れるかもしれない」と最初から考えているということなのでは? という意見が。たしかに、そんな恋愛のスタートじゃちょっと悲しいですよね。真剣交際であれば結婚を考えるのは当たり前! ということでしょう。 5:告白の言葉は一生の思い出. All Rights Reserved. 「結婚を前提に付き合う」という言葉を耳にすることがありますが、結婚を前提とは、どういう意味なのでしょうか?, また、付き合うにあたっての条件は一般的な交際とは違うのか、交際中の違いはあるのか、などを知りたい人もいるでしょう。, 今回は、結婚を前提に付き合う意味や結婚前提で付き合おうとする彼氏の理由から、婚約後に親へ挨拶をする際の注意点やプロポーズまでの期間、事前に考えるポイント、結婚を前提に付き合っても別れるカップルの特徴などについて解説します。, 「結婚を前提に付き合う」とは、そのままの意味で、結婚願望を持った2人が将来的に結婚するつもりで交際を行うことです。, 2人の中で、結婚を前提にするという結婚願望に対する共通認識が取れていることが必要です。もちろん、結婚を前提としたからといって100%結婚すると断言できるわけではありません。, 付き合い方は他のカップルと変わらずデートをしたり、旅行をしたりと特別なことはありませんが、それでも、一般的なカップル以上に結婚を意識した交際になります。, 結婚を前提に付き合うカップルのなかには、男性から女性に「結婚を前提に付き合ってほしい」と告白されたケースもあるでしょう。, では、なぜ男性はこのような告白をしてきたのでしょうか。そこで、続いては男性が結婚を前提にした交際を申し込む理由について解説していきます。, そのため、友達や知人という関係の段階で「この人と結婚したら楽しいだろうな」、「子供ができて、素敵な家庭を築いている姿が見える」など結婚後の姿を男性がイメージできることは結婚後の安らぎをイメージできているということになります。, 結婚して、家に帰ると彼女が優しく出迎えてくれるといった具合に、安心できる家庭をイメージしているのです。そういったイメージが彼氏の中にはあるため、告白においても「結婚を前提」という言葉が含められて付き合おうとするのです。, いい歳になって、同年代の結婚の話題が増えてくると親の方から結婚を急かすような発言が出てくるようになります。, これは、男性が親の言うことを素直に聞く場合に起こります。良くも悪くも親のことをちゃんと考えているため親のために早く結婚しなければという思いになり、結婚を前提とした交際をしようとするのです。, すると、もともとあった結婚願望に周囲の結婚に伴う焦りが加わり、さらにちょうどいいタイミングでタイプの女性に出会えたことで、この人と結婚しようと考え、結婚を前提にした付き合いをしようとします。, このタイプはどちらかというと自分が結婚したいために、「結婚を前提に付き合う」という言葉を使うのです。, 彼氏が本気で結婚しようと考えたことで、結婚を前提とした付き合いを申し込んでいるパターンも考えられます。, これは彼氏の年齢的が適齢期を迎えている、周囲の様子を見て結婚生活へ憧れるようになった、女性と出会ったタイミングなど、様々な要素を含んでいます。, 理由こそ単純ですが、それまで結婚したいと思っていなかった分、結婚への思いは弱くありません。単純ですがシンプルでわかりやすい理由です。, 結婚するとなるとそれなりにお金がかかります。家族が増えるとなおさら。そのため、彼氏側の収入が増えてくると、結婚を意識するようになり、「結婚を前提に付き合いたい」と考えるようになります。, 現実的には収入は結婚する上で考えなければいけない部分です。彼女や今後産まれてくる子供に迷惑をかけたくないからこそ、家族を養えるだけの収入という一定の基準を設けたうえで、告白しているのです。, 「結婚を前提に付き合う」と言われても、相手との相性や求める条件が合わなければ告白を受けることは難しいでしょう。, そこで続いては、男女それぞれが相手に求める結婚の条件について紹介していきます。性格や収入面、家事など、男女によって様々な条件があります。, 男性が稼ぎ頭となって家庭を支えるケースが少なくないため、仕事に集中できるかどうかが1つのポイントになるようです。確認していきましょう。, 自分と好きなものが同じ、笑うポイントや泣くポイントが同じなど、性格が合う人と結婚したいと男性は考えます。, これは、好きなものが同じだから一緒に楽しんで素敵な時間を楽しみたい、といったように彼女と何かを共有したい、同じ体験をしたい、と考えているということです。, 共働きの家庭もありますが、男性は一家の稼ぎ頭であるため、仕事の忙しさや仕事での付き合いなどを受け入れてくれる人と結婚したいと考えます。, また、同じように、趣味を持っているのであれば、趣味の時間をある程度確保させてくれること、趣味を否定しないなどの点も重要な要素となります。, 男性が奥さんのことも大事にしている一方で、仕事や趣味にも全力で取り組みたいと考えているからこそ、このような条件を求めるのです。, 仕事を頑張り、家族を養える分だけの収入を得るためにも、男性は掃除や洗濯、料理といった家事は奥さんに任せたいと考えます。, この条件が出てくる背景には、男性が自分の役割をはっきりと意識していることが挙げられます。, 家事と仕事の役割を夫婦間でしっかりと決めることで、より円滑な家庭生活を送りたいと考えているのです。, 性格や価値観、仕事、家事などが男性が求める条件でした。では女性は結婚する際、男性にどういった条件を求めるのでしょうか。続いては、女性の考える結婚の条件について紹介します。, 男女の違いがあるといっても、性格や価値観に関しては男性同様女性も大切にしたい条件です。, 性格や価値観の一致を求める背景としては、好きなものやしたいこと、考えていることが男性と近いと女性はほっとするためです。, 「自分に近い人と一緒にいられる」という安心感を得るためにも、女性は性格や価値観の一致を求めるのです。, 共働きになるケースもありますが、女性は出産という大きなイベントもあるため、男性だけで家族を養えるだけの収入があるかどうかは重要なポイントになります。, また、女性が専業主婦になる場合は、「家庭はしっかりと守る」という考えがあるために、男性に収入を求めることもあります。, 自分や家庭、さらには家族や周囲の友達などに対して、親切で気配りができる男性であることも重要な条件の1つになります。, これは、女性が男性に対して嘘をついてほしくない、自分を含め周囲の人を大切にしてほしいという思いを持っているためです。, 素直で誠実で、誰に対しても優しくいられるということが結婚するための重要な条件なのです。, いざ彼氏から「結婚を前提に付き合ってほしい」と言われた時、結婚という言葉に惹かれてすぐに「はい」と返答する女性もいるかもしれません。, しかし、結婚を前提とした付き合いとなると、生涯の付き合いになる可能性が高いため、一度慎重になって本当に付き合っていいのか考える必要があります。, そこで続いては、結婚を前提に付き合う前に考えておきたいポイントについて紹介します。付き合い方のポイントにもなるので、参考にしてみてください。, 例えば、先ほど触れましたが、親に急かされて仕方なく「結婚を前提に付き合う」と言っている男性もいますし、女性を引きつけるためにそのワードを使っている男性もいます。本気で結婚を意識して付き合ったものの、相手に結婚の意志がないため破局、別れた頃には適齢期も過ぎているといった事態に陥るリスクを避けるためにも、意志を確認する必要があるのです。, もし、考えた結果、男性に結婚の意志を感じることができなければ、引き受けないほうが良いでしょう。, 結婚が前提となると、将来的には結婚し一緒に暮らすことになります。そのため、中には交際中から同棲を始めるカップルもいるでしょう。, 告白されたタイミングで考えるべきなのは、ゆくゆくは同棲を始めてもいいのかどうかです。これは、自分が同棲に向いているのかどうかを考えるためです。, 自分がズボラな性格で家事ができない、一人でいる時間を大切にしたいというのなら、同棲はすべきかどうかを考えたほうが良いでしょう。, 男女ともに相手と性格や価値観の一致は結婚条件の1つとしてあげられているように、この点を考えることは重要です。, かっこいい、お金を持っているなど外見や一部の要素だけで判断をすると、後々性格の不一致や価値観の相違によって破局となる可能性もあります。, そういったリスクを回避するためにも、性格や価値観が自分と合うのかどうかを考えるようにしましょう。, 結婚を前提とした交際は、基本的に将来結婚することになるため、結婚に向けた準備などについても考えなければいけません。その一つが両親への挨拶です。, 普通に交際している彼氏を実家に連れて行くのとは違い、結婚を前提としているため、両親にもそれなりの心構えや準備をしてもらう必要があります。少し早いように思うかもしれませんが、挨拶のタイミングは考えなければいけません。, 結婚を前提に付き合うとなると、早いうちに結婚する可能性もあります。そうなると2人で暮らす住居についても、早いうちから考えておく必要があります。, これは、自分の仕事にも関係してくるためです。例えば、自分と彼の職場の位置を考えて家を探さなければ通勤時間が長くなる恐れがあります。また、スーパーやドラッグストア、病院の有無など周辺の環境も生活をおくる上では重要な要素になります。, 結婚が早期に訪れる可能性があるからこそ、告白される段階で住居について考えておく必要があるのです。, 共働きになる場合、家に入れるお金をどうするのか考える必要があります。また、家事に関しても同じです。, 二人の役割を明確にすることで、不明瞭な部分をなくすためです。もし役割があやふやのままだと、「家事を全然してくれない」「自分で遊ぶ用のお金を持っているのでは?」と、喧嘩の原因にもなってしまいます。, 細かい部分ですが、結婚を前提とするのであれば、役割分担は必要になるため、早い段階で考えておいたほうが良いのです。, お互いに結婚を意識した段階から交際がスタートするため、思っていたよりも早く結婚することになる可能性もゼロではありません。結婚資金に関しては、交際が始まる段階からいくら必要かを考えましょう。, 目標とする貯金額を決め、お互いに毎月◯万円貯金するといったルールを設定するのがベストですよ。, いざ結婚式をするとなった時にお金に困らないようにするためにも、早い段階でお金に関して考えておきましょう。, 結婚するとなると婚約後は両親への挨拶を行うことになります。両親への挨拶は結婚に向けた大きなイベントであり、格式のあるものです。, ここで重要なのが、マナーやルールなどを押さえておくこと。ここからは、相手の両親への挨拶を行う際のポイントについて紹介します。相手の両親からの印象を良くするためにも、ぜひ覚えておきましょう。, 挨拶が結婚に向けた格式ある場であるため、両親の前で、相手の名前をどう呼ぶかによって印象は大きく変わってきます。, 例えばあだ名で呼んでいると、相手の両親からの印象が悪くなる恐れもあります。名前の呼び方一つで結婚はいい方向にも悪い方向にも行くので、注意が必要です。, 普段はあだ名で呼び合っているカップルでも、挨拶に行く時には下の名前で◯◯さんと呼ぶようにしましょう。, 特別高価なものを用意する必要はありませんが、挨拶に行く際は手土産を用意することを忘れないでください。, 相手の地元の名産品や、2人が暮らしている地域で有名なお菓子やスイーツでもいいでしょう。, 手土産を用意する理由は、マナーやしきたりを大切にする古き良き父親もいるためで、手土産を忘れるとマナーがなっていない人という評価を下される可能性もあります。, 両親も自分の子供の結婚相手になる人が、どんな人なのか気になるため、様々な質問を受けることになります。, この時質問に対しては、はっきりとした口調で答えるようにしましょう。はきはきとした口調は元気よく、爽やかに見えるため、両親への印象を良くすることができます。, 一方でぼそぼそと何を言っているのか聞き取りづらいと、両親は相手のことを理解できず、「この人で大丈夫なのか?」と不安になってしまいます。, そういった不安を取り除き、「この人なら大丈夫だ!」と思ってもらえるようにするために、口調を意識するようにしましょう。, これは、挨拶が正式な場であるということに加え、スーツやワンピースなど服装をフォーマルにすることで、清潔感を演出することができるためです。, 就職活動の採用面接をイメージすればわかりやすいかと思いますが、身だしなみを整えることで相手に好印象を与えるのです。, 挨拶の場で「〜ッスね」「あざーす」「マジ?」といった若者言葉を使っていると、両親からは礼儀がなっていない人という印象を持たれる可能性があります。, 言葉遣いは悪くても中身は素敵な人もいるかもしれませんが、挨拶の場で中身まで全て理解してもらうのは非常に難しいと言えます。, そのため、言葉遣いや態度など目に見える部分には、細心の注意を払う必要があるのです。, 一方で、長くなる可能性もゼロではありません。そこで続いては、結婚を前提とした付き合いをしたカップルのプロポーズまでの期間を紹介します。, 結婚を前提としている分、そうではないカップルに比べてスタートラインが少し前にあるといえます。交際開始からプロポーズまでわずか1年というカップルは少なくありません。, 交際をスタートした段階から結婚後の生活を考えながら相手の言動を見ることに加え、交際の段階で結婚をある程度決意しているためです。, こうした理由から、一般的なカップルよりも結婚に向けて確認するポイントなどが少なく、1年という比較的短期でのプロポーズにつながっているのです。, 結婚を前提としているのだから、早めに結婚するものというイメージがあるかもしれませんが、交際から2年後にプロポーズをするカップルもいます。, これは、結婚こそある程度決意しているものの、最終的な判断をするための期間を長めに設定しているためです。, 交際当初は仲が良く、相手に夢中になっていたとしても、時間が経つにつれてその熱は落ち着いてきます。そのことをある程度想定できていると慎重になり、見定めるための期間が長くなるため、プロポーズまでの期間も長くなります。, 本当は今すぐにでも結婚したいとお互いが思っていても、学生だと金銭的な理由や両親の意向などの理由からすぐに結婚できない場合があります。, そういったケースだと、在学中から交際を開始し、卒業して仕事をするようになるまでの期間が必要になるため、3年とやや長めになります。, 学生時代の期間に加えて、仕事が軌道に乗るまでの期間も必要になり、結婚まで時間がかかっているパターンですね。, 学生のように若いカップルだと結婚までに時間がかかることがありますが、逆にある程度の年齢になっているカップルだとプロポーズまでの期間が短く1年を切ることもあります。, これは、いわゆる結婚適齢期を過ぎているケースであり、結婚への焦りもあって、相手ができたら早いうちに結婚を決めてしまうのです。一方で、ある程度の年齢になっていると資金面では余裕があるため、結婚への決断をしやすくなるという側面もあります。, このように、年齢が重要な要素となり、結婚までにかかる時間を早めるケースもあるのです。, しかし、中には破局してしまうケースもあります。続いては結婚を前提としたカップルが破局するその理由について紹介します。, お互いに結婚を意識していても、様々な理由によって別れる可能性があることを覚えておきましょう。, 性格や価値観の一致は、結婚をする上で重要な条件の1つです。交際を続けていく中で相手との相違を感じてしまうと、結婚するのは無理と考えて別れてしまいます。, 例えば普段の言動や同棲中の生活態度、家事を彼女だけに任せるなど、不満がたまる行動が多くなると性格や価値観があっていないなと考えるようになります。, 破局を防ぐためにも、交際前の段階で相手の価値観や性格が自分と合っているのかよく観察し考えるようにしましょう。, 挨拶に伺った時に両親の印象があまりよくなかった、両親が自分のことを嫌がっているのが伝わってきた、など関係構築ができないと判断すると別れに繋がる可能性があります。, これはちょっとした言動から相手の印象が悪くなっている可能性もありますが、そもそも生理的に受け付けられないというケースもあります。, 結婚を前提に付き合うということは、交際開始の段階ではお互いに「この人と結婚する」という意識でいるはずです。, しかし、中には結婚を意識しながらも浮気をする人もいます。一般的なカップルでも浮気は別れる原因になります。, これが結婚を前提としている場合、一度浮気をすると結婚後も浮気をする可能性があるとイメージしてしまうため、別れることに繋がります。, 結婚を前提に交際していても、プロポーズをするとなると、どこかのタイミングで決断をしなければいけません。何かがきっかけとなってプロポーズをしようと考えるわけです。, そこで続いては、男性が結婚やプロポーズをしようと決断したきっかけについて紹介します。, 30歳という年齢は人生の一つの節目になります。女性であれば結婚し子供を育てている人も少なくないため、男性からしたら彼女のためにも結婚しなければ、と考えるようになります。, また、将来子供が欲しいと考える場合、子供が独立するまでの子育ての期間を考えて、歳を重ねる前に結婚しようと考える男性もいるでしょう。, 意図的ではないにしても、子供ができたことがきっかけとなって結婚を決意するケースもあります。, これは、子供ができたことで、男性も彼女と子供を守らなければいけないという思いが芽生えてくるためです。, 人によっては賛否が分かれるケースですが、男性の意志を固めさせるという点では、非常に大きなきっかけだといえます。, 何をするにもどこに行くにも彼女がそばにいたり、嬉しいことがあったら真っ先に彼女のことを思い浮かべるなど、男性にとって彼女が欠かせない存在になると結婚をしようと考えるようになります。, これは、男性にとって彼女がいない生活は想像できないなど、彼女の存在が他の誰よりも大きくなっているためです。, 今回は結婚を前提とした付き合いについて、その意味から男性がそう告白してくる理由、女性が告白をされた際に考えるポイント、両親への挨拶などについて紹介してきました。, 結婚を前提とした付き合いは、他のカップルに比べて結婚への意識が大きくなります。一方で、別れるカップルもいるため、告白された際には相手がどんな人なのか、結婚後の生活はどうなるのかといった現実的な部分について考え、慎重になることが大切です。, 結婚を前提に付き合う時は、結婚までのいわば準備期間。しっかり彼氏との結婚生活を想像しながら、過ごしていきましょう。.