~ 15 位 ~ [ in 2 / out 21] 俺とお前とこの空と。 免許黒白、高学歴京府中心。白さんと府大さんが総右です。免許の方が更新多め。 ルンルイの乃木坂46小説. #aaaに関する一般一般の人気記事です。'|'aaaの申し込み始まりました。'|'まるで短編映画のような'|'殺された熊本大学のウイルス研究員や三浦春馬さんらはエイズ・コロナ詐欺を告発しようとしていた?'|'冬近く'|'あれやこれや・・・よろしくお願いいたします♡ 白 は、人間の ... に対応する。方位は西 であり、西方を守る神獣が白虎である。 白虎を尊ぶだけでなく、白雉を瑞祥とするなど白を尊ぶ思想はあったが、服の色としては凶色であった。金徳を自認した晋は服色として赤を尊んだが 、これは白を嫌ったためとされる 。 しかし古代の日本で白は� 芸能人ブログ 人気ブログ. ★15位★ [IN*1642][OUT*3844] ... 坂道さんの夢小説です。受け主中心ですが、リクエストがあればその他も頑張りたいです。週一更新が基本ですが、調子がいい時はドンドン更新する予定です! ★19位★ [IN*1321][OUT*5783] Tin Pan Alley 女主夢/紫、たまに緑 ★20位★ [IN*1109][OUT*11291] Against 紫⊿白西 … 第15回角川ルビー小説大賞 読者賞 受賞 佐倉温先生、デビュー! 2015年06月01日 . ホーム ピグ アメブロ. 第15回角川ルビー小説大賞 期待賞 受賞 逢西ひな先生、デビュー! 2015年07月01日 . ヨーロッパの紋章学では白色は「金属色」の「銀色(アージェント (紋章学))」と結び付けられる。, 白虎を尊ぶだけでなく、白雉を瑞祥とするなど白を尊ぶ思想はあったが、服の色としては凶色であった。金徳を自認した晋は服色として赤を尊んだが[4]、これは白を嫌ったためとされる[5]。, しかし古代の日本で白は神聖な最高の服色とされた。養老律令の衣服令は朝廷における皇太子以下皇族臣下の服の色を細かく定める規定だが、そこでは白を最高の服色としながら、白い衣を着ることを許される身分がない[6]。明記されないのは律令が天皇を規律しないためで、朝廷では天皇だけが白衣を着ることができたのである[7]。そして白い動物も尊ばれた。『古事記』には神が白い鹿・猪に化し、倭建命(ヤマトタケル)が死後白鳥になったとある[8]。飛鳥時代から平安時代にかけて白い動物が見つかったことを瑞祥として改元した例が複数ある。最古の例は白雉で、大化6年(650年)2月に穴戸国(長門国)より献上された白雉により改元した[9]。元号の名に白をとったのはこれだけだが、白亀によって神亀、宝亀、嘉祥、仁寿に改元になった。白鹿によって天安、元慶が立てられた。元慶のときは白雉も見つかっていた。近代には沖縄県宮古島から島馬の白い馬が生まれたので、幼少の昭和天皇に献上された。民謡「なりやまあやぐ」に歌われている。, 『絵画材料事典』ラザフォード・J・ゲッテンス・ジョージ・L・スタウト著 森田恒之訳 美術出版社 1999/6, 武田佐知子『古代国家の形成と衣服制』(吉川弘文館、1984年)140頁、180頁注10。, 井上光貞・関晃・土田直鎮・青木和夫校注『日本思想大系 律令』、351-358頁。服色条は354頁(岩波書店、新装版1994年、初版1976年)。, 内田正俊「色を指標とする古代の身分の秩序について」(『日本書紀研究』第19冊、塙書房、1994年)15頁。, 『古事記』中巻、倭建命が東征の帰途足柄の坂で遭った神が白鹿(岩波文庫版123頁)で、『, 『日本書紀』巻第25、白雉元年2月戊寅(9日)条。新編日本古典文学全集版380-381頁。小島憲之・直木孝次郎・西宮一民・蔵中進・毛利正守校訂・訳『日本書紀』3、小学館(新編日本古典文学全集 4)、1998年。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=白&oldid=78073269, 「頭の中が真っ白になる」という言葉は、「頭の中が空白になったように何も考えられなくなる」という意味で使われる。, 『色彩論の基本法則』ハラルド キュッパース (著), Harald K¨uppers (原著), 沢田 俊一 (翻訳), 『絵具の科学』 ホルベイン工業技術部編 中央公論美術出版社 1994/5(新装普及版), 『絵具材料ハンドブック』 ホルベイン工業技術部編 中央公論美術出版社 1997/4(新装普及版), 『カラー版 絵画表現のしくみ―技法と画材の小百科』森田 恒之監修 森田 恒之ほか執筆, 『漢字源』藤堂 明保,竹田 晃,松本 昭,加納 喜光 学習研究社 改訂新版 2001/11, 『ジーニアス和英辞典』 小西 友七,南出 康世(編集) 大修館書店 第2版 2003/11. 乃木坂46の小説を始めました! いつかは欅坂もかいてみたいとおもってます! ブログトップ; 記事一覧; 画像一覧; まいやん×〇〇 リク お酒 短編集. まいやん×〇〇 リクエスト 短編集. こんにちは(^^)これは何も考えずに4.5分で書いた小ネタです。キャラ崩壊していて…内容薄くて…ネタに走って…の三点盛りなので全く期待せずにご覧ください(笑)白「おはよ〜」秋『げっ!まいやん来た…お、おは〜』白「やばっわかりやすっやばっ。何かあったんだろうけど一応"鈍感なまいやん"で通ってるからわからないフリしようと思ったけど、あからさますぎてそんな思考どっか行きました。」秋『…話、終わった?』白「長くてすみませんね。ところで何かあったの?」秋『や、なんかね。さっきから…』白, 次の日の朝、陽の暖かさで目が覚めた何も纏っていない七瀬は柔らかい表情で寝ていたその顔を見て笑顔で送り出そうって心に誓った『んん…』「おはよう七瀬、よく眠れた?」『…んーおはよぉ、、、腰痛い、、』「ゔっごめん…」『ななは幸せもんやなぁこんな幸せな日常を置いてどっかいってまうんか』どこか悲しそうに呟く七瀬気を抜いたら涙が出てしまいそうダメだ絶対に泣いたらダメだ歯を食いしばった「よぉーし起きるぞー!ほらぁー起き上がれぇ!さもないとぉー?」『無理やぁまだ朝早いや, 白『え〜?なんで教えてくれないの〜?私のこと好きじゃないの〜?(笑)』コンビニから帰ってきたら彼女の楽しそうな話し声が聞こえてきた。私は急いで部屋に戻った。ガチャ西「…誰?」白『ん?あぁ、友達だよ。この間2人でドライブした子。』《えー?なんてー?》白『なんでもなーい!また明日かけるねー。』《はいよーじゃあねー。》ピッ西「…ドライブ?」白『うん、あれ?言ってなかったっけ?』西「ドライブ…ななも行きたい。まいやんの車乗ったことないから。」その話を一切聞いていなかった, 白『あ?えまってまって、あぁも〜』‬ソファに座るまいやん。ゲームに夢中でこれでもかってくらい前屈みになっている。でも、、、‪西「へたっぴ」‬そう、下手なのである。なながうますぎるんかな?…いや、相手のコンピューターのレベルは下から二個目やし、まいやんが下手なのに変わりはなさそうやな。白『うるさいなぁ…ってあ"ぁぁぁあ!!』‬あーあ。せっかく仲間に助けてもらったのにまたやられたやんか。‪西「ほんまに下手やな(笑)‬‪もう今ので懲りたやろ、ゲームやめにしよや〜」‪白『んーも, 結局バイトには休みの連絡を入れて今日は無事、七瀬と下校出来る事になった白(あと一時間もない…やばいスンゾウが…)一息ついてからいつもの体勢で七瀬を見る白(ヴッッ…)なんと七瀬は本日、珍しくハーフアップという彼女感100%の髪型で学校に来た珍しくというか初めて見た白(破壊力……)《じゃあ土日もしっかり勉強しろよー!号令!!》桜「きりーつ、気をつけ、礼!!!」先生の言葉を合図に委員の玲香が声を上げる橋「じゃあね、頑張れ」桜「応援してるよ!!ファイト!!」若「よっしゃ〜!お, お久しぶりです(^^)最近、更新できていなくて申し訳ございません。今日は少し時間ができたので以前よりTwitterに投稿して参りました、『画像で妄想する』やつをいくつかこちらに貼り付けてみました!私のTwitterをフォローしてくださっている方はもうご覧になっていると思いますが、、、、お時間があれば、是非ご覧ください(*´-`)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜白『なな…フフッかーわい』西「…」白『大好きだよ〜』西「…」白『愛してるよ〜』西「…」白『…私から, 『どうしたの?ななせ』「昨日の夜。どこにいたん。」『昨日は歌舞伎町で飲み歩いてたよ』「なな、連絡したやんな?」『うん、来てたと思うよ。どうして?』「なんで返してくれんかったん。ななずっと待ってたんやで…」『あぁ、ごめん。女の子と遊んでたから連絡するの忘れてた。』「遊んでたって何してたん…」『え?いつもななせとするような事だよ?』「っ!!やめてっ…触らんで!!」『え〜どうしたのななせ?ノリ悪いじゃん、なんかあった?』「他の女に触れた手で…汚れた手でななに触らんでや…」『フフ, 暗いお話です。苦手な方はお控え下さい。『まいやんのこと好きやしできるなら付き合いたい』二年前に言われた本当は私から言いたかった七瀬もそう思ってたみたいだけどあえて自分から言ったんだってそれがななたちらしいと思わん?ってそんなの後付けしたら何しても全部私たちらしいって思っちゃうよ一年半前のある日曜日『これって倦怠期なのかな?』家のソファーで二人でテレビを見ながら足を前に抱えた七瀬が言った「違うよ、私七瀬のこと大好きだし」『んーそうなんかなー?』なんて言いながら顔を赤く.