毎日の散歩や動物病院での待合室、ドッグランなど。 名前のとおりにニキビのような湿疹が出たり、皮膚に痒みが生じたりすることがあります。 ※都内の一般的な病院の例, ストロングホールド猫用6本(レボリューション欧州版)だと、1年分で2,800円(約19%OFF)も節約できる!, ブリスターから 1回量の 1本のみ取り出し、残った薬剤は必ず箱に戻して、猫の目に触れない場所に保管して下さい。, キャップを外して、実際に容器の先端に穴が空いていることを確認し、空いていない場合には②を再度行って下さい。, 滴下する部位(首の付け根あたり、肩甲骨の間)の被毛を分けて、皮膚を露出させます。そこに容器を2本の指でつまんで、液体を滴下します。この際、皮膚に容器を押し付けたりせず、皮膚から少し離して下さい。, 全量が滴下されたことを確認したら終了です。全量滴下していな場合は、効果が十分に現れない可能性がありますので全量使うようにして下さい。, 滴下した部位には触れず、乾燥するまで経過を観察して下さい。異常が見られた場合は直ちに獣医師に相談して下さい。, フィラリア症は成虫の駆虫剤をつかって治療することもできますが、動物病院での慎重な判断や体調診断が必要な場合が多く、治療よりもまず予防に注力します。発症した場合、放置すると心臓の弁に成虫が絡まり、血管を塞いで心不全を引き起こすケースがあります。最悪の場合急性心不全で死亡します。, フィラリアといえば、犬の病気と思っている飼い主さんは意外と多いのではないでしょうか? 何らかの基礎疾患を抱えていればアカラス症を発症する可能性が高くなるので、ペットの健康を守ることがアカラス症の予防になります。 それらを防ぐためには、室内飼いにすることが重要になってきます。 基本的に、若い頃に発症したアカラス症は症状が軽くなりやすい傾向にあります。 ・ドッグラン 普段は犬や猫を室内飼いしているというご家庭でも、一度外に出ると色々な動物に出会います。 さらにダニ駆除薬や抗生剤に加え、治療の補助として薬用シャンプーなどを併用することもあります。 くすりペットナビではJavaScriptを使用しています。 犬と猫のどちらにも発症する可能性のある病気ですが、猫に発症する可能性は非常に低いです。 猫の疥癬(かいせん)について病態、症状、原因、治療法別に解説します。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い猫の症状を説明するときの参考としてお読みください。 「疥癬?」 有効成分のペルメトリンが対象の寄生虫に対して強力に作用し、活動を阻害します。 可哀想だと思うかもしれませんが、感染拡大の防止のためにも大切なことです。 猫の皮膚病の種類はさまざまで、中には命にかかわるものもあります。そこで今回は、おもな皮膚の病気やトラブルの原因・症状・治療法・対策を、症例画像とともに解説します。自宅でのヘルスチェック法もご紹介するので、予防や早期発見に役立ててくださいね。 猫の疥癬(かいせん)について 野良猫の男の子が病気になってしまいました 顔がガサガサになり とても痒そうです おそらくですが 猫の疥癬(かいせん)だと思います ドラッグスト アで販売されている 人間用の市販薬で用いることができるものはありませんか? 送料無料で配送、まとめ買いがお買い得です, 外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。, 猫のノミダニ駆除&フィラリア症予防が1本で可能。耳ダニ・回虫もまとめて1ヶ月間バッチリ予防します。経口薬が苦手な猫ちゃんにもおすすめ。背中に垂らすだけなので簡単です。, .st0{fill:#FF0000;} 他にも「耳介ひっかき反射」が見られることもあります。 痒みが非常に強いため猫は体を掻きむしってしまいますが、その行動によって症状はますます悪化していくのです。 それは動物の疥癬は人間にも感染する可能性があるということです。 ただし小さい頃にアカラス症を発症しても、成長するにつれて免疫力が高まってくるので症状が軽くなっていく場合も多々あります。 子犬は免疫力がまだ十分に備わっていないため、アカラス症を発症してしまうのです。 そうなると痒みや痛みは強くなり、敗血症など命に関わる感染症にかかる危険も出てきます。, ペットが歳をとってからアカラス症を発症してしまった際の治療には、根気が必要になります。 犬や猫に寄生するようなヒゼンダニは人間の身体では繁殖することができず、長くても3週間以内には死滅してしまいます。 なので感染症の予防を目的に、数週間にわたって抗生物質の投与も行いましょう。 一度発症してしまうと激しい痒みが出たり、長く治療を続けなければいけない状態になったりしてしまいます。 Copyright © 2009 くすりペットナビ All rights reserved. ですが疥癬は人間だけの病気ではありません。 ストレスが原因で食欲不振となり、体の調子を崩してしまいかねません。 これらの症状は犬と猫で共通ですが、症状が現れる部分は異なってきます。, 頭や顔、首など(稀にお腹や背中などに症状が出ることも) 疥癬の治療に用いるダニ駆除薬ですが、ダニを除去するためのお薬なので定期的に投与することでペットの疥癬を予防することも可能なのです。 人間がかかる病気の1つであり、発疹や痒みといった症状が現れます。 そこで今回は疥癬とアカラスについて、一緒に勉強していきましょう!, 疥癬とは、ヒゼンダニに寄生が引き金になって発症する感染症のことです。 ペルメトリンには高い殺虫効果があり、一度の使用で疥癬の症状がほぼ改善されるほどの効果を実感できます。, アドボケートは、犬猫どちらにも使用できるプロアクティブ効果で従来のお薬とは全く異なるフィラリアの予防薬です。 もう2年ほど前ですが、疥癬という皮膚病にかかって死にそうだった野良猫を、ストロングホールド(レボリューション)という薬で治療したことがあります。, 疥癬はとても酷い症状になり長く苦しみ、自然治癒することや猫が自力で治すことはとても難しい病気ですが、1本数百円程度の安い薬ですぐに治ります。, ストロングホールドは液体の薬で使い方も首筋に垂らすだけなので、飲み薬よりはるかに簡単に投薬できます。薬を点けて二週間後にもう1回薬を点けるだけでほぼ完治。, 疥癬は猫の皮膚病の中で最も痒いと言われており、その痒みのためにかきむしって毛が抜けたり怪我をしたり、そこからバイキンが入って他の病気の二次感染の原因にもなるとのこと。, さらに夏場はダニが活発になるため症状が強く出て、痒さのストレスから食欲不振、栄養失調になり、徐々に弱って死んでいくことが多いそうです。, よく見ると毛が抜けていて地肌が見えている、ボロボロの状態。目ヤニがついて目も開けられず、野良なのに近付いても全く逃げません。, 付近には猫缶詰の空き缶などが転がっていて、どうやらコンビニの店員やお客がエサをやっているようでした。, いつも人間にエサをもらっているから逃げないというのもあるでしょうが、逃げる体力もあまりなさそうに見えました。, 変に人間に慣れすぎるとそのせいで虐待される場合もあるため、私は本来は野良猫を撫でたりエサを与えない派です。しかしそんな状態ながらもエサを求めてニャーニャー鳴いてくる猫を見て、ついコンビニでキャットフードを買って与えました。, ほとんどの野良猫は猫エイズや猫白血病にかかっていて、寿命を全うできる方が少ないでしょう。暑さや寒さで弱ったり、縄張り争いに敗れたことによるエサ不足、交通事故などで死ぬこともとても多いです。それらと同じく、疥癬などの病気で死ぬことも野良猫にはよくあることです。, しかし目も開かないまま必死でキャットフードを食べて生きようとしている様子を哀れに感じました。 また、疥癬は薬ですぐ治ることを知っていたこともあり、何とかしてやりたいと思いました。, 野良猫を保護している団体をネットで検索して電話してみましたが、捕獲機などで猫を捕まえて連れて行かないと対応出来ないとのこと。, 動物病院にも問い合わせてみましたが、薬だけの処方はしてくれず、こちらも実際に猫を連れて行かないとダメでした。, その時点でどこまでやるか少し迷いました。そこまでするなら最後まで責任持って飼ったほうが良いだろうとか、すでに我が家にいる2匹の猫たちと仲良くやれるのかなど。, ただ放っておくのも偲びなく、(当時はまだ結婚していなかったけれど)夫婦で相談して、結局捕まえて病院に連れて行くことを決断しました。, そしてもう一度猫がいたコンビニに。するとその日もいました。前日と同じ場所からほとんど動いていません。, 上半身は毛が抜けて地肌が見えている有様です。コンビニ駐車場のすぐ裏手が公園なので下が芝生になっています。, エサを与えて食べている間に捕まえてカゴに入れる作戦だったのですが、元々野良猫だったのでそう簡単には捕まえられず、触ろうとすると全力で逃げられてしまいました。, 自分の家の猫はすぐ抱っこできるので、それに慣れていてちょっと甘く見過ぎていました。手もちょっと噛まれました。(疥癬は人間にも移るのでキッチン用のゴム手袋をしていきましたが、手袋が破れてしまいました。), 近くの植木の中に隠れてしまい、そうこうしているうちに日が沈んで暗く…これ以上続けるとさらに猫の体力を奪うことになったり、人間を警戒してエサを貰いにさえも来なくなると思い、その日は諦めて帰りました。, 疥癬が薬ですぐ治るということだけは知っていましたが、薬の種類や名称などは知らなかったので検索したところ『レボリューション』という薬が出てきました。, さらに調べていると成分が全く同じで名前だけが違う『ストロングホールド』という薬があることがわかりました。, ストロングホールドはレボリューションのヨーロッパ向けの名称らしいのですが、なぜか値段がかなり安い。『うさパラ』という個人輸入代行サイトでその薬を注文しました。, 猫用ストロングホールド45mgは1箱6本入りで39ドル。今調べたら当時のレートは1ドル約104円だったので、1箱4,056円。1本あたりわずか676円です。, また疥癬の原因となるヒゼンダニ以外にも、ノミ、フィラリア対策が1回の投与でまとめて可能です。, 妊娠中の猫にも利用できるほど安全性が高いそうで、これも安心でした。そもそも疥癬にかかっている時点でけっこう弱っているので、強い薬だと危ないかもしれません。, 受注メールには「香港から出荷してシンガポール経由で日本に届く」との内容があり、到着まで10日~最大2週間くらいかかるような感じでした。, 暑い時期だったのでその間に猫が死んでしまわないか心配でしたが、缶詰以外にもカリカリのキャットフードや水の入った皿なども置かれていましたし、疥癬は即死するような病気ではないのでひとまず待つことに。, ※うさパラは一見怪しそうなサイトなのですが、全く違法とかではありません。今も定期的に利用しています。, わかりやすいイラストで使い方を説明しています。とても簡単で、首筋に液体を垂らすだけの滴下薬です。, この日は日曜だったので早速薬を点けに行くことに。例のコンビニに行くと猫は相変わらず同じ場所にいました。, 顔面の毛も抜け、目ヤニで目が開かない状態。前足あたりの上半身まで疥癬の症状が広がっています。, 前回捕まえようとしたことはもう忘れていて、エサをやると寄ってきて食べ始めました。そして食べている間にアッサリ首筋に薬の滴下成功!, しかしもし捕獲に成功していたとしても、経口薬を飲ませるのはハードルが高かったと思います。実際に捕まえようとして噛まれて手も怪我しましたし。, 首筋の濡れている部分が薬を点けたところ。地面にこぼれることなく、すぐに皮膚に染み込んでいきました。, 猫は薬を点けられたことにも気付いていなさそうでした。皮膚が固まりすぎているせいで何も感じないのか、または痒みの方が強くて何も感じていないのかもしれません。, 薬でダニが死んでも卵が残っているため、完治させるためには投薬から3週間後にもう1回薬を点ける必要があります。, そこで3週間後に行ったのですが、猫はいませんでした。その後もう一度見に行きましたがその時もいませんでした。, 驚いたのが、ボロボロでカサブタ状に固まっていた皮膚が治って、すでに毛も生えていました。, しかも新しく生えた毛だけ色が違うので変なツートンカラーに(笑)三毛猫ならぬ二毛猫状態です。, 下半身は元からあった毛。疥癬で栄養状態が悪かったためか、日焼けしていたためかはわかりませんが、薄茶色になっています。, 相変わらず目ヤニは出ていましたが、ダニがいなくなり無事に目も開くようになっていました。, ダニが柔らかい部分の皮膚から噛むせいで目の周りや耳など、特に顔回りが重症になりやすいみたいです。, 食欲もすごい。缶詰の次はカツオのようなやつをむさぼります。ちゃんとした黒猫に戻れてよかった。, そして薬が無ければ自然治癒はせず、自力で治すこともできなかったと思うので、あのままずっと痒い思いをしながら弱って、いずれ死んでいたのかと思うと悲しく感じました。, ただ本当に人と関わらずに生きている野良猫だった場合は自力でエサも獲れず、きっともっと早い段階で死んでいたでしょう。, こんなヒドイ状態になっても生きようとする猫がいて、こんなヒドイ見た目になっても可哀想に思ってエサや水をあげていた人たちがいたからなんとか生き残っていて、それで私がたまたま見かけて投薬できて治って…という感じの偶然が繋がった結果です。, 私自身、全ての疥癬の野良猫に薬をやれるわけでもありません。たまたま見かけた猫だけにした単なる自己満足ではあるけれど、元気になってくれてよかったなと思います。, あとは引き続き野良猫として自由に生を全うして欲しいなと思い、それからは特に見に行っていません。, 最初に書きましたが、疥癬は1本数百円の、ランチ1回分程度の安い薬ですぐに治ります。実際に使ってみて予想以上の効果に本当に驚きました。, 1回目の投薬から2回目の投薬までは約1か月半ですが、 実際の治療期間はもっと短いと思います。2回目の時点では毛がフサフサだったので。, またこの猫を見つけたのは夏だったので凍死することはありませんでしたが、冬だと毛が無い状態では凍死していたと思います。, 夏はダニが活発になるため症状が酷くなるのと暑さによってジワジワ体力を消耗するデメリットはありますが、冬に毛がなかったり脂肪を蓄えられない野良猫はもっと短期間で凍死します。, ストロングホールド(レボリューション)は、1本でまとめてヒゼンダニ、ノミ、フィラリア対策が可能です。, 妊娠中の猫にも利用できる安全性があり、すでに疥癬が進行して弱っている猫に使う場合でも安心です。, また捕まえたり経口で飲ませることが難しい野良猫でも、滴下でなら投与でき、なんとかできる可能性はあります。, このブログを読んだ人で、もし疥癬で苦しんでいる猫を見かけて何かしてやりたいなと感じたら、ぜひストロングホールド(レボリューション)を買ってみてください。, なお体重2.5kg以下の子猫にはストロングホールドプラスをどうぞ。ストロングホールドの効果に加え、マダニ対策もできます。, このブログでは夫婦と2匹の猫の日々のあれこれを書き綴っています。よかったら読者登録をお願いします(=^・^=), 30代の夫婦と2匹の猫の、日々のあれこれを綴る日記です。職業はDJではありません。.