猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。 ─── ペットフード販売士:一般社団法人ペットフード協会が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。, 「猫にケージって必要?」 初めて猫を飼うときに迷うところだと思いますが、使い方次第では猫にとっても飼い主さんにとってもメリットがたくさんある便利グッズなんです♪, ただ、便利だからとずっと入れっぱなしにしてしまうのは厳禁! ストレスを与えないように必要なときだけ使うようにしてくださいね。, 猫をケージ飼いするときの注意点、暴れるときの対処法、ケージの選び方のポイントも詳しく説明します。 おすすめケージも紹介しますので、是非参考にしてくださいね。, 猫は基本的に自由気ままでマイペースです。 「わざわざケージに入れる必要はあるの?閉じ込めるのはかわいそう…」などと思う飼い主さんも多いかもしれません。 しかし、上手く活用すればケージ飼いにはたくさんのメリットがあります。, 特に好奇心旺盛な子猫は、飼い主さんが少し目を離したスキに思わぬ行動をすることがあります。 以下、よくあるトラブルです。, このようなトラブルから身を守ることができるため、留守番や旅行など長時間家を空けるときでも安心です。, 猫は警戒心が強く、縄張り意識の高い動物です。 ケージを用意することで、安心して落ち着ける自分だけの専用スペースができます。, 生活しているなかで、ときには運動を控えて安静にしなければならない場合もあります。 例えば、以下のような時です。, 多頭飼いを始める際、ケージを用意しておけば先住猫と新入り猫をスムーズに対面させることができます。, お互いにストレスにならないよう、徐々に慣らしていくとトラブルを防げるでしょう。 以下のような流れで対面させるとスムーズですよ♪, ①新入り猫をあらかじめ用意しておいた大きめのケージに入れて生活させる ②新入り猫が環境に慣れてきたらケージ越しに対面させる ③ケージ越しでの対面に慣れてきたらケージ外で対面させる, 例えば以下のような場合、ケージで生活する場所を区切ってあげれば、飼い主さんのストレスも減り快適に過ごせるでしょう。, 地震や豪雨などの災害時、避難所では鳴き声やニオイに敏感な方や猫アレルギーのある方への配慮から、飼い主さんと一緒に過ごすことができません。, 普段からケージ飼いに慣れておけば、避難生活でもストレスなく過ごすことができるでしょう。, どんなにおとなしい性格の猫でも、常にケージ内に入れっぱなしでは運動不足になりストレスがたまってしまいます。, ケージ飼いする場合でも、1日のなかで自由に部屋を動き回れる時間を必ず作ってあげましょう。, 無理やり閉じ込めてしまうと、極度のストレスがかかり凶暴化したり病気になる可能性があります。 また、閉じ込められることで恐怖心を感じ、飼い主さんに懐かなくなることもあるので絶対にやめましょう。, ケージ内には、以下のようなものを用意してあげましょう。 レイアウトにもこだわれば、猫の満足度もぐんと上がりますよ♪, 猫はきれい好きで神経質な面もあるので、こまめに掃除をして清潔にしておくことも大切です。, ケージ内で過ごす猫は、熱すぎたり寒すぎたりしても身動きがとれません。 そのため、ケージを置く場所の温度管理には十分注意しましょう。, 特に夏場、直射日光が当たる場所にケージを置いておくと、熱中症になる危険性があります。 ケージ飼いする場合は必ずエアコンなどを使って快適な室温に調整してあげましょう。, 長い間室内で自由に生活していた成猫を、突然ケージに入れようとすると暴れて嫌がることもあります。, 猫は狭い場所が好きなので、ケージの隙間に入りたがることも多いです。 ケージの柵に足がひっかかってしまうと骨折などの危険性もあるため、安全なベッドを置くなどしてなるべく隙間を作らないようにしましょう。, また、ケージの天井部分に足が挟まってしまう場合もあるため、天井部分にはケージと同じくらいの大きさの板を置いておくと良いでしょう。 滑り止め用として板の上に毛布などを敷いておくとより安全です。, 猫に首輪をつけていると、ケージに挟まって窒息してしまう危険性があります。 特に鈴がついているタイプはケージに絡まりやすいです。, 窒息は命にもかかわりますので、ケージ飼いするときは首輪をつけないようにしてください。, 猫によっては、ケージの中でストレスや不安などを感じて暴れることがあります。 ケージの中で暴れると怪我をしてしまうことがあるため、注意が必要です。, 1日のなかでケージの中で過ごす時間を少しずつ増やしていき、徐々に慣らしていくことが大切です。 飼い主さんがそばにいる時は、ケージの入り口を開放して自由に出入りできるようにしておくと良いでしょう。, できるだけ高さのあるケージを用意してあげると、運動不足も解消され心地よい空間になるでしょう。, 「ケージ=落ち着ける場所」と認識してもらうために、ケージ内に猫がくつろげる小物を用意しておくのもオススメです。, ハンモックやキャットタワー、おもちゃ、お気にいりの毛布などを入れておけば、自然に慣れてくれるでしょう。, ひとくちにケージといっても種類も値段もさまざま。スペースもとるため、いざ選ぶとなると慎重になりますよね。。。, 大前提として、あらかじめ設置する場所を決めて無理なく置けるサイズのものを選ぶことが重要です。 そのうえで、猫の特徴や嗜好にあったものを選びましょう。, 掃除や模様替えなどの時に便利なのが、簡単に移動できるキャスター付きです。 キャスターがついていれば重たいケージの移動もラクチンですね!, ただし、猫がおもちゃなどをケージの下に押し込んでしまうことも多いので注意しましょう。, スペースが狭い場合は、横にスライドするだけで扉を開けられる引き戸タイプの方が使いやすいでしょう。, 縦や横に連結してサイズを変えられるケージを選べば、猫の成長や家族の変化にも対応できます。, 例えば、子猫の時期は2段タイプの1段目だけを使用して、成猫になったら階数を増やして2段目も使うなど。。。 付属品を買い足すだけで自由に階数を増やせるタイプも使いやすいでしょう。, また、ケージの網部分を猫が引っ掻いたりかじったりすることも多いため、安全な材質で剥がれにくい塗料のものを選びましょう。, 猫の性格や飼い主さんの生活環境によっても異なりますが、生後3ヶ月頃から徐々にケージ外の生活に慣らしてみても良いでしょう。, 室内でイタズラをしなくなったらケージを卒業しても良いですが、お気に入りの場所と認識してずっと使い続ける猫もいます。, 利用方法によってはケージを使うメリットも多いため、自由に出入りできる状態にしてケージを残してあげても良いですね。, 猫をケージ飼いするメリット、注意点、暴れる時の対処法、選び方のポイントについては以下のまとめを参考にしてください。, 保護猫団体の活動を仔細にお届けする「保護猫のわ」・飼い主さんと猫との幸せエピソードをお届けする「なないろ猫物語」の編集担当。, 猫を通して「人」の姿にフォーカスした記事をお届けする猫メンタリーライターとして 猫好きシンガーソングライター・嘉門タツオさんへのインタビューをはじめ、街の看板猫、猫カフェ、猫が住める住宅からキャットフードメーカー、ペット防災の専門家、猫雑貨店、猫をモチーフした漫画家さん、年間3000件ものTNRの不妊手術を行っている獣医に至るまで、半年間で約40名以上の猫と関わる方々に幅広く取材を重ねる。. また、ゲージ内を自分の縄張りとして認識していれば、より一層安心し落ち着いて過ごすことができるでしょう。, 新入り猫を自宅に迎える際には、先住猫との喧嘩を防ぐためにゲージに新入り猫を入れて接触させる必要があります。 q 猫のケージ飼いについて。猫を飼っている方のたくさんのご回答を頂きたいです。 約2週間前、生後2ヶ月に満たない子猫ちゃんが我が家にやって来ました。 猫を飼うのは初めてだったため、家族 Catchu きゃっちゅ, 普段から慣れさせておいて、「ケージの中は安全なんだ」ということを猫が実感してくれれば、いざというときにも強いストレスを感じることなく、ケージで過ごしてくれます。. そのため、仕事や私用で長時間家を空ける場合にはゲージの使用は止めて、家の中を自由に動き回れるようにしてあげて下さい。 またゲージは暗くて静かな場所に設置するようにしましょう。 「猫をケージ飼いするのはかわいそう」と思う飼い主さんは多いはず。しかし、猫の年齢や体調によってはケージの中で過ごさせたほうがよい場合も。今回はケージ飼いのメリットやケージ飼いはアリなのかを解説し、おすすめのケージをご紹介していきます。 多くは名前を呼んだ時や撫でた時などに見られる鳴き声です。, 「ニャオ」と鳴く場合には喜びや甘えを表現しています。 ゲージに入れると激しく騒いだり物を散乱させたりする場合には、ゲージから出したほうが良いかもしれません。, ゲージは躾けや子猫の身を安全に守る上でも役立つアイテムですが、使い方によってストレスを感じさせてしまう原因にもなります。 就寝前に10分~15分程度遊ぶ時間を作り、子猫の狩猟欲求を満たしてあげましょう。, 子猫をゲージに入れると鳴くという場合には、わざわざゲージに入れなくてもいいのでは?と感じる飼い主さんも少なくないと思います。 猫がトイレで鳴く姿に遭遇したことはありますか?猫がトイレで鳴くのには、いろいろな理由があり、おしっこなどをしたときに痛みが出て鳴く猫や、トイレが終わったよと鳴いて知らせてくれる猫もいます。しかし、猫があまりにも頻繁に鳴く場合は、病気のサインの可能性があります。 先住猫が新入りの子猫に対してこのように鳴くことが多く、自分の縄張りに見知らぬ者が侵入することに対して鳴き声で威嚇をしています。 ピュリナ キャットフード 「プロプラン 成猫用サーモン」の原材料・評判・安全性を徹底調査, フリスキー「ドライ バランス かつお・チキン・野菜入り」の原材料・評判・安全性を徹底調査, アカナキャットフード(ワイルドプレーリー)の原材料・評判・安全性を徹底調査【食レポあり】, 線材/スチール(エポキシ粉体塗装)、トレー・バックル・ジョイント/ポリプロピレン、扉ロック/ABS樹脂、棚板/合成樹脂化粧パーティクルボード(メラミン樹脂)、ネジ・金具/スチール、キャスターストッパー/ポリエチレン, フェンス:スチール(粉体塗装)、ジョイントパーツ・フェンス固定パーツ・フェンス固定バックル・底トレー:PP、ロックパーツ:スチール(粉体塗装)・シリコンゴム、滑り止めシール:シリコンゴム, フレーム:合成樹脂化粧繊維板(塩化ビニル樹脂) 線材:スチール(エポキシ粉体塗装) 扉ロック:ABS樹脂 固定ピン:ポリアセタール 棚板:合成樹脂パーティクルボード(メラミン樹脂) 部品:ABS樹脂・ポリプロピレン トレー:ポリプロピレン ハンモック:ポリエステル100%, フェンス:スチールロッド / ロック、ジョイント、ハンガーベッド:PP樹脂 / ハンモック:ポリエステル / 底トレー:ABS樹脂 / 木部:天然木、MDF材. 6月4日生まれのアメショ♀を一昨日から飼い始めました。それで、一緒に遊んであげてケージに戻したらすぐに鳴き出すんです。(外に出してあげるまで鳴き続けます;)猫も問題なんですが、私の妹がもっと問題なんですよ。。。かなり神経 猫をケージに入れておきたいのに、どうしても嫌がって鳴いてしまうというケースは多いですよね。閉じ込めるのは可哀想だとも思いますが、入っていて貰いたい状況の時もあることでしょう。そう言った時にはどうしたら良いでしょうか。うまい対処法はあるのでし 「小さな工夫で暮らしやすく幸せになる」がモットーです。 横浜・関東のお出かけ情報も! (詳しくはこちら). 人間の言葉を話せない猫だからこそ、いったいどんな理由で鳴くのか気になりますよね。上手に要求をくみ取れず、首を傾げてしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。猫が鳴く理由や、鳴いている時の対処法をご紹介します。 ひとつに猫の鳴き声と言っても様々な鳴き声がありますので、鳴き声から子猫の気持ちを汲み取ってあげましょう。, 短く「ニャ」と鳴く場合には挨拶をしています。 プチプラ好き。手抜きに見えない簡単な家事方法や節約、痩せ型女子の悩みなど、暮らし全般に関わる情報をお伝えします。 人間にとっては「おはよう」のようなもの。 狩猟欲求を満たすためには遊ぶのが効果的です。 遊んで欲しい、排泄物を片付けて欲しい、ご飯が欲しいなど飼い主さんに何かを要求する際には、ニャーンと長めに鳴きます。 Copyright © 2020 猫ねこ部 All Rights Reserved. 子猫はまだまだお母さんに甘えたい時期ですので、飼い主さんに対してよく鳴くことがあります。 6月4日生まれのアメショ♀を一昨日から飼い始めました。それで、一緒に遊んであげてケージに戻したらすぐに鳴き出すんです。(外に出してあげるまで鳴き続けます;)猫も問題なんですが、私の妹がもっと問題なんですよ。。。かなり神経 猫を見ていればわかりますが、猫は寒がりであり暑がりであり、自由気ままにのんびりと暮らしたい生き物です。 そんな自由の象徴ともいえる猫をずっとケージで飼うということは、全ての楽しみを奪ってしまうということになります。 しかし、ケージ飼いに 一見すると子猫を閉じ込めるだけのゲージですが、ゲージには様々なメリットがあるんです。 場所に応じて鳴くことが多いため、何を求めているのか汲み取ってあげましょう。, 低く「ウー」と唸るように鳴く場合には機嫌が悪いです。 ゲージは多頭飼い時に新入り猫が先住猫からの攻撃を防ぐ上でも、重要な役割を果たします。, このように子猫をゲージに入れるのには様々なメリットがありますが、入れる時間には注意が必要です。, 時間の目安としては「最長6時間まで」を目安とし、長時間ゲージに入れ続けるのは避けるようにしましょう。 子猫のニオイが染み付いたオモチャを入れたり、毛布をゲージ内に入れるのがオススメ。毛布は母猫の母乳をふみふみする際の代用にもなるため、毛布があると安心する子猫も多いです。 また、ニャオという鳴き声は信頼している相手にしか出さない鳴き声でもありますので、飼い主さんに向けて鳴いた場合には信頼している証となります。, 一方で長く「ニャーン」と鳴く場合には何かを訴えています。 大人2人+猫暮らし。 留守の間イタズラ防止と安全のためにも子猫をケージに入れておきたいのに、ずっと鳴く姿をみていると、なんだかかわいそうに思ってしまいます。 ケージに慣れないというのも理由のひとつかもしれませんが、なぜずっと鳴くのでしょうか。その時の子猫の気持ちとは? 留守の間イタズラ防止と安全のためにも子猫をケージに入れておきたいのに、ずっと鳴く姿をみていると、なんだかかわいそうに思ってしまいます。, ケージに慣れないというのも理由のひとつかもしれませんが、なぜずっと鳴くのでしょうか。その時の子猫の気持ちとは?, ケージに慣れさせるのは子猫のためでもあります。 相手の様子を伺う段階なのですぐに攻撃することはありませんが、相手の出方によっては、猫パンチ等で攻撃をしてくる場合もあります。, ゲージに入れると子猫が鳴く理由や鳴き声には様々なものがありますが、どちらにしても、子猫が鳴き続けるのは決して良いこととは言えませんよね。 q 猫のケージ飼いについて。猫を飼っている方のたくさんのご回答を頂きたいです。 約2週間前、生後2ヶ月に満たない子猫ちゃんが我が家にやって来ました。 猫を飼うのは初めてだったため、家族 猫はケージで飼ったほうが良い?かわいそう?しつけに悩む飼い主さんも多いことでしょう。猫のケージ飼いは、メリット・デメリットどちらの面も存在します。今回はケージ飼いをする際の正しい方法やしつけを解説します。, ケージに入れた飼い方は、猫にとってストレス・デメリットばかりのかわいそうなことなのでしょうか?, 子猫のうちは好奇心が旺盛です。経験も浅いため、危険か安全かの判断がまだつきません。, ケージ飼いは、飼い主が不在中、子猫にとって危険な場所での行動を抑制し、怪我や事故を防げるというメリットがあります。, 地震大国である日本。いつ災害が起きて、ペットとの避難を余儀なくされるか分かりません。, 普段からケージでの飼い方に慣れさせておくなら、非常時の避難行動もスムーズにおこなえるというメリットがあります。, また旅行時ペットホテルに預けることになっても、パニックにならずにケージで過ごせます。, ペットに関する考え方は、立場によってポジティブなもの、ネガティブなものまでたくさんあります。mofmoではご意見含め、出来る限り削除等はしない方針ですが、誹謗中傷や荒らし行為、公序良俗に反する内容など、他の利用者が不快に感じる投稿は削除させて頂く場合がございますのでご注意ください。, 猫を飼い始めた当初はケージ飼いをしていなかったのですが猫のイタズラで人間がノイローゼの様な状態になったため夜間と外出時はケージ飼いにしました。, 3段ケージの中に兄妹猫2匹入れていたのですが遠出などで帰りが遅くなるとフラストレーションが溜まっていたのか2〜3時間程走り回ったため、同じケージをもう一つ購入し3階部分を連結したところ帰りが遅くなっても落ち着き出てきました。, 以前よりはケージ内でもリラックスしているようですが夜勤明けに帰るとニャーニャー(出せ出せ)と鳴くので出来れば外には出たいようです。猫達がなるべく快適に過ごせる工夫は継続する予定です。, ケージでは飼うべきじゃないっていうコメントがありますけど、何が間違っているのか?記事をちゃんと読んでますか?メリットもあるっていってるのに, ケージに入れておくことに対して、かわいそうというイメージを持っていたのは確かです。しかし、こちらでメリット読んだところ、考えが変わりました。決してかわいそうなのではなく、ケージで飼うということは、それが猫のためになると感じました。考えを改めることができました。, 猫をケージで飼わなくちゃいけない環境というのは、猫にとっては良くないと思います。何て言うか人間のエゴが丸出しって感じでイヤだなと思ったのは私だけでしょうか。ケージで飼うというのは、もっと活発に運動をしない動物かと思いますけどね。, ライフジャケット着せれば大丈夫だと思うけどね。犬種的に泳ぎが得意な子も多いし。あとはもう河原で人間が遊んでたら、入りたくなるんじゃない?無理に入れるのはNGだと思うな。, 使い分けるといいって聞いたことがあります。ハーネスと首輪、それぞれ良い点と悪い点があるのでその時時で我が家も使い分けてますよ。, どんなところにお住まいでしょうか。アスファルト、コンクリート、タイル等の道路しかないということであれば、特にフレブルということであればそういったところでは無理と思います。自然な公園等でもあればそこまで車等でお連れになり木陰を中心として遊ばせることは可能かもしれません。その場合でもマナー水以外に飲み水は必携と思います。冷却ウエアー等ご用意されるなど考え得るできる限りの対策はしてやった方が良いでしょう。日の出前後の早朝、日没後の道路が冷えた夜間は無理なのでしょうか。我が家でも田舎ですが5時から1時間程度の早朝散歩(土の道路中心に)をしています。. © 2020 ゆうきYUKIの巣  All rights reserved. document.write( new Date().getFullYear() ); 子猫が嫌がる場合には無理に使用せず、子猫の性格や状況等に応じて使い分けることが大切です。, INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。. 【猫の飼い方】真夏でも室内ケージで乗りきる3つの対策 猫のしつけ方4つの注意点 トイレや爪とぎのしつけさえできれば、猫は手のかからないペットです。 猫が問題行動を起こすときは必ず何か原因があることを忘れないでおきましょう。 猫のケージ飼いというと狭い場所に閉じ込めておくイメージを持ってしまいがちですが、猫の習性を知って最低限守るべきことをおさえていれば、ケージ飼いにはメリットがあるんです。ケージ飼いが向いている猫の特徴や、最高の空間にしてあげる工夫をご紹介。 場合によっては、飼い主さんが近くにいると安心する子猫もいますので、状況に応じて寝室に置くのも良いでしょう。, 一方で、室内飼いの猫は狩猟をすることができませんので、本能的な狩猟欲求が満たされないために鳴いてしまう場合があります。 近寄るな!これ以上近寄ったら攻撃するよ!という意味を込めて、ウーと低く唸るように鳴きます。, シャーやフーッと鳴く場合には威嚇をしています。 猫を飼っている方にはどうも正確な情報が少ないようですが、ケージで猫を飼うといったことに抵抗のある方も多いんじゃないでしょうか?猫がケージを嫌がる・必要なのか・ストレスがかかるかなど様々な情報が錯綜していますが、実際のところはどうなんでしょうが? ゲージに慣れさせたほうが良い理由をご紹介します。, 好奇心旺盛な子猫はイタズラがとにかく大好き。 「暮らし」「美」「猫」などの身の回りの情報をお届けします。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 横浜在住の30代、痩せ体型の元アパレル店員の主婦。 ゲージはこうした子猫のイタズラを防ぎ、イタズラによって怪我をしてしまうの未然に防止することができます。, 不妊手術後などで子猫の体調が優れないときにゲージがあれば、子猫は安心して体を休ませることができます。 ゲージは、イタズラ防止やペットの安全のためにも重要な役割を果たしますが、ゲージに子猫を入れると鳴いてしまうことがありますよね。, 子猫をゲージに入れると鳴くのには様々な理由が考えられますが、主に考えられる理由は以下の3つ。, ゲージに入れた子猫はどんな鳴き声で鳴きますか? 猫をケージに入れておきたいのに、どうしても嫌がって鳴いてしまうというケースは多いですよね。, 閉じ込めるのは可哀想だとも思いますが、入っていて貰いたい状況の時もあることでしょう。, 今回は、猫をケージに入れると鳴いてしまうことについて、原因と対処法をお話をしていきます。, 飼っている猫をケージに入れると、ずっと鳴き続けるので困っている飼い主さんは多いことでしょう。, 立派なケージを買ったのに、どうしても鳴いて騒いでしまう猫。なんでそんなに鳴くのか、原因を探ってみましょう。, 普段から自由に歩き回り、ケージに入る経験のない猫でしたら嫌がるのは当然でしょう。閉じ込められて、一体何をされるのか不安になると思います。, このような場合、ケージに入れることは猫にとって大きなストレスとなります。ストレスは病気の原因にもなるので、注意が必要です。, 猫と聞くと、自由きままなイメージはありませんか?全くその通りで、猫は自由を好みます。, ですが、ケージに入れられるとそれが出来ません。束縛されたと感じれば、嫌がって鳴き続けることでしょう。, その要求が想像出来て、必要がないと判断したら、鳴き声は無視しましょう。諦めれば静かになります。, 水がなかったり、トイレが汚いといった要求は、必ず叶えなくてはなりません。落ち着かない環境だったり、音がうるさいといった要求にも応える必要がありますよ。, 猫を自由に移動出来ない状態にしているのですから、環境の問題には十分に配慮しなくてはなりませんね。, 自由を愛する猫を、狭いケージに入れるのは可哀想に思いますよね。私も基本的には反対です。, ですが、我が家には猫用のケージがあります。何故なら、どうしても入っていて貰わないといけない事もあるからです。, なるべく使いたくないですが、何度か出番がありました。それでは、どんな時に必要となるかご紹介しますね。, 飼い主が出掛けている時、猫は不安を覚えることがあります。そんな時、狭い空間は猫を安心させてくれます。, また、猫だけで過ごしている時に自由に歩ける状態ですと、中毒性のある物を食べる可能性もあります。怪我をしてしまう事も考えられます。, 猫が病気をした時、他の猫への感染を防ぐためにもケージに入っていてもらう必要が出てくるでしょう。また、手術の後に安静を必要とする場合にも、ケージに入ってもらえば安心です。, 我が家も多頭飼育ですので、新しく子猫を迎えた時には必ずケージに入ってもらいます。先住猫への感染防止や、お互いの距離感を保つためなどの理由からです。, ケージの中にトイレや寝床、お皿を置けるスペースがありますので、しばらくの間そこで生活してもらいます。, もし災害が起こった時に、猫がどこかへ行って迷子になるのを防げます。完全室内飼いされた猫の場合、一度外に飛び出したら戻って来るのは難しいでしょう。, 猫をケージに慣れさせる事は出来るのでしょうか?少しでも猫のストレスを少なくするには、どうしたら良いのでしょうか?, まずはケージの中が、安全で落ちつける場所だと認識させることが大切です。それには、食事やおやつをケージの中で与えるのが効果的。, 普段から、ケージの中にいると良い事があると覚えてくれれば、いざケージに入れた時のストレスも軽減されるでしょう。, トイレや水のみ容器も、ケージ内に置きましょう。自分に必要なものが全部ケージの中に揃っているという安心感で、ケージに慣れてくれるかも知れません。, 猫が大好きな玩具を入れてあげると良いでしょう。または、飼い主の匂いのついたタオルや服など、安心してくつろげる物が良いですね。, ちなみにうちの猫は、赤ちゃんの頃からイルカのぬいぐるみがお気に入りです。自分の猫のお気に入りが何か、観察してみましょう。, 猫をケージに入れると鳴くことについて、その原因と対処法をご紹介しましたがいかがでしたか?これだけは言っておきますが、猫をケージに入れるのは「どうしても!」という時だけにしましょう。, ケージ内飼育を基本として遊ぶ時だけ外に出すというのでは、ストレスや運動不足で長生き出来ないでしょう。, 留守番中のケージだって、突発的に「その時だけ」というなら大丈夫、ということです。仕事で長時間留守にする場合、毎日ケージ内に閉じ込めるのは可哀想ですよ。.