3歳をすぎるとほとんどの犬に歯周病が引き起こされていると言われており、どの犬にも歯周病は見られるのですが、特に小型犬(中でもミニチュアダックス)では歯根膿瘍を起こしやすいことが知られています。, 犬が歯周病になると、口臭が強い、よだれが多い、よだれに血が混じる、膿っぽい鼻水が出る、くしゃみが多い、くしゃみに血が混じる、口を触ると怒る、フードを食べづらそうに食べている、などの症状が出ます。 実際にペット保険をご利用の方の口コミや各種ランキングも多数掲載しておりますのでペット保険にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。, 『みんなのペットライフ』編集部スタッフが、わんちゃん・ねこちゃんの飼い方、しつけのアドバイスなど、毎日のペットライフに役立つ知識や情報をお届けします。, 事情があり飼えなくなってしまったペットや飼い主がいないペットの里親募集情報を掲載しています。, 株式会社シムネットは、個人情報の適切な管理をするプライバシーマーク付与事業者として認定されています。. 愛犬の鼻が乾いていたり、鼻水や鼻の色が変わったりすると、何かの病気? と心配になりますよね。鼻の状態が示すサインを知っておきましょう。, 犬は人間よりも遥かに優れた嗅覚をもっています。これは、鼻の構造自体がニオイを感じやすいように作られているためです。また、鼻の表面が湿っていることで、よりニオイを感じ取ることができるようです。普段の愛犬の鼻は湿り気があって、ちょっとひんやりしていますよね。犬の体調が良い時の鼻は、湿り気があっていきいきしています。眠っている時は乾いていることが多くなりますが、これは異常ではありません。, 愛犬の鼻の状態に異変が見られたら体調不良のサインかもしれません。犬の鼻の様々な状態でわかる病気のサインをまとめてみました。, 大切な愛犬の健康は、毎日鼻でチェック! いつもと違う状態や症状がある時は、病気のサインなのでしょうか? 病気が疑われる鼻の状態には、以下のような症状があります。, 日常的に犬の鼻が乾くのは、空気が乾燥している時、睡眠中、寝起きの時、そして眠い時も乾くことがあります。たまたま水分不足で鼻が乾くこともあるので、そういった場合は水分補給に気をつけてあげてください。下痢や嘔吐などで体内の水分を失ってしまうほかにも、腎疾患やホルモン疾患等で、必要以上の水分が尿として出て行ってしまうこともあります。慢性的に鼻が乾いている場合は、これらの病気によりカラダが脱水状態になっている可能性があるので注意が必要です。, 犬の鼻から鼻水が垂れていて、いつもより鼻水の量が多い場合は体調不良かもしれません。鼻水の状態が病気のサインとなることが多く、どんな鼻水が出ているのかチェックが必要です。サラッとした水っぽい鼻水の場合は、アレルギーなどが原因となっているかもしれません。ドロットした黄色っぽい鼻水の場合は、細菌感染などを起こしていることもあります。また、鼻に異物が入ってしまったり、出来物ができたりして鼻水が出ることもあります。いずれにしても、速やかにかかりつけの獣医師に診てもらいましょう。, 犬の呼吸が少し苦しそうだと思ったら、鼻が詰まっているのかもしれません。寝ている愛犬の顔の近くに手鏡などを置いて、鼻息で鏡が曇らなければ鼻が詰まっていると考えていいでしょう。鼻づまりが数日続くようだったら、獣医師に診てもらいましょう。, 鼻に刺激があったり、異物が混入した際に鼻を鳴らすことがあります。また、逆くしゃみといって、鼻の奥に刺激を感じ、強く鼻を鳴らすこともあります。これらはさほど気にする必要はありません。ただし、鼻を鳴らすと同時に呼吸が苦しそうであったり、長時間続くような場合は、迷わず病院へ連れて行ってあげましょう。, 黒々としていた愛犬の鼻が薄いピンクになったり、色が抜けてしまったりすることがあります。遺伝的に色素が薄い犬や、加齢によって鼻の色が退色した場合は、健康的には問題ありません。病気の可能性があるのは、鼻の色が抜けるとともにかさぶたや紅斑などがみられる場合です。皮膚や免疫疾患が考えられます。万が一ということもありますので、獣医師に診察してもらってください。, 人と違い、犬では通常鼻血はあまり起こりません。犬が鼻血を出している場合は、外傷、血液凝固異常、異物混入、腫瘍などが考えられます。すぐに獣医師の診察を受けてください。, 一緒に暮らす愛犬の鼻の小さな異変に気づいてあげられるのは、飼い主だけです。毎日の健康チェックのひとつとして、愛犬の頭を撫でるついでに鼻を触って、鼻の状態をよく観察してあげるようにしましょう。少しでもいつもと違う状態を見つけたら、早めに病院で診てもらってくださいね。, 最終更新: 犬は自分でそれをとることはできませんので、水で濡らしたガーゼやコットン、あれば清浄綿などで乾いた鼻水を湿らせてから、優しくキレイにしてあげるといいでしょう。 犬 追記:ガンに効くと謳っているサプリメントは全部効きませんので無駄金は使わず、病院で使ってください。 ところで、歯のほうは大丈夫だったのでしょうか? 近位のなるべく大きな動物病院に行き、ご自身の希望のすべてを連絡してください。 感受性検査の結果に沿って抗生物質を投与しても改善が見られなければ、麻酔下での抜歯が必要かもしれません。 起きているときは常にハァハァと口で呼吸している事が多く、寝ると5分も経たずに鼻が詰まって飛び起きる状態。鼻水は粘度の高いスライムの様な鼻水でなかなかでて来ません。色はかなり薄い黄色です。苦しそうな寝息を聞いていると何が最善なのか考えても答えが出ません。 僕が該当動物を診察させていただいたわけではありませんので、的はずれなことを書いてしまうかもしれません。 原因となる病気によっては食欲や元気がなくなったり、鼻血を引き起こすこともあります。, 犬に見られる鼻炎には、ウイルス感染症、細菌感染などの感染症の他、アレルギーなど様々な原因で起こるとされています。 「そういえば、犬の鼻の色が昔よりも薄くなっている気がする。年のせいかな?」 「真っ黒だった犬の鼻の色がまだらになってきたけど、もしかして病気なのかな?」 このような疑問はありませんか? 犬の鼻の色は同 ... Copyright© 犬の病気対策マニュアル , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4. 犬の鼻づまりには単なる一過性の体調不良により起こる場合もありますし、なんらかの病気が原因の場合もあります。呼吸困難を引き起こす可能性があるため、原因をつきとめて早めの対処が必要となります。, 鼻づまりとは鼻がつまっているために呼吸が苦しそうになっている状態の事をいいます。鼻の粘膜が膨らみ呼吸を妨げている場合と鼻水が大量に分泌されて呼吸が妨げられる場合があります。, 見た目では判断できませんが、寝ている犬の鼻の前に手鏡をおいても曇らなければ鼻が詰まっている状態とわかります。, 鼻づまりが起こる病気には、アレルギー、副鼻腔炎、腫瘍、歯周病、ポリープ、感染症などがあります。 アレルギーによる鼻づまりは、免疫機能がアレルゲン(アレルギーの原因物質)に過剰に反応する事により起こります。, 副鼻腔炎は副鼻腔(鼻の奥の空洞になった骨のスペース)とよばれる場所が炎症した状態で、ウイルスや細菌などが原因により起こります。, ポリープは発生数が少ないですが鼻の粘膜に発症し鼻の中を狭くするため鼻づまりが起こります。, 鼻の中に異物が入り込むと、鼻の粘膜が炎症を起こすため鼻づまりが起こります。生理現象の一つで、異物を追い出そうとする生理機能によりくしゃみを連発するようになります。異物にはティッシュの屑や何らかの破片などがあります。, 老齢になると鼻を常に湿らせておく分泌腺の機能が低下します。鼻が乾燥しやすくなり炎症を起こしやすくなります。鼻の中に炎症が起こると鼻の穴が狭くなり鼻づまりを起こしてしまいます。, 基本的に鼻づまりはどの犬種でも罹患する確率は同じとされています。ただ、鼻の腫瘍に関しては、長頭種(マズルが長い犬種)に多いとされています。, 病気により鼻づまりが発症してしまった場合、病気の特定とその治療が大切になります。免疫力が低下しないように食事による栄養管理を大切にしてくださいね。, 異物による鼻づまりは異物の除去を行う必要があります。鼻の粘膜を傷つける可能性を考慮し獣医師に行ってもらうようにしましょう。無理に自分で取り出そうとはしないでくださいね。, 老化による鼻づまりは乾燥によるものですので、加湿により対処できます。加湿器などを活用し湿度を管理してあげて下さい。老齢犬では70%くらいが適度とされています。特に冬場は空気が乾燥しやすくなるので湿度の調整に気を配ってあげてくださいね。, 鼻づまりの検査では血液検査が主に行われます。副鼻腔炎やアレルギーの有無などを確認する事ができます。これにより原因を特定し、今後の治療方針を決定していきます。, 腫瘍が原因の場合にはレントゲン検査により確認が行われます。鼻の穴の炎症や膿が溜まってないかも確認する事ができます。腫瘍が認められた場合には外科的手術を行うことがあります。鼻の中の炎症や膿が認められた場合には薬を使用した化学療法を行います。, 犬の鼻づまりを対策するには、免疫力を高め病気になりにくい体を作る事が大切です。栄養バランスのよい食事、適度な運動、清潔な生活環境などを心がけるようにします。, 鼻づまりが起こった場合、加湿やアロマ、ツボマッサージなど鼻づまり解消法により症状をやわらげることができる可能性があります。ただ、自分の力で解決できそうにない場合には必ず動物病院を受診してくださいね。, 愛犬を日頃からよく観察し、異常を感じたら獣医師に相談するなど病気の早期発見に努めることが大切です。. ペットホテルに犬を預けるための条件。子犬はいつから?ストレスをかけないためのケア方法は?. おそらくそれがベストかと思います。 ルイさんがどうしたいかによって治療のすべてが変わります。 犬の鼻の状態とサインについて. 何でもないのが一番ですが、セカンドオピで診ていただいては いかがでしょう? 同じ診断結果になるのか、そうでないか。 興奮すると、ガガーググーと鼻が詰まったような呼吸 佳憐 さん. 僕は飼い主様の投稿文をコピー・アンド・ペーストして、文中の意見に矢印を書いてコメントすることにしています。 ⇒ケージにこすりつけてできた鼻の傷が回復途中であるためメラニン色素が抜け、皮膚色になっている状態かと思います。 獣医師とご相談なさってください。よろしくお願いいたします。, 動画を確認しました。 犬も同様に食事の臭いで食欲がかき立てられますので、鼻づまりが酷くなると食欲が落ちることがあります。 全文をコピー・アンド・ペーストして返答することにしています。 ペットが病気やケガをしたとき、治療費の一部または全額を負担してくれるペット保険には提供しているペット保険会社によって様々なプランがあります。 一般論に終止してしまう場合もあるかもしれません。ご了承ください。 ペット保険比較サイト「みんなのペット保険」なら、犬種・猫種、年齢から補償内容・保険料を比較し、そのまま資料請求やお申し込みも可能です。 犬の鼻づまりには単なる一過性の体調不良により起こる場合もありますし、なんらかの病気が原因の場合もあります。呼吸困難を引き起こす可能性があるため、原因をつきとめて早めの対処が必要となります。 この記事では鼻づまりの原因や病気、対処法などについてまとめました。 読みづらいかもしれませんが内容の齟齬を減らすための工夫のつもりですのでご容赦ください。 回答よろしくお願いします 特に食欲も減ってはいませんし、遊びも普通通りで元気に見えます。ただ ちょっと鼻水が多めに出てるようでそれを舐めてしまっての炎症かな?とも思いましたが、片側だけですのでご相談させていただきました。 それならば、犬歯の歯石沈着並びに歯槽膿漏から来る口腔鼻腔瘻が背景にあり、続発して可能性鼻炎を起こした可能性が高いと思います。 愛犬の鼻が乾いていたり、鼻水や鼻の色が変わったりすると、何かの病気? と心配になりますよね。鼻の状態が示すサインを知っておきましょう。 私は動物を診察したわけではありませんので見当違いな回答をしてしまう場合もあります。ご了承ください。 十中八九ではおおざっぱすぎて何とも言えません。ただ、それが10同じことを行うと1か2の確率で死亡するとすると穏やかではありません。私なら到底納得できません。もう少し詳しく聞いて納得してから行いましょう。 だんだん炎症(?)がひどくなってるようで、鼻水で常に湿っている部分なので治りにくいのかもしれませんが これはこのままで大丈夫でしょうか?? 鼻水は、透明で匂いはありません。くしゃみもありません。ウンチも普通です。さむがっている感じもありません。鼻先をかゆがってる様子もありません。真っ黒なお鼻だけにそこだけ目立ってしまって痛々しく見えるのですが、夫には心配のし過ぎだと言われますが 悪い病気のサインではないかと心配しております。連休中で動物病院もお休みなのでこちらで相談させていただきました。宜しくお願いいたします。 また、目で作られた涙は鼻涙管と呼ばれる管に押し込まれ鼻の奥に流れていくので、鼻づまりが酷いと涙目になることもあります。 お金の問題で愛犬の寿命を縮めないためにも愛犬が元気なうちにペット保険に加入することが大事. 外観から悪性腫瘍、しかも骨も他の組織も犯していると推察されます。 rakuten_affiliateId="0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId="101213";rakuten_recommend="on";rakuten_design="slide";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_adNetworkId="a8Net";rakuten_adNetworkUrl="https%3A%2F%2Frpx.a8.net%2Fsvt%2Fejp%3Fa8mat%3D2C2ZJ5%2B1ZG2WY%2B2HOM%2BBS629%26rakuten%3Dy%26a8ejpredirect%3D";rakuten_pointbackId="a14122702349_2C2ZJ5_1ZG2WY_2HOM_BS629";rakuten_mediaId="20011813"; ©Copyright2020 petty[ペッティ].All Rights Reserved. 上部気道症状であり、体の動きもないので鼻の症状で間違いないと思います。 その場合は、放射線治療や抗がん剤の投与などの治療法の他、消炎鎮痛剤など対症療法を検討します。, 鼻づまりは鼻の病気だけではなく、“歯根膿瘍”といった歯の病気から引き起こされることもあります。, 歯根膿瘍とは歯を支えている骨まで細菌が感染した状態のことを言い、その原因は“歯周病”になります。 よろしくお願いいたします。, はじめまして、よろしくお願いいたします。 8畳2間に犬164匹…「まるで満員電車」多頭飼育崩壊か。という記事を先程見ました。犬が近親間で妊娠した場合産まれる子犬に何らかの異常や障害はあるのでしょうか?犬は人間とは別で近親でも大丈夫(リスク無し)なのでしょうか? 1分でも長生きしてくれることを願うのであれば、断前吻部切除以外にありません。顔貌は大分変わりますが樹、用の延長効果が望めます。腫瘍のみの摘除は全くおすすめしません。そのような段階はおそらく数ヶ月前に通過していると思われるからです。 もしこびりついてなかなか取れない、犬が強く抵抗する場合は、無理のない程度に少しずつ取ってあげるようにしましょう。, 人間もそうですが、鼻が詰まり嗅覚が落ちると味覚まで鈍く感じますよね。 愛犬と遊んでいると、突然鼻をフガフガさせ始めたという経験はありませんか。突然苦しそうにフガフガさせると、飼い主としては心配になりますよね。では、犬が鼻をフガフガ鳴らしているときは、どのような理由が考えられるのでしょうか。 小型犬に多いと言われる「気管虚脱」は、咳が出たり、最悪の場合は呼吸困難に至ることもあります。気管虚脱の発症原因や治療法、予防法などについて、獣医師の三宅先生にうかがいました。