(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 老犬に関するコラム「老犬にできやすい「粉瘤(ふんりゅう)」」【老犬ケア】。 老犬・愛犬(大型犬・中型犬・小型犬)に関する情報を発信していきます。 粉瘤とは毛穴が袋状になった一種の良性腫瘍(のう腫とも言います)です。基本的に皮膚ですので、角質が次々できて、なかに古い角質となって溜まっていきます。みかけは皮膚がドーム状に盛り上がり、時間の経過とともに少しずつ大きくなります。問題は感染を起こしたときです。細菌が侵入すると、膿が溜まり赤く腫れあがります。顔や頭、首、耳、背中、おしりなどにできやすい傾向があります。毛穴がない足底にもできることがあります。皮膚が陥入してできます。, 細菌感染を合併してしまった場合は抗生剤を内服します。膿が出る場合は中から押し出す必要があります。なかには痛がりの方々もおられます。当院ではできるだけやさしく処置するように心がけています。しかし、昔から「膿あらば出せ」という言葉もあり、ちょっとがまんして頂いて膿を圧出させることもあります。診察時にどうぞご相談下さい。, 二次感染自体は飲み薬や塗り薬などで治りますが、もともとあった粉瘤は手術で取るしかありません。良性の腫瘍なので手術を行うかどうかは患者さんの意思を尊重いたしますが、取ってしまいたいという希望があれば、外科的治療をお勧めしています。 当院では兵庫医科大学形成外科教授 垣淵正男先生を手術のために招聘させて頂き、施行頂いております。, 地下鉄「心斎橋」駅2番出口(梅田側出口)下車クリスタ長堀 北8番出口すぐ※地下鉄8番出口ではありません. 高齢犬によくみられる皮膚のしこり「粉瘤」について、その原因や治療法をまとめました。老犬ケアでは、老犬介護のノウハウ、介護用品の紹介、老犬ホームへの預け入れに関する情報を掲載しています。 中~高齢犬の皮膚によくみられるしこり状のできものがあります。この多くは「粉瘤」と呼ばれ、正確には「表皮嚢胞」といわれるできものです。 この粉瘤はブラッシングやシャンプーの時に気づく皮膚にできる腫瘤のひとつで、とてもよくみられる皮膚のしこりです。 今回は粉瘤のできる原因や治療をまとめてみました。 ■粉瘤とは 粉瘤はアテロームとも呼ばれる皮膚にできる表皮嚢胞で、体のどこにでもできやすく、老犬はとくにできやすい腫瘤です。良性のため、すぐに摘出しなくてはならないものではありません。大きさは数ミリで気づくこともありますが、放置しておくとだんだん大きくなっていく傾向があり、5㎝大のしこりになることもあります。また、一度に数カ所できることもあります。 原因はさまざまありますが、皮膚からフケや垢として剥がれ落ちるはずの角質や皮脂が皮膚の下にできた袋状の嚢胞に溜まってできることが原因とされています。 ◾️治療について 粉瘤の治療は、場合によっては経過観察ということもありますが、局所麻酔での切除になります。しこりの中央部分からにきびを絞り出すように中に溜まった老廃物を絞り出す方法もあります。小さな粉瘤であれば、無麻酔で中の袋ごと絞り出して治療が終わることもあります。 念のため、細胞診で良質病変かどうかを確認することも大切ですが、触診や視診である程度の予測診断が可能です。 粉瘤と診断されたら老犬に負担をかけないよう再発防止の治療も含めて、早めに切除すれば治療は完了です。切除も局所麻酔で施術が可能なので、小さな場合は貼付用局所麻酔剤を貼って、麻酔が効いたら切除するだけなので、麻酔から終了まで数十分で終わります。 ◾️表皮嚢胞を予防する 残念ながら、表皮嚢胞ができる原因がはっきりとわからないので、予防は確立されていません。また、切除した部分以外の皮膚にできてしまうケースもあります。脂性肌の犬種にできやすい傾向があるようですが、どの犬種でも発生例があります。 もし、皮膚にできものを発見したら、早めに獣医師に相談してください。表皮嚢胞は良性といっても放置すると化膿することがあります。 また、大きくなると自然に破け、皮膚に穴が開いて炎症を起こし、強い痛みを感じてしまうこともあるので、早めの対処が必要です。 老犬への負担がかからないよう、早めに見つけて処置することをおすすめします。 (医療監修:獣医師 先崎直子). 老犬ホーム・老猫ホーム情報・ご入居相談なら、老犬ケア相談デスクまで。 犬のアテローム 犬のできもの 犬の粉瘤 犬 の表皮嚢胞. 犬の表皮嚢胞(ひょうひのうほう)、粉瘤、イボ、できもの 90363 views 2019.01.11 2019.09.02 猫 顎の下が黒い ~猫のアクネ・痊瘡(ざそう)~ 31423 views 犬の表皮嚢胞(ひょうひのうほう)、粉瘤、イボ、できもの 90363 views 2019.01.11 2019.09.02 猫 顎の下が黒い ~猫のアクネ・痊瘡(ざそう)~ 31423 views 粉瘤とは 粉瘤とは毛穴が袋状になった一種の良性腫瘍(のう腫とも言います)です。基本的に皮膚ですので、角質が次々できて、なかに古い角質となって溜まっていきます。みかけは皮膚がドーム状に盛り上がり、時間の経過とともに少しずつ大きくなります。 老犬ケア相談デスクでは、電話やメールでのお問い合わせを受け付けております。. 短い尻尾や曲がった尻尾も!猫の尻尾について. ツイート; シェア; はてブ; Google+; Pocket; feedly; 巣作り行動をしてしまう!?犬の「偽妊娠」について. 初めて犬を飼う方はもちろん、ずっと犬と暮らしてきた方でも「初めて聞いた!」と驚くことも多い「犬の肛門腺絞り」。 普段馴染みのない行為なので、お尻を絞るってどういうこと…?と、戸惑ってしまう気持ちも頷けますヾ(;´ `a&・・・ ワンちゃんの高齢化に伴い歯周病が大変増えています。最近では月に一件以上麻酔下での歯石除去のご予約が入っています。実際には歯石のクリーニングだけではなくほとんどのケースで複数本の抜歯が必要となる重度の歯周病になっているケースが多くみられます。, 「最近、うちのワンちゃん、お口がくさい」なんて思っている飼い主さん、要注意です。お口の中をチェックしてみましょう。茶色い歯石が歯の表面を覆っていたり、ハグキが赤く腫れ上がったりしていませんか?, 歯周病とは、歯の周囲に付着する歯垢や、歯垢が石灰化してできる歯石によって歯肉や歯根がおかされる病気です。5歳以上の犬の約80%以上は歯周病がみられます。, 歯周病になると口臭だけでなく、食事をするときに痛みを伴ないます。また、細菌が血管から進入し心臓や肝臓、腎臓などへ運ばれて感染症を引き起こすことにもなります。最近では、健康診断でほとんどのワンちゃんのお口にトラブルが発見されます。, 歯周病になりやすい品種として、小型犬種(トイプードル、ミニチュアダックス、ヨーキー、ポメラニアンなど)や短頭種(チワワ、シーズーなど)が注意が必要です。, 特に一番大切なのは上下の犬歯です。上の犬歯が抜けた場合、口と鼻が繋がって食事や水が鼻腔に入り込んでしまう口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)が発生したり、下の犬歯が抜けた場合には下顎が後退して舌が出たままのワンちゃんになってしまいます。, また、臼歯の歯根の感染で下顎骨折や眼の下の頬に膿がたまる根尖膿瘍(こんせんのうよう)が発生することもあります。, 歯周病の予防としては毎日時間を決めて、歯を磨いてあげるのが効果的です。 最初はどんなワンちゃんでも歯磨きを嫌がります。嫌がる場合は、無理に行わず、毎日少しずつ根気よく練習しましょう。ワンちゃん用の歯ブラシも多数販売されていますが、初めは指にカーゼを巻き付けて、ぬるま湯で湿らせたもので優しく声をかけながら行うと良いかと思います。初めのうちは犬歯が磨きやすいと思います。, ただし、歯石がついてしまった場合には上記の方法では取れません。ワンちゃんの場合、人間のように「お口を開けてください」とはいきませんので、全身麻酔をかけて、スケーラーや超音波歯石除去機で歯石を除去します。驚くほどきれいになります。, 高齢のワンちゃんに限らず7~8歳くらいのワンちゃんでも重度の歯周病を抱えていることが多くなりました。歯石を除去したら、歯根が見えていたり、歯がグラグラしていたりと歯石を取った際に歯根の異常が認められた場合、今後の口腔衛生の為にもためらわずに抜歯を行っていきます。グラグラしている歯は再生することがありません。.