この目の周りの骨に沿ってマッサージをおこなうといいでしょう。, 犬は自分の足で体を掻くこともできますが、足では届かない気持ち良い場所も沢山あります。 喉は触り方によっては苦しくなってしまうので、心配な場合は、犬の首の側面と背中側だけにしておくようにしてください。, 犬の背中をブラッシングをしてあげることがあるかもしれません。 目の周りを触ってみると硬い骨で、犬の目がしっかり囲まれているのが分かると思います。 これは愛犬でも、よそのお家の犬でも試してもらいたい方法で「3秒ルール」と言われています。どんなことかと言うと、犬を3秒なでてから、その後一旦なでる手を止めて、犬から手を離してみます。すると、犬から何かしらの反応が返ってきます。 ただ、初めからしっかりおこなおうとするとお互い疲れてしまいます。, 今回、ご紹介したマッサージの場所にこだわらず、愛犬が触られて喜んでいるところから始めてみるのもおすすめです。 犬を撫でているとうっとりと気持ちよさそうにしている姿がたまらなく可愛いのですが、どうして犬は撫でられると喜ぶのでしょうか?その理由は犬の性質にあったんです。「犬が撫でられて喜ぶ場所」と一緒に詳しくご紹介します! 犬は飼い主の元へやって来て、様々な手段を使い撫でてもらおうとすることがあります。この行動からもわかるとおり、犬は撫でられることが好きです。では、なぜ犬は撫でられることが好きなのでしょうか。今回はその理由について見ていきます。 犬が好きなあなた!もっと犬に好かれたいと思いませんか?今回は犬に好かれる人に必ずある共通点を紹介していくので、犬を飼っているのに、なぜか自分にだけ懐いてくれないとお悩みの方も必見です。 リラックスした気持ちの良さが得られるマッサージ。このマッサージ、何も人間に限った話ではなく、犬にも「そこ、気持ちいい」と感じる場所があるんです。今回は、そんな犬が喜ぶ5つの気持ちいい場所をご紹介します。明日から、愛犬の専属マッサージ師になれること、間違いなし!?, 犬の目が疲れている時や、涙や目やにが多い時は、目のまわりを1周、優しくさするようにマッサージしてあげましょう。 アキレス腱をつまむようにマッサージしてあげるのもいいでしょう。, iStock.com/LittleCityLifestylePhotography, 耳を自在に動かせる人はほとんどいませんが(稀に自分の意思で耳をぴくぴくと動かせる人がいますね)、犬は耳を立てたり、寝かせたり、音の鳴るほうに向けたり、と耳をよく動かします。, そんな愛犬の耳を是非、労わってあげてください。 犬は飼い主の元へやって来て、様々な手段を使い撫でてもらおうとすることがあります。この行動からもわかるとおり、犬は撫でられることが好きです。では、なぜ犬は撫でられることが好きなのでしょうか。今回はその理由について見ていきます。, テレビを観ている時、家の用事をしている時、愛犬が隣にやって来たと思ったら、撫でて欲しそうに前足をちょんちょんと腕に持ってくるという行動を見たことはありませんか?なぜ犬は飼い主に撫でられることが好きなのでしょうか。そこには様々な理由がありました!, 当たり前ですが、犬は人間とは違う四足歩行です。そのため、体のいろいろな場所がこっていると言われています。しかし、人間のようにしてもらいたい時にマッサージをしてもらいに行くということはできません。, 実は撫でるという行為によって、犬の血行を促進するマッサージ効果が生まれることがあります。この「気持ち良い」という感覚を味わうために、わざわざ飼い主の元へ行き、マッサージしてもらうことがあるのです。, そのため、撫でる時は犬のツボを意識しながら撫でてあげると、より愛犬を喜ばすことができますよ!ちなみに筆者の愛犬は耳の後ろを軽く撫でてあげると気持ちよさそうにしています。, マッサージと少々似たような理由ですが、マッサージではなく、自分の足では届かない痒い部分を掻いて欲しいという理由から、撫でてもらおうとする犬もいます。, 普段は器用に後ろ足を使い、痒いと感じた部分を掻いている犬ですが、足の長さには限界があるため、掻きたくても掻けない場所があるのです。そんな時、「飼い主さんに掻いてもらおう!」と思いつき、飼い主さんに撫でてもらうことがあります。, 「痒い場所があるから掻いてほしいな」と寄ってきている時は、その部分を飼い主さんに押し付けてくるなど、わかりやすく教えてくれています。ぜひそのサインを汲み取り、その場所を撫でてあげてくださいね!, 次に飼い主さんに構って欲しいという甘えん坊な犬によくありがちな理由です。飼い主さんに構って欲しいために、飼い主さんに撫でてもらうという方法で構ってもらおうと寄ってくることがあります。, 前足でちょんちょんと腕を触ったり、飼い主さんにくっつくようにゴロンと横になった時は、「構って欲しいな、撫でて欲しいな」という欲求の現れです。, もちろん、撫でてあげても良いのですが、毎回応えてしまうと「こうすれば飼い主さんは必ず構ってくれる」と勘違いしてしまい、構ってあげられなかった時のストレスが大きくなってしまいますので注意が必要です。, また飼い主さんに構って欲しいという心理とは別に、飼い主さんに撫でられることによって安心感を得たい、リラックスしたいという時にも撫でてもらおうとすることがあります。, 何か不安なことがあったり、長時間の外出から飼い主さんが帰ってきた時などに見られることがあります。「やっと帰ってきた!よかった」というホッとした感情と、不安を埋めて欲しいという感情が合わさり、このような行動に出るのです。, 実は撫でられることが好きということを前提で話を進めてきましたが、犬は撫でられることが好きなのではなく、どちらかというと撫でられることを受け入れているという感覚に近いのです。, もちろん、撫でられることが好きな理由でもお話ししたとおり、マッサージ代わりや足が届かないところを掻いて欲しい、飼い主さんに構って欲しいから撫でられるという戦法をとるというように、自ら撫でられに来る子もいます。, しかし、中には撫でられることを嫌う子もいます。特に飼い主さん以外の人間には警戒心を抱いているため、基本的には嫌がります。受け入れているのであれば、とても穏やかな性格であったり、何度も会っているために心を許しているのでしょう。, したがって、人間側からしつこく撫で回しに行くという行動をしてしまうと、ストレスを与えてしまう恐れがあります。愛犬の方から来た時のみ、または程度を考えて撫でてあげるようにしましょう。, いかがでしたでしょうか。このように犬は撫でられること自体が好きなのではなく、何か目的があって撫でられに来ていることが多いです。「なぜ撫でてほしいのか」という欲求をくみ取り、愛犬に合った撫で方をしてあげましょう。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, 我が家の愛犬パピヨン5歳は、撫でられるのが嫌いで近寄って来ても、撫でると逃げて行きます。ただ首筋だけは例外で右も左も撫でると、もっと撫でてと言わんばかりに押しつけてきます。とても可愛い。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. また、治療中の病気や怪我(けが)、皮膚疾患がある時はマッサージは行えませんので、注意しましょう!, 犬が人の顔をペロペロ舐める行為をよく見かけます。しかし、あまりにもしつこいと「うちの犬、大丈夫かしら!?」なんて思ってしまいますよね?舐めるという動物特有の行為にも、さまざまな意味や理由が隠されているのです。飼い犬が顔を舐める本当の理由を知っていますか?, 【獣医師監修】愛犬が飼い主に甘えたいときにする、3つのサイン(しぐさ)と理由や意味は?, 犬が大好きな飼い主に甘える行動を取る場合、そこにはサイン(しぐさ)が隠れていることがあります。ここでは、犬たちが見せる、甘えるときに見せるサイン(しぐさ)を3つご紹介します。犬が甘える理由を知って、もっとわんちゃんと楽しく過ごしましょう!, 【獣医師監修】犬にも気持ちいいツボがある!?マッサージや撫でると犬が喜ぶ5つのツボ!, 本サービスでの獣医師・獣医療従事者等による情報の提供は診断・治療行為ではありません。, 本サイトに掲載された情報等のご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、弊社は一切責任を負いません。. 慣れてきたら、「頭頂部 → 耳の付け根 → 耳の先」と親指を滑らせるようにしておこなうのもおすすめです。, 超大型犬以外では、基本的に犬は人より低い場所に位置ています。 人間も普段は自分では手が届きにくい場所ほどマッサージしてもらうと気持ちいいものですよね? ブラッシングは、汚れを取り去るだけではなく、血行促進などの効果があるため、是非、毎日おこなってあげたいものです。 首から腰にかけて背骨がありますが、その周囲の皮膚を優しくマッサージします。 肢先から肢の付け根に向けて、血液やリンパを流すイメージでマッサージしてみてはどうでしょうか? あなたの愛犬が次の3つの行動をしていたら気をつけてください。すぐに病院に行ったほうがいいかもしれません。1つ目は、壁に頭を押しつけること。これは脳のトラブルの兆候です。2つ目はお尻を地面にこすりつけること。これは肛門腺が詰まっているサインかもしれません。 プラスしてマッサージも加えるとなおいいでしょう。 大切な愛犬との絆を寄り深めたいという思いは、飼い主であれば誰もが持っていると思います。愛犬との信頼関係を深めるためには、こちらが一方的に愛するだけでなく、犬からも愛されなくてはいけません。今回は、犬からもっと愛されるためにするべきことを紹介します。, 愛犬と信頼関係を深めるためには、愛犬から愛されなくてはいけません。犬に愛されるということは、「一緒にいると楽しい」「安心感がある」「心地よく過ごせせる」と思われることが大切です。, このポイントを抑えた犬からもっと愛されるために飼い主がするべきことを5つ、紹介していきます。, 犬から愛されるためには、犬の気持ちを行動や仕草から察し、その時の愛犬の感情に合った対応をすることが重要な要素の1つです。, 犬は言葉を話す事ができません。そのため、鳴き声の出し方やトーンはもちろん、行動や仕草で自分の気持ちを相手に伝えています。いわゆる『ボディランゲージ』と言われるサインです。, このボディランゲージをできるだけ理解することで、愛犬が今どのような気持ちなのか、どうしてほしいのか、それに対して自分がどのように対応すべきなのかを判断することができます。, 自分の気持ちを察し、行動してくれる飼い主に対して、犬は「自分のことを理解してくれている」と信頼と安心感を持つようになるのです。, 愛犬との時間におもちゃを使うなどして遊ぶという飼い主は多いですよね。しかし、ただ遊ぶのではなく、犬としての本能をいたせる遊びを取り入れることで、より愛犬が楽しめます。, 例えば、縄の引っ張り合いをする時でも、一定の強さで引っ張るだけでは、途中から飽き飽きしてしまいます。まるで本物の獲物を捕獲している時のように、時々力を弱めたり、強めたりと言った緩急をつけることで、本能的に楽しみを感じる事ができます。, また、散歩中に愛犬が満足するまで匂いを嗅がせてあげるという行動も、犬にとっては喜びに繋がります。時間がなくて毎日は難しいという場合も、時間のある休日などに、思いっきり匂いを嗅いでいい日をつくってあげてはいかがでしょう。, 家庭内において、「これは絶対にやってはいけない」「これならOK」という愛犬に対する明確なルールを決めてください。, 一見、厳しいようにも思えますが、犬はルールの下で過ごすことに安心感を覚える動物です。ルールが全くない環境では、どうして良いかわからず不安になってしまうのです。, ルールと言っても難しいものではありません。おやつを食べる前には必ず基本動作をさせたり、ごはんは家族が食べた後にするなど、それぞれのご家庭において、しつけとして必ず守らせたいルールをいくつか決めるだけで良いのです。, また、決めたルールは変更せず、しっかり貫いてください。一度でも変更してしまうと、「この前は良かったのに…」「今日はいいの?なんで?」と愛犬が戸惑ってしまいます。, 現在、室内で飼育されている犬が大半です。一昔前の外飼いに比べると、環境は良くなったと言えますが、それでも犬が安心して過ごせる環境を意識してあげることは大切です。, 例えば、愛犬が過ごす部屋は静かな部屋を選んだり、道路に面した場所にケージを設置することを避けたり等、犬にとって不安やストレスを感じるような環境は避け、飼い主がいる時、いない時に限らず、快適に過ごせる環境を整えましょう。, 愛犬とのスキンシップは、毎日の大切な日課です。しかし、ただ触れば良いというものではありません。, 犬が触られて気持ち良いところをマッサージするように触ったり、犬ができるだけ触られたくないところを理解し、その部分は無理に触らないなど、犬が喜ぶ触れ方を理解する努力をしましょう。, よく頭を撫でる人は多いですが、犬は基本的に頭を撫でられることを好みません。頭ではなく、体の側面やお腹など、撫でられると気持ち良いと感じる場所を撫でてあげてください。, 今回は、犬からもっと愛されるためにするべきことを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。すでに信頼関係をしっかり築いている飼い主さんが多いと思いますが、今回紹介したポイントを意識して、今日から新たなステップへと上がれるよう、さらに意識を高めてみてください。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. 特に、大好きな飼い主さんとアイコンタクトを取る場合、常に見上げる姿勢をとっています。 そのため、意外と首周りの筋肉が疲れている犬が多いのです。, 疲れている犬の首を両手で挟むように持ち、円を描くようにマッサージしてあげましょう。 最初はごく軽い力でさすってみるだけにする方がいいでしょう。 それでも顔がしっかり届かないところ、それが後ろ肢です。, 後ろ肢は、走ったりジャンプしたりするときに負荷がかかり、疲れもたまりやすい場所です。 嫌がらないようであれば、犬の皮膚をつまんでゆっくりまわすようなマッサージの仕方も効果的です。, お尻の近くを触られることが苦手な犬も多いので、まずは首から背中中心におこなってあげるといいでしょう。 そんなマッサージされると気持ちいい場所を、犬は舌でペロペロ舐めたり軽く噛んだりします。 リラックスした気持ちの良さが得られるマッサージ。このマッサージ、何も人間に限った話ではなく、犬にも「そこ、気持ちいい」と感じる場所があるんです。今回は、そんな犬が喜ぶ5つの気持ちいい場所をご紹介します。明日から、愛犬の専属マッサージ師になれること、間違いなし! マッサージは、飼い主さんとの素敵なコミュニケーションの方法にもなるので、是非実践したいところです。 愛犬の耳の付け根に、親指とその他の指で挟むようにして手をあて、根本から耳先に向かってやさしくマッサージしてあげましょう。 5.スキンシップも犬が喜ぶ触れ方を意識して ... よく頭を撫でる人は多いですが、犬は基本的に頭を撫でられることを好みません。頭ではなく、体の側面やお腹など、撫でられると気持ち良いと感じる場所を撫でてあげてください。