群れで生活しリーダーを必要とする犬たちは、ボスである飼い主が別の犬や猫などにかまっていると、その犬や猫よりも上位の立場にいるはずの自分の順位がわからなくなってしま恐れがります。 さらにいつも喧嘩をしているケースでは、途中でどちらかの肩入れをすることで、より嫉妬が生まれてしまうので注意しましょう。, 避妊去勢をしていない犬達の多頭飼いをしていて、発情期を迎えたメスがいる場合では、群れの中で争いが起こることがあります。特に去勢をしていないオス同士は、メスを巡って喧嘩となります。 多頭飼いをしていて、愛犬同士の喧嘩が絶えずにいつか怪我をしないか心配、どう対処すればよいかわからない、うるさくて近所迷惑になっている。という飼い主さんはいませんか?犬は本来群れの中で暮らす動物です。愛犬同士の喧嘩には原因があり、もしかしたらそのきっかけを飼い主さん自身が作ってしまっているのかもしれません。今回は多頭飼いの喧嘩についてご紹介していきます。, そもそも愛犬同士がどうして喧嘩をするのかについて考えて見ましょう。犬の祖先は群れで暮らす習性のある狼だといわれています。狼は群れを作って生きることで、効率よく狩りを行って食事をし、外敵から身を守るために群れ全体の安全性を高めていたのです。こういったことから、犬が群れを作って暮らすのは本能であるといえます。さらに「群れ」は厳しい序列が形成されていて、強いリーダーから順番に獲物の柔らかい部分を食べていくなど、縦社会によって成り立っているのです。, この序列争いは遊びの延長、犬社会でのルールの教育、威嚇、そして「喧嘩」という形で、上の立場になったり、逆転されたりすることで、順位が決まっていきます。多頭飼いをしていて、強い犬が高齢犬になることで、序列が低かった犬との順位が逆転することはあり得ることです。, 人間が愛犬と暮らす環境下では、リーダーは「人間」となり、犬は強いリーダーに従う、服従する本能があるため飼い主さんの指示に従います。多頭飼いのケースでは、さらに家族という群れの中で、リーダー以降の順位つけを行う過程で愛犬達が「喧嘩」をするのです。, 多頭飼いは、人間とそれぞれの愛犬同士が同じ空間で過ごします。多頭飼いでは、ときに愛犬同士の「喧嘩」が必要な時もあります。例えば、この1つの群れを形成するために、群れの中の順位付けをしなければいけないケースです。多頭飼いで新たに仲間が加わった時、子犬が成犬になった時、今まで強かった犬が高齢犬になった時に喧嘩が起こることがあります。犬同士が喧嘩をすることで、上下関係の順位付けが行われて、ギクシャクしていた群れの関係性が穏やかに収まるのです。, 喧嘩になる前にできる予防方法としては、多頭飼いをするために、まず人間がしっかりとリーダーになるように、どの愛犬もコントロールできる状態でなければ、愛犬がそれぞれストレスを抱えて問題行動を起こすなど、収拾がつかなくなる可能性があるため、人間と愛犬1頭ずつとの関係性をしっかり作っておきましょう。, 愛犬同士の喧嘩は、嫉妬から生まれることもあります。いくつか例を挙げてみましょう。 飼い主が大騒ぎをすると、逆効果になってしまいますので、問題行動を止めたときには必ず褒めてあげましょう。, 多頭飼いの場合は、犬同士が決めている優劣の関係性を壊さないように心がけます。 そもそも愛犬同士がどうして喧嘩をするのかについて考えて見ましょ…, ワンちゃんは芸達者! 例えば、飼い主が赤ちゃんを気に掛けていると、それを見て飼い主に吠える犬もいれば、赤ちゃんにうなる犬もいます。 そこで自分の順位をはっきりさせるために、ボスの前で犬や猫を攻撃することがあるそうです。, では、愛犬がやきもちを焼いたときは、どのように対処すればよいのでしょうか? 力関係が上の犬のおもちゃを取り上げて、下の犬に与えるなどすると、無意味な争いを生むことになりますし、飼い主がいれば自分が有利なると知った下の犬が、飼い主の前でケンカをふっかけたりすることもあります。, 愛犬のしぐさを眺めていると、時々足を舐めたり、噛んでみたりすることがあります。このサインは前足や後足、舐める・噛むタイミングによってさまざまな原因が考えられますが、時には重大な疾患につながることも。愛犬の様子をよく観察して、重要なサインを見逃さないようにしましょう。, 【獣医師監修】「喧嘩!?」「遊び!?」唸り・吠える 犬同士の喧嘩とじゃれ合いの区別は?, 犬を2匹以上飼っている飼い主であれば、一度は「この子たちは遊んでいるの?」 それとも「本気で喧嘩をしているの?」と思ってしまう光景を目にしたことがあるのではないでしょうか?犬同士のじゃれ合いに見る、「喧嘩」と「遊び」のボーダーラインについて解説します。, 【獣医師監修】犬同士の喧嘩(多頭飼い)は下手に仲裁しない!?喧嘩を止めさせる方法は?, 犬の多頭飼いで起きやすい、犬同士の喧嘩(先住犬との喧嘩)。特に、多頭飼育を始めたばかりの方は、どうしていいか分からずに戸惑うことが多いようです。飼い主としては、愛犬同士が仲良く過ごしてほしいものです。しかし、それってそもそも本当に喧嘩なのでしょうか?, 【獣医師監修】犬も嫉妬でやきもちを焼く!?飼い主が気付いてあげたい愛犬の気持ちと対処法!, 本サービスでの獣医師・獣医療従事者等による情報の提供は診断・治療行為ではありません。, 本サイトに掲載された情報等のご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、弊社は一切責任を負いません。. ペットスマイルが運営する、犬に関する情報満載のメディアサイトPetSmile news(ペットスマイルニュース)forワンちゃん。「多頭飼いだと犬同士が喧嘩をする?解決法は?」についての記事をご紹介しま … 屋外にいるときはもちろん、屋…, 暑い日が続いて、暑さでバテバテになっているワンちゃんも多いのではないでしょうか。…, 犬を家族に迎えたら、愛犬の急な体調の変化にすぐ対応できるようにかかりつけの動物病…, 真夏の猛烈な暑さがおさまっても、まだ残暑が厳しい季節。油断して愛犬が熱中症や夏バ…, なぜ喧嘩するの? 先輩犬・後輩犬への嫉妬. 食糞とは字のごとく、排泄したウンチを食べてしまうことをいいます。食糞…, 気づけばあと1カ月半でクリスマスがやってきます。大好きな愛犬に贈るクリスマスプレ…, 過ごしやすい秋はお出かけしやすいので、ついつい愛犬を歩かせすぎていませんか?また…, 11月11日は介護の日です。若い愛犬たちも、年を重ねいつかはシニア犬になります。…, みなさん、ワンちゃんや猫ちゃんの用品をどのように購入されていますか。数年前までは…, 「ワンワン!」際限なく吠える愛犬。愛犬の無駄吠えでお悩みの飼い主さんは多いと思い…, 子供の頃から犬と共に暮らしてきました。愛玩動物飼育管理士2級、JKC愛犬飼育管理士、ホリスティックケアカウンセラーの資格を保有しています。犬と一緒に暮らす生活は楽しい!ということをお伝えするために、飼い主さんとワンちゃんにとって少しでもお役に立てる情報をご紹介できればと思います。, 首周りを上から覆いかぶさって噛んだまま首を振るうような興奮の高い噛み方、甘噛みでなく噛まれた犬が「キャン!」と大きな悲鳴をあげても攻撃し続ける。, 攻撃している犬が耳を前に向けて歯をむき出している、攻撃された犬の耳は顔に沿うようにくっついていて、緊張した顔で低い姿勢をしている。この状態でも喧嘩が収まらない. また、飼い主の彼氏や彼女、夫婦のどちらか、散歩中に出会った犬などにやきもちを焼く場合も。 他には、おもちゃや飼い主が普段使用しているものなど、生き物以外にもやきもちを焼くこともあるそうです。, 犬がやきもちを焼いたときの反応は、犬それぞれ。 犬同士が喧嘩をするのを見ると、小型犬でもなかなかの迫力で、飼い主はちょっと及び腰になってしまいます。ですが、犬同士にとって必要な喧嘩もあり、心配いらないケースもあります。多頭飼いで頻繁に犬同士が喧嘩するような場合は、飼い主は心配ですよね。 愛犬同士の喧嘩は、嫉妬から生まれることもあります。いくつか例を挙げてみましょう。 愛犬達と生活している中で、家に飼い主さんが戻ってきた時に、最初に触れたり声をかけたりする犬に心辺りはありますか? また、妊娠中犬や子育て中の母性の強い母犬は非常に気が立っていて、ストレスを感じやすいので、子供を守ろうとして攻撃性をみせることがあります。, 多頭飼いの場合、日常的に犬同士が噛み合う遊びをすることは普通の出来事です。その中で、愛犬達がじゃれて遊んでいるか、喧嘩をしているのかの見極めが大切になります。, 犬はまるでレスリングをしているかのように「ガウガウ」と歯をむき出しながら、甘噛みすることや、「ウーウー」と声を出しながらおもちゃを引っ張り合うことはよくあります。これは犬達にとって遊びでもあります。しかし、犬同士の遊びと思っていても、見極めが必要なケースもあります。, 犬はからだのボディーランゲージを使って犬同士のコミュニケーションを行っています。こういったケースでは、危険な喧嘩につながる可能性があるので、愛犬達をよく観察しておき、必要によっては仲裁に入ることも必要です。, 多頭飼いを始めて間もない場合、愛犬同士が「ガウガウ」とレスリングをして噛み合うのを見ると、とめなければと慌ててしまうかもしれません。しかし、止めなくても良い喧嘩もあるのです。, とめなくても良い喧嘩の例をあげてみると、遊んでじゃれている、先住犬が子犬に犬同士のコミュニケーションや犬社会のルールを教育している、甘噛みとエスカレートした噛みを教えている、序列争いの喧嘩、これらは、私達人間では教えられないルールや、犬同士の序列の問題です。こういったケースでは、人間が干渉することで、より関係が悪くなったり、愛犬達が精神的なストレスを抱える原因となります。犬同士で解決した方が、穏やかに過ごせるケースもあるのです。, 愛犬同士が血だらけになって喧嘩をしている、どちらかが怪我を負っている、ぐったりしている、噛んで首を振るって離さない、こういった喧嘩はとめなくてはいけない喧嘩です。, 喧嘩をやめさせる場合、愛犬達は飼い主さんが近づいても判断出来ないほど興奮していて、手を出すと噛まれる場合があるので、気をつけてください。, 愛犬同士の緊迫した喧嘩をやめさせる時は、飼い主さんも怪我をしないように注意しましょう。簡単な方法は、バケツや風呂桶に入れた水やホースの水を愛犬達に勢いよくかけることと、お菓子の缶の中に小石や10円玉を入れて上から思い切り床に叩きつける方法です。首輪やリードをしていない場合は、犬が「ハッ」とした瞬間に首輪とリードをつけて、別の部屋に連れて行くか、クールダウンさせます。ほうきのような棒で仲裁するのも1つの方法です。, 何も持っていない場合は、飼い主さんの履いている靴やスリッパで地面を思い切り叩くか、リードをしならせて地面にムチを打って大きな音を出してびっくりさせる方法もあります。, どこのワンちゃんかわからない犬との喧嘩は、突然始まるものですが、多頭飼いの喧嘩は、飼い主さんがどの犬とどの犬の相性が悪いのかを把握できるので、不要な喧嘩をさせないように犬達のしつけをしっかり行い、コントロールしておけるようにしましょう。, その他にも、犬の縄張りを観察しておく、食事を近くで与えない、仲の悪い犬同士の目が合って喧嘩が始まる前に、指示を出して意識を別のところへ持っていく、発情期がきている場合は群れの中で喧嘩が起きないようにより注意するといった対応や、環境作りが必要になります。, それでもどうしても喧嘩をする場合は、接触させないという手段を取ることも考えるべきでしょう。こういった事態を防ぐためにも、新しく犬を迎えて多頭暮らしをする場合は、相性を確認するお試し期間を作ることをおすすめします。, 人間同士でも相性があるように、犬にもそれぞれ相性があります。相性に加えて、性別によって喧嘩が多くなるといわれていますが、全てが当てはまるわけではありません。, 同じ犬種の多頭飼いは問題なく過ごせるケースが多いです。また、母犬が出産をして生まれた子犬が大きくなり一緒に暮らしているケースでは、犬社会のルールを母犬が教育することで、群れを形成しやすく、仲良く過ごせるケースが多いです。テリア系の犬種は多頭飼いが難しいといわれることがありますが、犬のしつけ方やコントロール次第で問題なく暮らすことができます。, 去勢していないオス犬同士は、縄張り意識や支配性が非常に強く、自分の愛犬同士の喧嘩だけでなく、他の犬との喧嘩、発情期を迎えたメスがいると興奮する、室内のマーキングの問題なども出てくる可能性があります。多頭飼いで、未去勢のオス同士が暮らしていて、喧嘩で悩まれている場合は、繁殖をさせるつもりがないのであれば、去勢手術を行うことをおすすめします。, 犬の喧嘩は支配性が強いタイプや、子犬の頃に社会化ができていない犬に多いです。子犬時代に犬の社会化を十分に出来なかったとしても、全ての犬が危険な喧嘩をするわけではありません。飼い主さんとの信頼関係やしつけ次第で、喧嘩は起きにくくなります。, 一緒に暮らす全ての愛犬との信頼関係やコミュニケーションが取れないのであれば、犬のためにも多頭飼いはしない方が良いでしょう。ある日、もし喧嘩が起きて、愛犬達の順番が入れ替わったなと感じたら、飼い主さんが納得いかなかったとしても、それは犬達が選んだことなので尊重して過ごすことも多頭飼いでは必要なことです。, 近年、日本の気候も大きく変わりつつあることを痛感する災害が各地で起きています。こ…, 暑い時期のお出かけで気を付けたいのが熱中症です。 犬同士が喧嘩をするのを見ると、小型犬でもなかなかの迫力で、飼い主はちょっと及び腰になってしまいます。ですが、犬同士にとって必要な喧嘩もあり、心配いらないケースもあります。多頭飼いで頻繁に犬同士が喧嘩するような場合は、飼い主は心配ですよね。この記事では、犬同士の喧嘩と対処法について説明します。, 多頭飼いの場合、犬同士が喧嘩していると、飼い主としては心配ですね。でも、遊びの延長で喧嘩に見える場合もあります。, 犬同士の遊びが激しくなり、お互いにうなり合ったり、大きな声を出しながら取っ組み合ったりすることがあります。こういう時、犬はかなり楽しんでいるので、心配することはありません。, 先住犬が大人で、新しく迎えた犬が子犬の場合、新顔の子犬が先住犬にちょっかいをかけることがあります。体当たりしたり、歯を当てたり、かなりしつこくしていると、飼い主はハラハラすることになります。, でも、痛い場所を噛むなど、子犬が一線を越えると、先住犬は必ず怒ります。こうして、子犬は犬同士の関係や、遊びの加減を覚えていくので、このようなケースも心配ありません。, 例えば、狭い場所でたくさんの犬を飼うなど、犬にとってかなりストレスな状況にあると、それが原因で深刻な喧嘩が起こることがあります。, 筆者も非常に痛ましいケースを聞いたことがあります。個人で犬の保護活動をしている方のお宅にお邪魔したとき、とても狭いスペースで1歳未満の子犬がぎっしりと飼われていました。個人で保護しているから、スペースに限度があるのは仕方ないとしても、こんな状況ではストレスになるのではと心配になりました。, 後日、その方が保護している犬同士で喧嘩が起こってしまい、1頭の犬を他の犬達が激しく攻撃したため、その子は重傷を負って死んでしまったということです。子犬であっても、ストレスにさらされると、相手を死なせるほどの攻撃性を発揮するのだと、ゾッとした覚えがあります。, このケースはやや極端かもしれませんが、犬をストレスフルな状況で飼育すると、深刻な喧嘩が起こる1例です。, 多頭飼いの場合、飼い主への愛情が理由で、犬同士の喧嘩が起きることがあります。外出から帰った飼い主が、誰を一番に撫でるかなど、犬同士の序列と噛み合わない場合、嫉妬した犬が他の犬を攻撃するなどします。, 特に理由なく、先住犬と後輩犬が一方をいじめている場合などは、嫉妬が理由であることも考えられます。, 避妊手術をしていないメス犬がいる場合、オス犬同士が発情期のメスを巡って、激しい喧嘩をすることがあります。これは本能によるものなので、しつけでどうにかなる問題ではありません。, 犬に限らず動物は、基本的に喧嘩を避けるものですが、発情期ばかりは人(犬?)が変わったように興奮して、オス同士の激しいバトルが繰り広げられます。見ている飼い主があっけにとられるほどの豹変ぶりです。, たいていの場合、相手に大けがを負わせるほどエスカレートしませんが、時には興奮のあまり、本気で噛みついてしまうので、注意が必要です。, 多頭飼いしている犬同士の喧嘩は、しつけ不足が原因の場合があります。飼い主がリーダーシップをとって、家庭内のルールを教えることで、喧嘩を防ぐことができます。, 家の中で犬を好き放題させていると、ごはんやおもちゃなどの些細なきっかけで、犬同士がすぐに喧嘩を始めてしまいます。このような場合は、飼い主がリーダーシップをとって、少しずつしつけを行うことで、犬同士の関係も改善します。, 些細なことで喧嘩を始めた犬を「ダメ!」と言って、止められるようになれば、喧嘩の回数も減っていきます。, 多頭飼いをしている犬同士の順位づけが不安定な場合や、順位づけが欠如している場合、頻繁に喧嘩をすることがあります。特に年齢が近い多頭飼いの場合には、順位づけに注意が必要です。, このような場合、飼い主は犬の序列を乱さないように心がける必要があります。犬同士の関係をよく観察して、順位が上の犬を優先させるようにしましょう。体の大きさが違うと、どうしても小さいほうの犬をかばってしまいますが、大きいほうの犬が上の場合、きちんとその序列を守ってあげましょう。, 多頭飼いで犬同士の中で順位づけがはっきりしていても、飼い主への愛情が深いのは、どの犬も同じです。時には、飼い主の愛情を巡る嫉妬のために、喧嘩が起きてしまいます。, 特に喧嘩になりやすいのが、留守番のあと、飼い主が帰宅した時です。飼い主が帰ってきたうれしさで、犬は興奮します。興奮状態の中で、飼い主が誰を一番先になでるかなどで、嫉妬心のあまり、喧嘩になることがあります。, このような場合は、興奮状態が喧嘩を引き起こすため、犬が落ち着くまで、飼い主は平然と帰宅後の片付けをしたほうがいいです。上着を脱いだり、買ってきたものを整理したり、自分の用事をしている間に、犬も落ち着いてきます。, 犬同士が喧嘩していたら、飼い主としては止めたくなってしまいますよね。見ていて心配だし、人間同士の喧嘩と同じように考えて、喧嘩はしないほうがいいと考えますね。, でも、止めないほうがいい喧嘩もあります。先述した、子犬の社会化のための喧嘩がそれに当たります。また、多頭飼いの犬同士が喧嘩するのも、犬の序列を決めるための大事な行動です。ひどいけがをさせるような場合は別ですが、犬同士の関係を決めるための喧嘩は、見守りましょう。, 犬同士の順位づけに関係なく、頻繁に多頭飼いの犬が喧嘩するような場合は、飼い主が仲裁に入ったほうがいいです。その時に気をつけなければいけないのは、弱い犬をかばうことです。飼い主から見ると、弱い犬、小さい犬が強い犬にやられているのがかわいそうで、どうしてもかばいたくなります。でも、その行動が犬の序列を混乱させ、かえって喧嘩が絶えないようになることもあります。犬の順位づけを乱さないように、仲裁に入りましょう。, 犬の喧嘩の止め方は、飼い主が直接割って入らないことです。小型犬同士であれば、両方の犬の首根っこをつかんで引き離すこともできます。サイズの大きいわんちゃんの場合は、飼い主が噛まれてしまう可能性がありますので、素手で止めるのは危険です。, 中型犬以上の犬の場合は、モップのような長い棒状のものを使って、喧嘩をやめさせましょう。犬同士を引き離し、再び喧嘩をさせないように、別々の部屋に追いやります。, 散歩中に自分の犬が他の犬と喧嘩になってしまったときは、古典的な方法ですが、水をぶっかける!が一番効果的です。よその犬とは喧嘩させないように気をつける必要がありますが、いざという時のために覚えておきましょう。, 犬同士の関係を確立するために、喧嘩も必要ですが、1頭を集中攻撃する場合は注意が必要です。これはもう通常の喧嘩の範囲を超えています。先述した子犬の死亡事故も、このケースに当たります。, 3頭以上の多頭飼いや、ドッグランでの喧嘩で、1頭が集中攻撃にあう場合があります。最悪の場合、死亡することもありますので、このような喧嘩はやめさせなければいけません。, 犬同士がひどい喧嘩をして、けがをしてしまうことがあります。噛み傷は治療で治りますが、けがをしてしまったこと、恐い思いをしたことが原因で、ショック状態になる可能性があります。, ショック状態のため、尿が出なくなり、急性腎不全に陥ることがあります。腎不全は、慢性より急性のほうが危険で、急激に症状が悪化して、死亡に至る可能性もあります。, 基本的に、犬は無駄に他の犬を傷つけないものですが、ストレスや過度の興奮のため、歯止めが効かなくなることがあります。深刻な喧嘩が起こらないように、飼い主が常に注意する必要があります。, 多頭飼いで喧嘩が絶えない場合、犬同士の相性が悪いのが理由かもしれません。相性の悪い者同士を近くに置いておくと、喧嘩になってしまうのは、人間も同じですね。, 相性が悪い場合の対処法は、互いのテリトリーを分けてあげることです。近くでごはんを食べさせない、それぞれのお気に入りのおもちゃを近くに置かないなど、犬同士が適切な距離をとれるようにしてあげましょう。, 犬がストレスをためてしまうと、興奮しやすくなって、喧嘩が起こりやすくなります。これは、多頭飼いでも1頭飼いでも同じことです。, きちんと散歩に連れて行って、犬がストレスをためないようにする。基本的なことですが、一番大事な対処法です。屋外で運動して、適度に疲れると、むやみに攻撃的になることはありません。, 散歩中など、他の犬に会ったときに興奮するような場合は、他の犬を見たときに「お座り」をさせるようにしつけるのも効果があります。, 犬がカッとなって興奮する前に、「お座り」をさせて落ち着かせます。これは、飼い主との信頼関係ができていて、飼い主が危険だと知らせない限り、落ち着いていて大丈夫と犬が理解することにもつながります。, 犬同士の喧嘩には、必要なものとそうでないものがあります。子犬の社会化や、犬同士の序列を決める喧嘩は、犬にとって必要なものです。, ですが、多頭飼いで頻繁に喧嘩になる場合や、1頭を集中攻撃する場合は別です。大けがに発展しないうちに、やめさせるようにしましょう。また、普段からストレスをためないようにして、喧嘩をしない犬にしておくのも大事ですね。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. 犬も、嫉妬でやきもちを焼くのでしょうか?人のやきもちと同じ感情を持つわけではありませんが、まるで嫉妬して、やきもちを焼いているかのように見える行動をすることはあります。今回は、そんな犬の気持ちを紐解いてみます。 他にも飼い主と遊んでいる猫に対して攻撃したり、彼氏や夫婦の間に割って入ったりするなどの行動が見られることもあります。 ワンちゃんが可愛い芸をしている映画やテレビ、動画を見たこと…, 食糞とは トイプードル2匹飼ってるんですが、これ嫉妬してるんでしょうか?先住犬10歳後住犬6歳です。自分が後住犬抱っこすると私もして!って何してても自分の所にやってきて抱っこ求めてきたり、後住犬が寝てる所に寝たり色々真似します。元々 まず、吠える・噛む・家具を傷付けるなどといった愛犬の問題行動を発見したときには、静かに叱るかあるいは無視するとよいでしょう。 愛犬達と生活している中で、家に飼い主さんが戻ってきた時に、最初に触れたり声をかけたりする犬に心辺りはありますか?多頭への食事はどんな風にあげていますか?可愛いからといって、一番最後に群れに加わった子犬を最初に触ったり、最初に食事を与えていませんか?, こういった理由から先輩犬(先住犬)のストレスが高まり嫉妬から喧嘩をすることや、子犬や後輩犬が自分の方が優位であると考え喧嘩になることがあるのです。 一般的に知られているのは赤ちゃん、一緒に飼っている犬や猫など、生き物に対して嫉妬し、やきもちを焼くことが多いようです。 犬も、嫉妬でやきもちを焼くのでしょうか?人のやきもちと同じ感情を持つわけではありませんが、まるで嫉妬して、やきもちを焼いているかのように見える行動をすることはあります。今回は、そんな犬の気持ちを紐解いてみます。, そもそも、犬は誰に嫉妬して、やきもちを焼くのでしょうか? 犬の目的は「飼い主の気を引くこと」です。 一般的には、“かまっている側“の飼い主に対してではなく、“かまわれている側“の「自分のライバル」に対して「やめて」と訴えたり、噛んだりする犬が多いようです。, 犬のやきもちの行動の裏にあるのは、集団と序列の問題です。