・便秘をする ・無駄吠えをする (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 甲状腺機能亢進症とは、気管の両脇にある甲状腺から分泌される、新陳代謝を促すために必要な「甲状腺ホルモン」の分泌量が異常に活発になる、または持続的に過剰分泌されることで引き起こされます。, 「甲状腺機能亢進症」は甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になることで発症する病気ですが、「甲状腺機能低下症」は甲状腺ホルモンの分泌量が減少することで引き起こされる病気です。, 甲状腺機能亢進症は、喉にある甲状腺が肥大したり、良性腫瘍・悪性腫瘍が甲状腺にできてしまい、甲状腺ホルモンが過剰分泌されることで引き起こされることが原因, 甲状腺の切除を行った際は、その後は一生涯に渡って甲状腺ホルモン剤を与え続ける必要があります。この点がデメリットにはなりますが、予後を考え、切除が望ましい場合もあるのです。, 甲状腺機能低下症の治療により、甲状腺ホルモン剤が過剰に投与されて甲状腺機能亢進症を起こした場合は、そのホルモン剤の量を調整することで治ることがあります。, 甲状腺ホルモン剤は一生涯に渡り投与する場合もありますが、このホルモン剤を投与したり、ホルモン数値を定期的に測定することで通常の生活に戻ることも可能. ・孤立して過ごす ・免疫力が低下する, <行動> google_ad_height = 280; 甲状腺機能亢進症は、喉にある甲状腺が肥大したり、良性腫瘍・悪性腫瘍が甲状腺にできてしまい、甲状腺ホルモンが過剰分泌されることで引き起こされることが原因となります。, 腫瘍と聞くと「癌」がイメージされがちですが、こうした腫瘍が癌腫瘍である確率は低く、実は良性腫瘍である場合の方が多いようです。また、甲状腺機能低下症の治療のために投与した甲状腺ホルモン剤が過剰だったために、甲状腺機能亢進症を引き起こすこともあります。, 特に犬の場合には、甲状腺機能低下症を発症することが多いため、治療の段階で症状が一変したと感じた際は、この甲状腺機能亢進症を疑っても良いかもしれません。, 甲状腺機能亢進症は主に高齢犬に多く見られる病気でもあります。愛犬が高齢なのに、最近やけに活発だなと感じた時や、体重が急激に減っているなと感じた場合は、もしかすると何かしらの変化が起きているのかもしれません。, 元気でいるのは喜ばしいことではありますが、それまでとは様子が違うと感じたのであれば、もしかすると甲状腺機能亢進症も疑われますので、早めに診断を受けたほうが良いでしょう。, 病院での診察は、血液検査で甲状腺ホルモンの数値を確認する内容となります。検査自体はリクスは高いものではありませんが、外科手術が必要な状態ですと全身麻酔のリスクも高くなりますので、できるだけ早い対応が大切になってきます。日頃からの観察が大切ですね。, 甲状腺に腫瘍がある場合は直接、甲状腺の切除による外科治療が行われることもありますが、動脈や食道、気管などへ転移している可能性や、部位によって切除が困難な時は外科手術を行うのが難しくなるため、放射線治療などの方法で治療を行い、腫瘍の縮小化を図ります。, また、甲状腺の切除を行った際は、その後は一生涯に渡って甲状腺ホルモン剤を与え続ける必要があります。この点がデメリットにはなりますが、予後を考え、切除が望ましい場合もあるのです。, なお甲状腺の腫瘍が良性腫瘍の場合には、気管の両脇にある甲状腺ですが、どちらか一方だけ切除する場合もあります。, 甲状腺機能亢進症の内科療法による治療を行う場合は「甲状腺ホルモン剤」の投与による治療が一般的となります。ただし、甲状腺ホルモン剤の投薬は一生涯与え続けることになり、さらに投薬によって甲状腺ホルモンが低下しすぎるのを防ぐため、定期的なホルモン数値の測定が必要になります。, また、甲状腺機能低下症の治療により、甲状腺ホルモン剤が過剰に投与されて甲状腺機能亢進症を起こした場合は、そのホルモン剤の量を調整することで治ることがあります。, 基本的に甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモン剤による治療となりますが、この投薬によって副作用が出てしまった場合には、外科療法での治療に切り替えなければならない場合があるようです。, 甲状腺機能亢進症を発症した場合、自宅では高カロリーでビタミンやカルシウム、リンがバランス良く配合した食事を与えることが大切です。また、最近では、ヨウ素を制限した処方食を与える治療も行われてきてるようです。, 特に高齢犬が甲状腺機能亢進症を発症した際には外科手術のリスクが高いですので、点滴療法を行いつつ、食事療法で症状の緩和を行う方法が行われるでしょう。, また、甲状腺機能亢進症の治療に関しては腎不全を起こしていないか、薬の副作用はないか、投薬での症状の緩和が見られるか等、状態によって治療方法が変わってきます。, 他にも認可外の治療方法が存在しますが、日本においては未だ認可されていない治療方法になりますので、残念ながら現状の治療方法で対処するしかなさそうです。, 甲状腺機能亢進症の症状は、食欲旺盛だったり、活発だったりと、毎日一緒に過ごしている飼い主さんでも、一見元気だと勘違いしてしまい、発見が遅れがちになります。これが高齢犬であれば、最近若返ったのかな?の勘違いを起こしてしまうケースも多いでしょう。, 本当に元気であれば喜ばしいことですが、食欲旺盛なのに痩せてきている、最近やたら水を飲む、尿の量が多いなどの症状が出たり、脱毛が見られる場合は注意が必要です。こうした症状が見られる場合には、すぐに病院で検査を行うことをおすすめします。, また、腫瘍となる「しこり」が、甲状腺がある喉のあたりに発症することがありますので、毎日注意深く観察することやスキンシップを取ることが早期発見にも繋がります。, 甲状腺機能亢進症は、早期発見で早期に治療を施すことができれば、症状を未然に防ぐことや症状の悪化を抑えることもできます。甲状腺ホルモン剤は一生涯に渡り投与する場合もありますが、このホルモン剤を投与したり、ホルモン数値を定期的に測定することで通常の生活に戻ることも可能でしょう。, 甲状腺機能亢進症だけでなく、他の病気に関しても同じことが言えますが、病気の早期発見をするためには、日頃の健康管理はもちろんのこと、ちょっとした異常に気がつけるように愛犬の観察は欠かせません。, 日々の観察の中、ちょっとした異変を感じた場合は早めに診察することが大切です。日頃からの積み重ねがなければ異変にも気がつくことが出来ませんので、改めて愛犬とのスキンシップをしっかり行うように心がけてみましょう。. ・身体を隠す ・脱毛する 犬の健康な体を維持するのに欠かせない「ホルモン」。このホルモンのバランスが崩れることで、犬の体に異常をきたしてしまうのがホルモンの病気ですが、その中のひとつ、「甲状腺機能亢進症」の特徴と症状、予防策について見てみましょう。, 甲状腺機能亢進症とは、気管の両脇にある甲状腺から分泌される、新陳代謝を促すために必要な「甲状腺ホルモン」の分泌量が異常に活発になる、または持続的に過剰分泌されることで引き起こされます。甲状腺機能亢進症を発症すると、食欲があるのに痩せたり、活発になるなどの様子が見られます。, 病気の名称がよく似たものに「甲状腺機能低下症」が挙げられますが、犬の場合では甲状腺機能低下症を発症する方が圧倒的に多く、猫では甲状腺機能亢進症を発症することが多いと言われています。, いずれの病気もホルモンバランスが崩れることで発症する病気となりますが、微妙に症状も違いますので、それぞれの特徴や症状を理解しておくことが大事です。, 「甲状腺機能亢進症」が食欲の低下と体が痩せてくるほかに「活発になる」といった症状が見られるのに対し、「甲状腺機能低下症」は食欲が無いのに痩せてくるといった同じ症状の他に、「何となく元気が無くなる」という症状が特徴となる病気です。, また、「甲状腺機能亢進症」は甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になることで発症する病気ですが、「甲状腺機能低下症」は甲状腺ホルモンの分泌量が減少することで引き起こされる病気です。, 甲状腺機能低下症の場合には脱毛や常にぼんやりとした様子が見られるようになりますので、甲状腺機能亢進症よりも病気の発症に気が付きやすい病気と言えるでしょう。このように、甲状腺ホルモンの病気には名前は似ていても、その原因や症状も異なるものとなっています。, 甲状腺機能亢進症の症状は、先述したように、「食欲の増加」が見られるのに「体重が減少」していくことや、「水を異常に飲む」「おしっこの量が多い」などの症状、さらには「嘔吐」「下痢」といった症状の他、尾の先端が脱毛し、ネズミのような尻尾になってしまう、「ラットテイル」という皮膚に症状が現れることもあります。, 甲状腺機能亢進症を発症することで特徴的なのは、「活動的になる」ことや「落ち着きがなくなる」といった様子も見られ、時には「攻撃的になる」こともあります。また、「眼球の突出」であったり、「微熱」や「頻脈」というような症状も見られます。, さらに病気が進行していくと「食欲不振」「活動の低下」へと症状が変化したり、心臓にも負担がかかり、心不全や過呼吸症候群なども併発する可能性もあるため、場合によっては生命に危険が及ぶ病気でもあります。. The following two tabs change content below. Oxytocin-gaze positive loop and the coevolution of human-dog bonds. 犬の健康な体を維持するのに欠かせない「ホルモン」。このホルモンのバランスが崩れることで、犬の体に異常をきたしてしまうのがホルモンの病気ですが、その中のひとつ、「甲状腺機能亢進症」の特徴と症状、予防策について見てみましょう。 甲状腺機能亢進 犬のホルモン性脱毛症とは、器官や臓器の働きを調整するホルモンの分泌が異常になることによって発症する脱毛症です。 犬のホルモン性脱毛症の症状としては以下のようなものが挙げられます。特徴の一つは、「左右対称性」であるという点です。 ホルモン性脱毛症の主症状. ・元気がなくなる ・Miho Nagasawa, Shouhei Mitsui, Shiori En, Nobuyo Ohtani, Mitsuaki Ohta, Yasuo Sakuma, Tatsushi Onaka, Kazutaka Mogi, Takefumi Kikusui, (2015). ・他の動物や人へ攻撃的になる 食事を食べない老犬の食欲をうながす手作りごはんとおすすめ食材5つ View 481396; 発作?苦しい?犬の逆くしゃみの原因と対処法 View 441042; おすすめ記事. ・食欲がなくなる Copyright © 2016 K.K Colorzoo All rights reserved. ・自分の体を過剰に咬んだり、舐めたりする ・不適切な場所での排泄する など, 長期にわたる過度なストレスは免疫系の働きを抑えますので、さまざまな病気を起こりやすくもしてしまいます。突然にこのような症状がみられるようになった場合には、心当たりがないか考えてみましょう。また、これらの症状や行動は、ストレス以外の原因によっても起こり得ます。病気との鑑別診断が必要になりますので、かかりつけの動物病院にも相談してください。, ストレスがかかることによって分泌されるホルモンをストレスホルモンと呼びます。<コルチゾール>と<アドレナリン、ノルアドレナリン>が代表的なホルモンです。ストレスホルモンは、身辺に危機が迫った時に、それを乗り越えるために分泌されるものです。, 糖質コルチコイドの1種であり、腎臓のすぐ上にある副腎の皮質から分泌されます。コルチゾールを合成したものがステロイド剤という薬です。コルチゾールは平常時も分泌されており、糖代謝をはじめ、タンパク質や脂質代謝にも関与する生体にとって必須のホルモンです。, ストレスがかかるとその分泌量を増大させ、血糖値や血圧を上昇させます。血糖値を上げることで脳に栄養分となるブドウ糖を行き渡らせ、また血圧を上昇させることによって全身へ酸素を送り込み、危機的状況に備えます。, ただし、コルチゾールは免疫を抑制する作用もあるため、ストレスが長期に及ぶと免疫力を著しく下げ、感染症にかかりやすくしてしまいます。また、高血糖により糖尿病のリスクを高め、高血圧によって心臓病などの持病を悪化させる恐れがあります。, 神経伝達物質でもあり、副腎髄質ホルモンでもあります。これらのホルモンの分泌は、交感神経の興奮した状態を引き起こします。, 心臓は収縮力と心拍数を増やし、筋肉や臓器の血管を拡張させて運動器への酸素を増大させ、また血糖値も上昇させます。瞳孔を散大させるなど感覚器を研ぎ澄まさせ、痛みに対する感覚も麻痺させます。一方、消化機能を抑制します。, アドレナリンとノルアドレナリンは、闘争あるいは逃走のホルモンと呼ばれています。命の危機や恐怖に直面した時、長期的な健康維持よりも、今まさに目の前にある命の危機に集中できる状態を全身の器官に引き起こすのです。長期にこのような状態が続くと、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、リラックスできなくなり、結果として身体に変調をきたすこととなります。, *副交感神経…自律神経の一部を構成する神経で、安静時やリラックス時に活発になる神経, 犬は、いつもと同じことに安心感を覚えるものです。しかし、大好きな家族が進学や就職などで家を離れてしまったり、引越しをして家や環境が新しく変わったりすると、犬は不安やストレスを感じてしまいます。環境の変化に順応するまで、いつも以上に安心感を与え、ストレス軽減に努めてあげましょう。ストレスケアについての方法は沢山あります。ここでは主だったものをいくつか紹介いたします。, オキシトシンとは脳でつくられるホルモンであり、ストレスの軽減をもたらします。相手への愛情や信頼関係と深い関係があり「愛情ホルモン」や「幸せホルモン」とも呼ばれています。2015年に科学誌Scienceに麻布大学の研究チームが、愛犬と飼い主が良く見つめ合うこととオキシトシンの分泌量について論文を発表しました。, この研究から分かるのは、愛犬と飼い主とが見つめあうことで何らかのコミュニケーションが増え、その結果としてオキシトシンの分泌が促進されるということ。つまり、信頼関係が築かれた愛犬と飼い主間のコミュニケーションを増やすことはストレスの軽減につながる、と考えられます。また、首や胸を優しくなでたり、マッサージなどを行なったりし、副交感神経を活性化させるのも良いでしょう。, ただし、その時々の愛犬の気持ちを配慮せず一方的にかまい過ぎることで、愛犬にとってかえってストレスになってしまう場合もあるので注意しましょう。. ・麻布大学獣医学部 伴侶動物学研究室|ヒトとイヌの絆形成に視線とオキシトシンが関与, 自宅に、犬に不安な状況から逃れることができる安全な場所を提供してあげましょう。部屋の隅や壁際などの人の動線になりにくい場所がおすすめです。人の気配があるほうが落ち着くようであれば、リビングなどでもいいでしょう。, 人間と同様に、犬でも歩くことや遊ぶことは、緊張を和らげるのに役立ちます。嫌がらないようであれば、積極的にお散歩に連れ出しましょう。, ストレスについての記事はコチラ →ストレスを撃退する方法~犬のストレスを解消するには, 犬はなぜ、大好きな人が居なくなったのか、いつもの家に戻れないのか、お気に入りの公園に行けなくなったのかなど、人のように理解をすることができません。そのため、私たちが考えるよりも不安に思ったり、寂しかったり、落ち着かなかったりする度合いが強いのではないでしょうか。, 春先の寒暖の差や花粉については、温度調整や病院への通院で比較的対処しやすいと思いますが、心のケアは一筋縄でいかないことも。環境の変化の影響で愛犬に元気がないと感じる時には、いつも以上に愛情を注いであげましょう。, 1998年、日本獣医畜産大学(現在、日本獣医生命科学大学)獣医学科を卒業。動物病院や大手ペットフードメーカーでの勤務を経た後、GREEN DOGへ。現在は、スタッフ教育や商品の品質検証、オリジナルフードの製造に関わる。. 春は、転勤や進学の季節であり、それに伴って引越しや家族構成の変化などが生じることがあります。犬は群れる習性があるため、仲間や大好きな人が居なくなったりすることに戸惑いやストレスを感じます。また、春先は三寒四温といわれるように寒暖の差が激しく、また花粉の飛散もピークを迎えます。感じ方や体質には個体差はありますが、春は犬にとって、多少なりともストレスがかかる季節なのではないでしょうか。, 今回は、犬のストレスの症状と発症メカニズム、そしてその対処方法について、GREEN DOGの獣医師伊東が解説します。, <症状> 婦人科で「ホルモンバランスが崩れていますね」と言われたことがある人も多いのではないでしょうか。ホルモンバランスの変化は、身体に様々な影響を及ぼします。今回は、ホルモンの役割やホルモンバランスの乱れが与える影響、乱れる原因と整え方などをご紹介します。 ・室内を荒らす google_ad_slot = "4895205203"; google_ad_client = "ca-pub-6930220976949394"; (参考) Science, 348(6232), 333-336.  犬のホルモン性脱毛症とは、器官や臓器の働きを調整するホルモンの分泌が異常になることによって発症する脱毛症です。,  犬のホルモン性脱毛症の原因としては、主に以下のようなものが考えられますが、不明なことも多い疾患です。,  犬のホルモン性脱毛症の治療法としては、主に以下のようなものがあります。, ホルモン性脱毛症の主な治療法, 犬のホルモン性脱毛症の病態と症状, 犬のホルモン性脱毛症の治療法. google_ad_width = 336; ・あくびをする ・下痢をする