endobj ���� JFIF �� C 各、ガス・LPG・IH・灯油印刷シートで印刷しご利用ご検討ください。 「番号」欄は、通し番号やフード番号など、あとで分かるように任意の数字をご入力下さい。 %PDF-1.4 �� � w !1AQaq"2�B���� #3R�br� 10. $4�%�&'()*56789:CDEFGHIJSTUVWXYZcdefghijstuvwxyz�������������������������������������������������������������������������� ? どうしてもわからない場合は、ガス器具の発熱量の「参考値」が換気扇メーカーホームページや、定期報告の実務者テキストなどに記載があります。, 火気使用室の必要換気量を求める場合、換気型式を特定しなければなりません。これは換気型式によって計算式に当てはめる係数が変わるためです。 主な厨房機器メーカーを以下に掲載いたしますのでご参照下さい。, 建物の定期調査・定期検査を行う上で、必要となる道具類やあると便利なアイテムがあります。. 建築基準法第12条「定期報告制度」 特定建築物(特殊建築物)調査、建築設備・防火設備検査のことなら, 火気使用室とは、「換気設備を設けるべき調理室等」のことで、つまりガス機器や石油燃焼機器を使用する調理室等を指します。一般的に厨房や給湯室などの部屋が、定期検査の対象になります。こういった燃焼機器を使用している部屋は、機械換気設備の設置が建築基準法で義務付けられています。 厨房など調理室では、ガステーブルコンロ、ガス炊飯器、ガスフライヤー、ガスグリラーなどが据え付けられています。また食洗機も給湯部分がガス機器になっていることもあります。また給湯室では、壁付けの瞬間湯沸器が設置されていることがよくあります。 まず必要換気量を算出するためには、どんな機器がいくつ設置されていて、その燃焼機器の消費量(発熱量)が何kwなのか把握しなければなりません。 ガス機器の消費量(発熱量)を知るためには、機器の本体側面などに貼られている銘板で確認する … 誤って追加した場合や、不要な機器フォームは「機器を削除」で削除することができます。 (どんな悪用がでるのか不明のため、当方の悪用スキル不足m(_._)m), 灯油燃料とガス・LPG混同計算は出来ません。ご要望有れば検討します。 << /CropBox [ 0 0 595.276 841.89001 ] /Parent 3 0 R /Type /Page /Contents [ 5 0 R 6 0 R 7 0 R 8 0 R 9 0 R 10 0 R 11 0 R 12 0 R ] /Resources << /ExtGState << /GS0 13 0 R /GS2 14 0 R /GS1 15 0 R >> /XObject << /Fm0 16 0 R /Fm1 17 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text ] /Pattern << /P0 18 0 R /P1 19 0 R /P2 20 0 R >> /ColorSpace << /CS0 21 0 R >> /Font << /C0_1 22 0 R /C0_2 29 0 R /C0_0 35 0 R /T1_0 41 0 R /C0_6 45 0 R /C0_5 51 0 R /C0_4 58 0 R /C0_3 61 0 R >> /Properties << /MC0 << /Metadata 64 0 R >> >> >> /TrimBox [ 0 0 595.276 841.89001 ] /MediaBox [ 0 0 595.276 841.89001 ] /BleedBox [ 0 0 595.276 841.89001 ] /ArtBox [ 0 0 595.276 841.89001 ] /Rotate 0 >> 4�(&��Z��6�:_�M/����� � ?�4�� �k�{�k����4��j�Η�K����� ǿƕ|gzX�[�q�_�\�9?�/�Q�i�m>�QE��QY��֛u4�Aw���F~P ��j�}�Oku�E��8�� ]���|G��7�����_����Ki�i����_@�!�嶓�:z��+&oh���ڄI$lQ��8#�0x�B'�p���@4VM߉t{+�����9W� ���%���� �[�(r�̓_ңӓPk��+�Ő~nx��j��&^� ��߷� %&'()*456789:CDEFGHIJSTUVWXYZcdefghijstuvwxyz��������������������������������������������������������������������������� ⑥.エクセル、Openofficeでご利用いただけます, ●使用方法 注意すべき点は、廊下や納戸と言った場所でも、建築物内でガスや石油燃焼機器が使用されていれば火気使用室に該当するという点です。その一方で、換気設備が設置されていても電磁調理器(IH調理器)などの電気機器だけの場合は、定期検査の対象から外れます。, 以下の3つのケースにおいて、火気使用室であっても換気設備の設置が免除されるため、定期検査の対象となりません。ただし、対象とならないと判断するためには、燃焼機器の発熱量を調べたり、開口面積を測ったりする必要は出てきます。, よくあるのが後で壁付けの瞬間湯沸器が設置されるケースです。もともと給湯設備のない洗面室などで、冬場のお湯の必要性などから、後付で設置される場合です。 必要項目を選ぶか入力するだけです。 endobj 1 0 obj  印刷は3方向で印刷できます 燃焼機器のある火気使用室では、機械換気設備の設置が義務付けられており、ガス機器の消費量(発熱量)やフードの型式から必要換気量を算出し、風量測定結果と比較します。そんな時の為に、簡単に結果が得られる自動計算フォームを用意しましたのでご活用下さい。 ~�)�&�ki��d�01%�G�z. また、設計図書や設備仕様書などが残っていれば、それをもとに割り出すこともできます。しかし、設計図書通りの機器が実際に設置されているか確認しなければなりません。工事の途中で機器の変更があることもよくありますし、竣工から年数が経てば機器の入れ替えや変更がなされていることもあります。 確認機関に瓦斯消費計算の明記要求されたのを機に作成されたものです。 フードに対して複数のガス機器等がある場合は、「機器を追加」ボタンで機器を増やすことができます。あとは上記2.~6.を繰り返して下さい。 �"t!�a�G_ű�=��x�\�#Sp+[��)�����C,�^�W�XD��rُ��8�Qȯ|���1���C_.���n|$�X�o�C$|���}W�N���kuF�q"�t���T�z#�#����Yԟ�S4F�~� gr�BP�!�9��/T���V�?�w�/{�]= �qQ�!�n~����Ƣ%r�7��� ��*@�H2 「シートを追加」で複製した後、不要なシートは「シートを削除」で消すことができます。