詳しいプロフィールはこちら. つまり“日本国内のFX業者”であればレバレッジ規制が適用されるが、”日本国外の海外FX業者”にはレバレッジ規制は適用されないのである。, そのため日本人が日本の領域外に所在を置く海外FX業者でハイレバトレードをしてもなんら問題はない。, わかりやすく言うと、海外FX業者を利用して取引するのは上記と同じパターンというわけだ。, いずれも日本国内でサービスを展開していたりすると違法だが、日本の法律の及ばない”海外”ということでセーフなのである。, 1番に関しては海外FX業者が、2番に関しては海外FXを利用しているトレーダーが”違法”となる。, 登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。, ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。, (引用:「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」一般社団法人 金融先物取引業協会), 金融庁の記載にもあるように、ここでいう勧誘行為は「明らかに国内居住者へ日本語表記で広告を打つ」行為を指している。, 海外FX業者も上記のことは理解しているため、日本人居住者向けに大々的なプロモーションを行うことはない。, 海外FXの公式HPが日本語化されているのは勧誘行為に当たらないのかと感じる方もいるだろうが、あれはセーフだ。, というのも体的には、海外FX業者のHPは国内居住者向けではなく、海外居住の日本人向けに作られたものだから。, XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。, iFOREXは日本金融庁に登録のない、海外ブローカーで、本サイト・サービスは主に日本国在住者を対象としておりません。, 実際に海外居住者で日本語対応の公式HPのほうがありがたい方もいるだろう。 だからこそ金融庁もこの件に関しては目を瞑っているのが現状だ。, とはいえ、正直上記のような「海外居住の日本人向け」であることを明記していない業者を我々国内居住者が利用したとしても、罰せられるのは業者側でトレーダー側が罰せられる心配はない。, 海外FXを利用するトレーダーに絶対に覚えておいてほしいのが”税金”の存在だ。 「海外FXは違法だから、取引してはダメ!」という情報が出回っていますが、これは事実なのでしょうか?, また、勧誘行為を行わなければ、海外FX業者が日本居住者と取引することも、問題はありません。, そこで、海外FXが違法でない理由や、金融庁の海外FX業者に対する対応&見解について、詳しく見ていきましょう。, 「海外FXは違法だから、トレードしてはダメ!」という噂がありますが、本当でしょうか?, 日本の法律は、国外犯規定にある重大犯罪以外は、国内のサービスに対してのみ、適用されます。, 海外のサービスに対しては、現地の法律が適用され、日本の法律は適用されないのが原則。, ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。, 【引用先:外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制(金融庁)】, 「登録を受けない外国証券業者」とは、「日本の金融ライセンスを持たない海外FX業者」を意味します。, 違法性があるとされる「勧誘行為」とは、簡単に言えば、日本居住者向けに広告や宣伝すること。, したがって国内FX業者のように、テレビCMや雑誌に広告を出して、宣伝することはできません。, このような「勧誘行為」をしなければ、海外FX業者が日本居住者と取引することに、違法性は一切ないことが、上記の引用文からわかります。, つまり、日本居住者が自発的に海外FX業者で口座開設し、トレードすることは、まったく問題なし!, さらに万が一、日本居住者が、海外FX業者の「勧誘行為」によって、口座開設したりトレードしたりしても、罰せられるのは、海外FX業者のみ。, ただし、海外FX業者を利用して得た利益分の税金を納めなかった場合は、「脱税」となり罪に問われますので、注意してください。, XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。, 当サイトは、日本国内で金融サービスを提供することを意図したページではございません。, つまり海外FXのHPは、「日本居住者」ではなく、あくまで「海外に居住する日本人」を対象としているというのが、海外FX業者のスタンス。, そのため、日本居住者向けの勧誘行為とみなされず、今のところ、金融庁からのお咎めがないのが現状です。, 殆どの国内FX業者は、日本の金融ライセンスを持つ「登録業者」であり、金融庁の厳しい管理・規制下にあります。, グループ会社を含めれば、世界的に基準や規制が厳しい金融ライセンスを保持している、優秀な海外FX業者もあることを、覚えておいてください。, 「海外FXは危険だから、取引してはダメ!」といったネガティブな情報が出回っています。, 金融庁のホームページには、「警告書の発出を行った無登録の海外所在業者」というリストが、掲載されています。, しかし、ここでいうところの「無登録業者」とは、単に「日本の金融ライセンスを取得していないFX業者」という意味です。, たとえ他国の金融ライセンスを取得している海外FX業者であっても、「日本のライセンスが無ければ『無登録業者』だ!」というのが、金融庁の見解です。, 単に日本のライセンスがないという理由だけで、健全に運営している海外FX業者までも「危険だ!」と警告する金融庁の見解は、少々乱暴であると言わざるえません。, 日本の金融ライセンスを取得している国内FX業者には、金融庁により様々に規制が課せられます。, そのため国内FX業者は、25倍を超えるレバレッジを、サービスとして提供できません。, 一方、日本のライセンスを持たない海外FX業者は、金融庁のレバレッジ規制を受けません。, この高レバレッジを目当てに、国内FX業者から海外FX業者へ、日本人トレーダーが移っていく可能性も低くありません。, 国内FX業者からの反発も高まる可能性もあり、金融庁は、海外FX業者を目の敵にしているのです。, しかし日本居住者が海外FX業者で取引をした場合、海外FX業者側には、日本に税金を納める義務はありません。, つまり、国内FX業者を利用してくれれば、徴収できるはずの税金が、なくなることなります。, 金融庁にしてみれば、こういった「税金の取りこぼし」を防ぎたい意図も、少なからずあるはず。, 一方の日本居住者は、海外FX業者でトレードして得た利益分の税金を、納める義務があります。, しかし、海外FX業者は金融庁の規制外にあるため、お金の流れがつかみにくいのが実情。, 「出金拒否」「連絡拒否」などのトラブルからトレーダーを守るために、海外FX業者を排除したいというのも、金融庁が意図することの一つです。, しかし金融庁は、「海外FX業者は日本の金融ライセンスを持たないから、危険だ!」とし、国内市場から排除しようとしています。, そこには、国内FX業者からトレーダーが逃げるのを防ぎたい、税金の取りこぼしを防ぎたい、などといった金融庁の思惑があります。, しかし、高レバレッジや豪華なボーナスなど、国内FX業者にはない魅力的なサービスがある海外FXは、業者選びの選択肢として外せません。, 一方的な情報に惑わされることなく、業者の安全性をしっかりと見極め、健全に運営している優秀な海外FX業者を選ぶことが大事でしょう。, 日本人トレーダー海外FX業者人気No,1のXM!とりあえず開設しておくべきブローカー。, 海外FX口座の解説サイトです。日本語サポートの充実した優良海外FX口座開設方法や、入出金について解説します。. 海外FXでは基本的に、1つの会社で複数の口座を作れます(相場は5つ)。そのため口座によってプラン、通貨、取引ツールを使い分けることができます。 迷ったらまずは最も制限がなく万能な「通常口座」を開設して ... FXの取引方法は、主に2種類あります。FX会社と取引をする「DD方式」と、為替市場に直結した「NDD方式」です。 スプレッド(取引手数料)と、取引の流れが違います。 取引方法の違い DD方式:主に ... 2011年から国内業者でFXを始めて、2019年から海外業者も使っています。最初に海外口座で感じたデメリットは3つです。 海外FXに感じたデメリット 取引手数料(スプレッド)がやや高い 出金の手間と面 ... 海外FX業者で発生するコストは、スプレッド(取引手数料)です。FX会社は取引を仲介する代わりに、スプレッドを手数料としてもらいます。 海外FXはトレーダーの注文を、市場にそのまま流す方式が主流です。そ ... 2011年にFXを始めて、2019年から海外のFX会社も使っています。 最初は稼いでいるトレーダーからおすすめされた、XM(エックスエム)で始めました。それから25社以上を調べて、取引する業者を増やし ... 30代の会社役員です。2011年からFXを始めました。 1 日本人トレーダーが自発的に海外fx業者を利用するのは違法ではない. (日本の銀行口座に出金すると、日本の銀行口座は国税庁の管理下にあるため100%バレる), しかし“バレない可能性がある”というだけで、”絶対にバレないわけではない”。 fxのトレードを始めたい、もしくはもう既にトレードを行っているという方でも、国内fxと海外fxでどちらが良いのか迷ってしまうかもしれません。しかも海外fx業者を利用することは違法なの?という噂を聞いたことがあるかもしれません。この記事ではそ 日本に住んでいる人が、海外のFX業者を使って取引をすることは違法ではないです。正式な金融免許(ライセンス)を取得していれば、合法な運営だからです。, 海外で免許を登録しているので、日本の金融庁に金融商品取引業の届け出をしていません。そのため金融庁には、無登録業者として名前が公表されています。, そして無登録業者は、日本で勧誘行為ができません。そのため日本語のホームページを用意して、あくまで利用者が自発的に登録するスタイルを取っています。, 国内のFX業者は金融庁(財務局)に届け出をして、金融商品取引業を行います。海外FX業者は海外でライセンス登録をしているので、日本の金融庁には登録されていません。, 日本語のホームページなどが確認されたFX会社から、随時掲載されている状況です。わざわざ無登録業者として公表している理由は、2点考えられます。, そして海外でもライセンスを取得せず、無許可運営をする業者の存在も否定できません。無許可であればトレーダーを守る法律がないので、出金拒否などのトラブルになりかねません。, 被害を受けてから日本の窓口に相談されても対応できないので、事前に注意を促しています。, 金融商品取引法に基づく登録を受けていない海外FX会社が、日本で勧誘行為をすることは違法です。勧誘は取引や口座開設を促すような、営業行為が該当します。, 金融庁のホームページには「インターネットに日本語ホームページを開設する等」という記載があります。ですがホームページが日本語対応している、海外FX業者も多く見かけます。, これは「日本のトレーダーが自発的に口座開設していて、勧誘は一切していない」という認識と事実があるためです。, 実際に「ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません」と、注意書きをしている会社もあります。, 例えば大手業者の「XM」は平成24年6月に無登録業者として登録されましたが、現在も日本市場で問題なく運営が続いています。, ライセンス事業は資源や人口が少ない島国が、経済発展のために参入してきた歴史があります。聞きなれない名前かも知れませんが、業界では信用と実績があります。, 金融庁の案内だけ見ると、海外FXって大丈夫なの?と思うかも知れません。ですが各社ホームページでライセンスの取得先を公開し、法に基づいた運営をしています。, ただし中には、公式ページでライセンスがよく分からない会社も見たことがあります。その場合はカスタマーに確認してから、登録するようにしています。. 日本の国税庁は海外の銀行口座に依頼して、日本人顧客の口座情報を開示してもらうこともできるのだ。, 脱税した金額や、脱税する意図があったかどうかにもよるが、上記のような重い罰則が与えられる。, 極めて特殊な事例(脱税)を除いて、トレーダー側が海外FX業者を利用して罰せられることはない。, また海外FX業者側も「公式HP日本語対応」という”ややグレー”な部分はあるものの、日本の法律違反にならないように運営している。. 「海外fxは違法だから、取引してはダメ!」という情報が出回っていますが、これは事実なのでしょうか? 結論から言えば、日本居住者が海外fx業者の利用することに、違法性はありません。 また、勧誘行為を行わなければ、海外fx業者が日本居住者と取引することも、問題はありません。 ©Copyright2020 俺の海外FX.All Rights Reserved. 目次. 外業者の取引口座に入金してFX取引を開始したところ、多額の損失が発生してしまった」, 金融商品取引業の登録を受けた業者については、「, 無登録で金融商品取引を行っているとして、金融庁(財務局)が警告を行った者の名称等は、. 「海外fxって違法なの?」「海外fxって無登録って聞いたけど危ないの?」というところに切り込んでいます。金融庁が警告しているから…という理由で海外fxを敬遠している方は一度目を通してみてくださ … 海外FXで得た利益も納税の対象となるため、税金を支払わないと法律違反となってしまう。, (※1)給与所得者は「定職についており、副業・趣味としてFXをしている方」を指す。 「海外FXで捕まるリスクはあるのでしょうか?」 「海外fxを始めたいけど危ない印象がある」という方は、漠然と「違法性」が心配なのだと思います。実は私たちトレーダーに違法性はなく、日本の金融庁が海外fx業者を日本国内に入れないための規制があるだけです。むしろ、私たちが気をつけるべきは納税のみです。 “日本国内のFX業者”であればレバレッジ規制が適用されるが、”日本国外の海外FX業者”にはレバレッジ規制は適用されない, (※1)給与所得者は「定職についており、副業・趣味としてFXをしている方」を指す。, 「個人顧客を相手方とするFX取引に係る証拠金規制」一般社団法人 金融先物取引業協会, 「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」一般社団法人 金融先物取引業協会, 【2020年11月9日更新】海外FX業者のボーナスキャンペーン一覧!ボーナスの使い方も紹介。, is6com(アイエスシックスコム)の評判!美辞麗句なしで”俺が”15項目から評価してみた, GEMFOREXの評判!信頼性・安全性を重点的に論じつつ、全12項目からガチ評価!.