山陽新幹線の区間も運行する九州新幹線の車両は、どちらもトップクラスに美しいインテリアデザインになっているのが特徴です。 東海道・山陽新幹線13年ぶりのフルモデルチェンジ車両「n700s」。この「n700s」へ確実に乗るには、どうしたらいいのでしょうか。どの列車に「n700s」が使われるのか、知る方法があります。 All Rights Reserved. 東海道新幹線では1999年に運行を終了し、現在は全車廃車となっています。 九州新幹線の車両の種類. jr東日本の列車の運行区間・列車編成・列車設備などをご案内しています。新幹線、特急列車、在来線、のってたのしい列車の情報もご覧いただけます。 山陽新幹線区間では最も速い新幹線が「のぞみ」と「みずほ」、次に速い新幹線が「ひかり」と「さくら」と、それぞれ2種類ある, 東京⇔岡山間については「のぞみ」が止まらない主要都市に止まる新幹線として本数も多く大活躍, 先頭の形状は「かものはし」と呼ばれていた700系と大きく異なってシャープなデザイン. 東海道新幹線を走る車両の種類. šã®ç¬¬å››ä¸–代の車両です。以前の300系に比べると乗り心地が大幅に改善されました。2001年度以降の車両では各車両両端の座席にコンセントが設置されています。禁煙車と喫煙車に分かれており、喫煙ルームはありません。最高速度は285km/hです。, 当サイトはJRグループとは関係ありません。. JR東海の車両形式(ジェイアールとうかいのしゃりょうけいしき)は東海旅客鉄道(JR東海)に在籍する、あるいは在籍した鉄道車両の一覧である。, JR旅客会社6社のうち「国鉄型車両」の淘汰がもっとも進んでおり、2015年度以降在籍する鉄道車両は1986年製造の211系電車0番台(8両)を除いて、JR東海発足後に製造された車両となっている。電車については全車両が軽合金製車体[注釈 1]・回生ブレーキ・抑速ブレーキを採用しており、JR旅客鉄道会社6社では初めて保有電車の100%省エネルギー化を達成した[注釈 2]。, また、事業用車両を含めた動力分散化を進めた結果、JR旅客会社6社の中でJR四国とともに、機関車と客車、貨車を保有していない。エリア内を日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物列車が走行するため、管内で機関車牽引列車が全くなくなったわけではないが、機関車牽引の旅客列車は他社からの乗り入れも含めて運行されていない。, 車両の標準化・共通化にも積極的であり、新幹線車両はN700系にほぼ統一され、在来線車両(普通・快速用)は車体構造を共通化したオールステンレス車両の313系電車・キハ25形気動車の増備を進めている[注釈 3]。車体塗色も車種の違いを問わずほぼ共通化されており、新幹線車両は国鉄時代を踏まえた「白地の車体+窓下に青帯」、在来線車両も311系電車以降のステンレス車は「無塗装+オレンジ色の帯」[注釈 4]で共通化されている。なお、在来線車両のうち、民営化初期には「湘南色」と呼ばれるオレンジ色と緑色の帯の車両が製造されていた。, 前述の理由からジョイフルトレインや観光列車と呼ばれる特殊車両の保有には消極的であり、2013年の「トレイン117」の廃車および翌2014年の371系の廃車を最後にジョイフルトレインは姿を消している。, JR他社では会社発足以降登場した新型電車のほとんどは電子音の警笛が搭載されているが、JR東海の在来線では社内規定の関係上西日本旅客鉄道(JR西日本)と共同開発した285系電車を除いて空気笛の警笛のみを使用している。また、JR7社で唯一、全ての新造車両で車両番号に国鉄車両と同じフォントを使用している[注釈 5]。, 行先表示器は、他社がLED化を進める中で、主に幕式の行先表示器を採用し続けてきたが、N700系・313系3次車以降に製造された車両はフルカラーLEDを採用している。車内案内表示器も、他社が液晶ディスプレイへの移行を進める中で、N700Sの登場までは長らくLED表示器を採用し続けてきた。, 2008年に日本車輌製造を連結子会社化して以降、ステンレス車両の新造は同社で行われており、保有する車両のほぼ全形式で製造を担当している。かつては日本車輌製造の他、日立製作所、川崎重工業、近畿車輛、東急車輛製造の5社に発注していたが、日立製作所は1998年頃からステンレス車製造を取り止めてアルミ車のみの製造へ移行した関係で新幹線車両のみ発注を継続しており、その他の3社については東急車輛製造へは1999年度、近畿車輛へは2006年度[注釈 6]、川崎重工業へは2009年度を最後として発注を終了した。なお、超電導リニア車両(L0系)は日本車輌製造と三菱重工業で製造していたが、2017年度に三菱重工業が超電導リニア車両の製造から撤退したため、2018年度以降は日本車輌製造と日立製作所での製造に変更された。, 東海道新幹線の全区間を保有していることもあり、同線で使用されたことのある車種のうち西日本旅客鉄道(JR西日本)が単独で発注した500系を除くすべての形式を保有したことがある。, 定期列車用の車両は国鉄から1両も承継されておらず、いずれも臨時列車・イベント用であった。, このため、JR東海の在来線のほぼ全路線で、313系タイプの車体をもつ車両を見ることができる。, 当初は3月8日に「のぞみ315号 ありがとう東海道新幹線700系」の運行が予定されていたが、, 木俣政孝「100系New新幹線─設計上の狙い─」『鉄道ファン』285号、1985年。, http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034155.pdf, “JR東海、キハ85系に代わる次期特急車両を新製 - 試験走行車は2019年度完成”, http://news.mynavi.jp/news/2017/06/07/229/, https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040122.pdf, 東海旅客鉄道株式会社 次期特急車両(試験走行車)向けに新開発の新型ハイブリッドシステムを納入 -日本で初めてモータと発電機に全閉式永久磁石同期機を同時採用-, https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040199.pdf, https://this.kiji.is/584835390193845345?c=39546741839462401, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=JR東海の車両形式&oldid=80417878. 東海道・山陽新幹線では、様々な種類の列車が多様な車種で走っています。ここでは、車両の特性や列車種別などから、あなたの目的にあわせた最適な列車や車両、座席選びを提案します。車両や列車番号についての前提知識は、以下の関連記事からどうぞ。 新幹線のとは?hoshinonayuta, こんにちは、子どものころは時刻表が見るのが大好きで、何時間も飽きずに見ていた当ブログ管理人の星野なゆたです。, 当時はまだネットが無かったので、分厚い本になっていた時刻表を見てどんなダイヤになっているのか興味深く眺めていたものです。そして特に面白かったのが、やっぱり新幹線の時刻表!一番最初に出てくるので、いつもいの一番に見ていました。, そんな新幹線で気になることの一つに、新幹線にはいったいどんな種類があるのだろうかということがあります。, そこで今回は、東海道・山陽・九州新幹線において、その種類や速さ、使用車両など気になることを徹底的にまとめてみました!, これを見ればどんな新幹線が走っているのか全て分かるようになっていますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね(^^), 山陽新幹線は基本的には「のぞみ・みずほ・ひかり・さくら・こだま」の5種類ですが、1日に上り一本だけ、九州新幹線の各駅停車である「つばめ」が山陽新幹線区間である小倉駅まで乗り入れています。, それではここから、各新幹線の種類が分かったところで、いろいろな項目について更に詳しく見ていきます。, 停車駅が少なく最も速い新幹線は、東海道・山陽新幹線を走る「のぞみ」と、山陽・九州新幹線を走る「みずほ」です。, その次に速い新幹線は、東海道・山陽新幹線を走る「ひかり」と、山陽・九州新幹線を走る「さくら」です。, 全ての駅に止まる各駅停車は、東海道・山陽新幹線を走る「こだま」と、九州新幹線を走る「つばめ」です。, 山陽新幹線区間では最も速い新幹線が「のぞみ」と「みずほ」、次に速い新幹線が「ひかり」と「さくら」と、それぞれ2種類あるのですね。, 「のぞみ」は、東海道・山陽新幹線の中で最も速い新幹線です。東京⇔新大阪間を約2時間半、東京⇔博多間を約5時間で結んでいます。, 「のぞみ」は新幹線登場と同時にできたのではなく、1992年に、航空機と対抗するため「ひかり」よりも速い新幹線として導入されました。導入時には300系新幹線で最高時速270km/hでの運転でしたが、現在はN700系で運転されており、最高時速は300km/hです。, 一番速い列車ということで、指定席の料金は「ひかり」や「こだま」と比べると少し高いです。, 「ひかり」は、東海道・山陽新幹線の中で、次に速い新幹線です。1992年に「のぞみ」が登場するまでは、一番速い列車でした。, 「ひかり」に関しては東京⇔岡山間については「のぞみ」が止まらない主要都市に止まる新幹線として本数も多く大活躍していますが、岡山⇔博多間では九州新幹線に直通している「さくら」の方が主役になっており、「ひかり」はほとんど走らなくなってしまいました。, そして「ひかり」には、色々な亜種がありました。今はもう走っていませんが、普通車の座席が2×2列でゆったりだった「ウエストひかり」、一部2階建てで食堂車もあった「グランドひかり」、現在も山陽新幹線で走っている「ひかりレールスター」などです。, その中でも「グランドひかり」の2階建ての食堂車には、子供の頃にすごく憧れていて、初めて行ったときにとても嬉しかったのを今でも覚えています。走っている新幹線の中で景色を見ながらの食事は最高でした。新幹線がどんどん高速化するに連れてなくなってしまった「グランドひかり」ですが、もう一度乗ってみたい新幹線ではありますね。, 「こだま」は、東海道・山陽新幹線の中で、全ての駅に止まる新幹線です。「こだま」は各駅停車で遅いですが、乗客が少ないというメリットがあります。自由席でも、自分の好きな席に座れる可能性が高いです。, そのため、時間があってゆっくりと旅をしたいときなどには、敢えて「こだま」を選ぶのも良いかもしれません。, 「みずほ」は、山陽・九州新幹線の中で、最も速い新幹線です。新大阪⇔鹿児島中央間を4時間弱で結びます。「のぞみ」と同じく一番早い列車ということで、指定席の料金も「のぞみ」と同じで他の列車より少し高いです。, 「みずほ」ができるまでは大阪⇔鹿児島間の移動はほとんどが飛行機でしたが、「みずほ」の所要時間であれば飛行機に十分対抗できるので、今では飛行機と熾烈なシェア争いが繰り広げられています。, 「さくら」は、山陽・九州新幹線の中で次に速い新幹線です。山陽新幹線内では、「ひかり」としての役割を担っています。その為、山陽新幹線の「ひかり」は、「さくら」が走り出してからグッと本数が少なくなりました。, 「つばめ」は、九州新幹線の全ての駅に止まる新幹線です。「つばめ」は九州新幹線のみを走る列車です。, 「こだま」と同じく他の列車と比べて利用客が少ないので、のんびりゆっくりと旅をした場合などには良いですね。, どのような車両があって、それがどのような種類の新幹線に使われているのかをお伝えします。, 先代の700系のから高速性能や快適性が更に向上され、2007年より営業運転が開始されました。最高時速も、700系の285km/hから300km/hに引き上げられました。, また、2013年にはN700系をマイナーチェンジして安全性や消費電力低減など環境性能を向上したN700Aも登場しています。, 特徴は、「エアロ・ダブルウィング」と呼ばれるスラっとした先頭部のノーズ部分の形状。人間でいうと整ったキレイな高い鼻みたいで、とてもかっこ良いですね!, N700系(8両編成)は、主に山陽・九州新幹線区間を走る「みずほ」、「さくら」、「ひかり」に使われています。, 16両編成のN700系を、東海道新幹線よりは乗客が少なくなる山陽・九州新幹線に見合った輸送量となるように改良されたものです。そのため、最高速度や加速力はN700系と一緒です。, 特徴は、指定席の座席が2列+2列シートになっていて広々で快適なことです。16両編成の指定席は3列+2列シートで1列多いですから、広さがだいぶ違います。どれだけの乗客を運べるかよりも、快適性が重視された車両です。, 最高時速は285km/hで、1997年に登場した500系の最高時速300km/hには届かなかったものの、乗り心地が大きく改善された新幹線です。先代の300系車両が乗り心地が悪く苦情が多かったため、揺れを少なくしたり空調機能を高めたりと、車内の居住性が格段に高まりました。, 登場したときには最速の「のぞみ」として活躍していましたが、N700系が登場して以降は徐々にはそちらに置き換えられ、2020年3月に東海道新幹線区間ではその運用が終了しました。, しかしながら山陽新幹線区間ではまだ現役で、「ひかり」や「こだま」としてまだまだがんばっている車両です。, 700系(レールスター)は、700系を山陽新幹線専用車両に改良したもので、2000年に「ひかりレールスター」として登場しました。, 流星をイメージした外観のデザインや「レールスター」という名前のかっこ良さから、登場直後は非常に人気が高かった新幹線です。この新幹線ができたおかげで、福岡⇔大阪間の移動は飛行機よりも新幹線優位になりました。, しかし、2011年に九州新幹線が全線開業して直通運転が行われるようになると、もともと「ひかり」が走っていたところに一気に九州新幹線に直通する「さくら」に置き換わっていきました。, そのため、現在では「ひかりレーススター」として運行されるのは1日数本とごくわずかになり、主に山陽新幹線区間の「こだま」として活躍しています。, 営業運転の最高時速が初めて300km/hに到達したことや、他の新幹線と一線を画したそのロボットアニメにも出てきそうなそのかっこ良い外観から、絶大な人気を誇った新幹線の車両です。, その高速性能から登場以降しばらくは最速の「のぞみ」として使用されていましたが、同じ最高速度となったN700系が登場してからは次第にそちらに置き換わっていき、2010年には「のぞみ」としての運用が終了しました。, しかしながら、500系はエヴァンゲリオン新幹線やハローキティ新幹線といった予想外の進化もしており、今では開業当初とは違った方向で大人気の車両です。, 800系は、2004年に九州新幹線が新八代⇔鹿児島中央間で部分開業したときに登場した車両で、700系をベースにしてJR九州によって開発され、現在では九州新幹線区間のみを走る「さくら」と「つばめ」として使用されています。, ベースは700系で基本性能は同等ですが、先頭の形状は「かものはし」と呼ばれていた700系と大きく異なってシャープなデザインになっています。これは、JR九州専用車両として他の区間を走る新幹線とは違った特徴を持ちたいというJR九州の思いからです。, 最高時速は260km/hと他の新幹線に比べると少し遅めですが、インテリアやエクステリアは素晴らしいものになっており、観光名所のとても多い九州を観光する際にはぴったりの新幹線です。, ここまでは現役の新幹線でしたが、車両の中にはその役目を終えて今はもう引退してしまったものもあります。, 300系は1992年に登場した新幹線で、初めて「のぞみ」が誕生した瞬間でもありました。, 300系が登場するまでは東海道・山陽新幹線は「ひかり」と「こだま」の2種類しかありませんでしたが、「のぞみ」の登場で3種類になりました。, 最高速度は100系の220km/hから一気に50km/hもアップして270km/hになって所要時間が大幅に短くなったものの、車内の騒音や揺れがひどく苦情が多かった車両でもあります。, そして700系が登場してからは次第に主力がそちらに置き換わっていき、2012年にその役目を終えました。, 丸っとした感じだった0系のフロントマスクから流線型のフロントマスクに変わって、騒音と空気抵抗を低減しました。最高速度も、0系の200km/hから20km/h上がって220km/hになりました。, 1992年の「のぞみ」登場までは最速の新幹線だった「ひかり」として大活躍していましたが、「のぞみ」登場以降は第一線から身を引き、2003年には東海道新幹線で運行終了となりました。, その後は、上記の写真のようにデザインを少し変えて山陽新幹線区間の「こだま」としてのんびりと余生を過ごしていましたが、2012年に山陽新幹線でも運行終了となってその歴史に幕を閉じました。, 0系は、夢の超特急として1964年に開業した東海道新幹線の初代の車両です。世界で初めて200km/hでの営業運転を開始した、世界初の高速鉄道車両となりました。, それ以来長期に渡って新幹線の主力として活躍し、2008年に引退するまで44年間も現役の新幹線として活躍しました。, 今の新幹線はだいぶ姿が変わりましたが、昭和生まれの私にとっては、この0系がまさに「THE・新幹線」といった感じです。, こちらは、ちょっと特殊な新幹線「ドクターイエロー」。目撃すると幸せになれる「幸運の黄色い新幹線」とも呼ばれています。, そんなドクターイエローの役割は、そのドクターという名前の通り新幹線の線路のチェックです。, ドクターイエローは実際に線路を走るときにレールのゆがみや架線の状態、信号の状況などをチェックする機能を備えており、それらに異常がないかどうか走りながら確かめています。, 普段我々が安心して新幹線に乗れるのは、ドクターイエローが縁の下の力持ちとなって安全を守っていてくれるからなのですね。, 表の中の記号の意味は、「◎=全ての列車が停車、〇=一部の列車が停車、△=ごく一部の列車が停車、|=通過、無印=走っていない区間」です。, 自分の降りたい駅に新幹線が止まらなかったら大変ですから、乗る前の停車駅のチェックは必須項目になりますね。, これからも、どのように新しく変わっていくのかとても楽しみで目が離せませんね(^^), このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, こんにちは、当ブログ管理人の星野なゆたです。この度は、当ブログへご訪問頂きまして誠にありがとうございます。当ブログは、日々の生活で出てくる「〇〇とは?」と調べたくなることについてまとめており、その答えを書いております。どうぞごゆっくり気になった記事をご覧ください。, 1985年生まれ、山口県出身&在住。神戸大学理学部卒。現在は、メーカーの技術職として働きつつ、一児のパパとして仕事と育児に奮闘中です。.