Copyright © 2014-2020 節約社長 All Rights Reserved. 本コンテンツでは、残業代をボーナスに含めて支払うことの違法性とその根拠、そして企業から未払いになっていた適性な残業代を受け取る方法について、ベリーベスト法律事務所 金沢オフィスの弁護士が解説します。, 労働基準法第32条によりますと、労働時間は原則として1日あたり8時間、1週間あたり40時間を超えてはならないと規定されています。これを「法定労働時間」といいます。 石川労働局が平成31年4月22日に発表した「労働基準法令違反にかかる公表事案」によると、違法な時間外労働を行わせたケースが2件掲載されています。金沢市内の事業所も含まれていて、いずれもすでに送検されているようです。 "�&3�d��A�. All Rights Reserved. 「プレジデント」「日経トップリーダー」「日経産業新聞」「アントレ」をはじめとした各種メディアでの取材・執筆実績多数。 2020年4月29日更新, コラムキーワード: if (d.getElementById(id)) return; しかし、あまりにも多くの企業で残業代の未払いをめぐる問題が顕在化した昨今、残業代の未払いに対する世間や当局の監視の目は厳しくなりつつあります。しかしながら、残業代の支払いを抑えたいために、合法・違法を問わずさまざまな手法で支払額を減らそうとする企業も存在します。しかも、その手法は年々巧妙化する傾向にあるようです。その手法のひとつが、残業代をボーナスに含めて支払うというものです。 (一時金として) 所得税 ・ 本来支給されるべき年度に支払われた所 得として取り扱う ・ 所得税の再計算として、年末調整や確定 申告の修正が必要 支給月(未払い残業代の精算月)の年度に おける所得として取り扱う。賞与としての 所得税計算が必要 google_ad_client: "ca-pub-4182877222941279", 所得税 控除 Ʊ����-ɥ�����]���Z�v��J:{������Yή�GUN>�wC��o��v@��[~]�%E��&v��R�tL5J��)���������e7� ��/�ΐ$ȿ�[�2IU�Z\������e. 「潰れない会社づくりに寄与する」ことをミッションとし、税務・資金調達という自身の専門分野で種々の難問に取り組む「中小企業のファイナンス用心棒」。 しかし、賞与の額や算定方法が具体的に定まっていたり、一定額の賞与の支給が長年にわたって支給され続けているような場合は、一定額の賞与請求権や特定の算定方法に基づく賞与請求権が労働者に発生します。したがって、このような場合には、残業代相当額をボーナスから控除したり、残業したことを理由にボーナスを減額することはできません。 109 0 obj <>stream 私の感覚では、過去の未払残業代が問題となる場合、対象となる時間については、事後的に不明確な部分も多いこともあり、ある程度のところで両者歩み寄って和解するということが多いため、精算金として支給されるということの方が多いのではないかと思います。, 法人税法場の取扱は、残業代の支給形態にかかわらず支給した期の費用として損金算入されます。これは、「残業代は、過去の労働に基因するものであるが、支給額の決定が当期であることからすると当期に債務が確定しているといえるため」とのことです。, なお、過年分の残業代の未払いは国税通則法23条(更正の請求)に定められているケースに該当しないため、更正の対象とはならないとのことです。, 残業代の支給対象期間に課税所得が生じており、支給時に課税所得が生じていないと、会社としては厳しいですが、払うべきものを払っていなかったわけなので、諦めるしかないということでしょう。, ヤフー・IDCF事件に続き法人税法132条の2による否認事例が訴訟になっているようです. また、労働基準法第35条では企業に対して1週間に1日以上の休日を労働者に与えることを義務付けており、これを「法定休日」といいます。 >後編はこちら, 石川県内全域:金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、能美郡 川北町、河北郡 内灘町、羽咋郡 志賀町、宝達志水町、鹿島郡 中能登町、鳳珠郡 穴水町、能登町 未払残業代の支払い方には大きく分けて2種類あります。 ①一時金として支払う; ②過年度の給与として支払う という2通りの支払い方法です。 以下、未払残業代の支払が決定した場合、会社と従業員それぞれにどのような手間が生じるか説明します。 ���ld�^C���?�l�Q�u��O��xxSs�R�{ Rb:A�s��:��]uoxs���5���w m��t�{}Nf�C��*�n[H��k̺�3���/v��5���Ʊf���.#wE��Te�����M&M�q|��'����rգ�ђ[���m�Pp���֚�A`��}�[R�]Z^�L����8���ńa���,�^x�6�ٷ��?-��s� 所得税 申告, 社会的に問題となっている違法な長時間労働の解消に向けた取り組みとして、現在、労働基準監督署は長時間労働が疑われる事業者に対して調査や監督指導を行っています。また、厚生労働省は、労働基準法違反で送検された企業の企業名等をHPで公表するなど取組を一層強化しているところです。 ところで、企業が過年分の未払い残業代を従業員等に対して一括支給した場合、所得税は、一時金(清算金等)として支払われたときは当年分の給与、過去の実働労働時間に基づき過去の給与として支払われたときは過年分の給与として取り扱われます。法人税については、一時金か過年分の給与であるかに関係なく当期の費用として損金算入されることを改めて確認しました。■労働省 労働基準局法違反企業をHPで公開 労働基準監督署は現在、1か月あたり80時間を超える時間外・休日労働が行われた疑いのある事業場や、長時間労働による過労死などに関する労災請求があった事業場を対象に調査や監督指導を行っています。 平成29年7月26日付の公表資料によると、平成28年4月から平成29年3月までに23,915事業場に監督指導を実施。うち、10,272事業場で違法な時間外労働を確認しました。賃金不払残業があったものは1,478事業場でした。 また、厚生労働省では、労働基準関係法令違反を行った企業の企業名や所在地、事案概要等をホームページに掲載。平成29年7月14日時点で393社が公表されています。(厚労省「藤堂基準関係法令違反に係る公表事案」)。今後も、長時間労働等の是正に向けた取組を積極的に行っていく方針です。■所得税は支給形態により取り扱いが異なる 企業が、未払いであった過年分の残業代について“一時金(清算金等)”として支給した場合、その課税年分は「支給日が定められているものについてはその支給日、支給日が定められていないものについてはその改定の効力が生じた日」となります。 つまり、賞与を支給した場合と同様に、当期に支給することが確定した給与等に該当します。そのため、過年分の所得税額や住民税額について修正する必要がありません。しかし、従業員等においては、支給を受けた年分の給与が増大することから所得税やその翌年度分の住民税に影響します。 一方、実労働時間に基づき“過年分の給与”として支給した場合、「本体支給すべきであった支給日の属するそれぞれの年分の給与所得」となります(参考:国税庁タックスアンサー「NO.2509 給与所得の収入金額の収入すべき時期 Q&A」) この場合、源泉徴収義務者は、残業代を支給した時点で過年分の年末調整計算をやり直し、納付不足となっていた税額を支給した時の翌月10日までに納付する必要があります。また、源泉徴収票の出し直しに加えて特別徴収義務者として給与支払い報告書を訂正して各自治体に再提出しなければなりません。■法人税法上は残業代の支払時に損金算入 法人税の取り扱いは、残業代の支給形態に関係なく支給した期の費用として損金算入されます。(残業代は、過去の労働に起因するものですが、支給額の決定が当期であることからすると当期に債務が確定しているといえるため。)。 また、申告書に記載した課税標準等若しくは税額等の計算が国税に関する法律の規定に従っていなかったこと、又は計算に誤りがあったことにより、申告書の提出により納付すべき税額が過大であるときは、更正の請求の対象となるとしていますが、過年分の残業代の未払いはこれらのいずれにも該当しません。そのため、更正の請求の対象となる余地もありません。■社会保険料の過不足は賞与と同様の処理が一般的 ちなみに、残業代の未払いにより過年分の社会保険料に過不足があった場合はこちらの修正も必要になります。 一般的に、未払い残業代を一括で支給した場合、賞与を支給した場合と同様に処理することが多いようです。 賞与と同様の処理であれば事業者の事務負担にはならない点に加え、保険料の納付には「2年」の時効があり、3年以上前の期間に係る保険料は納められない仕組みとなっています。3年以上前の期間に係る保険料が過不足であると将来受け取る年金額に影響があります。, プロフィール  精算金方式の場合、過年度の所得税額や住民税額について修正は不要ですが、従業員側は翌年の住民税に影響してきます。一方で、実労働時間に基づく場合は、残業代を支給した時点で過去の年末調整計算をやり直し、納付不足となっていた税額を支給した時の翌日10日までに納付する必要があるということになります。 大手企業における未払残業代の支払問題がニュースで頻繁に報道されるようになりました。しかし、これらは氷山の一角であり、支払い能力の乏しい中小企業でも、多くの未払残業代が発生しています。仮に労基署の命により未払残業代が確定すれば、支払は拒否出来ません。更に支払い時には会社にも従業員にも多くの手間が発生し…未払残業代を発生させることには何一つ良いなど無いのです。, ヤマト運輸や関西電力、エイベックス、過労死で問題となった電通でも、多額の未払残業代で問題となっています。, 特に中小企業では残業代をきちんと計算していなかったり、サービス残業が常態的になっていたりと、問題が放置されてしまっているところが多いと思われます。, 「残業代なんか支払ってたら会社がもたない」「そんなことやってる会社のほうが少ないでしょう」とおっしゃる経営者も多いのですが、従業員は思った以上に残業代に対してシビアです。, 手書きで勤怠メモをつけたり、毎月タイムカードやシステムから証拠画像を取ったりと、いざという時に備えているのが現実です。, 仮に残業代の未払が発覚した場合、労働基準監督署からの命令により、会社側には必ず未払残業代の支払義務が発生します。, 未払の残業代を指摘されてしまった場合、会社と従業員にはどんな手間が生じるのでしょうか?, 以下、未払残業代の支払が決定した場合、会社と従業員それぞれにどのような手間が生じるか説明します。, ②の過年度の給与として支払う場合、全てさかのぼって給与計算をやり直す必要があります。, この場合、雇用保険料や源泉所得税はもちろん、未払残業代が4月~6月にかかっていれば、社会保険の算定基礎届、その他昇給月によっては月額変更届が必要になり、社会保険料にまで影響が出てきます。, 再計算したうえで、本人から徴収しなくてはいけない金額は、未払残業代を支払う際にまとめて天引きし、源泉税は原則としてその翌月10日までに納税します。, 但し、会計上はさかのぼって決算をやり直す必要はなく、全て当年度に取り込めばOKです。, 一方、受け取る従業員側にも手間が発生する場合があります。一時金として受け取った場合は原則として、当年度の年末調整で所得税が精算されます。, ただし、当年度の給与・賞与の合計が2,000万円を超えたり、すでに退社している場合には確定申告が必要になります。, また当年度を扶養の範囲内で働こうとしていたとすると、残業代の支払で扶養から外れてしまう可能性が出てきます。, さらに過年度で扶養から外れてしまうと、扶養していた側でも年末調整あるいは確定申告のやり直しが必要になります。, また、住民税が後からまとめて請求されますので、特に既に退社してしまっている人は、入ってきたお金をある程度残しておかないと、住民税が払えないという事態になりかねません。, このように会社と従業員それぞれに生じる手間を見ると、会社側の負担は当たり前ですが、従業員は本来なら生じるはずのなかった手間を取らされることになります。, 確定申告、扶養控除から外れる、追加住民税の支払に当てるお金の確保…これらは、会社都合のとんだとばっちりでしかありません。, 従業員が既に退社しているならば第三者への悪評を流され、社内にいるとすればモチベーションがダウンすることは免れられません。, お金や手間が余計にかかるのはもちろん、社の雰囲気など見えないところに影響を与える未払残業代など、作らないに越したことがありません。. �`�c ��Dr��-�o��� �L`��Ȍs`��!DB��滁�Y 過払い金の次の弁護士の狙いは未払い残業代に誰でも100%勝てる貸金業者に対する過払い金請求ブームに乗って規模拡大をした弁護士事務所が、過払い金請求も下火になってきたため、次の”漁場”として活発にアプローチをしているのが中小企業向けの「未払い残業代請求」。 また、このような場合でなくとも、賞与から残業代を控除するということは、未払残業代の額によって、それぞれの労働者に対する賞与の額を変えるということであり、不合理な差別的取扱いであって、公序良俗に反するものと考えられます。 、 }); 未払い残業代については、「過去の労働に対する対価」として支給をする場合とその支払を免れていたことに対する「解決一時金」として支給をする場合に分けることが出来ます。, 「解決一時金」であれば、その支払い義務が確定した時点で損金算入すべきであり、「過去の労働に対する対価」であれば、過年度の決算の修正を行うべきとも考えられます。, しかし、法人税法の取り扱いでは「過去の労働に対する対価」であれ「解決一時金」であれ、その支払い義務が確定した時点で損金算入がなされることになるのです。, 一方、未払い残業代の支払いを受ける個人については、「過去の労働に対する対価」とするならば、本来支給を受けるべきと定められた日に給与所得として、「解決一時金」とするならば、支給日として定められた日に給与所得となることになります。, なお、解決一時金は損害賠償金であるとして非課税になるとも考えられなくもないですが、あくまでも、過去の労働に対する給与が遅れて支払われたものであり、セクハラ・パワハラなどによる「心身に損害を加えられた損害に起因もの及び相当の見舞金」ではないので非課税とされることはまずないでしょう。, 実際には、わざわざ過去に遡って修正申告をするのは煩雑なため、未払い残業代を支払うべきとされた日で、一時の支払い=賞与と同様の処理をするケースが一般的であると思われますので、以後は「解決金として一時払い」をする前提でその取り扱いをみてみることにします。, 未払い残業代を賞与と同様に取り扱うのであれば、賞与と同様の源泉徴収が必要となります。, 賞与に対する源泉徴収は、「前月の給与支給額」(社会保険料控除後)の金額を元に税率が決まります。, では、既に退職をしてしまった人に対して未払い残業代の支払いをした場合はどうなるのでしょうか?, もう退職しており、その会社に対して扶養控除等申告書の提出はできないため、「乙欄」の源泉徴収するべき金額を用います。, 既に退職しているため前月に給与の支払がないので、次の算式で源泉徴収税額が計算されます。, ただし、賞与の計算期間が半年を超える場合には、上記の6を12にして求めた金額が源泉徴収する税額になるのです。, 解決一時金として支払われた場合、社会保険料と雇用保険料の計算上は賞与として取り扱いをします。, そのため、解決一時金を賞与とした場合の従業員負担分の徴収を行った上で、社会保険料等の納付を会社が行うことになるのです。, 既に社会保険等の資格喪失をしているので、社会保険料・雇用保険料の徴収の必要はありません。, 未払い残業代とは、「他人の時間を買っておきながらその代金を支払っていなかった」のですから、弁解の余地はないです。, しかし、中には、「残業代込みで毎月いくら支払う」ということを従業員も納得していたと思い込んでいたものもあるのではないかと。, ですから、過去の未払い残業代についてはきちんと支払った上で、今後同じようなことが起きないよう「会社を守る盾」となる強固な給与規程を作成しておくことを強くおすすめいたします。, 明治大学商学部卒業。國學院大學大学院経済学研究科博士前期課程修了。 Copyright © Legal Professional Corporation VERYBEST. 誰でも100%勝てる貸金業者に対する過払い金請求ブームに乗って規模拡大をした弁護士事務所が、過払い金請求も下火になってきたため、次の”漁場”として活発にアプローチをしているのが中小企業向けの「未払い残業代請求」。, そのため、未払い残業代を実際に支払ったという中小企業も多くなってきていることでしょう。, では、この未払い残業代の支払いをした場合、会社はどのような経理処理をすればよいのか。, そこで、今回は、未払い残業代を支払ったときの課税関係についてまとめておくことにします。. fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); 残業代をボーナスに含めて支払った場合、その残業代が発生した月の給与支給日の翌日からボーナス支給日までの遅延損害金が発生します。 なお、労働基準監督署に残業代の未払いを指摘された使用者が、未払い分相当額について直後のボーナスに付加した形で支払ったという事例は存在します。 在学中からの國學院大學公開講座講師、本郷公認会計士事務所(現 辻・本郷税理士法人)勤務を経て、1994 年、当時26 歳で吉澤税務会計事務所開設。  一方で、精算金ではなく、実労働時間に基づき“過年分の給与”として支給した場合には「本来支給すべきであった支給日の属するそれぞれの年分の給与所得」となります。(参考:国税庁タックスアンサー「№2509 給与所得の収入金額の収入すべき時期Q&A」) ホームページ, 税務会計・財務に関するご相談や困りごとなどを解決する内山瑛プロのコラムは必見。 今回のコラム記事は『未払残業代に係る法人税及び所得税の取り扱い』。 浜松市中区で活躍する専門家がくらしやビジネスで役立つ情報をお伝えします。. 無料メール講座 9割の人が間違えている『会社のお金』登録はこちら Copyright © My Best Pro All rights reserved. すなわち、『企業が、未払いであった過年分の残業代について“一時金(精算金等)”として支給した場合、その課税年分は「支給日が定められているものについてはその支給日、支給日が定められていないものについてはその改訂の効力が生じた日」となる( 所基通36-9 )』とされています。 このように、適正な残業代の支払いを受けることは労働者の権利です。それと同時に、残業代の支払いは使用者の義務なのです。, 残業代をボーナスに含めて支払おうとする会社は、実際に存在するようです。その理由は、以下のようなものが考えられます。, どのような理由があろうと、使用者が残業代をボーナスに含めて支払うということは明らかな違法行為です。なぜなら、労働基準法第24条において給料すなわち賃金は「毎月一回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない」と定められているためです。これは基本給だけでなく休日手当てや残業代に対しても適用されます。そして、これは月給制の社員だけではなく年俸制の社員に対しても同様に適用されます。   %PDF-1.6 %���� 日本では古来より、でっち奉公や徒弟制度を代表する労働環境が根付いている地域が多々ありました。平成が終わった現代においても、いまだ残業代や最低賃金を労働者に支払うという認識が薄い業界が存在することは否定できません。 0 現在、同事務所代表、株式会社トータル・マネジメント・コンサルティング代表取締役及びアライアンスLLPパートナー。 この規定に明らかに違反していると認められる企業または経営者あるいは両方には、労働基準法第119条の規定により「6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金」が科されます。さらに、残業代不払いの行為が悪質と判断され、その企業が送検された場合は地域の労働局により「労働基準関係法令違反に係る公表事案」として企業名や事案概要が公表されることになります。 加えて、法務やIT、不動産有効活用、マーケティングやPRなどの諸問題についても、多面的に構築した専門家ネットワークによる問題解決をすることで、クライアントの「全体最適を考慮した安定成長」に寄与している。 メールアドレス ※, 建設工事が消費税の増税時期をまたがる時の課税関係|未成工事支出金・建設仮勘定・販売用不動産, 輸入取引をした時の消費税の経理処理|商品本体・消費税・地方消費税・関税・代行手数料, 消費税の免税期間を2年間フルで使えるのは令和3年10月1日設立まで|免税事業者絶滅までのカウントダウン, キャバクラ嬢への支払い判決からみる給与所得と事業所得の判断基準|講師・一人親方もご用心. var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; (function(d, s, id) { 後編では、残業代の請求の方法について、堺オフィスの弁護士が解説します。 /