②非木造(法6条第3号に掲げるもの) ③石造,れんが造,CB造,無筋CON造, その他これらに類する建築物 h>13m又は軒高>9mのもの 【第4号】 ①第1号~第3号以外のもの ①組積造,補強CB造 F≧4以上のもの(地階を除く) ②鉄骨造(3F以下) h>13m又は軒高>9mのもの 適判の審査は容易ではないことが挙 げられる。 1.伝統構法は、現在、危機的な状況に置かれている 建築基準法における構造計算規定の枠組 階数≦2, 延べ面積≦500㎡, かつ高さ≦13m, 軒高≦9m 第四号建築物 (小規模木造建築物) 構造計算が必要 全ての建築物に適判のチェックが必要、ではありません。適合性判定が必要な建築物は、下記です。 ・木造 高さが13m又は軒の高さが9mを超える建築物等 ・鉄骨造 地階を除く階数が4以上である建築物等 後の年収を調べる方法, ・木造 高さが13m又は軒の高さが9mを超える建築物等, ・鉄骨造 地階を除く階数が4以上である建築物等, ・鉄筋コンクリート造 高さが20mを超える建築物 等, ・上記以外の建築物で、保有水平耐力計算、限界耐力計算などを行ったもの, ・国土交通大臣の認定を受けたプログラムにより安全性を確かめた建築物, 1.断面係数の計算方法を本当にわかっていますか?→, 2.丸暗記で良いと思ったら大間違い→, 3.違いを適切に説明できますか?→, 当サイトでは、ほぼ毎日、記事更新・追加を行っております。, 更新情報として、先月分の新着記事を一覧表示しております。下記をご確認ください。, 建築関係の学生、社会人の方に役立つ知識を、分かりやすくお伝えします。. 確認申請書と判 定申請書の副本 が返却されます 申請者等 適合性判定の図書 と不整合がある場 合は、再度判定が 必要となる場合が あります 機関間で留意すべ き事項がある場合 は通知を行います 建築確認申請書 の提出 構造計算適合性 判定申請書の提出 (注)上記1.2.について、許容応力度等計算(ルート2)審査対応機関に確認申請する場合、許容応力度等計算(ルート2)については、構造計算適合性判定の対象外となります。, 構造計算適合性判定業務の処理期間は、建築基準法第6条の3第4項の規定により、申請書を受理した日から14日以内に、当該申請に係る構造計算適合性判定の結果を記載した通知書を交付しなければならないと定められています。ただし、法第6条の3第5項により、一定の合理的な理由があるときは、35日の範囲内において、期間を延長することができることとなっています。また、申請書等に不備がある場合や記載事項に不明確な点がある場合には、相当の期限を定めて申請書等の補正又は追加説明書の提出を求めます。なお、法第6条の3第6項の規定により、「適合するかどうかを決定することができない旨の通知書」を交付した場合は、その交付日から申請書等の補正又は追加説明書の提出に要する日数は、判定の期間に含まれません。, ※【①から7日程度】:①から③までの日数は、標準で7日程度、やや繁忙期では10日程度、繁忙期では14日程度となります。また、複数棟による案件の場合は「+複数棟日」、複雑な構造による案件の場合は、「+2~3日程度」となります。, ※【約2~7週間程度】:構造計算適合性判定業務の処理期間は、申請者等の対応により異なります。申請書等の補正又は追加説明書の対応を速やかにしていただければ、適合判定通知書の交付までの処理期間を早めることができます。また、事前相談等を実施することにより処理期間を早めることができます。, 一定規模以上の建築物(高さが60mを超える建築物(超高層建築物)以外の建築物で、木造で高さ13m又は軒高9mを超えるもの、鉄骨造で4階以上のもの、鉄筋コンクリート造で高さ20mを超えるものなど、法20条第1項第2号及び令第36条の2第1号から4号までに規定されている建築物のほか、令第36条の2第5号に基づく告示(平成19年国土交通省告示第593号)に定められている建築物), 許容応力度等計算(ルート2)、保有水平耐力計算(ルート3)又は限界耐力計算(これらと同等以上に安全性を確かめることができる構造計算を含む。)を行ったもの, 許容応力度等計算(ルート2)又は許容応力度計算(ルート1)で、大臣認定プログラムによるもの. 特に間違いやすいのは、木造や鉄骨造、混構造で軒高9mを超えるもの。3階建ての場合、木造以外では意外とシビアな条件です。次に混構造で500㎡を超える場合です。 ルート1 簡単な構造計算はルート1で適判には行かない B, E“K‡«”»’è‚ɍs‚­‚©‚¢‚©‚È‚¢‚©H‚»‚ꂪd—v, ƒ‹[ƒg‚Q‚́Aƒ‹[ƒg‚P‚ÌŒ‡“_‚𐥐³@‰ü³‚Å”ñ“K”»‚Ö, ƒ‹[ƒg‚R‚Í“ñŽŸÝŒv‚É“Ë“üI–{Ši“I‚ȍ\‘¢ŒvŽZ, Z‘îÝŒv@‘ϐkf’f@\‘¢ÝŒv@\‘¢ŒvŽZ@“S‹ØƒRƒ“ƒNƒŠ[ƒg‘¢@–Ø‘¢@“Sœ‘¢@¬\‘¢@‘ϐkƒŠƒtƒH[ƒ€@ƒ}ƒ“ƒVƒ‡ƒ“Šé‰æ@“Œ‹ž“s•{’†Žs. 一定規模以上の建築物(高さが60mを超える建築物(超高層建築物)以外の建築物で、木造で高さ13m又は軒高9mを超えるもの、鉄骨造で4階以上のもの、鉄筋コンクリート造で高さ20mを超えるものなど、法20条第1項第2号及び令第36条の2第1号から4号までに規定されている建築物のほか、令第36条 …