*Some products require additional reagents to be supplied by user. The strongest interactions occur with carboxylic acid groups (Asp and Glu), imidazole (His), sulfhydryls (Cys), and amines (Lys). Majority of fluorescent stains offer sensitivities similar to that obtained with silver staining techniques and can be used as a good alternative to silver staining in 1D or 2D electrophoresis. The number of steps includes multiple gel washes, solution changes, destaining steps, etc. Silver staining protocols require several steps, which are affected by reagent quality as well as incubation times and thickness of the gel. Whether you just need a quick visual confirmation or require a highly-sensitive stain to detect low-abundance proteins, we offer a variety of easy-to-use, effective protein stains for both in-gel and on-membrane detection. 糖タンパク質4 ng/バンド: 適合: Pro-Q® Emerald 300糖タンパク質ゲル・ブロット染色キット: 2 (10) 約5時間: 蛍光性: 糖タンパク質0.5 ng/バンド: 適合: Pro-Q® Diamond リンタンパク質ゲル染色試薬: 1 (5) 約4~5時間: 蛍光性: リンタンパク質1~16 ng /バンド: 未試験 For Research Use Only. Fluorescent protein gel stains offer linear quantitation ranges, with some stains reporting over three orders of magnitude. Two forms of the dye exists- R-250 (R standing for the reddish tint) and G-250 (G standing for the greenish tint). して計算する。A280/A260 <1.5 の時は核酸の混入が考えられるので、他 の方法を検討した方がよい。 2)Bradford法 [原理]タンパク質染色に用いられる色素クーマシーブルーが、タンパク質と結合 する際の吸光度の変化を測 定する。 トリパンブルー(英: Trypan blue )は、染料として使われる アゾ染料 (英語版) である。 綿織物の 直接染料 (英語版) 。 生物科学分野では、死組織または死細胞を青色に選択的に染めるための 生体染色剤 (英語版) として使われている。. Most fluorescent stains bind non-covalently to proteins either through the polypeptide backbone or through interaction with the SDS coat around the proteins, UV or blue/green-light transilluminators or imaging instruments with appropriate filters, MS and sequencing compatible, western blotting (only non-fixative methods), Most stains are MS compatible, western blotting, Quick and simple staining protocols, inexpensive, Lowest detection limits not requiring specialized equipment, Broad linear dynamic range with low detection limits, Sialic acid and other oxidizable carbohydrate groups, Phosphate groups attached to tyrosine, serine, or threonine residues, ~0.5 picomole of a 6X His-tagged fusion protein. Download Protein Gel Electrophoresis Technical Handbook, Download Complete, innovative western workflow solutions brochure. Both variants offer the same relative sensitivity and easy detection. Not for use in diagnostic procedures. Kits with optimized protocols are robust and easy to use, detecting less than 0.5 ng of protein in typical gels. Coomassie dyes (also referred to as Coomassie blue or Coomassie brilliant blue) are common dyes used for the visualization of proteins separated by protein gel electrophoresis. Silver ions are reduced to metallic silver, resulting in brown-black color. Because no chemical modification occurs, excised protein bands can be completely de-stained and the recovered proteins can be used for analysis by mass spectrometry or sequencing. Various sensitizer and enhancer reagents are essential for controlling the specificity and efficiency of silver ion binding to proteins and effective conversion (development) of the bound silver to metallic silver. Coomassie G-250 (also known as colloidal Coomassie dye) offers a faster staining protocols and eliminates the need for de-staining. Coomassie based dyes do not permanently chemically modify the target proteins rather interact via non-covalent interactions. Silver stains use either glutaraldehyde or formaldehyde as the enhancer. This is particularly useful for differentiating overlapping spots on 2D gels. 完全静脈栄養(tpn)-病因、病理生理学、症状、徴候、診断および予後についてはmsdマニュアル-プロフェッショナル版へ。 Thermo Fisher Scientific. These reagents can cause chemical crosslinking of the proteins in the gel matrix, limiting compatibility with de-staining and elution methods for analysis by mass spectrometry (MS). Therefore, optimization of sensitivity vs. protein recoverability is critical when employing silver staining as part of an MS workflow. Thus, Coomassie staining can detect as little as 8–10 ng per band for some proteins and 25 ng per band for most proteins. (3Z,3'Z)-3,3'-[(3,3'-dimethylbiphenyl-4,4'-diyl)di(1Z)hydrazin-2-yl-1-ylidene]bis(5-amino-4-oxo-3,4-dihydronaphthalene-2,7-disulfonic acid), トリパンブルー(英: Trypan blue)は、染料として使われるアゾ染料(英語版)である。綿織物の直接染料(英語版)[3]。生物科学分野では、死組織または死細胞を青色に選択的に染めるための生体染色剤(英語版)として使われている。, 無傷の細胞膜を持つ生細胞または生組織は染色されない。細胞は細胞膜を通過する化合物に非常に選択的であるため、生きている細胞ではトリパンブルーは吸収されない。しかしながら、死細胞ではトリパンブルーは膜を横断する。したがって、死細胞は顕微鏡下で独特の青色として見える。生細胞は染色から排除されるため、この染色法は色素排除法とも呼ばれる。, トリパンブルーは、オルトトリジンが持つ2つのアミノ基をジアゾ化した化合物に、それぞれ1分子ずつの1-アミノ-8-ナフトール-3,6-ジスルホン酸(1-amino-8-naphthol-3,6-disulfonic acid)がアゾカップリングした構造をしている。トリパンブルーの名前は眠り病を引き起こす寄生虫であるトリパノソーマを殺すことができることに由来する。トリパンブルーのアナログであるスラミンはトリパノソーマ症に対して薬物治療で使用されている。トリパンブルーはジアミンブルーやナイアガラブルーとも呼ばれる。, トリパンブルーに対するモル吸光係数(英語版)はメタノール中、607 nmにおいて6⋅104 M−1 cm−1である[4]。, トリパンレッド(ドイツ語版)およびトリパンブルーはドイツの科学者パウル・エールリヒによって1904年に初めて合成された。, トリパンブルーは(細胞計数のための)顕微鏡検査(英語版)や組織生存の判断のために実験用マウス(英語版)で一般的に使われる[5]。この手法は壊死(ネクローシス)した細胞とアポトーシスした細胞を区別することはできない。, トリパンブルーは真菌の菌糸[6]やストラメノパイル類を観察するために使うこともできる。, トリパンブルーは、連続環状嚢切開を形成する前に、成熟白内障が存在する中で視覚化を助けるため、水晶体前嚢を染めるために白内障の手術においても使われる。, 20世紀初頭、トリパンブルーの動物への注入で脳と脊髄を除いた全身が染色されるという観察に基づいて、脳を保護する障壁(血液脳関門)の存在が推論された。ただし、この染料は脳瘤(英語版)といった特定の出生異常の原因となるかもしれない[要出典]。, [Na+].[Na+].[Na+].[Na+].[O-]S(=O)(=O)c6cc1cc(cc(N)c1c(O)c6/N=N/c2ccc(cc2C)c5ccc(/N=N/c4c(cc3cc(cc(N)c3c4O)S([O-])(=O)=O)S([O-])(=O)=O)c(C)c5)S([O-])(=O)=O. Coomassie based stains offer easy staining protocols and provides good quantitative linearity with good sensitivity. Unlike silver stains, fluorescent stains require equipment for visualization. Silver stain formulations can be made such that protein bands stain black, blue-brown, red, or yellow, depending on their charge and other characteristics. Search In acidic conditions, Coomassie binds to basic and hydrophobic residues of proteins, changing in color from a dull reddish-brown to intense blue. Typical stains can be viewed with a standard UV or blue/green-light trans illuminator or with imaging equipment equipped with the appropriate filters. **Times include gel wash steps and all steps required for best sensitivity in a mini-gel. *Some products require additional reagents to be supplied by user. As with all staining methods, Coomassie staining detects some proteins better than others, based on the chemistry of action and differences in protein composition. The technique involves the deposition of metallic silver onto the surface of a gel at the locations of protein bands. The number of steps includes gel washes, solution changes, destaining steps, etc. Please confirm that you are a health care professional, ここから先は第三者のウェブサイトになります。当社は、第三者のウェブサイトのコンテンツに関与しておらず、掲載内容について一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。, , MD, St. Louis University School of Medicine, 部分的な静脈栄養は経口摂取を補うものであり,1日の栄養所要量の一部だけを補給する。多くの入院患者がこの方法によりブドウ糖またはアミノ酸輸液の投与を受けている。, 完全静脈栄養(TPN)は1日の全栄養所要量を補給する。TPNは病院または在宅で使用できる。TPN液は濃縮されており,末梢静脈の血栓症を引き起こすことがあるため,通常は中心静脈カテーテルが必要となる。, 静脈栄養は,消化管が正常である患者ではルーチンに用いるべきではない。 経腸栄養と比較して,静脈栄養には以下の短所がある:, TPNは,消化管が機能していない患者,または以下に挙げるような,腸管の完全な安静が必要となる疾患を有する患者に対して実施可能な唯一の選択肢となることがある:, TPNには,水分(30~40mL/kg/日),エネルギー(エネルギー消費量に応じて30~45kcal/kg/日),アミノ酸(異化の程度に応じて1.0~2.0g/kg/日),必須脂肪酸,ビタミン,およびミネラルが必要である( 完全静脈栄養での成人の1日当たりの基本必要量)。, TPNを必要とする小児の必要輸液量は様々であり,より多くのエネルギー(最大で120kcal/kg/日)およびアミノ酸(最大で2.5または3.5g/kg/日)が必要である。, TPNの基本液は,標準的な処方に従い,無菌操作で通常はリットル単位で調製する。通常,標準輸液2L/日が必要である。臨床検査結果,基礎疾患,代謝亢進,またはその他の因子に基づき,輸液剤を補正することがある。, ほとんどのカロリーを炭水化物として供給する。典型的にはブドウ糖約4~5mg/kg/分を投与する。標準輸液はブドウ糖を最大で約25%含むが,その量および濃度は,代謝要求や脂質によって供給されるカロリー要求量の割合など,他の因子によって決まる。, 必須脂肪酸およびトリグリセリドを補給するために市販の脂肪乳剤を加えることが多く,通常は総カロリーの20~30%を脂質として補給する。しかし,脂質とそのカロリーを控えれば,肥満患者が内在する蓄積脂肪を動員し, インスリン感受性を増加させるのに役立つことがある。, 多くの輸液剤が一般的に使用されている。患者の必要量を満たすために電解質を追加してもよい。, 透析治療を受けていない腎機能不全,または肝不全の場合:タンパク質含有量を減らし,必須アミノ酸の割合を高くする, 呼吸不全の場合:炭水化物の代謝による二酸化炭素産生を最小限に抑えるため,非タンパク質のカロリーのほとんどを脂質乳剤で供給する, 中心静脈カテーテルは長期にわたって留置する必要があるため,挿入と保持は厳密な無菌操作で行う必要がある。TPNラインは他のいかなる目的にも用いるべきではない。体外の輸液管を24時間毎に,1日の最初の輸液バッグとともに交換すべきである。インラインフィルターにより合併症が減少することは証明されていない。ドレッシング材は無菌状態に保つべきであり,通常は48時間毎に厳密な無菌操作で交換する。, 病院外でTPNを投与する場合,感染症の症状を認識するよう患者を指導する必要があり,適格な在宅介護を手配する必要がある。, 輸液は算出した必要量の50%でゆっくりと開始し,5%のブドウ糖液を用いて必要液量を補填する。エネルギーと窒素は同時に投与すべきである。レギュラーインスリンの投与量(TPN輸液に直接加える)は血漿血糖値によって決まる;血漿血糖値が正常で輸液剤の最終的なブドウ糖含有率が25%の場合,通常の開始量は,TPN液1L当たりレギュラー インスリン5~10単位である。, 経過はフローチャートで追うべきである。可能であれば集学的な栄養チームにより患者をモニタリングすべきである。体重,血算,電解質,およびBUNを頻回にモニタリングすべきである(例,入院患者では毎日)。患者とグルコース濃度が安定するまで血漿血糖値を6時間毎にモニタリングすべきである。水分の摂取量および排泄量を継続的にモニタリングすべきである。患者の状態が安定すれば,血液検査の頻度を大幅に減らしてよい。, 肝機能検査を実施すべきである。 血漿タンパク(例,血清アルブミン,場合によりトランスサイレチンまたはレチノール結合タンパク),プロトロンビン時間,血漿浸透圧および尿浸透圧,ならびにカルシウム,マグネシウム,およびリンを週2回測定すべきである。トランスサイレチンおよびレチノール結合タンパクの変動は,栄養状態のみではなく,むしろ総合的な臨床状態を反映している。できれば,ブドウ糖注入時には血液検査を実施すべきではない。, 完全な栄養状態の評価(BMIの算出および身体測定を含む)を2週毎に繰り返すべきである。, ブドウ糖の異常(高血糖もしくは低血糖)または肝機能障害が,90%を超す患者で起こる。, ブドウ糖の異常がよくみられる。高血糖は,血漿血糖値を頻回にモニタリングし,TPN液のインスリン用量を調節し,必要に応じてインスリンを皮下投与することによって回避できる。低血糖は,高濃度ブドウ糖の持続注入を突然停止することによって引き起こされる可能性がある。治療法は低血糖の程度によって異なる。短期的な低血糖は50%ブドウ糖の静注で回復する可能性がある;より長期間の低血糖では,中心静脈カテーテルを介したTPNを再開する前に5%または10%ブドウ糖の24時間注入が必要になることがある。, 肝合併症として,肝機能障害,痛みのある肝腫大,高アンモニア血症などがある。これらはいずれの年齢でも起こる可能性があるが,乳児で最もよくみられ,特に早産児(肝臓が未発達)に多い。, 肝機能障害は一過性である場合があり,トランスアミナーゼ,ビリルビン,およびアルカリホスファターゼの上昇により証明される;TPN開始時に生じることが多い。アミノ酸の過剰に起因して,遅発性または持続性の上昇が生じることがある。発生機序は不明であるが,胆汁うっ滞および炎症が一因である可能性がある。ときに進行性の線維化が発生する。タンパク質の投与を減らすことが助けとなることがある。, 高アンモニア血症が乳児に発生することがあり,嗜眠,攣縮,および全身痙攣を引き起こす。これは0.5~1.0mmol/kg/日のアルギニン補給で是正できる。, 乳児が何らかの肝合併症を発症した場合,アミノ酸を1.0g/kg/日に制限する必要がある場合がある。, 血清電解質およびミネラルの異常は,その後の輸液を調整するか,または緊急に是正する必要がある場合は適切な末梢静脈輸液を開始することにより是正すべきである。輸液が適切に投与されている場合,ビタミンおよびミネラルの欠乏はまれである。BUNの上昇は脱水を反映していることがあり,脱水は末梢静脈を介して5%ブドウ糖液として自由水を与えることによって是正できる。, 体液量過剰(1kg/日を超す体重増加によって示唆される)が,患者の1日当たりのエネルギー必要量が多く,そのため大量の輸液を必要とする場合に起こることがある。, 代謝性骨疾患,または骨の脱灰(骨粗鬆症または骨軟化症)が,3カ月を超えてTPN投与を受けている患者の一部に発生する。機序は明らかではない。進行例では,関節周囲,下肢,および背部に重度の疼痛が起こることがある。, 脂肪乳剤に対する有害反応(例,呼吸困難,皮膚のアレルギー反応,悪心,頭痛,背部痛,発汗,めまい)はまれであるが早期に起こることがある(特に脂質を1.0kcal/kg/時を超えて与える場合)。一次的な高脂血症が(特に腎不全または肝不全の患者で)起こることがあるが,治療は通常必要ない。脂肪乳剤に対する遅発性の有害反応として,肝腫大,肝酵素の軽度上昇,脾腫,血小板減少症,白血球減少症,および(特に呼吸窮迫症候群の未熟児で)肺機能異常などがある。脂肪乳剤の投与を一時的または恒久的に中止するか,投与速度を遅くすると,これらの有害反応が予防されるか,または最小限に抑えられることがある。, 胆嚢の合併症として,胆石症,胆泥,胆嚢炎などがある。これらの合併症は,長期の胆嚢うっ滞により引き起こされるまたは悪化することがある。カロリーの約20~30%を脂肪として供給し,1日に数時間ブドウ糖の注入を停止することによって収縮を促すことが助けになる。経口または経腸摂取も役に立つ。メトロニダゾール,ウルソデオキシコール酸,フェノバルビタール,またはコレシストキニンによる治療が一部の胆汁うっ滞患者に役立つ。, 消化管が機能していない患者,または腸管の完全な安静が必要となる疾患を有する患者に対しては静脈栄養を考慮する。, 水分(30~40mL/kg/日),エネルギー(エネルギー消費量に応じて30~45kcal/kg/日),アミノ酸(異化の程度に応じて1.0~2.0g/kg/日),必須脂肪酸,ビタミン,およびミネラルの必要量を算出する。, 患者の年齢および臓器機能の状態に基づいて輸液剤を選択する;新生児および心,腎,または肺機能が障害されている患者に対しては異なる輸液剤が必要である。, 合併症(例,中心静脈アクセス,グルコース濃度,電解質およびミネラルの濃度,肝もしくは胆嚢への影響,用量,または脂肪乳剤に関連するもの)について患者を注意深くモニタリングする。, Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。私たちのコミットメントの詳細は、Global Medical Knowledgeをご覧ください。, 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。, このサイトは、 信頼できる医療・ 健康情報のための 倫理標準である HONcodeの条件を満たし ています: こちらから確認してください。, The trusted provider of medical information since 1899, © 2020 Merck Sharp & Dohme Corp., a subsidiary of Merck & Co., Inc., Kenilworth, NJ, USA.