ブログを報告する. 理由はいろいろ…バッテリーからヘッドライトまでの配線が劣化しているとか(リレーかましてバッテリーから直接ヘッドライトに配線すれば治る), 時代遅れのハロゲンバルブだとか、それどころか太古の遺物シールドビームだとか(めっちゃ暗い)。, 我がビートルも案の定、行灯か?というレベルの暗いライトだったので、思いきってLEDに交換。, Amazonでプライムセール4200円くらいだったので、納車前に買っちゃったんですけど。, 「SUPAREE」H4 Hi/Lo LED ヘッドライト 車検対応 Lumileds LUXEON ZES CHIP 採用 8000Lm 6500k ファンレス 一体型 角度調整機能付き 日本語マニュアル付き 保証書付き, LEDヘッドライトによくある疑問が「光軸出るのか?車検に通るのか?」ですが、これはハロゲンバルブの発光点を再現したLEDチップ配列になっていれば高確率でいけるはず。, 対して、こういうやつは前から見れば眩しいでしょうけど、路面を照らさず車検も通らず…なのが想像に難くないわけです。, さあ取り付け、ここで問題なのは旧車だと特に、「イマドキのH4バルブが装着できるヘッドライトユニットか」です。シールドビームの場合はヘッドライトユニット丸ごと交換しないといけないので…, ビートルはヘッドライトリム下部のビス1本外して、リムを斜め上に引き上げるとカポッと外れて中身が出てきます。, ヘッドライト本体がビス3本で止まってるので、これも外します。(画像でいうと上の2本のネジの右側がそれ、あと右下・左下に一本ずつ), で、LEDバルブを装着。バルブを入れる→黒いヒートシンクを回して外す→固定用のツメを付ける→ヒートシンク戻す の順序がよろしいかと。, ヒートシンクと本体を止めるネジ山にはサーマルグリスがたっぷり塗ってあるので、下手に触ると手が真っ白になりますので要注意。, あとはコードが伸びた先にH4用のコネクタに刺さる端子があるのできちっとハメて、配線をライト本体に挟まれたりしないようにうまく隠して元に戻せば完成。, ただ、画像のロービームは綺麗に出てますが、ハイビームが変な照らし方しているかも?スポット的配光になっている気が。ちょっと要検証です。, 明るさはハロゲンに比べれば当然明るいですが、おそらく最近のハイパワーHIDの方が上じゃないかな?, できるだけ電気は食わないようにした方が、エンジンの負担もオルタネータの負担も減らせますので…, 車検に通るかどうか…はまた2年後のお話ですが、数千円で手に入って、とりあえず人に迷惑をかけない光なのを確認できれば実験感覚で装着してみてもいいのでは?と思いました。, 空冷ビートルに乗っています。ビートルのことはもちろん、バイクやカメラなど趣味の諸々を綴っていきます。, microwavableさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 最新のクルマを買ったばかりの人は感じないだろうが、中古車を買った人や、長年クルマに乗っている人の多くがヘッドライトの暗さを感じている。できるだけ手軽で、そして効果的な対処法はないだろうか? 今回はヘッドライトの暗さに効果のある方法5つを考えてみたい。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪. | (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この頃覚えたライトメーカーはたくさんあります♪ メジャーなメーカーのライトはプラシーボ効果で明るくなったような気がするんですよ。 ※結構いい値段しますが。, などの汎用品が一般でしたが今時は各車専用設計の異形ライトになっちゃってますねえ。 ※これってすごく維持しずらいんじゃ・・, バイクブーム時にはバルブ(電球)だけ交換する改造が流行りました。 いわゆるハイワッテージバルブと、いうやつです。 当時のゴールドバルブという商品は明るいけど光軸が出ずらいので車検通らないと言われてましたが実際どうだったんだろ? ※何となく高級な色合いになるので満足度が高いけど値段も高いという代物でした。, でもバルブ交換とは比較にならないくらいライトリレーキットを使うと明るくなりますよ♪ ※HIDとかLEDとかはナシの方向で。, バルブとレンズ部分のライトユニットが一体式になってる「シールドビーム」という方式もありました。 これだと、バルブ交換ができません。 ※ユーノスロードスターの初期型(NA)ってシールドビームだったってホント?, Z1-Rの純正ライトはバルブ交換ができないシールドビームです。 しかもライトボディがついてないという男らしい仕様です。, 男らしいけれど、ものすごくショボイくて暗いうえ重たいです。 ライトボディはZ1のものを流用、レンズ部はCB400SF用のプラレンズに交換しました。, プラレンズは軽くていいんですが傷が入りやすいし劣化すると黄ばんでくるんですよねえ・・ 黄ばんでくると光量が落ちます。 今時の異形プラスチックライトのバイクはライト丸ごと交換になるんで維持費が高そうです。 ※10年後に部品出るのかね?と余計な心配しちゃうよ。, steladotio / Pixabay 異形ヘッドライトは専用設計なので交換時高いぜ!, 車検が無い250cc以下のバイクでも旧車の場合はライト周りのカスタマイズはお勧めです。, ライトは人様に迷惑かけない程度に明るいほうがいいです。 別に今時っぽくHIDやLEDにしなくても電球方式でも極力明るくしてあげたいですね。 夜とか雨とかの際には明るいライトは有効ですよ。 HIDやLEDは霧の時に見づらいです。 ※バイクにとっては死活問題です。箱根で視界5mもないという濃霧に遭遇したことあります。. ワタクシは今までバイクのユーザ車検を20回近く受けてきました。 ユーザー車検で引っかかったのはライト関係が一番多かったです。 特に旧車は純正のライトでは通りません。 ので、そこにフォーカスしてまとめ記事を書いてみます。 ユーザー車検、余裕っすよ♪ ライトが点かずにお困りの人、 お読みください! 原付に乗っていて突然ライトが点かなくなることってありますよね。 夜に点かなくなると非常に危険ですし、整備不良で違反になってしまいます。 そんな困ったときにコチラのページを見て解決していただければ幸いです。 管理人のヒキです。   今日はバイクのヘッドライトを  明るくする方法について  お話をしたいと思います。   ヘッドライトが暗いと  夜道が見えない、見えづらいですよね。   昼間でも明るいほうが  他車からの視認性が良くなり安全です。   ヘッドライトを明るくしたいと  思ったことはありませんか?    まず結論から言うと  純正より明るくすることはできます。    それが望む明るさかは別問題ですが。    作業方法は大きく分けて二つ。   ・バルブを交換する   ・配線を効率化する    効果があるほうが費用もかかります。    それぞれについてお話ししていきますね。, まずはバルブ交換。   ヘッドライト自体の交換も含めて  これが一番簡単で効果的です。    球切れで交換したことがある人なら  作業は同じ手順です。   肝心なのはバルブ選び。   ・ハロゲン   ・HID   ・LED   と、3種類あります。    最近では家庭用でもおなじみになった  LEDが普及してきています。   その前がHID。   純正で多いのが昔からあるハロゲン。    こんなふうにヘッドライトも  少しずつ進化しています。   規格によってバルブの形が  決まっていますから  同じ規格のバルブに交換するだけです。    基本的には新しいほうが明るくなります。    明るくはなるのですが  問題が出る場合も。    同じ規格のバルブとは言え  純正から変えるわけです。   メーカーが想定していなかった  使い方になるかもしれません。   具体的に言えば    ・HIDだと熱   ・LEDだと光軸や照射範囲    このあたりが問題になるかもしれません。    熱が問題になるのは  ヘッドライトのレンズが樹脂の時。   熱で溶ける可能性も。   熱に強いガラスのヘッドライトなら  心配しなくても大丈夫ですが。    光軸は全車に関係してきます。   バイクだけでなく車でも。   車検がなければそのままでも  使い続ける事もできますが。   でも、光軸がずれていると  対向車にも迷惑がかかる場合も。   上にずれていると  ハイビームを使っているのと同じ状況。   対向車がこんなヘッドライトだったら  かなり迷惑ですよね・・・。    光軸だけでなく  照射範囲の問題もあります。   純正状態のヘッドライトで  壁を照らしてみると  「カットライン」があるのが分かります。   照らされる範囲の上部が  線を引いたように切れています。   これが「カットライン」。   対向車がまぶしくないように  光がいかないようになっています。   HIDやLEDにバルブを変えると  ここが一番の問題になってきます。   自分で調整できれば良いですが  ダメな場合は業者にお願いしましょう。   光軸調整ではどうにもならない。  そんな場合もあります。   ヘッドライトはバルブの光を反射して  広範囲を照らしています。   反射板の設計は純正状態。   バルブを変えるだけで  この前提が崩れるわけです。   ハロゲンバルブなら光の特性も  ある程度は同じでしょう。    でも、LEDは全然違います。    光が真っ直ぐ進むので  狭い範囲に明かりが集中。   スポットライト的な光の特性です。   これがバルブ交換をしても  きれいに照射できない原因です。   こうなると対処の方法がないですから  買う前によく調べておきましょう。    次は配線の効率化です。   これは雑誌で知って  実際に試してみました。   説明に入る前に僕の感想から。    正直に言えば効果が分からない程度です。    旧車では効果があるようですが。   最近のバイクでは  あまり効果がないようです。   僕が鈍感と言うのもありますが・・・。   市販品もありますが  高評価のレビューはやはり古いバイク。   ⇒ヘッドライトリレーキット   それでも理論上は納得できるので  とりあえず試してみるのも  悪くないと思います。   自作でしたら費用は安いですから。    やり方はバッテリーから直接  ヘッドライトまで配線するだけです。   実際はヒューズを入れたり  リレーを入れたりしますが。   簡単な図にすると  こんなイメージです。     バッテリーのプラスから  ヒューズ、リレーを通るだけで  ヘッドライトまで配線してあります。   ロービームだけでなく  ハイビームも明るくするなら  ハイ、ローの切替用リレーも必要です。   ACC電源はキースイッチに連動する  電源なら問題ありません。。   よくあるのがホーンやテールランプの  配線に接続する方法。   その方法も悪くないですが  僕は純正配線を傷つけない  ヒューズ電源をおすすめします。   配線とヒューズを買うだけなら  数百円でできますよ。   それぞれのやり方もご紹介しています。  分からない方は参考にしてみてください。   ⇒バイクのUSB電源をホーンから取りたい。注意することは?    ⇒バイクのアクセサリー電源はヒューズからとりだすと簡単    時間をとるか手間をとるか。   自作でも市販品でも  自分にあった方法で挑戦してみて下さい。    ここまで長文にお付き合い  ありがとうございます。   ヘッドライトを明るくする方法について  お話ししてきました。   簡単にまとめると    ・バルブを交換する   ・配線を効率化する    効果が分かりやすいのは  バルブ交換です。   そのかわり配線の自作よりは  費用がかかります。   LEDバルブは商品によって  価格の差も大きいですから  迷うところかもしれません。    でも、バルブは通常だと長く使えます。    今までバイクに乗っていて  球切れを何回経験しましたか?    僕は10年以上複数台持ちですが2~3回。   切れたのは通勤で使っている  スクーターだけです。   休日のツーリングに使う程度なら  バイクを手放すまで  一度も切れない可能性だってあります。   ジャケットやヘルメットを買うと思えば  安くて長く使えますよ。   夜道が暗くて不安な人なら  試してみる価値はあると思います。    最後に僕の経験をお話ししますね。   HIDは使ったことがありますが  LEDはありません。   以前は高価でしたが  普及してきて価格もだんだんと  手の届くところに。   価格だけなら買っても良い範囲に。    それでも使ったことがないのは  安全面で気になることがあるからです。    一灯式のヘッドライトは  ロービームとハイビームが  一つのバルブ内にあります。   ローとハイのどちらかが切れても  残りの一つは使えます。    でも、HIDやLEDだと  そうとも限りません。    僕が最初に買ったHID。  バルブの下にある反射板が動いて  ハイビームにもなる製品でした。   だから光源は一つ。   もし夜道でそれがつかなくなった場合  真っ暗になってしまいます。    ハロゲンだとロービームが切れても  ハイビームが使えます。   両方同時に切れることは  確率的にはかなり低いです。   ヘッドライトの上をテープなどで隠して  ハイビームで走ることができます。   他車には迷惑ですが最悪そのままでも  夜道を走ることは可能です。    ヘッドライトが暗いと感じるのは  夜に走るから。   そう言う状況でヘッドライトが  使えなくなるのは恐ろしいですよね。   だからHIDでも  こういう製品を買いました。   ローがHID。   ハイがハロゲン。    物理的に分かれています。   これなら球切れのトラブルも  何とかなるでしょう。   両方同時に点かないのは  別の原因、例えばヒューズ切れなどを  疑ってみるべきです。    明るさだけならバルブ交換が簡単ですが  照射範囲や安全面の問題もあります。   交換するときはその製品を  よく調べてから買いましょう。   事故になったらせっかくのバイクが  楽しくないですからね。, バイクツーリングを20年以上続けています。今でも原付、大型、オフ車と各ジャンルに乗っています。初心者の方からベテランの方まで、困った時や悩んだ時に役立つ情報を発信していきます。悩む時間を減らしてその分楽しみましょう。, バイクのドライブレコーダーでも、前後を映す商品が増えてきました。危険運転をする人もいるので、両方あると安心ですよね。バックモニターの代りもでき、ミラーとあわせて安全確認もしやすくなります。バイクのドライブレコーダーで前後にカメラを取り付けてみます。, トリップメーターの後付けをしたい。燃費の計測からツーリングまで、あると便利な機能ですよね。純正と交換すれば見ためはスッキリします。でも色々な問題点も。別の手段として追加という方法もあります。実際にトリップメーターを後付けで、増設してみました。, バイクのUSB電源をホーンから取りだしたい。そう考える人も多いです。ハンドルまわりでスマホなど充電するには、近くて便利な場所ですからね。作業自体は簡単ですが、注意すべきことも。実際にバイクのUSB電源をホーンからとってみたので、手順をご説明します。, ヘルメットのスピーカー。ナビやインカムのおかげで普及してきました。取り付けも簡単ですが場所は狭い空間。当たって耳が痛いとか、よく音が聞こえないなんて問題も起こります。どちらの場合も解決方法はありますから、ヘルメットのスピーカーを調整してみましょう。, バイクのETCに軽自動車用を使う「自主運用」。車載器が安いことが魅力です。二輪用は高いですからね。でも法律などの問題点はないのでしょうか?罰金があったりすれば、合計の出費は増えてしまいます。バイクのETCに軽自動車用をつかうことについて考えます。, ヒューズ電源の向きはどちらに差しても同じでしょうか?説明書を見ると、正しい方法が書いてあります。では逆にしたらダメなのか?と言われれば、通電には問題はありません。むしろ安全だったりします。ヒューズ電源の向きの違いで、どう変るかをお伝えしていきます。.