エンジン冷却水. 0.8. 日産純正cvtフルードns-3 ※4. ダイヤクイーンスーパーハイポイドギヤオイル . B, ‰º‹LƒŠƒXƒg‚æ‚èŽÔ—¼Œ`Ž®(ƒOƒŒ[ƒh)‚ð‘I‘ð‚µŽÔ—¼Œ`Ž®•ÊƒGƒ“ƒWƒ“ƒXƒyƒbƒNƒy[ƒW‚Ö‚¨i‚݉º‚³‚¢B. 日産エクストレイル(x-trail)のエンジンスペック(型式、種別、最高出力、最大トルク、タンク容量、燃料供給装置、使用燃料、圧縮比、内径、行程)を車両形式、グレード、年式別に解説、表示。日産エクストレイルを年式、グレード別に検索することができます。 リヤディファレンシャルオイル. 日産のエンジン型式一覧では、日産自動車製、ルノー(含む共同開発)製、ダイムラー製、udトラックス(旧:日産ディーゼル)製、プリンス自動車工業製のエンジン型式を一覧でまとめた。 0.39 g型エンジン(gがたえんじん)は、プリンス自動車工業が設計・開発・製造していた直列4気筒及び直列6気筒のガソリンエンジンである。. 日産qg15/16の後継エンジン グローバルマーケット向けの幅広い車種に搭載 将来renault車にも搭載予定 1.クラストップの低中速トルク、高効率エンジン 基本素質を徹底的に磨き上げ、クラストップの低中速トルク、低フリクション・熱効率を実現。 VHエンジンの後継として、日産初のV型8気筒直接噴射(筒内噴射)式エンジンであるVK45DDが2001年(平成13年)にF50型シーマのフルモデルチェンジと同時に登場した。, 2003年(平成15年)8月にはシーマのマイナーチェンジで燃料供給方式をポート噴射式としたVK45DEが搭載され、VK45DDは廃止となった。同年10月、PGF50型プレジデントにVK45DEを搭載。2005年(平成17年)8月、Y50型フーガに333 PS仕様のVK45DEを搭載。自主規制撤廃後、日産のエンジンでは初めて280 PSを越えた。, また、VK45DEをスケールアップしたVK56DEは日本国外で販売されているSUVやピックアップトラックに搭載されている。, 「VK45DD」は、シリンダーブロックこそ旧型の4.1リットルV型8気筒ユニット(VH41DE)の発展形ではあるが、事実上まったくの新設計である。直噴システムは同社の2.0リットル直噴ユニットQR20DDと同じタイプ[1]を用いており、また、シリンダーヘッドの構造や給排気ポートの形状などをV6のVQシリーズとモジュール化して、開発や生産のコストを引き下げている。従来品より40 %も軽いというチタン合金製給排気バルブや、軽量タイプのピストンなど、運動系の部品の軽量化を徹底したことと、摺動部のクリアランスを縮小したことで、高い静粛性と燃費の向上が図られたという。とくに静粛性については、旧型の4.1リットルV型8気筒にくらべ、50 - 70 %も向上している。, モータースポーツでの使用例が目立つのが本型式の特徴で、2007年から2009年にかけて2008年にボア・ストローク量を見直した上でSUPER GTで使用されたほか、2011年からはル・マン24時間レースのLMP2クラス向けにニスモ・ザイテック経由でエンジン単体の供給を行う[2]。またマザーシャシーのエンジンもこれと見られている。, 2015年よりFIA 世界耐久選手権に新設されたLMP3クラスにおいて、本エンジンがワンメイクエンジンとして採用されている[3]。LMP3用エンジンは出力が約420PSで、メンテナンスはオレカが担当する[4]。, Nissan named official engine supplier of LMP3 class, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日産・VKエンジン&oldid=79699943, 206 kW (280 PS)/6,000 rpm 451 Nm (46.0 kg-m)/3,600 rpm (シーマ2WD車), 206 kW (280 PS)/6,000 rpm 402 Nm (41.0 kg-m)/3,600 rpm (シーマ4WD車), 206 kW (280 PS)/6,000 rpm 451 Nm (46.0 kg-m)/3,600 rpm (プレジデント、シーマ2WD車), 245 kW (333 PS)/6,400 rpm 451 Nm (46.0 kg-m)/4,000 rpm (フーガ), 235 kW (320 PS)/6,000 rpm 454 Nm (46.4 kg-m)/4,000 rpm (FX45), 254 kW (340 PS)/6,400 rpm 451 Nm (46.0 kg-m)/4,000 rpm (2003年 - 2005年 M45), 日産・GT-R 〈SUPER GT・GT500仕様〉(2008年 - 2009年)ボア・ストロークは88.0mm×92.4mmに変更, 287 kW (390 PS)/6,500 rpm 500 Nm (51.0 kg-m)/4,400 rpm, 235 kW (320 PS)/5,200 rpm 522 Nm (54.3 kg-m)/3,400 rpm(インフィニティ・QX), 227 kW (305 PS)/4,900 rpm 514 Nm (52.4 kg-m)/3,600 rpm(アルマーダ). 日産自動車は新型「マグナイト」を発表した。ターボエンジンによる力強いパフォーマンス、大胆なエクステリア、そして先進テクノロジーを兼ね揃えた都市向け小型suv。 日産エクストレイル(x-trail)のエンジンスペック(型式、種別、最高出力、最大トルク、タンク容量、燃料供給装置、使用燃料、圧縮比、内径、行程)を車両形式、グレード、年式別に解説、表示。日産エクストレイルを年式、グレード別に検索することができます。 全車. 4.0 ※2. B, ƒŒ[ƒXƒGƒ“ƒWƒ“‚ÅŽg‚í‚ê‚Ä‚¢‚éu^‰~ƒ{ƒAv‰ÁH‹Zp‚ðAƒOƒ[ƒoƒ‹‚ÉŽg‚í‚ê‚é—ÊŽYƒGƒ“ƒWƒ“‚ł̗̍p‚ð‰Â”\‚É‚µ‚Ü‚µ‚½B. 5.8. 4wd. B, ‰º‹LƒŠƒXƒg‚æ‚èŽÔ—¼Œ`Ž®(ƒOƒŒ[ƒh)‚ð‘I‘ð‚µŽÔ—¼Œ`Ž®•ÊƒGƒ“ƒWƒ“ƒXƒyƒbƒNƒy[ƒW‚Ö‚¨i‚݉º‚³‚¢B. 日産のv型6気筒エンジンは以前からvg型・ve型があったが、それらに代わる新世代エンジンとして、1994年より生産を開始した。 2020年現在でも日産車の中級・上級ラインナップにおける主力エンジン … sae90(gl-5) トランスファーオイル. 4wd. vhエンジンの後継として、日産初のv型8気筒直接噴射(筒内噴射)式エンジンであるvk45ddが2001年(平成13年)にf50型シーマのフルモデルチェンジと同時に登場した。. All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License. 全車. キャンプやアウトドアに!日産「NV350キャラバン」に特別仕様車「プレミアムGX BLACK GE…, 日産がネコ好きに向けて生産した「おうち用にゃっさんデイズ」が猫カフェ「MOCHA」に登…, 日産 新型「ナバラ」を世界初披露 - 「頑丈」というデザインテーマを持つピックアップ…, ルノー「ルーテシア」フルモデルチェンジ! 日産・三菱とのアライアンスにより開発され…, ベーコンの香りのマスク ブラックラベルの「Breathable Bacon(吸えるベーコン)」 - 食べるだけじゃない 吸え!, イオングループのリフォームスタジオがTioTio PREMIUM加工を施した「洗えるマスク(抗菌・消臭・抗ウイルス生地使用)」発売, フルサイズSUV「キャデラック エスカレード」発売 ― 38インチディスプレイやAKGオーディオシステム搭載, 日産自動車は新型「マグナイト」を発表した。ターボエンジンによる力強いパフォーマンス、大胆なエクステリア、そして先進テクノロジーを兼ね揃えた都市向け小型SUV。, インフォテインメントシステムはApple CarPlayとAndroid Autoに対応, Copyright 2020 internetcom K.K. All Rights Reserved. 日産純正スーパーロングライフクーラント ※3. cvtフルード. G型エンジン(Gがたえんじん)は、プリンス自動車工業が設計・開発・製造していた直列4気筒及び直列6気筒のガソリンエンジンである。, 日産自動車との合併後も「スカイライン」「ローレル」「グロリア」などに搭載され、1975年まで製造された。本項では、G型と共にその祖となったGA型・GB型エンジンについても解説を行う。, エンジン名のうち「G」は単にプリンス社内で「ガソリンエンジン」を指す符号であったが、度重なるエンジン改良や名称変更、新型エンジンの開発などの転変とは無関係に、プリンス製の自動車用ガソリンエンジンの多くに共通符号として使用された。さらには日産自動車との合併後も、日産の既存エンジンに「G」を名乗る型式がなかったことから、数字付番を排気量とする当時の日産式ルールで改名されたうえで、旧プリンス系エンジンの型式として継承された(ただしこのルールは同じくプリンス系列のエンジンでも、スカイラインGT-R用S20型、御料車プリンスロイヤル用のW64型には適用されていない)。, 大まかには、プリンスがガソリン自動車開発を開始した当時からの第一世代にあたるOHV4気筒系列(FG4A→GA・GB→G1・G2)、プリンス後期に開発された上級車種用のターンフローSOHC6気筒系列(G7/11)、日産合併直前に開発され、1970年代まで生産された第二世代のクロスフローSOHC4気筒系列(G15/16/18/20)の3グループに大別できる。, GA系4気筒エンジンの原型となったのは、1952年に開発されたFG4A型直列4気筒エンジン(OHV1.5リットル 45PS)である。このエンジンは、当時の日本製小型車用エンジンとして最大級のものであった。, FG4A型は、プリンス自動車のエンジン部門等の前身となり後にたま自動車と合併した富士精密工業株式会社が、プリンスへの改名前のたま自動車の依頼によって開発したものである。基本構造は、たま自動車の実質的なオーナーであったブリヂストン創業者・石橋正二郎が私有していた「プジョー・202」(1938年発表)の1.2リットルエンジンを、富士精密の技術者がスケッチ・スケールアップすることで開発された。, FG4A型の系列にあたる各エンジンは、基本設計が古いことと、既存エンジンの拡大設計という出自から、その排気量に比して重量がかさむ欠点はあったが、日産への合併までプリンスの汎用主力エンジンとして乗用車・商用車の別なく広範に使用され、年々耐久性の高いエンジンへと改良された。, G7型6気筒エンジンは、メルセデス・ベンツが1951年から生産を開始した「220」「300」のSOHC直列6気筒エンジンに影響を受けて開発された、上級車種用の高速型エンジンである。高級乗用車のグロリア向けに設計されたものであり、レース対応モデルのスカイラインGTへの転用はあったものの、グロリア派生車以外の商用車には使用されなかった。, 4気筒エンジンもG15型以降は新設計のSOHCレイアウトが導入されたが、プリンスSOHCエンジン各種の出現時期はプリンス自動車と日産自動車の合併時期に重なってしまい、エンジン標準化や排出ガス対策の観点から同クラスの日産系量産エンジンへの置換えが進行して、1970年代中期までにラインナップから消滅した。, どちらも行程は共通の84mm。内径を変更することで排気量を1.5リットルクラスと1.9リットルクラスに適合させている。すべてOHV直列4気筒エンジンである。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=プリンス・G型エンジン&oldid=72768992. 日産・vkエンジンとは、日産自動車のv型8気筒 ガソリンエンジンの系列である。. 概要.