小学校6年生になると歴史の授業が始まります。私自身、暗記することが苦手なので、世界史も日本史も好きではありませんでした。そして自分の子供もどうやら同じタイプのようで…。, できるだけ早い段階でその苦手を軽くしてあげて、「自分は歴史が苦手だ」という苦手意識を持たないようにしてあげたいと考え、歴史が苦手な子でも取り組める方法を模索しております。, その子のタイプによって、合う勉強法はさまざまだと思いますが、我が家の小学生を例にとって、暗記が苦手な子にもできる歴史の勉強法をまとめました。, 私自身が子供の頃、クラスで歴史が得意な子がいました。その子はどうやって勉強していたかな〜と思い返してみて一番初めに浮かんだのが、「歴史の学習漫画を読む」です。, 小学生が歴史を勉強するときに、はじめから「勉強」と思うと、覚えるのが苦手な子は構えます。私がそうでしたし、うちの小学生もやっぱりそうみたいです。, そのために本を読もうとしても、もともと歴史に興味がない子には苦痛になりますが、漫画ならとっつきやすく、とりあえずパラパラとめくって絵から理解することもできます。, ちょうど良いことに、我が家の小学生3人とも最近よく読んでいる学習漫画があり、調べてみると歴史の学習のための漫画も出ているようでしたので、まずは図書館で数冊借りて渡してみました。, 歴史以外のシリーズと比べると食いつきは悪かったですが、漫画ということでとりあえずは読んでくれたようです。ざっとでも構わないから読んでおいてくれれば、授業や教科書で出てきたときに記憶が強化されると思います。, 今回はまずサバイバルシリーズの歴史漫画を読ませてみましたが、うちの子もそうですが小学生くらいの子だと絵のイメージで好みが決まってしまうこともありますので、他社の学習漫画も読ませてみようと思っています。, これは漫画と比べるとハードルが上がるとは思いますが、やはり学習は自分で考えたり書いたりする動作が入ることで記憶がしっかり定着しますので、歴史の学習に出てくる内容をノートや紙に書いてもらうことは効果があるようです。, 何を書くかというと、例えば、縄文時代と弥生時代の比較表であったり、年表や出来事をまとめたり、あるテーマについて関連事項をまとめたりします。, 絵を描くのが得意な子なら、イラストも交えて表現してもらっても良いかもしれません。小学生だと、途中からお絵描きに脱線してしまう子もいそうですが、歴史と親しむきっかけになってくれれば問題ありませんので、できるだけ本人が楽しくやれるようにしてあげると良いと思います。, 下のような図をつくって、あいているところを親子で埋めていくのも効果的かと思います。, 上の項目の内容に少し近いのですが、こちらは歴史上の「人物」に焦点を当てて考えてみる工夫です。ただの出来事よりも、相手が「人」である分、想像力を働かせやすい部分もあると思います。, 例えば「卑弥呼」をテーマにして、その周辺の出来事などをまとめて書いてみるのを試してみると、歴史をただの暗記としてとらえてしまって苦手になりがちな小学生には効果的だと思います。, 人物に関する情報をまとめることで、ただの暗記ではなく、人物や出来事をそれまでよりもリアルにとらえることができますし、考えて・書いて・書いたものを見直すことで、理解が深まり、記憶も強化されます。, どの時代に生きた、どういう人物で、どんなことをしたのか、その周辺ではどんなことが起きたのか、など。わかることをどんどん書いていくだけでも構わないと思います。, 6年生くらいになると、情報をまとめるときに、自分の判断で表にしたり図にしたりできる子もいると思いますので、そういった部分は本人の得意分野にまかせて自由に書いてもらって良いと思います。, また、こういう作業が苦手な子にとってはやはり楽しくないかもしれませんので、ひとつ上の項目の表のように、穴あき問題のようなものをつくって埋めてもらうのも良いかと思います。, このあたりについては、おいおいダウンロードコンテンツなどつくっていけたらいいなと思っていますが、現時点では用意できなくてごめんなさい。, 素直で真面目な子ほど、板書をそのままきれいに書き写そうとしますが、6年生になり、来年から中学に上がることを考えると、そろそろ板書の仕方を工夫しても良い時期だと思います。, 先生が黒板に書くことをそのまま写すだけではなく、欄外に先生のお話やポイントを書き込むなど、使いやすくわかりやすいノートにしていく工夫の仕方を教えてみてはどうでしょうか?, 小学生の場合ですと、まだ多色のペンや蛍光ペンは使わないかもしれませんが、もし先生が理解ある方で、本人もやる気があれば、2〜3色の色鉛筆やペンで書き分けをしてみると、わかりやすいノートの取り方を覚えていく練習になると思います。, その際には、あまりたくさんの色を使わずに、初めは、ベースの鉛筆に加えて、赤と青程度の色数に抑えるのが良いと思います。, 使う際の基準を初めにきちんと決めて使っていくとさらに良いです。例えば、大切な箇所や先生が強調した箇所は赤で書いたり赤いアンダーラインを引くいて、自分から見てわかりづらかった箇所や勘違いしそうな箇所に青を使う、などです。, また、初めから横書きのノートの2/3と1/3のあたりに縦の線を入れて、広いほうに板書をし、1/3のほうに先生のお話や自分のメモをかき加えるなどと、書き方のルールを決めてしまっても良いと思います。, ノートの取り方や情報のまとめ方は、中学高校、大学に進学しても、その後就職しても役立つと思います。仕事で企画書や資料をまとめる際にも、どうしたらわかりやすくできるかを工夫しながら作成します。この考え方は学生の時のノートの取り方に通じていると思います。, 歴史の授業が苦手な小学生のための勉強法をまとめました。今後実際に我が家で試していきたい内容ですので、実践してみたらまた加筆修正していきます。, みなさんののお子さんにも実践できそうな部分や参考になる部分はありましたでしょうか?, ざっくり言うと、とっつきやすい学習漫画で歴史の大枠をとらえ、年表を書いて流れを頭に入れて、人物の人となりを身近に感じ、それらをわかりやすくまとめられるようにする、ということです。, そして学習の際に重要なのは小学生本人がつらくない方法を選んで、できるだけ自分の手を使って書いてもらうことかと思います。書くことが手っ取り早い記憶の強化につながるからです。, でも、例えば本人が楽しくやれるのであれは、PCを使って、エクセルやパワーポイント等のアプリケーションでまとめてもらうのも勉強になるのではないかと思います。, できるだけ楽しみながら、苦手意識を持つことなく学習していけることが大切かなと思いますので、私自身もできることから少しずつ実践していけたら良いなと思っています。^ ^. 小学生向けの日本の歴史学習のプリント、テストを作りました。無料ダウンロード・印刷できます。要点の確認や予習、復習、カードを利用したかるた遊び学習など、用途に合わせてご利用ください。 ※世界史カードの画像 ★印刷できないなら1000円で 販売中! 「 鮭勉 」(歴史の上級者向け) ★図形暗記に最強のアイテム♪ 「 パタパタシート 」 ※ 日本史文化用の画像. 小学生学習ポスターとそれに関するテストを毎月公開していくコーナーです。 7月は「日本の歴史年表」学習ポスター&クイズテスト(高学年用・低学年用)を公開します! 序章 日本史オリテー 1話 縄文~弥生(~300年) 2話 古墳時代(~600年) 3話 大化の改新(~700年) 4話 平城~平安(~800年) 5話 平安時代開始(~870年) 6話 藤原摂関政治(~1030年) 「 日本史カルタ印刷用 」 ※印刷うまくできんならコチラ☆ . 歴史の授業が苦手な小学生におすすめしたい勉強法をまとめました。 小学生の歴史の勉強は中学生以降の日本史の学習の基礎になります。イヤな気持ちで取り組むのではなく、楽しみながら歴史を勉強していきませんか?学習に対する考え方や、具体的な方法など、参考にしてみてください。 ©Copyright2020 もくもくサポート.All Rights Reserved. ★数学のセンター速習! 「 センター数学の 玉先生の勉強風景 」 . . 7月公開! 社会「日本の歴史年表」学習ポスター&クイズテスト.