コンビミニの新生児肌着(新生児アイテム・出産準備用品)を探すならこちらから。コンビミニの通販は、サイズ豊富な新生児服・ベビー布団などの人気の出産準備アイテムをはじめ、赤ちゃんの成長にあわせた新発想のベビー服や子供服で、ママの育児を応援します。 出産準備で赤ちゃんの肌着は必須アイテムです。短肌着はどんな肌着? 夏や冬に産まれた赤ちゃんでは必要な枚数が変わるのでしょうか。長肌着やコンビ肌着の違いや短肌着の選び方、おすすめ商品、リメイク方して長く使う法などもご紹介します。 赤ちゃんが産まれる季節によって、用意するベビー服の種類や枚数が変わってくることをご存じですか? 一概に新生児用の肌着といっても色々あるので、何が赤ちゃんにとってよい肌着なのか、選ぶのは難しいですよね。 今回は何をどのくら […] 夏は新生児・赤ちゃん用 肌着1枚と半袖ウェア1枚の組み合わせで過ごしましょう。肌着は重ね着しやすい短肌着やコンビ肌着が便利。ウェアも丈が短めのものがベターです。素材はいずれも薄手で、吸汗性・通気性に優れたものを選んで。 出産準備で赤ちゃんの肌着は必須アイテムです。短肌着はどんな肌着? 夏や冬に産まれた赤ちゃんでは必要な枚数が変わるのでしょうか。長肌着やコンビ肌着の違いや短肌着の選び方、おすすめ商品、リメイク方して長く使う法などもご紹介します。, 短肌着は、赤ちゃんの上半身くらいまでの丈が短いの肌着です。短肌着は大人が着るような頭からすぽっとかぶるタイプではなく、首がすわっていない赤ちゃんが着られるように、着物のように前で合わせて留める形となっています。, 短肌着は赤ちゃんにとって基本となる肌着で、生まれてすぐに身に付ける最初の衣類です。赤ちゃんの肌着にはいくつかの種類があり、季節や気温に応じて重ねて着用します。短肌着は1番下に着る肌着で、汗をかきやすい赤ちゃんの汗取りや体温調節といった役割があります。赤ちゃんの素肌に直接触れる短肌着は、素材やデザインも赤ちゃんの肌に優しいものを選びましょう。, 赤ちゃんの肌着には、短肌着のほかに長肌着(ながはだぎ)とコンビ肌着があります。長肌着もコンビ肌着も赤ちゃんの足まですっぽり隠れるほどの長さです。長肌着はワンピースのようなデザインですが、コンビ肌着は、股下にスナップボタンがついて左右の足に分けられるようになっています。, 長肌着もコンビ肌着も、基本的には体温調節のために短肌着の上に着用します。暑い時期だと、おうちではコンビ肌着1枚で過ごすこともあるので、基本にこだわらず、室温に合わせて赤ちゃんに着せる肌着を選びましょう。, 短肌着は、赤ちゃんの汗取りや保温のためにも短肌着を必ず用意するようにしましょう。短肌着は生まれてすぐに着るので、新生児期用として50cm~60cmサイズを用意しておくのが一般的です。, 赤ちゃんの成長によっては、すぐにサイズアウトして着られなくなることもあるので、出産前に用意する枚数は少なめにして、出産後に赤ちゃんの様子を見ながら買い足す方法もおすすめです。, 出産前に用意する短肌着は3~5枚ほどを目安にしましょう。赤ちゃんは汗をかきやすく、母乳やミルクの吐き戻しもあり、1日に何度も着替えることがあります。, すぐに洗濯できる夏場なら少なめでも大丈夫ですが、洗濯物が乾きにくい冬場や毎日洗濯する余裕がなさそうな場合は、短肌着を最初から多めに用意しておいた方が良いですね。, 短肌着は生まれてすぐに着用しますが、生後何ヶ月まで着用するという決まりがあるわけではありません。生後6ヶ月ほどで短肌着を卒業するケースが多いようですが、それには2つ理由があります。, ひとつは、生後4ヶ月~生後6ヶ月頃になって寝返りをするようになると、赤ちゃんが動いて短肌着を着せにくくなるからです。赤ちゃんを寝かせたまま着替えさせるのが難しくなると、かぶるタイプの肌着に変えた方がパパママも赤ちゃんも楽ですよ。, もうひとつの理由は、そもそも短肌着の多くが50cm~60cmサイズだからです。そのため、短肌着がサイズアウトしたタイミングでそのまま卒業となります。しかし、紐で結ぶタイプの短肌着は多少の調節ができるので、生後6ヶ月を超えても着られなくなるまで着せても問題ありませんよ。, 短肌着は赤ちゃんの素肌に直接触れるものです。そのため、赤ちゃんにとって優しい素材の短肌着を選びたいですね。赤ちゃんに何度も着せる短肌着は、留め具の使いやすさも重要です。それぞれの選び方のポイントを見てみましょう。, 短肌着は、体温調節や汗取りといった役割が求められるので、吸湿性や保温性、通気性に優れた綿100%素材を選びましょう。また、同じ綿素材の短肌着でも、編み方によって肌触りは異なります。, 裏表がはっきりした平編みの天竺素材は、薄手でさらっとした着心地なので夏場におすすめです。縦糸と横糸で平織にしたガーゼ素材も、通気性が良く夏向けです。, 肌寒い季節なら、スムース素材やパイル地の短肌着もおすすめです。部屋の暖房や風通りによって室温は変わるので、長肌着やコンビ肌着との重ね着を前提にして、通気性に優れた薄手の短肌着で揃えるのもひとつの方法です。, ふんわりとしたゴム編みのフライス素材の短肌着はオールシーズン使うことがあるので、数枚用意しておくと便利です。, 短肌着は着物のように前で合わせて留めるようになっています。紐で結ぶのが一般的な短肌着ですが、パパママの使い勝手や状況、赤ちゃんの状態に応じて留め具の違う短肌着を使い分けてもいいですよ。, 紐タイプの短肌着のメリットは、赤ちゃんの肌に優しいということです。短肌着本体だけでなく、紐自体も天然素材のものを選ぶことができます。対して、紐タイプの短肌着には、紐を結ぶのに手間が掛かるというデメリットもあります。, 手間が掛からないという点では、面ファスナーで留めるタイプの短肌着が便利です。さっとなでるだけでくっつくので、短肌着の着脱が簡単です。しかし、面ファスナーがおむつにくっついてしまってしまうと、着替えに手間取ることもあります。短肌着を洗濯する際に他の衣類にくっつかないように、面ファスナーを留めてから洗濯する必要もありますね。, 洗濯時に楽なのは、スナップボタンタイプです。スナップボタンの短肌着はそのまま洗濯機に入れても、他の衣類に面ファスナーがくっついたり紐が絡んだりという悩みがありません。スナップボタンタイプの短肌着のデメリットは、ボタン部分が硬いため、寝返り時やボタン留めの際に赤ちゃんの肌の負担になる可能性があることです。, 短肌着はデリケートな赤ちゃんの肌の刺激にならないように、タグや縫い目が表側になっているものを選びましょう。, 短肌着は吸湿性や保温性、通気性といった機能面も大切ですが、デザインにも注目したいポイントです。無地のシンプルな短肌着はもちろん、ワンポイントが入っていたり柄物だったり、可愛いデザインがたくさんあります。, 男の子なら、ブルーやグリーンといったカラーや、飛行機や車などの乗り物系の柄がおすすめです。女の子なら、ピンクやレッド、花柄やフルーツ柄などがかわいいですよ。性別がわからない場合は、イエローやボーダー、星柄などの性別を問わないカラーと柄を選ぶのがいいですね。オーガニックコットン素材の短肌着はナチュラルカラーのことが多く、男女どちらにも合わせられるので性別が分かる前から用意できますよ。, 短肌着は、赤ちゃんが生まれてすぐに身に付けるものなので、出産準備の段階で揃えておく必要があります。その際におすすめなのが、新生児の肌着セットです。肌着セットは、短肌着や長肌着、コンビ肌着など、肌着が複数枚セットになっています。, 足りない分は産後に改めて買い足せるので、産後すぐに使う分は肌着セットで揃えるのが便利ですよ。2~3枚から10枚近くの肌着セットなど、枚数や種類もいろいろなパターンがあるので、セットをいくつか組み合わせるのもおすすめです。, 短肌着は、赤ちゃん本舗や西松屋、ベビーザらスといったベビーグッズを扱うお店で購入できます。それだけでなく、イオンなどのベビー売場、ユニクロやしまむらグループのバースデ―などのファストファッションブランド店でも購入できます。, 出産準備や産後バタバタしていてでかける余裕がない時は、ネットショップで購入することもできるので、状況に合わせて購入するお店を使い分けましょう。. ■カラー:生成り ■素材:綿100%, ベビーカーやチャイルドシートでおなじみの「コンビ」のグループ会社、「コンビミニ」の短肌着です。ベビー肌着ではあまり見られない、くすみカラーが素敵ですね。赤ちゃんの動きをさまたげない伸縮性がある素材で作られていますよ。, 赤ちゃんは体温調節がうまくできないので、肌着と洋服で体温を調節するようにします。でも、どんな組み合わせで着せたら良いのか、何着くらい必要なのかなど、悩んでしまいますよね。そこで季節別やシーン別に、肌着と洋服の組み合わせ例をご紹介します。組み合わせ例はあくまでも一般的な目安なので、お住まいの地域や赤ちゃんにあわせた着せ方をしてくださいね。, 短肌着(4~5着)+2wayオール(七分袖・4~5着)2wayオールとは、股下のスナップボタンの留め方でベビーオール(裾がスカート状になっているもの)やカバーオールのようなズボン状になるものをいいます。長期間着せられるので重宝しますよ。また肌寒いときにはおくるみ(1枚)や靴下、レッグウォーマーなどで調節してあげましょう。, 短肌着(4~5着)のみか、コンビ肌着(2~3着)のみコンビ肌着とは、短肌着と長肌着の中間の丈で、股下がスナップボタンで留められる肌着です。お腹が出てしまいそうで不安な場合はコンビ肌着がおすすめですよ。, 短肌着(4~5着)+コンビ肌着(2~3着)+2wayオール(4~5着)+ベスト(2着ほど)着せていて汗ばんできたらコンビ肌着を脱がすなどして調節してあげましょう。逆に寒そうなときはレッグウォーマーなどで調節し、おでかけのときにはおくるみ(1枚)やスリーパー(1~2着)、ポンチョ(1着くらい)が便利です。, 洗い替えなどで4~5着ほど必要な短肌着、他のベビー服やベビー用品も含め、たくさんのベビー服を洗濯することになります。小さな短肌着ですが、かさばって収納スペースがいっぱいにならないよう、上手にたたみましょう。1.袖を内側に折りたたむ2.上下を三つ折りにして完成, パパやママ、そして子ども服でも人気の高いユニクロでも、短肌着が販売されています。繰り返し洗ってもへたりにくく低価格なので、一度買ってみてはいかがでしょうか。, 赤ちゃんのデリケートな肌にも優しい、綿100%の短肌着です。外側の合わせは紐ではなくスナップボタンが付いているので、簡単に着せ替えができますよ。2枚組なので洗い替えに便利です。, sweet mommy(スウィートマミー)はマタニティウェアやベビーグッズを販売している通販専門店です。オーガニックコットンを使用したベビー服や、ママと赤ちゃんでお揃いで着られる服もたくさん販売していますよ。, ■サイズ:50-70cm 長肌着は新生児期の肌着の一種ですが、一枚だけ着せるというよりは、体温調節のために短肌着の上に着せるのが一般的です。 新生児期にしか着ないため、着られる期間が短く、初夏から夏にかけて生まれた赤ちゃんには基本的に必要ありません。 ■カラー:ブルーグリーン、レモン、ピンク、パープル ■カラー:ナチュラル ■カラー:ピンク・水色・クリーム ■素材:綿100%, さっと着せ替えができる、マジックテープタイプの短肌着です。企画から製造、出荷まで日本で行っているこだわりの商品ですよ。肌着の色は白ですが、柄の色を3色から選ぶことができます。, 1年中使える素材の短肌着です。無地の肌着ですが生地にレールメッシュと呼ばれる編み目加工が行われているので、上品でおしゃれに見えますよ。コンビ肌着やロンパースなどの洋服と重ね着したときに袖がもたつかないように、短肌着の袖が短く仕立てられています。, 人気の赤ちゃん用品メーカー、「赤ちゃんの城」の短肌着です。トリコロール柄がおしゃれですね。綿100%のフライス生地で作られており、オールシーズン着まわせます。, ■サイズ:50-60cm ■素材:オーガニックコットン100%, 赤ちゃんの肌に優しい、オーガニックコットン100%で作られた短肌着です。汗や水分の吸水性が良く、保温性にも優れています。外紐にはステッチが施されているので結び間違いをしにくいですよ。, 王冠マークとカラフルなデザインが印象的なBABYDOLL(ベビードール)は、着ているだけで元気になれそうなブランドです。ベビー服や子ども服をはじめ、パパやママの服もあり、親子で楽しめます。, ■サイズ:50-60cm ■セット内容:フライス2枚組・エアーニット2枚組 !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? ■素材:綿100%, 国内工場の熟練スタッフによって丁寧に手作業で作られた短肌着です。素材はフライスとエアニットから選べます。フライスは肌着に最もポピュラーな素材で、季節を問わず使用することができますよ。エアニットは保温性が高いので秋冬におすすめの素材です。生まれた季節によって素材が選べるのは嬉しいですね。, ■サイズ:50cm 夏の室内では、基本、肌着1枚で十分です。 肌着には新生児から長く着られる前開きの短肌着やコンビ肌着がおすすめです。素材は、汗をよく吸う綿100%で、メッシュ、ガーゼ、フライス生地のものがいいでしょう。. 短肌着は新生児の肌着ですが、いつまで使えるのか、何枚くらい用意したら良いのか悩むママも多いのではないでしょうか。そこでこちらでは新生児の短肌着について、選び方やいつまで使えるのかなどご紹介します。おすすめの短肌着やおすすめブランドもあわせてご覧ください。, 赤ちゃんの肌着には「短肌着」「長肌着」「コンビ肌着」とありますが、その中で一番丈が短く、腰丈の肌着を「短肌着」といいます。短肌着は生まれてすぐの赤ちゃんに着せる基本の肌着で、赤ちゃんの身体にフィットし、汗を吸い取る役割もあります。季節を問わず着せることができ、とても便利です。短肌着は着物のように前であわせて着せる肌着で、紐で結んだりマジックテープで留めたりするタイプなどがあります。裾が腰の丈なのでおむつ替えが頻繁な新生児にとても重宝する肌着です。, 短肌着は生まれたその日から着せることができる肌着です。生まれたばかりの赤ちゃんは寝ている時間が多いので、寝かせたまま着替えさせられる短肌着はとても便利ですよ。また、首がすわっていない赤ちゃんに、頭からすっぽりかぶるタイプの肌着は着替えさせるのが大変です。個人差はありますが首がすわる生後3ヶ月くらいまでは短肌着が重宝します。首がしっかりとすわってきて、赤ちゃんの動きも活発になってくると、寝かせてのお着替えが今度は難しくなってきます。このころになるとかぶるタイプの肌着のほうが着替えさせやすくなりますので、短肌着の卒業となります。, 短肌着は基本的に新生児に着せる肌着なので「50cm」または「50-60cm」と2サイズにまたがって販売されている場合が多いです。出生時の平均的な身長は50cmくらいなので、50cmがぴったりなのですが、赤ちゃんはすぐに成長してしまい、50cmの短肌着ではすぐに着られなくなってしまうこともあります。だからといって大きめのサイズを選んでも、小さな身体の赤ちゃんにぶかぶかの短肌着もかわいそうですよね。短期間しか着せることができなくても、赤ちゃんの身体に見合ったサイズの短肌着を選んであげましょう。購入するうちの何枚かは50cmの短肌着を選んでも良さそうですね。, 短肌着は赤ちゃんの肌に直接触れるものです。敏感な赤ちゃんの肌に優しい素材の短肌着を選んであげましょう。短肌着の代表的な素材の特徴をご紹介します。赤ちゃんが生まれる季節によって短肌着の素材を選択するのもひとつの方法です。・「ガーゼ」は吸汗性や通気性が良く、洗濯しても乾きやすい。・「フライス」は伸縮性が良く、季節を問わずに着せることができる。・「天竺(てんじく)」は薄手で通気性が良く、サラッとしているので夏向き。また日本製の短肌着は、赤ちゃんの肌や身体のことをよく考えて作られています。綿100%で作られている場合がほとんどで、オーガニックコットンを使用した短肌着も多数あります。, 短肌着はデリケートな新生児の肌を優しく守ってくれるように、縫製にも特徴があります。一般的な大人の衣類では縫い代は内側にありますが、短肌着は縫い代が肌に当たらないように、すべて表面に出ている作りになっています。ソフトな肌触りになるように襟ぐりはパイピングされているのも大きな特徴です。このように縫製が赤ちゃんにとって優しい作りになっているものを選ぶようにしましょう。またタグが外側に付いているものや、洗濯をすることが多い短肌着ですので、ほつれて糸を誤飲しないように返し縫いが施されているものを選ぶと安心です。, 短肌着には「ノースリーブ」「半袖」「長袖」があります。短肌着は基本の肌着となるため、天候や季節によって短肌着の上にロンパースなどを重ね着します。上に着るロンパースや季節にあわせて短肌着の袖の長さを選んでみましょう。, 短肌着は着物のように前であわせ、内側と外側をそれぞれ紐で結んで着せるデザインのものが一般的ですが、最近ではマジックテープで留めるタイプの短肌着も増えています。シンプルな白系の短肌着から、ボーダーや柄がプリントされた見た目のかわいい短肌着もあります。ミルクをこぼしてしまったり、おむつからうんちが漏れてしまったり、汚れることも多い短肌着ですので、濃い色のものを何着か持っていると安心です。また何回もの洗濯にも耐えられる丈夫な短肌着を選ぶのも大切です。, メッシュ素材とNEWフライス素材の短肌着2枚セットです。メッシュの形がくまになっていて、とてもかわいらしいですよ。袖なしタイプなので、夏生まれの赤ちゃんにおすすめです。, ■サイズ:50-60cm