また、ノニル酸ワニリルアミドが配合されているため貼ったところから心地よい温感刺激を感じることもできます。, 鎮痛成分であるフェルビナクを配合し、痛みの原因物質の生成を抑えて痛みを軽減する効果があります。 膝や足首に貼っても剥がれにくく、曲げ伸ばしもしやすい伸縮性をもった湿布です。, 捻挫をしてから4日目以降は慢性期と呼ばれます。患部の炎症はおさまり、腫れや痛みの症状が落ち着いてきた状態です。, 慢性期は、患部を温めることで内出血の吸収を早めて腫れをひきやすくするため、温湿布を使用してください。, サリチル酸グリコールとグリチルレチン酸という2種類の抗炎症成分が配合された湿布薬で、患部の炎症をしっかりと抑えます。 捻挫に効果のある湿布を薬剤師監修のもと紹介。冷湿布と温湿布の使い分けやロキソニンの効果についても解説します。, スポーツ時や歩行中に不意に足首などをひねってしまった、という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。, 関節の怪我のうち骨折や脱臼以外のものが一般的に「捻挫」と呼ばれ、足首で起こることが多い怪我のひとつです。, 関節に無理な力が加わることにより、関節の周りの組織が傷ついて、腫れや痛みをともないます。, 温湿布にも冷却効果があり貼ったときに冷やっとした感覚がありますが、貼った後に湿布に含まれる成分によって患部が温められます。, そのため、パップ剤と比較してはがれにくくなっていますが、その分肌荒れも起こしやすいといえます。, 捻挫をしてから2~3日の間は急性期と呼ばれます。患部が炎症を起こし、腫れや痛みの症状が強い状態です。, 急性期は、患部を冷やすことで血管を収縮させ内出血や炎症をおさえる必要があるため、冷湿布を使用してください。, はがれにくく曲げ伸ばしもしやすい冷感タイプの湿布薬です。 足関節捻挫は、一般の人でもアイシングやテーピング、湿布などを使用することが多いです。しかし、それらは適切な処置とは言えません。そのことについて研究論文も踏まえ、伊勢市のカイロプラクティック心が足関節捻挫の処置方法を解説していきます。 打撲や捻挫におすすめの最強湿布. 足関節を捻挫すると中高年に多いのは湿布、スポーツ経験や若い層にはアイシングやテーピングという処置が一般的です。, ここでは研究論文、実際の現場(スポーツ選手の処置)で行われる処置方法などを踏まえて、足関節捻挫の処置について解説していきます。, 中高年になると筋骨格系(腰痛、肩痛、足首捻挫など)の痛みに対しては、湿布を貼る文化が日本にはあります。しかし、湿布は海外で処方されることはなく、ほとんどが塗り薬です。そのため、湿布に関する科学的根拠は不明です。, 塗り薬を含めた研究においても急性の靭帯損傷である捻挫は以下のとおり、科学的根拠は確立されていません。, 変形性関節症および急性筋肉損傷に対して経口NSAIDと同等の有効性および安全性が示されている。急性および慢性の腰痛、広範囲の筋骨格痛、および末梢神経障害性疼痛症候群において、現在の証拠は局所NSAIDの使用を支持していない。, 参考文献:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20210866, ※NSAIDは非ステロイド性抗炎症薬のことで市販もされているロキソニン、ボルダレン、アスピリンなどになります。, ただ、痛みには心理面のケアも大切であり、効果がないと知ったうえでも湿布を貼ることで安心感が得られるのであれば、一つの治療としては有効と考えてよいのではないでしょうか。, しかし、貼りすぎると副作用(皮膚のかぶれ、光線過敏症など)もあるため、注意して使用しましょう。, 日本の湿布の処方量は年間で約54億5千万、薬剤費にして約1300億円にもなるそうです。(参考記事:シップ処方量・年間総計1300億円 医療保険でカバーすべきか), 市販されているものが含まれていないため、日本での湿布の消費量はこの数字以上と考えられます。, このようなことから医療費問題を考えれば、効果が立証できていない湿布ばかり使用する治療方法はお勧めできません。, 2019年に発表された捻挫を含む軟部組織損傷の治療は、治癒の遅延を招く恐れがある抗炎症剤の使用を避けるとされています。, 日本では、足関節捻挫を含めた急性外傷(打撲、突き指など)の応急処置として、アイシングを含めたRICE処置(安静、アイシング、圧迫、挙上)が一般的に浸透しています。, しかし、最近ではRICE処置を疑問視する研究報告も多数あり、欧米ではRICE処置が常識ではありません。, RICE処置は、1978年にDr.Gabe Mirikinがアスリートには必須として提唱したものですが、2014年に自身のホームページ内で「RICE処置は回復を助けるのではなく、遅らせるかもしれない」ということを述べています。, RICE処置の目的は、炎症を抑えると共に内出血による二次的低酸素障害(内出血によって血液が溜まり正常な血管まで圧迫され、結果として正常な細胞に酸素や栄養が遅れず細胞が死滅してしまうこと)を防ぐことです。, そうすることによって、痛みや不必要な組織損傷を最小限にすることが早期競技復帰に重要と考えられていました。, RICE処置を行うと血流量が減少すると共に正常な細胞も活動レベルが下がり(主にアイシングの効果)少ない酸素、栄養でも死滅しない環境を作ります。, そして、血流量が減少することで炎症が抑えられ発痛物質の生成を抑制されると共に、痛覚神経を麻痺させ筋緊張を緩和させます。, このような身体の反応によって不必要な出血、組織損傷などを抑えることが、早期のスポーツ競技復帰には必須と考えられていました。, しかし、最近では炎症は組織修復に必要な反応という認識が広まり、アイシングを疑問視する研究論文が多数発表されるようになりました。, 炎症は、外傷後に48~72時間継続すると言われ「発赤、熱感、疼痛、腫脹(腫れ)機能障害」の5徴候がみられます。, この徴候は損傷した部位を修復するために血流量を増加させ、免疫系のマクロファージが送り込まれIGF-1(インスリン様成長因子)を放出します。また、この炎症過程において発痛物質も生成されるため痛みを誘発します。, このときに放出されるIGF-1は、組織修復に必須であることがわかりました。(参考論文:https://www.eurekalert.org/pub_releases/2010-10/foas-ssd100410.php), 身体を修復させる作用のある物質は血液によって受傷部位に送られます。そのため、組織を早く回復させるためには血流の増加が必要であり、血流量を減少させると身体の回復を遅らせます(参考論文:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22820210), また、アイシングにより血流量を減少させると炎症や発痛を起こす物質が受傷部位に留まってしまう可能性が報告されています(参考論文:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24562697, マウス実験ではありますが、マクロファージは筋膜と筋組織の回復を助け、枯渇は回復を遅らせると述べられています(参考論文:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2075127/), アイシングによってマクロファージを送り込む量が減少すれば、筋損傷を伴う足関節捻挫の回復が遅れる可能性が考えられます。, アイシングを含むRICE処置は、色々な研究論文で疑問視されており、アイシングが足関節の適切な処置とは言えなくなっています。また、RICE処置を提唱したDr.Gabe Mirikinはアイシング処置によりIGF-1を放出するのを遮ってしまい、結果として回復が遅れることになると述べています。, 痛みを抑えることはCRPS(複合性局所疼痛症候群)への移行を防ぐためにも重要であり、耐え難い痛みであれば痛みを抑えるためのアイシングも有効です。しかし、長時間のアイシングは凍傷や神経へのダメージを与えるリスクがあるため、注意しましょう。, アイシングの方法としては15分アイシング⇒1時間休憩を繰り返します。痛みが軽減するようであれば継続し、痛みが軽減しないようであれば、回復を最優先してアイシングを止めることをおすすめします。, 身体の循環において血液以外にもリンパ循環を正常に保つことも大切です。これらの循環を確保するためには筋収縮によるポンプ作用が重要な役割を担います。, そのため、安静によって身体を動かさないことは腫れの改善を遅らせると共に、新鮮な血液が受傷部位に送れません。, また、安静期間が長くなればなるほど、足の機能が低下し(可動制限、固有受容器の閾値低下など)競技再開時のケガのリスクが高まります。, 圧迫においても短期的には効果はみられますが、5分以内に元のボリュームに戻ってしまうという研究報告があります(参考論文:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14737214, RICE処置の複数の研究報告をまとめたシステマティックレビューでも以下のことが述べられています。, 868人の患者を対象とした11件の試験をまとめた結果、急性足関節捻挫に対するRICE療法の相対的な有効性を判断するための無作為化比較試験から得られる証拠は不十分です。, 参考論文:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22889660, 22件の試験の研究報告では、足首の捻挫および手術後、氷と運動を併用したものが最も効果的であるというわずかな証拠があった。, 急性軟部組織損傷の治療においてエビデンスに基づくガイドラインを提供するには、より質の高い試験がさらに必要です。, 参考論文:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14754753, このようにRICE処置だけでは足関節捻挫の回復は疑問視され、アイシングを行う場合でも運動を併用すべきことが発表されています。, 足関節捻挫の重症度によっては、アイシング、圧迫なども必要となりますが、RICE処置は必須ではありません。, テーピングは、複数の研究で予防に有効という報告があります。また、キネシオテーピングの効果の研究では足関節の位置感覚、制動効果がみられ、可動域やバランス能力は改善しなかったと報告されています。, https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4868206/, テーピング方法はスポーツメディスンから引用させていただいてます。(図はクリックすると拡大されます), 一般的に知られているのは、向かって右側のテーピングのように足首全体を固定しつつ足関節が内反しないように非伸縮性のテーピングを使用した巻き方です。, ただ、固定が必要なケースの捻挫では有効ですが、関節の動きや筋肉の機能を損なうため、循環の回復および関節の位置感覚の改善には不向きと考えられます。, それでも一般化されているため、スポーツ競技を開始しているにも関わらず、足関節の固定を強めたテーピングが行われていることも少なくありません。, ガチガチに固めるため、捻挫の再発は予防できますが、パフォーマンスの低下、他の障害のリスクは生じます。, 再発予防、位置感覚、正常な関節運動の促進などを目的とするのであれば、右端以外のテーピングを個人の状態や症状に合わせて使い分けていくことが必要です。, カイロプラクティック心では、捻挫の状態に合わせて関節運動を正常に戻すテーピングを基本的には行います。, 少しスポーツ経験があると、捻挫したらアイシングおよびテーピングまで行うことがあります。また、病院や整骨院でもアイシングやガチガチに固めたテーピングを推奨するケースも少なくありません。, ネットの情報や雑誌でも未だに「必ずアイシングして炎症を抑えましょう」と書かれているものが多いです。, このように情報を発信する側も最新の知見から遅れていることは多く、一般的に知られるようになったころには古い情報であることも多いです。, そのため、一般的な常識と思われていた「捻挫=アイシング」は、最新の医療現場では疑問視されている処置方法です。, ここまで説明してきたとおり、湿布、アイシング、ガチガチに固めたテーピングはケースによっては回復を遅らせ、再発予防にもならないことがあります。, また、科学的な根拠に基づいた治療であっても運動(リハビリ)を併用していくことで、早期回復、再発予防、スポーツパフォーマンスの低下の防止が可能となります。, ここでいう運動は、競技を開始することではなく循環の改善や関節運動の修正、固有受容器の再教育を行うことです。, カイロプラクティック心で受傷から競技復帰までサポートするのであれば、以下のように処置を進めます。(損傷グレードがⅠ、Ⅱの場合), ケースバイケースですが、基本的には運動を中止させます(試合中、大会期間中など程度よっては運動を継続), 痛みが耐えられないほど強い場合はアイシングおよび抗炎症薬の服用で痛みを抑えます。もしくは、腫れや内出血が酷いようであればアイシング、骨折の可能性も考えて転位を防ぐ固定をします。, 痛みがある程度引いたら痛め止めの服用、アイシングを中止して、腫れ軽減を目的にキネシオテーピング、非荷重の運動、可能であれば歩行、水中歩行などで足関節の循環をよくして腫れの改善を行います。運動は痛みなく行えることが大前提であり、痛みがなけでば、受傷後でも動かしていきます。, 足関節の可動が自力で行っても痛みが強くなければ、関節可動域回復のストレッチ、関節可動域を増やしたトレーニング(関節の正常運動を促す)など痛みのない範囲でできるトレーニングを増やしていきます。, また、裸足や軽い凹凸(足つぼ程度)を歩いたり、バランストレーニングなどで固有受容器も刺激していきます。, このようなリハビリを行い、左右の関節可動域、バランス感覚などが同等の評価基準を満たしてから競技復帰していきます(できれば足関節捻挫前の状態に戻す), 足関節捻挫を甘くみている指導者、選手は多いですが、パフォーマンスの維持、向上および再発予防までの処置をおこなってから競技復帰しましょう。, eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ【electronic sports】の略…, 発達障害(とくに自閉症スペクトラム障害)は、「視覚優位」が多いと言われています。…, カイロプラクティック心では、発達障害のホームワークとして運動プログラムを指導して…, カイロプラクティックは、一般的には「バキバキ」とする施術のイメージが根強いです。…, こどもが朝起きれない、疲れやすいなどの症状がみられる場合、起立性調節障害の可能性…, カイロプラクティック心には、伊勢市・玉城町・明和町・度会町の近隣の皆さまだけではなく、志摩市・鳥羽市・南伊勢町・大台町・松阪市・津市・名張市・亀山市・熊野市・桑名市・岐阜県など遠方からお越し頂けます。. テープから有効成分が少しずつ放出されて痛みを鎮めます。 足首の捻挫や、打撲、肩こりなどに使われる湿布ですが、多くのメーカーから様々な湿布が発売されており、どれを選んでよいのか迷ってしまうという方も多いかと思います。ここでは湿布の選び方とおすすめランキングtop20を紹介します。 肩こりや膝・背中や腰などあらゆる箇所の痛みの緩和に効果的な湿布。手軽に使えるだけでなく、今では臭いが気にならないアイテムもあります。市販の湿布は、今では様々なタイプのものが豊富でおすすめです。そこで今回は、おすすめの湿布や選び方についても紹介します。 メントールが配合されており、貼ると患部にスーッとした心地よい刺激を与えます。, ロキソニンSは捻挫痛に効果があり、成分であるロキソプロフェンが炎症をおさえて捻挫による痛みを鎮めます。, 痛みの原因物質をおさえる効果のあるロキソプロフェンナトリウム水和物が、すばやく患部の痛みを鎮めます。 患部の血流を促進し回復を助けるビタミンEも配合されています。 毎日忙しくてトレーニングができない、継続することが苦手。。。という方に その他にも患部に温感刺激を与えて血流を促進するトウガラシエキスや、患部の血行を良くするビタミンEなどが配合されています。, 鎮痛成分であるインドメタシンが配合された湿布薬で、痛みや炎症をおさえる効果があります。 捻挫は頻繁に起きるケガのひとつです。スポーツをしているときなどに足首や手首などを捻挫してしまったことのある方も、きっとたくさんいらっしゃいますよね。さて、そんな捻挫の治療によく使われるのが湿布です。では捻挫の治療法として湿布は効果があるのでしょうか? タテヨコ自在に伸びるため、足首や膝など関節にも貼りやすく、はがれにくいです。, テープ剤には冷却効果はありませんが、はがれにくいという特徴があります。そのため、はがれやすい場所に貼るのがおすすめです。, 強力な鎮痛成分であるジクロフェナクナトリウムが高濃度に配合されたたテープ剤です。 ... こちらはパップタイプではないためひんやりする効果はありませんが、 鎮痛効果は市販の湿布 の中ではトップクラスとなります。 サロンパスexだけは11歳以上から使用できる湿布になりますので、小学生5 靴に入れるだけで 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が軽減・予防できるインソールを紹介。 ぴったりと密着する湿布薬で、足首やひざなどの関節にもしっかりと密着します。, 痛みや炎症い効果のあるサリチル酸メチルが配合された温感湿布です。 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」を改善して、毎日を元気で明るく過ごしてもらうために、 寝違えを起こした時に良いとされているのはストレッチや体操ですが、そんなことしてられなかったり、どうしても効果が出ない人もいると思います。そんな時に頼れるのが湿布です。ただ、この湿布は使い方を間違えると悪化させてしまうこともあります。 冷感湿布はスポーツなどによる筋肉痛や捻挫、また肩こり・腰痛の痛みを和らげる効果が期待できるアイテムです。温感湿布と冷感湿布との違いで迷われる方も多いと思いますが今回は冷感湿布の選び方や効果について説明し、人気おすすめランキング5選を紹介したいと思います。 トレーニングやマッサージをおこなうことでも改善を図れますが、 ※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。. Copyright© BlueWaters, Inc. All Rights Reserved. 貼った部分には心地よい清涼感が拡がり、1日1回の使用で24時間効果が持続します。, 鎮痛成分であるフェルビナクを5.0%配合した消炎と鎮痛作用のあるテープ剤です。 lohaco(ロハコ)でお買い求めいただける、湿布・テープ剤カテゴリーの売れ筋ランキングページです。2020年04月12日更新。ご注文の多い人気商品上位30件からレビュー・口コミでお探し頂けます。 」「湿布の種類で効果は違うの?」「良い湿布の貼り方は?」といった疑問を、東京都千代田区にある交通事故治療に詳しい『半蔵門整骨院』の羽鳥先生にお話を伺ってきました。 「湿布であまり痛みが軽減できていないと感じている。 飲み薬は全身に作用するため、捻挫した部分の痛みを局所的におさえる湿布の使用もおすすめです。 ロキソニンは飲み薬だけでなく、テープ剤である「ロキソニンSテープ」と、冷感バップ剤である「ロキソニンSバップ」も市販されています。 湿布のタイプにはそれぞれ適した症状があるため、湿布を使用するのであればタイプごとの特徴や得られる効果についても把握しておくことをおすすめします。, 湿布は捻挫などをした際に便利なアイテムですが、正しい使い方を把握しなければ本来の効果を得ることが難しいです。, 湿布はさまざまな症状に使うことができる医療アイテムであり、一般人でも気軽に購入することができます。, 捻挫や筋肉痛などの症状にも効くため、非常に便利なアイテムではありますが、どのような役割や効果があるのか詳しく説明できない場合が多いでしょう。, 湿布の役割は患部の痛みを取ってくれることであり、つらい痛みから解放してくれる医薬品です。, そのため、捻挫や筋肉痛などの症状に効果的であり、痛みを感じなくすることもできます。, なかには爽快感を感じれるように仕上げられている湿布もあり、痛みを気持ちよさに変換させる役割もあります。, 患部に長時間貼り付けて使用するため、痛みを軽減する効果も長く、痛みから解放される時間も長くなっています。, 湿布を貼ることで得られる効果は痛みを取り除いてくれたり、回復するスピードを速める効果も期待できます。, また、湿布を貼ることで温かさを感じるタイプと冷たさを感じるタイプに分けられており、タイプが異なることで得られる効果も変わってきます。, 湿布はさまざまな効果を得ることはできますが、なかにはかぶれてしまう人もいるため、注意が必要です。, 湿布の使い方は基本的に痛む患部に貼りつけるだけではありますが、湿布本来の効果を最大限得たいのであればさまざまなポイントを守りながら使用することが大切です。, 基本的に冷感湿布でも温感湿布の効果は同じですが、炎症がひどい急性期であれば冷感湿布を選ばなければなりません。, 急性期の場合は激しく炎症している可能性があり、唐辛子エキスで温かさを感じられる温感湿布では肌のダメージを助長させてしまう原因になってしまいます。, 慢性期の症状は継続的に痛みが出ることであり、1週間以上症状が継続してしまうこともあります。, 温感湿布では湿布自体が温まることはありませんが、唐辛子成分が含まれていることで患部を温めることができます。, 1日持続タイプは1日貼り続けるよりも8~12時間貼り続けていればはがしても問題なく、半日持続タイプでは4~6時間で効果を得ることができます。, 湿布を貼ることで痛みを軽減することができますが、使用するのであれば注意しなければならないポイントもあります。, 上記でも紹介したように急性期の症状であれば唐辛子成分の含まれている温感湿布を使用してしまうと悪化してしまう原因になるため、注意しましょう。, また、皮膚が弱い人であれば冷感・温感関係なく、長時間貼り続けるとかぶれてしまうこともあります。, そのため、肌が弱い人やかぶれやすい人は早めに湿布をはがすか塗り薬などに変えてみることをおすすめします。, 湿布は炎症を抑えたり、痛みを軽減することができる医療品ですが、市販されていることもあり、軽度の症状にしか効果を得ることができません。, そのため、重症な症状に湿布を使用しても症状が改善されることがなく、回復を遅らせてしまうこともあります。, 重症であれば初心者では見落としている症状も隠されている場合もあり、骨折の疑い・頭部への強打や損傷の場合はすぐに医療施設に向かうように心がけましょう。, 捻挫してしまった場合は湿布を使用することで症状を改善できたり、痛みを軽減することができます。, 湿布の使い方は症状がある患部に貼りつけるだけであるため、誰でも簡単に使用することができます。, しかし、注意しなければならないポイントもあるため、捻挫してしまいやすい人や湿布を使用する機会が多い人は湿布に関する知識を身につけておかなければなりません。, 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が原因で足や身体に痛みのある方や予防を目的にしている方におすすめ