mixiユーザー 実家から軽トラを借りて持ち込みました。 mixiユーザー 参考になります! mixiユーザー 初コメントをもらって、テンション上がってます。(ノ´∀`*) 押し入れに中段がなければもっと有効に、いろいろな使い方ができるのにと思うことはありませんか? 一見大変そうに見えますが、初心者でもできるので、押し入れの中段を取り外して、diyでプチリフォームにチャレンジしましょう。 料金は昔の領収書を引っぱり出してupしますが、 01月27日 09:05, [7] 私はしょうがないので、いくつかの産廃業者に処理料金を聞いて、 mixiユーザー 2010年01月26日 19:53, [1] こういう石膏ボードとかコンクリートのガラは 01月27日 18:27, [8] 02月17日 10:33, [11] 裏側は何も塗られていません。欠陥工事かと疑いたいところですが、これがスタンダードです。, 眉間にしわを寄せて「俺は職人」であると自己暗示をかけてください。職人らしい顔つきになってきたら、その一打一打に偽物のプライドをぶつけていきましょう。, DIYタイル貼りを実際やってみた!!!驚愕の難易度!! 2Fの台所との間に有る押し入れ、私も抜こうと思っています 家や家具をDIY! Renovation myself. そして、私が思っているようなリフォームをなさってられる! !|セルフリノベーション.com, DIYで床を作ってみた!低価格で畳からフローリングへ|セルフリノベーション.com. Copyright© 他にも質問あれば遠慮なく。^ ^ mixiユーザー 押入れがあったばかりに、場所に合った収納を揃えることなく 、なんとなく物を置いていた結果ですねえ。 最終的に作りたいのは、こんな部屋。 6畳+押入れ1畳、床の間1畳=8畳の空間を、2つに分けて機能的にする!のが目標です。 mixiユーザー mixiユーザー 05月12日 12:17, [15] 01月27日 20:47, [9] ブログを拝見させて頂いて、嬉しくって嬉しくって! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 中古で買った家のセルフリフォームを始めて3日ほど経過しました。なかなか大変ですが、やりがいはあります! いらない部分の解体から進めていて、進捗は、キッ[…], 床を剥がす! 壁とかは住みながらでも壁紙の張替えなど、やろうと思えば簡単に始められるんですが、床はなかなかそうはいきません。なんたって、床に乗っている[…], このブログはボクが中古戸建を買って自分でできるところは自分でリフォームする!っていう趣旨でお送りしております。 前回まで9話を使って家を購入するところ[…], いよいよ最後の部屋にとりかかります。ここは二間続きの和室です。リビングでやったように和室を洋室しようと思います。和室なので、この部屋にも押し入れがあり[…], 和室から洋室化。今回はちょっと古めかしい雰囲気の和室をダイニングキッチンと合わせて洋風にDIYでリフォームしていこうと思います。[…], 洋室の美装を進めています。古い壁紙やカーペットを剥がして、新しく壁紙とクッションフロア貼り替えやってキレイにしていきます。[…], 今回からは3Fのリフォームに入っていきます。薄汚れたカーペット敷きの暗い部屋を明るく爽やかな部屋に生まれ変わらせていきたいと思います。[…], 初めまして(^^) セルフリフォームで押入れの解体をやっていこうと思います。引っ越しのタイムリミットは1ヶ月切っているので、早くキレイにしていかないと。押入れの構造自体は難しいものではないから、なんとかなると思うけど。, リフォームの解体が始まってからの2話目です今回は。前回は古いキッチンを自分で解体してスッキリ広くなりましたよ。, 今回の記事のリフォーム解体の内容をYoutubeにも動画アップしています。声ありで説明しているのでよろしければどうぞ!↓↓↓, さて、とりあえずキッチンは無くなりましたが、この壁はどうしましょうかね。このモルタルとタイルの壁。, やるしかないですよね。最初の最初は、塗装するか、上から貼物をして隠すかどうにかしてごまかせないかなーって思ってたんだけど、, と暖かく背中を押されたので、この難敵タイル壁を解体撤去することにしましょう。ただ、やる事はやるんだけど、優先順位的にはちょっとあとまわしです。先にしようと思っていた作業は「押入れの解体」だから。このタイル壁の解体はもう少し後の記事で作業していきます。, じゃあ、押入れいきますか。バッキバキに解体してやりますよ~引き渡し時の押入れの状態↓↓, では、早速始めていきますが、まずは押し入れの構造を確認します。押入れの扉と壁を透かしてみると、こういう作りになってます。, 中板を下から上に叩けば釘が抜けて外れます。このように根太が縦方向に組み込まれているのがわかります。押入の内側の壁は白い塗り壁。「しっくい」ですかね。中段の枠組みを外したところ↓↓, 前框、根太を外して中段の棚部がなくなったのでスッキリしました。後框は塗り壁と一体化しているので、後で壁と一緒に剥がします。左側の壁を剥がしているところ↓↓, とりあえず壁の手前側を剥がすと間柱が出てきました。壁材は石膏ボードです。この調子でガンガン壊していきます。南側の和室↓↓, 南側の部屋からも押入を攻めていきます。画像上部の赤斜線になっているところはぶち抜く予定です。押入れの中板を外した↓↓, さっきの押入れと同じく、押さえ板と中板を外しました。中段の枠組みを外したところ↓↓, 狭くてちょっとやりにくいですが、なんとか枠組みを外しました。壁の石膏ボードのガラが散らかり始めています。後片付けが大変なので、壁はなるべくキレイに解体していきたいですね。そう。なるべく。キレイに。。。この壁を。。。。。片付けが大変だから・・・・・, この穴については#020で出てきます。飛ばしてもいいですし、この先の記事を順番に読んでもいいです。, そう配線とコンセントがあるから、乱暴に外したらダメだよね。木枠もあるしね。しょうがないね。押入れの壁と棚、枠組み解体完了↓↓, こんなもんでだいたいOKですかね。天袋の枠がちょっと残っているけど、これは後で外しておきます。じゃあ、出たゴミを片付けて・・・と・・・ゴミ↓↓, 「んがぁ、多い、重い!」※画像はゴミのほんの一部です。ガラはとりあえずビニール袋にいれたけど角が突き抜けて破れ放題になっちゃうね。そのまま持ち上げたら破れて中身がズシャーって出てきちゃうから、ビニール紐とガムテープで補強。土のう袋を買ってこないとね。よし、じゃあこの部屋にあると邪魔だから、、とりあえず1Fの駐車場にでも仮置しておきますか。よっほっはっ, いやぁ、ゴミを運び出すだけでかなりの重労働。腰をやらないように気をつけてやらないと。ここで一人親方のボクが動けなくなったらアウトですからね。ひとまず今回の作業はここまで。やる事はまだいっぱい残ってるな。まだまだ先は長いですぜ☆, 解体作業には欠かせない工具です。大きいバールも使うけど、特に根太をばらしたり細かいところを取り外す作業には必須ですね。取り外したあとの柱から刺さっている釘を抜くときにも使います。金づちやペンチとセットで使って分別します。, 釘抜きがあれば、無くてもいいんだけど、あったらあったで便利。これも解体に結構使える工具。広い面で力をかけられるから、対象物を壊さずにバラすことが出来ます。ふすまを張り替える時とかに取っ手や押さえ木を外すんだけど、それ用には必要。今回のリフォームではふすまの張替えしないけど。あったら便利な平バール君ですが、ある時作業してたらいつの間にかどこかにいってしまったんです。(´;ω;`)廃材に紛れて一緒に捨ててしまったのかわからないけど、大切な工具なので、管理はしっかりしないとダメですね。反省。, まあ、これは言わずとしれた、お掃除道具です。画像を用意するまでもないですね。工具系は安いと品質が悪かったりすることがありますが、ほうきとちりとりは100均のもので十分じゃないですかね。どんどんゴミ、廃材が出てくるので、その都度 掃除・ゴミ出ししていかないと部屋がすぐにゴミ屋敷化します。もちろん、ゴミ袋・がら袋(土嚢袋)も必要ですね。, ・カッター・バール(大)・金槌・のこぎり・ペンチ、ラジオペンチ(ラジペン)前回 #013の話で紹介. 3F続きの3部屋 ぶち抜いて、洋間に 私の住んでいる市のゴミ処理場では引き取ってくれなかったんです。 mixiユーザー 時間と労働力は犠牲になりますが、、、 セルフリフォームは大変だけど、コストメリットがある、達成感がある、構造が確認できる など、 01月26日 22:43, [2] やってよかったと思うことがたくさん有ります。 セルフリノベーション.com , セルフリノベーションで自分だけの特別な家をDIYで作っています。. 02月06日 14:57, [10] 01月26日 23:52, [6] 割増になるけど、引取に来てくれる業者もあるから確認してみてください。 You can do it too if you try! mixiユーザー 和室を洋室にリフォームしようと思っており、どうせなら床の間と押入れを解体し2畳程部屋を広げたいと考えていますそこで質問なのですが、押入れ部分を解体してしまっても強度的には問題無い物でしょうか?・床柱に関しては、直上の梁の 04月02日 12:47, [12] 私の今回購入した中古物件と同じような間取りで 鴨居も敷居と似た取り付けられ方でした。両端の柱の溝にはめ込みつつ鴨居側から柱に釘がささっている模様。敷居の撤去と同じ方法を使います(詳しくは過去記事の 「敷居を撤去する」 へ)。適当なところで鴨居を切断し、 mixiユーザー 鴨居の撤去. これからも、進捗状況楽しみにしていますね 軽トラの荷台いっぱいで、だいたい2万くらいだったかな? 04月26日 10:29, [14] 05月12日 22:11, [17] 01月26日 23:02, [3] ちなみに、産廃はどのように処分されましたか?, きゃろこさん、コメントありがとうございます! そして、同じように、コンセントが有り さて・・・どうしようか? とか [mixi]リフォーム教室の『参考書』 押入れを解体した後の柱の処理 トピックを立てさせていただきます。 アドバイスよろしくお願いします。 今回、和室をフローリングにするリフォームをします。 その際に、押入れをなくして部屋を広くしようと思っていますが、構造上残さなく 前回のブログでは敷居の撤去・取り外しを行っていきましたが、敷居というレールがあるということは、その上には鴨居があり、その鴨居を支えている吊り束がある。さらにには長押という飾りまである。今回はこれを取り外していきたいと思います。自分で和室を洋室へDIY!今回は空中戦になるので、信頼できる脚立、足場を用意しましょう。, おすすめは杉の足場板。DIYで足場板を使い込んだ後に二次利用で家具なども作れます!, 私はじめこの長押、鴨居、吊り束という名称がわかりませんでした。普通に生活していたらこれらの名称もあまり耳にすることもありません。これらを取り外したいのに、名称がわからないから調べるにも一苦労という方がなんとかこのブログにたどり着いてもらうためにもまずは長押、鴨居、吊り束について簡単に説明します。歴史とか成り立ちなどはどうでも良いので、どの部位なのかを簡潔に説明していきます。, まず最初に鴨居から説明していきます。鴨居、読み方はそのまま「かもい」です。簡単に言うと、敷居の上バージョンです。, ふすま、引き戸などが敷居というレールに乗っているますが、この上側のレールが鴨居(かもい)です。敷居を外したので上側の鴨居が残っているのはカッコ悪い。, 続いて長押。読み方は「なげし」といいます。鴨居のすぐ上に沿って取り付けられているのがこの長押(なげし)。古い家とかに行くと、賞状なんか引っ掛けて飾ってあったり、仏壇周辺にはじいちゃんの写真が引っ掛けてあったりしたあの薄い板です。はっきり言って、21世紀の現代に長押の必要性なんて皆無。場合によってはムカデ・ネズミなどの通路になっていたり、隙間風の原因だったりと、マジで邪魔な存在。見過ごすわけにゃいけん。今回ぶっ壊します。, 最後は吊り束。読み方は「つりづか」といいます。吊り束は天井裏からまっすぐに降り、鴨居などを支える柱のような部位です。太くゴツいです。私もこの吊り束については最初全く名称がわからず、、「鴨居の付け根」とか「鴨居を支える柱」「欄間横の柱」「和室部位名称」などのワードで調べていました。, 今回の作業ではじめに行ったのが、長押の撤去です。結果から先にいいますと、家が古いせいか、簡単に引き剥がすことができました。これと皆さんが同じ状態ではありませんので、一般的な取り外し方を説明します。, 接着剤と釘で固定されていました。長押の裏側に垂直に打たれている釘を抜けば、取り外すことができます。図で説明します。横から見た長押はこんな状態です。, 上図の釘を抜けば長押は取れます。ただ、釘抜きが長押の裏の隙間に入らない場合もあります(入らない)ので、そんな時は下の図のように長押をのこぎりで切りわけて釘を抜いていく方法もあります。, どこに釘が打ち込まれているのかわからず、ちまちまノコギリで切っていくのもシンドイ!という方は、一度力いっぱい引っ張っちゃって下さい。長押自体も板が薄くて柔らかいことがほとんどなので、簡単に剥がれるはず。, ちなみ長押を撤去してみると、その裏側は何も塗られていません。欠陥工事かと疑いたいところですが、これがスタンダードです。後に長押裏の補修も行います。, 鴨居を外したら次は、鴨居の上側に張ってある壁を壊していきます。我が家はプラスタボードに聚楽壁(じゅらくかべ)という構造になっていました。まぁ構造がどうあれ、バール(私の場合は凶悪な工具、金テコ)で元気よく突き破っていきましょう。今回は空中戦、脚立の上でバールを振り回すことになると思いますので、十分に気をつけて下さい。バランス感覚に自信がない方は現場にバランスボールを持ち込み、体幹トレーンングを行うと良いでしょう。, 鴨居も敷居と似た取り付けられ方でした。両端の柱の溝にはめ込みつつ鴨居側から柱に釘がささっている模様。敷居の撤去と同じ方法を使います(詳しくは過去記事の「敷居を撤去する」へ)。適当なところで鴨居を切断し、, この鴨居を撤去するところまで来ると、あとは吊り束と壁の骨になっていた木枠がぶら下がっている状態です。, 吊り束の撤去ですが、今回は計3本の吊り束を撤去しました。屋根裏から吊り束が取り付けられている、梁(はり)の根本の金具を取り外す方法が一応正しい取り外し方です。ただ今回は、和室の天井はそのまま生かすので構造上屋根裏からのアプローチはできません。ということで、天井表側の吊り束根本を切断して取り外します。下の写真のようにノコギリで切っていきます。, この方法で吊り束3か所中、2か所は撤去できたのですが、1か所なんと吊り束の太い木の中に釘が潜んでおり、ノコギリが切り進めない事態になりました。図で状況を説明します。, これが冒頭でもお話した難敵。3か所中2か所はイージーだったわけですが、ここにきて突如“吊り束が私に牙を剥いた”のです。金切ノコギリで釘を切ることも考えましたが、釘といえ金属を切るには、時間がかかる。時間をかけるわけにはいかない。いやいやそもそも金切ノコギリ持ってないし。, そこで私チョイスしたのは、金切ノコギリよりもっと時間がかかりそうな鑿(のみ)。こちらは金テコを借りる際に、借りていました。叩き鑿(たたきのみ)ってやつです。, これがやっぱり時間がかかったわけです。修行モードに突入です。叩く。ひたすら叩く。木を甲高い音を立てながら削る様は正に職人。, ここでのポイントは、眉間にしわを寄せて「俺は職人」であると自己暗示をかけてください。職人らしい顔つきになってきたら、その一打一打に偽物のプライドをぶつけていきましょう。, そして木部を削り終わり、むき出しになったのは釘だけ。さて、このむき出しになった釘をどう処理するのか?・・・後で金切ノコギリを購入して切ったことは内緒です。, 今回は長押・鴨居・吊り束の撤去を行いました。撤去・壊すという作業ではあまり失敗するということは無いと思われますの、思い切りよく作業していきましょう。今回の素人の私がおこなった作業をまとめると、, という作業になりました。主に空中戦なので、より安全な作業を心掛けましょう。今回の作業を終えたあとはこんな感じになりました。, 一番奥の部屋までなんとか光が届くようになりました。開放感がものすごいです。壁を抜いて、敷居・鴨居などを撤去するとその30畳オーバーの広い空間の原型が見えてきました。間取り的には今回の作業で4部屋が1部屋に変身です。本当に広いです。, 大物の撤去・壊すという作業もここまでです。ここからは徐々に補修など作る作業へ突入していきます。はたして素人DIYでリノベーションを完成させることはできるのでしょうか。こうご期待。, 築40年8DKのボロボロの家をセルフリノベーションで再生しています。