【映画評】愚行録 / 愚行録 (創元推理文庫) [文庫] エリート会社員の夫・田向浩樹とその美しい妻・友季恵、幼い娘の一家が何者かによって惨殺される事件が発生し、世間を騒がせる。未解決のまま1年が過ぎ、事件が風化していく中、週刊誌記者の田中武 そして、自身も妹の光子(満島ひかり)が育児放棄の容疑で逮捕されるという問題を抱えていた。 シネマトゥデイより. この映画は、「悪人」や「怒り」「パレード」など人間の闇にスポットを当てた心をえぐる映画の1つだ。, この手の映画は鑑賞後の考察もおもしろく、重たい映画、意表をついた展開が好きな人におすすめだ。, エリート会社員の夫・田向浩樹(小出恵介)、美しい妻・夏原友季恵(松本若菜)と娘の一家が、何者かに惨殺された。事件発生から1年、その真相を追う週刊誌記者の田中武志(妻夫木聡)は、一家の関係者を取材。浩樹の同僚・渡辺正人(眞島秀和)、友季恵の大学時代の同期・宮村淳子(臼田あさ美)、浩樹の大学時代の恋人・稲村恵美(市川由衣)らから語られる、一家の意外な素顔に驚く田中。そして、自身も妹の光子(満島ひかり)が育児放棄の容疑で逮捕されるという問題を抱えていた。, 田中武志(妻夫木聡)は妹の光子(満島ひかり)のいる留置所に弁護士とともに面会に来ていた。, しかし、罪の意識もなくどこか他人事のように話す光子に対して、弁護士は武志に精神鑑定を勧める。, それは、田向裕樹(小出恵介)と田向友希恵(松本若菜)、その娘の3人が何者かに惨殺され、1年経つ今も犯人不明のままの事件だった。, 裕樹は仕事で苦労していたものの、女遊びでは渡辺と息があい、実際に社内の女性に対しての扱いは褒められたものではなかった。, 武志はそれが原因で恨みを買っていないか確認するも、それなら私も同じだと渡辺は言う。, 文応には、外部生(大学から文応)と内部生(高校以前から文応)がいて、内部生は親が金持ちの富裕層であった。, 特に女子の中では外部生と内部生(高校から文応)で派閥があり、外部生は内部生に取り入ろうと必死だった。, 他の外部生はそんな夏原に取り入ろうとゴマをするが、夏原が外部生を取り次ぐことはしなかった。, 武志が高校生になったころ、光子への父親の性的虐待を目の当たりにして、父親に暴行し追い出したことから光子は武志に並々ならぬ信頼を抱いていた。, しかし、大学が這い上がる先ではなかった。家柄が悪いと這い上がることはできないことを知る。, しかし、この映画のタイトル「愚行録」というのは、ここにいるすべての登場人物を指しているのではないだろうか。, 「愚行録」が人間の愚かさを描いた作品だとしたならば、嫉妬や妬みを買ってしまうような行動をしている夏原もまた、愚かなのだ。, いくつもの因果関係が重なり合い、殺人に発展してしまったが、この愚かな行動は1人の人間に対する是非を問うものではなく、等しく人間は愚かだということなのだ。, 仮にこの赤ん坊が田向裕樹の子どもとするならば、夏原との間にできた子どもよりも幼いため不倫関係にあったと推測される。, 自分のような器になれなかった人間が犯人なのだとして、自己顕示欲を満たしたかっただけなのだ。, 武志は実の娘を亡くしている。妊婦を見てその悲劇を思い出し優しさによる行動を見せたのかもしれない。, もう1つ、始まりのシーンでは他人に無理やり譲らされた腹いせにわざと足の悪いフリをして、相手に罪悪感を植え付けようとしていた。, その反対の行為を最後に見せることで、愚かな行為の終わりを示していたのかもしれない。, 意表をついたオチには定評があり、私も以前「慟哭」という作品にて見事に作者の術中にはまった。, 吉田修一原作で希薄な人間関係の闇にスポットを当てた「パレード」という映画もおすすめだ。, できるだけ前向きなレビューを心がけています。 (日本/石川慶監督/妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介、他) (原題「愚行録」) 映画「愚行録」を見たならこれもおすすめ. 先日、映画「愚行録」を見ました。ミステリーなので、あまり内容を出さない曖昧な感想を書きたいと思います。 映画 『愚行録』予告編【hd】2017年2月18日公開 「胸糞悪い」「不条理」「嫌な気分になった」「後味悪い」「人はみな愚者」「人間って怖い」。 映画「愚行録」の原作は貫井徳郎氏。 意表をついたオチには定評があり、私も以前「慟哭」という作品にて見事に作者の術中にはまった。 他にも妻夫木聡主演でドラマ化にもなった「乱反射」もおすすめの1つだ。 演技と映像はいいのに、ストーリーに現実味がない惜しい作品。狙いすぎて外した感が半端ないです。41点(100点満点), エリート会社員の夫・田向浩樹(小出恵介)、美しい妻・夏原友季恵(松本若菜)と娘の一家が、何者かに惨殺された。事件発生から1年、その真相を追う週刊誌記者の田中武志(妻夫木聡)は、一家の関係者を取材。, 浩樹の同僚・渡辺正人(眞島秀和)、友季恵の大学時代の同期・宮村淳子(臼田あさ美)、浩樹の大学時代の恋人・稲村恵美(市川由衣)らから語られる、一家の意外な素顔に驚く田中。そして、自身も妹の光子(満島ひかり)が育児放棄の容疑で逮捕されるという問題を抱えていた。, 貫井徳郎の同名小説を基にした映像と雰囲気だけはやたらと格好いい、雰囲気イケメン映画。それに対して肝心のストーリーと脚本はいただけないです。, 物語は、大学時代に知り合い、家庭を築いた美男美女家族の殺人事件と、自分の子供を虐待した容疑で逮捕された女の事件をインタビュー形式で暴いていく構成になっています。, 名門大学内でのカースト。その中でうごめく優越感と劣等感。人を踏み台にしてのし上がっていく戦いの末、恨みや怒りを抱えて大人になっていく大学生たちが事件の容疑者として浮かびます。, 主人公の雑誌記者田中は事件の真相を掴もうと、被害者夫婦とかつて同じ大学に通っていた学生たちにインタビューを試みます。, すると、殺された夫にも妻にも大学時代に異性関係をひっかきまわした過去があり、周囲から恨みを持たれるエピソードがわんさか出てきます。, 一方、自分の娘を虐待して捕まった記者田中の妹光子は留置所の中で完全に自分を見失っていました。娘に対してやったことの責任を全く感じておらず、精神鑑定を受けることになります。, 光子自身、自分の両親から虐待を受けていた過去を持ち、両親と疎遠になった今、頼れるのは兄一人だけでした。, 恵まれた家庭に育たなかった兄妹は日々そのことを痛感しながら生き、実は誰にも言えない秘密を抱えていた、というのがストーリーの概要です。, 一家殺人事件と児童虐待事件。一見、無関係な二つのエピソードが時間をかけて結びついていく狙いはよかったです。, ただ、二本の糸を結ぶ過程で、サプライズと衝撃を与えようとするがために、話がぐっちゃぐちゃになりすぎて、リアリティーが失われてしまったのが惜しいですね。, 特に大学時代のエピソードが極端すぎます。家柄が重んじられる名門のキャンパス生活で、リア充を目指して学生たちが繰り広げる男女の奪い合いと利用合戦が行き過ぎていました。, 寝取られたとか、騙されたとか、利用されたとか、ゲスいエピソードが満載なのはいいけれど、いずれのエピソードも一家を殺害するほどの理由には到底至らないのがダメでしたね。動機の部分で説得力がないと、事件の真相をあれだけ時間をかけて暴いていく意味が果たしてあるのか。, たまたま被害者を道で見かけたとき、プチンと切れてやっちゃいましたって言われてもね。衝動的に一家全員殺すことなんてそうそうできることじゃないよ。, 包丁で刺し殺したって話していたから犯人は当然返り血は相当浴びてるだろうし、どうやって警察に捕まらずに家まで帰ったんですかね。, 警察が馬鹿なのは一家殺人事件だけにとどまりません。記者田中もプッツンして女の頭をカチ割っていましたが、あれだって二人が一緒にいたところを見ていたカフェの店員とか目撃者がいるはずなのに、なんでライターがあったぐらいで元彼氏が容疑者にさせられてるんですか。凶器の指紋と比較したら分かるだろ。, あまりにも馬鹿とゲスばかりで登場人物を固めるのもどうかと思います。それにしても陰鬱で、何かと恨みの深い話でしたね。恨むのはまだいいけど、せめて恨む対象を間違えるなよっていうのが一番強く感じた点ですかね。, 登場人物たちは、自ら悪い仲間と付き合うことを選んでるくせに、なぜかみんな被害者ぶっています。お前が悪いんだろっていうエピソードばっかりですもんね。, 犯人も殺すならあの家族じゃなくて、他に殺したくなる人いるだろって思いましたけどね。自分を妊娠させたあいつとかね。その辺もひっくるめて「愚行録」っていうことなんですか、これは?, 海外在住。映画ブログ歴10年以上。年間300本以上の映画やドラマを鑑賞。特技は文句を言うこと。, 同ブログでは読者のリクエストにお応えします。面白い映画、テーマ、ゴシップ、人生相談などがありましたら問い合わせフォームからリクエストしてください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, おすすめの動画配信( VOD)サービスを目的別に徹底比較!U-NEXT,、HULU、NETFLIX、dTVなどをランキングにし、特徴やメリットデメリットなどを紹介。映画やドラマを見るならどこが一番いいのか答えを出します。. 愚行録を見てきた。 gukoroku.jp 内容がえげつないので決してデートムービーとしては向いてないが、終わった後の議論が盛り上がることこの上なしな映画なので、ぜひとも友達と一緒に行ってほしい作品。 「人と共有したくなる系胸糞悪い映画」としての魅力を語っていくぞ。 (陰鬱度:★★★★☆), この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年2月18日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Facebookページより)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。, 規制緩和路線を支持する労働者って『肉屋を支持する豚さん』なの?と思ったときに読む話. 【65点】 愚行録の感想. エリート会社員の夫・田向浩樹とその美しい妻・友季恵、幼い娘の一家が何者かによって惨殺される事件が発生し、世間を騒がせる。未解決のまま1年が過ぎ、事件が風化していく中、週刊誌記者の田中武志は、改めて事件の真相に迫ろうと、関係者に取材を始める。そこから浮かび上がってきたのは、理想の家族に見えた田向夫婦の、外見からかけ離れた実像、そして証言者たちの思いもよらない姿だった。一方、田中自身も、妹の光子が育児放棄の容疑で逮捕されるという問題を抱えていた…。, 未解決の一家惨殺事件の真相を、一人の記者が関係者の証言からあぶり出すミステリー「愚行録」。原作は貫井徳郎の同名ミステリーだ。理想的に思えた夫婦の真実の姿を浮き彫りにしていく仮定から見えてくるのは、人間が行う数々の愚かしい行為である。冒頭に、関係者に取材を行う記者の田中が、バスの中で席を譲る短いエピソードがあるが、このシークエンスから、語り部、あるいは傍観者役に見える彼の心にも、歪んだ闇があることが見て取れる。物語には、嫉妬、見栄といった感情的な悪意から、恋愛や就職で他人を利用し、弄ぶ悪行もある。過去の証言で中心になるのは、名門大学内での階級格差とでも呼べる陰湿な差別構造だ。田中が一人一人を訪ね歩きながら田向夫婦の裏の顔が明らかになる一方で、育児放棄の容疑で逮捕されている妹・光子の告白が同時進行し、やがて予想もしない形でそれらが結びついていく語り口は、見事なまでに衝撃的だ。劇中には、いくつかの驚きの仕掛けがあって、そのことが“愚行”という言葉を決定づけている。物語と呼応するかのように、映画全体の色彩が暗いトーンで統一されているのが印象に残る。, 本作が初長編となる石川慶監督は、ポーランド国立映画大学で演出を学んだのだそうだ。どうりで、初期のロマン・ポランスキーや、イエジー・スコリモフスキ作品と、映像全体の沈んだ色調が共通している。容赦ない現実を突きつける不穏でドライな作風もしかり。この監督、次回作が気になる人だ。 記事を気に入っていただけたらTwitterフォローをお願いします。, この記事では、動画配信サービスについて書いていきます。 映画が好きな人にはどの動画配信サービスが良いのかという…, 映画「悪人」がAmazonプライムで配信されているので再視聴。 パレードや怒りなど人間の暗い部分にスポットを当…, 映画「怒り」をAmazon Primeビデオで鑑賞。 気になっていたのになかなか見なかったことに怒りをおぼえて…, 映画「楽園」鑑賞。 「パレード」「悪人」「怒り」に続く吉田修一原作の映画化作品の1つだ。 人間の光と闇をえぐり…, こんにちは、映画大好きあおい(@tolkobamovie)です。 最近はSNSの普及によって映画の口コミもすぐ…, 【2018年版】100人が選んだ本当に評価されたおすすめ映画ランキング Twitter集計#2018年映画ベスト10, Twitter上で、「#2018年映画ベスト10」というハッシュタグが流行っています。 みんな、個人の映画ベス…, 膨大な作品から厳選した「Amazonプライム」で観られるおすすめ映画10選(邦画), 当記事では、Amazonプライムで観られるおすすめ映画をご紹介。 今回は邦画編。 実際に観ておもしろかったもの…, 映画「アド・アストラ」は2019年のブラピ主演の映画。 16年前に海王星で消息を絶った父が生きていることを知り、新宇宙まで旅に出る近未来SF。 映像のキレイさや宇宙の壮大さもあるけれど、文学的で人の内面に目を向けた文系向 […], 映画「シカゴ7裁判」は2020年の映画。 コロナの影響により、Netflixが公開間もなく配信開始した作品でもある。 1968年のベトナム戦争下のアメリカで起きた反戦運動による暴動。そこで起訴された7人に対して正義のない […], 当記事では、Amazonプライムで観られるおすすめ映画をご紹介。 今回は洋画編。 実際に観ておもしろかったもののみ紹介していくので、あまりに退屈してしまうような映画は紹介しないつもり。 Amazonプライムで観られるおす […], 映画「ナイチンゲール」は2019年のオーストラリア映画。 19世紀のオーストラリア南にあるタスマニアを舞台に、夫と子供を目の前で殺された女が復讐のためにイギリス人将校を殺しに行く話。 あらすじを聞くだけで胸くそであるのは […], 当記事では、Amazonプライムで観られるおすすめ映画をご紹介。 今回は邦画編。 実際に観ておもしろかったもののみ紹介していくので、あまりに退屈してしまうような映画は紹介しないつもり。 Amazonプライムで観られるおす […], 映画「フォードvsフェラーリ」は2020年に公開された映画。 フランスで行われる自動車の24時間耐久レース。イタリアの名車フェラーリが連続優勝している時代にフォードが参入した頃の実話を描く。 アカデミー賞で編集賞と音響編 […], 膨大な作品から厳選した「Amazonプライム」で観られるおすすめ映画10選(洋画).