of Information and Communications Engineering, Tokyo Institute of Technology, センシングに基づく無線通信品質予測や機械学習処理する無線ネットワークなど、異分野融合による新たな技術領域の創造を目指し研究しています。, コンピュータシステムの改良(セキュリティ、電力効率、信頼性の向上など)を目的として、計算機アーキテクチャを中心にシステムソフトウェアからアプリケーションまで広く視野に入れた研究に取り組んでいます。, 科学技術創成研究院に2019年度から設置された「AIコンピューティング」研究ユニットで、深層ニューラルネットなどの新しい知能情報処理群を支える計算機アーキテクチャ・ハードウェアの研究を推進します。, これからの大規模AI・IoTシステム構築に不可欠なハードウェア・ソフトウェア設計自動化を統一的SW記述フレームワークで実現しています。, 人間とコンピュータ、現実と仮想、現在と過去。本来ならば共存しないはずのものを、人間を大幅に超える高速な視覚によってつなぎ、新しい実世界をデザインできる可能性にチャレンジします。, 私たち人間は、例えば何か物を見るとすぐにその質感を捉えることができます。このような脳の優れた視覚情報処理過程を明らかにするとともに、その特性に合致した視覚情報の処理技術や呈示技術の開発を目指します。, 会話も音楽もスポーツも、本人が自覚していない脳の情報処理が重要な役割を果たしています。そのような脳のメカニズムを、様々な研究手法を駆使して解明しています。, 音波や光を用いた計測技術に関する研究を行っており、特に、医療分野、ヘルスケア、農業分野への応用を目指しています。, 100Gb/sを超える高速ビットレートかつ高信頼の無線通信を実現するため、統計的信号処理を駆使した変復調技術及びネットワーク技術を研究。, バーチャルリアリティ、ヒューマンインタフェース、ロボット学により、人と環境の新しいインタラクションを創造することで、人が楽しく活躍できる場を作ることをめざしています。, 人間と調和する機械を実現するために、感性情報と深く結びつく嗅覚のヒューマンインタフェースを嗅覚センサや嗅覚ディスプレイの開発を通じて実現します。, 学習やコミュニケーションにおける人の要因を明らかにし、効果的な支援システムの開発を目指します。, 社会や医療で実際に利用される様々なシステムを研究開発しています。我々の開発した技術は、個人番号カードに搭載されている公的個人認証サービスや医療分野で利用されているネットワークなどに生かされています。, 統計的手法や機械学習に基づいた新たな音声合成手法の開発を中心に、人間に優しい気の利いた音声言語インターフェイスの実現をめざしています。, 人は手足が自由に動かせるようになり、道具を使いはじめ、言葉を喋るようになる。このような人間の脳の機能を知り、コンピューターを使ってその機能を再現することを目標にしている。, ユークリッドの時代から現代まで信号処理・最適化・逆問題分野は、非自明な数理の大胆な応用によって発展してきました。本研究室は近未来のブレークスルーの主役となるべく普遍的価値の創造に大胆に挑戦しています。, 色を光のスペクトルや多原色として取り扱う新しいカラー画像システム、あたかも実物が目の前にあるかのように立体像を表示するホログラフィー技術、さらにカラー画像の医療応用を進める研究を行っています。, インターネットやNGNなどの電話網をはじめとする、未来高度情報社会の基盤となる情報通信ネットワークを対象として、将来を見据えたネットワーク制御技術を、理論と実装の両面から研究しています。, 自然界の信号はアナログです。このためアナログ回路は極めて重要です。我々はアナログ回路技術の開発により社会に貢献します。, 家電製品・自動車・携帯電話などの様々な組込みシステムの高効率・高信頼自動設計技術をハードウェア・ソフトウェアの両面から幅広く研究しています。, 人と機械のインタラクションを分かりやすく効率良く実現する方法を、科学、工学、心理学の学際的な立場から研究している。課題は、画像認識、触覚ディスプレイ、学習、自動運転、生産自動化、リモートセンシング等。, 視覚系を中心とした人間の知覚認知過程、特に空間認識のためのメカニズムの解明を目指している。, ことばを計算機で処理する技術「自然言語処理」に関する研究を行っています。特にテキストの意味理解、意見感情分析、ソーシャルメディア解析などを中心に、機械学習を積極的に利用して研究を進めています。, 用途に応じて構成を変えることができる柔軟(ソフト)なハードウェアである再構成可能(リコンフィギャラブル)LSIを使って次世代のコンピュータを実現するための研究を行っています。, ネット社会をより快適にするために、暗号方式、メッセージや通信相手の認証、プライバシーを守りつつ有用な情報を計算する秘密計算などの暗号技術を、どう組み合わせれば安全性が保てるのか、理論的に解明します。, 情報理論は情報通信システムを数学を用いて表しその究極の性能を解明します。我々は、データ圧縮・乱数生成・誤り訂正・情報セキュリティ・ネットワークなど情報理論で扱われる様々な問題に数学を道具として取り組んでいます。, 興味のある研究キーワードにチェックを入れて、関連する研究室を絞り込むことができます。, フリーワード検索を使用した後に研究キーワードから絞り込みを行うと、フリーワード検索の結果は一度リセットされますのでご注意ください。. 今回の研究では、これまでの経験を十分に生かすことができるでしょう。当面の課題は、被災した方々に寄り添いつつ、いかにお話を引き出すかでしょう。本当の意味での取材力が問われてきます。. 未来の人協働ロボット用軽量アクチュエータ研究に挑戦 (株)安川電機との共同研究講座です。電気電子・機械の2系にまたがったメカトロニクス研究室で、物質理工学院とも連携しています。 学びの体系 私の母校・県立双葉高校は、福島原発から約3キロの場所にあります。東日本大震災から3年、双葉高校を巣立った同窓生たちは、その間に何を考え、どう生きてきたのか。その記録をドキュメンタリー映像に残すことが、私の研究テーマです。