(高祖は)役所の役人を、みな軽んじて侮った。 酔臥、武負・王媼、見其上常有竜、怪之。 「将」と「当」は同じ読み方ですが、意味が異なります。「当」は当がつく言葉、当然を伴って「 当然~すべきだ」と訳すと覚えましょう。 応:応に~すべし. 「べし」 「す・さす」 是時、雷電晦冥。 父曰太公、母曰劉媼。 其先、劉媼嘗息大沢之陂、夢与神遇。 太公往(ゆ)きて視(み)れば、則ち蛟竜(かうりよう)を其の上に見る。 是(こ)の時、雷電して晦冥(くわいめい)なり。 形容動詞(ナリ活用), 暗記に頼らない、古文と漢文の本質や現代語とのつながりを意識した学習を研究しています。『国語 古文 漢文 徹底研究』でGoogle検索!, 【古典】古文・漢文のおすすめ参考書/本/教材/書籍/単語帳(5冊)【レビューと感想】. 常に大度有り。 酔(ゑ)ひて臥すに、武負・王媼、其の上に常に竜有るを見て、之を怪しむ。 形容詞(ク活用) 高祖常(かつ)て咸陽(かんやう)に繇(えう)す。 「ぬ」 「る・らる」 廷中吏、無所不狎侮。 縦観、観秦皇帝。 当と同じく、「応(まさ)に~すべし」とよ読みます。 しかし「応」は推量を意味し、「当然~だろう」、「~かなぁ」と訳します� 仁而愛人喜施、意豁如也。 <漢文> 史記 大丈夫当如此也 . 高祖が酒を買い留まって飲むごとに、酒の売上は数倍になった。 壮の及び、試みられて吏と為り、泗水(しすい)の亭長と為る。 太公が行って見てみると、蛟竜(うろこがある竜)が劉媼の上にいるのが目に入った。 太公往視、則見蛟竜於其上。 1月 23, 2014 by kanbunjuku // コメントは受け付けていません。. google_ad_client = "pub-1556656149870854"; /* 468x60, 10/11/03 */ google_ad_slot = "4080797539"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 60; // ]]> 高祖、沛豊邑中陽里人。 已而有身。 形容詞(シク活用) 「なり・たり(断定)」 不思議な出来事(竜)を見たこともあり、歳の終わりには、このふたつの店ではいつも(酒代の)借金の取り立てをしなかった。 // . Copyright ©株式会社M&Cメディア・アンド・コミュニケーション All Rights Reserved. 「む・むず」 好酒及色、常従王媼・武負貰酒。 名詞 [CDATA[ いつも大きな度量を持っていた。 「めり」 「なり(伝聞・推定)」 遂(つい)に高祖を産む。, 高祖人と為(な)り、隆準(りゆうせつ)にして竜顔、須髥(しゆぜん)美(うるは)しく、左股(さこ)に七十二の黒子(ほくろ)有り。 喟然太息曰、 「ああ、男子たるものあのようになければならない。」,