植木鉢の古い土は品質を保つケアをしなければ劣化していき、植物の成長を妨害する恐れが生じてきます。そこで必要なことは土を入れ替えることです、しかし土の捨て方には色々とルールがあり誤ると最悪違法行為にも結びついてしまいます、ここでは土の正しい捨て方をご紹介します。, Lingko Nikiさん(@lingkoniki)がシェアした投稿 - 2018年12月月12日午前4時57分PST, 近年需要が高まってきている家庭菜園。趣味で観葉植物を育てたり、ネギやトマトなど簡単に作れる野菜を作ったり、ガーデニングで実現可能な範囲は年々広がっており好んで家庭菜園を始める人々も増加傾向にあります。そこで懸念されている問題が土の処分です。土の捨て方は各地域によって異なり、ところによっては市町村では受付不可に指定されていることも珍しくありません。では土の処分方法はどうすべきなのでしょうか。, 土の捨て方は、お住まいのエリアによって大きくばらけており、燃えるゴミとして簡単に処分できるところから、ゴミとして捨てることはできないだけでなく近隣に回収施設も少ない地域まであります。この記事では2019年5月16日時点での土の正しい捨て方について、方法を網羅して解説していきますので、ガーデニングで不要になった土の置き場に困っている方は是非参考にされていください。, Ken Matsuuraさん(@kenkenm)がシェアした投稿 - 2017年 5月月1日午後2時15分PDT, 一戸建てのハウスにお住いの方で、尚且つ庭を所持しているのであれば、自宅の敷地内に園芸で不要になった土を捨てることが1番簡単な捨て方になります。捨てるときは1カ所にまとめて廃棄すると、その部分だけぼっこり地面が出っ張ってしまい色合いも不細工なガーデンになってしまうので、捨てるさいはなるべく庭全体に均一に広げるように捨てましょう。また根っこや枯れ木などはあらかじめ取り除いてから捨てることも大事です。, 庭に土を継ぎ足そうと考えている家庭は意外と多くいるのもで、わざわざホームセンターで大量の土を購入し、お金をかけてまで土壌を高くしたいと願っています。もし近所にそのような方がいるのであれば好都合です、土を回収して欲しいニーズと土を増やしたいニーズが合致するので、双方にとってメリットになります。SNSやジモティーなどのネット掲示板を利用して、土を無料で引き取ってくれる人を募るのも良い方法かもしれません。, ゴミ捨て場拾いさん(@gomisutebahiroi)がシェアした投稿 - 2019年 5月月3日午後7時09分PDT, 日本には植木鉢やプランターなどを使って家庭菜園したさいに出てくる、要らなくなった土を通常のゴミとして回収してくれる市町村があります。とはいえ日本全国の地域で実行されているわけではないので、あらかじめ自分の住んでいるエリアが土をゴミとして扱ってくれるかどうかチェックする必要があります。ここでは主要都市の土の分別方法について紹介したいと思います。, 札幌市は鉢植えやプランターで不要になった少量の土であれば回収可能です。分類は燃えないゴミになりますので、専用の袋に入れて指定日に普通に出せばOKです。大袋では出せないのであくまで少しの土にのみ対応していると思っておいてください。植木やプランター自体は捨てられませんのでご注意ください。, 大阪府では普通ゴミとして土を廃棄処分することが可能です。ただし捨て方にちょっとしたルールがあり、土単体を袋に詰めて出すことができません。生活で出るゴミと一緒に混ぜて尚且つ少量ずつ入れて含ませていく必要があるので、一度に大量処分したい方には適さない方法かもしれません。, 福岡市では園芸用の土なら燃えないゴミで回収可能となっています。捨て方や処分する量に指定はないので、市民としては楽に土を処理することができるでしょう。ただし、捨てられるのは土のみなので鉢植えした植木や草木などはしっかり除去してから、土のみ袋に入れるようにしましょう。, Erinaさん(@ern__________)がシェアした投稿 - 2019年 5月月15日午前6時56分PDT, クリーンセンターでは持ち込んだ不用品を有料で回収してくれるサービスがあり、中には鉢植えで不要になった土の処理も行ってくれる施設もあります。まずは最寄りのクリーンセンターのホームページを参照するか、直接問い合わせしてするかなどして、土の廃棄が可能かどうか確認されてみてください。条件は各センターによって違うので、1日の処理可能重量や手数料などあらかじめ確認しておくとスムーズな手続きができるでしょう。, 最寄りのクリーンセンターが必ずしも鉢植えの不要な土を引き取ってくれるかと言えば、現状ではまだまだ土の回収制度が全国的に浸透していません。クリーンセンターとは別に、土や石などの自然の廃棄物を特定の場所にて定期的に回収するサポートを行う地方自治体もありますので、まずは市町村に直接電話で問い合わせすることをおすすめします。, 天晴小號さん(@trumpet1st)がシェアした投稿 - 2016年 5月月25日午前5時00分PDT, いくつかのホームセンターに限定されてしまいますが、鉢植え不要になった土をリサイクルしてくれる店舗があります。ガーデニングで出た土のみの回収になるのでプランターや植木鉢は対象外ですが、土だけに分別できるのであれば、有効活用していきたい方法の1つになりますね。, ユニディは埼玉県、千葉県、神奈川県、東京都の首都圏エリアに店舗を構える大型ホームセンターで、土の回収処分代行も行っています。基本的に新しい土を購入した人に対するサービスなので、要らない土だけを持っていくといった使い方は難しいと思って下さい。, 店頭で販売されているグリーンテックの土を購入した人限定で、鉢植えの古土を引き取ってくれるサービスがあります。こちらもあくまで新規購入して古土と交換することが条件になります。, ポコロンさん(@green_pad)がシェアした投稿 - 2019年 2月月10日午後6時17分PST, ホームセンターでは鉢植えの古くなった土だけを処分することは難しく、新たに土を買う必要がありますので、回収のみ依頼したい場合は有料で業者に委託する方法がベストです。こちらの有料サービスによっては家庭菜園でプランターや植木鉢など、土以外の園芸に関わる不用品も引き取りOKな業者もあります。家まで回収に来てもらえるサービスや、郵送で土を送るサービスなど方法もいろいろあるのが特徴的です。, 地方によってはガーデニングなどで不要になった土の回収専門業者を見つけだすことが困難なケースもゼロではありません、そんなときに便利なサービスが古土を郵送するだけで処分してくれる「土の回収ドットコム」の利用がおすすめです。配布される指定のビニールに土を入れて、さらに段ボールに梱包して送るだけでリサイクルが完結しますので、時間のないときや近くに専門業者がいないときに活用されてみてはいかがでしょうか。, 最もエコな捨て方は、ガーデニングで使わなくなった土を再び使える状態にして、また別の家庭菜園や園芸用の土として生まれ変わらせる方法です。まずは不要となる土から植物の根っこや枯れ葉など目に見えるていどのゴミを取り除きます、続いて土を植木鉢から取り除きシートの上に広げて全体に水を含ませて日向に半日放置します、土をかき混ぜて再び日向に寝かせておくことで土を除菌することができます。, 干して完全に水分をきったら、今度はふるいにかけて植物の不純物や虫の残骸など不要なものを摂り除いていきます、最後に土のリサイクル材を全体にまいてかき混ぜて土に栄養を行き届ければ捨てずに再利用することができます。若干手間はかかりますがガーデニングを引き続き継続しようと考え中であれば、土をリサイクルして何度も使うという手段が、環境にもお財布にも優しい最適な方法だと言えるでしょう。, 貴裕さん(@tiger120165)がシェアした投稿 - 2019年 5月月15日午後8時31分PDT, 誰もが最初にパッとひらめく園芸用の土の処理として、自然界に戻すといった手段が挙げられます。身近なところでは公園の砂場や土手の川付近など、土を自然に戻せるところはいくらでも存在します。しかしながら園芸用として買ってきた土をどこかに勝手に放置するのは、法律で禁じられており、場合によっては処罰を受けることもあります。ゴミとしては扱えず土として自然に返すこともできないので、やや混乱しますが屋外に捨てる方法はNGと覚えてください。, ガーデニング用としてプランターに入っていた土とはいえ、土には変わりないのになぜ山や公園に返すことがでいないのでしょう、その理由は法で禁じられている以外にもあります。まずは量の問題です、1~2世帯が公園に土を廃棄しても大した量ではありませんが、東京都民のほとんど同じことをしたら1日で公園や土手が土の山になってしまうからです。ほかには家庭菜園の土を自然界に流すことで、土壌の質が悪くなってしまうリスクが挙げられています。, 燃えるゴミとして毎回微量ずつ袋に忍び込ませて、時間をかけて捨てていくといった方法も知られていますが、このやり方が正式に認められているのは大阪府など一部の地域だけに限定されます。燃えるゴミに土を混ぜてしまうと、ゴミ処理に使用する機械の故障に繋がる恐れがあります。またマシントラブルだけでなく土を焼却炉で焼ききることで空気中の放出される放射線の濃度が上昇する危険もあるので、少しでも土をゴミ袋で捨てることは控えましょう。, あとになって手に負えないほどの大量の古土に困ってしまうのを防ぐために、捨てられる土を鉢植え用として植木鉢やプランターに使用していくことをおすすめします。このタイプの土は植物の殻から作られているので、見た目は土でも燃やすことが可能なんです。ただしゴミ収集車が本物の土だと勘違いしてしまうことも考えて、商品ラベルはとっておき捨てるときに土と一緒に袋に入れるなどして、工夫されることをおすすめします。, jilltabalalaさん(@jilltabalala)がシェアした投稿 - 2017年 8月月15日午前3時14分PDT, 東京に住んでいるいると、土の購入は容易でも捨てることが難しいのが、ガーデニング初心者にとって意外な落とし穴です。捨てる方法は1つではないので、取り組みやすいやり方で正しく廃棄処分するようにしましょう。間違ってもその辺の道に放置するようなことはしないように注意してください、市町村が受け取り不可だった場合には、専門の回収業者やホームセンターの回収サービスなどを利用していきましょう。, 良い土作りの方法を知っていれば、土を捨てずに再利用することが出来ます、土壌改良の基礎知識を知って今後の家庭菜園のクオリティを高めていきましょう。, 旅行、DIY、ガーデニングのことならお任せ!how-to系の知識から最新トレンド情報まで、みなさんとシェアしたいと思います。. 古い土の処分方法(初心者向け) 古い土は雑菌・虫が繁殖し、肥料が偏っていて植物を植えると問題が起きる。 なので植え替えをするたびに古い土が発生する。 古い土は処分しなくちゃいけない(リサイクルする場合は自宅で出来る古い土の再生方法(中級者向け)を参照)。 2015 All Rights Reserved. ガーデニングやアクアリウム、観葉植物といった趣味をお持ちの方であれば、定期的にこれらを交換しなければなりません。その際不要になったものはどのように処分したら良いのでしょうか。, 自然のものだからといって適当に山や川などに持って行って捨てると、不法投棄になる場合もあります。正しい方法を知って適切な処分を行いましょう。, 基本的に「いらなくなったもの=ゴミ」という認識をお持ちの方も多いとお思いますが、土・砂・石は「ゴミ」とはならない場合があります。とても重要なことなので処分する上でちゃんと理解しておきましょう。, いらなくなった土・砂・石をゴミとして処分しようと考える人もいらっしゃるでしょう。ゴミの捨て方や分別区分は自治体によって異なりますが、多くの自治体でこれらはゴミとしての処分を受け付けていません。, これらはもともと自然界に存在するものであり、人間が生み出したものではありません。家庭菜園やアクアリウムでそれらを使うというのは、自然を再現するための方法ですよね。つまり、土・砂・石は自然物なのです。, そうした自然物というのは「ゴミ」に当たるのでしょうか?百科事典によると「ごみ処理」については以下のように定義されています。, ”日常生活や事業活動に伴って生じるごみを、公衆衛生の向上を図り、生活環境を保全するために保管、収集、運搬、中間処理、あるいは最終処分すること。”, つまり、紙やプラスチックのような人間が生産して消費する上で生まれる不要物のことはゴミとなります。そうではない土・砂・石はゴミではないというのが、一般的なゴミ処理における考え方なのです。, 自治体ごとに異なりますが、基本的には土・砂・石はゴミとして認識されておらず、分別区分も決まっていない場合が多いです。自治体ごとに異なりますので確認が必要ですが、ゴミとして捨てられないことも多いので注意しましょう。, 自然のものとしては他にも草や木の枝といったものもありますが、これらは燃えるゴミとして収集している自治体が多くあります。枝や草であれば収集されるのに、土・砂・石はゴミとして収集されないのにはもう一つ理由があります。, それは、土・砂・石の場合、粉砕機械の故障に繋がる可能性が高いからなのです。ゴミ処理を行う中で粉砕機械によってゴミは細かく粉砕されます。その時にこれらが入り込むと、粉砕機械の刃を欠かせたり、詰まらせる原因になってしまいます。, 土・砂・石を「処理困難ゴミ」として認定し、収集不可にしている自治体もあります。粉砕機械の故障に繋がるものが入り込まないようにするために、ゴミとして捨てられないという理由もあるのです。, 不要になった土・砂・石を、山や川に捨てに行こうと考えている方がいたら、それは非常に危険な考えです。不法投棄として罰金を取られる可能性もあります。, 土・砂・石は自然物であると先述しました。しかし、ガーデニングや家庭菜園で使うために一度自然から持ってきたものは、「自然物ではなくなる」のです。, 家庭菜園をされている方であれば、これらの他に肥料を使うことで野菜の成長を促します。そうした肥料の中には化学物質が含まれています。また、虫がつかないために農薬を撒くこともあるでしょう。水やりひとつを見ても、下水道の水と自然の水では成分が異なります。, 一度自然を離れたものはこうして別の成分を含むことになります。そのため、成分の変化した土や砂を自然に戻すと、自然破壊に繋がる危険性もあるのです。, 自然のものだから自然に戻せばいいとお考えの方もいるかもしれませんが、自然破壊や不法投棄による罰金の対象にもなってしまいますので絶対に行わないようにしましょう。, 自治体がゴミと認めていない場合はゴミ収集場に持って行ってはいけない。とは言え、山や川、公園や学校などで自然に戻そうとすると不法投棄になる。, 家庭で使って不要になった土・砂・石は、こうした特殊な特徴を持ち合わせているのです。, ・庭に撒く・自治体でゴミとして捨てられる場合はゴミとして捨てる・ホームセンターで引き取ってもらう・石材屋、植木屋に引き取ってもらう・土・砂・石の回収専門業者に引き取ってもらう, 山や川などの自然に戻すと不法投棄になる可能性がありますが、自宅の敷地内であれば問題ありません。プランター1つ分の土や小規模のアクアリウムで使った石など処分量が少ない場合は自宅内で処分するのがもっとも手軽です。, 処分量が多い場合や、廃棄するのに十分なスペースがない場合はこの方法は使えません。また、アパートやマンションにお住いの場合は、敷地内でも公共の場になりますので廃棄できません。, ゴミの処理方法については全国の自治体で統一されておらず、各自治体ごとに収集できるものとできないもの、分別区分などが異なります。, そのため、土・砂・石をゴミとして処分できるかどうかは、お住まいの市区町村の自治体に問い合わせて確認する必要があります。ホームページでも分別方法や収集可能品目の掲載がある自治体もあります。, しかし、これらは先述したように少し特殊な品目になりますので、ホームページ上では表記のない場合もあります。その場合は電話で確認して処分方法を確認しましょう。, 「環境事業課」や「清掃リサイクル管理課」など問い合わせ窓口も自治体によって異なりますので、まずは自治体の代表番号にかけて、「土や石を捨てたいので方法を教えてください」と伝えてみてください。, ・「捨てられるか捨てられないか?」・「捨てられるとしたら分別区分と捨て方はどのようにしたら良いか?」, 処分できる場合でも自治体によって処分区分が異なります。下の表は自治体別の「土」の処分区分の違いです。, このように自治体によって処分できるかどうかとその方法を全く異なります。また自治体により、土などの品質や量や回収時期が指定されていることもあります。自分で判断せず、必ず上記の方法で自治体に確認をしてから処分するようにしましょう。, お住まいの自治体で土・砂・石の収集を行なっていなかった場合、自治体が認可している廃棄物処理業者を紹介されることもあります。, 先ほど東京都の品川区や台東区でも「持ち込み」であれば土の処分ができるという事例がありましたが、持ち込みは非常に大変です。私も以前プランターの土を処分する際に、小さめの容器1つ分だから持ち込みを試してみましたが、部屋から運ぼうとすると結構な重さがあり、車の座席に乗せてこぼれないように固定するのも一苦労でした。, 一般的なプランターは65cmほどのサイズですが、その中の土や石は10kgほどにもなると言われます。もしまとまった量を処分されるのであれば、持ち込みでの処分よりも引き取りに来てくれる業者を選んだ方が良いでしょう。, 3つめはホームセンターで引き取ってもらうという方法です。ホームセンターの中には、不要になった土を引き取ってくれるお店もあります。, 関東圏ではユニディや島忠・HOMEといったホームセンターが引き取りに対応しています。基本的には同店で園芸用の土を買った場合のみ処分を引き受けてもらえることが多いです。こうしたお店では敷地内に回収用のコンテナを用意して、その中に捨てることができます。, しかし、全国的に見ると引き取りを行なっているお店は非常に少ないと言えます。大手ホームセンターのカインズモールやコーナン、ケイヨーデーツーなどでは2019年8月現在不要になった土の引き取りは行なっておりません。, もしお近くのホームセンターにて引き取りサービスがあれば利用しても良いと思いますが、「持ち込み」での処分になりますので労力はかかってしまいます。, また、ホームセンターでは基本的には石や砂の引き取りは行われていないことが多いです。, 土や石を専門で扱う業者と言えば石材店や植木屋、造園屋があります。これらのお店は基本的には庭やエクステリアの手入れや外構工事が主なサービスですが、その一環として「庭のお手入れなどで出たゴミの処理」を行なっているところもあります。, 基本的には有料になりますが、「近くで作業がある日についでに寄る」といった感じで格安に処分することができる場合があります。, インターネットで「お住いの地域名 造園屋」などで検索すると、近くのお店が出てきます。不要になった土や石の処分に困っている旨を伝えて、引き取りに来てもらえないか確認してみてください。, 最後に紹介するのが、土・砂・石を専門に扱う回収業者や不用品回収業者に依頼する方法です。この方法であれば、正しく処分することができます。, 関東圏では土・砂・石の専門業者だと信太商店やウィステリアガーデンなどが出張回収を行なっています。その他の地域にも回収業者はありますので、インターネットで「地域名 土 回収業者」などで検索してみてください。, こうした業者も有料での処分になりますが、持ち込む必要はありません。労力の部分では楽に処分することができます。, 収集の代金は業者によって異なりますが、ウィステリアガーデンでは以下の料金体系を取っていますので目安にしてください。, 料金は基本料(出張料)+1キロ当たりの回収費で数千円程度かかることが多いです。もちろん事業所から遠い場合や回収するものが多いほど料金が高くなります。事前に料金を確認しましょう。, 中にはダンボールに詰めて送ることで回収をしてくれる業者もいます。土の回収ドットコムでは宅配収集キットを取り寄せ、不要になった土を入れて送るだけで処分できます。, また、こうした専門業者が近くにない場合には、不用品回収業者でも引き取り処分を多なっています。不用品回収業者であれば土・砂・石だけでなくプランターや水槽など他のものも一括でまとめて処分できますのでおすすめです。, 不要になった土・砂・石が自治体で処分できない場合には、こうした専門業者を使ってみてはいかがでしょうか。, 以上が土・砂・石の処分方法です。これらは自治体では捨てられない地域も多いのが現状です。, とは言え、不要になった土を放置しておくと菌が湧いたり、ゴミとなったプランターや水槽が散らかって景観を損ねかねません。, これらに特化した回収業者やいらなくなったものをまとめて持って行ってくれる不用品回収業者を使えば、楽にそれらを処分することができます。, 再度申し上げておきますが、池や山に処分すると不法投棄となり罰金が課せられることもあります。お金がかかっても、正しい処分方法を取るようにしましょう。, 本サービスにおいて当社が提供するウェブサイト等のコンテンツ、画面デザイン、そのほか一切の著作物の著作権は、当社または当社の定めるものに帰属します。, 当社は、利用者が本サービスを利用するにあたり、利用者確認を実施する場合があります。以下のいずれかに該当する方は、本サービスを利用できないものとします。, 利用者は、本サービスの利用にあたり、当社が取得した個人情報に関して、以下の事項に同意したものとします。, 本規約及び利用契約等に関する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所として処理するものとします。, 本規約に定めのない事項や、そのほか本規約の条項に関して疑義が生じた場合、関係者間での協議の上、円満に解決を図るものとします。, 土・砂・石はどこにでも捨てていいというのは大間違い|不法投棄をせず正しく処分する方法, 1.株式会社RNV(以下当社)は、当サイト及び関連サイトにおいて提供するサービス(以下本サービス)を、以下の利用規約(以下本規約)に基づいて実施します。, 1.当社は、利用者の承諾を得ることなく、本規約の一部または全部を変更できるものとします。, 2.変更後の規約は、当社が変更内容を当サイト及び関連サイト上に掲示した時点から効力を有するものとします。, 3.変更後に利用者が本サービスを利用した場合、本規約の変更に同意したものとみなします。, 1.当社は、利用者が本サービスを利用する上での必要事項を、ウェブサイトへの掲示のほか、当社が適当と判断する方法・範囲で通知いたします。, 2.前項に定める通知は、通知内容を本サービスのウェブサイトに掲示した時点から効力を有するものとします。, 1.本サービスは、利用者を提携業者(当社と提携することにより、本サービスの利用者に対して自己の商品またはサービスを提供する事業者、以下同じ)へ紹介することを目的としています。, 2.当社から業務依頼申込を案内された提携業者は、利用者に対し、当社から通知される電子メールに記載の期間内に電話または電子メール等により連絡します。, 3.利用者が本サービスを利用するにあたって、当社は電子メールやお電話により下記の各種のご連絡を行う場合があります。, ・提携業者または第三者から委託を受けて配信する、提携業者または第三者のサービスに関するご連絡, 1.当社は、利用者と提携業者との取引契約の成否や履行、提携業者が提供する商品またはサービス等(以下提携業者のサービス)の内容や質等を一切保証しないものとします。また、利用者に対してこれらに関する一切の責任を負わないものとします。, 2.利用者は、提携業者のサービスの購入や利用に関して、自己の責任において直接提携業者との交渉、契約等を行うものとします。また、提携業者のサービスに関する質問・要望等は利用者が直接提携業者に対して行うものとします。, 3.利用者は、本サイト及び電話、電子メール上で提携業者のサービス及び広告情報等が、提携業者の責任において提供しているものであることを理解するものとします。また提携業者との間で提携業者のサービスを受けるものとします。, 4.利用者と提携業者の契約等に関して、何らかの問題が生じた場合は、利用者は自らの責任と負担によって問題を解決するものとします。また当社は、利用者と提携業者との間で生じた問題には、一切関与いたしません。, 5.利用者は、提携業者に対する業務依頼を取り消す場合、自ら当該提携業者へ直接連絡をするものとします。また提携業者との間で締結した契約を解除する場合も、利用者自ら直接連絡をするものとします。, 1.本サービスをご利用するにあたって、当社及び提携業者との連絡手段として電話番号、メールアドレス等の必要な情報を提供できない方, 2.当社及び提携業者との連絡手段として必要なメールアドレスについて、ドメイン指定受信等のフィルタ設定により当社及び提携業者から送信される電子メールを受信できない方, 3.提携業者との直接の契約者以外の方(代行にて本サービスを利用する等)で、本サービスのご利用について実際の契約者に同意を得ていない方, 4.反社会的勢力(暴力団、暴力団員、元暴力団員(暴力団離脱から5年経過していない者)、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力団等、そのほかこれらに準ずる者)に該当する方、また暴力的行為、詐術、脅迫行為、業務妨害行為等違法行為をされた方。なお、利用者が反社会的勢力等に該当した場合、当社は利用者との本サービスを含む一切のサービスの利用を停止できるものとします。また本サービスに付随する各種の契約の解除、損害賠償請求等の必要な措置(法定措置を含む)を取ることができるものとします。, 1.本サービスをご利用する際、必要事項や記入・入力事項に虚偽、誤記、入力漏れ等があった方, 2.当社は、本サービスの提供にあたって、利用者が希望する提携業者に対し利用者の個人情報を提供するものとします。, 3.当社は、利用者の個人情報を本サービスのウェブサイトに掲示する個人情報保護方針に基づき、機密として保持するものとします。ただし、参画企業等を含め第三者に転送された利用者の個人情報及び関連する情報等に関しては、当社はその管理責任を負わないものとする。, 4.当社は、利用者からのお問い合わせ内容等の正確な把握と今後のサービス向上を目的として、利用者との通話内容を録音する場合があります。, 1.当社は、第8条または次の各号に定める事由により、利用者または第三者(そのほかの利用者含む)が損害を被った場合でも、一切の責任を負わないものとします。, ・本サービスの利用によって、利用者と第三者との間で紛争が生じた場合。または利用者が第三者に損害を与えた場合(紛争または損害の原因が、当社の責任に帰すべき事由による場合を除く), ・そのほか本サービスを利用することにより、当社の責任によらずして利用者または第三者に損害が発生した場合, 2.本サービスにおいて、広告提供業者等の第三者から提供される内容については、一切の責任を負わないものとします。, 3.当社は、当社で運営するウェブサイトからリンクする第三者のウェブサイトやコンテンツ等の内容や、修正・更新に関して一切の責任を負わないものとします。, 4.利用者情報の参画企業への転送完了後は、利用者と参画企業及び第三者の間で生じた損害について、弊社は一切の責任を負わないものとします。, 5.本サイトに記載された情報の正確性に関して、誤解を生じやすい記載や誤植があった場合に生じるいかなる損害に関しても、当社はその責任を負わないものとします。.

土の捨て方3:クリーンセンターへ持ち込む; 5. 土の捨て方2:ゴミとして処分; 4. 農家妻しばさくです ご覧くださり、ありがとうございます。 あなたは、こんなことありませんか? 家庭菜園初心者プランターで野菜を1回育てたけど、この土どうするの?毎回土は入れ替えなきゃいけないの?もったいないから何回も使いたいけど、だめ?

土の捨て方1:自宅の庭など敷地内で処理; 3. .my_adslot { width: 300px; height: 250px; }

植物を育てるときに便利な、植物別の専用培養土の利用が増えています。すぐ植えつけられ、土を改良しながら育てる手間も減りました... 植物の栽培は土が基本となります。土づくりがしっかりできていないと植物の成長にも影響をおよぼすので、これから植物の栽培を考え... アイリスオーヤマから発売されているゴールデン培養土は水はけ・水持ちのよい土です。また、花・野菜用や観葉植物用など、使い方に... 室内で植木鉢の管理をすることに抵抗がある人も多いですね。土に代わる衛生的な植込み材として、人気の高い「セラミスグラニュー」... 「観葉植物の土」に注目してみたことはありますか?なんとなくどれも同じようなもの、と思っていたら大間違い!土は観葉植物にとっ... 室内でガーデニングを楽しむなら、セラミスグラニューがおすすめです。セラミスグラニューは室内用に開発された人工用土で、どんな... 腐葉土を使って野菜を育ててみようと、有機無農薬栽培に挑戦する方もおられるでしょう。しかし、腐葉土の作り方は簡単ではないと悩... 家庭菜園を始めるにあたり、畑の作り方はとても重要です。しかし、畑作りは実は初心者でもできるくらいには難しくないのです。大型... 畝の作り方を作る目的とあわせてご紹介します。畑の中をまっすぐ伸びる畝ですが、何故畝をつくるのかご存じでしょうか。畝はおいし... ピートバンという資材をご存じですか。ピートバンはピートモスという土壌改良資材を乾燥させた種まき用土で、扱いが簡単で発芽に失... バーク堆肥は、樹皮を発酵させて作られた土壌改良材です。肥料成分はほとんど含んでおらず、通気性や保水力の向上、微生物の多様化... バーミキュライトは、使う目的や使用量によってさまざまなシーンに使えるおすすめアイテムです。最近では多肉植物や水耕栽培でも使... バーミキュライトは鉱石を加工した人工土です。用土に効果的な性質をたくさんもっているため、目的にあわせていろいろな使い方がで... 土壌改良材は、通気性は排水性といった土壌環境を改善し、植物の育ちやすい環境をつくり出します。肥料成分はあまりありませんが、... 土の再生は、事前に準備するものが少なく、初心者の方でもかんたんにできます。養分を十分に蓄えた清潔な土で、植物を育てましょう... 園芸用土にはさまざまな種類があります。赤玉土や鹿沼土など、用土にはそれぞれに特徴があり、役割や使い方も異なります。植物によ... 鹿沼土は、植物を栽培する時の基本用土で使われることが多い土です。鹿沼土は植物の根が、栄養分や水分を吸収する時にとても役立っ... 日向土(ひゅうが土)とはボラ土ともよばれる園芸用の軽石の一種です。産地は九州の宮崎県。日向土は水はけがとてもよく、その特徴... ベラボンっていったい何?どんなもの?ベラボンとはヤシの実の繊維から作られたヤシの実チップの土壌改良材。排水性と保水性に優れ... 園芸をするにあたって重要な作業の一つに「土づくり」はありますが、パーライトは土の性質を調整する土壌改良剤として使用すること... 用土の捨て方!鉢植えで使い終わった土の処分・廃棄方法をご紹介!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。. ●自治体によっては土を公園に廃棄して良いところもあります。役場に相談してみて下さい。, 私はジョイフル本田に回収をお願いしています。, ジョイフル本田さん、回収の中身チェックあります。, 古い土の回収は、「購入した土と同量分だけ」と条件付きですが、ホームセンターのユニディでも可能です。但し、何処の店舗でも可能ではないようです。, 最近ではホームセンターで古い土を回収することもしています。, どこのホームセンターで回収しているかは分かりませんので、近所で回収しているところがあったら日記に書いてもらえると、このページに追加します, 自宅で出来る古い土の再生方法(中級者向け), 必ず新しい土で植えましょう(初心者向け). なるほど空間 , 土の捨て方1:自宅の庭など敷地内で処理; 3.