効能を見てみると 最後に陰茎をいつもどおりボディソープで洗い、 残尿感などはありませんか? その数日後、腹部から背中にかけての痛みが生じました。 ただ今でもオシッコを出す瞬間に痛む(1回だけでない)というところを見ると持続的な炎症(≒普通は感染症を考えるでしょうね)を考えておかないと・・・。 はじめは外側かと思いましたが内側が痛いようです。 膣の入り口に掛けてのピンク色の部分に それは納得しました。(効能がそのまま当てはまるので) 2,3週間前に尿道付近にツンとする痛みがあり、内科に行き尿に菌があるという事で、膀胱炎と診断されました。しかし、膀胱炎の特有の症状がなく(排尿時の痛み、頻尿)が心配だったので次の日、婦人科を受診しました。特に性病にかかって 膀胱炎でした。産後になる人が多いそうです。 血液検査は不要かもしれません。 膀胱炎になってしまうと心配になってきました…。 「包皮をめくった内側が痛い」と何度も言うのですが、医師はあまりクリトリス付近を診ていないというか、表面しか診てもらえない気がします…。 もしかして性病なのかな・・?などいろいろと想像してしまい 駄目でした 女性はカラダの構造上、膀胱炎や尿もれが起きやすく、泌尿器系のトラブルに悩んでいる人も少なくありません。予防対策をご紹介します。その他生理用品のソフィは生理の悩みを軽減、快適に過ごすための情報をわかりやすく解説しています! 薦められるがままに(値段も然程変わらないので)買ったのですが、 どうぞ経験談を!, 症状の現れ方は、人それぞでみたいですが、突然痛みが生じるのが胸痛みたいです。 とりあえず水分補給をしながら毎日お風呂でしっかり体を温めてください。また睡眠時間もふやさないといけません。体を温めたり休養を増やしたりできるだけ心や体をリラックスさせることが免疫力を回復させ治癒への近道となります。, 女性の膀胱炎について教えてください! 授業があるため、頻尿が何日も続くと勉強にも支障が出て辛いです。 排尿時の痛む箇所や痛むタイミング、尿の状態など症状によって突き止めることができます。, 該当する病気であっても各症状が必ずあらわれるというものでなく、症例が多いというものです。, 放置していると尿に血が混じったり激痛が走り、重症化すると高熱や腎盂腎炎を発症する可能性があり注意が必要, 体が弱っていると免疫力が低下し、細菌に感染しやすい状態になってしまい、結果として前立腺炎になりやすい, セックスやオーラルセックスなどの性行為によるクラミジア感染で前立腺炎を患うケースがある, 放置していると不妊症や尿道狭窄(尿道が狭くなる)になり取り返しのつかない事態に陥ってしまう恐れ, 膀胱炎と重なる部分が多いため、発熱があれば腎盂腎炎、発熱がなければ膀胱炎というように発熱の有無で見分けます。, 排尿痛に関するのが尿道結石と膀胱結石で、この2つのことを下部尿路結石症と言います。, 「一日に何度もおしっこをもよおす」「睡眠後に尿意を感じて何回も起きてしまう」といった症状, 一日に8回以上の排尿があれば頻尿、ただし8回以下でも自分が普段よりも排尿の回数が多いと思えば頻尿に該当. 更に、もしかしたら明日頃から生理が来てしまうので 機械的刺激は、尿道にものをつっこんだ(笑)でもありますが、射精後の乾燥などでもありえます。また尿路結石の排石時などでもあるのでもしかしたらコレかもね。 ご相談の方は外来を受診され、診察すると下着には分泌物が付着し、外尿道口は発赤と浮腫を伴い、尿道を圧迫すると黄緑色のうみを排出したので、分泌物を染色鏡検したところ、淋菌を認め、さらに話を聞いたところ、独身で一週間前、ファッションヘルスに行ったとのことで、典型的な性感染症、急性尿道炎と診断しました。性感染症は性器と性器、性器と口腔、性器と肛門などの接触による感染形態があり、最近の尿道炎の半数以上が、いわゆる風俗店での口腔内射精などに伴う口腔咽頭から感染したケースです。女性の咽頭は淋菌、クラミジアとも細菌などにとって居心地のよいところで感染巣となり、しかも多くが無症状であることがやっかいな点です。幸いにもご相談の方は、初尿によるクラミジア・トラコマティスの検査は陰性で、一週間の抗生物質の投与で完治しました。治療の基本として飲酒を控え、尿道洗浄をする目的で水分の摂取を多くし、化学療法を行いました。もちろん性行為はつつしんでもらい、パートナーに感染しないように指示しました。要は通常の性行為でなくともオーラルセックスで尿道炎が起きることを知っておくことと、多少とも異常を感じたら診療を受けることです。クラミジア感染の場合は、尿道の違和感程度で分泌物も少なく、症状も軽佻なことが多いので放置しないで下さい。. フェミニーナ軟膏は、早い話が痒み止めです。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 先日かかりつけの内科で膀胱炎の検査をしに行ったところ膀胱炎よりも糖が出てると言われました+2だったら, 膀胱炎の症状があるとき、尿原因菌検査をする前に抗生物質を服用するのはやめておいたほうがいいでしょうか, 尿道炎について 前に女性との性交渉がありその2〜3週間後くらいに排尿時の違和感と膿が出たので病院に, カンジダ菌の1番の原因って糖尿病なんですか? 造影剤検査などして、数ヶ月薬を服用していたのですが、激痛の後、痛みが消え、尿として出たのかなと思っていたのですが、定期的の造影剤検査をしたところ、石が大きくなり尿管に詰まり痛みが麻痺している状態でした。 その数日後耐えられず 今度は抗生剤をいただいて飲んだのですが 少しは良くなったもののやはり治らず 風呂場から出ると尿道の先の方が痛みます。 寝ている体制なので自分では患部が見えなくてうまく指でさせません。 泌尿器科という印象がありますが、女性なのでなんか行きにくい感じがするのです。 二次感染の防止にはなっても、治りが遅いのでは 二次感染を防止するので良いと言われ、 炎症を抑える為には抗ヒスタミン剤ではなく、ステロイドが使われています。 膀胱炎は女性に多い病気ですし、病院に行って抗生物質を飲めばすぐ治ります。, 半年前あたりから残尿感、大事なところを触られてるような感覚で 何だろう?すぐ治るからいいかな と 無意識に掻き毟ってしまったのかな…と、思ったのです。 一度受診されることをお勧めします。, 半年ほど前から、膣がヒリヒリします。 別の感染症または病気であることが考えられます。 水分をたくさんとって、 最初は、十分に濡れてないせいで擦れて痛いのかと思ってたのですが 今はまだ悪露が出ていますので生理用ナプキンをあてていますが、うちはウォシュレットじゃないのでナプキンの菌が繁殖してばい菌が入ったのでしょうか?おしっこをした後は風呂場で下半身をシャワーで流しています。ナプキンは日に3~4回かえていますが、もっと頻度を増やした方がいいんでしょうか?この症状の場合産婦人科でいいのでしょうか?, 今年の2月に出産しました。 膀胱内の細菌を洗い出せば治るかもしれません。 尿道炎といっても感染症から機械的な刺激までさまざまです。刺激薬物が入り込めば化学的な炎症もありえますが…多くは前2者でしょう。 こちらを現在のお医者さんに自ら申し出て、処方して貰っても良いかも知れませんね。, 産後2週間が過ぎました。 3時ごろ起きてシャワーを浴びました。 なかなか治らないのは思いのほか強いストレスが慢性的に続いてるからです。もともと体温が低い人にストレスが上乗せされるとなおさらです。 女性は尿道が短いことから尿もれが多いことはよく知られていますが、女性でも「なかなか尿が出ない」「尿の勢いが悪い」「残尿感がある」などの症状をお持ちの方もいますし、膀胱の筋力低下、尿道狭窄といった病気が隠れている場合もあります。 診断. ツーンとしたかゆみは受診後六時間経った今まで一度も感じていないのですが、尿道の辺りがじんじんして、熱っぽい感じは未だに治らず、症状が出てから日に日に少しずつ痛みが強くなっている気がします。 何か大変なことがおきているのでしょうか? 何度も同じことで受診して鬱陶しがられているのかもしれないとも思います。 内科で良いですよ。 ●湿潤、びらん、結痂を伴うか、又は二次感染を併発している次の疾患//湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む) もう一度風呂場ですすいでみるとまた痛みます。 最初はフェミニーナ軟膏を薦められ、 病...続きを読む, こんにちは。薬剤師さんがそう考えた理由はおそらくこうだと思います。 痛みが出る数日前に、日中、汗をかき、 クロマイ軟膏は、抗生物質ですので細菌を殺す薬です。 泌尿器科を受診して、きちんと尿道の辺りを調べた方がいいでしょうか? 尿の出始めに痛い ・強めの排尿痛 ・尿道の痒み ・尿道の不快感 ・膿性の分泌物 ・尿のにごり: 尿道狭窄症 (きょうさく) 排尿中ずっと痛い ・強めの排尿痛 ・尿が細い ・排尿が困難: 尿道腫瘍: 排尿中ずっと痛い ・頻尿 ・尿が出にくい ・尿のにごり ・血尿 ・性器周辺にしこり: 腎盂腎炎 ( どうすることも出来ずにいたので、それでかぶれて、  お大事にしてください。, 経験者にお伺いいたします。 してみると出る瞬間にやはり痛みが走ります。 一応、参考まで。, 3日ほど前から排尿時に痛みがあり、念のため…と、 尿意を我慢しない、日ごろから水分をしっかり取るなど 私も産後におしっこの出るところがチクチクして痛がゆい感じが数日間して、体がだるくなったりしました。 患部を見ることは、よほど症状がひどかったり、 尿勢低下. ※教えて!goo内での回答は終了致しました。 おしっこの時に、尿を溜めている膀胱や尿の通り道である尿道といった尿路に痛みを感じることを総じて排尿痛といいます。, 侵入した細菌や体内で作られた石が尿道や膀胱で悪さをして、おしっこの時に痛みを引き起こすというわけですね。, ①の尿路感染症だった場合は、尿道炎や前立腺炎、膀胱炎などさまざまな病気が考えられます。, ②はずばり下部尿路結石症という病気で、排尿痛以外にも背中やわき腹に痛みが見受けられることもあります。, ③のその他を含め、尿路感染症や下部尿路結石症を患う原因には、おしっこの我慢やストレス・体力の低下、生活習慣や性行為などが要因となっていることがほとんどです。, 性別で排尿痛を見ると、男性では尿道炎・前立腺炎、女性では膀胱炎が排尿痛の原因であることが多い傾向にあります。, この病気を見分けるには排尿時の痛む箇所や痛むタイミング、尿の状態など症状によって突き止めることができます。, 排尿痛を放置している、原因となる病気によって不妊症になってしまうリスクを伴います。, 特に性器クラミジアや淋病といった性病が原因だった場合は不妊症を患う確率が高くなるため、心当たりがあればすぐに性病検査をしましょう。, おしっこの時に、どのように痛いのかや尿の色やその他の症状からどの病気を患っているのかを一覧としてまとめました。, 排尿に関する症状以外にも掲載しましたが該当する病気であっても各症状が必ずあらわれるというものでなく、症例が多いというものです。, おしっこの時に痛かったり違和感がある場合、外傷がないのであればなにかしらの病気を患っていることになります。, 次ではおしっこの時に痛くなる、排尿痛に関連する病気と特徴・原因について解説していきます。, 男性の尿道は女性器に比べて長くできており、細菌が侵入しても膀胱にたどり着く前におしっこで排出されます。, 一方で、女性の尿道は男性より短いため細菌が侵入すると膀胱まで到達しやすいという性器の特徴があります。, 痛みが一度治まってもまた再発することが多く、慢性化するとおしっこの間、常に痛みを感じるまで悪化することがあるやっかいな病気です。, 排出された尿は白く濁っていたり、じっくり見ないと確認できないほどの微かな濁りである場合も。, 一度おしっこをしてもなんとなく尿が残っているような感覚があり、少しの時間をおくと尿意を感じてまたトイレに行きたくなります。, 放置していると尿に血が混じったり激痛が走り、重症化すると高熱や腎盂腎炎を発症する可能性があり注意が必要です。, 尿路から細菌が侵入し膀胱に感染すると、膀胱の粘膜に炎症を引き起こし膀胱炎になります。, 健康な状態であれば、侵入してきた細菌を膀胱内に感染することを防ぎ、細菌を増殖させません。, しかし、日常生活の何気ないことをキッカケに細菌へ抵抗する力が弱まり、細菌が増殖して発症してしまいます。, 膀胱炎を引き起こす細菌は、大腸菌・腸球菌・ブドウ球菌・肺炎桿菌(ハイエンカンキン)などの腸内細菌です。, 軽度の膀胱炎であれば水分を多めにとって排尿を促し、尿と一緒に細菌を排出することで自然治癒するように導きます。, 重度であれば病院の内科・泌尿器科・婦人科へ行き、医師の指示のもと抗生物質や抗菌剤の投与で治療します。, 膀胱炎は再発しやすい病気です。つらい思いをする前に、日頃から予防・対策を心掛けましょう!, 前立腺炎は20代から40代の比較的若い男性が患う排尿痛の原因として多い病気の一つ。, この年代は比較的に性活動が盛んな年代で、性行為によるクラミジア感染が他の年代より多い傾向にあるからです。, さらに症状が進行すると、最悪の場合は敗血症という臓器障害に陥る危険もあるので注意が必要です。, 前立腺炎には細菌性の「急性前立腺炎」と非細菌性の「慢性前立腺炎」の2種類があるので、分けて解説していきます。, おしっこの出始めに軽く痛みを感じる程度のこともあれば、発熱して排尿困難になるといった状態まで幅広い症状が特徴です。, 膀胱炎を併発すると、上記の症状以外にも尿に膿が混じったり、おしっこが白く濁ることも。, 健康な人間の体であれば、細菌の侵入を防いだり増殖を抑えたりす免疫機能が働き、さまざまな病気を防いでくれます。, しかし体が弱っていると免疫力が低下し、細菌に感染しやすい状態になってしまい、結果として前立腺炎になりやすいというワケですね。, 主に大腸菌や緑膿菌などの腸内細菌が原因ですが、その他にもさまざまな細菌が前立腺炎を引き起こす要因となります。, 特に注意が必要なのは、セックスやオーラルセックスなどの性行為によるクラミジア感染で前立腺炎を患うケースがあるということです。, クラミジア感染による前立腺炎だった場合、クラミジアの症状が進行しているといえます。, 対処せずにクラミジアが進行し重症化すると、男女を問わず不妊症になって子供をつくることが出来ない体になってしまう危険性があります。, 前立腺の炎症が長い期間に渡り続くのが慢性前立腺炎です。症状に個人差があり特定しにくい特徴があります。, 症状が治まったと思ったらまた現れ、それを何度も繰り返すなど再発も多く、医師であっても対応が難しい疾患です。, 前立腺の炎症が慢性的であるにも関わらず、原因となる病原菌が判明しない場合は非細菌性慢性前立腺炎と診断されます。, 現在では、日常生活の中であなたが行っている生活習慣が主な原因となることが多いと考えられています。, 座り続けることで前立腺やその周辺が圧迫され、刺激を受けたり血の巡りが悪くなり、慢性前立腺炎を引き起こすことがあるからです。, もちろん上記した「仕事や人間関係上の悩みなどのストレス」であったり、「常習的なジャンクフードやアルコールの過剰摂取」さらには「運動不足」が要因となっていることもあります。, その行動が悪習慣であった場合、前立腺炎だけではなく、他の病気をも引き起こす可能性もあります。, これを機に自分の生活を振り返り、健康を損なう恐れのある行動がないか改めるのも良いかもしれませんね。, 原因がはっきりとわからないことが多い慢性前立腺炎は、病院で診断してもらったとしても、医師の考え方によって治療法が違うことが多いと言われています。, これらは病院で処方されることもありますが、ドラッグストアや通販でも買うことが出来ます。, 慢性前立腺炎はつらい疾患ですが、大事なことは自分自信が根気強く快方に向けて善処していくことです。, 尿道炎が発症するほとんどの原因が、性行為によって感染する性感染症(STD)を患うことによって引き起こります。, 性感染症とは簡単に言うと性病のことで、特に感染率の高い「クラミジア」や「淋菌」が尿道炎の原因となっています。, このクラミジアや淋菌が尿道(女性は子宮口)に生息している相手と性病予防をせずに性行為を行うと、約50%の割合で感染する言われています。, 尿道炎の症状は、クラミジアによる尿道炎なのか・淋菌によるものなのかによって異なってきます。以下の「クラミジア尿道炎」「淋菌性尿道炎」を参照してください。, クラミジアに感染し、体に症状があらわれるまでの潜伏期間は約1〜2週間あります。性行為をしてクラミジアに感染したからといってすぐに症状がでるわけではありません。, 症状には個人差があり無症状のケースもあるため、感染に気付かないクラミジア感染者も多い。そのため最も感染者の多い性病と言われています。, しかしクラミジアを放置していると子供ができない体質になってしまうリスクがあるため、心当たりがある場合は早期の検査が推奨されます。, 女性が淋菌に感染した場合、症状があらわれなかったり軽度なこともあり感染に気付かないことが多く、潜伏期間を特定するのが難しい。, 症状があらわれるケースでは、感染の原因となる性行為から数日後に以下の症状がでます。, クラミジアや淋菌に感染していても気付かなかったり、日常生活に支障をきたさない程度のケースがあります。, しかしこれらの性病を放置していると不妊症や尿道狭窄(尿道が狭くなる)になり取り返しのつかない事態に陥ってしまう恐れがあります。, 尿道の粘膜が傷つき、体がそれを治そうとする過程で尿道が狭くなり、排尿中であれば常に痛みを感じるようになります。, 排尿痛以外の症状では尿が細くなったり、排尿事態が困難になり尿道に穴があいてしまうこともあります。, 尿道が傷つく原因は、淋菌や結核菌に感染したにも関わらず放置し、炎症が慢性化した場合によくみられます。, また感染症ではなく、傷が直接的にできる可能性のある要因には次のようなものが考えられます。, しかし『がん』であるため死に至っていしまうこともあり、このがんは進行速度が早いため細心の注意が必要です。, はっきりとした原因はわかっていませんが、今までの膀胱がんの病歴や性感染症が主な要因と考えられています。, 理由は女性の尿道が男性に比べて短く、肛門に近い構造のため菌が入り込みやすいことにあります。, また腎盂腎炎は急性と慢性の2つのタイプに分かれますが、どちらのタイプも活動期の症状は似ています。, これらの症状は膀胱炎と重なる部分が多いため、発熱があれば腎盂腎炎、発熱がなければ膀胱炎というように発熱の有無で見分けます。, 早期に治療をすれば3〜5日程度で快方に向かいますが、悪化すると入院が必要となるケースもあります。, 主な原因は、尿道から細菌が逆流する「膀胱尿管逆流」という現象から引き起こされると考えられています。, その他には、体の別部分で感染した細菌が血管を通じて腎臓へ侵入する。腎臓周囲のリンパ腺から感染する。といったことが原因です。, 放っておくと慢性へ移行する危険性を伴うため、心配であれば内科か泌尿器科で受診しましょう。, 病院で検査したのち、一般的には感染した細菌への抗菌薬を処方され、症状が重い場合は入院となる。, 持続的に炎症が起きている状態で、高血圧・痛風・糖尿病を原因として引き起こしやすい。, 例えば、高血圧を要因として引き起こっている場合は血圧管理をし、糖尿病であれば食生活や運動不足の解消といったアプローチから快復を目指していきます。, 尿道や膀胱に、結石という尿酸・シュウ酸・カルシウムなどの塩類が固まってできる数mm〜数cmの石がとどまり(ひっかかり)、さまざまな症状を引き起こす病気。, この各部位に結石があることを、それぞれ腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石と言い、すべてを総じて尿路結石と呼びます。, このうち排尿痛に関するのが尿道結石と膀胱結石で、この2つのことを下部尿路結石症と言います。, 結石の成分は尿酸・シュウ酸・カルシウムですが、これらがなぜ結石になるかは意見が分かれています。, おしっこの時に痛い排尿痛。この排尿痛に関連する病気に付随してあらわれる症状は以下のものです。, 所謂「おしっこがちかい」という状態で、「一日に何度もおしっこをもよおす」「睡眠後に尿意を感じて何回も起きてしまう」といった症状です。, 一般的には、朝起きてから就寝までの排尿回数が8回以上の場合を頻尿といいます。しかし、1日の排尿回数は人によって様々ですので、一概に1日に何回以上の排尿回数が異常とはいえず、8回以下の排尿回数でも、自身で排尿回数が多いと感じる場合には頻尿といえます。, つまり一日に8回以上の排尿があれば頻尿、ただし8回以下でも自分が普段よりも排尿の回数が多いと思えば頻尿に該当します。, 頻尿の排尿量はさまざまで、普段と変わらない量のこともあれば多いことも少量のこともあります。. 酷いときは夜もじっとしてられないくらいヒリヒリします。 見た感じ異常もなかったです。消毒しますね~ で終わりました・・・ 1日数杯飲みましょう。 以上より、その薬剤師さんの考えには私も同意できます。 耐性のある淋菌でに効果のあるお薬の処方は専門医に委ねることが望ましいです。 半年前、産婦人科でエコーしたり血液検査や膣内を診てもらったのですが なにかハードになったこととか思い当たることはありませんか。膀胱炎だけでなく、便秘や冷え、疲れ易い、疲れがとれない、など他に不調はありませんか。 最高潮は、腹部全体(どこが痛いかわからない)が激痛って感じです。(のたうち回る感じ) シャワー中尿意を感じ、そのまま風呂場で出してしまいました。(わるいくせ) 次は是非泌尿器科を受診しようと思います。 早期治療が望ましいです。 何か心当たりあるかたおられますか?, こんにちは。何かはわかりませんが・・・・。私も腟がタンポンを入れた途端痛くて、生理が終わっても違和感があったので婦人科の先生にみてもらいました。不正出血もあったのですがそれはピルのせいで、腟内特に問題なく消毒ではなくクロマイ腟錠を入れてもらったら抗生物質が効いて痛みがなくなりました。その時念のためクラミジアなども検査をしていますが異常なしでした。 とりあえず、薬剤師さんが進めた理由、 本当にありがとうございました。, 医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、 膀胱炎は慢性化してるのでしょうか 自分でいうのもなんですが若いので これからずっと薬を飲まないといけないと思うと 心配で 涙が出てきてしまいます, 何をされてるのか分かりませんが、膀胱炎はストレスが強いほど免疫力が低下しておこりやすくなります。ストレスは排便や排尿など排泄を抑制しますので知らず知らず排尿の回数が減るようになります。 年明けに泌尿器科に行って 膀胱炎と診断されました。 これは本当に膀胱炎なんでしょうか? また、抗生物質(クラビット)を現在4日服用していますが、排尿時の痛みがとれません。 そして、何科を受診したらよいのでしょうか?, 「膀胱炎 内科」に関するQ&A: 先日かかりつけの内科で膀胱炎の検査をしに行ったところ膀胱炎よりも糖が出てると言われました+2だったら, 「膀胱炎の症状」に関するQ&A: 膀胱炎の症状があるとき、尿原因菌検査をする前に抗生物質を服用するのはやめておいたほうがいいでしょうか, 「尿道炎」に関するQ&A: 尿道炎について 前に女性との性交渉がありその2〜3週間後くらいに排尿時の違和感と膿が出たので病院に, 「膀胱炎 診断」に関するQ&A: 愛犬が膀胱癌なのに膀胱炎と診断され手遅れ, 「性病 婦人科」に関するQ&A: 婦人科一般=性病検査は含まれるのでしょうか?, 大変詳しいアドバイスを頂きありがとうございました。 抗生物質を飲んだのが症状が出てから、2回ほど。 膣の痒みはまったくありませんが、外陰部はよくかゆくなります。 寝ている状態で包皮をめくるのがむずかしくて…。 逆にトイレを我慢してしまって これらの原因の推測は尿の検査から1よりはじめないといけませんので泌尿器科へ行きましょう。正直内科医ではダメですよ。泌尿器科医に肺炎をみせるようなものです(何とかなる??)。 家に帰ってお風呂に入るまで、 鏡で性器を見てみたところ、小陰唇から ただ繰り返しやすいので、 それから、残尿感はかなり軽減されたんですが、受診から二日後に、ずっと座っていたり、寝る前などに尿道のあたりがひりひり、じんじんするようになり、同時にたまにツーンとした刺激(かゆみ? 私の場合、カンジダや細菌性膣炎を繰り返していますし、性行為が苦痛なため様々な原因もあるかもしれないですが、質問者さんが、ヒリヒリが気になるなら何かしら傷がついてたり細菌がいたりするかもしれないので、再度受診したほうがいいと思います。私は炎症が酷い時は婦人科の先生にリンデロンローションやフエナゾールクリーム等を処方してもらって対処してます, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 症状は、とにかく膣がヒリヒリする! 初診時に尿検査を行った� 初めてのことなので怖いです。 睾丸は精巣とも呼ばれ、陰嚢という皮膚の袋に入っています。 睾丸の痛みには、その原因によって、痛みの場所はどこなのか(睾丸なのか、睾丸の周囲なのか)、腫れているのか、いつごろ起こったものなのか(急に起こったのか、じわじわ起こったのか)、症状と同時期もしくはその前後に他の症状はあるか(炎症、感染、発熱、外傷はあるか)といった違いがあります。 例えば、精巣炎はおたふく風邪を引いた後に起こることがありますし、精巣上体炎はクラミジアなどの性感染症に伴うもので、睾丸の … 残尿感が出る前日に、生理7日目だから大丈夫だと思い、ゴムをつけてのHをしたのを思いだしたのと、バクシダール錠100ミリを飲んでも症状が改善されず、薬がなくなったので、産婦人科に電話したところ、膣にかゆみに似た感覚があるならと、おりもの検査を進められ、残尿感から6日経った今日受診してきました。 また、どのような検査をするのでしょうか?下着を脱いで診てもらったりするのでしょうか?それとも尿検査だけで済みますか?, 泌尿器科が抵抗あるなら、 膀胱から尿が外に出るまでの通り道を尿道といいます。おしっこをする時、痛みを感じることを一般的に排尿時痛といい、尿道に細菌が侵入して感染を起こすことによりさまざまな症状が現れます。 身体的な疲れや精神的なストレスなどで体の免疫力が落ちている時にこれらの感染症にかかりやすいといわれており、病気によっては高熱、血尿や頻尿、残尿感、排尿困難を伴い、尿道が狭くなっていれば尿の線が細くなることもあります。 また、一部の性感染症が尿道の痛みの原因となることもあり、その場 … ●外傷・熱傷及び手術創等の二次感染 2.再発はしましたか? 気をつけるのは、抗生物質もステロイドも乱用してはいけない代物なので、直ったらすぐやめる事です。, 突然おしっこすると尿道が痛むようになりました。 家に帰ってお風呂に入るまで、 大きさも波があり、ヒリヒリして、おしっこのあとや拭いたとき痛かったり(結構多い) 1日水2リットルを飲み、普通に食事をして、 引っかき傷のようなものが数箇所あったのです…。 引っかき傷のようなものが数箇所あったのです…。 明記されている症状から、淋菌を疑った場合、泌尿器科に受診をした方が無難です。 私は泌尿器科に行きましたが、産婦人科でもいいみたいです。