でも、「正しいのはどちらか一方だろう、あえて言ってくれ!」 といわれたら、発音はどうであれ標準語の書き方は「ゆきたい」が正しい(本来である)、というのが答えです。 ?「一億三千万人の小説教室」を読んで. どちらが正しいのでしょう。, どちらもでもいいですよ。 ただし、「行き先」「行き違い」など「い」と読んだり書いたりする例もふえてきました。 らいのものです。頑張っていいレポート書きます!! 待ち時間や移動時間などに本を読む方は多いと思いますが、長編小説は最後まで読みきれずに、途中になってしまうことが多いと思います。そんな時におすすめなのが短編小説です。短時間で読み切れて、ストーリーが完結で心に残りやすいのでおすすめです。, 短編小説の魅力は、何といってもその手軽さと読みやすさにあります。長編小説は一度に読み切ることが難しく、どうしても途中で中断することが多いですが、短編小説は短時間でサクッと読み終えることが出来るので、ストーリーが記憶に残りやすいのが特徴です。, また、一冊のボリュームが少ない分、まとめ読みも可能で、一度にたくさんのストーリーを楽しむことも出来ます。気になる作者の作風を短時間で掴みやすいのもメリットですね。そんな短編小説の魅力を、ジャンル、読みやすさ、話題性を基準にランキングを作成しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51t17z2RTDL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%259C%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B3%25E3%2581%25A1%25E3%2582%2583%25E3%2582%2593%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%259C%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B3%25E3%2581%25A1%25E3%2582%2583%25E3%2582%2593%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101098018?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101098018"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%259C%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B3%25E3%2581%25A1%25E3%2582%2583%25E3%2582%2593%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 10位は、星新一の「ボッコちゃん」がランクインです。この作品は、星新一の代表作ともいえるショートショートの傑作版で、星新一のことを全く知らない人でも、まずこれだけ読めば星新一の世界がわかるというくらいの代表作です。, 星新一の自選50編が贅沢なほどに詰まっており、その多彩な感性とストーリー展開がとても秀逸です。元々はSFの大家と言われるだけあって、やはりSF作品が多めですが、「ボッコちゃん」には50編の短編作品が収録されているので、幅広いストーリーが楽しめます。, ファンタジー、寓話、ミステリー、童話、そして絶妙なオチなど、物語がバラエティに富んでいるので、飽きることなく星新一の世界を楽しむことが出来ます。粒ぞろいの良質な作品が揃っているので、さすが!とこの一冊の完成度に感動すること必至です。, [{"key":"著者","value":"星新一 "},{"key":"ページ数","value":"352ページ"},{"key":"年代","value":"1971年"},{"key":"言語","value":"日本語"}], 初期の作品を集めた短編集のようですが、さすがと言っていいほどの完成度で、思わず唸ってしまうような作品ばかりです。まさにショートショートの王道と言えるような物から、ふと人類を俯瞰しているような、物悲しい雰囲気の漂う話や、コミカルな社会風刺まで、非常にバラエティに富んだ傑作集です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51Mf2KXQZSL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A3%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2581%25AE%25E5%25AD%2590%25E4%25BE%259B%25E3%2581%259F%25E3%2581%25A1%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A3%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2581%25AE%25E5%25AD%2590%25E4%25BE%259B%25E3%2581%259F%25E3%2581%25A1%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4167728036?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4167728036"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A3%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2581%25AE%25E5%25AD%2590%25E4%25BE%259B%25E3%2581%259F%25E3%2581%25A1%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 9位は、池井戸潤の「シャイロックの子供たち」です。池井戸潤らしい銀行が舞台の話ですが、10編からなる短編集なのでこちらも非常に読みやすいです。銀行内で現金が紛失する事件が起こったことから物語は始まっていくのですが、そこに映し出される人間模様がとても読み応えがあります。, 主役格の人物が誰であるかわからないようにぼんやりと物語を進めながらも、読み進めていくうちに全体像が鮮明に見えてくる描写はさすが!と唸ってしまう一冊です。描かれる銀行員もとてもリアリティーがあり、まるで自分が実際に銀行にいるかのように錯覚してしまうほどです。, 舞台は銀行ですが、描いているのは人間ドラマであり、多角的な視点から描かれたストーリーは、読者を飽きさせない工夫がたくさん詰まっています。内容は悲劇も多いですが、その一方で人の善なる部分も上手に描かれているので、とても温かい気持ちになれる一冊です。, [{"key":"著者","value":"池井戸潤"},{"key":"ページ数","value":"347ページ"},{"key":"年代","value":"2008年"},{"key":"言語","value":"日本語"}], 夢中で読みました。寝不足になるくらい。大銀行の支店で組織と個人のありように悩むそれぞれの人間が描かれていて、その個々人が抱えるそれぞれの問題が、やがて、大きな犯罪の動機に集約されていく。銀行でなくても会社勤めをしたことのある人、あるいはパートナーの組織と個人の軋轢を目の当たりにしたことがある人は、一歩間違えば奈落に落ちる崖っぷちを歩くような怖さをこの小説から感じると思います。個人の価値観が気付かないうちに組織のありように壊されていく。リアリティーがありました。最後の意趣も意外で引き込まれて読みました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41AjDtD1ZhL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%25AC%25AC%25E4%25B8%2589%25E3%2581%25AE%25E6%2599%2582%25E5%258A%25B9%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%25AC%25AC%25E4%25B8%2589%25E3%2581%25AE%25E6%2599%2582%25E5%258A%25B9%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4087460193?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4087460193"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E7%25AC%25AC%25E4%25B8%2589%25E3%2581%25AE%25E6%2599%2582%25E5%258A%25B9%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 8位は、横山秀夫の「第三の時効」がランクインしました。横山秀夫といえばサスペンスの人というくらい、警察小説の事件ものをたくさん書いていることで有名です。中でも、D県警シリーズが有名ですが、今回の作品はF県警強行犯シリーズの第一弾となっています。, 警察小説が好きな人はもちろん、初めて読む人にも警察ミステリーならではのドキドキの展開を味わえるので、ぜひ読んで欲しい一冊です。各ストーリーごとに、個性的な刑事像が描写されているので、推理ものとしても人間ドラマとしても面白く、独特の世界観があります。, 特に、タイトルにもある「第三の時効」を成立させるためのからくりがとても秀逸で、思わずそう来たか!と唸ってしまうほどです。ストーリーが全部で6つあり、それぞれのストーリーによって主人公も違うので、事件推理をしながらも、そこにまつわる人間模様が楽しめるのが、一番の醍醐味となっています。, [{"key":"著者","value":"横山秀夫"},{"key":"ページ数","value":"424ページ"},{"key":"年代","value":"2006年"},{"key":"言語","value":"日本語"}], 横山秀夫のミステリは、その切り口が、一ひねりも二ひねりも効いているのが特徴だ。通常のミステリであれば、主人公は、探偵や刑事と相場が決まっているのだが、この人の場合は、あるときは警察の管理部門の人であったり、似顔絵婦警や検視官であったり、また、あるときは新聞記者や市井の人たちであったりと、どこからでも切れるというだけでなく、どこから切っても、ハイレベルなミステリを書ける人なのだ。それだけにとどまらず、紙数の限られた短編でありながら、しっかりと人間も描けているというのが、この人の真骨頂であり、凄いところだと思う。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51DZ13YvpeL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%25AC%25AC%25E4%25B8%2589%25E3%2581%25AE%25E6%2599%2582%25E5%258A%25B9%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%25AC%25AC%25E4%25B8%2589%25E3%2581%25AE%25E6%2599%2582%25E5%258A%25B9%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101109192?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101109192"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E9%25BB%2592%25E3%2581%2584%25E7%2594%25BB%25E9%259B%2586%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 7位は、松本清張の「黒い画集」がランクインしました。こちらは、全7編の作品が収録された短編集で、映画でも話題となった「天城越え」も収録されています。どことなく、昭和の香りが漂うストーリーですが、人間のリアルな表と裏の心情が描かれていて、感情移入しながら読めるのも魅力の一つです。, 「遭難」「坂道の家」「寒流」「紐」「凶器」「天城越え」「証言」の7タイトルが収録されており、中でも「紐」はテレビドラマ化されています。松本清張は、作風として人間の影の部分にスポットを当てるのがうまく、人間の悪さ、汚さ、情けなさ、哀しさなどが余すところなく鮮明に描かれています。, 7作品のうち4作品が浮気に関連するストーリーで、男女間の浮気や嫉妬に起因するサスペンス作品なのですが、窮地に追い込まれた人間の心理描写が素晴らしく、また物語の舞台も昭和30年代の時代背景ということで、昭和生まれにはどことなく懐かしさも感じる作品です。, [{"key":"著者","value":"松本清張"},{"key":"ページ数","value":"752ページ"},{"key":"年代","value":"1971年"},{"key":"言語","value":"日本語"}], 真相にじわじわと近づいてくる推理の足音に戦慄する犯人。身の破滅と分かっていながら、何かに魅入られたように人生を転げ落ちてゆく男。など、登場人物の心の動きをつぶさに追い、心のうちを鋭くえぐり出して行く清張サスペンスの醍醐味が堪能できる中・短篇集。昭和33年(1958年)から34年にかけて書かれた作品が収められています。「遭難」「証言」「天城越え」「寒流」「凶器」「紐」「坂道の家」の七篇。ロアルド・ダールの短篇を彷彿させる「凶器」も面白かったけれど、最初と最後の二品が格別、スリリングな読みごたえがありましたね。鹿島槍(かしまやり)遭難の表面上の事実の裏側にある真実が、次第にあぶり出されてくる「遭難」。若い女に溺れて、人生の坂道を一気に転落していく男を描いた「坂道の家」。これぞ清張!とでもいう迫力とサスペンスに満ちていましたね。本作品集のマイ・ベストは、「遭難」。遭難の出来事の裏に秘められていた真の意味が、徐々に浮かび上がってくる緊張感に、たまらないサスペンスの妙味を感じました。読み進むうちに、ぐいぐいと引き込まれていった中篇(文庫で130頁)。山岳ミステリーの名品ではないでしょうか。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41kC4CLwBvL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2584%259B%25E3%2581%2599%25E3%2582%258B%25E4%25BA%25BA%25E9%2581%2594%25E3%2580%2580%25E5%25B7%259D%25E7%25AB%25AF%25E5%25BA%25B7%25E6%2588%2590%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2584%259B%25E3%2581%2599%25E3%2582%258B%25E4%25BA%25BA%25E9%2581%2594%25E3%2580%2580%25E5%25B7%259D%25E7%25AB%25AF%25E5%25BA%25B7%25E6%2588%2590%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101001049?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101001049"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%2584%259B%25E3%2581%2599%25E3%2582%258B%25E4%25BA%25BA%25E9%2581%2594%25E3%2580%2580%25E5%25B7%259D%25E7%25AB%25AF%25E5%25BA%25B7%25E6%2588%2590%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 6位は、川端康成の「愛する人達」が選ばれました。川端康成といえば、ノーベル文学賞作家であり、数多くの名作を残しています。この「愛する人達」は9編の短編が収められていて、「女の夢」「燕の童女」「母の初恋」「夫唱婦和」など、女性を描いた作品が多いのが特徴です。, 本作品は、昭和10年代に書かれた作品が多く、古き良き日本の風景や人情にも触れることができ、当時の情景を知れるとても貴重な作品となっています。愛をテーマにした作品集なので、お見合いや駆け落ちなど、恋愛にまつわるストーリーがほとんどですが、男性作家がここまで女性の描写をリアルに書けることに驚く人も多いようです。, 日本女性独特の奥ゆかしさや儚さ、情念など、9つの愛の形に触れることができ、全ての物語がとても美しく描かれているので、読み終わった後には自分の好きな人を心から大切にしたくなるでしょう。日本の大和撫子を描かせたら川端康成しかいないと言われるのも納得ですね。, [{"key":"著者","value":"川端康成"},{"key":"ページ数","value":"240ページ"},{"key":"年代","value":"1951年"},{"key":"言語","value":"日本語"}], 川端康成で一冊挙げろと言われれば私は迷いなくこの短編集を挙げます。日本女性の持つ、女の儚さ・哀れさを描かせたらこの人の右に出る作家は古今を通じていませんが、その一方、川端康成特有の、鬼気迫るような、病的な繊細さが遺憾なく発揮されている、まさに川端的な、あまりに川端的な作品群です。それでいて、川端の晩期の、あの狂想的な雰囲気が嫌いな人でも、まあ抵抗感なく読めるものが多いと思います。この短編集に収められている作品はみな、抒情の作家の生み出した結晶です。ぜひ一読をおススメします。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51vFv5jfFXL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2580%25AA%25E3%2581%2597%25E3%2581%2584%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25B3%25E3%2581%25A8%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2580%25AA%25E3%2581%2597%25E3%2581%2584%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25B3%25E3%2581%25A8%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4334726216?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4334726216"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%2580%25AA%25E3%2581%2597%25E3%2581%2584%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25B3%25E3%2581%25A8%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 5位は、東野圭吾さんの「怪しい人びと」が選ばれました。この作品は、全7編からなる短編集で、傑作推理集です。ライトに読める推理小説としても人気で、さらっと読みやすいのに、トリックはしっかりと手が込んでいて、綿密に計算されたストーリーや心理描写は、東野ワールドにどっぷりと浸かれる内容となっています。, 「寝ていた女」「もう一度コールしてくれ」「甘いはずなのに」 「灯台にて」「結婚報告」「結婚報告」「コスタリカの雨は冷たい」 の7編が収録されています。中でも、「甘いはずなのに」と「結婚報告」は「東野圭吾ミステリーズ」でドラマ化もされており、短編ながらもしっかりとトリックとオチがあり、人気の高い作品です。, 長編とは違う短編ならではの軽さがあり、日常にあふれる怪しい人々の物語が、短時間でサクッと読めて、トリックも簡単に解読出来るその手軽さがとても心地よい作品です。, [{"key":"著者","value":"東野圭吾"},{"key":"ページ数","value":"273ページ"},{"key":"年代","value":"1998年"},{"key":"言語","value":"日本語"}], 一編を除き、一人称視点で語られる七編の短編ミステリー集。様々な「ネタ」が仕込まれており、東野圭吾氏の多彩さを物語る短編集とも言えるでしょうか。物語を生みだす側・味わう側、それぞれの価値観や考え方に想いをはせるきっかけにもなった本作。また、ミステリーに限らず、作家さんたちのご苦労や才能、そしてその結果としての素晴らしさに改めて尊敬の念を抱かせてくれた本作。そんな想いも胸に、今後も魅力あふれる東野ワールドに浸り続けたいと思います。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51VfHLXTmHL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2581%25AE%25E5%25A6%25BB%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2581%25AE%25E5%25A6%25BB%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101006032?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101006032"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2581%25AE%25E5%25A6%25BB%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 4位は、太宰治の「ヴィヨンの妻」がランクインしました。この作品は8編の短編集で、「ヴィヨンの妻」「親友交歓」「トカトントン」「父」「母」「おさん」「家庭の幸福」  「桜桃」が収録されています。家庭に焦点を置いた作品が多く、太宰治の生きた時代、そして戦争の時代の影響が、どの作品にも色濃く映し出されています。, タイトルの「ヴィヨン」とは、「フランソワ・ヴィヨン」という15世紀のフランスの詩人で、実際に実在した人の名前です。でも、舞台はフランスではなく、日本の小さな小料理屋で、極めて日本的な作品です。本作は、太宰治が亡くなる約1年ほど前に書かれたとされ、「死」というキーワードがとても身近に感じられます。, 全体的に太宰治の最期の苦悩が伝わってくるような作品群ではありますが、独特の死生観を持ちながらも、ふんだんにユーモアも取り入れており、天才的な文章力が光る作品でもあります。「ヴィヨンの妻」で描かれる、夫婦の揺らぐ気持ちや苦悩が手に取るようにわかるのが魅力の一冊ですね。, [{"key":"著者","value":"太宰治"},{"key":"ページ数","value":"208ページ"},{"key":"年代","value":"1950年"},{"key":"言語","value":"日本語"}], 表題作の「ヴィヨンの妻」は、その素晴らしい表現力によって、夫妻の微妙な心情の動きが見事に表現されています。どうしようもないところまで精神的に追い詰められている夫の弱さと、どうしようもない家庭状況にも平然と立ち向か妻の強さが、非常に対照的に描かれています。妻の突飛な思いつきによる生活の変化が、この夫婦の生活を一変させてくれればいいなあと思います。そう思わせるのが太宰の作品なのでしょう。「家庭の幸福」は、官僚について書かれた作品ですが、実に皮肉でユーモアに富んだ作品になっています。先日の衆院選で民主党が官僚支配の打破を訴えていましたが、太宰はすでに作品で官僚批判をしています。太宰作品については、「暗い」と言うイメージが強かったのですが、今回この短編集を読んでみて、そればかりではないと言うことを実感しました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51Qm%2BFQXJHL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2587%25E3%2583%2583%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2581%25AE%25E6%2580%259D%25E3%2581%2584%25E5%2587%25BA%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2587%25E3%2583%2583%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2581%25AE%25E6%2580%259D%25E3%2581%2584%25E5%2587%25BA%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4167667029?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4167667029"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2587%25E3%2583%2583%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2581%25AE%25E6%2580%259D%25E3%2581%2584%25E5%2587%25BA%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 3位は、よしもとばななの「デッドエンドの思い出 」がランクインしました。著者自身が「今までで一番好きな作品が書けた」という通り、最高傑作となっています。全5作からなる恋愛小説で、「デッドエンドの思い出」の他に、「幽霊の家」「おかあさーん!