// ]]>, 次は小学校の中学年向けの合唱曲です。小学生も中学年になると2部合唱に挑戦していい頃かと思います。そこで、割とハモりやすい2部合唱曲を集めてみました。, また、小学校の中学年は元気いっぱいに歌うのが似合う学年だと思いますので、元気に歌える合唱曲もご紹介しますね。, ちょっとしっとりとした、8分の12拍子の曲です。個人的に3拍子系の曲が好きなので、この歌はかなり気に入っています。歌詞の内容はイソップ童話『北風と太陽』から発想を得て作られたものです。題名の「お陽さまになって」の陽は当て字だそうです。, Bメロ部分の歌詞は「友達に冷たくしていないか、自分が人を傷つけていないか、無理に強がっていないか」など、少年少女たちの人間関係の悩みについて、ストレートに表現されたものになっています。小学校3,4年生ぐらいの子どもたち、いわゆる中学年ぐらいの子どもたちが共感しやすいような歌詞の内容になっていると思います。, 私が歌ったときも確か4年生ぐらいだったような気がします。歌っていると「優しい気持ちをもてるようになりたいな」と自然に思えるような歌詞になっています。, 2部合唱の曲になっていますが、一気に高低音に割れる部分はほとんどありません。最初に数音、同じ音で斉唱してからハモリ部分に突入する構成になっているので、聴いた感じよりも難易度は低いと思います。この点からも、中学年におすすめです。, ラストのサビはメゾピアノになり、ピアノ伴奏も抑え気味になりしっとりとエンディングを迎える感じです。テンポがゆっくりになり、伴奏の音量も薄くなるので、この部分のハモリはしっかりと音を外さないようにしたいですね。最後のハミングによるハモリをバッチリ決めると、感動的に仕上がると思います。, こちらは元気に歌う感じの曲です。1日の嬉しかったことや悲しかったことを振り返りながら歌う歌詞になっています。ちょっと悲しいことがあっても、「明日もまた頑張ろうね」という気にさせてくれる歌詞の内容になっています。, 「サンバ」と題名についている通り、8分音符と16分音符で構成されるシンコペーションの効いたリズミカルな伴奏に、しっかり乗って歌いたい曲です。, 伴奏はコード引きでガンガン弾いていく感じの曲です。また、リズムも細かく刻んでいくので、音符をコードに直せる方はアコースティックギターで伴奏してみても、カッティングが効いた感じになって似合うと思います。私が歌ったときに指導してくださった先生はギターで伴奏されていました。簡単な手拍子やステップを入れて歌ってもノリノリの雰囲気を出せていいと思います。, 2部合唱の曲となっていますが、ハモリの部分はサビだけとなっています。リズムのノリがいいので斉唱だけで通しても十分聴きごたえある仕上がりになると思います。歌詞の内容と合わせて考えると、こちらも中学年にぴったりの歌かと思います。, この歌はミドルテンポの曲になっています。歌詞は、「今まで頑張ってこれたのは、あなたがいたおかげです」という内容をストレートに表現したものになっています。今まで一緒にいてくれた人や、支えてくれた人に感謝の気持ちを表す内容になっていますので、最近小学校でよく行われるようになってきた、2分の1成人式にも合う歌でしょう。, また、ストレートで分かりやすい言葉で綴られた歌詞になっていますので、低学年や中学年でも歌いやすく、卒業式の在校生合唱などにもぴったりの曲かと思います。歌う相手に対する感謝の気持ちをストレートに載せて歌いたい曲です。, Bメロには掛け合いで歌う部分があります。やさしく呼びかけ合うような感じでしっとり歌うといいかと思います。サビにも掛け合いが出てきますが、こちらはしっかりと発声して「ありがとう」という気持ちを載せましょう。, 全体的に見ても掛け合いが非常に多い歌です。掛け合い部分の伸ばす2分音符を短く切ってしまうと、ちょっと曲のイメージに合わなくなってしまうので、2分音符をしっかり伸ばして発声する意識で歌うといいでしょう。ハモリでエンディングを迎えますので、この部分の音取りをしっかりとして、綺麗に優しくハモれると感動的に終えられると思います。, Aメロは斉唱から始まります。16分音符が多いメロディーとなりますので、そのリズムにしっかりと乗りたいところです。サビの部分は掛け合いのハモリとなります。ハモリ部分はほとんどが掛け合いですので、音程もつられにくくなっていて歌いやすいと思います。2部合唱入門としてもおすすめです。, 歌詞は友達との友情を歌ったものになっています。小学生向けのストレートで分かりやすい歌詞です。「悲しいときも 仲間がいれば つらくはない」など、友達と助け合う気持ちを高めてくれる歌です。音楽会や学習発表会などにもぴったりですが、学級の歌として絆を確かめ合うために歌うのもよいかと思います。, 有名な槇原敬之さんの歌ではありません。ご注意ください。しっとりとした感謝の気持ちを伝える歌になっています。本格的な2部合唱になっていますので、2部合唱に慣れている3年生か、4年生におすすめの曲になるかと思います。, Aメロは斉唱で始まります。サビの出だしからハモリが始まりますが、ここの部分が一番難しいと思います。高音部はラ、低音部はミといきなり別の音で割れますので、音取りの練習を十分にしてほしいです。サビには掛け合いの部分も入ります。, サビの出だしのハモリを乗り切れば、低音部は同じ音の旋律が多くなっていますのでだいぶ楽になると思います。最初から別の音で割れる部分が一番の肝になると思います。ここを綺麗にハモれると非常に感動的に仕上がりますよ。, 歌詞は、そばで支えてくれた友人や家族に「ありがとう」と感謝の気持ちをストレートに伝える内容になっています。4年生であれば2分の1成人式などにもぴったりでしょう。卒業式の在校生から6年生へ送る合唱にもちょうどいいと思います。, 学校生活が実際に始まってからの様子が想像できるような歌です。新学期の集会などで歌うのにとちょうどよいですね。「おはよう その一言で 気持ちが分かる」や「この教室のドアはみんなの心のドア」などの歌詞が教室での様子を想像させます。「ここにいれば 仲間になれるさ」など、学級の結束を固めるのにもいい歌です。, 少々難しい曲になるかと思います。2拍3連符と1拍3連符のシンコペーションがたくさん出てきますし、サビの最後は2拍3連符もで出駆け上がり締めくくります。リズムをしっかりとれるように練習したいところです。サビの最後の2拍3連符の部分が決まると気持ちいいですよ!, ハモリの部分も多い本格的な2部合唱になっています。中学年で歌う場合は2部合唱部分を減らすか、斉唱にしてもいいでしょう。リズム感が良く高音がしっかり出せる子どもたちなら低学年でも歌えると思います。, ピアノ伴奏は4分音符を基調としていますが、2拍3連符が出てくるサビの最後が難しいと思います。中学年で歌うなら先生が弾くかCDなどの伴奏のほうがいいでしょう。, いよいよ小学校の高学年向けの合唱曲のご紹介です。小学校とはいえ、高学年はしっかりと2部合唱を決めたいところです。ハーモニーで勝負できるよう、しっかり練習してくださいね。曲も小学校の高学年にふさわしい、ハーモニーの美しい合唱曲を集めてました。, 小学校の卒業式の時の歌がこの曲だったことを覚えています。山崎朋子さんの曲の中で、一番有名な曲かと思います。, 歌詞の内容は、「大切なもの」が何か分からなかった主人公が、何気ない日常を大切な人たちと過ごしていくことで、「大切なもの」は身近なところにあるところに気付いていくような歌になっています。ストレートな歌詞に共感しやすく感情を込めやすい曲だと思います。, 主旋律と副旋律の掛け合いは無く、スタンダードなハモリになっています。最後の部分に、曲の題名にもなっているキーワード「大切なものを」という言葉が出てきますので、ここのハモリの音程をしっかりととって、感動的に締めくくれるようにしたいですね。, ミマスさんの詞の創り出す世界観は、大変スケールが広大です。秋に咲くコスモスの花をイメージする歌詞から曲は始まり、曲が進むにしたがってCOSMO、いわゆる宇宙へと世界観が広がっていきます。, Aメロは斉唱で始まります。優しくゆったっり歌ってほしいです。途中から2部合唱になり、その後全てハモリが入っていきます。非常に美しいハーモニーが感動を呼ぶ曲ですので、パートごとの音取りをしっかりとして、綺麗にハモれるようにしましょう。, ♩=84と非常にゆっくりとしたテンポの曲です。2分音符でハモりながら伸ばすところが多いので、ブレスをしっかりとして息をたっぷり吸い、息切れせずにハーモニーを作り出してほしいです。, ミマスさんの曲の特徴に、主旋律と副旋律のタイミングを微妙にずらして重ねてくるといいうのがあります。このズラしの部分のタイミングをきっちり取ると、音が反射しているように聴こえて、合唱の響きも大きく広がり、歌詞のもつ広大な宇宙のイメージを表現することができると思います。, 合唱曲「COSMOS」も歌い方の徹底解説記事がありますので、良かったらご覧ください。, この曲も卒業式にぴったりの曲ですが、自分が歌ったときは卒業式ではありませんでした。確か音楽会か何かの時だったと思います。山崎朋子さんの曲のピアノの伴奏は、どの曲も基本的には4分音符打ちなので、難易度もそれほど高くありません。, Aメロに掛け合い部分が入ります。サビ前に主旋律と副旋律でしっかりハモる部分があります。Aメロの掛け合いで助走をつけて、サビ前のハモりで盛り上げていき、サビで一気に気持ちを開放しましょう。サビの部分は高音部は伸びやかに、低音部が支えとなるようなイメージで歌うといいと思います。, エンディングの部分でハミングになってハモる部分があります。そこが見せ場になるでしょう。, 歌詞の内容は、夢を追いかけていくことに対する恐怖に素直に向き合って行くものになっています。夢を追いかけるのって勇気がいりますよね。そんな気持ちに対して、そっと背中を押してくれる内容をストレートに表現した歌になっています。多感な時期にぴったりの歌詞なのではないでしょうか。, こちらの曲も♩=82、音量もメゾピアノと優しくゆったりとはじまる曲です。感動する合唱曲はこのパターンが多いですね。, この曲はピアノ伴奏が特に重要になってくる曲だと思います。Aメロでは斉唱のメロディーとピアノ伴奏が掛け合いをします。この掛け合いピアノの高音を丁寧に弾いてください。また、サビ前に16分音符で駆け上がっていく伴奏があります。ここをしっかりと決めて、サビへの盛り上げにつなげていきましょう。, サビの出だしの高音パートが「高いミ」と非常に高い音になっています。声の勢いが甘いと、出だしの音程が低くなりがちです。一気に「高いミ」の音を出せるようにブレスをたっぷり取り、最初から声を最大に開放してください。, サビの出だしのハモリは高音部と低音部が別の音でいきなり割れますので、音取りが難しいです。この部分を重点的に練習し、感動的な合唱に仕上げてほしいと思います。, 「歩いて行く道は きっと違うけれど 同じ空見上げているから この地球のどこかで」というサビの歌詞の内容のように、別れを歌った曲になっています。卒業式などにもぴったりの曲かと思います。, とにかく掛け合いの多い曲です。高音部も低音部も一緒に歌う部分があまりありません。まずは、それぞれの旋律をしっかり覚えることに専念しましょう。それぞれのパートで単独で自信をもって歌えるようになってから合流することをお勧めします。, Aメロ部分はユニゾンです。本番はBメロからの掛け合い部分になります。Bメロの主旋律はまず、低音部が取ることになります。低い音になりますので、発声をしっかりしないと声がきちんと届きません。腹式呼吸で発声できるように練習しておきましょう。, 途中で主旋律が高音部に入れ替わります。その後も、ひたすら掛け合い続けたのちに、Bメロ最後で一緒にハモる部分に突入します。ここをばっちり決めたいところです。クレッシェンドも効かせて、サビへと盛り上げていきましょう。, サビの部分も低音部はひたすら掛け合いです。主旋律とは全然違う旋律を歌い続けることになります。低音部だけでパート練習をしっかりとして、旋律を完璧に覚えましょう。そうしないとかなり混乱することになると思います。, しかし、この掛け合いを上手に歌えると、一緒に合わせて歌っているわけではないのにすごく一体感が出ます。更に、掛け合い部分が多いことで、戻って同じタイミングでハモるときの盛り上がり感がものすごいです。掛け合いが上手くいくことで、合わせる部分も更に際立つのです。, 今回ご紹介する曲の中では、一番難易度の高い曲だと思います。一緒にハモって歌う部分と掛け合いになる部分を、しっかりメリハリをつけて歌えれば、「おお!この合唱部上手い!」となること間違いないでしょう。, 短調を感じさせる曲調がしんみりとしていてグッとくる曲です。卒業式にぴったりの曲です。卒業式前の児童集会や保護者向けの集会などにも合う歌です。, 斉唱部分が多く、ハモリがあまりありませんので、歌いやすい曲になっています。サビの手前までハモリはありません。短期間で仕上げなければならないときなどには、ありがたい曲となるでしょう。, ハモリは少なめですが、サビの部分のハーモニーは短調の寂しげな雰囲気が鳥肌ものの歌になっています。特に、サビ出だしのEm7-5の音の響きがたまりませんね。本当にいい曲です。一度同じ音程を歌ってから高音と低音に分かれるようになっているので、音取りもしやすいでしょう。, 一番の聴かせどころはラストのサビが終わった後に入るCメロ的な掛け合い部分です。 歌詞も「忘れない (君の涙) いつまでも (君の思い)」と別れの気持ちをストレートに表現しています。そして最後は「ありがとう 君のすべて」と歌って締めくくります。この部分にしっかりと気持ちを込めて歌って欲しいです。, さて、今回は小学校の全学年別の合唱曲まとめ記事を書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。合唱曲のおすすめ記事を書くときは、いつも曲を聴きながら書いていくのですけれども、聴きながら分析して書いていくと、だんだんと歌いたくなってきてしまいますね。, さて、「早速楽譜やCDを買ってみたい!」という方はAmazon Primeへの入会をおすすめします。送料無料やプライム会員限定割引などに加えて、電子書籍やビデオ見放題の特典が付いています。, 今回の記事が「懐かしいな」と感じるような合唱曲との再会や「これから歌ってみたい!」と思う合唱曲を見つけるきっかけになれれば私も嬉しいです。, 日商簿記2級とMOSのExcel2016もちの会計職女子です。また、学生時代は合唱部でした。自分の経験をもとに簿記や音楽の記事を書いています。よろしくお願いします。.