第14位 大分県  離婚率1.77%(24位→21位→14位) 第39位 岐阜県  離婚率1.53%(41位→41位→39位), 第41位 福井県  離婚率1.52%(40位→45位→41位) 第14位 兵庫県  離婚率1.77%(17位→22位→14位) マイナビウーマンがまとめた記事「日本の離婚率の高い都道府県TOP10 第1位は◯◯県!」がネット上で話題に。せっかくなので過去にさかのぼって離婚率のランキングを調べてみました!, 第1位:沖縄県 離婚率の全国平均は35%なので、「 離婚率40%を超えている都道府県は高い 」と考えて良さそうです。 全国で一番離婚率が低いのは 東京都 で、27.5%。. 第26位 三重県  離婚率1.72%(23位→30位→26位) 離婚率は、5年おきの数値が統計局のサイトで確認でき、今回の最新版でも2015年の数値になります。, 都道府県別・離婚率の第1位は沖縄県の2.51%で、実は2010年の統計でも2.57%で第1位、2005年も2.69%で第1位となっています。, 10年経っても沖縄の離婚率は高いままですが、2005年と比較をすると0.18%の減少傾向が見られます。, しかし、離婚率の全国平均も減少傾向にあり、2005年の2.05%から、10年の時を経て、2015年には1.78%になっており、0.27%減少していることを考えると、全国平均と沖縄の差は、さらに広がっています。, 南国らしい楽天的な性格が多いことで知られる県民性ですが、平等意識が非常に強い一方で、同じ日本でありながらも他の都道府県を「本土」と呼ぶほど連帯意識が強いことで知られています。, 一度、仲間になると強い絆で結ばれる一方で、辛抱や我慢が苦手な楽天家気質が影響しているのでしょうか?, 離婚率は2.09%です。穏やかなイメージが強い宮崎県民ですが、離婚率は毎年高く、2010年は2.13%で第5位、2005年は2.31%で第4位と、残念ながら上位を維持し続けています。, 北海道は2010年の統計で離婚率が2.29%の第3位、2005年は2.42%の第2位と、いずれも高い離婚率になっています。, 離婚率は2.05%で、この大阪府の離婚率までが2.0%以上で、5位以下は1%台です。, 大阪の離婚率の推移は、2010年が2.34%で第2位、2005年が2.38%で第3位です。, 福岡県の離婚率は1.97%で、2010年の統計では2.16%で第4位、2005年の統計では2.29%の第5位でした。, ここまでのランキングで気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、2005年の調査でも、2010年の調査でも、2015年の調査でも、上位5位に入っている都道府県は同じです。, 沖縄県が1位(2005年)→1位(2010年)→1位(2015年)と、もはや不動の地位を築き、宮崎県が4位→5位→2位と猛追し、北海道は2位→3位→3位、大阪府は3位→2位→4位、福岡県は5位→4位→5位。「たまたま」とは言い難いほど、同じ県が離婚率上位を独占し、この傾向は離婚率が低い都道府県でも表れています。, 周りに離婚経験者が多いなど、離婚そのものへの認識の違いが地域的にあるのかもしれません。, 6位以下のランキングはこちらです。※カッコ内は、2005年の順位→2010年の順位→2015年の順位, 第  6位 和歌山県 離婚率1.96%(9位→6位→6位) 第9位:鹿児島県 「3組に1組が離婚する」とはよく言われますが、これは離婚した夫婦の数に対して、結婚した夫婦を割った結果となっています。, 2018年の全国の婚姻件数は586,481件で、離婚件数は208,333件。【離婚件数÷婚姻件数】をすることで35.5%になるので、ちょうど3組に1組くらいが離婚していることになります。, この記事では、離婚率が高い都道府県&低い都道府県、そして離婚率が高い都道府県の傾向などについて解説します。, ※本記事は、政府統計の窓口『e-Stat』の人口動態調査を元に都道府県の離婚率を解説しています。, 離婚率の全国平均は35%なので、「離婚率40%を超えている都道府県は高い」と考えて良さそうです。, 仕事(離婚後の経済的自立)や、人との出会い(配偶者以外の異性からの誘惑)なども多い東京の離婚率が低いことを意外に感じる方もいるかもしれませんが、婚姻件数も頭一つ抜けて多いことが離婚率の全国平均を押し下げている要因になっています。, 上で紹介したデータを元に、離婚率が高い都道府県TOP10、離婚率が低い都道府県TOP10についても見ていきましょう。, 全体的に、東京都のように婚姻件数・離婚件数が多い主要都市がある都道府県は基本的には離婚率も低い傾向にあります。ただし、北海道は婚姻件数が多い割には離婚率も高い結果になりました。, また、福岡県も例年離婚率が高く、2018年は21番目でしたが、TOP10入りした年がいくつか見られました。, 後述しますが、離婚率が高い都道府県は、毎年同じような顔ぶれとなっています。都道府県によって離婚に対する価値観や夫婦の考え方などが違うことが影響しているのかもしれませんね。, 離婚率が低い順番に並べてみると上記のようになりました。前述した通り、東京都が圧倒的に離婚率が低い結果となっています。, 東京都以外にも、愛知県や神奈川県など、人口も多く婚姻件数が多い都道府県のランクインが見受けられます。, 一方で、婚姻件数も少ない福井県や島根県もランクインしているように、婚姻件数が多いから離婚率が低くなるとは一概には言えないようですね。, ここまでは【離婚件数÷婚姻件数】という計算式で算出される離婚率について解説しましたが、【人口1,000人中、何人が離婚しているか】についても見てみましょう。計算方法は【離婚件数÷人口】です。, 働き盛り世代の20~50代が多い、主要都市がある都道府県が上位にきやすい傾向にあります。, 例えば、【離婚件数÷婚姻件数】では離婚率が一番低かった東京都は13番目にきていますし、福岡県、北海道、大阪府、愛知県などの人口も多く人が集結しやすい都市がある都道府県のTOP10入りも見られます。, 反対に高齢者が多い都道府県では、そもそもの結婚や離婚をする比率も低くなってくるため、1,000人あたりの離婚率も低くなってきます。, 例えば、一番離婚率が低い新潟県では、1,000人あたりの結婚率も41番目となっており、『結婚も少ないから離婚も少ない』という結論を出すことができます。, まず、10年ごとの離婚率の推移について簡単にまとめると下記のようになります。1990年から2000年にかけて、10%以上も離婚率が上がっていることがわかりますね。, 一昔前までは、『男性が働いて女性は家庭を守る』という風潮があり、離婚した女性はその後の生活や子育てでの経済的不安が大きいため、多少夫婦仲が悪くなっても離婚する夫婦は今ほどではありませんでした。, しかし1990年から2000年にかけて女性の社会進出が大きく促進されていき、経済的不安が少なくなってきた女性は離婚という選択肢を取りやすくなりました。, それに伴い、『離婚は後ろめたいこと』という世間の風潮も、『離婚=再スタート』『無理に夫婦関係を続ける必要はない』といったものに変わってきました。このような経緯が、離婚率の上昇に繋がったと考えられます。, どこの都道府県も、現在よりも昔のほうが離婚率が低いですが、面白いことに離婚率が高い都道府県は一貫して高い傾向にあるようです。, 特に毎年のように上位に名を連ねている都道府県が、高知県と沖縄県と北海道です。さらに大枠の地域で分けるのであれば、東北・北海道、九州、四国が離婚率の高い都道府県が多いようです。, 離婚件数が多い都道府県についても見てみましょう。やはり人口が多い都道府県から順に件数も多い結果となっていますが、東京を筆頭に離婚件数が多い都道府県は、婚姻件数で割った時の離婚率が低い傾向にあります。, こちらのランキングでも、離婚率40%を超えている都道府県は北海道のみとなりました。, 北海道と沖縄、さらには東北各県と九州、四国の都道府県が離婚率が高い傾向にありました。どうやら日本列島の南北両端が離婚率が高いようです。, なぜ南北両端が高い傾向にあるのかは、以下に考察としてまとめておきます。(※あくまでも離婚弁護士ナビ編集部の考察となりますので、参考程度にとどめていただければと思います。), 北海道や東北などの北国では、寒さに厳しい土地柄ということもあり、1986年の『男女雇用機会均等法』施行以前から女性が働く機会が多くありました。そのため、女性が自立しており、比較的離婚を選択しやすかったのでしょう。, 近年の女性の社会進出に伴い離婚率が高くなっていますが、北海道や東北ではそれ以前からすでに女性の自立があたり前のようにあったのだと考えられます。, よく北海道の女性は『しっかりしている』『リーダーシップがある』などと言われていますが、自立しているからこそ夫に依存するという感覚が昔からあまりなかったのではないでしょうか。, 一方で、九州地方では『九州男児』という言葉があるように、男性がリードするような傾向が離婚率を高める要因として考えられます。, 九州男児と言えば、『豪快』『頼もしい』というようなポジティブなイメージもありますが、反面『自分勝手』『男尊女卑』というようなネガティブな印象もあります。, その時の男性側の一方的な情熱で結婚して、その後男性の自己中心的な振る舞いで離婚して…なんてことがあったのかもしれませんね。, また、沖縄は琉球王国や戦後のアメリカ統治時代など他国からの文化・考え方も多く入ってきています。結婚や離婚に対する考え方の違いが離婚率の違いにも現れているのかもしれません。, 働き世代である20~50代が集まる主要都市では、結婚や離婚も多くなってきます。その結果、人口1,000人あたりの離婚率・結婚率はどちらも人口が多い都道府県が高い傾向にあります。, 1,000人あたりの離婚率が低いということは、そもそも結婚率も低い場合があります。, 「離婚率が低いからあの都道府県に引っ越そう!」と考える方はまずいないでしょうが、離婚率が低いだけで良いと判断することはできなそうです。, 「離婚率は低いけど、結婚する若者がいなくて…」という別の悩みを抱えている地域も少なくないのではないでしょうか。, この記事では、全国都道府県の離婚率をご紹介しました。全国平均で3組に1組が離婚をしている結果となっており、北海道や東北、九州、四国の都道府県の離婚率が高い傾向にありました。, 現在の夫婦関係で耐え難い苦痛や問題があるのであれば、離婚を選択する道も十分にアリではないでしょうか。むしろ、世間体などのために無理に夫婦関係を続けるよりも良いことも多いです。, ただし、離婚を考えているのであれば、しっかりと準備をして計画的に行っていきましょう。配偶者に浮気や暴力などの非があるのであれば、慰謝料請求をして離婚できる可能性があります。, 特にお子さまがおられる場合には、養育費など子供の教育に関わる決め事をしっかりしてくべきです。少しでも離婚を考えているのであれば、ぜひ弁護士に無料相談してみてください。, 離婚問題を弁護士依頼すると、事務所にもよりますが50~100万円ほどの弁護士費用がかかります。いざ弁護士が必要になったとき、弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。, 弁護士費用保険メルシーでは、このようなことが起き、弁護士へ解決を依頼したときの費用(着手金・報酬金)が補償されます。, 離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題、相続トラブル等でも利用することができます。. 画像出典:「平成29年版自殺の現状と課題について」(宮崎県) 宮崎県庁が公表している「平成29年版自殺の現状と課題について」(PDFファイル)によると、2017(平成29)年度の人口10万人当たりの自殺者数は、宮崎県が18.4人で、全国平均の16.4人を上回っています。 1997(平成9)年からの推移でも、一貫して全国平均を上回っています。 画像出典:「平成29年版自殺の現状と課題について」(宮崎県) これを都道府県別に比較すると、宮崎県の自殺死亡率は全国9位ですが、2007(平成19)年以降の11年間では、2016… 第3位:大阪府 離婚率が高い都道府県と低い都道府県の理由やランキング、男性側と女性側の離婚理由の違いなど解説:地域ならではの離婚理由から最近急増しているdvと呼ばれる家庭内暴力や経済的暴力、モラルハラスメントなど離婚理由の最新事情も紹介。 第18位 愛知県  離婚率1.75%(32位→22位→18位) 第12位 茨城県  離婚率1.78%(27位→22位→12位) 第16位 静岡県  離婚率1.76%(24位→22位→16位) 第36位 佐賀県  離婚率1.63%(17位→34位→36位) バツイチで子供がいる男性とお付き合いや、結婚をしたからといって幸せになれないわけではありません。しかし、悩みやリスクが多いのも事実です。この記事では、バツイチの... 兄妹(姉弟)間の結婚が禁止なのは周知の事実です。しかし、漫画やドラマのように連れ子同士や異母(異父)兄妹の場合はどうなのでしょうか。民法親族法を参考に、血縁間や... 夫婦別姓とは、夫婦で別々の姓を名乗ることです。若い世代では、「結婚前の苗字をそのまま使いたい」という意見が増えてきています。この記事では、夫婦別姓の導入時期だけ... 別居婚とは、結婚しているのに同居していない結婚スタイルのことです。自由度の高い別居婚ですが、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?また、どんな夫婦なら別... (※あくまでも離婚弁護士ナビ編集部の考察となりますので、参考程度にとどめていただければと思います。). 第22位 愛媛県  離婚率1.73%(13位→13位→22位) 第45位 新潟県  離婚率1.39%(47位→46位→45位) 第2位:北海道 第7位:高知県 第34位 長崎県  離婚率1.67%(20位→35位→32位) マインドフルネス瞑想とは「今に気づきを向けてありのままを受け入れる」ことを重視した瞑想です。皆さんも日常の中に取り入れることで、心にゆとりが生まれるかもしれませ... コロナ離婚防止の窓口の運営会社に徹底インタビュー!提供している部屋や平均滞在日数など詳しくお話を伺います。, マザコンの原因は諸説ありますが、中でも幼少期の影響が大きいと言われています。この記事ではマザコンの改善方法や離婚する場合の条件をご紹介します。. 第30位 宮城県  離婚率1.71%(15位→8位→30位), 第31位 京都府  離婚率1.70%(32位→29位→31位) 第32位 奈良県  離婚率1.69%(36位→31位→32位) 第10位 香川県  離婚率1.81%(22位→18位→10位), 第11位 東京都  離婚率1.79%(8位→7位→11位) そして我らが宮崎県は8位→10位という結果でした。(参考データ: 政府統計 都道府県別にみた年次別離婚率 ) 実は離婚が簡単な日本. 第44位 島根県  離婚率1.47%(46位→43位→44位) 第  7位 鹿児島県 離婚率1.87%(15位→15位→7位) 第  8位 高知県  離婚率1.86%(7位→27位→8位) 第37位 長野県  離婚率1.60%(38位→39位→37位) 結婚や婚活をテーマに全国を格付け!出会いがあれば、別れもある…今回は、離婚率にスポットを当てます。日本一、出産率が高い沖縄県がなぜ、離婚率が高いのか?その理由を県民性から紐解きます。 第26位 山口県  離婚率1.72%(34位→38位→26位) 第18位 千葉県  離婚率1.75%(12位→8位→18位) 都道府県別・離婚率の第1位は沖縄県の2.51%で、実は2010年の統計でも2.57%で第1位、2005年も2.69%で第1位となっています。 10年経っても沖縄の離婚率は高いままですが、2005年と比較をすると0.18%の減少傾向が見られます。 しかし、離婚率の全国平均も減少傾向にあり、2005年の2.05%から、10年の時を経て、2015年には1.78%になっており、0.27%減少していることを考えると、全国平均と沖縄の差は、さらに広がっています。 南国らしい楽天的な性格が多いことで知られる県民性ですが、 … 離婚の相関については、景気との関わりも指摘されていますが、実は離婚するのが簡単というのが日本の離婚の特徴。 第37位 徳島県  離婚率1.60%(29位→33位→38位) 第6位:和歌山県 第12位 神奈川県  離婚率1.78%(9位→12位→12位) 第22位 山梨県  離婚率1.73%(24位→13位→22位) 第4位:宮崎県 第26位 栃木県  離婚率1.72%(20位→18位→26位) 第42位 秋田県  離婚率1.50%(43位→40位→42位) 第20位 広島県  離婚率1.74%(29位→27位→20位), 第22位 青森県  離婚率1.73%(6位→15位→22位) 第5位:福岡県 第10位:熊本県, 昭和22年から統計がとられている資料によると、過去一番のピークを迎えたのは2002年!, 離婚件数の年次推移をみると、戦後最も少なかった昭和36年以降長期にわたって増加が続いたものの、59年に減少傾向に転じた。, 平成3年以降は再び増加が続き、14年には統計の得られていない昭和19年から21年を除き、現在の形式で統計をとり始めた明治32年以降最高となった。, 平成15年以降は減少が続き、21年は7年ぶりに増加したが、22年以降は再び減少している。(政府統計 平成26年わが国の人口動態より), その後の離婚率は全国の数値と同じく現在までゆるやかな減少傾向にあります。(参考: 宮崎県ホームページ/ みやざきの人口早わかり: 3-3 自然動態), 2000年・2005年・2010年の時点で算出した離婚率において首位にたつのは沖縄県。, そして我らが宮崎県は8位→10位という結果でした。(参考データ: 政府統計 都道府県別にみた年次別離婚率 ), 離婚の相関については、景気との関わりも指摘されていますが、実は離婚するのが簡単というのが日本の離婚の特徴。, 調べてみると、夫婦が話し合って離婚する「協議離婚」という方法は欧米などの先進国にはない方法で、離婚する為に必ず裁判所を通さなければならないそう。, 「いっちゃが〜」精神の宮崎県民。離婚率は高いけれども結婚幸福度は全国1位ですよ♥︎, 宮崎県の豚ブランド知ってますか?宮崎ブランドポーク普及促進協議会というのがあって、県内養豚の活性化を行っています。牛だけではなく、豚もとっても美味しいんです。 第35位 滋賀県  離婚率1.64%(39位→36位→35位) 第47位 山形県  離婚率1.34%(42位→42位→47位), 全国の離婚率をチェックすると、山形・富山・新潟・石川・秋田など日本海側の豪雪地帯と呼ばれる県ほど、低いことが分かります。, 離婚は、子供のことや親のこと、周囲の目など色々なことを考えて出した結論だと思います。, 周囲がその離婚への理解を深めてあげることで、新しい一歩を踏み出す勇気に繋がるのではないでしょうか。, 離婚率ランキングについて、記載しましたが、各都道府県別に離婚率だけでなく、県民性と浮気についてまとめました。, あなたの出身地や住んでいる場所はいかがでしょうか?是非一度チェックしてみて下さい。, 家族の在り方やSNSの普及など、時代の流れに紛れて増え続ける、浮気に関するトラブル。連日、メディアを賑わせている著名人の浮気報道も、決して対岸の火事ではありません。浮気探偵.com編集部では、ニーズの高まる浮気探偵事務所の利用方法や調査費用、浮気に関するニュースやトピックスなどを幅広くお伝えしていきます!, どの探偵社を選んで良いか分からない、、、そんなあなたには、「探偵診断」がオススメ!全4問の質問に答えてもらえると、あなたの状況や住んでるエリアに対して、無料相談ができる最も相応しい探偵事務所を見つけることができます。, 失敗しない探偵事務所の選び方を徹底解説!オススメの浮気探偵ランキング!倒産や廃業のリスクを考慮し、株式会社として探偵業を営んでいる優良な探偵事務所を紹介します。トラブルが少なく料金も手頃、さらに高い調査力が評判の探偵事務所を厳選しました。, 浮気調査って探偵に相談した方が良い?探偵事務所って何をしてくれるの?探偵事務所に浮気調査を依頼をするメリットを《漫画でわかりやすく解説》したページです。, 独自で探偵の無料相談を抜き打ち調査!グレーな印象がある浮気探偵社に対して、編集部が実際の相談者に協力を募り、覆面調査を行いました!全て事実だけ書き記した探偵ぶっちゃけレポートのまとめです。, パートナーの浮気に悩んだら、まずはGPSで浮気簡易調査!?GPSは購入よりもレンタルのほうが安い?日常生活ではなかなか知ることがないGPSと浮気の調査方法について詳しく解説します。, 浮気調査で不倫現場を掴むことができた証拠写真を探偵社から入手!どのような写真が、実際の浮気証拠として認められるのでしょうか?LINEのメッセージやり取りは証拠にならない!?勘違いしやすい実際の証拠写真について解説します。, 探偵事務所・調査会社の調査料金を比較!浮気・不倫調査の料金や費用について、実際の体験談を集めてみました。実際の探偵社への覆面レポートも掲載しています。相談する探偵社を決める前に是非一度御覧ください。. 第32位 福島県  離婚率1.69%(11位→15位→32位) 第  9位 熊本県  離婚率1.84%(19位→8位→9位) 第39位 岩手県  離婚率1.53%(37位→36位→39位) UMK連ドラ「ひまわりっ〜宮崎レジェンド〜」いよいよ6月1日から!さらにネット配信も♪. 離婚率の高い都道府県はどこかご存じですか?同じ日本でも離婚率の高い都道府県があります。ここでは、離婚率の高い都道府県のランキングtop10と、反対に離婚しにくい都道府県ランキングtop10をご紹介します。そして、なぜその都道府県の離婚率が高くなってしまうのか? 第46位 富山県  離婚率1.39%(45位→47位→45位) 【宮崎豚子の人気記事はこちら】. 第43位 石川県  離婚率1.48%(43位→43位→43位) 第22位 鳥取県  離婚率1.73%(27位→18位→22位) 第8位:東京都 31位 宮城県 : 1.72: 32位 福島県 ... 離婚率が高い原因は、様々な要素が絡み合っているので簡潔に言うのは難しいですが、宮崎県の離婚率の高さは結婚が早いことに原因があるのは間違いなさそうです。 北海道. 第16位 群馬県  離婚率1.76%(29位→22位→16位) 第26位 岡山県  離婚率1.72%(35位→31位→26位) 第20位 埼玉県  離婚率1.74%(14位→8位→20位) © Copyright 2020, 宮崎てげてげ通信 All Rights Reserved.