リッターバイク(1000cc以上の大型バイク)でオススメは何か知りたいですか? このページでは、リッターバイクでオススメは何か7人にアンケート調査を実施しました。 リッターバイクでオススメは何か知りたい方は、是非、参考にしてみてください。 満足度が高いバイクランキング; ツーリング向けバイクランキング; カスタム向けバイクランキング; メーカーから探す. 日々の移動手段として、使い勝手の良い排気量50cc以下の原付バイク。値段・維持費が安いことや、普通自動車免許でも乗れる手軽さが何よりの魅力です。ホンダ・スズキ・ヤマハなどのメーカーからたくさんのモデルが発売されていますが、デザインも機能もまちまち。どれを選んでいいか迷ってしまいませんか?... 【狙い目車種はどれ?】中古SUVのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】, スポーティーで力強い走りが特徴の「SUV」。雪道やデコボコ道といったオフロードの走行に適しており、アウトドアを楽しむ方に好まれます。最近では、走行性とおしゃれなデザインを兼ね備えたコンパクトモデルも多く、街乗り用として選ぶ方もたくさん。中古車市場でも人気が高くなっています。. バイクの軽さ. 冒険や旅をテーマにしたバイクが人気の昨今。そんな中でも特に注目を集めているのが、アドベンチャーバイクです。扱いやすい250㏄クラスの登場でますますブームが高まっていますが、本格派の大型タイプも人気健在。国内では、HONDA・SUZUKI・Kawasaki・YAMAHAなどから多くのモデルが販売され … ドイツ&オーストリア版バイク・オブ・ザ・イヤー2020. 原付(〜50cc) 原付二種(〜125cc) 中型バイク(〜250cc) 中型バイク(〜400cc) 大型バイク(〜750cc) 大型バイク(〜1000cc) 大型バイク(1001cc以上) 2018年3月に登場したカワサキZ900RSのバリエーションモデル、Z900RS CAFE。大型のカフェレーサースタイルでも、足つきテスターの女子たちは足がつくのか?! 今回はバイクはたくさんの種類がありますが、そんな中でも乗りやすいバイクをメインにご紹介していきたいと思います。乗りやすいバイクを選ぶことはツーリングや普段の通勤なども楽になったりと、無理な姿勢も少なくなるなどメリットもあります、そんなバイクをご紹介!, 今回はたくさんあるバイクの中でも、ツーリングなどに適しているバイクということで、どんな方にもある程度は乗りやすいとされているバイク、つまりは乗りやすいバイクをメインにご紹介していきたいと思います。排気量ごとにたくさんのバイクがありますが、今回はメーカー別に10選でご紹介したいと思います。シートの高さが低い物だったりと、おすすめは様々あります、シート高が低いバイクと言えばアメリカンがすぐに出てきますが、それ以外でも乗りやすいバイクを徹底的にご紹介します。これから免許を取ってバイクに乗りたい方も是非最後まで見てみてください。, 今回はいろいろとバイクメーカーはありますが、日本が誇る四大メーカーである、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキから販売されているバイクをメインとしてご紹介させていただきます。いろいろと種類が豊富なこのメーカーですが、もちろんのこと、海外の他のメーカーにもたくさん乗りやすいバイクはあります。今回はたくさん紹介しているととても長文になってしまうことなどから、日本の四大メーカーをメインにご紹介していきたいと思います。, シート高が低いことによるメリットですが、やはり一番は足つきが良くなることが多いと言うことです、もちろんすべてのバイクにおいてかならず良くなるとはいえませんが、それでも足が地面に安定してつくようにとなっているため、信号待ちなどでも足がつくため、そこまでは辛さを感じないなどのメリットがあります。また、重心が低くなるなどのため風にも多少は煽られないなどがあります、その分、姿勢が低くなったりするので、車種によってはバランスが一度崩れると悲惨なことになったりしてしまうこともあります。操作性についてなども関係してくる可能性もありますが、それでも乗りやすいのが特徴的です。, バイクの総合的な乗りやすさについてですが、シート高が低い物がかならずしも乗りやすいとは限りません。人によっては多少無理をしてしまう場合など、人によって乗りやすさは変わってきます。もちろんそういうこともふくめてご紹介します。まず、シート高=乗りやすさではない一例もご紹介します。シート高が高いバイクと言えばオフロード車を思い出しますが、サスペンションなどが柔らかく、沈み込みもあるため、総合的には乗りやすいバイクになっています。また操作性にも優れているなどから、技術力の向上、さらには乗りやすさなどなど、メリットもたくさんあったりと、車種によってはシート高がすべてではないことになります。, 続きましてご紹介していくのは、いよいよですが乗りやすいおすすめなバイクをご紹介します。まずは、ホンダのおすすめなバイクをご紹介していきたいと思います。ホンダはエンジンが頑丈、優秀なバイクが多いと言うことで知られているメーカーですが、ホンダのアメリカンシリーズの中でも人気のあるスティード400をご紹介します。こちらのバイクは1988年から2000年まで生産されていたバイクで、今でも中古市場で人気なバイクです。シート高は67cmであり、400ccと車体も割と大きめのためどっしりと乗れるおすすめです。, 続いての乗りやすいバイクはホンダCB250Rになります。VTRなど、ホンダは様々なネイキッドスポーツバイクを世に出してきましたが、割と空白期間が長かったこともあり、このCB250Rが登場してからは、ネイキッドスポーツバイクに対しての人気も取り戻しています。また、近年はストリートファイターバイクなど、割とネイキッド区分に入るようなモデルのバイクも多く登場していたりと、今後も盛んに盛り上がってくるであろうおすすめです。また、2019年モデルではABSが標準になるなど、これからも期待できる単気筒エンジンのバイクです。シート高は79.5cmと、高すぎることもなく、ホンダのバイクとしてもおすすめです。, 途中ではありますが、バイクのツーリング中におすすめなアイテムとして、上記のリンクからはモトブログを始めるにはどういったものが必要か、というところをご紹介しています。バイクをかって、安全対策がてらモトブログを始める方も増えているので見てみてください。また、下記のリンクからは、バイクにもおすすめなドライブレコーダーをご紹介しています。近年では種類も多くなっており、迷いどころが多いですが、おすすめをご紹介しています。, 続きましてはカワサキが誇るNinjaシリーズより、乗りやすい排気量の250ccNinjaをご紹介したいと思います。2気筒エンジンを搭載しており、高回転までしっかりと楽しめるバイクで、加速力、トルクとともにパワーが高いです。シート高は77.5cmとなっており、シートの高さとハンドルに位置の関係から、セパレートハンドルではありますが、ツアラーのように乗りやすいスタイルとなっています。実際、過去3年間乗っていたバイクで、レビューしてみたところ、性能も高いですし、高速道路などでもそこまで不満を感じないほどの性能を持っているおすすめバイクです。, 続きましては、カワサキのおすすめな乗りやすいバイク、W400をご紹介したいと思います。こちらのばいくといえば、以前から発売されていた絶大な人気を誇るW650の400ccバージョンと言った位置づけになっており、普通自動二輪免許でも乗れるようになっています。大型のW650の人気に次いで、こちらのW400もシート高76.5cmと女性の方でも安心して乗れるバイクです。足つきに不安がある方でもしっかりと乗れる、アップハンドルによる操作性の高さなどなど、排気量も合わせて、とてもおすすめなバイクです。, 続きましては、カワサキのバイクの中でも特に人気の高いZZR1100をご紹介します。発売年数によってZZ-RやZZRと記載が変わりますが、今回はZZRでご紹介します。こちらのバイクは1100ccのスポーツバイクとなっておりGPZ1000やZX-10などの発展として1990年に誕生したバイクです。水冷並列4気筒エンジンを搭載しているなど、ツアラーとしての乗りやすさも含めて、おすすめなバイクです。ラムエアシステムを搭載しており、加速力などにも富んだバイクで、ツーリングでも楽に巡航できるなど、中古市場で賑わっているバイクです。, 続きましては、ヤマハが誇るストリートファイターバイクであるMTシリーズの250ccバージョンであるMT-25をご紹介します。こちらのバイクと言えば、ヤマハのスポーツバイクの中でも飛び抜けて人気が高いYZF-R25をネイキッドモデルにしたバイクであり、通称ストリートファイターバイク、ストファイと呼ばれるバイクです。街乗りメインでも活躍しながらも、さらにはそのパワーから高速道路においても不満が少ないと人気な車種です。, 続きましては、ヤマハのオフロードバイクセロー250をご紹介します。こちらのオフロードバイクですが、通常オフロードバイクは結構シート高が高いのですが、こちらはオフロードのバイクとしては83cmと低い方です。カモシカの名前を持つセロー250はまさに初心者の方におすすめなオフロードバイクで、オフロードバイクとして、オンロードを走れたり、完璧ではありませんが、オフロードも楽しめるバイクです。乗り訳もできたりして、セカンドバイクとしてもおすすめできるバイクです。シングルのエンジンによるトルクを体感してみてください。, 続いてはヤマハのドラッグスター400をご紹介します。こちらのバイクと言えば、車体は大きく、シート高は66cmと低いバイクです。しっかりと足つきもよく、Vツインの空冷エンジンを搭載しているなど、パワフルな面も楽しめるバイクです。, 続きましてご紹介するのは、途中情報その2ということで、上記の記事ではコスパ最強のテントとしてバンドッグのおすすめなテントについての記事をご紹介しています。キャンプのテントの中でもバンドッグのテントは扱いやすいだけでなく、耐久性のある物も多くおすすめです、また次の記事はバイクのイベント情報についての記事になります。全国で行われているバイクイベントからおすすめなものをいくつかピックアップして紹介しているので是非二つとも見てみてください。, 続いてはスズキのネイキッドバイクの中でも特に初心者におすすめなのがこちら、GSR250です。水冷2気筒のエンジンを搭載していて、二本出しのマフラーがかっこいいバイクです。パワー的には同じ250cc帯ではやや低いですが、それでも普通に走ったり、高速で巡航することができる、中古価格も割と安いおすすめバイクです。, 最後になります、スズキの乗りやすいバイクはイントルーダークラシックになります。こちらは400ccのバイクで、70cmのシート高のバイクです。イントルーダークラシックには800ccの排気量もあり、大型が良いという方にも対応している、アメリカンとしても乗りやすいおすすめです。, 続きましては上記で紹介した乗りやすいおすすめバイクの他に番外編ということで、ホンダのシャドウ400に乗った際に感じたことをレビューしてみたので、そのときに感じた内容についてご紹介していきたいと思います。まずシャドウ400はホンダが1997年に発売を開始したアメリカンバイクになります。シート高は67.5cmほどと、足の短い筆者でも乗ることができました。アメリカンが初めての方でも、車体自体が大柄なので、安心して身を任せられるバイクです。シート高も低いですし、乗りやすい、加速力もあると、アメリカン好きにもおすすめできるかっこいいバイクです。, 実際にレビューしてみたと言うことで、実際に高速道路を走ってみました。代車として乗る機会があったため、2週間ほど乗ってみたのですが、普段スポーツバイクばかり乗っていたのですが、それでもペダルにしっかりと足を乗せて走れたり、楽な姿勢、ハンドルの位置など、とても扱いやすいバイクと同時に、さらには風にもあまり煽られないと、下道でも足つきが楽ですし、高速道路ではそこまで飛ばさなければ風もそこまで感じず、非常に楽しいバイクだと感じました。400ccという排気量のパワーもあり、おすすめなバイクです。, 続きましては、初心者ライダーの方から、大型バイクが扱いきれないといった方、さらにはリターンライダーの方にも第人気なCBR250Rのレビューをご紹介します。250ccのシングルバイクとして、燃費も良し、乗り心地もよし、さらには排気量が250ccということもあり、アクセルを高回転まで回せる楽しみもあるとおすすめな魅力もたくさんです。シート高は78cmで、そこまで足の長さに不安がない方だと余裕を持って乗れるバイクです、足つきに不安がある方でも、つま先がついてしまえば、なれるまで時間はかかるものの、しっかりと乗れるようになることでしょう。こちらは乗りやすい、車検もないとおすすめです。, 今回は楽な姿勢でも乗りやすいようなバイクをご紹介してきました。シート高の低いバイクから、ハンドル位置とシート高の差などでの乗りやすいバイクだったりと、乗りやすさにはいろいろとあります。ホンダやヤマハ、スズキにカワサキと、四大メーカーをメインにご紹介してきました、もちろん他にも海外製のバイクだったりと、まだまだたくさん乗りやすいバイクがあります、手に入れやすい四大メーカーをメインとしてご紹介しましたので、是非、今後バイクを購入されたい方は参考にしてみてください。, さて、今回は他にもバイク系が気になる方へ、ということで、おすすめな記事をご紹介していきます。上記の記事内容では、ツーリングにおすすめなバイクをご紹介しています、キャンツーや旅行に向けておすすめな中型についてご紹介しています。また下記のものでは250ccの最速バイク、ということで、どれくらい速度が出るのか、また最速のバイクはどれか、などについてご紹介しています、是非バイク購入の参考にしていただければ幸いですので見てみてください。, サバゲーを始めて十数年~、いろいろなエアガンに触れてきました。また、バイクに乗ってツーリングすることにも精通しておりまする。エアガン、バイク系統について、最新の情報から、お役立ち情報までいろいろと発信します。よろしくお願いします!!. ホンダ. 冒険や旅をテーマにしたバイクが人気の昨今。そんな中でも特に注目を集めているのが、アドベンチャーバイクです。扱いやすい250㏄クラスの登場でますますブームが高まっていますが、本格派の大型タイプも人気健在。国内では、HONDA・SUZUKI・Kawasaki・YAMAHAなどから多くのモデルが販売されています。しかし、それぞれ特徴が異なるため、自分にふさわしいマシンを選びきれずにいませんか?, そこで今回は、アドベンチャーバイクの選び方とあわせて、排気量別に人気のおすすめモデルをランキング形式でご紹介。どれも、走破性が高く、ロマンが詰まったものばかりです!ぜひ参考にして、気分があがる相棒とのツーリングを楽しんでくださいね。, アドベンチャーバイクは、大型オフロードバイクのテイストを受け継いだ長距離ツアラー向けのマシン。荒れた路面を走りきる走破性の高さはもちろん、高速走行中の安定感も抜群で、オンとオフを両方こなせるところが魅力です。, また、タイヤの空転を防止するトランクションコントロールや、ブレーキ操作を補助するABSなど、様々な電子制御技術の搭載による乗りやすさも特長の一つ。「ビッグオフに憧れがあるけど扱いづらいのでは……」と躊躇していた方にもおすすめです。, そのほか、パニアケースやウィンドスクリーンなど、快適な冒険のための装備も充実。世界的にブレイクしていますが、国内では、よりコンパクトで扱いやすいタイプも登場するなど、多様化が進んでいます。今、バイク業界の中で最も熱く、目が離せない車種ですよ!, 大型が主流だったアドベンチャーバイクですが、近年はコンパクトなタイプも登場し、ますますニーズが高まっています。使い方に合わせて、最適な排気量のモデルを選んでください。, スモールクラスのアドベンチャーバイクは、何といっても手軽さや扱いやすさが魅力。普通自動二輪車免許で運転できるのに、走破性は本格的で、現在最も人気が高まっています。, 街乗りもしやすいため、趣味だけで乗るバイクの購入にためらっていた方にもおすすめ。ツーリング以外にも、通勤・通学など、日常で乗る方も増えています。維持費もかからず、現実的に使い勝手の良いクラスです。, ミドルクラスのアドベンチャーバイクは、日本人にちょうどいい車格が魅力。1000㏄を超えるものが多く、決して扱いやすいとは言えなかった大型オフロードバイク。そんなデメリットを払拭しつつ高い走破性をもつミドルタイプは、今後ますますニーズが増え、多様化する兆しです。, ヨーロッパでは、数千キロに及ぶ高速道路を走ることもあるため、タフな1200ccクラスが主流ですが、日本の道路事情にはミドルが最もマッチしますよ。, 「ロングツーリングがとにかく好き」という冒険好きの方にぴったりなのが、ビッグサイズのアドベンチャーバイク。走破性の高さ、安定感、長距離走行時の疲れにくさなど、どれも文句なし!ただ、嗜好性の強いサイズなので、ある程度乗りこなせる自信のある方におすすめです。, 「存在感のあるかっこいいマシンで走りたい!」という方は、ぜひ検討してみて下さい。他のクラスにはない所有感とロマンを存分に味わうことができるでしょう。, 人気のアドベンチャーバイクを、スモールクラス・ミドルクラス・ビッグクラスに分けて、ランキング形式でご紹介します。まずは、スモールクラスからです。, ダイナミックなデザインが魅力のBMW「G 310 GS」は、ライダーの身長に関わらず操作性が良いモデル。ストレスなく乗りこなせるシートポジションや、バランスよく配されたパーツのおかげでラクに、そして確かな操作が可能です。あらゆるシーンで、快適な走りを楽しめますよ。, 街乗りはもちろん、オフロードもこなせる汎用性の高い一台です。最高出力33PSというパワーがポイントで、どんな路面状況でもスムーズかつ粘り強い走りを実現。いろいろな道を走る喜びを感じたいという方にはうってつけです。, 軽量な車体と2種類のサスペンションにより安定性も抜群。マルチパーパスのチューブタイヤでさまざまなシチュエーションに対応できるところも魅力です。優れたパフォーマンス性能で、ツーリングを楽しみたい方にぴったりですよ。, SUZUKIのスポーツアドベンチャーツアラー「Vストローム250」。ツーリング好きな方におすすめの一台です。優れた燃費性能を持ち、しかもフューエルタンクは17L容量を搭載。これなら遠くまでのツーリングも安心ですね。, また、発進~90km/hという最もよく使われる速度域においては、加速の性能も抜群。燃費の良さだけでなく、排ガスの低減や浄化性能を高める設計になっているのも魅力です。長距離ツーリングを楽しみたい方にはイチオシのモデルですよ。, オフロードでは力強く、街中では軽快な走りを楽しめる、HONDAの「CRF250 RALLY」。低回転域から高回転域までの吹き上げがスムーズで、非常にタフな走りを実感できることでしょう。縦の剛性をキープし、しなやかかつ安定感のある乗り心地も実現しています。, 悪天時や悪路走行時のブレーキ操作などによるタイヤロックを制御するABSも搭載。ABSはキャンセルもできるので路面状況に合わせられるのもいいところです。ライディングポジションにもこだわっており、取り回しがよく、心地よい走りを提供します。, 走行シーンや状況に合わせて変更できる走行モード切替システムを搭載した「トレーサー900」。いつでもあなた好みの走りを追求できます。車体の挙動は穏やかで、クラッチ操作も軽いため、市街地での走行も快適に。ABSも標準装備されています。スポーティーな走りを体感したい方にぴったりですよ。, パワフルな走りが魅力の「Vストローム650」。トラクションコントロールシステムを搭載し、路面状況に合わせて快適なライディングを実現します。速度センサーやポジションセンサーなどを搭載し、リヤタイヤのホイールスピンを検出すると、素早くエンジン出力を低減してライダーをサポート。, 安定走行できる良好な路面と、雨天時や冬季の不安定な路面状況に合わせて2つのモードから選択することもできますよ。20Lの大容量タンクと高い燃費性能のおかげで、ロングツーリングも快適に。ライダーのストレスを軽減するタフなモデルです。, 信号での停止や発進の機会が多い街中では、俊敏に動けるHONDAの「X-ADV」がおすすめです。停止から加速までの機敏さや、低回転域・中回転域でもパワフルなトルクを実現。街乗りしやすいモデルとなっています。, 郊外のアップダウンにもしっかり対応できるので、街乗りと言えどもスポーティーな走りに。「G-スイッチ」をオンにすればオフロード走行に向けた車体コントロールができるので、路面状況の悪い場所でも安定走行を叶えます。, パリ・ダカールラリーから始まった、YAMAHAのアドベンチャーバイクカテゴリー。このモデルは、YAMAHAの勝利への執念で誕生し、確立された一台です。オンロードはもちろんオフロードでの扱いやすさも兼ね備え、さまざまな路面に対応できるコンディションが魅力。, 剛性のあるフレームと軽量ボディの組み合わせで、オフロードの走破性を高めました。走行状況に合わせてポジションを調節できるように、フラットシートが採用されているのもライダーへの配慮が感じられます。フル液晶マルチファンクションメーターで車体の情報も一目瞭然です。, タフなエンジン性能で、ロングツーリングも余裕の「Vストローム1000」。ABS作動時のレバーなどのキックバックを低減したり、コンビネーションブレーキでコーナリングをサポートしたりと、ライダーを支える機能も満載です。さまざまな技術を駆使し、低燃費かつ優れた走行性能を実現しています。, オフロード走行に最適な力強い走りを叶えるのが、BMWの「R 1250 GS ADVENTURE」。排気量1,254ccのタフなエンジンと最大143Nmのトルクで、荒れた道にも対応します。まさにアドベンチャーな走りに最適ですね。, エンジン音の迫力もあるため、バイクの音にもこだわるという方にはイチオシ。燃費の性能もアップしており、長距離のツーリングもストレスなく楽しめるでしょう。この重厚感あるボディも、BMW×ビッグクラスならではの魅力です。, 「ANY ROAD ANY TIME」がコンセプトの、Kawasaki「VERSYS 1000 SE」。コンセプト通り、どんな道も、どんな走りもサポートできる頼もしいモデルです。ソロライディングはもちろん、誰かを乗せてのタンデムライディングも楽しめます。, 操作性が良く、しかもリラックスして乗れるように工夫されているため、ロングツーリングも楽しいひと時になるでしょう。スポーティーな走りだけでなく、遠出の際の快適性も重視したいという方には特におすすめです。, オフロード走行もツーリングも、どちらも楽しみたい方にイチオシの「CRF1000L Africa Twin」。レーシングマシン開発の技術を取り入れ、悪路の走破性を高めました。オフロードに向けたタイヤの装着も可能です。, さらに、ライダーの好みのシフトタイミングを選べる「Sモード」を採用。オフロード走行時に欠かせない車体コントロールを実現する「G-スイッチ」も搭載済みです。3つのライディングモードを駆使することで、よりあなた好みに、そしてシチュエーションに合わせた走りを叶えられるでしょう。, バイクに乗る際に頭を悩ませる、服装。特に長距離を走るときなどは、より機能的で快適なものを選びたいですよね。以下の記事では、季節ごとにおすすめの、人気のウェアをご紹介しています。気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。, 最新の電子制御技術を搭載したアドベンチャーバイク。旅好きはもちろん、マシン好きにもたまらない話題のモデルです。シート高や排気量、エンジンなどのチェックポイントを比較検討して、ぜひお気に入りのアドベンチャーバイクを見つけてくださいね!, 当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。, そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。.