あなたは社長様や会長様という呼び方が間違いなのを知っていますか?この記事では、これらが間違いである理由とその正しい呼び方や敬称、メールの宛名についても詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてビジネスシーンでも大いに活用してみてください。 別名、 代表取締役。 その組織のトップです。会長に変わって大きな権限を持つことも多々あります。 取締役会のトップ です。前の社長がこの会長になるケースがほとんどです。名前だけの場合もありますが、大きな権力を有する場合もあります。 社長. 代表取締役社長 〇〇 〇〇 様 . 当然、上司や目上の方といった敬うべき相手には敬称をつけるのが基本ですが、メールの宛名や電話の呼び出しでおかしい敬称の使い方をしてしまうと、ビジネスマンとして未熟なことが相手に伝わるため気をつけなくてはなりません。, 敬称の使い分け方のなかでも、特に間違いやすいのが「社長様」「会長様」といった目上の方の呼び方です。, 「社長」「会長」などの役職名に「様」をつけた表現を見聞きすることがあります。「社長様」「会長様」の呼び方は、一見すると相手に敬意を示したような丁寧な印象を受けますが、実はこの呼び方は間違いなのです。, ここでは「社長様」「会長様」の正しい呼び方についてお伝えします。メールや電話での呼び方についてもご説明しますので参考にしてくださいね。, では、「社長様」「会長様」と呼んだり、メールの宛名に「田中社長様」と書いたりすることのどこがおかしいのでしょうか。, 「社長様」「会長様」は、「社長」「会長」という役職名のあとに「様」をつけていますよね。これが間違いなのです。, 「社長」や「会長」という役職名はそれ自体が敬称であり、その後に敬称の「様」を付けることにより、敬称が重なって二重敬語になってしまうのです。, 二重敬語とは同じ種類の敬語を重複して使用することを言い、過剰な敬語表現になってしまうため、現代日本語では一般的にふさわしくないとされています。, 「社長様」「会長様」は慇懃無礼な言葉遣いとなる場合があるので、避ける配慮が必要です。, もちろん、「会長」「社長」に限らず、専務や常務、部長、課長といったほかの役職であっても、役職名の後に敬称をつけるのは間違いです。, そうはいっても、取引先の相手に対して、そのうえ経営層の方に「社長」「会長」と呼ぶのは、呼び捨てをしているようで違和感を覚えたり、なんだか落ち着かなかったりする方もいるかもしれません。, その場合は、「社長の〇〇様」「会長の〇〇様」と、役職名に続けて名前に敬称を付けましょう。この形だと二重敬語にはなりません。, 上で述べた通り、「社長」「会長」で構いません。また、こちらから電話をかけて、取引先の社長を呼び出してもらう場合は, 一方で、外部の人との電話で、自社の社長について説明するときは敬称をつける必要はありません。, 電話応対は会話の内容に合わせた判断をし、適切な返答をしなくてはなりません。おかしい呼び方にならないよう、敬称を正しく使うことを心がけましょう。, 相手の会社を指すときに「御社」や「貴社」といった敬称を使います。「社長」「会長」と同様に、これらも正しく使い分けができないとマナー違反になってしまうので要注意です。詳しい使い分け方は「御社・貴社の違い・使い分け方」をご覧ください。, こちらも「社長様」「会長様」のように、役職名に敬称をつけると二重敬語となり間違いなので注意しなくてはなりません。ビジネスメールでの宛名の書き方は、メールをやり取りする回数によって使い分けることが重要です。, 初めてメールを送るときは、会社名を正式名称で書いたあとに、役職名・氏名・敬称(様)の順に丁寧に書くことが基本です。名刺を受け取っている場合はそれを見て書きましょう。, ==================== ご連絡いただけると幸いです。, 先日の会議にて、〇〇社長より 会社によって上司の呼び方は違うようです。 自分の会社では○○さんと呼ぶ場合もりますが、名前+役職で呼ぶ場合もあります。 自分の会社にあった呼び方をするため、分からない場合には先輩や周りの方に聞いてみるといいでしょう。 お世話になっております。 ... ここでは「社長様」「会長様」の正しい呼び方、メールでの宛名の書き方についてお伝えしました。 「社長様」「会長様」は二重敬語のため、おかしい呼び方です。 礼儀正しい呼び方をしたつもりでも、かえって嫌味で誠意が感じ� 取引先などに上司の事を伝える時は呼び捨てをするのが社外メールでも、電話対応でも基本です。 ただし、メールで上司を呼び捨てといっても社外に対して使う場合役職があればその役職を前にもってきます。 社外に対しては、役職である「課長の〇〇が」という呼び方になります。 A案で進める旨のお話をいただきましたが、 敬称について教えてください。他の会社の人に対して「紹介」及び「呼称」するとき下記の場合「敬称」は必要ですか?(社外の人に対して社内の人を呼ぶときは「さん」はつけませんが下記の場合はどうすべきでしょうか?・・・と言う事です B案での取り組みを今一度ご検討いただけませんでしょうか。, 社内の人に宛てるときは「名字+役職名」で書くのが基本です。〇〇会長、〇〇部長、〇〇課長などと書き、社内の相手によって使い分ける必要はありません。, ここでは「社長様」「会長様」の正しい呼び方、メールでの宛名の書き方についてお伝えしました。, 礼儀正しい呼び方をしたつもりでも、かえって嫌味で誠意が感じられない印象を与えたりすることがあります。, 社会人のマナーとして、「社長」「会長」といった役職名がそれ自体で敬称になることを理解し、正しく使いこなせるようになりましょう。. ====================, 本文の中で相手のことを指して伝えるときは「〇〇様」か「〇〇社長」と書きます。「〇〇社長様」と書かないように注意しましょう。, ※就職活動における面接のお礼状やお礼メールでも「社長様」と書く人は少なくありません。「社長殿」も間違いです。感謝の気持ちを伝える機会を生かすためにも本文では「〇〇社長」と書きましょう。, 2回目以降のメールでは、宛名は「名字+役職名」で構いません。「山田社長」「田中会長」などと簡潔に書き記しましょう。, 次回の打ち合わせについて、 社長にメールを送る時、宛名をどのようにすればよいか悩む人も多いでしょう。この記事では正しい敬称や、「殿」を使うのが間違いである理由についてもご紹介しています。ビジネスメールのマナーをしっかりと身に付けることで、社長にあてたメールを送るのも、もう怖くありません。, 社長宛のメールの正しい敬称その1は、「フルネームに「様」を付けるのがマナー」です。他社の社長宛にメールを送る時は、相手の名前をフルネームで書き、そこに様を付けるのが一般的なビジネスマナーです。「社長」という言葉はそれだけで敬称であり、そこに「様」を付けると、二重で敬称を使うことになるためです。, よく「社長様」としてメールを送る人がいますが、これは日本語の使い方として間違いなので気を付けましょう。また、「御中」を使うのも駄目なので、覚えておくといいでしょう。「この書き方にはどうしても抵抗がある」という人は、「代表取締役○○○様」というような書き方をしても大丈夫です。, 日本語には、似ている字もたくさんあります。「崎」と「﨑」、「斎」と「斉」など、とても間違いやすい漢字の代表例です。かといって、間違えて送っていいはずがありません。こういった漢字を持つ人は、昔から間違えられてきたことが多く、相手の漢字間違いに敏感です。相手がこういった名前の人は、特に気を付けましょう。, 社長宛のメールの正しい敬称その2は、「「会社名」と「代表取締役」も書くこと」です。社長にメールを送る時は「フルネームに様を付ける」というのは今ご紹介した通りですが、一般の社員に送る時と同様、名前の前には「会社名」と「役職」も書くようにしましょう。社長の役職は「代表取締役社長」という場合が多いです。, しかし、人によっては「代表取締役」のあとに違う言葉が入る場合があります。自信がなくなってしまった時は、名刺などをチェックしてみるといいでしょう。相手からもらった名刺は、信頼性も抜群です。これで大丈夫かな?と思っても、名刺の通りに書いておけば間違いはないでしょう。, また、たまに会社名を省略したままでメールを送る人がいます。思わずやってしまいそうですが、(株)は「株式会社」、(有)は「有限会社」といったように、省略せずにきちんと書いてメールを送るようにしましょう。これができていないと、「ビジネスマナーのできていない人」と受け取られかねませんので、注意しましょう。, 社長宛のメールの正しい敬称その3は、「社長個人に送るなら「御中」は使わない」です。「ビジネスでメールを送る」という場面を考えた時に、「御中」という言葉が出てくる人も多いことでしょう。御中はプライベートではなかなか使わない言葉なので、その発想も理解はできます。しかし、社長宛のメールでは控えましょう。, 御中はそもそも、会社などの組織に送る時に使うものです。よくあるのが、「相手の担当者が分からずに会社に宛ててメールを送る」という場合です。そのため、社長宛に送るメールで「御中」を使うというのは「あなたの名前がよく分からないですよ」と言っているのと同じことになるのです。これは、大変失礼にあたります。, 社長であれば、たとえフルネームは分からずとも、苗字くらいは分かっているものです。メールを送る時は「御中」は使わないように、くれぐれも注意しましょう。, 社長殿や社長様が間違いの理由その1は、「「殿」は目上の人が下の人に使う言葉である」です。社長宛にメールを送る時、宛名に「殿」を付けて送る人がいますが、これは間違いです。実際のところ「あまり気にならない」という人も増えてきてはいますが、基本的に、殿は目上の人が自分より下の立場の人につかう言葉です。, そのため、お客様である他社の社長に「殿」を使うことは、本来であれば言語道断なのです。また、言葉に出して言わないだけで、特に相手が年配な人であれば、心の中で「失礼なやつだな」と思われている可能性も十分にあります。これまで他社の社長宛に「殿」という敬称を使ってきた人は、今からでも改めるといいでしょう。, 社長殿や社長様が間違いの理由その2は、「役職の後ろに「様」を使うのは誤り」です。最初の方でも少し触れましたが、社長というのは、もうそれだけで敬称になるのです。「社長」という言葉にさらに敬称を加える必要はなく、それゆえに「社長様」という言い方は、ビジネスマナーとしては間違いということになります。, 少し不自然に感じるかもしれませんが、もし「社長様」を使っている人がいたら、自信を持って「間違いですよ」と指摘してあげてもいいでしょう。また、「これまで「社長様」という言い方をしてきて馴染んでいる」「今から変えることには抵抗がある」という人もいるでしょう。, そういった人は、これも最初に少しご紹介したとおり「代表取締役○○○様」というような書き方をするといいでしょう。この書き方であれば敬称も二重になっていないですし、正しい日本語の使い方だと言えます。これらは一度覚えてしまえばずっと使える知識なので、この機会に覚えてしまうといいでしょう。, 社内文書での社長の宛名の書き方その1は、「ビジネスでは苗字プラス「社長」が一般的」です。社長宛に社内メールを送ろうと思った時に、「敬称はどのように書けばいいのか?」と迷ってしまった経験がある人もたくさんいることでしょう。実際、これはとても難しい話なのです。, というのも、会社によって考え方が違う場合があるためです。しかしこれまでご紹介してきたとおり、一般的なビジネスマナーとして言えば、社長というのはそれだけで敬称になります。そのため、「社長様」とするのは二重の敬称になるため、この使い方は誤りだと言うことができます。, そのため、「社長の苗字」にプラスして「社長」という敬称を付けて送れば、一般的なビジネスマナーとしてはまず間違いないでしょう。この書き方に違和感がある場合は、「社長○○○様」とすれば大丈夫です。これは間に名前が入ることで、二重に敬称を使うことを避けており、この書き方であれば問題はないのです。, 社内文書での社長の宛名の書き方その2は、「先輩たちに合わせていれば問題はない」です。先ほど少し触れましたが、会社によっては、独自のやり方があるというところも少なくありません。これまでご紹介してきた方法でメールを送れば間違いはありませんが、一番いいのは、会社の先輩や上司たちに合わせるという方法です。, この方法であれば、「正しいか?間違いか?」で頭を悩ませる必要も、時間を無駄にする必要もありません。実際にその敬称で社内文書を作成している先輩や上司たちが何も言われていないのであれば、そのやり方は、その会社で受け入れられている方法だということができます。そのため、同じようにしておけば問題はないのです。, もし社内文書で社長の宛名の書き方に困っている人がいたら、先輩や上司に確認をとってみるといいでしょう。一般的なビジネスマナーはもちろん大切ですが、その会社に属している以上、ある程度はそこのやり方に従っておいた方が無難な場合があります。社内の社長の宛名書きも、その内の一つだと言うことができます。, 宛名の書き方に頭を悩ませる人も多い「社長へメールを送る場合の宛名の書き方」ですが、これまでご紹介してきたように、ポイントさえ押さえてしまえば決して難しいことではありません。そして、一度このビジネスマナーを覚えてしまえば、この先もずっと活用していくことができるものなのです。, 社長はもちろん、それ以外の人に対しても、仕事でメールを送るという人は多いことでしょう。社会人として、正しいビジネスマナーを身に付けることは、とても重要です。意外とできていない人も多い中でしっかりとしたビジネスマナーが使えれば、あなたに対する相手の評価も上がることでしょう。, 社長にあてたメールには「殿」ではなく、正しい敬称を使うようにしていきましょう。またこちらの記事では、今回ご紹介した「宛名」の他にも、ビジネスメールを送る時のマナーについてご紹介しています。実際に使うことも多い言葉ですので、この機会にぜひチェックして、自分のビジネスメールのレベルを上げていきましょう。. 署名 いとこの結婚式は欠席しても大丈夫?祝儀の金額や渡し方は? 仕事 2016.3.9 ビジネスメールの宛名の書き方~役職名+様or殿で使い方は本当に合ってる? 人との関わり方 2018.3.22 社会人になって友達がいないのは普通なの?休日は何をすれば? 仕事 2017.12.18 取引先の方に、取締役 総務部長がいます。会話でその方との会話で、佐藤という苗字の場合、佐藤取締役か、佐藤部長どちらで呼称すれば良いでしょうか。教えてください。社内では佐藤部長と呼ばれていても、外部の方は、佐藤取締役と呼び ビジネス文書を作成する際には、目上の相手(上司、取引先、顧客)に対して、敬うことを心掛けようとして、若い社員は、つい役職名の後ろに様をつけてしまいます。これは間違いです。では、役職名と様をどのように表現すれば、目上の相手に失礼にならないのかを紹介します。 社長にメールを送る時、宛名をどのようにすればよいか悩む人も多いでしょう。この記事では正しい敬称や、「殿」を使うのが間違いである理由についてもご紹介しています。ビジネスメールのマナーをしっかりと身に付けることで、社長にあてたメールを送るのも、もう怖くありません。 社内の身内に対する呼び方などのマナーというのは、会社によって千差万別です。 社内外での呼び方にも例えば、「吉田課長様いらっしゃいますか」と役職名の後に様をつけるか、 「吉田課長いらっしゃいますか」のように様をつけないかなど、会社によっての風習みたいなものがあるかもし� ●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。. 〇〇様の来月のスケジュールが固まり次第、 では正しい呼び方はどれなのか?と言うと、2番の「 社長」です。 社長自体が敬称なので、さらに「様」を付けるのはおかしいです。 まだまだほかにも社長や上司の正しい呼び方があるのでご紹介していきます。 社長が面接してくれる時の正しい呼び方 All rights reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); © Copyright 2020 ビズ式. Copyright 2020 BELCY All Rights Reserved. 12.社長(代表取締役)にメールを送る場合は? 社内で社長宛てにメールを送る場合、一般的には「山田社長」のように社長の前に名前をつけるだけで大丈夫です。「社長」自体が敬称であるため社長の後に「様」や「殿」をつける必要はありません。 会社に入れば必ず知ることになる「役職名」ですが、いざ、どの役職がどれだけ上なのか、どんな役職名があるのかと聞かれると答えにくい方も多いはずです。ここでは役職名の種類を紹介するとともに、手紙やメールを送るときのルールについても、ご説明します。